レーティング:ビルバオ 1-2 レアル・マドリー《リーガエスパニョーラ》2017.03.19 02:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、ビルバオvsレアル・マドリーが18日にサンマメス・バリアで行われ、アウェイのマドリーが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ビルバオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 アリザバラガ 5.5
2失点共に責任なし。幾度か好守を見せた

DF
18 デ・マルコス 6.0
堅実な守備に加え、精度の高いキックやタイミングの良い攻め上がりで攻撃にも貢献

27 ジェライ・アルバレス 5.0
1失点目では1人だけラインを上げられず、失点に関与。やや食い気味な守備でバタ付いた

4 ラポルテ 5.5
スピードのなさを冷静なポジショニングでカバー。繋ぎの精度も上々

24 バレンシアガ 6.0
ベイルを封じつつ、要所で効果的に攻め上がった

MF
11 イニャキ・ウィリアムズ 6.0
前半はやや目立たなかったが、後半はマルセロを翻弄して同点ゴールの起点になった

8 イトゥラスペ 5.5
攻守に戦う姿勢をみせ、及第点の出来

22 ラウール・ガルシア 6.5
空中戦で圧倒的な強さを発揮し、1アシストなど攻撃の中心を担った

(→スサエタ -)

7 ベニャト 5.5
プレースキックの場面など、持ち味のキック精度は見せた

(→ミケル・リコ -)

15 レクエ 5.5
前半は攻撃面で起点となったが、決定的な仕事に絡めず

(→ムニアイン 5.0)
消極的なプレーが多く、レクエと比べて仕事量は少なかった

FW
20 アドゥリス 6.0
同点ゴールを記録するなど、相手に一定の脅威を与えた

監督
バルベルデ 5.5
善戦も交代策が全く機能しなかった点はマイナス

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 6.0
やや自信を失っている印象もあったが、後半のビッグセーブで勝利に貢献

DF
2 カルバハル 6.0
流れてくるラウール・ガルシアの空中戦に苦戦も、攻守に及第点以上

6 ナチョ 6.0
空中戦で大苦戦もミスの少ない守備で耐え切った

4 セルヒオ・ラモス 6.0
アドゥリスとラウール・ガルシアとの空中戦で唯一互角に競り合えていた

12 マルセロ 5.5
後半は対面のウィリアムズに翻弄されたが、大崩れはしなかった

MF
19 モドリッチ 5.0
フィジカル重視の試合にうまく入り切れず、後半序盤に交代

(→L・バスケス 5.5)
最低限の仕事はこなしたが、レギュラー奪取に向けてアピールできず

14 カゼミロ 6.5
値千金の決勝弾を記録。空中戦以外の場面でソリッドな守備を見せた

8 クロース 5.5
プレースキックで見せ場は作ったが、やや競り合いを避けているような淡泊なプレーも散見

FW
11 ベイル 5.5
守備にまずまず貢献も、攻撃面で見せ場は少なかった

9 ベンゼマ 6.5
見事なフィニッシュで先制点を奪取。チャンスメークや守備でも貢献

(→モラタ -)

7 C・ロナウド 6.5
ゴールこそなかったが、2アシストで勝利に貢献

(→イスコ -)

監督
ジダン 6.0
システム変更直後に追いつかれたが、すぐに勝ち越した後は冷静に試合を運べた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ベンゼマ(レアル・マドリー)
▽決勝点を決めたカゼミロも見事だったが、前半に攻守に躍動したベンゼマをMOMに選出。とりわけ、攻撃面での気の利いたプレーが利いていた。

ビルバオ 1-2 レアル・マドリー
【ビルバオ】
アドゥリス(後20)
【レアル・マドリー】
ベンゼマ(前25)
カゼミロ(後23)

コメント

関連ニュース

thumb

ゴールを量産する機械...ひたすら得点を奪い続けるC・ロナウド

レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、絶好調だ。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>18日のリーガエスパニョーラ第33節でアスレティック・ビルバオと対戦したマドリー。C・ロナウドは87分に値千金の同点弾を挙げ、チームを敗戦から救った。これでC・ロナウドは12試合連続得点をマーク。およそ2カ月にわたり、ゴールを奪い続け、その間実に22得点を記録している。<br><br>C・ロナウドは今季公式戦34試合で42得点を挙げている。リーガエスパニョーラにおいては、バルセロナFWリオネル・メッシ(29得点)に次いで、24得点で得点ランクの2位に位置。シーズン序盤、不振に喘いだ男が、個人タイトル獲得を射程圏内としている。<br><br>先日、バイエルンMFハメス・ロドリゲスはC・ロナウドを「ゴールを量産する機械」だと表現していた。そのバイエルン戦を前に、マドリーのエースが調子を上げている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの連続ゴール記録はただの通過点?マルセロ「彼こそ世界最高の選手」

レアル・マドリーDFマルセロは、チームメイトであるFWクリスティアーノ・C・ロナウドの連続ゴール記録はまだまだ続くだろうと語った。<br><br>C・C・ロナウドは18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節アスレティック・ビルバオ戦に出場。本拠地サンティアゴ・ベルナベウで先制を奪われる展開となったが、試合終了間際にエースがヒールキックでゴールを決め、1-1の引き分けとなった。C・ロナウドはこの得点で、出場した試合での連続ゴール数を「12」に伸ばした。さらにこの12試合の間で、計22ゴールと驚異的なペースで得点を重ねている。<br><br>チームメイトであるDFマルセロは、エースの連続得点記録はまだまだ続くと、チャンピオンズリーグ準決勝バイエルン戦に向けた記者会見で語った。<br><br>「彼こそは世界最高の選手さ。僕たちは彼に絶大な信頼を置いている。もっと多くの点を決めることは間違いないよ。12試合連続ゴールも更新するだろうね」<br><br>また、CL準決勝前最後の試合で勝ち点3を奪うことができなかったことについては、次のようにコメントした。<br><br>「持っているすべての力を出したさ。先制点を奪われたことが状況を難しくしてしまったけど、僕たちはボールを支配して、勝利にこだわった。チャンピオンズリーグとは異なると言っているんじゃないよ。たった1試合で自信を失ってはいけないんだ。僕たちは勝つために全力を尽くした。3ポイントを獲得したかったけど、引き分けが僕たちの自信を奪うわけではないさ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダン、出場機会が減っているベイルとの確執を否定「25人のうちの1人」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、確執がうわさされているMFガレス・ベイルとの間に問題はないと主張した。<br><br>レアルは18日、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでリーガ・エスパニョーラ第33節アスレティック・ビルバオと対戦。前半14分にアウェーのビルバオに先制を許す苦しい展開となったものの、試合終了間際にエースのクリスティアーノ・ロナウドが同点弾を決め、1-1の引き分けとなった。<br><br>この日ベンチスタートとなったベイルは、1点を追う後半24分にFWカリム・ベンゼマと交代でピッチに入るも得点に絡むことはできなかった。<br><br>ウェールズ代表FWはCL準々決勝ユヴェントス戦とのセカンドレグでも前半のみで交代。前節のマラガ戦でもメンバーから外れており、確執について問われた指揮官は次のようにコメントした。<br><br>「何も問題はない。彼は25人の選手のうちの1人だ。今日は出場しなかったが、他の選手たちが出場し、いいプレーを見せた。君たちは同じ質問を何度も聞いてくるが私の答えは変わらない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

エル・クラシコの開催日時が決定! イニエスタ最後のクラシコか…

▽リーガエスパニョーラ第36節バルセロナvsレアル・マドリーの“伝統の一戦”は、日本時間5月6日の27:45にキックオフを迎えることが決定した。 ▽第33節を終えた時点で首位のバルセロナ(勝ち点83)と2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差は「12」となっており、アトレティコが1試合未消化ながらもバルセロナの2シーズンぶりのリーガ優勝はほぼ待ったなしの様相を呈している。 ▽そんな中行われる今回のエル・クラシコ。マドリー(勝ち点68)も現在3位に位置しており、優勝の行方を大きく左右するものではないが、幾つか注目すべき点がある。 ▽ひとつはバルセロナの無敗優勝を阻止できるかという点だ。現時点で25勝8分無敗と無類の強さを誇るバルセロナ。マドリーと当たる前に敗れる可能性はなくもないが、それまでの日程を考えると、やはりバルセロナに土をつけられるのはマドリーしかいない。しかし、マドリーはクラシコの前にチャンピオンズリーグ準決勝バイエルン戦を控えている。第2戦を戦って中4日の対戦となる中でバルセロナをどこまで苦しめられるだろうか。 ▽一方、バルセロナはMFアンドレス・イニエスタの最後のクラシコと見込まれている。中国行きが報じられているチームのバンディエラに、本拠地カンプ・ノウで勝利の花束を捧げたい。 ▽世界が注目する“エル・クラシコ”。今回も伝統の一戦に刮目だ。 2018.04.19 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンOBがC・ロナウドに懇願?「本来であれば違いをつくる選手だが...」

元バイエルン・ミュンヘンのローター・マテウス氏が、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドにあるお願いをしている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でレアル・マドリーと対戦する。この試合で、バイエルンが注意すべきは今季のCLで15得点を挙げて得点ランク首位に立つC・ロナウドだ。<br><br>マテウス氏は、決戦を前に次のように話している。スペイン『EFE通信』がコメントを伝えた。<br><br>「バイエルンには偉大な選手が揃っているし、大きなスピリットがある。だがレアル・マドリーは素晴らしいチームだ。それだけではない。ロナウドという違いをつくる選手がいる。ただ、バイエルン戦では違いをつくらないでほしいね」<br><br>「レアル・マドリーがバイエルンより優れているとは言えないだろう。両チームともに、フットボールで歴史を築いてきた。最終的にはチームスピリットが結果を左右するかもしれないね」<br><br>マドリーは準々決勝で&rdquo;疑惑のPK&rdquo;により、ユベントスを下している。マテウス氏は一連の騒動にも触れた。<br><br>「あのPKは、吹く審判もいれば、吹かない審判もいるだろう。チャンピオンズリーグの準々決勝、準決勝、決勝というのは、ディテールで決まってしまう。フットボールは不条理なんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 13:50 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース