ベンゼマ&カゼミロ弾で難所サン・マメス攻略のマドリーが3連勝で首位堅持!《リーガエスパニョーラ》2017.03.19 02:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、ビルバオvsレアル・マドリーが18日にサン・マメス・バリアで行われ、アウェイのマドリーが2-1で勝利した。

▽前節ベティスに辛勝したレアル・マドリー(勝ち点62)は、1試合消化試合が少ない中で、再びバルセロナ(勝ち点60)を抜き首位に返り咲いた。リーグ3連勝で首位固めといきたい今節は、ヨーロッパのコンペティション出場圏内浮上を目指す7位ビルバオとの難しいアウェイゲームに臨んだ。

▽前節、ソシエダとの“バスク・ダービー”に完勝するなど、2連勝で勢いに乗る難敵との一戦に向けては、出場停止明けのベイルが先発に復帰し、クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマと共に“BBC”を構成。また、セルヒオ・ラモスの相棒にナチョを起用した以外、ベストメンバーが揃った。

▽立ち上がりからエンジン全開のビルバオが、予想外に押し込む入りとなる。開始7分には右サイドに流れたアドゥリスの浮き球クロスをラウール・ガルシアが頭で合わせる。これをGKケイロル・ナバスが弾き切れずにこぼすが、戻ったDFが何とかかき出した。さらに、15分にはFKの流れからボックス右でラウール・ガルシアが頭で折り返したボールを中央でフリーのジェライ・アルバレスがワンタッチで押し込みにかかるが、このシュートは枠の右に外れる。

▽一方、押し込まれる入りとなったマドリーは9分、ベンゼマとのパス交換でボックス右に抜け出したカルバハルのラストパスをC・ロナウドが流し込むが、わずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。続く16分にはベンゼマの絶妙なスルーパスに抜け出したC・ロナウドがボックス内でシュートを狙うが、ここは相手GKの好守に阻まれた。さらに19分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でクロースとセルヒオ・ラモスのホットライン開通も、シュートは枠の右に外れた。

▽立ち上がりからオープンな攻防が続く中、先にゴールをこじ開けたのはアウェイのマドリー。25分、カゼミロのフィードに抜け出したC・ロナウドが左サイドを持ち上がってマイナスの折り返しを中央に走り込むベンゼマに送る。目の前でDFがスライディングしたうえ、難しいバウンドとなったが、ベンゼマは見事なコーディネーションから右足のボレーで流し込んだ。

▽ベンゼマのゴラッソで均衡が破れた試合は、ここから球際でバチバチぶつかり合う展開となり、互いにヒートアップして小競り合いを起こすなど、激しい展開となる。その流れの中で互いにカウンターを打ち合うが、決定機には至らず、前半はマドリーの1点リードで終了した。

▽迎えた後半もホームのビルバオが積極的な入りを見せる。右サイドを破ったイニャキ・ウィリアムズの折り返しを、DF2枚に競り勝ったアドゥリスが頭で合わせるが、枠の右隅を捉えたボールはGKナバスとDFセルヒオ・ラモスが何とか弾き出す。

▽後半に入って苦戦が続くマドリーは、やや攻守に精彩を欠いたモドリッチを下げて62分にルーカス・バスケスを投入。この交代でシステムを[4-4-2]に変更し、右サイドハーフにバスケス、左サイドハーフにベイルが入った。

▽一方、後半に入ってウィリアムズの右サイドを起点に攻勢を見せていたビルバオは、65分に追いつく。右サイドでDFマルセロをかわしたウィリアムズのクロスをファーサイドでラウール・ガルシアが頭で折り返すと、これをゴール前で待ち構えていたアドゥリスが難なく頭で押し込んだ。

▽守備的な選手交代を行った直後に試合振り出しに戻されたマドリーだったが、失点からわずか3分後に勝ち越しに成功する。右CKの場面でクロースの入れたボールをニアに飛び込んだC・ロナウドが頭でフリック。これがファーサイドでドフリーのカゼミロの足元に入ると、難なく無人のゴールへ流し込んだ。

▽カゼミロの値千金の勝ち越しゴールで再びリードを手にしたマドリーだが、その後も相手の勢いに押される苦しい展開が続く。77分には右サイドで仕掛けたウィリアムズにニアポストを狙ったシュートを許すが、ここはGKケイロル・ナバスが見事なセーブで阻む。

▽その後、79分にC・ロナウド、85分にベンゼマを下げて、フレッシュなイスコとモラタを投入して逃げ切りを図るマドリーは、試合終盤の相手のパワープレーを危なげなく跳ね返し続け、敵地で2-1の勝利。難所サン・マメスでの難しいアウェイゲームで勝ち切ったマドリーが、リーグ戦3連勝で首位キープに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー寄りのマルカも決定力不足ディスる…「マドリー全員でメッシ一人分」

▽74戦ぶりの無得点に終わりホームで痛恨の敗戦を喫したレアル・マドリーに、地元紙もお手上げのようだ――。 ▽昨シーズンの王者であるレアル・マドリーだが、開幕から4試合を終えて2勝2分けと勝ち点の取りこぼしが目立つ。さらにその4試合で総得点は9得点であり、サポーターを始め各メディアも物足りなさを伝えていた。 ▽20日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のベティス戦では、レフェリーへの暴力行為により出場停止処分となっていたエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが復帰。サンチャゴ・ベルナベウでのゴールラッシュが期待されたが、74試合ぶりに無得点に終わり後半アディショナルタイムの失点で0-1の敗戦となった。 ▽普段、マドリー寄りのスペイン『マルカ』も同チームの得点力不足について言及している。ライバルであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが好調であることを引き合いに出し、同選手のここまでの得点数(9ゴール)とマドリーのチーム総得点数(9ゴール)が同じだと指摘。次節にはメッシ一人にマドリーが打ち負かされるのではないかと報じていた。 ▽なお、開幕から5連勝と勢いに乗るバルセロナは次節、アウェイでジローナと対戦。勝ち点7差で追いかける7位のマドリーは同日にアウェイでアラベスと対戦する。『マルカ』が報じるように、マドリーはメッシ一人の得点力にやられてしまうのだろうか? 週末の見どころの一つとしてみてはいかがだろう。 2017.09.21 10:17 Thu
twitterfacebook
thumb

痛恨の無得点敗戦にジダンがぼやく「今日はボールが入りたがらなかった」

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、20日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のベティス戦を振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの出場停止が明け、ほぼベストメンバーを揃えて臨んだジダン監督だったが、チームは再三再四の決定機を決めきれず。 ▽すると後半アディショナルタイムに痛恨の被弾。そのまま試合は終了し、今季のリーグ戦でのホームゲーム3試合目で初勝利はおろか、初黒星を喫した。さらに公式戦74戦ぶりに無得点となりブラジルのレジェンドであるペレ氏が、サントスに所属していた1961年~1963年の間に樹立した記録の更新は達成されなかった。 ▽試合を振り返ったジダン監督は多くのチャンスを作りながらも、無得点での敗戦に落胆している。 「本当に悪い結果だが、これがフットボールだと思う。今日はボールが入りたがらなかった。そういう時には起こってしまうことだ。試合を通しても良い戦いができていたが、後半から少し焦りがあったかもしれない」 「このホームで26から27ほどのチャンスがあった中で、決めきれなかった。非常に残念なことだが、私自身は穏やかだ」 2017.09.21 09:43 Thu
twitterfacebook
thumb

痛恨AT被弾でマドリーがホームでまさかの今季初黒星…74戦ぶり無得点で新記録更新ならず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、レアル・マドリーvsベティスが20日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのベティスが1-0で勝利した。 ▽主力不在の中、伏兵FWマジョラルの2ゴールに絡む活躍で難所アノエタ攻略に成功し3試合ぶりの白星を手にしたマドリーは、今季リーグ戦初勝利を目指すサンティアゴ・ベルナベウでベティスを迎え撃った。今回の一戦に向けては、スーペル・コパ1stレグでの出場停止処分で開幕4試合を欠場したFWクリスティアーノ・ロナウドが今季リーグ初先発を飾り、負傷のベンゼマを除き今季初めてベストメンバーが揃った。 ▽また、リーガエスパニョーラ第4節終了時点で、公式戦73試合連続得点中のマドリーは、ブラジルのレジェンドであるペレ氏が、サントスに所属していた1961年~1963年の間に樹立した記録と並び、歴代世界最多タイ。今節では単独での世界記録更新を狙った。 ▽C・ロナウドを最前線にイスコとベイルがウイングに入る[4-3-3]で試合に入ったマドリーだが、開始直後にサナブリア、カマラサにゴール前での決定機を許すなど、微妙な立ち上がりとなる。 ▽それでも、徐々に攻勢に転じたホームチームは、17分にはカゼミロのスルーパスに抜け出したモドリッチがサイドネットを叩くシュートを放つと、22分にも再びカルバハルからのクロスをゴール前に飛び込んだモドリッチがボレーで合わすが、今度はクロスバーの上を越えた。 ▽要所で相手のカウンターを浴びながらも個の力でゴールへ迫るマドリーは、C・ロナウドやイスコの決定的なシュートでゴールに迫るが、古巣対戦に燃えるGKアダンの再三の好守を前に前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 ▽迎えた後半もマドリーが押し込む入りとなるが、カルバハルのシュートがポストを叩くなど、なかなかボールがゴールネットに吸い込まれない。何とか選手交代で流れを変えたいジダン監督は、負傷したマルセロを含めモドリッチ、イスコを下げてアセンシオ、マジョラル、ルーカス・バスケスの若手3人を投入する。 ▽この交代でカゼミロを最終ラインに下げた攻撃的な3バックの布陣に代えたマドリーは、ここから猛攻を見せる。しかし、ベイルやマジョラルの決定機がことごとくGKアダンに阻まれ、ゴールが遠い。また、引き分けで良しとするベティスの時間稼ぎにイラ立ちを募らせるマドリーは、C・ロナウドやアセンシオが決定的な場面でシュートをふかすなど、厳しい状況が続く。 ▽すると、試合終了間際にかけてリスクを冒して先制点を目指したマドリーは、逆に痛恨のゴールを許すことに。94分、相手のカウンターから右サイドを攻め上がったバラガンの絶妙なクロスをゴール前でドフリーのサナブリアに頭で合わせられ、まさかの先制点を奪われた。 ▽そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今季のリーグ戦でのホームゲーム3試合目で初勝利はおろか、初黒星を喫することになったマドリーは、早くも連覇に向けて暗雲が漂い始めている。また、公式戦74戦ぶりに無得点となり、ペレ氏在籍時代のサントス超えの連続得点世界記録更新も逃した。 2017.09.21 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーがベンゼマと2021年までの契約延長で合意

▽レアル・マドリーは20日、フランス代表FWカリム・ベンゼマ(29)との契約延長で合意に至ったことを発表した。新たな契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽ベンゼマは、2009年にリヨンからマドリーに加入。これまで、マドリーでの公式戦では371試合に出場し182ゴール104アシストを記録。近年は、“BBC”の一角としてクリスティアーノ・ロナウドやガレス・ベイルとともに活躍を見せ、2015-16、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ連覇にも貢献していた。 ▽今シーズンは、ここまでリーガエスパニョーラで3試合に出場し1アシストを記録も、現在は負傷離脱している。 ▽なお、ベンゼマとの契約延長は、21日の現地時間14時に正式に発表されるとのことだ。 2017.09.20 21:29 Wed
twitterfacebook
thumb

出停明けC・ロナウドの得点で“ペレ越え”連続得点試合数「74」達成なるか

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、20日のベティス戦で出場停止を解かれ、リーガエスパニョーラに復帰する。クラブ公式サイト上で同選手のプレー動画が公開され、期待値の高さを伺わせた。 ▽C・ロナウドは、8月13日に行われたスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦に途中出場し、得点を上げたものの退場処分に。その流れの中で主審への乱暴行為が確認されたとして、5試合の出場停止処分を受けていた。この裁定により、C・ロナウドはスペインサッカー連盟(RFEF)主催の大会である、スーペル・コパ2ndレグ、リーガエスパニョーラ第1節~第4節までを欠場。チームもリーガ4節を終えて2勝2分けと、取りこぼしが目立っている。 ▽そして、リーガエスパニョーラ第5節のベティス戦で、C・ロナウドがついに復帰する。レアル・マドリーはこのタイミングで、同選手のプレー動画を公開。ジネディーヌ・ジダン監督が「彼のように多く得点する、決定的な選手は世界にほとんどいない」と語るように、リーガ通算で265試合286得点を誇るC・ロナウドが復帰することで、各紙より囁かれていた決定力不足という問題の解消に向けて、期待の大きさが読み取れる。 ▽また、レアル・マドリーは、リーガエスパニョーラ第4節終了時点で、公式戦73試合連続得点中だ。この数字は、ブラジルのレジェンドであるペレ氏が、サントスに所属していた1961年~1963年の間に樹立した記録と並び、歴代世界最多タイ。C・ロナウドが復帰するベティス戦で得点を奪うことができれば、単独での世界記録となる。 2017.09.20 17:11 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース