超ワールドサッカー

インテル、GKハートのミスから2Gもトリノにドロー《セリエA》2017.03.19 04:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは18日、セリエA第29節でトリノとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽前節アタランタ戦をイカルディとバネガのダブルトリプレッタで7発圧勝した5位インテル(勝ち点54)は、アタランタ戦と同じスタメンを送り出して3連勝を目指した。

▽前節ラツィオに1-3と敗れた10位トリノ(勝ち点39)に対し、ガリアルディーニがゴール前に顔を出してシュートに持ち込むなど、好調インテルが立ち上がりから圧力をかけていく。

▽分厚い攻めを続けるインテルが引き続き主導権を握ると、19分にダンブロージオのボレーシュートでゴールに迫る。その後、バセッリのミドルシュートでゴールを脅かされるも、27分にインテルが順当に先制した。スローインを受けたコンドグビアがボックス右からカットインして左足でシュート。GKハートは守備範囲だったが、防ぎきれずゴールラインを割った。

▽しかし33分、リャイッチの左CKからニアのモレッティにヘッドで逸らされると、中央のバセッリにヘッドで流し込まれた。この失点でリズムを崩したインテルはハーフタイムにかけてこう着状態を打破できず、1-1で前半を終えた。

▽迎えた後半もリズムに乗り切れずにいたインテルは56分にピンチ。ベロッティのミドルシュートがGKハンダノビッチを強襲した。すると59分、逆転を許す。ボックス右のイトゥルベの折り返しを、ペナルティアーク右のアックアーにダイレクトで打たれたシュートがゴール左隅に決まった。

▽しかし62分、インテルがすかさず同点に持ち込む。アンサルディの左クロスをGKハートが触れずに被ると、ルーズボールを拾ったゴールエリア右のカンドレーバがシュートを蹴り込んだ。

▽同点としたインテルだったが、67分に再びピンチ。直前に投入されていたボジェにドリブルでボックス左へ侵入される。シュートを打たれたが、GKハンダノビッチがセーブした。

▽終盤にかけてはインテルが攻勢に転じると、82分にエデルの強烈なミドルシュートがGKハートを強襲。その後もインテルが3点目を目指して前に出たものの、決定打は生まれずに2-2でタイムアップ。痛み分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

後半から出場のインテル長友佑都に伊メディアは及第点「重大ミスは犯さず通常運転」

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都は、ウディネーゼ戦に途中出場し、イタリアメディアから軒並み及第点の評価を得た。<br><br>セリエA第38節が28日に行われ、長友の所属するインテルはホームでウディネーゼと対戦し、5-2で完勝を収めた。前節まで6試合連続先発出場していた長友はベンチスタートとなったが、後半開始から左サイド中盤に入ると、高い位置を取り積極的なプレーを見せた。<br><br>『ユーロスポーツ』は長友ついて、「通常運転。味方へのサポートはやや正確性に欠けるが、重大なミスは犯さなかった」と分析し、及第点となる「6」を与えている。なおチーム内の最高評価はドッピエッタ(1試合2得点)を決めたFWエデルと1ゴール2アシストを記録したMFイバン・ペリシッチの「7.5」。また『スカイ・スポーツ』および『メディアセット』も同様に、長友に対し及第点となる「6」の評価を下している。<br><br>移籍情報サイト『カルチョメルカート・コム』は「日本人選手はしっかりした決意をもって攻撃に上がっていた。ウディネーゼにとってわき腹のトゲとなった」として「6.5」を与えて高く評価している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.29 14:17 Mon
twitterfacebook
thumb

後半から長友出場のインテル、ペリシッチ&エデル躍動で5発圧勝締め《セリエA》

▽インテルは28日、セリエA最終節でウディネーゼを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、5-2で大勝した。インテルのDF長友佑都は後半から出場している。 ▽前節ラツィオ戦を3-1と勝利して9試合ぶりの白星を飾った7位インテルは、ヨーロッパリーグ出場の可能性が消滅した中、今季限りでの退団が噂される長友がベンチスタートとなった。 ▽12位ウディネーゼに対し、負傷でイカルディを欠くインテルが良い入りを見せると5分、左サイドからのサントンのグラウンダークロスをエデルが合わせて先制した。 ▽エデルの3試合連続ゴールで先手を取ったインテルは、CKからアンジェッラのヘディングシュートが枠を外れて助かると、19分に追加点を獲得。エデルがボックス右から入れたクロスをファーサイドのペリシッチがスライディングで押し込んだ。 ▽続く21分にペリシッチの左クロスにガリアルディーニがヘディングで合わせたシュートがわずかに枠を逸れたインテルは36分、3点目を奪いきる。高い位置でボールを奪い返したペリシッチがマイナスのクロスを折り返すと、ボックス左のブロゾビッチが左足でシュートを流し込んで3-0とし前半を終えた。 ▽後半からメデルに代えて長友を左サイドバックに入れたインテルは、54分に4点目を奪う。ドリブルでボックス左に侵入したペリシッチがクロスを入れると、エデルが押し込んだ。 ▽4-0と突き放したインテルはパラシオを投入。58分にはそのパラシオが左ポスト直撃のシュートを浴びせるも、76分にバリッチにゴールを許す。 ▽それでも直後、コンドグビアのボレーシュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、5-1とした。終了間際、CKからD・サパタのゴールを許して5-2とされたものの、インテルがホーム最終戦を大勝で飾っている。 2017.05.29 05:51 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ハメス争奪戦へ参戦!! 52億円オファーでユナイテッドをけん制!?

▽インテルは、レアル・マドリーの10番獲得へ向けて、マンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦に乗り出した。スペイン『アス』がイタリア『スポルト・イタリア』を引用して伝えている。 ▽報道によるとインテルは25日、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス獲得へ向けて、交渉を始めたようだ。同クラブは手始めに4200万ユーロ(約52億3000万円)のオファーを提示したという。 ▽レアル・マドリーは2014年当時、モナコから8000万ユーロ(約99億6000万円)でハメス・ロドリゲスを獲得。それ以上の額で売却をする思惑を持っていると言われており、インテルの提示額では遠く及ばない状況となっている。 ▽提示額では大きく差が開いているインテルだが、今回の動きはハメス・ロドリゲスの移籍先として最有力候補に挙げられる、マンチェスター・ユナイテッドをけん制する目的が大きいようだ。提示額に関係なく、ユナイテッドよりも先に交渉の場に付くことで、インテルはアドバンテージを得ようとしている。 ▽さらに、インテルは昨夏にもハメス・ロドリゲス獲得の交渉を行っており、その際、オーナーが用意した金額は8500万ユーロ(約105億8000万円)と言われている。クラブ間での合意は達成されたが、選手本人との合意に至らず、交渉は決裂した。破談にはなったが、マドリーの合意する条件は把握済み。マドリーも、交渉の意思があるというわけだ。 2017.05.28 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがインテルのクロアチア代表MFペリシッチを狙う?

▽インテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)に対し、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ペリシッチは、2015年8月にヴォルフスブルクからインテルへと移籍。セリエAにもしっかりと適応し、2シーズンで69試合に出場し27ゴール16アシストを記録している。 ▽インテルとの契約は2020年まで残っているものの、インテルは今夏にチーム編成を刷新すると考えられており、ペリシッチに関しても適正価格でのオファーがあれば放出する可能性があるとみられている。 ▽ペリシッチの移籍金は3600万ユーロ(約44億8000万円)を超えているものとみられているが、ジョゼ・モウリーニョ監督は交渉担当であるエド・ウッドワード副会長に欲しい選手を伝えてあると明かした。 「ウッドワードは3月から私が欲しい選手、私が欲しいもの、そしてそれがいくらなのかを知っている」 「彼は3月から全てを知っているし、彼は働いている。なぜなら彼は8月に休暇を取るからだ。そして、私は働くよ」 2017.05.28 11:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ナイキが“ミラネーゼスタイル”のインテル新ホームキットを発表!

▽ナイキは26日、インテルの2017-18シーズンのホームキットを発表した。新ホームキットはミラネーゼスタイルにDRI -FIT テクノロジーを組み合わせ、“Nerazzurri” (インター・ミランの愛称で「ブラックとブルー」の意味)を象徴するブラックとブルーのストライプを現代的なディテールと丸い襟口でアップデートしている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170526_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽身頃には、ミラノの建築物から着想を得た幅の異なる縦のストライプが裾に向かって広がるように描かれている。シャツの裏側には“Nerazzurri”という言葉を記し、心に秘めたクラブの誇りを感じさせるものとなっている。 ▽ナイキ グリップテクノロジーが使用されたブラックのソックスがキットを完成させます。ソックスの前面には対照的なホワイトカラーで“Inter’とあしらい、ふくらはぎ側には特徴的なブルーの横線が描かれている。 ▽インテルの新ホームキットは5月26日にniki.comや一部専門店で発売。選手たちは28日に行われる最終節で新ホームキットを着用する。 2017.05.26 16:30 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース