超ワールドサッカー

レーティング:ビルバオ 1-2 レアル・マドリー《リーガエスパニョーラ》2017.03.19 02:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、ビルバオvsレアル・マドリーが18日にサンマメス・バリアで行われ、アウェイのマドリーが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ビルバオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 アリザバラガ 5.5
2失点共に責任なし。幾度か好守を見せた

DF
18 デ・マルコス 6.0
堅実な守備に加え、精度の高いキックやタイミングの良い攻め上がりで攻撃にも貢献

27 ジェライ・アルバレス 5.0
1失点目では1人だけラインを上げられず、失点に関与。やや食い気味な守備でバタ付いた

4 ラポルテ 5.5
スピードのなさを冷静なポジショニングでカバー。繋ぎの精度も上々

24 バレンシアガ 6.0
ベイルを封じつつ、要所で効果的に攻め上がった

MF
11 イニャキ・ウィリアムズ 6.0
前半はやや目立たなかったが、後半はマルセロを翻弄して同点ゴールの起点になった

8 イトゥラスペ 5.5
攻守に戦う姿勢をみせ、及第点の出来

22 ラウール・ガルシア 6.5
空中戦で圧倒的な強さを発揮し、1アシストなど攻撃の中心を担った

(→スサエタ -)

7 ベニャト 5.5
プレースキックの場面など、持ち味のキック精度は見せた

(→ミケル・リコ -)

15 レクエ 5.5
前半は攻撃面で起点となったが、決定的な仕事に絡めず

(→ムニアイン 5.0)
消極的なプレーが多く、レクエと比べて仕事量は少なかった

FW
20 アドゥリス 6.0
同点ゴールを記録するなど、相手に一定の脅威を与えた

監督
バルベルデ 5.5
善戦も交代策が全く機能しなかった点はマイナス

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 6.0
やや自信を失っている印象もあったが、後半のビッグセーブで勝利に貢献

DF
2 カルバハル 6.0
流れてくるラウール・ガルシアの空中戦に苦戦も、攻守に及第点以上

6 ナチョ 6.0
空中戦で大苦戦もミスの少ない守備で耐え切った

4 セルヒオ・ラモス 6.0
アドゥリスとラウール・ガルシアとの空中戦で唯一互角に競り合えていた

12 マルセロ 5.5
後半は対面のウィリアムズに翻弄されたが、大崩れはしなかった

MF
19 モドリッチ 5.0
フィジカル重視の試合にうまく入り切れず、後半序盤に交代

(→L・バスケス 5.5)
最低限の仕事はこなしたが、レギュラー奪取に向けてアピールできず

14 カゼミロ 6.5
値千金の決勝弾を記録。空中戦以外の場面でソリッドな守備を見せた

8 クロース 5.5
プレースキックで見せ場は作ったが、やや競り合いを避けているような淡泊なプレーも散見

FW
11 ベイル 5.5
守備にまずまず貢献も、攻撃面で見せ場は少なかった

9 ベンゼマ 6.5
見事なフィニッシュで先制点を奪取。チャンスメークや守備でも貢献

(→モラタ -)

7 C・ロナウド 6.5
ゴールこそなかったが、2アシストで勝利に貢献

(→イスコ -)

監督
ジダン 6.0
システム変更直後に追いつかれたが、すぐに勝ち越した後は冷静に試合を運べた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ベンゼマ(レアル・マドリー)
▽決勝点を決めたカゼミロも見事だったが、前半に攻守に躍動したベンゼマをMOMに選出。とりわけ、攻撃面での気の利いたプレーが利いていた。

ビルバオ 1-2 レアル・マドリー
【ビルバオ】
アドゥリス(後20)
【レアル・マドリー】
ベンゼマ(前25)
カゼミロ(後23)

コメント

関連ニュース

thumb

“フェノーメノ”ロナウド、マドリー退団は自分の意思に反していたことを明らかに メッシvsC・ロナウドについても言及

▽元ブラジル代表FWロナウド氏が、レアル・マドリー退団は自分の意思に反していたことを明らかにした。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ロナウド氏は、1993年にブラジルのクルゼイロでプロデビューすると、その1年後に渡欧し、PSVやバルセロナ、インテルでプレーした。2002年にマドリーに加入すると、4年半の在籍期間の間に127試合に出場し、83得点を記録。圧倒的な瞬発力と決定力を備え、そのプレースタイルから“フェノーメノ”(超常現象の意)の愛称で呼ばれてきた。 ▽2007年にマドリーからミランに移籍した際、ロナウド氏は、マドリー退団は自分の意思ではなかったことを『FOX SPORTS』のインタビューで語った。 「私は去りたくなった。当時はカペッロ(監督)との間に多くの問題を抱え始めていた。もし私が100グラムほど体重が増えてしまえば、彼は私をチームから外していただろう。私は寛容な人間だ。どんな意見も理解したいんだ。しかし彼とはそれが出来なかった」 「私は監督という立場を理解している。しかしフットボールの世界では時に、100グラムや200グラム増えたところで何も変わらないことだってあるんだよ」 「普通は変わるかもしれないが、私は違った。もっとやれたのに、彼はそれを出させてくれなかった」 ▽また、ロナウド氏は今季のバロンドールについて、そして永遠の議題である『メッシvsC・ロナウド』についても言及した。 「私はクリスティアーノ(・ロナウド)を選ぶよ。この2年間の彼の功績は疑う余地がない。チャンピオンズリーグのほとんどの試合で彼はキープレーヤーだった。そして彼は決勝戦を戦う」 「二人とも素晴らしいよ。私はメッシがボールを持っているところが大好きだし、得点するところも大好きだ。彼のどんなプレーもね。しかしクリスティアーノの数字も無視できない」 「無慈悲な比較だ。両者とも尊敬に値するよ」 2017.05.29 16:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴァラン、ビッグクラブが狙うムバッペについて「今度レアル移籍について話し合う」

レアル・マドリーに所属するフランス代表のDFラファエル・ヴァランは、モナコのキリアン・ムバッペがクラブでも同僚となることを望むとフランス『テレフット』に語っている。<br><br>今シーズン、リーグ・アン29試合で15ゴールをマークし、チャンピオンズリーグでも9試合で6ゴールを挙げるなど、センセーショナルな活躍を見せるムバッペは、将来のスター候補の一人として評価を集めている。そして今夏、同選手の獲得に向けて、レアル・マドリーを含める多くのビッグクラブが熱視線を送っているとされる。<br><br>フランス代表でチームメイトのヴァランは「ムバッペは大きな可能性を持った優秀な若手選手だ。ここで彼とプレーできれば嬉しい限りだ。それに彼はフランス人だ。だからいつでも歓迎される。僕は彼とこのことについて今度話をするよ」と、フランス代表の新星がスペインの首都クラブを選んでほしいと語った。<br><br>また、2012年以来のリーガ制覇と2年連続でチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献したクリスティアーノ・ロナウドが5度目のバロンドールに近づく一方で、決勝の相手ユベントスのジャンルイジ・ブッフォンの受賞を後押しする声も多い。ヴァランは、さまざまな記録を打ち立ててきた両選手を絶賛している。<br><br>「彼らは偉大で、歴史を作った。次の試合は今年のバロンドールに大きな影響を及ぼすと思う。フットボール界を席捲しているロナウドとプレーできて、僕はラッキーだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.29 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ハメス争奪戦へ参戦!! 52億円オファーでユナイテッドをけん制!?

▽インテルは、レアル・マドリーの10番獲得へ向けて、マンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦に乗り出した。スペイン『アス』がイタリア『スポルト・イタリア』を引用して伝えている。 ▽報道によるとインテルは25日、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス獲得へ向けて、交渉を始めたようだ。同クラブは手始めに4200万ユーロ(約52億3000万円)のオファーを提示したという。 ▽レアル・マドリーは2014年当時、モナコから8000万ユーロ(約99億6000万円)でハメス・ロドリゲスを獲得。それ以上の額で売却をする思惑を持っていると言われており、インテルの提示額では遠く及ばない状況となっている。 ▽提示額では大きく差が開いているインテルだが、今回の動きはハメス・ロドリゲスの移籍先として最有力候補に挙げられる、マンチェスター・ユナイテッドをけん制する目的が大きいようだ。提示額に関係なく、ユナイテッドよりも先に交渉の場に付くことで、インテルはアドバンテージを得ようとしている。 ▽さらに、インテルは昨夏にもハメス・ロドリゲス獲得の交渉を行っており、その際、オーナーが用意した金額は8500万ユーロ(約105億8000万円)と言われている。クラブ間での合意は達成されたが、選手本人との合意に至らず、交渉は決裂した。破談にはなったが、マドリーの合意する条件は把握済み。マドリーも、交渉の意思があるというわけだ。 2017.05.28 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、CL決勝で堅守のユベントス撃破に自信「弱点は常にある」

チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦に臨むレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスの弱点はわかっていると話し、自信を示した。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>6月3日にチャンピオンズリーグ決勝が行われ、欧州の2016-17シーズンはクライマックスを迎える。激突するのはC・ロナウドを中心とした攻撃に強みを持つレアル・マドリーと、ジャンルイジ・ブッフォン擁する堅守で勝ち上がってきたユベントスだ。ロナウドはユベントスのクオリティを称賛しながら、撃破に自信を見せている。<br><br>「ユベントスが素晴らしいチームであることは、セリエA、コッパ・イタリアの優勝で証明されている。アトレチコ・マドリーのようなチームだね」<br><br>「彼らは優れた守備を持つが、常に弱点があるし、そこを攻撃する方法を見つける必要があるね」<br><br>また、CL史上初の連覇にも意欲を見せた。<br><br>「全員が歴史を作りたいと考えているはずだ。それは特権だからね。とても難しいことはわかっているけど、僕らはマドリーで、優勝が現実的であることもわかっている」<br><br>「決勝は準決勝のアトレティコ戦に似ている。両チームとも相手のミスを活かそうとしてくる。選手やファンにとっても素晴らしい試合になると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン「C・ロナウドは休みながらプレーする段階となった」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が『UEFA.com』とのインタビューで、FWクリスティアーノ・ロナウドに頻繁に休みを与えている理由を説明した。<br><br>これまで、負傷している時期以外はほぼすべての試合に出場してきたC・ロナウドだが、今季に入ってからアウェイ戦を中心として欠場する試合が増えた。ジダン監督は、その理由を次のように説いている。<br><br>「何回も話し合って決断したことだ。我々は賢明になろうとしているが、ときには出場機会を減らすことも大切となる。彼はフィジカルに問題を抱えているわけではない。そうではなく、彼がシーズン終了まで万全な形でプレーすることを求めたんだ」<br><br>「C・ロナウドはここまで、毎シーズン60~70試合でプレーしてきた。そうやって蓄積されてきたことがあり、一息入れる段階を迎えたんだ」<br><br>今季休みながら終盤までたどり着いたC・ロナウドは、ここ9試合で13得点を記録するなど好調。ジダン監督は、ポルトガル代表FWが重要な存在であり続けていることを強調した。<br><br>「C・ロナウドの存在を正当化する必要などない。彼はピッチ上ですべてを可能にすることを示している。ゴールに関しては、レアル・マドリーの公式戦400点以上を決めているんだよ。それは驚異的な数字だ。彼がいれば、すべてが可能となる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 23:58 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース