途中出場の赤嶺2発で京都撃破の岡山が今季初白星!《J2》2017.03.19 14:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽19日にシティライトスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第4節のファジアーノ岡山vs京都サンガF.C.は、ホームの岡山が2-1で勝利した。

▽開幕から2分け1敗で19位の岡山と、1勝2敗で15位に位置する京都が激突した。岡山は開始早々2分、左サイドで得たFKの流れから、久木田の左ポスト直撃のシュートがゴールマウスを強襲。田中マルクス闘莉王をベンチスタートに、エスクデロ競飛王をケガで欠く京都を攻め立てる。

▽そうした中、京都は22分に大野の丁寧な浮き球パスから、ボックス中央で反応したイ・ヨンジェが右足ダイレクトでゴールに迫る。これがゴール左隅に吸い込まれたものの、イ・ヨンジェにオフサイドの判定が下されてしまう。

▽ゴールレスで後半を迎えた試合は61分に均衡が破れる。右サイドからイ・ヨンジェがクロス。これは相手DFにクリアされたものの、こぼれ球に反応した望月が右足ダイレクトで合わせ、ゴールマウスに突き刺さった。

▽先制を許した岡山だが、猛攻に出た89分にゴール前の混戦から大竹のパスを受けた赤嶺がネットを揺らして同点。さらに、後半アディショナルタイム2分にパク・ヒョンジンが石櫃からファウルを受けてPKを獲得する。

▽決めれば逆転のPKキッカーには赤嶺。これを冷静にゴール左隅に沈め、岡山が土壇場で形勢逆転。そのまま勝ち切った岡山が開幕4試合目にして今シーズン初白星を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

忘れちゃいけない!超WSが選ぶJ2年間ベストイレブンはこれだ!

▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグは、湘南ベルマーレが優勝を飾り1年でのJ1復帰。さらに、V・ファーレン長崎が2位となり、クラブ史上初のJ1昇格を勝ち取った。 ▽3位には1年でのJ1復帰を目指す名古屋グランパス、4位にはアビスパ福岡、5位に東京ヴェルディ、6位にジェフユナイテッド千葉が入り、J1昇格プレーオフは3位の名古屋が制し、J1復帰を決めた。 ▽今回はJ2も追い続けた超ワールドサッカー編集部が、独断と偏見を交えながら年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクトした。 ◆超WS選定年間ベストイレブン(J2) GK秋元陽太(30歳/湘南ベルマーレ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_akimoto_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:42(先発回数:42)/失点数:36</div>▽J2降格となった湘南に舞い戻った守護神。全42試合でゴールマウスを守ると、リーグ最少タイの36失点の結果を残し、チームのJ2優勝に大きく貢献した。ショットストップの良さに加え、安定感のあるプレー、存在感を発揮。来季J1残留を掴むには守護神の存在が絶対不可欠だ。 DF青木亮太(21歳/名古屋グランパス)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_aoki_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:26(先発回数:24)/得点数:11</div>▽風間八宏監督の下、突如花開いた新星。右のウイングバックやサイドハーフでプレーし、名古屋の攻撃にアクセントをつけた。ボックス内に侵入する巧さと、ポジショニングの良さで11得点を記録。過去3年間でリーグ戦出場が5試合だったのが嘘のような活躍はセンセーショナルだった。 DFアンドレ・バイア(34歳/湘南ベルマーレ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_bahia_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:39(先発回数:39)/得点数:4</div>▽最終ラインを統率する守備面に加え、相手を圧倒する威圧感は流石の一言。フラメンゴやフェイエノールトでプレーしていた経験は伊達ではなく、若いチームに見事に安定感をもたらせた。曺貴裁監督の下で3年目を迎えたシーズンは守備のキーマンだった。 DF冨安健洋(19歳/アビスパ福岡)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_tomiyasu_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:35(先発回数:35)/得点数:1</div>▽福岡が誇る宝。19歳とは思えない落ち着きで最終ラインに君臨。首位の湘南を並ぶ最少失点36に大きく貢献した。U-20ワールドカップでも見せた存在感は日に日に増す印象で、将来の日本代表を背負って立つセンターバックとなるだろう。 DF安西幸輝(22歳/東京ヴェルディ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_anzai_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:40(先発回数:34)/得点数:3</div>▽アンヘル・ロティーナ監督の下、躍進した東京ヴェルディにあって、その戦術の体現者とも言えるのが安西だ。左右のサイドバックを務め、終盤は3トップの左ウイングにも入るなど、ロティーナサッカーの具現者。ステップアップの可能性も高いが、J1でも即レギュラーを取れる逸材だ。 MF岩尾憲(29歳/徳島ヴォルティス)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_iwao_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:41(先発回数:41)/得点数:4</div>▽序盤躍進を見せた徳島の安定剤。中盤の底からゲームを組み立てられる司令塔で、パスの精度も高く、長短どちらも苦にしない。リカルド・ロドリゲス監督が標榜するサッカーにおいてはキーマンであり、技術の高さが陽の目を浴びたと言える。 MF秋野央樹(23歳/湘南ベルマーレ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_akino_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:38(先発回数:36)/得点数:4</div>▽柏レイソルから期限付き移籍でプレーした秋野。移籍発表時は衝撃を与えたが、その移籍が正解であったことをプレーで証明した。テクニックに優れ、パスでゲームを組み立てていた柏時代とは打って変わり、中盤での守備やデュエルの部分での強さを体得。さらに、運動量も豊富になり、手のつけられないゲームメーカーに成長した。 MF山田直輝(27歳/湘南ベルマーレ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_yamada_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:39(先発回数:38)/得点数:5</div>▽故障のイメージが強い山田だが、3年目の湘南でのシーズンは実りあるものとなった。昨シーズン終盤に見せたパフォーマンスを1年間を通して維持。負傷離脱もなく、湘南の優勝に大きく貢献した。浦和レッズへの復帰が決定したが、湘南の攻撃に与えたアクセントを浦和でも発揮できるか。 MFガブリエル・シャビエル(24歳/名古屋グランパス)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_gab_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:16(先発回数:16)/得点数:7</div>▽一言で言えば「天才」。名古屋がJ1昇格を掴めたのは、ガブリエル・シャビエルのお陰と言ってもいい。テクニカルなアタッカーで、ゲームを読むセンスも抜群。風間八宏監督のスタイルでは自由に攻撃を任され、J1昇格が危うかった名古屋の救世主となった。 FW渡大生(24歳/徳島ヴォルティス)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_watari_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:42(先発回数:40)/得点数:23</div>▽経験を積むごとにゴールハンターとしての才能が開花していく点取り屋。今シーズンは全試合出場も達成し、チームの躍進に多大なる貢献をした。固めどりをするタイプではなく、コンスタントにゴールを奪えることも強み。スピード、裏へ抜ける抜群の動きは圧巻の一言。 FW前田大然(20歳/水戸ホーリーホック)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_maeda_lm.jpg" height="80px"></div>明治安田生命J2リーグ出場数:36(先発回数:33)/得点数:13</div>▽今シーズンのJ2リーグで最もインパクトを与えてくれた選手を挙げるなら、前田大然の名前を忘れてはいけない。驚異的なスピードは観る者に衝撃を与え、シュートセンスも高いものを持っている。勢いに乗った時は、止める術がないスピードスター。13得点とブレイクを果たした活躍は来シーズン松本で見られるか。 監督 高木琢也(50歳/V・ファーレン長崎)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/j2_t2_lm.jpg" height="80px"></div></div>▽今シーズンのJ2には素晴らしい指揮官が揃っていた。東京Vのロティーナ監督、徳島のリカルド・ロドリゲス監督、ジェフユナイテッド千葉のファン・エスナイデル監督といった外国人指揮官はチームに大きな変化をもたらせた。その中でも最も評価すべきなのは、クラブ史上初のJ1昇格を掴んだV・ファーレン長崎の高木監督だろう。決して恵まれていた戦力ではない中で、徹底した戦い方と安定した試合運びで終盤に躍進。ラスト13試合を10勝3分けの無敗で終えたように、チームに戦い方が浸透してからの強さは圧巻だった。 2017.12.16 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がベテランFW玉田圭司と契約更新「J1昇格PO決勝のようなスタジアムの雰囲気を」

▽名古屋グランパスは15日、FW玉田圭司(37)との契約更新を発表した。 ▽玉田は、2006年に柏レイソルから名古屋へと移籍加入。2014年までプレーすると、2015年からセレッソ大阪でプレー。しかし、チームがJ2に降格したことを受けて、今シーズンから復帰していた。今シーズンの明治安田生命J2リーグで28試合に出場し6得点を記録していた。玉田はクラブを通じてコメントしている。 「来季もグランパスでプレーすることになりました。来季はよりサッカーを楽しめるように1日1日を大切にし、またJ1昇格プレーオフ決勝のようなスタジアムの雰囲気を味わえるよう日々精進していきたいと思います。よろしくお願いします」 2017.12.15 18:42 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山がFW赤嶺真吾と契約更新…今季はJ2で10発

▽ファジアーノ岡山は15日、FW赤嶺真吾(34)との契約更新を発表した。 ▽赤嶺は、ガンバ大阪から2017年に完全移籍で加入。今シーズンは、明治安田生命J2リーグで22試合10得点を記録していた。 2017.12.15 15:36 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山がJ加盟10周年を迎えエンブレム&ロゴデザインを一新

▽ファジアーノ岡山は15日、Jリーグ加盟10周年を迎えるにあたり、クラブエンブレムとロゴを一新したことを発表した。 ▽エンブレムとロゴのデザインコンセプトは、「これまで使用してきたエンブレムのコンセプトでもある「羽ばたくキジ」と「ファン・サポーターとともに」の部分を継承し、さらにより「シンプル」にすることの3本柱でデザインを考えました」とクラブが発表した。 ▽また、「メインモチーフとして「羽ばたくキジ」をデザインし、エンブレムの外形は「シンプル」な盾形で、羽をはみ出すことで力強さを強調。12枚の羽で「ファン・サポーターとともに」高みを目指すクラブの意思を表現しています」としている。 2017.12.15 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

移籍噂のMF町田也真人が千葉と契約更新「とてもとても悩みました」

▽ジェフユナイテッド千葉は15日、MF町田也真人(27)との契約更新を発表した。 ▽町田は、専修大学から2012年に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグで36試合に出場し6得点、天皇杯で2試合に出場していた。町田はクラブを通じてコメントしている。 「来季もジェフでプレーすることを決断させていただきました。本当に、とてもとても悩みましたが、エスナイデル監督のサッカーに可能性を感じています。またクラブから強い熱意を伝えていただけたことも素直に嬉しかったですし、そして何よりたくさんのサポーターの皆さんの顔が浮かんできて、僕の背中を押してくれました」 「このクラブの10番という責任とプライドをもって、来季も皆さんと一緒に闘っていきたいと思います。そしてこの決断が間違ってなかったことを証明するためにも、必ず結果を残したいと思っています。来季も共に闘って下さい!!」」 2017.12.15 15:03 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース