日本代表に痛手…フランクフルトがMF長谷部のヒザの手術実施を発表!2017.03.19 03:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは18日、日本代表MF長谷部誠がヒザの手術を受けることを発表した。なお、離脱期間について詳細はなく、『無期限の離脱』と発表している。

▽11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦に先発出場した長谷部だったが、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした際に左ポストへ激突。スネに6針縫合する裂傷を受け、途中交代していた。

▽その後、一度は練習に復帰した長谷部だったが、初回の診断より状態が悪く、16日にMRI検査を受け、17日からは練習を中止。クラブは長谷部のケガについてチームドクターと協議した結果、手術が必要と判断。来週中にヒザの手術を受けることが予定されている。

▽16日に発表されたロシア・ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバーにも選出された長谷部だったが、今回のケガで離脱が濃厚となった。

コメント

関連ニュース

thumb

8戦連続フル出場の長谷部誠、独メディアも絶賛「鷹のように…」チームはCL出場圏内浮上

ライプツィヒ戦で好パフォーマンスをみせたフランクフルトMF長谷部誠を、ドイツメディアも高く評価している。<br><br>19日に行われたブンデスリーガ第23節で、ライプツィヒをホームに迎えたフランクフルト。チャンピオンズリーグ出場権を争うチームとの対戦は、逆転でフランクフルトが制している。<br><br>長谷部はこの試合でも先発し、安定したパフォーマンスを披露。8試合連続のフル出場を果たした。その間チームは6勝1分1敗と、絶好調を維持している。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は、チーム2位タイの「2」をつけた。「DFラインの前で、素晴らしい視野を発揮した。ライプツィヒの攻撃を、鷹のように摘み取った。多くのボールを支配し、パスは正確だった」と絶賛している。<br><br>この勝利で、フランクフルトは公式戦3連勝。勝ち点を39に伸ばし、CL出場圏内の3位に浮上した。日本代表キャプテンは、絶好調のチームで確かな存在感を放っているようだ。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

長谷部が中盤でフル出場のフランクフルト、CL権争うライプツィヒとの上位対決を制して3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、フランクフルトvsライプツィヒが19日に行われ、2-1でフランクフルトが競り勝った。 ▽前節ケルン戦を長谷部がPKを献上したものの、4-2と快勝して4位に浮上したフランクフルト(勝ち点36)は、長谷部が定位置となっている3バックの中央ではなく、[3-4-3]の中盤センターで先発となった。 ▽一方、前節アウグスブルク戦を2-0と快勝して2位に浮上したライプツィヒ(勝ち点38)は、4日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のナポリとのアウェイ戦を3-1と快勝して先勝。好調なチームはナポリ戦のスタメンから4選手を変更。ヴェルナーとY・ポウルセンの2トップをベンチスタートとし、オギュスタンとルックマンを先発で起用した。 ▽ホームチームのフランクフルトが慎重にボールを動かす静かな展開で立ち上がった中13分、ライプツィヒが先制する。ライマーがフリーランでボックス右に侵入してうまく味方のパスを引き出し、マイナスのクロスを折り返すと、オギュスタンがシュートを流し込んだ。 ▽それでも22分、フランクフルトがすかさず同点に追いつく。右CKの流れからアブラアムがヘディングでゴールに押し込みにかかると、ゴールエリア左のチャンドラーが右足を伸ばして押し込んだ。 ▽さらに26分、フランクフルトが一気に逆転する。左サイドのスペースをレビッチが突いてボックス左ゴールライン際からクロス。これをK・ボアテングが左足ダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。 ▽たちまち逆転されたライプツィヒは30分、PKの判定をもらう。サビツァーがボックス左でレビッチに倒されたかに思われたが、VARによって判定が覆り、ライプツィヒは1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半から数的優位となったライプツィヒはデンメに代えてY・ポウルセンを投入。アタッカーを増やしたが、一進一退の攻防で試合は推移していく。するとライプツィヒにアクシデント。61分、N・ケイタが太ももを痛めてフォルスベリとの交代を強いられた。 ▽逃げ切りを図るフランクフルトはK・ボアテングに代えてジェルソン・フェルナンデスを投入。その後も選手交代を使ってライプツィヒの攻撃を凌いだフランクフルトが2-1で逃げ切り。CL出場権を争うライプツィヒを下して2連勝とし、3位に浮上している。 2018.02.20 06:57 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第23節プレビュー】月曜に長谷部フランクフルトvsライプツィヒのCL出場権争い

▽前節は首位バイエルン(勝ち点56)がシャルケ(勝ち点34)との上位対決を制して連勝を9に伸ばした。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではライプツィヒ(勝ち点38)、ドルトムント(勝ち点37)、フランクフルト(勝ち点36)が勝利し、それぞれ順位を上げている。一方でレバークーゼン(勝ち点35)が敗戦し、CL圏外の5位に転落した。迎える第23節は月曜にフランクフルトvsライプツィヒのCL出場権争いが開催される。 ▽前節ケルン戦を長谷部がPKを献上したものの、セットプレーなどから効率的にゴールを重ねて4-2と快勝したフランクフルトは、CL圏内の4位に浮上した。長谷部もPKを献上した以外は3バックの中央で安定した守備を見せ、チームの勝利に貢献した。ライプツィヒにはスピードに優れたヴェルナーやY・ポウルセン、オギュスタンらがいるが、うまくスペースを埋めつつ対応できるか。 ▽一方、前節アウグスブルク戦を2-0と快勝して2位に浮上したライプツィヒは、木曜日にヨーロッパリーグ(EL)でナポリとのアウェイ戦を戦い、ヴェルナーの2発などで3-1と快勝。ベスト16進出が見えてきた中、休養十分のフランクフルトに勝利して2位死守となるか。 ▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムントは、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦する。HSV戦では終盤に押し込まれる時間が続くなど依然として内容は芳しくないものの、リーグ戦2連勝とした中、ELではアタランタとホームで戦い、バチュアイの3戦連発弾で3-2と勝利。不安定な戦いが続く中、不調のボルシアMGを叩いてCL圏内キープとなるか。 ▽DFBポカールを延長まで戦った影響もあり、ヘルタ・ベルリンに低調な戦いの末に0-2と敗れた5位レバークーゼンは、酒井高の17位HSVと対戦する。今節は1週間の調整期間があったため、フレッシュに戦えるレバークーゼンだが、勝利を取り戻してCL圏内浮上となるか。 ▽一方、ホラーバッハ監督就任後も勝利がなく復調の兆しが見えないHSVは、9戦勝利なしと泥沼から抜け出せずにいる。右ウイングバックでまずまずのプレーを見せた酒井高は引き続きスタメン予想となっており、レバークーゼンの左サイドに入ることが予想されるブレイク中のベイリーとのマッチアップに注目だ。 ▽前節ホッフェンハイム戦もチームが劣勢を強いられ、見せ場を作れなかったマインツの武藤は、金曜日にヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦する。リーグ戦3連敗で残留圏内へなかなか浮上できないチームだが、武藤は4試合ぶりのゴールで救えるか。 ▽その他、ケルンの大迫は引き続きベンチスタート予想、シュツットガルトの浅野はベンチ外予想となっている。最後に3月上旬での優勝が現実味を帯びているバイエルンは、ヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。レヴァンドフスキのホーム戦11試合連発弾で9連勝としたバイエルンは、火曜日にCLベシクタシュ戦を控える中、連勝を10に伸ばしてリーグ6連覇へ邁進したい。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第23節 ▽2/16(金) 《28:30》 ヘルタ・ベルリン vs マインツ ▽2/17(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs バイエルン ハンブルガーSV vs レバークーゼン フライブルク vs ブレーメン ケルン vs ハノーファー 《26:30》 シャルケ vs ホッフェンハイム ▽2/18(日) 《23:30》 アウグスブルク vs シュツットガルト 《26:00》 ボルシアMG vs ドルトムント ▽2/19(月) 《28:30》 フランクフルト vs ライプツィヒ 2018.02.16 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部誠が思うブンデス適応に最も必要なことは?後輩・鎌田大地らに“授業”

フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、鎌田大地らとともにクラブの公式チャンネルに登場。日本人がブンデスリーガに適応するために、必要なことを説いている。<br><br>2008年にヴォルフスブルクでブンデスリーガデビューを果たし、丸10年プレーする長谷部。今月始めにはリーグ250試合出場を達成し、日本人最多出場記録を更新し続けている。<br><br>2014年からプレーするフランクフルトでは、キャプテンを務めることも多い長谷部。クラブ公式チャンネルに、鎌田や女子チームの日本人選手2人と共に登場し、後輩3人へブンデスリーガへ適応するためのアドバイスを送った。<br><br>「まずは言葉を覚えること。できるだけ早く覚えて、他の選手とコミュニケーションをとること、そして日本とドイツのサッカーの違いを理解し、それに適応していくことが大事だと思います」<br><br>「違う国にいれば、言葉も文化も違うので苦労すると思います。僕も苦労してきましたが、そこでいかに踏ん張れるか、我慢できるかというのはすごく大事。それを乗り越えたときに、目標に手が届くと思いますよ」<br><br>また、ドイツ語の難しさにも言及。それでも、意思を伝えることが大切だと説いている。<br><br>「日本語とドイツ語は全く違うし、日本人にとっては難しい言語だとは思います。僕自信もドイツ語を完璧に話せているかというと、そうではないですね&hellip;&hellip;」<br><br>「ただ、&ldquo;伝える&rdquo;ということは大事で、色々なことを話すようにしています。ドイツに来て2年位は、ずっと家庭教師をつけて週2~3回授業して覚えていきましたね」<br><br>動画の最後には、3人の後輩たちにドイツ語の&ldquo;授業&rdquo;を行った長谷部。鎌田から「全然ご飯に連れてってくれない」と暴露されていたが、後輩たちのために丁寧なアドバイスは欠かさないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

関西のオバチャンか! 長谷部出場DFBポカール準々決勝で主審が試合中に「選手に飴ちゃんいる?」

▽今月7日に行われたDFBポカール準々決勝、フランクフルトvsマインツで主審を務めたデニス・アイテキン氏のある行動が大きな話題となっている。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽フランクフルトMF鎌田大地、マインツFW武藤嘉紀は欠場したものの、フランクフルトMF長谷部がフル出場した同試合は、ホームのフランクフルトが3-0で快勝しベスト4進出を決めていた。 ▽その一方で、同試合の立ち上がりには試合を裁いたアイテキン氏によるお茶目な行動が話題を集めていた。試合序盤にアウェイのマインツサポーターはピッチに向けて一斉に小さな物体を投げ入れていた。この投擲物の確認しに行ったアイテキン氏は、それがキャンディであることを確認した。 ▽そして、同主審は事もあろうに衛生面の不確かなそのキャンディを口に入れて、それが本物のキャンディであることを確認。さらに、近くにいたフランクフルトMFマリウス・ヴォルフ、マインツMFナイジェル・デ・ヨングに対しても、「このアメいる?」と勧めていた。 ▽アイテキン氏は一連のやり取りを以下のように振り返っている。 「マインツの観客席から、何かがまとめてピッチに投げ込まれたのが見えたんだ。最初はゴミか何かだと思ったが、そこにいたマインツのファンはとても楽しんでいる感じだった。それで試合を一旦ストップして、投げ込まれたコーナーへと向かった。何が起こっているのか知りたかったんだ」 「確認するため、試しに口に入れてみたよ。それは食べたことのあるキャンディだった。うちの子供も食べているもので、レモン味を舐めたよ」 「(選手に勧めるも拒否された件に関して)たぶん、そんなことを言われるなんて想像していなかったんじゃないかな。通常、主審からもらえるのは、イエローカードかレッドカードで、キャンディではないからね。ただ、私にとってもこれは初めての出来事だったよ」 ▽190cmを超える長身に加え、強面のアイテキン氏は国際サッカー連盟(FIFA)の主要大会でも笛を吹くドイツ屈指のレフェリーだ。そのアイテキン氏の衛生面を顧みない破天荒な味見、関西のオバチャンばりの「兄ちゃん、飴ちゃんいるか?」の発言に、多くのブンデスリーガファンはより親近感を覚えたことだろう。 2018.02.14 02:47 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース