超ワールドサッカー

日本代表に痛手…フランクフルトがMF長谷部のヒザの手術実施を発表!2017.03.19 03:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは18日、日本代表MF長谷部誠がヒザの手術を受けることを発表した。なお、離脱期間について詳細はなく、『無期限の離脱』と発表している。

▽11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦に先発出場した長谷部だったが、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした際に左ポストへ激突。スネに6針縫合する裂傷を受け、途中交代していた。

▽その後、一度は練習に復帰した長谷部だったが、初回の診断より状態が悪く、16日にMRI検査を受け、17日からは練習を中止。クラブは長谷部のケガについてチームドクターと協議した結果、手術が必要と判断。来週中にヒザの手術を受けることが予定されている。

▽16日に発表されたロシア・ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバーにも選出された長谷部だったが、今回のケガで離脱が濃厚となった。

コメント

関連ニュース

thumb

鳥栖、MF鎌田大地のフランクフルト移籍合意を発表…MF長谷部誠とチームメートに

▽サガン鳥栖は24日、MF鎌田大地(20)がフランクフルトに完全移籍することで基本合意したと発表した。25日に行われる明治安田生命J1リーグ第16節の浦和レッズ戦がラストゲームとなり、試合終了後にセレモニーが実施される。 ▽愛媛県生まれでガンバ大阪ジュニアユース出身の鎌田は、2015年に東山高校から鳥栖に入団。類まれなるパスセンスでFW豊田陽平とともに鳥栖の攻撃をリードする存在としてプロ1年目から活躍した。プロ3年目の今シーズンは、J1リーグ15試合に出場して3ゴール。J1通算で64試合13ゴールを記録した。 ▽移籍先となるフランクフルトは現在、元クロアチア代表MFのニコ・コヴァチ監督が率い、今シーズンのブンデスリーガを11位でフィニッシュ。過去に高原直泰(現・沖縄SV)、MF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)、MF乾貴士(現・エイバル)が在籍したクラブで、現在はMF長谷部誠が在籍している。 2017.06.24 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトのMFマイヤーが休暇中の負傷で手術…2カ月の離脱で開幕は間に合わず

▽フランクフルトは22日、MFアレクサンダー・マイヤー(34)が手術を受けたことを発表した。2カ月の離脱になるとのことだ。 ▽クラブの発表によると、マイヤーは休暇中に右足首を負傷。手術では、ねずみ(遊離軟骨)の除去を行ったとのこと。2カ月間の離脱になる見込みだ。すでにフランクフルトでリハビリを開始しているとのこと。 ▽フランクフルトのマネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は「アレックスは休暇中に負傷をし、再び離脱するというのは我々にとっては辛い打撃だ」とコメント。「また、この日までケガの正確な情報を受けなかったことに苛立ちを覚える。選手はチームにケガの情報を伝える義務がある。アレックスはそれを守らなかったんだ」と語り、ケガをした事実以上に報告がなかったことに怒りを露わにした。 ▽マイヤーはフランクフルトで主将を務め、昨シーズンはブンデスリーガで21試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。 2017.06.23 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがGKツィンマーマンの復帰を発表…下部組織出身で2010年まで在籍

▽フランクフルトは16日、1860ミュンヘンのドイツ人GKヤン・ツィンマーマン(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 ▽ツィンマーマンはフランクフルトの下部組織出身で、2005年7月にトップチーム昇格。しかし、わずか5試合の出場に終わり2010年に退団していた。その後、ダルムシュタットやヘイデンハイムを経て2016年7月に1860ミュンヘンへ加入。今シーズンはブンデスリーガ2部で13試合に出場していた。 ▽フランクフルトはGKハインツ・リンドナー(26)が契約満了で今シーズン限りで退団。第2GKとして期待されている。 2017.06.17 10:42 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがメキシコ代表DFサルセードをレンタル移籍で獲得…今季はフィオレンティーナでプレー

▽フランクフルトは13日、メキシコのデポルティボ・グアダラハラからメキシコ代表DFカルロス・サルセード(23)がレンタル移籍で加入することを発表した。レンタル移籍期間は2018年6月30日までとなる。 ▽メキシコのティグレスや、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のレアル・ソルトレイクシティの下部組織で育ったサルセードは、2015年1月にデポルティボ・グアダラハラへ完全移籍。今シーズンはフィオレンティーナにレンタル移籍で加入すると、セリエAで18試合、ヨーロッパリーグで2試合に出場していた。 ▽世代別のメキシコ代表を経験しているサルセードは、2015年4月にA代表デビュー。ここまで8キャップを記録している。また、2016年のリオ・デジャネイロ五輪にもU-23メキシコ代表として3試合にフル出場していた。 2017.06.14 12:39 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがU-21スペイン代表DFヘスス・バジェホのマドリー復帰を発表

▽フランクフルトは12日、U-21スペイン代表DFヘスス・バジェホ(20)が2017-18シーズンからレンタル元のレアル・マドリーに復帰することを発表した。 ▽サラゴサ下部組織出身のヘスス・バジェホは、スペインの各年代の代表に選出され、U19代表ではキャプテンを務めた183cmのセンターバック。U-19欧州選手権での優勝やサラゴサでの活躍が認められて2015年夏にレアル・マドリーに移籍金600万ユーロ(約8億円)の6年契約で完全移籍。 ▽その後、2015-16シーズンはレンタルの形で引き続きサラゴサでプレー。今季はフランクフルトへレンタル移籍で加入すると、ブンデスリーガ25試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽フランクフルトで経験を積んだバジェホは、マドリーのトップチームでプレーできる機会を貰えることに感謝。また、フランクフルトでの経験がなければならなかったとコメントしている。 「僕は2年前にレアル・マドリーと契約した時、トップチームに加わることが夢だった。その夢が今叶った。ただ、フランクフルトの助けがなければ、それは不可能だった。フレディ・ボビッチSDやニコ・コバチ監督を始め、全ての人に感謝したい」 「多くのことを学び、とてもサッカーを楽しむことができた。それらを与えれくれたチームメイトには特に感謝したい。そして素晴らしいファンにも感謝しきれない。僕を素晴らしく迎えてくれたことを決して忘れない。だから、彼らのためにもトロフィーを獲得したいと思っている」 2017.06.13 05:01 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース