超ワールドサッカー

高崎のヘディング2発で千葉を下した松本が連勝を飾る《J2》2017.03.19 16:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J2リーグ第4節の松本山雅vsジェフユナイテッド千葉が19日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、ホームの松本が3-1で勝利した。

▽1勝1敗1分で13位につける松本と2勝1分で3位につける千葉が対峙した。最初に仕掛けたのは好調の千葉。5分、右サイドの多々良がクロスを供給すると、ニアサイドに反応した船山がダイレクトで右足を合わせるも、枠を捉えることができない。

▽対する松本は11分、パスを受けた工藤がボックス内から右足を振り抜くも、これはゴール左に外れる。しかし、迎えた24分、左サイドで粘り強くつなぐと、石原がボックス左外からクロスを供給。これをオーバーラップした田中が収めて左足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。

▽先制点を奪った松本にその後もゴールを脅かされる千葉は前半終盤、松本ゴールに迫るも、相手の守備に阻まれて決定機を作ることができない。

▽後半に入ると、松本がリードを広げる。46分、宮阪のニアサイドへの鋭い右CKに高崎が反応。頭で合わせ、ゴールに右上隅に流し込んだ。さらに55分、ボックス右外でFKを獲得。キッカーの宮阪がファーサイドにクロスを送ると、待ち構えていた高崎が頭で押し込んだ。

▽苦しい展開を強いられる千葉は、61分にDF西野に代えてFW清武、72分に船山を諦めて指宿を投入。攻撃の枚数を増やして、攻撃の活性化を図る。するとその直後、ボックス手前でパスを受けた指宿がシュートを狙う。これがボックス内の清武に当たると、清武の足元に収まり、そのまま左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

▽一点を返した千葉は攻勢を続けるも、終盤まで前線から激しいプレスをかける松本に苦戦し、決定機を作ることができず。高崎の2ゴールもあり、松本が連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

4点を奪った松本、9人の讃岐に快勝《J2》

▽29日に、明治安田生命J2リーグ第10節松本山雅FC vsカマタマーレ讃岐が行われ、4-0で松本が勝利を手にした。 ▽現在11位につけるホームの松本は、京都サンガF.C.に1-1で引き分けた前節と同じスタメンで試合に臨む。対して、リーグ戦ここまで1勝のみで、降格圏で苦しんでいる21位の讃岐は、前節から中島、山本、西に代えて、武田、馬場、我那覇を先発に起用した。 ▽カウンター主体の両チームが激突したこの一戦、先に試合を動かしたのはホームの松本だった。13分、ボックス外右でFKを得た松本。キッカーの宮阪がクロスを送ると、中央で待ち構えていた高崎が、マークを受けながらも、ボレーで合わせて先制点をもたらす。 ▽29分、ここまで見せ場がなかった讃岐が決定機を迎える。スルーパスに抜け出した市村がボックス右からグラウンダーのクロスを上げるが、ゴール前で待っていた馬場がうまく合わせられず。勢いのないシュートはゴールの左へ逸れ、得点に結びつけることがはできない。 ▽迎えた後半は思いがけない展開が待っていた。63分、ボックス外からセルジ―ニョがシュートを放つと、ボックス内にいた李栄直の手に当たってしまう。李栄直は既にイエローカードを1枚受けていたため、このプレーで退場となってしまうに。これで得たPKを高崎が冷静に流し込んで、松本が追加点を決める。 ▽しかし、讃岐の悲劇はこれだけでは終わらなかった。67分、エブソンがボックス手前で石原を倒してしまう。直前にイエローカードを受けていたエブソンはこのプレーでもイエローカードを提示され退場。讃岐は残りの時間を9人で戦うことになってしまった。さらに讃岐は、このFKをゴール前の混戦から最後は後藤に決められてしまい万事休す。 ▽アディショナルタイムにも追加点を決めた松本は、9人の讃岐を相手に4発快勝し、これでリーグ戦5勝目。散々な結果となってしまった讃岐は、勝ち点を伸ばすことはできなかった。 2017.04.29 20:16 Sat
twitterfacebook
thumb

FW闘莉王が2戦連発も松本が追いつき勝ち点1を分け合う《J2》

▽22日、明治安田生命J2リーグ第9節の京都サンガF.C.vs松本山雅FCが京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽ここまで 2勝1分け5敗で降格圏の21位に位置する京都と、4勝1分け3敗で7位に位置する松本の一戦。前節の愛媛FC戦でハットトリックを達成した田中マルクス闘莉王は、ケヴィン・オリスと2トップを組んだ。一方の松本は前節のロアッソ熊本戦から同じ11名をスターティングメンバーに並べた。 ▽序盤から主導権を握ったのはホームの京都。3分、敵陣でFKを得ると、石櫃が浮き球のパスを送る。これをケヴィン・オリスが落とすも、DFが対応する。 ▽京都は18分、石櫃が右サイドからクロスを送ると、ケヴィン・オリスがボックス内でヘッドも左ポストを直撃する。19分には小屋松がシュートを放つも、DFに阻まれる。 ▽闘莉王、ケヴィン・オリスの高さを使うためにクロスを多く供給し攻める京都に対し、松本は工藤を中心に攻め込む。33分にはその工藤がドリブルでボックス内に侵入。しかし、DFに対応される。直後には工藤のパスからセルジーニョがダイレクトシュート。しかし、枠を捉えられない。 ▽ゴールレスで前半を終えた両チームだったが、京都が先制に成功する。52分、ハ・ソンミンがドリブルで持ち込みボックス内でパス。これを受けた闘莉王がそのまま蹴り込み、2試合連続ゴールで京都がリードを奪った。 ▽先制を許した松本だったが63分、ボックス内で工藤がキープしシュート。こぼれ球をセルジーニョが狙うも空振ると、大外に走り込んだ飯田が流し込んで、松本が同点に追いつく。 ▽追いつかれた京都は66分、左サイドでFKを得た京都は石櫃がクロス。ケヴィン・オリスが中央でヘディングシュートも、GK村上がなんとかセーブする。 ▽京都はその後も攻め込む時間が続くと83分にビッグチャンス。闘莉王がドリブルで持ち上がり左サイドの岩崎にパス。岩崎がクロスを送るも、DFがクリアする。 ▽その後もホームの京都が攻め込む時間が続くものの、フィニッシュの精度を欠いてしまい得点を奪えず。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 2017.04.22 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

熊本地震復興マッチで熊本が松本に2-0快勝!!《J2》

▽16日に明治安田生命J2リーグ第8節のロアッソ熊本vs松本山雅がえがお健康スタジアムで行われ、2-0で熊本が勝利した。 ▽2016年4月14日に起こった熊本地震から1年が経つ中、今回の一戦は『熊本地震復興支援マッチ』として実施された。重要な意味のある試合に臨む20位の熊本(勝ち点5)は、前節の愛媛FC戦に敗れて4連敗を喫している。対する5位の松本(勝ち点13)はV・ファーレン長崎に3-0と快勝して今季2度目の2連勝を飾った。 ▽試合は早い時間帯に動きを見せる。7分、黒木からのロングボールを収めた安柄俊が右足を振り抜く。これはDFに当たってしまうが、こぼれ球を拾ったグスタボがドリブルでボックス内へと運び、自分でそのままシュートを叩き込んだ。 ▽追いかける展開となった松本は22分に、工藤がワンタッチで出したパスに高崎が抜け出す。GKと一対一の局面となるが、高崎のシュートはクロスバーを越えてしまった。その後はお互いにアタッキングサードまで攻め込むが、スコアは動かずに熊本が1点リードで前半を終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半、追いかける松本は511分に右CKの流れから後藤が浮き球をハーフボレーで狙うが、このシュートはクロスバーを越えてしまう。熊本も55分に左サイドから嶋田が持ち込んでシュートを放つが、こちらはGK村山のセーブに遭った。 ▽松本は75分に決定機を作るが、左サイドから入ったクロスに三島が頭で合わせるがクロスバーを叩く。こぼれ球を高崎が頭で押し込みにかかるがボールはクロスバーを越えた。 ▽すると80分、熊本は右サイドでFKを獲得。上里が蹴ったボールがそのままゴールネットを揺らして熊本が2点目を奪った。試合終盤は松本がボックス内にロングボールを放り込んでくるが、熊本も懸命に守り切り試合は終了。震災から1年が経つ大事な一戦で熊本が開幕節以来となるホームで2勝目を挙げた。 2017.04.16 20:02 Sun
twitterfacebook
thumb

松本は長崎に快勝!! 名古屋は玉田の復帰弾、杉本の移籍後初ゴール!! 岐阜は2連勝飾る!!《J2》

▽8日に明治安田生命J2リーグ第7節の松本山雅vsV・ファーレン長崎が松本平広域公園総合球技場で行われ、3-0で松本が快勝した。 ▽前節の徳島ヴォルティス戦で2試合ぶりの白星を飾った8位の松本(勝ち点10)が、3連勝と勢いにのる3位の長崎(勝ち点13)をホームに迎えた一戦。立ち上がりからホームの松本が攻勢に出ると、14分にボックス内の高崎が倒されてPKを獲得。キッカーの高崎がこのチャンスを冷静に沈めて松本が勢いのままに先制する。 ▽さらに22分にはボックス手前やや左の位置で松本がFKを獲得すると、宮坂がこれを直接沈めて追加点を奪取。その後も松本がペースを握る中、長崎はなかなか決定機をつくれずにハーフタイムを迎えた。 ▽長崎は後半に入ると3-1-4-2のフォーメーションに変更し、高い位置に人数をおく形に移行。すると63分には爺長がボックス手前から積極的に狙うもここはGKの正面にボールが飛んでしまう。迎えた74分、松本はパウリーニョがダメ押しとなる3点目を奪取すると、試合はそのまま終了を迎え、松本が2連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170408_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽同時刻には名古屋グランパスvsカマタマーレ讃岐がパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽3連勝中の2位・名古屋(勝ち点13)が、前節の湘南ベルマーレ戦で今季初勝利を飾った14位の讃岐(勝ち点6)を迎えた。名古屋はFW佐藤寿人、MF和泉竜司といった主力がケガの影響で不在となった。 ▽試合はアウェイの讃岐が立ち上がりから積極的な攻撃を仕掛けていく。さらに球際で激しさを見せて名古屋を押し込んでいった。すると32分、右からのクロスにゴール前の西が頭で合わせてネットを揺らす。しかしここはオフサイドの判定で讃岐は先制点を奪えずそのままゴールレスで試合を折り返した。 ▽すると後半は名古屋が高い位置のプレスラインを置いて前半とは違って主導権を握りにかかる。すると58分にボックス手前の位置でFKを獲得。キッカーの玉田が直接狙うと、これがゴールネットを揺らして名古屋が、玉田の復帰後初ゴールで先制点を奪った。 ▽しかし69分、ハーフウェイラインでボールを奪った讃岐がカウンターを開始。ボックス左に侵入した渡邉の折り返しをファーサイドで西が押し込んで試合を振り出しに戻した。しかし88分、ボックス左へとカットインした杉本が右足を一閃。これが決まり、杉本の移籍後初ゴールで名古屋が勝ち越しに成功した。試合はそのまま終了を迎え、名古屋が4連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170408_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vs水戸ホーリーホックは2-1で岐阜が勝利した。 ▽前節の町田ゼルビア戦で今季初勝利を飾った17位の岐阜(勝ち点5)が、レノファ山口とドローに終わり連勝を阻まれた12位の水戸(勝ち点7)が対戦した。試合は前半からお互いに決定機を作り出しながも決めきれないままハーフタイムに突入。 ▽すると60分にシシーニョのクロスからニアサイドの古橋が頭で合わせて、岐阜が先制する。さらに68分には、ボックス手前でボールを受けた永島がそのまま持ち込んでシュート。これも決まって2点目を奪った。 ▽水戸も71分にFKのチャンスで橋下が入れたグラウンダーのシュート性のボールがオウンゴールを誘発。1点を返すことに成功するが、反撃はここまで。岐阜が今シーズン初の連勝を飾った。 2017.04.08 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

完勝の松本が徳島の連勝を「3」でストップ! 大分vs愛媛は劇的ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節の徳島ヴォルティスvs松本山雅FCが1日に鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われ、アウェイの松本が2-0で勝利した。 ▽リーグ3連勝中の4位徳島と、前節名古屋グランパスに競り負けた10位松本が対峙した一戦。試合は立ち上がりから果敢なハイプレスを仕掛けた松本が主導権を握る。連動したプレスで相手のビルドアップをけん制する松本は、開始8分にボックス左に抜け出した高崎に絶好機も、ここはシュートを左サイドネットに外す。さらに17分には厚みのある仕掛けからこぼれ球に反応した岩間が思い切り右足を振るが、枠を捉えきれない。 ▽一方、生命線のビルドアップが機能せず、相手のプレスの餌食になる徳島は要所でプレスを剥がして敵陣まで運び、3戦連続ゴール中の渡りらがフィニッシュに絡むが決定機を作るまでには至らず。逆に、25分にはGK梶川のスリップから高い位置で工藤にボールを奪われ、ワンタッチパスに抜け出た宮坂に決定機を許すが、ここは相手のシュートミスに救われた。前半終盤にかけても松本の攻める時間が続くも、何とかホームチームが耐え抜き、試合はゴールレスで折り返した。 ▽迎えた後半、ビルドアップで苦戦した徳島は後半開始と同時にシステムを[4-4-2]から[3-5-2]に変更。だが、後半立ち上がりに松本が試合を動かす。52分、ボックス左に持ち込んだ石原の速い左足のクロスを大外に走り込んだ工藤が巧みなスライディングシュートで流し込んだ。 ▽立ち上がりに失点を喫した徳島は、直後の54分に馬渡の仕掛けからボックス内の渡に決定機も、シュートを枠に飛ばせない。流れを変えたいリカルド・ロドリゲス監督は、60分に内田と小西に代えて大崎、松村を同時投入。だが、皮肉にもこの選手交代直後に痛恨の2失点目を喫す。 ▽64分、松本はボックス手前で工藤のパスが相手DFのハンドを誘い、ペナルティアーク付近の絶好の位置でFKを獲得。これを宮阪が見事な右足のキックで直接ゴール左隅に流し込み、アウェイチームが貴重な追加点を奪った。 ▽ホームで負けられない徳島はここから攻勢を仕掛けていくが、72分に松村、79分には島屋がボックス付近でシュートを狙っていくが、いずれも枠を捉えきれない。一方、試合を絞めにかかる松本は、宮阪、高崎、古巣対戦の橋内と主力をベンチに下げて、パウリーニョ、山本、安川をピッチに送り出した。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、完勝の松本が徳島の連勝を「3」でストップした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170401_21_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、同時刻に大分銀行ドームで行われた大分トリニータvs愛媛FCは、1-1のドローに終わった。 ▽前節、ロアッソ熊本との“バトル・オブ・九州”を制して勢いに乗る8位大分と、連敗中の16位愛媛の一戦は、立ち上がりから拮抗した展開が続き、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなかったが、65分にアウェイチームが一瞬の隙を突いて先制に成功する。右サイドに抜け出した小池の速いクロスをゴール前に走り込んだ西田が難しい体勢ながら右足ボレーで合わせた。 ▽何とか追いつきたい大分は、試合終盤にかけて猛攻を見せると、後半アディショナルタイム5分のラストプレーで追いつく。ボックス内で相手DFとGKのクリアミスからゴール前でルーズボールを拾った林が、DF3枚に囲まれながらも泥臭く右足を振り抜いて流し込んだ。そして、劇的な形で幕を閉じた一戦は痛み分けのドローとなった。 2017.04.01 16:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース