フランクフルトvsHSVは見せ場なしのゴールレス…酒井フル出場もヒザ手術発表の長谷部不在で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》2017.03.19 04:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節、フランクフルトvsハンブルガーSV(HSV)が18日にコメルツバンク・アレーナで開催され、0-0のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はケガの影響でベンチ外。HSVのDF酒井高徳はフル出場した。

▽前節、首位バイエルンに完敗し、泥沼のリーグ戦5連敗となった6位フランクフルトは、トップ4争いに踏みとどまるため、正念場を迎える。だが、この重要な一戦の前にはバイエルン戦で負傷した長谷部が、ヒザの手術を受けることが発表され、フランクフルトに激震が走った。

▽一方、ヘルタ・ベルリン、ボルシアMGを続けて撃破するなど、ギスドル新体制で復調したHSV。順位は残留・昇格プレーオフ圏内の16位も、今節の結果次第で13位アウグスブルクを抜く可能性もあり、絶不調のフランクフルト相手に敵地で勝ち点3奪取を目指した。

▽互いにシビアな状況に身を置く両チームは、先に失点したくないという気持ちが強く、リスクを恐れてロングボールが飛び交うクローズな攻防を続ける。

▽互いにほとんどシュートまで持ち込めない状況が目立つ中、29分にはファビアンのFKからゴール前のフルゴタに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばすことができず、ホームチームは絶好の先制機を逃した。結局、前半は互いに枠内シュート0という見せ場の少ない形で終わった。

▽ゴールレスで迎えた後半、球際での激しさとは裏腹に前半同様決定機が少ない堅い展開が続く。立ち上がりには背後を狙うレビッチやガシノビッチに惜しい場面が訪れるも、相手GKアトラーの果敢な飛び出しに阻まれる。

▽守備は機能するものの、攻撃面で流れを掴めないHSVは、ホルトビー、フントを下げて、グレゴリッチュ、ニコライ・ミュラーらスピードのあるアタッカーを投入していく。対するフランクフルトは、タワサ、マイヤーと交代カードを切っていく。72分には両チームを通じて最初の決定機。セットプレーの流れからゴール前で混戦が生まれ、こぼれ球に反応したヘクターが枠の左を捉えたシュートを放つが、これはGKアトラーがビッグセーブで阻む。

▽その後も引き分け良しとする両チームは、攻撃にリスクを冒さないまま、試合はゴールレスでタイムアップ。攻撃面で見せ場がほとんどなかったやや退屈な一戦は、痛み合分けのドローに終わり、フランクフルトは辛くも連敗を「5」でストップ。一方、敵地から勝ち点1を持ち帰ったHSVだが、残留争いのライバルが揃って勝ち点を積み重ねたため、16位脱出とはならなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部途中出場のフランクフルト、6戦負けなしも終盤被弾でホッフェンハイムにドロー《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第12節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠は60分から出場し、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽長谷部が先発に復帰した前節ブレーメン戦を勝利した7位フランクフルト(勝ち点18)は、ブラジル戦で先発し、ベルギー戦を温存された長谷部がベンチスタートとなった。 ▽前節ケルン戦を3-0と快勝して5試合ぶりに勝利した5位ホッフェンハイム(勝ち点19)に押し込まれる入りとなったフランクフルトは9分、ボックス内のワグナーに枠内シュートを浴びせられる。 ▽それでも13分、最初のチャンスを活かして先制した。K・ボアテングがインターセプトした流れからミドルシュートを流し込んだ。 ▽その後もホッフェンハイムが押し込む流れが続いたが、フランクフルトが集中した守備で凌ぎ、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もホッフェンハイムが攻勢に出る中、53分にルップに代えてニャブリを投入。一方のフランクフルトは60分にシュテンデラに代えて長谷部をボランチに投入した。 ▽守備を固めるフランクフルトに対し、ワグナーに代えてクラマリッチを投入したホッフェンハイムだったが、やはり攻めあぐねる状況が続く。 ▽すると79分にはレビッチがGKを強襲するシュートを浴びせたフランクフルトがホッフェンハイムをけん制。しかし、終盤にかけても劣勢が続くと、追加タイム2分に失点してしまう。 ▽ニャブリのドリブル突破を許すとボックス左に侵入され、折り返されたクロスをウートに押し込まれた。直後にタイムアップとなり1-1で終了。フランクフルトは6戦負けなしとしたが2連勝はならなかった。 2017.11.19 01:46 Sun
twitterfacebook
thumb

コバチ監督、テストマッチで2G1Aの鎌田大地のプレーに満足「これこそ我々が望むプレー」

フランクフルトに所属するMF鎌田大地は10日に行われた2部ザントハウゼンとのテストマッチで2ゴール1アシストを含む合計4ゴールに絡む活躍を見せた。ニコ・コバチ監督もそのプレーを高く評価している様子だ。<br><br>今夏にサガン鳥栖からフランクフルトに渡るも、まだ定位置をつかめていない鎌田。インターナショナルブレイク中のテストマッチで17分に右からのクロスを押し込むと、38分には中盤でボールを受け、相手ペナルティーエリアに侵入したところで左足を振り抜いてドッペルパック(1試合2ゴール)を達成した。<br><br>フランクフルトはさらに後半開始直後、スルーパスに反応した鎌田を起点にFWブラニミル・フルゴタがループシュートを決めて追加点。鎌田は89分にDFイェトロ・ウィレムスのチーム5点目をアシストし、5-3の勝利に大きく貢献している。<br><br>この試合では公式戦での出場機会に恵まれていない鎌田とフルゴタがそれぞれ2ゴールずつをマーク。地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』が伝えたコメントによると、コバチ監督は試合後、「2人ともとても高いクオリティーを持っている」「彼らはライン間でパスを引き出し、すぐ前線に向かっていく。これこそ我々が望むプレーだ」と満足気に語った。<br><br>フランクフルト加入後、出場試合数が「2」にとどまっている鎌田は、第11節までの6試合でベンチからも外れていた。しかしながら、2部相手のテストマッチとは言え、この日の活躍は今後へのアピールとなっただろう。コバチ監督は冗談を交えながらも、選択肢が増えたことに「頭痛の種が増えたね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.13 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

フランクフルトに痛手、今夏加入のMFデ・グズマンが左肩脱臼で年内絶望…

▽フランクフルトは12日、元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(30)が左肩関節の脱臼により手術を行うことを発表した。 ▽デ・グズマンは10日に行われた親善試合のザントハウゼン戦に先発出場したが、73分にイェトロ・ヴィレムスと負傷交代していた。 ▽翌日にMRIなど精密検査を受けたデ・グズマンは、左肩関節の脱臼と診断。完治には手術を要し、年内の復帰は絶望となった。 ▽デ・グズマンの離脱にフレディ・ボビッチSD(スポーツ・ディレクター)は、公式サイトで以下のようにコメント。 「ジョナサンの早い回復を祈っている。選手の長期離脱はチームにとって大きなダメージだ。しかし、我々は他の選手が彼の離脱を補うことができると信じている」 ▽今夏にキエーボからフランクフルトに加入したデ・グズマンは、ここまでブンデスリーガ8試合、DFBポカール1試合に出場していた。 2017.11.13 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

背中には『PRINCE』、ボアテングが「自分の名前が嫌い」な理由は?

▽フランクフルトでプレーする元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングが、自身の名前が嫌いであることを明かした。ドイツのラジオ局『Hit Radio FFH』での告白をイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングの異母兄弟であり、今シーズンからフランクフルトに活躍の場を移したケヴィン=プリンス・ボアテング。ユニフォームの名前に「Prince(プリンス)」しか書かれていないが、それには深い理由があった。 ▽ケヴィン=プリンス・ボアテングとして知られているものの、ラジオで「自身の名前が気に入らない」と告白。実は、「ケビン」ではなく「ケルビン」であったと明かした。 「僕はケルビンと呼ばれていたはずだったんだ。それはトップネームだったんだ。“ケルビン=プリンス・ボアテング"。出生証明書の間違いだったことを誰も知らない」 「僕はサッカーをする必要はなかった。なぜなら、名前だけが、いつも輝いていた。そして、彼らは病院で待っ違って書いたんだ」 「僕はケビンと呼ばれるようになった。そして、そのままになった。僕の母親は、出産直後に外科手術を受けたので、介入できなかったんだ」 2017.11.10 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部先発復帰のフランクフルト、監督交代のブレーメンにアラーの終盤弾で競り勝つ《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは3日、ブンデスリーガ第11節でブレーメンをホームに迎え、2-1で勝利した。フランクフルトMF長谷部誠はフル出場したが、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節マインツ戦を1-1で引き分けた10位フランクフルト(勝ち点15)が、未勝利が続き、ヌーリ監督を解任した17位ブレーメンをホームに迎えた一戦。 ▽マインツ戦を慢性的な足の痛みで欠場した長谷部が[3-5-2]の中盤アンカーで先発に復帰した試合は、監督交代によって積極的な入りを見せたブレーメンが最初にチャンスを迎える。開始2分、クルーゼが左クロスに合わせたが、ゴール至近距離からのシュートはGKフラデツキーが好守で凌いだ。 ▽その後、一進一退の攻防を経て、フランクフルトが17分に先制する。ヴィレムスのヒールパスに反応したボックス左角のレビッチがゴール右へ流し込んだ。しかし24分、ブレーメンにすかさず追いつかれる。左CKが混戦となって最後はモイサンデルに押し込まれた。 ▽同点とされたフランクフルトは29分にヴォルフがミドルシュートでゴールに迫るも、GKの好守に阻まれる。40分にはゴールエリア右のユヌゾビッチに決定的なシュートを許したが、GKフラデツキーがファインセーブで凌ぎ、ほぼ互角の前半は1-1で終えた。 ▽迎えた後半、ややフランクフルトが押し気味に試合を運ぶと、64分にボックス内のヴィレムスが枠内シュートを浴びせるも、GKにセーブされる。 ▽終盤にかけてこう着状態が続いた中、89分にフランクフルトが土壇場で勝ち越しに成功する。タワサの左クロスにアラーがボレーで合わせたシュートがネットを揺らした。これが決勝点となってフランクフルトが勝利。今季5勝目を挙げている。 2017.11.04 06:25 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース