レーティング:ビルバオ 1-2 レアル・マドリー《リーガエスパニョーラ》2017.03.19 02:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、ビルバオvsレアル・マドリーが18日にサンマメス・バリアで行われ、アウェイのマドリーが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ビルバオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 アリザバラガ 5.5
2失点共に責任なし。幾度か好守を見せた

DF
18 デ・マルコス 6.0
堅実な守備に加え、精度の高いキックやタイミングの良い攻め上がりで攻撃にも貢献

27 ジェライ・アルバレス 5.0
1失点目では1人だけラインを上げられず、失点に関与。やや食い気味な守備でバタ付いた

4 ラポルテ 5.5
スピードのなさを冷静なポジショニングでカバー。繋ぎの精度も上々

24 バレンシアガ 6.0
ベイルを封じつつ、要所で効果的に攻め上がった

MF
11 イニャキ・ウィリアムズ 6.0
前半はやや目立たなかったが、後半はマルセロを翻弄して同点ゴールの起点になった

8 イトゥラスペ 5.5
攻守に戦う姿勢をみせ、及第点の出来

22 ラウール・ガルシア 6.5
空中戦で圧倒的な強さを発揮し、1アシストなど攻撃の中心を担った

(→スサエタ -)

7 ベニャト 5.5
プレースキックの場面など、持ち味のキック精度は見せた

(→ミケル・リコ -)

15 レクエ 5.5
前半は攻撃面で起点となったが、決定的な仕事に絡めず

(→ムニアイン 5.0)
消極的なプレーが多く、レクエと比べて仕事量は少なかった

FW
20 アドゥリス 6.0
同点ゴールを記録するなど、相手に一定の脅威を与えた

監督
バルベルデ 5.5
善戦も交代策が全く機能しなかった点はマイナス

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 6.0
やや自信を失っている印象もあったが、後半のビッグセーブで勝利に貢献

DF
2 カルバハル 6.0
流れてくるラウール・ガルシアの空中戦に苦戦も、攻守に及第点以上

6 ナチョ 6.0
空中戦で大苦戦もミスの少ない守備で耐え切った

4 セルヒオ・ラモス 6.0
アドゥリスとラウール・ガルシアとの空中戦で唯一互角に競り合えていた

12 マルセロ 5.5
後半は対面のウィリアムズに翻弄されたが、大崩れはしなかった

MF
19 モドリッチ 5.0
フィジカル重視の試合にうまく入り切れず、後半序盤に交代

(→L・バスケス 5.5)
最低限の仕事はこなしたが、レギュラー奪取に向けてアピールできず

14 カゼミロ 6.5
値千金の決勝弾を記録。空中戦以外の場面でソリッドな守備を見せた

8 クロース 5.5
プレースキックで見せ場は作ったが、やや競り合いを避けているような淡泊なプレーも散見

FW
11 ベイル 5.5
守備にまずまず貢献も、攻撃面で見せ場は少なかった

9 ベンゼマ 6.5
見事なフィニッシュで先制点を奪取。チャンスメークや守備でも貢献

(→モラタ -)

7 C・ロナウド 6.5
ゴールこそなかったが、2アシストで勝利に貢献

(→イスコ -)

監督
ジダン 6.0
システム変更直後に追いつかれたが、すぐに勝ち越した後は冷静に試合を運べた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ベンゼマ(レアル・マドリー)
▽決勝点を決めたカゼミロも見事だったが、前半に攻守に躍動したベンゼマをMOMに選出。とりわけ、攻撃面での気の利いたプレーが利いていた。

ビルバオ 1-2 レアル・マドリー
【ビルバオ】
アドゥリス(後20)
【レアル・マドリー】
ベンゼマ(前25)
カゼミロ(後23)

コメント

関連ニュース

thumb

サラー、母国の為にもマドリー移籍へ?! エジプトサッカー協会会長が後押し!

▽リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)のレアル・マドリー移籍を、同国サッカー協会会長が後押ししている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽2017年の夏にローマからリバプール入りしたサラーは、初年度である今シーズン序盤から出色のパフォーマンスを披露。14日に行われたプレミアリーグ第23節マンチェスター・シティ戦でも1ゴール1アシストを記録して無敗の首位クラブ撃破に貢献するなど、その輝きを日に日に増している。 ▽今シーズンここまで公式戦31試合24ゴール9アシストと得点に直結する部分に秀でているサラーには、得点力不足が課題とされているマドリー移籍の噂が浮上。具体的な報道はそれほど出ていないものの、エジプトサッカー協会のアニ・アボ・リダ会長が、同選手のマドリー移籍に期待を抱いていると語った。 「来シーズンから彼がレアル・マドリーでプレーする可能性がある。そして私は、スペインのクラブから真剣なオファーが届くことを期待しているよ。レアル・マドリーという世界的なクラブでエジプト人がプレーすることは、明らかにエジプトのサッカー界やスポーツ面に関して有益に思える」 2018.01.24 14:51 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベイルが輝きを放つ...最高の形で2018年をスタート

レアル・マドリーMFガレス・ベイルが、2018年を最高の形でスタートさせている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>ベイルは21日のリーガエスパニョーラ第20節デポルティボ戦(7-1)で2得点をマーク。新年が始まり、4試合出場(出場時間293分)で5得点とゴールを量産している。<br><br>2017年は負傷に苦しめられた。幾度となく戦線離脱を強いられ、終わってみればたった6ゴールしか記録できなかった。<br><br>だが今季のベイルは違う。序盤戦はこれまで同様負傷に悩まされたが、1月23日の時点で公式戦17試合に出場して9得点5アシストと十分な結果を残している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 23:01 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG次期監督人事、“3つの条件”に合致のジダン招へいか

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は、次期監督として、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督(45)の招へいを画策しているようだ。スペイン『Diario Sport』が報じた。 ▽PSGの現指揮官は、ウナイ・エメリ監督(46)。2戦合計1-6でバルセロナに敗れた昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦での屈辱的な敗北や、リーグ・アン逸冠の悪いイメージが先行し、来シーズン以降の去就は不透明な状況だという。 ▽そこで、候補に挙がっているのがジダン監督だ。今シーズンこそリーガエスパニョーラでの大きな出遅れで批判の矢面に立たされているものの、2016年1月にレアル・マドリーのトップチームを率いて以降、2度のCL制覇を含む8冠に貢献している。 ▽伝えられるところによれば、CL制覇を悲願とするPSGはそういった欧州での実績、有力タレントのマネジメント力、そしてフランス人指導者であることを理由に、ジダン監督の招へいプランを計画しているようだ。 ▽なお、ジダン監督とレアル・マドリーの現行契約は、2020年6月までとなっている。 2018.01.23 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

クルトワの選択…レアル・マドリーor PSG移籍か、世界最高給GKとして青に染まるか

▽ベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)にレアル・マドリーとパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を示しているようだ。ベルギー『HLN.be』が報じた。 ▽クルトワはチェルシーとの契約が来季限りとなっているが、ここまで契約延長のオファーを固辞しているとみられる。著名なベルギー人ジャーナリストであるクリストフ・テルール氏が『HLN.be』で伝えたところによれば、そのクルトワに対してレアル・マドリーとPSGが獲得を考慮しているという。 ▽レアル・マドリーに関しては、かねてからビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバガラの獲得が濃厚とみられていた。しかし22日、ビルバオはケパと2025年まで契約延長し、契約解除金を8000万ユーロ(約108億6400万円)に設定したと発表。これにより、レアル・マドリーは同選手狙いの考えを改め、クルトワに方向転換することを考慮しているとのことだ。ただ、ここまで具体的な提案をチェルシーに出すことはしていないという。 ▽一方のPSGもレアル・マドリーと同様に、クルトワに対する具体的な提案をしていない状況。FWネイマールを史上最高額の2億2200万ユーロで昨年の夏に引き抜いたPSGは、今シーズン終了後に現在モナコからレンタルしているFWキリアン・ムバッペを1億8000万ユーロで買い取る可能性があり、そこからクルトワも狙うとなると、ファイナンシャルフェアプレーに抵触する危険性があるため、二の足を踏んでいるという。 ▽なお、クルトワの契約延長交渉に苦戦しているチェルシーは、週給22万5000ユーロ(約3000万円)を超えるオファーを出している模様。この額はマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアを凌ぐ、GKとしては世界最高額となる給与とのことだ。 ▽クルトワの家族や子どもはマドリッドに住んでいるとのことで、レアル・マドリーから好条件のオファーが届けば理想的とみられているが、果たして今後どのような選択をするのだろうか 2018.01.23 19:44 Tue
twitterfacebook
thumb

CR7のユナイテッド復帰への影響は? サンチェスが背番号7着用へ

▽マンチェスター・ユナイテッド移籍決定のチリ代表FWアレクシス・サンチェスが背番号7を手にしたことで、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドの古巣復帰は立ち消えとなったかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ユナイテッドは22日、サンチェスが加入することを発表した。イギリス『デイリー・ミラー』や『マルカ』など複数メディアは、同選手の背番号がユナイテッドのスーパースター伝統の「7」になると報道。また、文面でのアナウンスこそ無いもののクラブ公式サイトもサンチェスが背番号7のユニフォームを手にしている姿の写真を掲載している。 ▽『マルカ』によれば、これにより囁かれていたC・ロナウドのユナイテッド復帰の噂は収束を迎えることになるという。C・ロナウドはユナイテッド在籍時代に「7」を着用しており、ポルトガル代表やマドリーでも長らく「7」を身に付けている。 ▽また、自身の個人ブランドにも『CR7』と銘打つなど「7」に対する想いは並外れたもの。ユナイテッドが背番号7をサンチェスに託すことを正式に発表すれば、それはC・ロナウドに対する“事実上の受け入れ拒否”となるかもしれない。 2018.01.23 18:30 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース