超ワールドサッカー

「リバプールにとってベスト」と自負するクロップ、今季の目標はCL出場権の獲得2017.03.19 10:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ユルゲン・クロップ監督は、自身がリバプールに最も適した監督であり、今シーズンの目標はチャンピオンズリーグの出場権獲得であると『スカイスポーツ』で語っている。

現在、首位チェルシーに11ポイントを離され、4位につけているリヴァプールを指揮するクロップ監督だが、クラブにとって最適な監督が現れれば、アンフィールドを後にすると持論を展開。また昨季途中から就任したドイツ人指揮官は、今季がプレミアリーグで戦う最初のフルシーズンであり、チャンピオンズリーグの出場権獲得が現実的な目標だと感じているようだ。

「目標を達成できれば、ファンタスティックだ。もしできなくとも、間違った人間とは言えない。いつも“私のほかに最適な監督はいるか?”と考えている。もしいれば、私はここにいないだろう。私はサポーターから信頼されていると思っているが、プレミアリーグには強豪がひしめいており、簡単に結果を出すことはできない。そのことを理解してほしい」

「私はリヴァプールの監督であり、この仕事を楽しんでいる。たぶんもっと楽な仕事はたくさんあると思うが、素晴らしい仕事だと感じている。今シーズンに関して言えば、チャンピオンズリーグの出場権が獲得できれば大成功だと思う」

「私たちには多くのファンがついている。だから私の仕事はチームがタイトル獲得に近づけるようにすることだ。タイトル獲得までにどのぐらいの歳月がかかるかわからない。しかし我々は毎日努力を続けている。優勝することを願っているだけではだめだ。プレーを改善し、努力を続けなければならない」


提供:goal.com

コメント



U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース