清水FW北川航也が左内転筋肉離れで全治7週間2017.03.19 15:25 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽清水エスパルスは19日、FW北川航也が左内転筋肉離れで全治7週間と診断されたことを発表した。

▽クラブの報告によれば、北川は12日のトレーニング中に負傷。静岡市内の病院で検査を受けた。

▽静岡県出身の北川は、2015年に清水ユースから昇格。今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ3試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

広島、東京五輪代表候補MF森島司の2度目の交通事故を謝罪…双方にケガなし

▽サンフレッチェ広島は23日、所属するU-21日本代表MF森島司(20)が同日に関わった自動車での接触事故について報告し、謝罪した。なお、双方にケガがなかったことも伝えている。 ▽事故が発生したのは17時53分ごろの広島市安佐南区。森島は、乗用車で利用店舗駐車場から出て右折し、本線に合流しようとした際に右方向から直進した乗用車と接触した。広島は、この件について以下のように公式サイト上に声明を出し、再発防止の徹底を誓っている。 「2月23日(金)午後5時35分頃、広島県安佐南区内の路上で、弊クラブ所属の森島司選手が運転する普通乗用車による接触事故が発生しました。この事故により、双方に怪我はありません。本事故により、ご迷惑をおかけしました皆さまに、深くお詫び申し上げます」 「なお、クラブでは、森島選手に厳重注意を行うとともに、事故再発防止に向けて、全選手、クラブ関係者に安全運転の取り組みを徹底いたします」 ▽森島は、昨年12月25日にも三重県四日市市内の路上で信号待ちのため停車していた乗用車に接触。その際も双方にケガはなかったものの、飛躍のかかる開幕を明日に控えた最悪のタイミングで2度目の事故を起こすこととなった。 ▽森島は、2016年に四日市中央工業高等学校を卒業してサンフレッチェ広島に入団。昨年2月25日に明治安田生命J1リーグ開幕節のアルビレックス新潟戦で初先発を飾ると、昨シーズンは公式戦22試合に出場していた。 2018.02.23 22:23 Fri
twitterfacebook
thumb

J史上初の平日金曜開幕戦は両者譲らず! 神戸が終盤のハーフナー弾で鳥栖とドロー!《J1》

▽23日にベストアメニティスタジアムで明治安田生命J1リーグ開幕節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸が行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽フィッカデンティ体制3年目を迎える鳥栖は、GK権田、最終ラインに右から小林、キム・ミンヒョク、チョン・スンヒョン、吉田を起用。アンカーには今季神戸から加入して古巣対決となる高橋秀、インサイドハーフに福田と期限付き移籍から完全移籍した原川、前線には右から小野、趙東建、田川が入った。なお、鳥栖はフィッカデンティ監督がインフルエンザを患い、指揮官不在で臨むこととなった。 ▽一方、昨季途中から指揮した吉田孝行監督の続投を決断した神戸は、GKキム・スンギュ、最終ラインに右から藤谷、新加入の那須、渡部、橋本、インサイドハーフに三原、松下、2列目にルーカス・ポドルスキを配置。前線は右から新加入の三田、ハーフナー・マイク、渡邉が務めることとなった。 ▽Jリーグ史上初の平日金曜日開催の開幕戦。鳥栖のスペシャルサポーターである倖田來未さんの国歌独唱によって始まった一戦は、ホームの鳥栖がいきなりチャンスを迎える。2分、高橋秀の最終ラインへのボールに反応した田川が那須の前に体を入れると、那須がボックス内でたまらずファウル。PKを獲得した鳥栖は、キッカーの田川が左足でゴール右隅へ流し込んで先制に成功する。 ▽出鼻を挫かれた神戸はボールを保持しながら攻撃を組み立てようとするのに対して、鳥栖は速攻からチャンスを作り出す。11分、中盤で福田がボールを奪い、そのまま敵陣へと侵攻。最後は小野のパスを受けた趙東建がボックス右から右足でシュートを放つも、GKキム・スンギュに防がれる。さらに18分、中盤で小野のチェイスからショートカウンター。趙東建のパスでボックス右手前に侵攻した小野が中央に折り返し、趙東建がダイレクトで合わせたが、ミートしきれず追加点とはならない。 ▽ここまで攻撃がかみ合わない神戸は28分、左サイドを持ち上がった橋本のクロスに渡邉がニアサイドで合わせたが、ゴールまでの距離がやや遠くGK権田に難なくキャッチされる。42分には渡邉がボックス手前からミドルシュートを放つも枠を捉えきれず試合を折り返す。 ▽1-0の鳥栖リードで迎えた後半、前半思うような攻撃ができなかった神戸がチャンスを迎える。48分、三田の右CKを飛び出した権田がファンブル。これを渡部がオーバーヘッド気味に合わせたが、これがクロスバーに嫌われてしまう。 ▽後半ボックス付近への侵攻回数が増加した神戸は65分、橋本と渡邉を下げて小川と新加入のウェリントンを投入する。68分には那須からのクロスをハーフナー・マイクが落とし、松下がダイレクトで左足を合わせる。しかし、強烈なシュートは権田の好守に阻まれる。 ▽少々嫌な流れに追加点が欲しい鳥栖は74分、左サイドでボールを持った小野がスルーパス。これに走り込んだ池田がダイレクトで右足を振り抜くがカバーに入った小川に当たってわずかにゴール右へと外れた。 ▽難を逃れた神戸は75分に藤谷を下げて新加入のティーラトンを投入。すると79分にボックス手前で仕掛けたルーカス・ポドルスキが倒されてFKを得る。これを途中出場のティーラトンが左足シュート。インサイド回転のかかった強烈なシュートが枠を捉えるも、GK権田にパンチングで逃げられる。 ▽それでも86分、ついに神戸に同点ゴール。左サイドからのクロスをウェイントンが競り、セカンドボールを落とす。これをハーフナー・マイクがペナルティーアーク内から左足を一閃すると、GK権田に左手で触られたが、右ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽終盤追いつくことに成功した神戸は、その後設けられた5分のアディショナルタイムで逆転を目指す。しかし、ハーフナー・マイクやウェリントンを使ったパワープレーも最後までゴールは生まれずそのまま試合終了。Jリーグ史上初の平日金曜開催の開幕戦は引き分けに終わった。 2018.02.23 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【2018 J1順位予想②】最終節でタイトルを逃した常勝軍団・鹿島のリベンジを予想

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンにおけるJ1の順位を予想した。 1位:鹿島アントラーズ 2位:浦和レッズ 3位:セレッソ大阪 4位:ジュビロ磐田 ▽優勝候補筆頭は、昨シーズンの最終節で川崎フロンターレに逆転を許し、連覇を逃した鹿島アントラーズを挙げたい。昨シーズンの主力を引き止めた上に、DF内田篤人が復帰。さらに、DF犬飼智也、DF安西幸輝とバックラインを補強。アジアの戦いとのバランスを考えて、しっかりと穴を埋める補強ができた。成長著しいMF三竿健斗を中心に、MFレオ・シルバ、MF小笠原満男、MF永木亮太をどう起用するか。昨シーズン終盤に大岩剛監督が判断を誤ったとも言える中盤の組み合わせの反省を生かせれば、タイトル奪還に近づくだろう。 ▽対抗馬の筆頭は、今シーズンは国内タイトルだけに集中できる昨シーズンのアジア王者である浦和レッズだ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)覇者でありながら、今シーズンは出場権がなく、J1、YBCルヴァンカップ、天皇杯に集中できる。FWラファエル・シルバが退団したことは大きいが、横浜F・マリノスで実績のあるMFマルティノス、湘南ベルマーレで復活を遂げたMF山田直輝、柏レイソルで攻撃のキーマンにもなっていたMF武富孝介を補強。盤石の戦力で、国内タイトルに集中できることは大きい。また、昨シーズンのルヴァンカップ王者であり、天皇杯王者でもあるセレッソ大阪も手強い相手。チームとしては昨シーズンから更なる成長が見え、懸念点はACLとの過密日程だけと言える。尹晶煥監督がしっかりとコントロールし切ることができれば、初のリーグタイトルも大きな可能性をがあるだろう。 ▽また、4位と予想したジュビロ磐田は、昨シーズンからの上積みが期待される。名波浩監督が構築した守備戦術は、昨シーズンのJ1リーグで結果を残した。今シーズンも陣容に大きな変化はなく、残された課題は攻撃面。いかに効率よく得点を奪い、勝ち点3を積み上げられるかで3位以内も見えてくるだろう。 5位:柏レイソル 6位:ガンバ大阪 7位:サガン鳥栖 8位:川崎フロンターレ ▽上位陣をかき乱してくれそうなのが、柏レイソル、ガンバ大阪、サガン鳥栖、川崎フロンターレの4クラブ。とりわけ、柏、鳥栖、川崎Fの3クラブは昨シーズンからの上積みが見込まれており、指揮官の交代もないためにチームの成熟度は問題ない。鳥栖に関しては、得点力がどこまで伸びるか。しっかりとした戦術と守備が構築されていることを考えれば、得点源が確保できるだけで優勝争いも見えてくる。 ▽柏と川崎Fの懸念点は、ACLとの二足の草鞋を履けるかどうか。アジアタイトルを目指す両チームにとっては、ワールドカップで中断するまでの過密日程が大きく影響すると見る。柏は降格した大宮アルディージャからMF江坂任、MF瀬川祐輔、同じく降格したアルビレックス新潟からMF小泉慶、FW山崎亮平と主力級を獲得。さらに、ペルーからMF澤昌克が復帰するなど、戦力は整えた。しかし、チームにフィットするまでにどれだけ時間が掛かるかで、大きく結果が変わるだろう。また、川崎FもFW大久保嘉人が復帰し、横浜FMからFW齋藤学を獲得するなど戦力補強に動いた。しかし、彼らがどのタイミングでフィットするかは未知数。特殊なサッカーをする両チームだけに、新戦力がサッカーを理解できるかが浮沈のカギを握るだろう。 ▽6位と予想したG大阪は、レヴィー・クルピ監督が標榜するサッカーをどこまで早く体現できるかが懸念だ。浦和同様に国内タイトルに集中できる環境だけに、しっかりとチームへ戦い方が落とし込まれれば、トップ3も狙えるだろう。攻撃サッカーの復活にも期待が懸かる。 9位:横浜F・マリノス 10位:名古屋グランパス 11位:ヴィッセル神戸 12位:ベガルタ仙台 13位:北海道コンサドーレ札幌 ▽横浜F・マリノス、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、ベガルタ仙台、北海道コンサドーレ札幌が中位を争うと予想。しかし、博打的な要素がハマれば、いずれのチームも上位進出の可能性を秘めている。9位と予想した横浜FMは、オーストラリア代表をロシア・ワールドカップに導いたアンジェ・ポステコグルー監督が就任。今までとは違い、守備ラインを高く設定し、5レーンを使ったサイド攻撃の活性化を推し進めている。ポゼッションを高めるサッカーに慣れていない選手たちが、どのタイミングで理解し結果に繋げられるかがポイントとなるだろう。 ▽10位と予想した名古屋グランパスは、元ブラジル代表FWジョー、オーストラリア代表GKランゲラックを補強。J1復帰シーズンに懸ける強い思いが、オフシーズンの動きからも見て取れる。しかし、風間八宏監督のサッカーを体現するのはそう簡単ではない。新戦力がハマるのか、また1年間J1から離れていたことがどう左右するのか。昨シーズンのC大阪のように飛躍する可能性は十分に秘めている。 ▽また、11位予想の神戸はFWルーカス・ポドルスキがフルシーズン稼働する。片鱗を見せつけたワールドクラスのプレーをどこまで表現できるかがカギ。また、タイ代表DFティーラトン・ブンマタンのフィットもカギとなるだろう。12位予想のベガルタ仙台は、昨シーズン見せた渡邉晋監督のサッカーの継続が結果に繋がるかが大きなポイントとなるだろう。内容では相手を上回りながらも結果を残せなかった昨シーズンの課題は得点力。今シーズンもFW石原直樹に頼りきりになるようでは、上位進出は難しい。しかし、その課題さえクリアすれば、一桁順位は見えてくるだろう。13位予想の北海道コンサドーレ札幌もミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招へい。チームのレベルアップを目指した監督交代となった。得点源のFWジェイがフル稼働し、攻撃的に戦うスタイルが早く浸透すれば、一桁順位は見えてくるだろう。 14位:FC東京 15位:サンフレッチェ広島 16位:湘南ベルマーレ 17位:清水エスパルス 18位:V・ファーレン長崎 ▽残留争い、降格チームに予想したのは、FC東京、サンフレッチェ広島、湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎、清水エスパルスの5チーム。FC東京は、長谷川健太監督を招へいし、FWディエゴ・オリヴェイラ、FW富樫敬真、MF大森晃太郎と攻撃陣を補強。しかし、チームとしての形が見えて来ず、先制点を奪えない試合では苦しい戦いが強いられると見る。確実に勝ち点を積み重ねていく長谷川監督のサッカーが結果に繋がれば良いが、思うほどに勝ち点が積み上がらない場合は下位に沈むだろう。 ▽15位予想のサンフレッチェ広島も同様だ。城福浩監督が新たに指揮を執ることになり、磐田で経験を積んだMF川辺駿、前線にはタイ代表FWティーラシン・デーンダーを補強した。しかし、大きな変化がチームにもたらされることはなく、昨シーズンの低迷を払拭できるかは疑問符がつく。城福監督の下で、しっかりと攻撃でイニシアチブを握るサッカーができるかが順位を左右するだろう。 ▽入れ替え戦予想は、J2王者の湘南ベルマーレだ。今オフはMF山田直輝が古巣の浦和に復帰し、攻撃の核を失ってしまった。しかし、MF小林祐介、MF梅崎司、MFミキッチ、FWイ・ジョンヒョプと実力者を補強。大幅な戦力ダウンとはならないものの、湘南スタイルをどこまで体現できるかがカギを握る。課題の得点力が解決できれば、残留争いは免れるだろう。 ▽自動降格圏の2チーム。17位の清水は、ヤン・ヨンソン監督を招へいしたものの、昨シーズンぎりぎりで残留したチームとしては物足りない補強となった。戦力の上積みがあまりない状況で、戦い方の変更で上位に行ける可能性は少ないと見る。FW鄭大世、FWクリスランの併用や、ボランチの組み合わせ、右サイドの人材不足と課題が残っており、今シーズンも厳しい戦いになりそうだ。 ▽そして、最下位予想は初のJ1に挑戦する長崎だ。DF徳永悠平やMF中村北斗など地元出身のベテラン選手を補強したものの、J1での経験値が低い選手が多い。高木琢也監督のサッカーがJ1のシーズンを通して通用するために、選手の経験値が不可欠。個の勝負での脆さをチーム戦術で乗り越えられなければ、降格は免れないだろう。 2018.02.23 17:46 Fri
twitterfacebook
thumb

【2018 J1順位予想①】優勝筆頭に監督力抜群のユン・セレッソ!

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンにおけるJ1の順位を予想した。 1位:セレッソ大阪 2位:浦和レッズ 3位:川崎フロンターレ 4位:鹿島アントラーズ ▽優勝候補筆頭は昨シーズン、クラブ史上初タイトルのルヴァンカップと天皇杯の2冠に輝いたセレッソ大阪。長丁場のリーグ戦において重要な要素である継続性と安定性、そして、尹晶煥監督の監督力でC大阪を優勝候補に挙げる。 ▽優勝争いを盛り上げてくれそうなのが、浦和レッズ、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ。公式戦3連敗の成績を見ると気がかりな川崎Fだが、浦和と鹿島を含めて潜在能力を考えれば、C大阪の対抗馬予想は固い。 ▽中でも、注目は浦和だ。今シーズンにおいて過密日程を強いられるACLがない上に、チームとしての自力も申し分ない。FWラファエル・シルバの穴埋めがしっかりとなされれば、優勝争いも十分に期待できる。 5位:柏レイソル 6位:ジュビロ磐田 7位:FC東京 8位:ガンバ大阪 ▽上位をかき乱してくれそうなのが、柏レイソル、ジュビロ磐田、FC東京、ガンバ大阪。中でも、今オフに充実の補強を行った柏は、3年ぶりに参戦のACLとの日程を乗り越えられれば、優勝争いを面白くしてくれそうな存在だ。 ▽次点に注目するのが磐田。サンフレッチェ広島に復帰したMF川辺駿の抜けた穴をMF田口泰士がどうカバーするか。また、昨年途中に復帰したMF山田大記がどう順応するか。両選手の活躍が昨年を上回る躍進の鍵になりそうだ。 ▽そして、長谷川健太監督就任のFC東京と、レヴィー・クルピ新監督のG大阪は中位を予想するが、飛躍の可能性も。現時点で未知数な要素をどう改善させられるかで、優勝争いに食い込むだけのポテンシャルが十分ある。 9位:サガン鳥栖 10位:名古屋グランパス 11位:サンフレッチェ広島 12位:ヴィッセル神戸 13位:横浜F・マリノス ▽サガン鳥栖、名古屋グランパス、広島、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスも上位の可能性があるが、“ハマれば感”が強く、中位を予想。タレント力で申し分ない陣容だけに、キッカケさえ掴めれば、上位進出も夢ではない。 14位:北海道コンサドーレ札幌 15位:ベガルタ仙台 16位:湘南ベルマーレ 17位:清水エスパルス 18位:V・ファーレン長崎 ▽下位は北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎、清水エスパルスを予想。“困ったときの武器”が少なく、勝ち点の積み上げに苦しみそう…。中でも、戦力面で、長崎と清水は気がかりだ。 2018.02.23 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖、フィッカデンティ監督がインフル発症で開幕戦不在 コンカCが指揮へ

▽サガン鳥栖を率いるマッシモ・フィッカデンティ監督が、23日に行われる明治安田生命J1リーグ開幕戦をインフルエンザのため、欠場することが判明した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽2018シーズンのJ1リーグは、史上初となる金曜開催の23日を皮切りに開幕。記念すべきシーズンのオープニングゲームを控える鳥栖は、ヴィッセル神戸をホームで迎え撃つ。 ▽だが、22日に行われた前日記者会見に出席したのは、フィッカデンティ監督ではなく、コーチを務めるブルーノ・コンカ氏。フィッカデンティ監督の病欠を受け、神戸戦の指揮を執ることを明かした。 「大変申し訳ないのですが、マッシモ監督がインフルエンザになってしまいましたので、明日の試合も同時に欠席となりますことをお伝えします」 「先ほど、「本日お集まりの皆さまに申し訳ないと思っています。繰り返しになりますが、この試合のために準備してきた全ての皆さま、チーム関係者、ヴィッセル神戸、ファン・サポーターの皆さま、ジャーナリストの皆さまに申し訳なく思っています」 「それをまず先に伝えて欲しい。Jリーグの皆さまに対しても、すごく大事な記念すべき試合に自分がいないということをすごく申し訳なく思っています」とマッシモ監督より伝えて欲しいと。試合に関してはマッシモ監督が話していることに自分の話も入れながらお伝えしますが、本当にクオリティのある素晴らしいチームと明日対戦するという開幕戦です」 「どれだけ準備をしてきても始まってみないと見えてこない部分もある中で、明日の試合から色々なものも戦いながらハッキリしてくるところもあると思います。すごく長い時間をかけて、まず開幕戦のために集中して準備をしてきました。明日の試合はサガン鳥栖としていいゲームができるように準備ができていると思います」 2018.02.23 13:50 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース