高崎のヘディング2発で千葉を下した松本が連勝を飾る《J2》2017.03.19 16:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J2リーグ第4節の松本山雅vsジェフユナイテッド千葉が19日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、ホームの松本が3-1で勝利した。

▽1勝1敗1分で13位につける松本と2勝1分で3位につける千葉が対峙した。最初に仕掛けたのは好調の千葉。5分、右サイドの多々良がクロスを供給すると、ニアサイドに反応した船山がダイレクトで右足を合わせるも、枠を捉えることができない。

▽対する松本は11分、パスを受けた工藤がボックス内から右足を振り抜くも、これはゴール左に外れる。しかし、迎えた24分、左サイドで粘り強くつなぐと、石原がボックス左外からクロスを供給。これをオーバーラップした田中が収めて左足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。

▽先制点を奪った松本にその後もゴールを脅かされる千葉は前半終盤、松本ゴールに迫るも、相手の守備に阻まれて決定機を作ることができない。

▽後半に入ると、松本がリードを広げる。46分、宮阪のニアサイドへの鋭い右CKに高崎が反応。頭で合わせ、ゴールに右上隅に流し込んだ。さらに55分、ボックス右外でFKを獲得。キッカーの宮阪がファーサイドにクロスを送ると、待ち構えていた高崎が頭で押し込んだ。

▽苦しい展開を強いられる千葉は、61分にDF西野に代えてFW清武、72分に船山を諦めて指宿を投入。攻撃の枚数を増やして、攻撃の活性化を図る。するとその直後、ボックス手前でパスを受けた指宿がシュートを狙う。これがボックス内の清武に当たると、清武の足元に収まり、そのまま左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

▽一点を返した千葉は攻勢を続けるも、終盤まで前線から激しいプレスをかける松本に苦戦し、決定機を作ることができず。高崎の2ゴールもあり、松本が連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

松本が飯田弾で今季初勝利!! 徳島は9人の長崎に快勝!!《J2》

▽12日に明治安田生命J2リーグ第3節のFC岐阜vs松本山雅が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、1-0で松本が勝利した。 ▽開幕から2戦引き分けの岐阜が、1分け1敗とスタートダッシュに失敗した松本を迎えた。試合は立ち上がりから松本が次々とシュートを浴びせていく展開となる。すると17分に岩間の入れた浮き球のパスを後藤が折り返し、最後は飯田が押し込んで勢いのままに先制した。岐阜は裏を狙った攻撃を見せるが中盤と前線の呼吸が合わずにシュートチャンスを作れない。 ▽松本は33分、右サイドからのクロスはDFにクリアされるもセルジーニョがダイレクトで狙う。しかしここは枠を捉えきれずに追加点は奪えない。結局前半はそのまま松本が1点リードで終えた。後半立ち上がりは岐阜が松本陣内へと攻め込む場面が見られたが、決定機はつくれず。松本も追加点を狙うが54分に山本がドリブル突破から放ったシュートは枠を捉えきれず。お互いにチャンスを決めきれないまま試合は終了を迎え、松本が今季初勝利を手にした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170312_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽同時刻に鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvsV・ファーレン長崎は、3-1で徳島が勝利した。 ▽前半は長崎が主導権を握ると、41分に自陣からのロングボールに反応した幸野が、ボックス右から放ったシュートがネットを揺らしてアウェイの長崎が先制して試合を折り返した。しかし後半立ち上がりから徳島が攻勢に出ると、57分に右サイドからのクロスを渡が頭で合わせて同点とした。 ▽さらに61分には、馬渡が狙ったシュートを、ゴール前の渡が触ってコースを変えると、これも決まって徳島が逆転に成功した。リズムを取り戻したい長崎だが、相手の攻撃をファウルで止めてしまう場面が目立つ。すると87分には田上が2度目の警告で退場。さらに88分には田代も2度目の警告を受けて退場となり9人での戦いを強いられる。すると後半アディショナルタイムには、島屋がPKを沈めて徳島がダメ押しの3点目を奪い試合は終了。徳島が9人の長崎を相手に快勝した。 2017.03.12 16:43 Sun
twitterfacebook
thumb

Jリーグ最年長記録更新の50歳カズが先発した横浜FCが松本に勝利!! 湘南と徳島は勝利し、岐阜は山口とドロー《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグが開幕を迎え、ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FCvs松本山雅が行われ、1-0で横浜FCが勝利した。 ▽昨シーズンのJ2リーグで8位に終わった横浜FCが3位でJ1昇格プレーオフに進出するも準決勝でファジアーノ岡山に敗れた松本が開幕戦で対戦した。ホームの横浜FCではこの日、50歳の誕生日を迎えた三浦がスタメン出場を果たしている。 ▽試合はアウェイの松本がピッチの幅を広く使った攻撃を見せて横浜FCを押し込んでいく。しかし先制したのは劣勢だったホームチーム。16分に中盤でのパス交換からイバへの縦パスが通ると、そこからの折り返しを受けた野村がボックス手前から放ったこの試合のファーストシュートがネットを揺らした。 ▽このゴールで勢いがついた横浜FCは相手陣内に攻め込む場面が増えていく。一方、追いかける松本は、サイドからの攻撃を継続するも、クロスボールがGKにキャッチされる場面が目立ち、決定機が作れない。前半アディショナルタイムには田中がボックス内から積極的にシュートを狙うがGK南の正面を突いて前半を終えた。 ▽後半は56分にボックス手前でボールを受けた三浦がこの試合最初のシュートを放っていく。三浦はその後60分までプレーし、津田との交代でベンチへと下がった。 ▽74分にはイバが相手のバックパスを奪ってGKと一対一を迎えるが、ここは鈴木が好セーブを見せた。ピンチを凌いだ松本は、77分に工藤を下げて三島を送り出して前線でツインタワーを形成。しかし最後まで効果的な攻撃を見せられず、横浜FCがホームでの開幕戦を白星で飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_24_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽同時刻にケーズデンキスタジアム水戸で行われた水戸ホーリーホックvs湘南ベルマーレは、ゴールレスで迎えた66分に右CKの流れから菊地のシュートが決まって湘南が先制。これが決勝点となり、アウェイの湘南が白星を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_24_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vsレノファ山口は、開始3分に高柳が放ったシュートのこぼれ球を岸田が押し込むと、37分にも岸田がネットを揺らして山口が2点を奪う。 ▽しかし岐阜もここから反撃に出ると、失点直後の39分にFKの流れから青木が頭で合わせる。迎えた59分にはボックス内でボールを拾った永島のシュートが決まり、岐阜が同点とした。しかしその後スコアは動かずに試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_24_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvs東京ヴェルディは、26分に馬渡からの折り返しを杉本が流し込んで徳島が先制する。結局このゴールが決勝点となり、ホームの徳島が開幕戦で白星を飾った。 2017.02.26 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

松本MF岩間雄大が入籍「より一層頑張って行きたい」

▽松本山雅FCは13日、MF岩間雄大(30)の入籍を発表した。 ▽クラブの発表によると、岩間は昨年12月29日に入籍していたとのことだ。岩間はクラブを通じてコメントしている。 「私事ですが、昨年の12月29日に入籍致しました。今後もより一層頑張って行きたいと思いますので、変わらぬ応援をよろしくお願いします」 ▽2014年にV・ファーレン長崎から松本に加入した岩間は、3シーズンをレギュラーとしてプレー。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで39試合に出場し1得点を記録していた。 2017.02.13 13:08 Mon
twitterfacebook
thumb

反町体制6年目を迎える松本が背番号を発表! 復帰のGK村山智彦は「16」、完全移籍加入のFW高崎寛之は「9」

▽松本山雅FCは13日、2017シーズンの新体制、選手背番号を発表した。 ▽昨シーズンはJ1自動昇格となる2位につけながら、終盤で3位に転落し、J1昇格プレーオフでも準決勝で敗退した松本。悲願のJ1昇格に向け反町康治体制6年目を迎えるチームは、11名の新加入選手を迎えた。 ▽湘南ベルマーレから復帰したGK村山智彦は16番、ギラヴァンツ北九州から加入のDF星原健太は22番、徳島ヴォルティスから加入のDF橋内優也は31番、サガン鳥栖から加入のMF岡本知剛は23番をつける。 ▽また、新外国人選手として慶南FC(韓国)から加入したDFヨ・ソンヘは2番、セアラー(ブラジル)から加入のMFセルジーニョは8番、ジョインビレEC(ブラジル)から期限付き移籍で加入のDFジエゴは17番、大倫高校(韓国)から加入のGKゴ・ドンミンは30番をつける。 ▽その他、桃山学院大学から加入のFW岡佳樹が26番を付けるほか、MF工藤浩平が23番から10番に背番号変更。FW三島康平も11番に変更となった。鹿島アントラーズから完全移籍での加入となったFW高崎寛之も9番をつける。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">藤嶋栄介</span>☆←(サガン鳥栖)※期限付き移籍 16.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">村山智彦</span>☆←(湘南ベルマーレ)※完全移籍 21.鈴木智幸 30.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ゴ・ドンミン</span>☆←(大倫高校/韓国)※新加入 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヨ・ソンヘ</span>☆←(慶南FC/韓国)※完全移籍 3.田中隼磨 4.飯田真輝 6.安藤淳 13.後藤圭太 17.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジエゴ</span>☆←(ジョインビレEC/ブラジル)※期限付き移籍 18.當間建文 22.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">星原健太</span>☆←(ギラヴァンツ北九州)※完全移籍 24.那須川将大 28.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">谷奥健四郎</span>☆←(アスルクラロ沼津)※期限付き移籍満了 31.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">橋内優也</span>☆←(徳島ヴォルティス)※完全移籍 33.安川有 <span style="font-weight:700;">MF</span> 5.岩間雄大 7.武井択也 8.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セルジーニョ</span>☆←(セアラーSC/ブラジル)※完全移籍 10.工藤浩平※背番号変更 14.パウリーニョ(ジェフユナイテッド千葉)※期限付き移籍延長 15.宮阪政樹 20.石原崇兆 23.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">岡本知剛</span>☆←(サガン鳥栖)※完全移籍 25.志知孝明※背番号変更 27.柴田隆太朗 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.高崎寛之(鹿島アントラーズ)※期限付き移籍→完全移籍 11.三島康平※背番号変更 19.山本大貴 26.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">岡佳樹</span>☆←(桃山学院大学)※新加入 2017.01.13 19:48 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース