日本代表に痛手…フランクフルトがMF長谷部のヒザの手術実施を発表!2017.03.19 03:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは18日、日本代表MF長谷部誠がヒザの手術を受けることを発表した。なお、離脱期間について詳細はなく、『無期限の離脱』と発表している。

▽11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦に先発出場した長谷部だったが、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした際に左ポストへ激突。スネに6針縫合する裂傷を受け、途中交代していた。

▽その後、一度は練習に復帰した長谷部だったが、初回の診断より状態が悪く、16日にMRI検査を受け、17日からは練習を中止。クラブは長谷部のケガについてチームドクターと協議した結果、手術が必要と判断。来週中にヒザの手術を受けることが予定されている。

▽16日に発表されたロシア・ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバーにも選出された長谷部だったが、今回のケガで離脱が濃厚となった。

コメント

関連ニュース

thumb

フランクフルト、主力CBアブラアムと2021年までの新契約締結!

▽フランクフルトは9日、アルゼンチン人DFダビド・アブラアム(31)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽これまでバーゼルやヘタフェ、ホッフェンハイムで活躍したアブラアムは、2015年夏にフランクフルトに3年契約で加入。加入以降はセンターバックのレギュラーとして、公式戦85試合に出場し1ゴールを記録している。また、現在は負傷離脱中のドイツ人FWアレクサンデル・マイヤーに代わってゲームキャプテンを務めている。 ▽アルゼンチンのフル代表の経験はないものの、2005年に行われたU-20ワールドカップでは、バルセロナFWリオネル・メッシやウェストハムDFパブロ・サバレタと共に優勝を果たしている。 2017.12.10 04:16 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ビダルの虎の子1点を守りきって長谷部&鎌田ベンチ外のフランクフルトに辛勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、フランクフルトvsバイエルンが9日に行われ、0-1でバイエルンが辛勝した。フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地は共にベンチ外となった。 ▽前節ヘルタ・ベルリンに2-1と競り勝った8位フランクフルト(勝ち点22)は、前節3試合ぶりに先発に復帰した長谷部が欠場となった。 ▽一方、戦列復帰したミュラーの2アシストなどでハノーファーに3-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点32)は、4日前に行われたパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグを3-1と快勝。首位通過こそ逃したものの、前回対戦で大敗したリベンジをしっかりと果たした中、PSG戦のスタメンから6選手を変更。レヴァンドフスキやトリッソ、フンメルスらがベンチスタートとなってミュラーやビダル、ハビ・マルティネスらがスタメンとなった。そして直前にGKウルライヒが負傷したことでベテランGKシュターケがスタメンとなった。 ▽開始6分にレビッチの直接FKでGKシュターケを強襲されたバイエルンだったが、徐々にポゼッションを高めて反撃に出ると、20分に先制する。右CKの流れから右サイドのキミッヒが上げた左足クロスをファーサイドのビダルがヘディングシュートで流し込んだ。 ▽さらに28分、バイエルンはコマンがドリブルでボックス右に侵入し、シュートに持ち込んでフランクフルトを脅かす。前半半ば以降、一進一退の攻防が続いた中、フランクフルトはレビッチの単騎突破に活路を見いだしたが、バイエルンはJ・ボアテングを中心に跳ね返していく。 ▽ハーフタイムにかけては互いにチャンスを生み出し、フランクフルトは40分にセットプレーのサインプレーからヴィレムスが枠内シュートを浴びせれば、バイエルンは44分に左CKの流れからビダルのボレーシュートが枠を捉えたが、GKのセーブに阻まれ、バイエルンの1点リードで前半を終了した。 ▽迎えた後半、バイエルンはフランクフルトにポゼッションを譲って時間を進めていく。凌ぐバイエルンはビダルに代えてトリッソを、リベリに代えてアラバを投入していった。 ▽そんな中72分、ヴォルフがハメス・ロドリゲスに対するスライディングタックルで一発退場と判定される。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードに覆り、フランクフルトは助かった。 ▽しかし、バイエルンが最後までビダルの1点を守り抜いて勝利。首位を堅守している。 2017.12.10 01:37 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第15節プレビュー】長谷部フランクフルトがハメスのバイエルンと対戦

▽前節は首位バイエルンがハノーファーに快勝した一方、2位ライプツィヒがホッフェンハイムに惨敗したことで勝ち点差が6に広がった。そして、未勝利が続いていた最下位ケルンのシュティーガー監督がついに解任されている。迎える第15節は長谷部フランクフルトがバイエルンと対戦する。 ▽フランクフルト(勝ち点22)は前節、ヘルタ・ベルリンに2-1と競り勝って8位と好位置に付ける。中盤アンカーの位置で3試合ぶりに先発に復帰した長谷部も攻守のバランスを取る働きをこなし、勝利に貢献した。バイエルン戦ではワールドカップでも対戦するハメス・ロドリゲスとのマッチアップも予想されるが、守備のタスクを忠実にこなせるかに注目だ。 ▽一方、戦列復帰したミュラーの2アシストなどでハノーファーに3-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点32)は、火曜日に行われたパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグを3-1と快勝。首位通過こそ逃したものの、前回対戦で大敗したリベンジをしっかりと果たした。ハインケス体制となって王者の風格を取り戻したバイエルンとしては年内の3戦を全勝し、首位固めといきたい。 ▽ホッフェンハイムにまさかの惨敗を喫した2位ライプツィヒ(勝ち点26)は、武藤の14位マインツ(勝ち点15)と対戦する。水曜日に行われたCLのベシクタシュ戦を1-2と敗れ、決勝トーナメント進出はならなかった。悪い流れにハマらないためにもここで踏み止まりたいところだが、背中を痛めてここ2試合欠場となっている武藤のマインツ撃破となるか。 ▽香川が途中出場で流れを好転させながらも10人のレバークーゼンに引き分け止まりとなった6位ドルトムント(勝ち点22)は、17位ブレーメンとのホーム戦に臨む。リーグ戦7試合勝利なしと泥沼状態のドルトムントだが、追い打ちをかけるように新たにM・フィリップとカストロが離脱してしまった。香川としてはライバルが不在の内にアピールしておきたいところだが、ここ3試合で2勝と復調している感のあるブレーメン相手に久々の勝利となるか。 ▽前節は苦手アウェイの地でブレーメンに0-1と敗れた13位シュツットガルト(勝ち点17)は、金曜日に9位レバークーゼン(勝ち点21)を6戦で5勝と得意のホームに迎える。前節見せ場を作れなかった浅野はベンチスタート予想となっている。 ▽その他、酒井高がボランチでフル出場し、勝ち点1を積み上げたハンブルガーSV(勝ち点14)は、11位ヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、シュティーガー監督が解任となってフェー監督を招へいした大迫のケルンは、16位フライブルク(勝ち点12)とのホーム戦に臨むが、大迫は出場停止で欠場となる。 ◆ブンデスリーガ第15節 ▽12/8(金) 《28:30》 シュツットガルト vs レバークーゼン ▽12/9(土) 《23:30》 ライプツィヒ vs マインツ ドルトムント vs ブレーメン ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク フランクフルト vs バイエルン 《26:30》 ボルシアMG vs シャルケ ▽12/10(日) 《21:30》 ケルン vs フライブルク 《23:30》 ハノーファー vs ホッフェンハイム 《26:00》 アウグスブルク vs ヘルタ・ベルリン 2017.12.08 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部が中盤アンカーでフル出場のフランクフルト、ヘルタに逆転勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、ヘルタ・ベルリンvsフランクフルトが3日に行われ、1-2でフランクフルトが勝利した。ヘルタのMF原口元気はベンチ外、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ外となっている。 ▽前節ケルン戦を2-0と快勝して3試合ぶりの勝利を飾った11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)と、前節レバークーゼン戦を0-1と落として7試合ぶりに敗戦した9位フランクフルト(勝ち点19)の一戦。 ▽公式戦ここ4試合連続ベンチ外のヘルタの原口は引き続きベンチ外となり、前節ベンチスタートで出場機会のなかったフランクフルトの長谷部は[3-1-4-2]の中盤アンカーで先発に復帰し、途中出場で7試合ぶりに出場した鎌田はベンチ外となった。 ▽日本人対決が実現しなかった試合は、開始1分にヘルタに決定機。ガシノビッチのミスパスをカットしたイビセビッチがボックス右に進入。シュートを浴びせるも、GKフラデツキーの好守に阻まれた。 ▽良い入りを見せたヘルタがポゼッションを高めて圧力をかけていくと、15分に先制する。レッキーの浮き球パスに抜け出したゼルケがボックス右に侵入し、GKとの一対一を制した。 ▽良いところのないフランクフルトは25分に最初のチャンス。レビッチがボックス左でスルーパスを引き出し、GKヤルシュテインを強襲した。すると直後の左CKから同点とする。サインプレーでグラウンダーのクロスを送ると、ペナルティアーク中央のヴォルフが右足を一閃。しっかりとコントロールされたシュートがネットを揺すった。 ▽雪が舞うなか、ハーフタイムにかけてはフランクフルトのポゼッションが高まったものの、互いに決定打はなく前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半、ガシノビッチに代えてバルコクを投入したフランクフルトがボールを持つ展開で立ち上がると、57分に決定機。バルコクのスルーパスに反応してボックス右に走り込んだヴォルフがシュート。しかし、GKヤルシュテインのセーブに阻まれた。 ▽流れの悪いヘルタは62分に2枚代えを敢行。ミッテルシュタッドとアルネ・マイアーに代えてラザロとルステンベルガーを投入した。 ▽この交代後はこう着状態に陥り、シュートシーンがないまま時間が経過。しかし80分、フランクフルトが逆転に成功する。右クロスのルーズボールをボックス中央のK・ボアテングが左足で一閃。コントロールされたシュートがゴール左に決まった。 ▽K・ボアテングのキャリアをスタートさせたヘルタ相手の古巣弾で逆転したフランクフルトは、87分のルステンベルガーのミドルシュートがバーを叩いて助かると、このリードを守りきって勝利している。 2017.12.04 01:32 Mon
twitterfacebook
thumb

「そこに人格や人柄が表れている」フランクフルト指揮官が長谷部に全幅の信頼を置く理由は?

日本代表のMF長谷部誠は先日のインタビューで、「試合に向けては薬を飲んでいます」とひざの痛みについて明かしていた。フランクフルト率いるニコ・コバチ監督は、コンディションについて率直に語るその姿勢を評価しているようだ。<br><br>長谷部はブンデスリーガ第13節までに3試合を欠場し、直近2試合ではベンチスタート。ドイツ誌『キッカー』が伝えたコメントによると、3日のヘルタ・ベルリン戦に向けた会見でも同選手について問われたコバチ監督は「マコトは昨年、我々だけでなく、日本代表チームにとってもいかに重要な存在なのかを証明した」と前置きしながら、次のように続けた。<br><br>「トレーニングを見ていれば、プレーヤーが調子良く動けているか、そうでもないかが分かる。私は彼のほか、他の選手たちのことを考えなければいけない。フィットネス状態が100%に至っていない場合、チームメートたちにとってもフェアではないのでね」<br><br>「彼(長谷部)は今週、痛み止めを飲まずに済んだ。改善に向かっているよ。マコトの考えはとてもハッキリしている。当然、どの選手も常にプレーすることを望んでいるが、彼は痛みについて正直に語ってくれるんだよ。私が監督として、反応せざるを得ないことを承知の上でね。評価すべきだと思うし、彼の人格や人柄が表されている」<br><br>昨シーズンには、3バック中央のリベロやボランチとして、フランクフルトに欠かせない存在となっていた長谷部。今シーズンに入ってからはひざの負傷が響き、フランクフルトの絶対的なプレーヤーという座を失いつつあるが、その誠実な姿勢にコバチ監督は感謝しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.03 23:22 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース