超ワールドサッカー

フランクフルトvsHSVは見せ場なしのゴールレス…酒井フル出場もヒザ手術発表の長谷部不在で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》2017.03.19 04:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節、フランクフルトvsハンブルガーSV(HSV)が18日にコメルツバンク・アレーナで開催され、0-0のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はケガの影響でベンチ外。HSVのDF酒井高徳はフル出場した。

▽前節、首位バイエルンに完敗し、泥沼のリーグ戦5連敗となった6位フランクフルトは、トップ4争いに踏みとどまるため、正念場を迎える。だが、この重要な一戦の前にはバイエルン戦で負傷した長谷部が、ヒザの手術を受けることが発表され、フランクフルトに激震が走った。

▽一方、ヘルタ・ベルリン、ボルシアMGを続けて撃破するなど、ギスドル新体制で復調したHSV。順位は残留・昇格プレーオフ圏内の16位も、今節の結果次第で13位アウグスブルクを抜く可能性もあり、絶不調のフランクフルト相手に敵地で勝ち点3奪取を目指した。

▽互いにシビアな状況に身を置く両チームは、先に失点したくないという気持ちが強く、リスクを恐れてロングボールが飛び交うクローズな攻防を続ける。

▽互いにほとんどシュートまで持ち込めない状況が目立つ中、29分にはファビアンのFKからゴール前のフルゴタに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばすことができず、ホームチームは絶好の先制機を逃した。結局、前半は互いに枠内シュート0という見せ場の少ない形で終わった。

▽ゴールレスで迎えた後半、球際での激しさとは裏腹に前半同様決定機が少ない堅い展開が続く。立ち上がりには背後を狙うレビッチやガシノビッチに惜しい場面が訪れるも、相手GKアトラーの果敢な飛び出しに阻まれる。

▽守備は機能するものの、攻撃面で流れを掴めないHSVは、ホルトビー、フントを下げて、グレゴリッチュ、ニコライ・ミュラーらスピードのあるアタッカーを投入していく。対するフランクフルトは、タワサ、マイヤーと交代カードを切っていく。72分には両チームを通じて最初の決定機。セットプレーの流れからゴール前で混戦が生まれ、こぼれ球に反応したヘクターが枠の左を捉えたシュートを放つが、これはGKアトラーがビッグセーブで阻む。

▽その後も引き分け良しとする両チームは、攻撃にリスクを冒さないまま、試合はゴールレスでタイムアップ。攻撃面で見せ場がほとんどなかったやや退屈な一戦は、痛み合分けのドローに終わり、フランクフルトは辛くも連敗を「5」でストップ。一方、敵地から勝ち点1を持ち帰ったHSVだが、残留争いのライバルが揃って勝ち点を積み重ねたため、16位脱出とはならなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

フランクフルトがGKツィンマーマンの復帰を発表…下部組織出身で2010年まで在籍

▽フランクフルトは16日、1860ミュンヘンのドイツ人GKヤン・ツィンマーマン(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 ▽ツィンマーマンはフランクフルトの下部組織出身で、2005年7月にトップチーム昇格。しかし、わずか5試合の出場に終わり2010年に退団していた。その後、ダルムシュタットやヘイデンハイムを経て2016年7月に1860ミュンヘンへ加入。今シーズンはブンデスリーガ2部で13試合に出場していた。 ▽フランクフルトはGKハインツ・リンドナー(26)が契約満了で今シーズン限りで退団。第2GKとして期待されている。 2017.06.17 10:42 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがメキシコ代表DFサルセードをレンタル移籍で獲得…今季はフィオレンティーナでプレー

▽フランクフルトは13日、メキシコのデポルティボ・グアダラハラからメキシコ代表DFカルロス・サルセード(23)がレンタル移籍で加入することを発表した。レンタル移籍期間は2018年6月30日までとなる。 ▽メキシコのティグレスや、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のレアル・ソルトレイクシティの下部組織で育ったサルセードは、2015年1月にデポルティボ・グアダラハラへ完全移籍。今シーズンはフィオレンティーナにレンタル移籍で加入すると、セリエAで18試合、ヨーロッパリーグで2試合に出場していた。 ▽世代別のメキシコ代表を経験しているサルセードは、2015年4月にA代表デビュー。ここまで8キャップを記録している。また、2016年のリオ・デジャネイロ五輪にもU-23メキシコ代表として3試合にフル出場していた。 2017.06.14 12:39 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがU-21スペイン代表DFヘスス・バジェホのマドリー復帰を発表

▽フランクフルトは12日、U-21スペイン代表DFヘスス・バジェホ(20)が2017-18シーズンからレンタル元のレアル・マドリーに復帰することを発表した。 ▽サラゴサ下部組織出身のヘスス・バジェホは、スペインの各年代の代表に選出され、U19代表ではキャプテンを務めた183cmのセンターバック。U-19欧州選手権での優勝やサラゴサでの活躍が認められて2015年夏にレアル・マドリーに移籍金600万ユーロ(約8億円)の6年契約で完全移籍。 ▽その後、2015-16シーズンはレンタルの形で引き続きサラゴサでプレー。今季はフランクフルトへレンタル移籍で加入すると、ブンデスリーガ25試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽フランクフルトで経験を積んだバジェホは、マドリーのトップチームでプレーできる機会を貰えることに感謝。また、フランクフルトでの経験がなければならなかったとコメントしている。 「僕は2年前にレアル・マドリーと契約した時、トップチームに加わることが夢だった。その夢が今叶った。ただ、フランクフルトの助けがなければ、それは不可能だった。フレディ・ボビッチSDやニコ・コバチ監督を始め、全ての人に感謝したい」 「多くのことを学び、とてもサッカーを楽しむことができた。それらを与えれくれたチームメイトには特に感謝したい。そして素晴らしいファンにも感謝しきれない。僕を素晴らしく迎えてくれたことを決して忘れない。だから、彼らのためにもトロフィーを獲得したいと思っている」 2017.06.13 05:01 Tue
twitterfacebook
thumb

長谷部誠の同僚スイス代表FWセフェロビッチがベンフィカと5年契約

▽ベンフィカは2日、フランクフルトのスイス代表FWハリス・セフェロビッチ(25)を完全移籍で獲得した。5年契約となり、メディカルチェックを受けて正式契約となる。 ▽母国のグラスホッパーズで育ったセフェロビッチは、2010年1月にフィオレンティーナへと移籍。しかし、レッチェやノヴァーラなどレンタル移籍を繰り返すなど、フィオレンティーナでは公式戦29試合に出場し6ゴールに終わった。2013年7月にレアル・ソシエダへと完全移籍した。ソシエダでは公式戦40試合に出場し4ゴールの結果を残すと、2014年8月にフランクフルトへと加入。フランクフルトでは、2シーズンで公式戦96試合に出場し19ゴール13アシストを記録した。 ▽また2013年からスイス代表としてもプレー。2014年のブラジル・ワールドカップや、2016年にフランスで行われたユーロに出場するなど、ここまで39試合に出場し8ゴールを記録している。 2017.06.03 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷部フランクフルト、スイス代表MFフェルナンデスを獲得

▽フランクフルトは2日、レンヌのスイス代表MFジェルソン・フェルナンデス(30)を獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年間となっている。 ▽セントラルMFのジェルソン・フェルナンデスはこれまでマンチェスター・シティやサンテチェンヌ、キエーボ、レスター・シティ、ウディネーゼ、スポルティング・リスボン、シオン、フライブルクと欧州各国でプレー。 ▽今季はレンヌでリーグ戦26試合に出場していた。2013-14シーズンにフライブルクでブンデスリーガを経験しているジェルソン・フェルナンデスは、フランクフルトへの加入を公式サイトで次のように語っている。 「また世界最高のリーグの一つに復帰できてうれしいよ。それにフランクフルトはとても伝統あるクラブであり、野心的だ。クラブが良いシーズンを過ごせるよう貢献していきたいと思う」 2017.06.03 06:09 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース