ストーク戦を振り返るコンテ監督「大きな勝利だ」2017.03.19 13:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、18日のストーク・シティ戦での勝利を「非常に大きな勝利」と振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽現在、プレミアリーグで首位を快走するチェルシー。18日にはプレミアリーグ第29節で9位のストークとのアウェイ戦に臨んだ。試合は13分にMFウィリアンの直接FKでチェルシーが先制するも、前半37分にDFギャリー・ケイヒルがPKを与えてしまい、同点に追いつかれてしまう。それでも、82分にDFダビド・ルイスのヘディングシュートのこぼれ球をケイヒルが押し込み、勝ち越しに成功。2-1で勝利したチェルシーが、リーグ3連勝を飾った。

▽試合後、コンテ監督はこの時期にアウェイ戦を制したことに満足感を示した。以下のようにコメントしている。

「確かにこれは大きな勝利だ」

「ストークのような高いクオリティを持ち、組織的にも優れているチームに対して、この時期に勝利することは簡単ではない。我々は、試合開始から終了まで勝利を目指す姿勢を見せることができたと思っている。選手たちがそれも見せてくれたので、非常に嬉しいね。でも、彼らがこの試合に勝つための準備はしっかりとできていた」

「我々はリーグ戦2試合をアウェイで戦った。そして、シーズンのこの時期に両方の試合を勝利できたことは、非常に重要なことだ。それは簡単なことではない」

「(今節のストーク戦を含めて)残り10試合、リーグ優勝のために我々は、勝ち点21を確実に取る必要がある。けど、この勝利は非常に大きい」

コメント

関連ニュース

thumb

トッテナムがバークリー獲得に28億円入札か、しかし隣の青いチームも…

▽トッテナムが、エバートンのイングランド代表MFロス・バークリー(23)の獲得に2000万ポンド(約28億円)の移籍金を用意しているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 ▽先日、トッテナムはコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを獲得し、今夏1人目の補強を成功させた。『テレグラフ』によると、さらなるスカッドの強化を図る同クラブは、前々から噂されてきたバークリー獲得に着手。ダニエル・レヴィ会長は2000万ポンド(約28億円)を元手に、場合によっては800万ポンド(約11億2000万円)追加し、獲得に乗り出す構えであり、今週中に会談が行われる予定となっている。 ▽しかし、バークリーに興味を示しているクラブはトッテナムだけではなく、同じロンドンのライバルであるチェルシーも長らく動向をチェックしており、獲得レースの激戦は必至だ。そのチェルシーは、個人間での契約合意に動いているようで、バークリーに対して週給10万ポンド(約1400万円)を用意しているという。 ▽また、エバートン側は当初、5000万ポンドの移籍金を望んでいたが、残りの契約年数が1年となっており、引き下げを検討している模様。新たに3000万ポンドと見積もっているが、バークリー自身はハムストリングの負傷で長期離脱を強いられており、さらなる移籍金の引き下げが行われる可能性がある。 ▽なお、『テレグラフ』によると、トッテナムはバークリーの他にも、フルハムのU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)や、エストゥディアンテスのU-20アルゼンチン代表DFフアン・フォイス(19)、サウサンプトンのアルゼンチン人GKパウロ・ガッサニーガ(25)にも注目しているという。 2017.08.23 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎が“レスター不動のエース”へ? チェルシー、ヴァーディを急襲か

▽チェルシーが、レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(30)の獲得に乗り出すようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽これまでの報道によれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が今オフシーズンにFWジエゴ・コスタに新シーズンの構想外であることを通達。しかし、チェルシーは1stターゲットのFWロメル・ルカクを取り逃した結果、FWアルバロ・モラタを獲得した。 ▽それでも、センターフォワードはプレミアリーグ未経験のモラタとFWミッチー・バチュアイでは心もとない状況。そのため、チェルシーはヴァーディ獲りに動くもようだ。 ▽仮にヴァーディがレスターを離れることになれば、残りの移籍市場期間を考えれば大物の後釜ストライカーを確保するのが難しい状況。そのため、開幕から2戦連続スタメンでいずれもゴールを挙げている日本代表FW岡崎慎司のチームでの存在価値がさらに増すことになることが予想される。 2017.08.23 12:11 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ戦辛勝の選手たちを称賛するコンテ「戦士たちの姿を見た」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、20日にアウェイで行われたプレミアリーグ第2節のトッテナム戦を2-1で勝利したチームを称賛している。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽昨季ホームで無敗を誇ったトッテナムとの一戦に臨んだチェルシーは、MFマルコス・アロンソの2得点の活躍でロンドン・ダービーを制した。試合後の取材に応じたコンテ監督は、苦しみながらも勝利した選手たちを手放しで称えている。 「簡単な試合ではなかったが、選手たちは私に素晴らしい姿や熱意、それに意思を見せてくれた。彼らを誇りに思うよ。我々はピッチのことだけに集中する必要があった。ピッチの外は重要じゃない」 「選手たちに感謝している。私は今日、戦う戦士たちを見た。こういった試合をものにできたのは非常喜ばしいことだ。私はフットボールについて話しているのではなく、このスピリット、このハート、そしてこの熱意が素晴らしいと言っているんだ」 2017.08.21 20:22 Mon
twitterfacebook
thumb

中盤の補強を進めたいチェルシー、PSGのポーランド代表MF獲得を検討

チェルシーは、パリ・サンジェルマン(PSG)のポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアクへ関心を強めているようだ。イギリス紙『ザ・サン』が報じている。<br><br>チェルシーのアントニオ・コンテ監督はレスター・シティののダニー・ドリンクウォーターに強い関心を寄せていたが、レスター側が4000万ポンド(約56億円)の移籍金を要求したため、話し合いはストップしたと見られている。<br><br>そこでチェルシーは、レンタルでクリホヴィアク獲得を検討しているようだ。<br><br>クリホヴィアクは、2016年にセビージャで指導を受けたウナイ・エメリの後を追いPSGへ移籍したが、公式戦でわずか19試合の出場に留まっていた。同選手にはチェルシーのほか、ミランやバレンシアも関心を示しているとされる。<br><br>PSGは今夏にバルセロナよりブラジル代表MFネイマールを2億2200万ユーロ(約290億円)で獲得した。これを受け、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の制度で、クラブの収支を合わせる必要があり、保有選手の売却が取り沙汰されている。<br><br>提供:goal.com 2017.08.21 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: トッテナム 1-2 チェルシー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節トッテナム vs チェルシーが20日にウェンブリーで行われ、1-2でチェルシーが競り勝った。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170821_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 FKからの失点は相手を褒めるべき DF 2 トリッピアー 5.5 ケガ明け。タイミングの良い攻撃参加が何度か見られた (→ヤンセン -) 4 アルデルヴァイレルト 6.0 モラタを危なげなく封じる 5 ヴェルトンゲン 6.0 ウィリアンに仕事をさせなかった 33 B・デイビス 5.5 高い位置を取り、ミドルシュートも放った (→ムサ・シッソコ -) MF 23 エリクセン 5.5 流れの中で良い仕事はできなかったが、FKでオウンゴール誘発 15 E・ダイアー 5.5 ビルドアップ時にポジションを変えながらボールを動かした (→ソン・フンミン 5.0) 試合に入れず 12 ワニャマ 4.5 ケガ明けで本調子ではなかった様子。ボールロストから2失点目に関与 19 デンベレ 5.5 攻撃にもっと絡みたかった 20 デレ・アリ 5.5 バイタルエリアで違いを生みだしきれず FW 10 ケイン 5.5 前半は果敢にシュートを狙うも後半は消された 監督 ポチェッティーノ 6.0 内容では圧倒。敗戦は受け入れ難い結果 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170821_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 29分のケインのシュートを好セーブで阻止 DF 28 アスピリクエタ 6.0 いつも通りの安定感あるプレー 27 A・クリステンセン 6.5 ケイヒル不在の中、3バックの中央に抜擢。期待に応えた 2 リュディガー 6.0 ミスなく堅実にこなした MF 15 モーゼス 6.0 守備に追われたが、ディフェンスで奮闘 14 バカヨコ 6.0 デビュー戦。中盤から何度かゴール前に飛び出した 30 D・ルイス 6.5 中盤アンカーでプレー。潰しの面でかなり効いていた 7 カンテ 6.0 ハードワークを欠かさず、ボールホルダーに寄せ続けた 3 マルコス・アロンソ 7.0 得意のFKで先制弾。そして決勝弾を奪う FW 22 ウィリアン 5.0 ポスト直撃のシュートはあったが、効果的なプレーは少なかった (→ペドロ 6.0) 決勝アシストをマーク 9 モラタ 5.5 立ち上がりの決定機を活かせず。カウンターで何度か脅威に (→バチュアイ 5.0) 頂けないオウンゴール 監督 コンテ 6.0 割り切った守備で勝利を拾う ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マルコス・アロンソ(チェルシー) ▽文句なしで選出。今季の浮沈を占う大一番で2ゴールを奪い、チームを救った。 トッテナム 1-2 チェルシー 【トッテナム】 OG(後37) 【チェルシー】 マルコス・アロンソ(前24) マルコス・アロンソ(後43) 2017.08.21 02:06 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース