インテル、GKハートのミスから2Gもトリノにドロー《セリエA》2017.03.19 04:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは18日、セリエA第29節でトリノとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽前節アタランタ戦をイカルディとバネガのダブルトリプレッタで7発圧勝した5位インテル(勝ち点54)は、アタランタ戦と同じスタメンを送り出して3連勝を目指した。

▽前節ラツィオに1-3と敗れた10位トリノ(勝ち点39)に対し、ガリアルディーニがゴール前に顔を出してシュートに持ち込むなど、好調インテルが立ち上がりから圧力をかけていく。

▽分厚い攻めを続けるインテルが引き続き主導権を握ると、19分にダンブロージオのボレーシュートでゴールに迫る。その後、バセッリのミドルシュートでゴールを脅かされるも、27分にインテルが順当に先制した。スローインを受けたコンドグビアがボックス右からカットインして左足でシュート。GKハートは守備範囲だったが、防ぎきれずゴールラインを割った。

▽しかし33分、リャイッチの左CKからニアのモレッティにヘッドで逸らされると、中央のバセッリにヘッドで流し込まれた。この失点でリズムを崩したインテルはハーフタイムにかけてこう着状態を打破できず、1-1で前半を終えた。

▽迎えた後半もリズムに乗り切れずにいたインテルは56分にピンチ。ベロッティのミドルシュートがGKハンダノビッチを強襲した。すると59分、逆転を許す。ボックス右のイトゥルベの折り返しを、ペナルティアーク右のアックアーにダイレクトで打たれたシュートがゴール左隅に決まった。

▽しかし62分、インテルがすかさず同点に持ち込む。アンサルディの左クロスをGKハートが触れずに被ると、ルーズボールを拾ったゴールエリア右のカンドレーバがシュートを蹴り込んだ。

▽同点としたインテルだったが、67分に再びピンチ。直前に投入されていたボジェにドリブルでボックス左へ侵入される。シュートを打たれたが、GKハンダノビッチがセーブした。

▽終盤にかけてはインテルが攻勢に転じると、82分にエデルの強烈なミドルシュートがGKハートを強襲。その後もインテルが3点目を目指して前に出たものの、決定打は生まれずに2-2でタイムアップ。痛み分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

インテルがユナイテッドを揺さぶる? ペリシッチ⇔マルシャルのトレードを求む

▽インテルは、マンチェスター・ユナイテッドにクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)を手放す代わりに、フランス代表FWアントニー・マルシャル(21)の譲渡を求めているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽ユナイテッド移籍の噂が加熱するペリシッチ。一時オールド・トラフォード行きが間近に迫っているとの見方が強まっていたが、それをインテルが頑なに阻んでいることから、実現するに至っていない。 ▽伝えられるところによれば、インテルはユナイテッドから届いたペリシッチに対する4800万ポンド(約69億9000万円)のオファーを拒否。逆に、ユナイテッドに対して、金銭+マルシャルの交換を要求したという。 ▽しかし、『インデペンデント』によれば、ユナイテッドはマルシャルの放出に難色を示しているとのこと。マルシャル本人も、オールド・トラフォードから離れるという考えに至っていない模様だ。 2017.07.20 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルのサネッティ副会長が今夏のトッププレイヤー獲得を示唆「来季はCL復帰を」

インテルのハビエル・サネッティ副会長が17日、アルゼンチンメディア『TyCSports』のインタビューに応じ、新シーズンに向けて意気込みを語った。<br><br>「我々ははっきりとしたビジョンを持っている。新シーズンにおいて主にセリエAでの競争力を高め、チャンピオンズリーグへの復帰を目指す。新監督の(ルチアーノ・)スパレッティは経験豊かな素晴らしい監督だ。彼の構想に見合った選手を獲得していく。シーズン終了後にはヨーロッパの大会へ復帰できるようプロジェクトや戦略を立てている。このクラブのレベルを引き上げられるような選手を複数獲得しなければならない」<br><br>また過去にインテル監督への招聘がうわさされたジョゼ・モウリーニョについて、「インテル復帰をモウリーニョに打診したか? 彼とは良好な関係を築けていて話はすることはあるが、連絡は取らなかった」と述べ、接触がなかったことを明かしている。<br><br>インテル新監督の候補には一時期、サネッティと同じくアルゼンチン人のディエゴ・シメオネの名前も挙がったが、サネッティはシメオネについて深い言及を避けた。<br><br>「近年はイタリアでアルゼンチン人監督をあまり見かけない? 一時的なことだと思う。アルゼンチン人監督はとても有能だ。今はスパレッティという素晴らしいイタリア人監督がいて、素晴らしい仕事をしてくれている。大切なことは、インテルが再び重要なタイトルを狙えるようになることで、それを願っている。将来的に(アルゼンチン人監督の招聘は)あるかもしれないが、現在、インテルにとって理想的な監督はスパレッティだ。シメオネ? 彼の仕事はチェックしている。アトレティコでの成績は彼に相応しい。アトレティコとの契約終了後はインテルに? 今答えるのは、現監督に対して敬意を欠くことになる」<br><br>さらにライバルチームのユベントスからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表DFダニエウ・アウベスに触れ、マイコンを例に挙げて称えた。<br><br>「ダニ・アウベスは怪物だ。インテルでプレーしていたマイコンやロベルト・カルロス、カフーのように皆、決定的な役割を果たす選手だ。マイコンがいた頃、非常に難しい試合が多かったが、彼が重要な役割を果たし、彼のおかけでポイントを多く稼ぐことができた」<br><br>提供:goal.com 2017.07.18 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、長友佑都の左SBが補強ポイントの1つか…伊紙は「大きな裂け目」と指摘

インテルのルチアーノ・スパレッティ指揮官は、シーズン開幕へ向けて4選手の補強を要求しているが、その1つが左サイドバックであると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が16日、指摘している。<br><br>インテルは15日、ドイツ2部のニュルンベルクと練習試合を行ったが、1-2で黒星。ニュルンベルクはプレシーズンにおいてすでに5試合をこなしており、インテルよりも準備が進んでいたとみられるが、スパレッティは開幕までにチームを完成させるためにも4選手の補強をフロントに求めている。補強ポイントの1つとして指摘されているのが左サイドバックだ。<br><br>ニュルンベルク戦では17歳のDFジーニョ・ファンヒュースデンが先発し、後半から日本代表のDF長友佑都が起用された。しかし長友はスウェーデン代表のFWミカエル・イシャクを2度も見失い、失点にも絡んだ。人材不足が指摘されている左サイドバックは「ただの穴ではなく、深い裂け目がインテルにある」と評されている。このほか『イル・ジョルナーレ』も「インテルはまだトリプレテを達成した英雄クリスティアン・キヴの後継者を見つけられていない」と同調している。<br><br>なお、新たな左サイドバックの獲得に向けてすでに交渉は進められている。ターゲットはニースに所属するブラジル人のDFダウベルト・エンリケで、2000万ユーロ(約26億円)ほどを投じて獲得を目指している。また他の補強ポイントについては、センターバック、中盤、そしてマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が騒がれているFWイバン・ペリシッチの代役となる左ウインガーだとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.17 13:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ペリシッチのユナイテッド移籍が59億円で決定か

▽インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)のマンチェスター・ユナイテッド移籍がついに実現するかもしれない。イタリア『メディアセット』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、ペリシッチの移籍金は、4600万ユーロ(約59億3000万円)に近い額になる模様。今後2日以内に正式発表の可能性があり、ペリシッチはインテルの中国ツアーに帯同せず、イングランドに向かう予定だという。 ▽今夏を通じてユナイテッド移籍の可能性が取り沙汰されてきたペリシッチ。本人もユナイテッド行きを志願しているとみられてきたが、インテル側の高い要求額がクラブ間交渉の難航を誘い、噂だけが先行していた。 ▽また、『フットボール・イタリア』は、ラツィオのセネガル代表FWケイタ・バルデ(22)がインテル入りに向け、キャンプを離脱したと報道。インテルは2000万ユーロでの獲得が見込まれているという。 2017.07.17 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

オーリエがPSGのプレシーズンツアーに参加せず…ユーベかインテル移籍へ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(24)の退団が濃厚となった。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、オーリエはポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク、元フランス代表FWハテム・ベン・アルファと共に、アメリカのマイアミへのプレシーズンツアーのメンバーから外れたという。 ▽これにより、オーリエは予てより関心が伝えられていたユベントスやインテルとの交渉に向けて、イタリア入りする見込みだ。なお、PSGは、2000~2500万ユーロ(約25億8000~32億2000万円)の金額での放出を考えているようだ。 ▽2015年にトゥールーズから加入したオーリエは、右サイドバックのレギュラーとして、加入2シーズンで公式戦81試合に出場し、5ゴール15アシストを記録。その一方で、ピッチ外での度重なる問題行為などもあり、放出の可能性も噂されていた。さらに、今夏の移籍市場でクラブがブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)を獲得したことで、退団が濃厚となっている。 2017.07.15 22:21 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース