インテル、GKハートのミスから2Gもトリノにドロー《セリエA》2017.03.19 04:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは18日、セリエA第29節でトリノとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽前節アタランタ戦をイカルディとバネガのダブルトリプレッタで7発圧勝した5位インテル(勝ち点54)は、アタランタ戦と同じスタメンを送り出して3連勝を目指した。

▽前節ラツィオに1-3と敗れた10位トリノ(勝ち点39)に対し、ガリアルディーニがゴール前に顔を出してシュートに持ち込むなど、好調インテルが立ち上がりから圧力をかけていく。

▽分厚い攻めを続けるインテルが引き続き主導権を握ると、19分にダンブロージオのボレーシュートでゴールに迫る。その後、バセッリのミドルシュートでゴールを脅かされるも、27分にインテルが順当に先制した。スローインを受けたコンドグビアがボックス右からカットインして左足でシュート。GKハートは守備範囲だったが、防ぎきれずゴールラインを割った。

▽しかし33分、リャイッチの左CKからニアのモレッティにヘッドで逸らされると、中央のバセッリにヘッドで流し込まれた。この失点でリズムを崩したインテルはハーフタイムにかけてこう着状態を打破できず、1-1で前半を終えた。

▽迎えた後半もリズムに乗り切れずにいたインテルは56分にピンチ。ベロッティのミドルシュートがGKハンダノビッチを強襲した。すると59分、逆転を許す。ボックス右のイトゥルベの折り返しを、ペナルティアーク右のアックアーにダイレクトで打たれたシュートがゴール左隅に決まった。

▽しかし62分、インテルがすかさず同点に持ち込む。アンサルディの左クロスをGKハートが触れずに被ると、ルーズボールを拾ったゴールエリア右のカンドレーバがシュートを蹴り込んだ。

▽同点としたインテルだったが、67分に再びピンチ。直前に投入されていたボジェにドリブルでボックス左へ侵入される。シュートを打たれたが、GKハンダノビッチがセーブした。

▽終盤にかけてはインテルが攻勢に転じると、82分にエデルの強烈なミドルシュートがGKハートを強襲。その後もインテルが3点目を目指して前に出たものの、決定打は生まれずに2-2でタイムアップ。痛み分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

長友不出場のインテルが終盤2人退場のジェノアに辛勝《セリエA》

▽セリエA第6節、インテルvsジェノアが24日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが1-0で勝利した。インテルのDF長友佑都は、ベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、ボローニャ相手に辛くもドローに終わったインテルは、開幕からの連勝が「4」でストップ。仕切り直しを図る今節は、ホームに開幕から未勝利が続くジェノアを迎えた。スパレッティ監督はボローニャ戦から先発2人を変更。長友に代えてダウベルト・エンリケ、ジョアン・マリオに代えてブロゾビッチを起用した。 ▽試合は開始早々にインテルに決定機。右サイド深くに侵攻したカンドレーバの低いクロスに対して、ニアでイカルディが潰れてファーでフリーのペリシッチに通る。クロアチア代表FWは胸トラップから右足ボレーを狙うが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。 ▽その後はカンドレーバの右サイドを起点に中央のイカルディや逆サイドのペリシッチがフィニッシュに絡むが、なかなかGKペリンの牙城を崩すまでには至らず。 ▽一方、注目の16歳の大型FWペッレグリを最前線に配したジェノアは、お馴染みの[3-4-3]のシステムから要所で相手を引っくり返しては、ワンチャンスを窺う。24分にはロングカウンターからオメオンガのパスに抜け出した左サイドのターラブトがDFの股間を抜くグラウンダーのクロスで決定機を演出するが、ここは必死の戻りを見せたイカルディのカバーリングに阻まれ、敵地での先制点とはならず。 ▽その後も拮抗した展開が続く中、39分には右サイドのビラスキからのアーリークロスを注目のペッレグリがダイビングヘッド、続く43分にはターラブトが強烈なミドルシュートでインテルゴールを襲う。一方のインテルも45分にはボックス手前のブロゾビッチが強烈な左足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストに阻まれた。 ▽試合は後半に入っても一進一退の攻防が続く。開始直後には右サイドをえぐったオメオンガのクロスをボックス左にフリーで走り込んだラクサールがボレーで合わせるが、枠を捉え切れない。その後も要所を締めた守備と鋭いカウンターを仕掛けるジェノアの時間が続く。 ▽後半に入って苦戦が目立つインテルは、60分にカンドレーバを下げてエデルを投入。この交代でトップ下のブロゾビッチを右サイドに出し、エデルとイカルディの2トップに変更。さらに72分にはボルハ・バレロに代えて、今夏カーンから獲得した19歳のフランス人ウイング、カラモーをデビューさせる。73分にはイカルディの落としからエデルが右足アウトにかけたミドルシュートで決定機に絡むが、ここはGKペリンの好守に遭う。 ▽一方、ペッレグリに代えて元インテルのパンデフを投入したジェノアは、そのパンデフが早速決定機を創出。78分、ペナルティアーク付近で縦パスを引き出したパンデフがボックス右に走り込むオメオンガに丁寧なスルーパス。抜け出したオメオンガが右足を振り抜くが、ニアを狙ったシュートはGKハンダノビッチのビッグセーブに遭う。 ▽81分に最後の交代カードとしてジョアン・マリオをピッチに送り出したインテルは、なかなか決定機を作り出せない中、引き分け濃厚と思われた試合終盤にセットプレーから試合を動かす。87分、右CKの場面でジョアン・マリオがファーに入れたクロスをダンブロージオが頭で左隅に流し込んだ。 ▽その後、エデルへの決定機阻止でオメオンガ、カラモーへの危険なタックルを見舞ったターラブトが共に一発退場となったジェノアの反撃を凌いだインテルが、ホームで苦しみながらも貴重な勝ち点3を手にした。 2017.09.25 00:07 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル残留を決めたラノッキア、「意欲が湧いてくる」ワケとは?

インテルのDFアンドレア・ラノッキアがイタリアメディア『プレミアムスポーツ』のインタビューに応じ、クラブ残留は指揮官ルチアーノ・スパレッティのおかげであると感謝した。<br><br>昨シーズン、構想外となっていたラノッキアは冬の移籍市場で出場機会を求め、ハル・シティへレンタル移籍。プレミアリーグで16試合に出場、2得点を挙げる活躍を見せた。今夏、レンタル期間を終了してインテルへ復帰したラノッキアだが、再び新天地を求め、退団を希望。しかし新指揮官が着任したことで、インテルの雰囲気が変わっていたようだ。<br><br>「練習の初日から監督が信頼を寄せてくれて、彼にここに残ることを説得された。スパレッティはトップチームの選手全員を重要視してくれる。だから僕も全力を出し尽くしたいという意欲が湧いてくる。いつ呼ばれても準備ができているようにいつも懸命に取り組んでいる。過去のことは考えていない」<br><br>また、インテルの目標はチャンピオンズリーグ(CL)への復帰であると断言している。<br><br>「CL出場を勝ち取りたい。クラブそして監督も目標を公にしている。達成するには、ボローニャ戦のようなミスを最小限に減らす必要がある。このユニフォームのために毎日汗を流せば、きっと僕らに相応しい場所へ戻れるはずだ」<br><br>今シーズン、ラノッキアの出場はクロトーネ戦でケガを負ったDFダニーロ・ダンブロージオに代わって出場した5分間にとどまっている。今後、訪れたチャンスを生かすことができるのか注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.23 16:02 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、エジルをインテルに来冬売却か

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)に来冬のインテル移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・スター』がイタリア『トゥットメルカート』の情報をもとに伝えている。 ▽アーセナルとの現行契約が2018年で満了を迎えるエジル。同僚のFWアレクシス・サンチェスと共に以前から取り沙汰される延長合意にいまだ至っておらず、様々な憶測が飛び交い続けているところだ。 ▽このままの状況が続けば来夏にフリーでドイツ人プレーメーカーを失うアーセナルだが、延長交渉から既に撤退。エジル獲得を狙っているとされるインテルに来冬売却することで、移籍金を手にする意向があるという。 ▽また、インテルは、トップ下を務めるMFジョアン・マリオのパフォーマンス内容に満足していない様子。そこで、新たな司令塔としてアーセナルの“創造者”の引き入れを興味を示しているとのことだ。 2017.09.23 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、守護神GKハンダノビッチと契約延長間近か!?

▽インテルに所属するスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(33)が契約延長間近に迫っているようだ。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道によると、基本的な契約については合意に至っており、細部の確認を残すのみのようだ。なお、現行の契約が2019年までとなっているハンダノビッチに対し、インテルは2021年までの新契約を打診。300万ユーロ(約4億円)の年棒を提示しているようだ。 ▽スロベニアの小クラブでキャリアをスタートさせたハンダノビッチは以後、ウディネーゼ、ラツィオなどイタリアの数クラブを渡り歩き、2012年の夏にインテルへ加入。安定感抜群のショットストップを武器とし、在籍5年間で公式戦205試合の出場数を記録。 ▽また、今季も絶対的守護神としてリーグ戦全試合に出場しているハンダノビッチは、2004年の11月にA代表デビューを果たしたスロベニア代表においても、絶対的な守護神として活躍。昨年の11月に代表からの引退を表明するまでに、スロベニア代表として79試合のキャップ数を記録した。 2017.09.23 01:38 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディのPK弾でインテルが辛くもドロー…開幕からの連勝止まる《セリエA》

▽セリエA第5節のボローニャvsインテルが19日に行われ、1-1の引き分けに終わった。日本代表DF長友佑都はフル出場した。 ▽開幕から4連勝と絶好の開幕スタートを切ったインテルが、ここまで1勝1敗1分けで13位のボローニャとのアウェイ戦に臨んだ一戦。2-0で勝利した前節のクロトーネ戦からスタメンを2選手変更したインテルは、ダウベルト・エンリケとガリアルディーニに代えて、長友とヴェシーノを起用した。 ▽5連勝を目指すインテルは、序盤から積極的に攻勢に出るボローニャにチャンスを作られる。9分、左CKの流れから、最後はスルーパスでボックス左の深くに抜け出したヴェルディに狙われるが、これはGKハンダノビッチが右手でファインセーブ。 ▽さらに16分にもインテルにピンチが襲う。GKハンダノビッチのパスを自陣中央でペトコビッチに奪われると、すぐさまゴール前にスルーパスを供給。これに反応したヴェルディがGKとの一対一を迎えるが、わずかに左に逸れ事なきを得た。 ▽前半半ばにかけて徐々に盛り返してきたインテルは25分、左ウイングのペリシッチのドリブルから、こぼれ球を長友がボックス左から狙うが、枠を捉えられず。だが、先制したのは試合開始から攻勢に出ていたホームチームだった。 ▽序盤から再三ゴールチャンスに顔を出していたヴェルディに、遂にインテルはゴールを許してしまう。32分、敵陣中央でドリブルを開始したヴェルディがボックス手前まで侵攻すると、そこから左足一閃。凄まじいスピードのブレ球を前にGKハンダノビッチはなす術がなかった。 ▽1点リードされたまま迎えた後半、早く追いつきたいインテルが好機を演出。59分、カンドレーバの右CKにミランダが頭で合わせるが、GKミランテのセーブに遭う。対するボローニャも66分に追加点を狙いにいく。左サイドからディ・フランチェスコのパスを受けたドンサーがボックス手前左から狙うが枠を捉えることができなかった。 ▽このままボローニャが押し切るかに思われたが76分、インテルが試合を振り出しに戻す。右サイドのカンドレーバからクロスが入ると、ボックス内でエムバイェが転倒した際の手がかかり、エデルが倒されPKを獲得。これをイカルディが沈めて同点に追いついた。 ▽その後は互いに大きなチャンスもなく、このまま試合終了。PKでなんとか1-1に持ち込んだインテルだったが、開幕5連勝とはならなかった。 2017.09.20 05:55 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース