ストーク戦を振り返るコンテ監督「大きな勝利だ」2017.03.19 13:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、18日のストーク・シティ戦での勝利を「非常に大きな勝利」と振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽現在、プレミアリーグで首位を快走するチェルシー。18日にはプレミアリーグ第29節で9位のストークとのアウェイ戦に臨んだ。試合は13分にMFウィリアンの直接FKでチェルシーが先制するも、前半37分にDFギャリー・ケイヒルがPKを与えてしまい、同点に追いつかれてしまう。それでも、82分にDFダビド・ルイスのヘディングシュートのこぼれ球をケイヒルが押し込み、勝ち越しに成功。2-1で勝利したチェルシーが、リーグ3連勝を飾った。

▽試合後、コンテ監督はこの時期にアウェイ戦を制したことに満足感を示した。以下のようにコメントしている。

「確かにこれは大きな勝利だ」

「ストークのような高いクオリティを持ち、組織的にも優れているチームに対して、この時期に勝利することは簡単ではない。我々は、試合開始から終了まで勝利を目指す姿勢を見せることができたと思っている。選手たちがそれも見せてくれたので、非常に嬉しいね。でも、彼らがこの試合に勝つための準備はしっかりとできていた」

「我々はリーグ戦2試合をアウェイで戦った。そして、シーズンのこの時期に両方の試合を勝利できたことは、非常に重要なことだ。それは簡単なことではない」

「(今節のストーク戦を含めて)残り10試合、リーグ優勝のために我々は、勝ち点21を確実に取る必要がある。けど、この勝利は非常に大きい」

コメント

関連ニュース

thumb

アザール、レアル・マドリー移籍は既定路線か…スペインでの新居や子供の学校をリサーチ

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(26)にレアル・マドリー移籍の可能性が高まった。イギリス『デイリー・スター』がスペイン『Diario Gol』の情報をもとに伝えている。 ▽卓越したドリブルスキルとクイックネスでチェルシーの攻撃陣をリードするアザール。本人が憧れを抱くジネディーヌ・ジダン監督の獲得希望もあり、レアル・マドリー移籍の噂が加熱している。 ▽報道によれば、ジダン監督はトップターゲットのアザール獲得をフロレンティーノ・ペレス会長に要望。会長も本格参戦の意を表しているようだ。 ▽そうした状況の中、渦中のアザールもレアル・マドリー移籍に向けた動きを見せている様子。すでに、スペインでの新たな住まいの他、3人の子供が通う学校も見つけているという。 ▽しかし、チェルシー側に売却の意思はない。売るとなればマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバが記録した史上最高額の移籍金8900万ポンド以上を見込んでいる模様だ。 2017.03.27 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

今の活躍はなかったか? カンテがレスター入り前にマルセイユ行きを考えていたと明かす

▽チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、レスター・シティではなくマルセイユに行く可能性があったことを明かした。フランス『カナル・プリュス』が伝えた。 ▽2015年8月にリーグ・アンのカーンからレスターへと加入したカンテ。当時の評価は決して高いものではなかったが、レスターではボランチのポジションで大活躍。昨シーズンのレスター奇跡の優勝に大きく貢献し、一気にスターダムを駆け上がった。 ▽カンテは2016年7月にはプレミアリーグ挑戦わずか1年でチェルシーへと移籍。今シーズンもここまでリーグ戦27試合に出場し1得点を記録するなど、首位を独走するチームを支えている。 ▽フランス代表としてもポジションを掴んだカンテだが、レスター移籍の前にマルセイユ行きを迷っていたことを告白した。 「僕を獲得したいクラブにはマルセイユとレスターがあったんだ。最初は、自分のキャリアのためにもフランスのビッグクラブにを通らなければいけないと思っていた」 「僕はママドゥ・ニアン、フランク・リベリー、サミル・ナスリなどの世代を覚えているし、そのチームが好きだった。特にチャンピオンズリーグではね」 「でも、両クラブとも合意はしていなかったし、ギリギリのところには行きたくなかった。プレミアリーグのクラブに加入することは良いと考えていた。そして、プレミアリーグに最初の一歩を踏み入れた。後悔はしていないし、本当に素晴らしい1年を過ごしたよ」 2017.03.27 12:03 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリッド・ダービーやクラシコ、プレミア上位対決も「スポナビライブ」で無料で観られる!【PR】

▽白熱の首位争いが繰り広げられているリーガエスパニョーラ、上位争いが混沌としているプレミアリーグが「スポナビライブ」で5月まで無料で観られることとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/xD84og" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> ▽2月には配信映像をフルHD対応し、料金を月額3000円から月額1480円に値下げした「スポナビライブ」。ソフトバンクやワイモバイルのユーザーであれば月額980円で、サッカーだけでなく野球やB.LEAGUE、テニス、大相撲などが楽しめるが、3月16日以降に加入したユーザー、またはすでに加入していながらフルHD対応に申し込んだユーザーは、5月利用分まで無料で利用することができる。 ▽レアル・マドリー、バルセロナ、セビージャが首位を争うリーガエスパニョーラ、チェルシーが独走態勢に入る中、チャンピオンズリーグ出場権争いが繰り広げられているプレミアリーグが、シーズン終盤まで無料。PCやスマートフォンだけでなく、Amazon Fire TVやAndroid TV などさまざまなデバイスでのテレビ視聴にも対応していく。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/aLiCcO" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> ▽期間中には、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーの“マドリッド・ダービー"や、レアル・マドリーvsバルセロナの“クラシコ"、マンチェスター・シティvsリバプール(3月19日)、アーセナルvsマンチェスター・シティ(4月2日)、チェルシーvsマンチェスター・シティ(4月5日)、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー(4月16日)などプレミアリーグのビッグカードも組まれている。 ▽なお、申込期間は3月16日(木)から4月30日(日)までとなり、3月16日(木)もしくは4月16日(日)に申し込んだ方は6月15日(木)まで、3月30日(木)もしくは4月30日(日)に申し込んだ方は6月29日(木)まで、4月1日(土)に申し込んだ方は5月31日(水)まで無料となる。シーズン終盤戦の大事な試合を「スポナビライブ」でライブ観戦してみてはいかがだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/81xAdP" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> 2017.03.27 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アザール、デ・ブライネに続き、フェライーニとクルトワも負傷…

▽ベルギー代表のMFマルアン・フェライーニとGKティボー・クルトワが負傷により同国代表を離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽フェライーニとクルトワは25日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のギリシャ代表戦にフル出場を果たしている。報道によると、フェライーニはつま先、クルトワは腰を負傷しており、28日に予定されているロシア代表との親善試合への出場は見送られるようだ。 ▽ベルギー代表では、MFエデン・アザールも所属元のチェルシーでふくらはぎを負傷しており、代表チームに帯同するも試合での起用は控えるとロベルト・マルティネス監督がコメント。さらにトレーニング中にMFケビン・デ・ブライネが股関節を負傷し、代表チームから離脱している。 ▽また今回の負傷は、ベルギー代表だけでなくチェルシーにとっても悪いニュースとなっている。現在プレミアリーグで首位に立つ同チームだが、ここまで全試合にフル出場しているクルトワが、状況によっては次節のクリスタル・パレス戦を欠場。また、26試合11ゴールの活躍を見せるアザールの状態も不安要素であり、リーグ制覇に向けて正念場となる。 2017.03.27 10:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ、フランス行きに関心 「フットボールの世界ではどんなことも起こる」

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)は、将来的なフランス移籍を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽現在、プレミアリーグ首位を走るチェルシーの絶対的エースストライカーに君臨しているジエゴ・コスタだが、昨年夏に古巣アトレティコ・マドリーへの復帰を画策すると、今冬には8000万ポンド(約110億円)での中国スーパーリーグ、天津権健への移籍の可能性が報じられるなど、今後の去就に注目が集まっている。 ▽この状況下でスペイン代表FWは、新たな移籍先候補としてリーグ・アンの名前を挙げている。同選手がフランス『テレ・フット』で語った。 「マルセイユとパリ・サンジェルマンは素晴らしいプロジェクトを持っているね。彼らはヨーロッパで尊敬を集めるクラブだ。同様にモナコも素晴らしいプロジェクトを持っていて、一部の偉大なプレーヤーが在籍しているね」 「リーグ・アンは発展を続けている」 「僕はチェルシーでとても幸せだ。だけど、フットボールの世界ではどんなことも起こる」 「僕が移籍の必要性を感じるならば、フランスは一度もプレーしたことがない国だ。悪くない選択肢なんじゃないかな」 ▽過去にPSG移籍の可能性が報じられたこともあるジエゴ・コスタだが、今夏に積極補強が見込まれるPSGやマルセイユ行きは実現するのか。 2017.03.27 04:13 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース