日本代表に痛手…フランクフルトがMF長谷部のヒザの手術実施を発表!2017.03.19 03:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは18日、日本代表MF長谷部誠がヒザの手術を受けることを発表した。なお、離脱期間について詳細はなく、『無期限の離脱』と発表している。

▽11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦に先発出場した長谷部だったが、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした際に左ポストへ激突。スネに6針縫合する裂傷を受け、途中交代していた。

▽その後、一度は練習に復帰した長谷部だったが、初回の診断より状態が悪く、16日にMRI検査を受け、17日からは練習を中止。クラブは長谷部のケガについてチームドクターと協議した結果、手術が必要と判断。来週中にヒザの手術を受けることが予定されている。

▽16日に発表されたロシア・ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバーにも選出された長谷部だったが、今回のケガで離脱が濃厚となった。

コメント

関連ニュース

thumb

鎌田デビュー!ブンデス10年目の長谷部と共に先発もスコアレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第1節フライブルクvsフランクフルトが20日に行われ、0-0に終わった。MF鎌田大地は先発して67分まで出場。MF長谷部誠はフル出場した。 ▽今夏、フランクフルトに加入した鎌田は[3-5-2]の2トップの一角としてスタメンデビュー。また、今季でブンデスリーガでの10年目となる長谷部は、3バック中央のリベロで起用された。 ▽試合は両クラブともバランスを重視した入りとなったが、17分にはフライブルクがフランクフルトのゴールを脅かした。ロングボールに反応したニーダーレヒナーがディフェンスラインの裏に抜け出す。マークについていた長谷部がオフサイドを主張したが、プレーは続行。ボックス右からのクロスに飛び込んだクラインディーストがネットを揺らした。しかし、直後にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による審議が行われると、オフサイドとの判定。得点とはならなかった。 ▽ひやりとさせられたフランクフルトであったが、21分にはボックス内の混戦から鎌田がシュートを放つ。DFにブロックされ得点には結びつかなかったものの、積極的に攻撃に絡んでいく。36分には2トップの相方であるファラーが、カウンターの場面から独力でシュートまで持ち込んだが、バーに嫌われた。 ▽フライブルクはクラインディーストやニーダーレヒナーを起点として鋭い攻撃を繰り出したが、長谷部を中心とするフランクフルトDFが丁寧に対応。一進一退の攻防が続き、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入っても試合は膠着状態を保ち、両者共になかなかチャンスを作り出せない。鎌田はボールを引き出そうと精力的に動いたものの、DFの激しいチェックに苦しみ思うように収めることはできず。67分には、18日に加入が発表されたばかりのケヴィン=プリンス・ボアテングとの交代でベンチに退いた。 ▽直後から攻勢を強めたフランクフルトだったが、試合を動かすには至らず。固い入りをした両クラブの開幕節は、スコアレスドローに終わった。 2017.08.21 00:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ラス・パルマスと契約解除のボアテングがフランクフルトに加入…約1年半ぶりのドイツ帰還

▽フランクフルトは18日、ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(30)の加入を発表した。契約期間は2020年6月30日までとなる。16日に、一身上の都合によりラス・パルマスとの契約を解除していたボアテングは、母国ドイツのフランクフルトを新天地に選んだようだ。 ▽ヘルタ・ベルリンでキャリアをスタートさせたボアテングは、トッテナムやドルトムントを経て、2010年夏にミランに加入。ミランでは10番を背負い、通算114試合に出場した。その後はシャルケ、そして2度目のミラン移籍を経て、昨夏にラス・パルマスがフリーで獲得。今年5月には3年間の契約延長をしたばかりだった。 ▽フランクフルト加入で、ドイツでは4つ目のクラブ加入となったボアテング。ここまでブンデスリーガ通算98試合に出場し10ゴール18アシストをマークしており、中でも2013年夏に加入したシャルケでは、在籍2年間で60試合を数え、7ゴール9アシストと主力として活躍した。 2017.08.18 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田大地、ブンデス開幕に向けてアピールできず?公式戦デビューに地元紙は酷評

今夏にフランクフルトに加入したMF鎌田大地だが、公式戦デビューでアピールとはいかなかったようだ。先日のカップ戦でのプレーに対する現地メディアの評価は低めとなっている。<br><br>12日に行われたDFBポカール1回戦でフランクフルトは4部所属のエルンテブリュックと対戦。長谷部誠とともに先発出場を果たしたフランクフルトは、相手チームのFW西谷優希がDFダビド・アブラハムの一発退場を誘うなど活躍もあり、格下に苦しめられながらも最終的に3-0での勝利を収めている。<br><br>だがそんな中、73分までのプレーとなった鎌田は、リーグ開幕に向けてアピールできなかったとの見方が述べられている。ドイツ誌『キッカー』では、「おそらく鎌田大地はポジションを失うだろう。21歳の同選手は、(チーム2点目を記録した)ミヤト・ガチノビッチに比べて明らかに精彩を欠いていた」とブンデスリーガ開幕に向けてベンチスタートが予想されている。<br><br>また『フランクフルター・ルンドシャウ』も、鎌田に対して辛口だった。採点を行わない地元紙は、同選手を「低調」のカテゴリーに含め「序盤には期待できる状況を迎えるも、結果を出せず。リーグで生き残るためには改善が必要。まだ甘すぎて、判断も遅すぎる」との評価を記した。<br><br>一方で、同紙は長谷部を「まずまず」のグループに含め、パフォーマンスについては「冷静な判断力やビジョンが見られることもあれば、集中力を欠く場面も」と安定していなかったことを指摘。「より上手くできるはず。3点目の前にウィレムスに送ったダイアゴナルパスは素晴らしかった」と勝利に貢献した場面に言及した。<br><br>19日の開幕節でフライブルクとのアウェー戦に臨むフランクフルト。長谷部はスタメン出場が確実視される一方で、鎌田がドイツでのサッカーに馴染むのは多少先になると見られているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.15 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤が今季初弾を含む2ゴールでマインツ快勝、鎌田&長谷部先発の10人フランクフルトも快勝《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が12日にドイツ各地で行われた。マインツはリューネブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利している。FW武藤嘉人は72分までプレーし、2ゴールを決めた。 ▽試合は13分にゴールエリア左に抜け出した味方の丁寧な浮き球クロスをファーサイドの武藤が頭で押し込んでマインツが先制する。 ▽その後、同点とされたマインツだったが、前半終了間際にブロジンスキのPKで勝ち越すと、60分に武藤がこの試合2点目を決めて3-1と突き放す。左サイドからのクロスを受けた武藤は反転から右足でゴール左にシュートを流し込んだ。そのまま逃げ切ったマインツが武藤の活躍で初戦を突破している。 ▽また、MF長谷部誠とMF鎌田大地が先発したフランクフルトは、エルンテブリュックとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。22分に味方DFが退場するアクシデントに見舞われたものの、フランクフルトは35分にチャンドラーのゴールで先制する。 ▽そして1-0とリードしたまま迎えた72分に鎌田が左サイドで起点となってアラーのラストパスをガチノビッチが決めてリードを広げると、直後に鎌田を交代させる。それでも76分に長谷部のロングパスを起点にダメ押しのゴールをアラーが決めて10人のフランクフルトが初戦を勝ち上がっている。 2017.08.13 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田大地にチャンス到来か…フランクフルトMFマルコ・ファビアンが腰椎の負傷で2カ月離脱

▽フランクフルトにとっては痛手となりそうだ。メキシコ代表MFマルコ・ファビアンが腰椎の負傷により戦線を離脱すると発表した。 ▽フランクフルトの発表によると、マルコ・ファビアンは腰椎に問題を抱えており、専門医の下で保存療法を受けるとのこと。これにより、約2カ月の離脱になるとのことだ。 ▽マルコ・ファビアンは、2016年1月にグアダラハラからフランクフルトに完全移籍で加入。背番号10を背負い、攻撃的MFのポジションでプレー。2016-17シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し7ゴール4アシストを記録するなど、チームの攻撃を牽引していた。 ▽開幕を前に主力を失ったフランクフルトにとっては悩ましいことだが、今夏サガン鳥栖から加入したMF鎌田大地にとっては大きなチャンスとなるかもしれない。 ▽鎌田はプレシーズンマッチでは上々のスタートを切っており、ニコ・コバチ監督も評価。開幕まで1週間となったが、フライブルク戦でいきなりデビューの可能性も出てきた。新加入選手が出場機会を得るのは難しいことだが、これまでのプレーぶりを見ればマルコ・ファビアンの代役としても役割を果たせる可能性は高い。ポジション確保には最初のインパクトが重要となるが、鎌田はチャンスを生かすことができるだろうか。 2017.08.11 11:40 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース