フランクフルトvsHSVは見せ場なしのゴールレス…酒井フル出場もヒザ手術発表の長谷部不在で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》2017.03.19 04:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節、フランクフルトvsハンブルガーSV(HSV)が18日にコメルツバンク・アレーナで開催され、0-0のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はケガの影響でベンチ外。HSVのDF酒井高徳はフル出場した。

▽前節、首位バイエルンに完敗し、泥沼のリーグ戦5連敗となった6位フランクフルトは、トップ4争いに踏みとどまるため、正念場を迎える。だが、この重要な一戦の前にはバイエルン戦で負傷した長谷部が、ヒザの手術を受けることが発表され、フランクフルトに激震が走った。

▽一方、ヘルタ・ベルリン、ボルシアMGを続けて撃破するなど、ギスドル新体制で復調したHSV。順位は残留・昇格プレーオフ圏内の16位も、今節の結果次第で13位アウグスブルクを抜く可能性もあり、絶不調のフランクフルト相手に敵地で勝ち点3奪取を目指した。

▽互いにシビアな状況に身を置く両チームは、先に失点したくないという気持ちが強く、リスクを恐れてロングボールが飛び交うクローズな攻防を続ける。

▽互いにほとんどシュートまで持ち込めない状況が目立つ中、29分にはファビアンのFKからゴール前のフルゴタに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばすことができず、ホームチームは絶好の先制機を逃した。結局、前半は互いに枠内シュート0という見せ場の少ない形で終わった。

▽ゴールレスで迎えた後半、球際での激しさとは裏腹に前半同様決定機が少ない堅い展開が続く。立ち上がりには背後を狙うレビッチやガシノビッチに惜しい場面が訪れるも、相手GKアトラーの果敢な飛び出しに阻まれる。

▽守備は機能するものの、攻撃面で流れを掴めないHSVは、ホルトビー、フントを下げて、グレゴリッチュ、ニコライ・ミュラーらスピードのあるアタッカーを投入していく。対するフランクフルトは、タワサ、マイヤーと交代カードを切っていく。72分には両チームを通じて最初の決定機。セットプレーの流れからゴール前で混戦が生まれ、こぼれ球に反応したヘクターが枠の左を捉えたシュートを放つが、これはGKアトラーがビッグセーブで阻む。

▽その後も引き分け良しとする両チームは、攻撃にリスクを冒さないまま、試合はゴールレスでタイムアップ。攻撃面で見せ場がほとんどなかったやや退屈な一戦は、痛み合分けのドローに終わり、フランクフルトは辛くも連敗を「5」でストップ。一方、敵地から勝ち点1を持ち帰ったHSVだが、残留争いのライバルが揃って勝ち点を積み重ねたため、16位脱出とはならなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ボルシアMGとのPK戦を制したフランクフルトが決勝に進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝ボルシアMGvsフランクフルトが25日に行われ、1-1で120分を終え、PK戦の末6-7としたフランクフルトが決勝に進出した。フランクフルトのMF長谷部誠は負傷のため欠場している。 ▽準々決勝でハンブルガーSVを下したボルシアMGと、ビーレフェルトを下したフランクフルトのファイナルを懸けた準決勝。 ▽立ち上がり、アグレッシブな入りを見せたフランクフクルトが15分に先制する。チャンドラーの右クロスがDFにディフレクトしてファーサイドに流れると、ボックス左のタワサが左足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽失点を受けてポゼッションを高めたボルシアMGだったが、なかなかチャンスを生み出せない。そんな中、42分にGKゾンマーのロングボールに抜け出したホフマンがボックス外に飛び出したGKフラデツキーの鼻先で触ってシュート。しかし、ボールは枠を捉えきれなかった。 ▽それでも追加タイム2分、左サイドからのトラオレのクロスをニアサイドのハーンが頭で後方に逸らすと、ファーサイドのホフマンが左足ボレーで蹴り込み、1-1として前半を終えた。 ▽迎えた後半もボルシアMGがボールを持つ展開としたが、自陣に引くフランクフルトを崩しきれない。 ▽74分にようやく決定機を迎え、シュティンドルのコントロールシュートが枠の右を捉えた。しかし、GKフラデツキーの好守に阻止され、1-1のまま90分を終了した。 ▽迎えた延長戦もボルシアMGが押し込む流れが続いたが、自陣に引くフランクフルトをやはり崩せずシュートに持ち込むには至らない。ようやく延長後半開始2分にCKの流れからエルベディが枠内シュートをマークすると、その後もボルシアMGが攻勢に出るも、結局ゴールを割ることができずに決着はPK戦に委ねられた。 ▽そのPK戦では両チーム6人目まで成功した後、7人目のキッカーを務めたクリステンセンとG・バレラがそれぞれ両GKに止められてしまう。そして、ボルシアMGは8人目のキッカーを務めたソウも失敗した一方、フランクフルトはフルゴタが決めて7-6とし勝負あり。フランクフルトが決勝に進み、バイエルンvsドルトムントの勝者と優勝を懸けて対戦することとなった。 ボルシアMG (PK6-7) フランクフルト 1.シュティンドル 〇 〇 オチプカ 2.ヘアマン 〇〇 ヘクター 3.ハーン 〇〇 ガシノビッチ 4.ストロブル 〇〇 ファビアン 5.ベネス 〇 〇 ルス 6.ヴェステルゴーア 〇 〇 セフェロビッチ 7.クリステンセン × × G・バレラ 8.ソウ × 〇 フルゴタ 2017.04.26 06:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ファビアンが3戦4ゴールとなる2発でフランクフルトが11試合ぶりの勝利!! アウグスブルクの宇佐美は見せ場なく56分に交代…《ブンデスリーガ》

▽22日にブンデスリーガ第30節のフランクフルトvsアウグスブルクが行われ、2-1でフランクフルトが勝利した。アウグスブルクの日本代表FW宇佐美貴史は2試合連続のスタメンとなり、左サイドハーフで56分まで出場。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はケガのため欠場している。 ▽前節のドルトムントに敗れて10試合勝利から遠ざかっている10位のフランクフルト(勝ち点38)と、ケルン戦で7試合ぶりの白星を手にした16位のアウグスブルク(勝ち点32)が激突した。試合の立ち上がりはゆったりとした入りとなる中、徐々にホームのフランクフルトがポゼッションを握る。すると8分に右サイドから攻撃を仕掛けると中央でヒールパスを受けたファビアンが持ち出してシュート。しかしアウグスブルクもダンソがしっかりとコースを消してブロックする。 ▽細かくパスを繋いでビルドアップするフランクフルトに対して、アウグスブルクはボールの奪いどころを探しながらプレー。すると9分、相手のパスを奪ってカウンターを仕掛けると、右サイドのアルティントップからゴール前に斜めのパスがでると、これを攻め上がっていたハウウェレーウがダイレクトで合わせる。これが逆サイドのポストに当たってラインを割り、アウグスブルクが最初のチャンスでネットを揺らした。 ▽追いかける展開となったフランクフルトは、慌てることなくこれまで通りにバックラインからビルドアップしていく。23分には左CKの流れからレビッチがヘディングシュートを狙うが、ボールはクロスバーを越えた。30分にはボックス左でFKを獲得すると、サインプレーからグラウンダーのマイナスのボールが入り、フリーのフルゴタが合わせるが、ここもボールはクロスバーを越えた。結局前半はアウグスブルクのリードでハーフタイムを迎えた。 ▽追いかけるフランクフルトはハーフタイムで2枚替えを敢行して、まずは同点を目指す。52分にはボックス左でボールを受けたレビッチが、後方からのボールをハーフボレーで合わせるなど、前半以上に相手陣内に攻め込んでいく。対するアウグスブルクは56分、なかなかボールに触れなかった宇佐美を下げる。 ▽なおも押し込みながらゴールが遠いフランクフルトは、72分にセフェロビッチを送り出して交代カードを切り終える。すると76分に右サイドのラインぎりぎりでボールを受けたセフェロビッチが入れたクロスにレビッチが合わせる。決定機だったが、ボールはまたもクロスバーを越えた。 ▽しかし78分、左サイドからアーリークロスを入れたフランクフルトは、ボックス右のチャンドラーが頭で折り返すと、最後はファビアンが押し込む。ファビアンの3戦連発弾でフランクフルトが試合を振り出しに戻した。このゴールで勢いに乗ったフランクフルトは86分、右サイドからカットインしたファビアンがパス交換からボックス内に侵入。一度はシュートがブロックされたものの、こぼれ球をファビアンが蹴り込んで一気に逆転した。 ▽さらに後半アディショナルタイムにはバックパスを奪ったレビッチが、無人のゴールに流し込んでダメ押しの3点目を奪取。直後に試合は終了し、フランクフルトが11試合ぶりの白星を飾った。 2017.04.23 00:24 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント指揮官、先制点挙げたロイスの前半のみの交代は「予防策」と説明

ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督が、マルコ・ロイスの起用法について試合後に説明している。<br><br>ドルトムントは15日、ブンデスリーガ第29節でフランクフルトと対戦し、3-1で勝利を収めた。この一戦ではロイスが太ももの負傷から約6週間ぶりに復帰を果たし、開始わずか3分で先制点を挙げている。しかし、前半のみの出場となり、後半からウスマン・デンベレを投入した理由をトゥヘル監督は記者会見で「ロイスはケガの予防策として交代させたんだ」と明かしている。<br><br>一方で、同じく前半のみの出場となったスヴェン・ベンダーについては「交代させなければならなかった。太ももの状況は厳しそうだったし、リスクがとても大きかったからね」と話している。<br><br>また、日本代表MF香川真司は2試合連続のフル出場を飾った。ドルトムントは次戦、19日にチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、モナコ戦を控えている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.16 08:20 Sun
twitterfacebook
thumb

香川フル出場のドルトムント、長谷部欠場のフランクフルトにロイス復帰弾などで3発快勝《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは15日、ブンデスリーガ第29節でフランクフルトをホームに迎え、3-1で快勝した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場し、フランクフルトのMF長谷部誠は欠場している。 ▽前節バイエルンに完敗した4位ドルトムント(勝ち点50)は、チャンピオンズリーグのモナコ戦がテロにより1日延期となった中、3日前に行われて2-3と敗戦。3位ホッフェンハイムを1ポイント差で追う中、モナコ戦のスタメンから3選手を変更。O・デンベレ、ラファエウ・ゲレイロ、ギンターをベンチスタートとして、ロイスが6試合ぶりに復帰し、モナコ戦で1ゴール1アシストの大活躍を見せた香川が引き続き先発となった。 ▽9試合勝利がなく下降線の一途を辿る9位フランクフルト(勝ち点38)に対し、3トップに右からプリシッチ、オーバメヤン、ロイス、トップ下に香川を配置する[3-3-1-3]で臨んだドルトムントが立ち上がりから仕掛けると開始3分、オーバメヤンとのワンツーでプリシッチがボックス右へ進入。マイナスの折り返しをロイスが右足ヒールでうまく合わせてゴールへ流し込み、あっさり先制する。 ▽その後、9分にファビアンの決定的なシュートが枠を外れて助かったドルトムントが一方的に押し込むと、19分には香川がドリブルでボックス左へ進入して左足でシュートに持ち込む。しかし、GKのセーブに阻まれた。 ▽22分にはゴール至近距離からのガシノビッチのボレーシュートをGKビュルキがビッグセーブで阻止したドルトムントだったが29分、ボックス手前左から放たれたファビアンの右足アウトにかかったミドルシュートがゴール右上に突き刺さり、同点とされる。 ▽それでも34分、持ち上がったパパスタソプーロスがボックス手前右からゴール左上へ豪快にミドルシュートを叩き込んで勝ち越しに成功し、ドルトムントが1点をリードして前半を終えた。 ▽後半からロイスとS・ベンダーに代えてO・デンベレとギンターを投入したドルトムントが試合をコントロール。そんな中、69分にファビアンのミドルシュートで再びゴールを脅かされるも、わずかに外れて助かった。 ▽攻め手のないフランクフルトを相手に敵陣で試合を進めるドルトムントは、79分に3点目のチャンス。シュメルツァーの左クロスからフリーのオーバメヤンがヘディングシュート。これは枠の上に外してしまったが、86分にシャヒンのフィードを受けたO・デンベレのラストパスをオーバメヤンがボックス右で受けてGKとの一対一を制し、3-1と突き放した。 ▽追加タイム1分にはO・デンベレのスルーパスに反応したボックス左の香川が決定的なシュートを浴びせるもGKにセーブされたが、3-1と快勝したドルトムントが、ボルシアMGに勝利したホッフェンハイムとの1ポイント差を維持している。 2017.04.16 00:28 Sun
twitterfacebook
thumb

トゥヘルはフランクフルトを「厄介なチーム」と語るも長谷部の離脱により「問題がある」と分析

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、15日に行われるブンデスリーガ第29節で対戦するフランクフルトについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽11日にチームバスが爆破被害に遭ったものの、翌日にはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのモナコ戦を戦ったドルトムント。チームは試合日が1日ズレたこともあり、金曜日の昼間でオフとなっている。 ▽週末の対戦相手であるフランクフルトは、2月5日に行われた第15節のダルムシュタット戦(2-0)以来、リーグ戦で9試合勝利から見放されており、5連敗を喫するなど調子を落としている。 ▽そんなフランクフルトについてトゥヘル監督は「彼らは力を最大限に発揮し、シーズンの長い期間で常にとても厄介なチームだった」とコメント。しかし、リベロのポジションで高パフォーマンスを発揮していた日本代表MF長谷部誠が負傷離脱したことにより、「彼らの後半戦は結果が出ず、いくつか問題がある」と分析した。 ▽それでもフランクフルトの堅守を警戒しているようで、良いアイデアが必要だとの見解を述べた。 「非常に丁寧にかつコンパクトに守ることができていた。あの最終ラインを突破して得点のチャンスを作るのは簡単ではない。良いアイデアと優れたソリューションが必要だ」 2017.04.14 19:34 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース