冨安J初弾にウェリントン3戦連発の福岡が10人の熊本撃破で3連勝《J2》2017.03.19 15:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽19日にレベルファイブスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第4節のアビスパ福岡vsロアッソ熊本は、ホームの福岡が2-1で勝利した。

▽開幕から2勝1敗で7位の福岡と、1勝2分けで8位の熊本が激突した。試合はアウェイの熊本が前に意識を高めたことで、一進一退の攻防戦が繰り広げられていく展開となる。

▽こう着状態のまま後半を迎えた試合は54分に動く。右CKから駒野がクロスを上げると、ウェリントンの競り合いから生まれたルーズボールを冨安が頭で押し込んだ。

▽冨安のJ初ゴールで均衡を破った福岡だが、その後も熊本に押し込まれる苦しい展開が続き、流れを完全に引き寄せることができない。

▽すると、熊本は66分、左サイドからドリブルを仕掛けた片山がボックス左深くからクロス。ファーサイドに詰めていた巻が頭で叩き込んだ。

▽追いつかれた福岡は73分、57分から途中出場のウィリアン・ポッピ独力のカウンターを発動。これをファウルで止めた黒木に一発退場が命じられ、福岡が数的優位となる。

▽アドバンテージを得た福岡は76分、石津が左サイドから右足でセンタリングを供給。これに反応したゴール正面のウェリントンが頭でボールを流し込んだ。

▽ウェリントンの3試合連続となる一発で勝ち越した福岡は、リスクを冒して前がかりに出てきた熊本の反撃を凌ぎ切り、2-1で勝利。リーグ戦3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

金沢で史上初の内部昇格者! FW谷口遼弥が来季トップ昇格

▽ツエーゲン金沢は25日、同クラブU-18に所属するFW谷口遼弥(18)のトップチーム昇格内定を発表した。 ▽石川県出身の谷口は現在、遊学館高校に在学する身長175cmのFW。谷口は、アカデミーからトップチームに昇格したクラブ初の下部組織出身選手となる。 2017.09.25 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

岩下バースデー弾含む2発を守り抜き福岡が7戦ぶり勝利! 名古屋はG・シャビエルの3得点に絡む活躍で東京Vに快勝! 《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第34節の8試合が、24日に各地で開催された。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170924_47_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽クラブ記録タイとなる4連勝中の15位FC岐阜と、6戦勝ちなしと調子を落としている3位アビスパ福岡の一戦では、2-1で福岡が勝利した。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、前半のうちに福岡が先制点を奪取する。26分、右CKで駒野がキッカーを務めると、質の高いボールを供給。ボックス中央の岩下が鋭い動き出しでDFを振り切り、頭で合わせた。岩下にとっては、自身の誕生日を祝う得点となった。 ▽追いつきたい岐阜は、直後の29分、左サイドの福村のクロスに反応した風間がニアでヘディングシュートを放った。しかし、これはGKのファインセーブに阻まれた。さらに、直後のプレーで阿部が、43分には古橋がネットを揺らしたが、どちらもオフサイドの判定。得点を奪えないまま、試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入っても、岐阜は決定的なチャンスを作り出すことができず。逆に72分、福岡が突き離しに成功する。味方のロングフィードを収めた仲川が、相手を背負いつつもボックス内に侵攻。そのままボールを受けた松田が、右足でゴールに流し込んだ。 ▽岐阜の反撃は87分、田森と連係してボックス内左に侵攻したシシーニョが、相手と競り合いつつも右足で中央に折り返す。飛び込んだ庄司が右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。しかし、岐阜の反撃はここまで。福岡がリードを守り抜き、試合を終えた。 ▽この結果、岐阜の連勝は「4」でストップ。クラブの連勝記録を更新することは叶わなかった。対する福岡は7戦ぶりに勝利した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170924_47_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、5戦勝ちなしの6位名古屋グランパスと、3戦勝ちなしの8位東京ヴェルディの一戦では、4-1で名古屋が勝利した。 ▽試合は、両クラブとも高い位置からプレスを敢行し、序盤からインテンシティの高いものとなった。7分にドウグラス・ヴィエイラがボックス内右から強烈なグラウンダーシュートを放つと、15分には応戦するようにガブリエル・シャビエルがボックス手前中央からミドルシュートを繰り出した。 ▽お互いに牽制し合いながらもやや名古屋が攻勢を強めると、17分に先制点が生まれた。右CKのキッカーをガブリエル・シャビエルが務めると、ニアにインスイングのクロスを供給。マークを外したワシントンが頭で合わせ、自身のJ初ゴールとした。さらに23分、再び右CKの場面で、田口が高い打点のヘディングシュートを放ち、追加点を奪い切った。 ▽得点後も、ガブリエル・シャビエルを中心に名古屋が攻勢を保った。東京Vは守勢に回る時間が多くなり、点差を縮めるチャンスを得ることなく、試合を折り返した。 ▽それでも後半開始早々の55分に、東京Vが1点を返した。右サイド深い位置でボールを持った田村が、クロスを供給。中央の選手に合わずに通り過ぎたが、これをボックス手前左の安西が拾う。ゴールに向かうようなボールを、素早く右足でボックス内に送ると、ドウグラス・ヴィエイラがフリック。ゴール右に流し込んだ。 ▽逆転ムードの漂った東京Vだったが、76分にさらに失点を重ねた。ボックス浅い位置で田口からパスを受けた小林が、シュートを放つ。一度はDFにブロックされたが、ボールは再び小林の足元に収まり、冷静に右足を振り抜いた。さらに85分、ガブリエル・シャビエルとのワンツーで抜け出した泉が、ボックス手前で左足を振り抜き、4点目を獲得した。 ▽試合はこのまま終了し、ガブリエル・シャビエルの3点に絡む活躍で名古屋が快勝した。この結果、名古屋は昇格プレーオフ圏内の5位に浮上。対する東京Vは、4戦連続で勝ちなしとなり、9位に順位を下げた。 ▽その他の試合結果は以下の通り。 ◆J2第34節 ▽9/24(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 4</span>-0 ザスパクサツ群馬 FC岐阜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> 松本山雅FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 レノファ山口FC </span> モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ロアッソ熊本</span> ツエーゲン金沢 1-1 大分トリニータ 愛媛FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">名古屋グランパス 4</span>-1 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 ▽9/23(土) ファジアーノ岡山 0-1 カマタマーレ讃岐 京都サンガF.C. 0-0 湘南ベルマーレ 徳島ヴィルティス 2-2 FC町田ゼルビア 2017.09.24 22:32 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島、富山第一高FW坪井清志郎の来季加入内定を発表

▽徳島ヴォルティスは24日、富山第一高等学校FW坪井清志郎(17)の来季加入内定を発表した。 ▽坪井は加入の喜びをクラブの公式サイトで以下のように語っている。 「まずは、サッカーを始めた当初からの目標が叶い、大変嬉しく思います。今まで自分を支えて下さった家族、チームの仲間達、富山第一高等学校サッカー部のスタッフ、色んな面で携わってくれた方々に感謝しています。今までお世話になった方々に、早く自分が活躍している姿を見せるためにも、徳島で1日1日全力でプレーし、1年目から試合に出場できるような選手になってチームの力になりたいと思います。応援よろしくお願いします」 2017.09.24 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

讃岐DFイ・ジュヨンが負傷離脱、右足肉離れで全治約3〜4週間の見込み

▽カマタマーレ讃岐は24日、韓国人DFイ・ジュヨンの負傷離脱を発表した。 ▽イ・ジュヨンは14日のトレーニング中に負傷。検査を受けたところ、右股関節周囲の肉離れで全治約3〜4週間の見込みと診断された。 ▽26歳のイ・ジュヨンは今夏、ジェフユナイテッド千葉から期限付き移籍加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ3試合に出場している。 2017.09.24 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

京都猛攻も首位・湘南のゴール割れず…スコアレスドローで京都は8戦勝ちなし《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第34節の3試合が、23日に各地で開催された。 ▽7戦勝ちなしで暫定17位の京都サンガF.C.が、首位を独走中の湘南ベルマーレをホームに迎えて行われた一戦は、ゴールレスドローに終わった。 ▽前節の愛媛FC戦が台風の影響で延期となり、2週間ぶりに試合に臨む京都は、今季初めて清水をリーグ戦に起用。対する湘南は、出場停止が解けた山田がスタメンに復帰し、ベストメンバーで試合に臨んだ。 ▽試合は、序盤から京都が攻勢をかけた。5分には、ボックス内にポジションを取っていた闘莉王のポストから、イ・ヨンジェが左足でシュート。さらに8分には、杉岡のクロスに反応したジネイが頭で合わせたが、得点とはならなかった。 ▽反撃に出たい湘南は、サイドからのクロスを中心に攻撃を構築。しかし、なかなかシュートまでは至らない。22分には、左CKから島村がヘディングシュートを放ったが、枠を外れた。その後もお互いにチャンスをものにすることは叶わず。ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入っても、京都がややペースを握った。58分には、味方のクロスに飛び込んだ闘莉王が、頭で合わせたが、シュートはGKの正面に飛んだ。その後も京都が攻撃的に戦ったが、最後までゴールを割ることはなく。結局、試合は得点が入ることなく終わった。 ▽この結果、湘南の連勝は「2」でストップ。京都も8戦勝ちなしとなり、不調を抜け出すことはできなかった。 ▽また、同日行われた徳島ヴォルティスvsFC町田ゼルビアは、2-2のドローに終わった。 ▽試合が動きをみせたのは前半終了間際、41分だった。右サイドからのFKを得た町田が、ボックス内に高い弾道のクロスを上げた際に、GKがパンチングミスを犯す。これを見逃さなかった増田が頭で無人のゴールに押し込んだ。 ▽1点のリードで迎えた後半、町田が追加点を奪い切った。71分、ディフェンスラインの裏に抜け出した中島が、ボックス内で時間を作り、走り込んだ鈴木にパスを供給。これを鈴木が確実に決め、徳島を突き放した。 ▽それでも、徳島の頼れるエースが試合の流れを変える得点を奪取した。73分、左CKからニアに飛んだボールを、山崎が頭でフリック。反応した渡がヘディングシュートを放ち、1点を返した。さらに83分、独力でボックス手前で前を向いた渡が、左足を振り抜いた。すると、鋭いミドルシュートがゴール左に決まり、追いつくことに成功した。 ▽エースの2得点で勢いに乗った徳島の反撃もそこそこに、試合は終了。2得点の渡は、今季得点数を「19」にまで伸ばし、得点ランキング1位タイにつけることとなった。 ▽その他の試合結果は以下の通り。 ◆J2第34節 ▽9/23(土) ファジアーノ岡山 0-1 カマタマーレ讃岐 京都サンガF.C. 0-0 湘南ベルマーレ 徳島ヴィルティス 2-2 FC町田ゼルビア ▽9/24(日) 《13:00》 水戸ホーリーホック vs ザスパクサツ群馬 《14:00》 FC岐阜 vs アビスパ福岡 松本山雅FC vs レノファ山口FC 《15:00》 モンテディオ山形 vs ロアッソ熊本 ツエーゲン金沢 vs 大分トリニータ 《16:00》 愛媛FC vs 横浜FC 《17:00》 名古屋グランパス vs 東京ヴェルディ 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs ジェフユナイテッド千葉 2017.09.23 18:40 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース