超ワールドサッカー

ベンゼマ&カゼミロ弾で難所サン・マメス攻略のマドリーが3連勝で首位堅持!《リーガエスパニョーラ》2017.03.19 02:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、ビルバオvsレアル・マドリーが18日にサン・マメス・バリアで行われ、アウェイのマドリーが2-1で勝利した。

▽前節ベティスに辛勝したレアル・マドリー(勝ち点62)は、1試合消化試合が少ない中で、再びバルセロナ(勝ち点60)を抜き首位に返り咲いた。リーグ3連勝で首位固めといきたい今節は、ヨーロッパのコンペティション出場圏内浮上を目指す7位ビルバオとの難しいアウェイゲームに臨んだ。

▽前節、ソシエダとの“バスク・ダービー”に完勝するなど、2連勝で勢いに乗る難敵との一戦に向けては、出場停止明けのベイルが先発に復帰し、クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマと共に“BBC”を構成。また、セルヒオ・ラモスの相棒にナチョを起用した以外、ベストメンバーが揃った。

▽立ち上がりからエンジン全開のビルバオが、予想外に押し込む入りとなる。開始7分には右サイドに流れたアドゥリスの浮き球クロスをラウール・ガルシアが頭で合わせる。これをGKケイロル・ナバスが弾き切れずにこぼすが、戻ったDFが何とかかき出した。さらに、15分にはFKの流れからボックス右でラウール・ガルシアが頭で折り返したボールを中央でフリーのジェライ・アルバレスがワンタッチで押し込みにかかるが、このシュートは枠の右に外れる。

▽一方、押し込まれる入りとなったマドリーは9分、ベンゼマとのパス交換でボックス右に抜け出したカルバハルのラストパスをC・ロナウドが流し込むが、わずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。続く16分にはベンゼマの絶妙なスルーパスに抜け出したC・ロナウドがボックス内でシュートを狙うが、ここは相手GKの好守に阻まれた。さらに19分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でクロースとセルヒオ・ラモスのホットライン開通も、シュートは枠の右に外れた。

▽立ち上がりからオープンな攻防が続く中、先にゴールをこじ開けたのはアウェイのマドリー。25分、カゼミロのフィードに抜け出したC・ロナウドが左サイドを持ち上がってマイナスの折り返しを中央に走り込むベンゼマに送る。目の前でDFがスライディングしたうえ、難しいバウンドとなったが、ベンゼマは見事なコーディネーションから右足のボレーで流し込んだ。

▽ベンゼマのゴラッソで均衡が破れた試合は、ここから球際でバチバチぶつかり合う展開となり、互いにヒートアップして小競り合いを起こすなど、激しい展開となる。その流れの中で互いにカウンターを打ち合うが、決定機には至らず、前半はマドリーの1点リードで終了した。

▽迎えた後半もホームのビルバオが積極的な入りを見せる。右サイドを破ったイニャキ・ウィリアムズの折り返しを、DF2枚に競り勝ったアドゥリスが頭で合わせるが、枠の右隅を捉えたボールはGKナバスとDFセルヒオ・ラモスが何とか弾き出す。

▽後半に入って苦戦が続くマドリーは、やや攻守に精彩を欠いたモドリッチを下げて62分にルーカス・バスケスを投入。この交代でシステムを[4-4-2]に変更し、右サイドハーフにバスケス、左サイドハーフにベイルが入った。

▽一方、後半に入ってウィリアムズの右サイドを起点に攻勢を見せていたビルバオは、65分に追いつく。右サイドでDFマルセロをかわしたウィリアムズのクロスをファーサイドでラウール・ガルシアが頭で折り返すと、これをゴール前で待ち構えていたアドゥリスが難なく頭で押し込んだ。

▽守備的な選手交代を行った直後に試合振り出しに戻されたマドリーだったが、失点からわずか3分後に勝ち越しに成功する。右CKの場面でクロースの入れたボールをニアに飛び込んだC・ロナウドが頭でフリック。これがファーサイドでドフリーのカゼミロの足元に入ると、難なく無人のゴールへ流し込んだ。

▽カゼミロの値千金の勝ち越しゴールで再びリードを手にしたマドリーだが、その後も相手の勢いに押される苦しい展開が続く。77分には右サイドで仕掛けたウィリアムズにニアポストを狙ったシュートを許すが、ここはGKケイロル・ナバスが見事なセーブで阻む。

▽その後、79分にC・ロナウド、85分にベンゼマを下げて、フレッシュなイスコとモラタを投入して逃げ切りを図るマドリーは、試合終盤の相手のパワープレーを危なげなく跳ね返し続け、敵地で2-1の勝利。難所サン・マメスでの難しいアウェイゲームで勝ち切ったマドリーが、リーグ戦3連勝で首位キープに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

デポルティボ、U-20W杯でシルバーボール獲得のU-20ウルグアイ代表MFバルベルデをレンタルで獲得!

▽デポルティボは22日、レアル・マドリー・カスティージャからU-20ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションは含まれていない。 ▽母国の名門、ペニャロールで輝きを放った守備的MFの逸材は、2016年にレアル・マドリーのリザーブチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャに加入。今季はリーグ戦30試合に出場し、3ゴールを挙げていた。 ▽また、今月11日まで韓国で開催されていたFIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017では、4位フィニッシュしたU-20ウルグアイ代表の中盤で絶大な存在感を放ち、大会で2番目に優秀な選手に与えられるシルバーボール賞を受賞していた。 2017.06.23 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“禁断の移籍”を果たしたフィーゴ氏、C・ロナウド退団騒動に「代えの利かない選手はいない」

元レアル・マドリーのルイス・フィーゴ氏が、FWクリスティアーノ・ロナウドの退団騒動に言及した。<br><br>今夏マドリーから移籍する可能性が盛んに報じられているC・ロナウド。2000年夏にバルセロナからマドリーに&ldquo;禁断の移籍&rdquo;を果たした過去があるフィーゴ氏はスペイン『Gol』のインタビューでポルトガル代表の後輩について次のように話している。<br><br>「クリスティアーノの移籍には、多くの要素が複雑に絡み合う。最終的には、個人的な決断だ。しかし私は難しいと思う」<br><br>「私の意見では、代えの利かない選手は存在しない。クリスティアーノに限った話ではない。ひとつのクラブは、一選手に依存するべきではない。もしそうなったとしたら、それは何かがうまくいっていないということだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 21:37 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ぺぺの退団でベンゼマが第4主将に...ジダンとぺレスは加入9年目の選手を信頼

レアル・マドリーFWカリム・ベンゼマにとって、2017-18シーズンは特別な1年になるかもしれない。<br><br>マドリーは6月30日に契約満了となるDFペペが退団に向かっている。これに伴い、2009年に同クラブに加入したベンゼマが第4キャプテンに就くことが濃厚となっている。<br><br>マドリーでは、トップチームでの在籍年数が多い順番にキャプテンが決まる。現在ではDFセルヒオ・ラモスが主将、DFマルセロが副将、FWクリスティアーノ・ロナウドが第3キャプテンを務めている。<br><br>だがC・ロナウドは今夏移籍の可能性が浮上している。C・ロナウドが移籍に傾いた場合、ベンゼマは一気に第3キャプテンまで&ldquo;昇任&rdquo;することになりそうだ。<br><br>ベンゼマに対するジネディーヌ・ジダン監督とフロレンティーノ・ぺレス会長の信頼は厚い。ジダン監督は今季得点数で上回るFWアルバロ・モラタ以上にベンゼマに信頼を寄せ、先発の座を与え続けていた。<br><br>その期待に応えるように、ベンゼマはチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、アトレティコ・マドリー戦で相手DF3人を抜き去る圧巻のプレーでMFイスコの貴重なゴールを引き出し、指揮官と会長、さらにマドリディスタの心をがっちりとつかんでいる。<br><br>&nbsp;<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーのペレス会長はモラタ放出を否定…「オファーはない」と主張

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はスペイン代表FWアルバロ・モラタへのオファーは届いていないと主張している。『OMNISPORT』が報じた。<br><br>モラタに関しては、レアル・マドリー退団が濃厚となっていると報じられており、代理人を務めるフアンマ・ロペス氏はマンチェスター・ユナイテッドからオファーが届いていることを示唆。去就はマドリーの決断次第だとされている。しかし、ペレス会長は「クリスティアーノ・ロナウドと話をする前にモラタの取り引きを終えるのか」と問われ、以下のように回答している。<br><br>「話をするかどうかという問題ではない。誰もモラタの退団を望んではいないし、彼はマドリーの選手だ。我々は彼に満足しているし、誰も彼が去ることを考えてはいない。7500万ユーロ(約93億円)での移籍が合意したとどこかの新聞で読んだが、どこからもオファーは受けていないし、誰もモラタについての話はしていない」<br><br>レアル・マドリーではモラタ以外にも、クリスティアーノ・ロナウドやハメス・ロドリゲスの退団報道が過熱している。史上初のチャンピオンズリーグ連覇を達成し、5季ぶりにリーガ・エスパニョーラを制したレアル・マドリーは、どんな陣容で来季を迎えることになるのだろうか。今夏の移籍市場での動向に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 21:23 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、移籍金246億円をC・ロナウド獲得に向けて準備か...レアル会長はコンフェデ杯後に“運命の"会合を予定

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、コンフェデレーションズカップ後に、フロレンティーノ・ぺレス会長と会合を開くようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>今夏のマドリー退団を検討しているといわれるC・ロナウド。行き先は2003年から2009年まで在籍したマンチェスター・ユナイテッドが濃厚だとされてきたが、ジョゼ・モウリーニョ監督はポルトガル代表FW獲得に難色を示しており、古巣復帰の可能性は非常に低くなりつつある。<br><br>ユナイテッドは、移籍金と年俸を含め4億ユーロ(496億円)が必要とみられるオペレーションを前に、C・ロナウド獲得レースからの撤退を決断した模様だ。だが巨額の資金を必要としても、獲得を試みるクラブはまだ存在する。パリ・サンジェルマン(PSG)である。<br><br>現在ポルトガル代表としてコンフェデ杯に参加しているC・ロナウドは、同大会後にマドリーのぺレス会長と会合を開く予定だ。この会合でぺレス会長がC・ロナウドを説き伏せられるかどうか、両者にとって&ldquo;運命の&rdquo;話し合いとなりそうだ。<br><br>C・ロナウドはこの重要なコンタクトを前に、PSGのオファーを携えて臨むとされている。PSGのオファーは現時点で定かになっていないが、2億ユーロ(約248億円)以上を提示されればマドリーがC・ロナウドの慰留に努めるのは難しいとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 18:56 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース