超ワールドサッカー

フランクフルトvsHSVは見せ場なしのゴールレス…酒井フル出場もヒザ手術発表の長谷部不在で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》2017.03.19 04:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節、フランクフルトvsハンブルガーSV(HSV)が18日にコメルツバンク・アレーナで開催され、0-0のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はケガの影響でベンチ外。HSVのDF酒井高徳はフル出場した。

▽前節、首位バイエルンに完敗し、泥沼のリーグ戦5連敗となった6位フランクフルトは、トップ4争いに踏みとどまるため、正念場を迎える。だが、この重要な一戦の前にはバイエルン戦で負傷した長谷部が、ヒザの手術を受けることが発表され、フランクフルトに激震が走った。

▽一方、ヘルタ・ベルリン、ボルシアMGを続けて撃破するなど、ギスドル新体制で復調したHSV。順位は残留・昇格プレーオフ圏内の16位も、今節の結果次第で13位アウグスブルクを抜く可能性もあり、絶不調のフランクフルト相手に敵地で勝ち点3奪取を目指した。

▽互いにシビアな状況に身を置く両チームは、先に失点したくないという気持ちが強く、リスクを恐れてロングボールが飛び交うクローズな攻防を続ける。

▽互いにほとんどシュートまで持ち込めない状況が目立つ中、29分にはファビアンのFKからゴール前のフルゴタに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばすことができず、ホームチームは絶好の先制機を逃した。結局、前半は互いに枠内シュート0という見せ場の少ない形で終わった。

▽ゴールレスで迎えた後半、球際での激しさとは裏腹に前半同様決定機が少ない堅い展開が続く。立ち上がりには背後を狙うレビッチやガシノビッチに惜しい場面が訪れるも、相手GKアトラーの果敢な飛び出しに阻まれる。

▽守備は機能するものの、攻撃面で流れを掴めないHSVは、ホルトビー、フントを下げて、グレゴリッチュ、ニコライ・ミュラーらスピードのあるアタッカーを投入していく。対するフランクフルトは、タワサ、マイヤーと交代カードを切っていく。72分には両チームを通じて最初の決定機。セットプレーの流れからゴール前で混戦が生まれ、こぼれ球に反応したヘクターが枠の左を捉えたシュートを放つが、これはGKアトラーがビッグセーブで阻む。

▽その後も引き分け良しとする両チームは、攻撃にリスクを冒さないまま、試合はゴールレスでタイムアップ。攻撃面で見せ場がほとんどなかったやや退屈な一戦は、痛み合分けのドローに終わり、フランクフルトは辛くも連敗を「5」でストップ。一方、敵地から勝ち点1を持ち帰ったHSVだが、残留争いのライバルが揃って勝ち点を積み重ねたため、16位脱出とはならなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

フランクフルト、クラブの指示を無視してタトゥーを入れたDFバレラを処分! レンタル延長考慮もユナイテッドに送り返すか

▽フランクフルトは24日、不適切な行為を働いたウルグアイ人DFギジェルモ・バレラに対して、クラブ内での出場停止処分を科したことを発表した。 ▽フランクフルトの発表によると、バレラは今週末にドルトムントとのDFBポカール決勝が控える中、休養日となった22日にニコ・コバチ監督やメディカルスタッフの指示を無視して自身の右前腕にタトゥーを入れ、その際に患部に炎症を起こしていたという。 ▽クラブにとって重要なビッグマッチを前に思慮を欠く行いを働いたバレラを問題視したクラブは、同選手に対して独自の出場停止処分を科すことを決定した。 ▽クラブのスポーツ部門を統括するフレディ・ボビッチ氏は、クラブ公式サイトでバレラの今回の行為を強く非難している。 「今回の振る舞いは著しく怠慢でチーム全体を傷つけるものだ。ギジェルモの今回の行為は彼のアイントラハトでの道の終わりを意味する。クラブはこのような重要なゲームを前に、監督やその他のチームメートに抵抗するプレーヤーを容認できない」 ▽また、6月30日までのレンタル契約に加え、来季のレンタル延長の可能性も噂されたバレラの去就に関して、ボビッチ氏は以下のように語っている。 「我々はレンタル延長の可能性を考えてきた。しかし、今回の一件を受けて、それは当然のことではない。ギジェルモはすぐに出場停止を科され、個人的な罰も受けることになる。我々には利己的な振る舞いに対して、そういった行動に出る必要があるんだ」 ▽昨夏、マンチェスター・ユナイテッドから1年間のレンタル移籍で加入したバレラは、足首じん帯断裂のケガの影響もあり、今季の公式戦の出場は10試合にとどまっていた。 2017.05.25 03:19 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがユトレヒトの点取り屋、元U-21フランス代表FWアラーを完全移籍で獲得

▽フランクフルトは15日、ユトレヒトの元U-21フランス代表FWセバスティアン・アラー(22)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。 ▽アラーは、オセールの下部組織出身で、2012年7月にトップチームへ昇格。2015年1月にユトレヒトへとレンタル移籍すると、2015年7月に完全移籍で加入していた。アラーは、ユトレヒトで公式戦通算94試合に出場し49ゴールを記録。今シーズンはエールディビジで32試合に出場し13ゴール6アシストを記録していた。 ▽フランスとコートジボワールの二重国籍であるアラーは、世代別のフランス代表を経験しており、将来の有望株。ユトレヒトでは、2015年のクラブ年間最優秀選手としてファンに選出されていた。 2017.05.16 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

後半から出場の武藤が決勝ゴール&PK獲得で逆転勝利のマインツが残留に大きく前進《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第33節、マインツvsフランクフルトが13日に行われ、4-2でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は後半から出場し、フランクフルトのMF長谷部誠は負傷のため欠場している。 ▽残留プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSVに勝ち点で並び、得失点差で上回る15位マインツ(勝ち点34)は、6試合ぶりに武藤をベンチスタートとした。 ▽残留を決めている11位フランクフルト(勝ち点41)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、マインツは14分に右クロスを受けたボックス左のブロシンスキが際どいシュートを浴びせる。 ▽徐々に攻勢を強めていったマインツは20分にF・フライが決定的なシュートを浴びせると、35分にはG・ドナーティがミドルシュートでGKを強襲。その後も押し込んだマインツだったが、42分に一瞬の隙を突かれて失点する。 ▽バルコクの浮き球パスを胸トラップで処理したフルゴタがボックス左から左足でゴール右へシュートを流し込んで、フランクフルトが先制した。 ▽迎えた後半からマインツはエツナリに代えて武藤を2トップの一角に投入。その後半開始5分、マインツは追加点を奪われる。 ▽タワサの左クロスをヘディングで合わせたフルゴタのシュートはGKフートの好守に阻まれるも、クリアしたルーズボールがセフェロビッチに当たってゴールラインを割った。 ▽2点を追う展開となったマインツは58分、ガバミンのミドルシュートでGKを強襲すると、60分に1点を返す。F・フライのフィードに抜け出したコルドバがボックス右へ進入。冷静にGKとの一対一を制した。さらに62分、右サイド絞った位置からのブロシンスキのFKにベルが頭で合わせてゴール右へシュートを叩き込んだ。 ▽その後も勢い付くマインツが攻勢に出ると、76分に武藤が逆転ゴールを奪った。ボックス手前右からのボージャンのフィードにヘディングで合わせた武藤のシュートがゴール左に決まった。 ▽そして追加タイム2分にはボックス左で仕掛けた武藤がヘクターに倒されたとしてPKを獲得。これをデ・ブラシスが決めて4-2としたマインツが逆転勝利し、16位HSVとの勝ち点差を2として残留に大きく前進している。なお、マインツは最終節でヨーロッパリーグ出場権獲得を狙うケルンと敵地で対戦する。 2017.05.14 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ロベルト・コバチ氏が犬の散歩中にヘッドロックで窃盗犯を取り押さえ

▽現役時代はレバークーゼンやバイエルン、ユベントスやクロアチア代表としてもプレーし、現在は日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトでアシスタントコーチを務めているロベルト・コバチ氏が、泥棒を捕まえていたようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽コバチ氏は8日、年金を銀行から引き落とした男性から現金を奪った男を追いかけ取り押さえたとのこと。窃盗犯の捕獲までの一部始終をコバチ氏が明かしている。 「月曜に犬の散歩をしていたんだ。すると、草むらに身を潜めている男がいた。そこで年配の男性が銀行に入っていったんだが、その時にその男が動いたんだ。怪しいと思ったね」 「銀行から年配の男性が出てきたとき、男もついていったんだ。あたりが暗くなり見え辛かったんだが、『強盗!』『警察!』と叫び声が聞こえた。そうしたら男が走り去っていったんだ」 「私は50mぐらい追いかけて、彼にヘッドロックをかけて取り押さえたんだ。そして、レストランに連れて行った。2、3分後に警察が来たよ」 ▽現役時代は的確なカバーリングに定評があるディフェンダーとして名を馳せたが、引退しても素晴らしい“カバーリング"で犯人を取り押さえるとはさすがだ。 2017.05.10 19:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ヒュブナーの劇的弾で辛勝のホッフェンハイムがドルトをかわして3位に浮上!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節のホッフェンハイムvsフランクフルトが4月30日に行われ、1-0でホッフェンハイムが勝利した。フランクフルトの日本代表MF長谷部はケガのため欠場となった。 ▽リーグ戦2試合負けなしの4位ホッフェンハイム(勝ち点55) が、本拠地ライン・ネッカー・アレーナに9位フランクフルト(勝ち点41)を迎えた一戦。試合は、両チーム合わせて枠内シュート1本で前半を終えるなど拮抗した展開となる。 ▽後半に入っても一進一退の攻防が展開される中、ホッフェンハイムは49分にチャンス。バイタルエリア右でFKを獲得するとルディの上げたクロスをファーサイドのジューレが頭で合わせたが、これは枠の上に外れる。 ▽対するフランクフルトは54分、オチプカの左CKがファーサイドに流れるとボックス右のファビアンがダイレクトボレーシュート。わずかに左に逸れたボールをゴール前のダビド・アブラアムが右足で押し込んだが、これはオフサイドの判定を取られた。 ▽膠着状態のまま試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが、90分にホッフェンハイムが値千金のゴールを奪う。ルディの左CKをゴール前に走り込んだヒュブナーが打点の高いヘディングでゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点となりホッフェンハイムが勝利。ヒュブナーの劇的弾で辛勝したホッフェンハイムが、ドルトムントをかわしチャンピオンズリーグストレートインとなる3位に浮上した。 2017.05.01 03:22 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース