ベンゼマ&カゼミロ弾で難所サン・マメス攻略のマドリーが3連勝で首位堅持!《リーガエスパニョーラ》2017.03.19 02:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、ビルバオvsレアル・マドリーが18日にサン・マメス・バリアで行われ、アウェイのマドリーが2-1で勝利した。

▽前節ベティスに辛勝したレアル・マドリー(勝ち点62)は、1試合消化試合が少ない中で、再びバルセロナ(勝ち点60)を抜き首位に返り咲いた。リーグ3連勝で首位固めといきたい今節は、ヨーロッパのコンペティション出場圏内浮上を目指す7位ビルバオとの難しいアウェイゲームに臨んだ。

▽前節、ソシエダとの“バスク・ダービー”に完勝するなど、2連勝で勢いに乗る難敵との一戦に向けては、出場停止明けのベイルが先発に復帰し、クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマと共に“BBC”を構成。また、セルヒオ・ラモスの相棒にナチョを起用した以外、ベストメンバーが揃った。

▽立ち上がりからエンジン全開のビルバオが、予想外に押し込む入りとなる。開始7分には右サイドに流れたアドゥリスの浮き球クロスをラウール・ガルシアが頭で合わせる。これをGKケイロル・ナバスが弾き切れずにこぼすが、戻ったDFが何とかかき出した。さらに、15分にはFKの流れからボックス右でラウール・ガルシアが頭で折り返したボールを中央でフリーのジェライ・アルバレスがワンタッチで押し込みにかかるが、このシュートは枠の右に外れる。

▽一方、押し込まれる入りとなったマドリーは9分、ベンゼマとのパス交換でボックス右に抜け出したカルバハルのラストパスをC・ロナウドが流し込むが、わずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。続く16分にはベンゼマの絶妙なスルーパスに抜け出したC・ロナウドがボックス内でシュートを狙うが、ここは相手GKの好守に阻まれた。さらに19分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でクロースとセルヒオ・ラモスのホットライン開通も、シュートは枠の右に外れた。

▽立ち上がりからオープンな攻防が続く中、先にゴールをこじ開けたのはアウェイのマドリー。25分、カゼミロのフィードに抜け出したC・ロナウドが左サイドを持ち上がってマイナスの折り返しを中央に走り込むベンゼマに送る。目の前でDFがスライディングしたうえ、難しいバウンドとなったが、ベンゼマは見事なコーディネーションから右足のボレーで流し込んだ。

▽ベンゼマのゴラッソで均衡が破れた試合は、ここから球際でバチバチぶつかり合う展開となり、互いにヒートアップして小競り合いを起こすなど、激しい展開となる。その流れの中で互いにカウンターを打ち合うが、決定機には至らず、前半はマドリーの1点リードで終了した。

▽迎えた後半もホームのビルバオが積極的な入りを見せる。右サイドを破ったイニャキ・ウィリアムズの折り返しを、DF2枚に競り勝ったアドゥリスが頭で合わせるが、枠の右隅を捉えたボールはGKナバスとDFセルヒオ・ラモスが何とか弾き出す。

▽後半に入って苦戦が続くマドリーは、やや攻守に精彩を欠いたモドリッチを下げて62分にルーカス・バスケスを投入。この交代でシステムを[4-4-2]に変更し、右サイドハーフにバスケス、左サイドハーフにベイルが入った。

▽一方、後半に入ってウィリアムズの右サイドを起点に攻勢を見せていたビルバオは、65分に追いつく。右サイドでDFマルセロをかわしたウィリアムズのクロスをファーサイドでラウール・ガルシアが頭で折り返すと、これをゴール前で待ち構えていたアドゥリスが難なく頭で押し込んだ。

▽守備的な選手交代を行った直後に試合振り出しに戻されたマドリーだったが、失点からわずか3分後に勝ち越しに成功する。右CKの場面でクロースの入れたボールをニアに飛び込んだC・ロナウドが頭でフリック。これがファーサイドでドフリーのカゼミロの足元に入ると、難なく無人のゴールへ流し込んだ。

▽カゼミロの値千金の勝ち越しゴールで再びリードを手にしたマドリーだが、その後も相手の勢いに押される苦しい展開が続く。77分には右サイドで仕掛けたウィリアムズにニアポストを狙ったシュートを許すが、ここはGKケイロル・ナバスが見事なセーブで阻む。

▽その後、79分にC・ロナウド、85分にベンゼマを下げて、フレッシュなイスコとモラタを投入して逃げ切りを図るマドリーは、試合終盤の相手のパワープレーを危なげなく跳ね返し続け、敵地で2-1の勝利。難所サン・マメスでの難しいアウェイゲームで勝ち切ったマドリーが、リーグ戦3連勝で首位キープに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

デポル指揮官メル「マドリーのBチームに勝つのは、Aチームに勝つより困難」

デポルティボのペペ・メル監督は、レアル・マドリーが「控え組」だとしても勝利を収めることは簡単ではないと認めている。<br><br>26日のリーガエスパニョーラ第34節でマドリーと対戦したデポルティボは、開始52秒にFWアルバロ・モラタが先制点を許すと、そこから守備が崩壊。一挙6ゴールを献上して本拠地リアソールで大敗を喫した。<br><br>メル監督はこの大敗を受け、立ち上がりの悪さを嘆いた。<br><br>「非常に厳しい敗戦だ。アトレティコ・マドリーやバルセロナと対戦した時は、時間の経過が我々に有利に働くと見て、コンパクトに守ることができていた。だがマドリーにそれは通用しなかった。前半で1-3となり、試合は終わってしまったよ」<br><br>「マドリーと同じ緊張感で試合に挑めなければ、確実に敗戦する。彼らの方がクオリティは高いわけだからね。アトレティコやバルサでも苦戦する相手だ。試合開始直後のプレーで失点してしまっては...。私は試合の入り方に失望している」<br><br>一方、メル監督はスタメンを9人入れ替えたマドリーが、力を落としていたわけではないと主張した。<br><br>「私にとっては、マドリーのAチームより、Bチームの方が好ましく映った。ほかの人たちがどう思うかは分からないけれどね」<br><br>「我々がこの位置(16位)にいるのは、何か問題があるからだ。プリメーラ(リーガ1部)では、どんなチームでも相手を倒す力がある...勝ち点60を獲得するまでは気を緩めることなど決してできない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

先発を9人入れ替えながら大勝したレアル・マドリー、ナチョは「僕たちにAチームもBチームもない」

スターティングメンバーを大幅に入れ替えたデポルティボ戦で大勝を収めたレアル・マドリーだが、DFナチョ・フェルナンデスはレギュラーとサブの間に差がないことを強調している。<br><br>前節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われたクラシコで、バルセロナに2-3と敗れたマドリー。ジネディーヌ・ジダン監督はマルセロとナチョを除き、先発9選手を入れ替えてデポル戦に臨んだ。<br><br>それでもマドリーは強かった。FWアルバロ・モラタのゴールを皮切りに、MFハメス・ロドリゲス(2得点)、ルーカス・バスケス、イスコ、カゼミロが次々にネットを揺らす。終わってみれば6-2と大勝を飾っている。<br><br>ナチョは「クラシコで敗れていたから、今日の勝利は本当に重要だった」と試合後に語った。「クラシコの敗戦で気持ちの面では落ち込んでいた部分があった。だけどデポル戦のチームは10点満点の働きをした」と加え、次のように続けている。<br><br>「出番が来た時に、100%の力を出す。それが選手としてやるべきことだ。今日のような大事な試合なら、なおさらね。マドリーにはAチームも、Bチームもない。全員がこのチームにとって重要な存在だと感じられている。それは監督の功績だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

デポル戦でチームを勝利に導いたイスコ「キャリア最高の時期を迎えているかもしれない」

レアル・マドリーは26日のリーガエスパニョーラ第34節、敵地リアソールでデポルティボと対戦し、6-2と勝利を収めた。MFイスコは自身の出来に満足感を表している。<br><br>イスコはデポル戦で1得点1アシストの活躍。3点目の場面では&ldquo;マルセイユ・ルーレット&rdquo;で相手MFギリェルメ・ドス・サントスをかわしてMFルーカス・バスケスの得点を演出するなど、終始存在感を示した。<br><br>イスコは試合後、前節バルセロナ戦(2-3)から複数選手を入れ替えて臨んだデポル戦を次のように振り返っている。<br><br>「マドリーというクラブの偉大さだ。23選手全員がスタメンにふさわしい。こうやってメンバーを入れ替えた試合で、それは現れる。誰が試合に出ても、大きな違いは見て取れないことが重要だ。僕たちは世界でも屈指の選手層を誇っている」<br><br>「みんな、こういうチャンスを生かすために日々働いている。他チームであれば、先発の11人が決まっているだろう。だけど、そうではない選手がうまくやることが大事なんだ」<br><br>また、今がキャリア最高の時期か、と問われたイスコは以下のように答えている。<br><br>「そうかもしれない。とても心地良くプレーできている。このチームメートたちがいれば、すべては簡単だ。今の状況に満足しているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 18:58 Thu
twitterfacebook
thumb

クラシコに続きゴールを奪ったハメス・ロドリゲス「チャンスで結果を残そうと考えていた」

▽レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、26日に行われたリーガエスパニョーラ第34節のデポルティボ戦を振り返っている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦で途中出場から1ゴールをマークしたハメス・ロドリゲス。デポルティボ戦では、チームがターンオーバーを採用したことから先発でピッチに立つと、1点リードの14分にネットを揺らした。さらに3-1で迎えた67分にもゴールを奪うなど、好パフォーマンスを見せてチームを6-2の勝利に導いている。 ▽ハメス・ロドリゲスは試合後、ターンオーバーを用いたことで巡ってきた出場機会について次のようにコメントした。 「今日のチームが良いパフォーマンスだったかはわからないよ。ただ、僕らはこういうチャンスでしっかりと結果を残そうと考えているんだ。2つのチーム(スタメンで出場するメンバーと控えのメンバー)は常にうまくやっているさ」 ▽またハメス・ロドリゲスは、リーガエスパニョーラとチャンピオンズリーグ優勝に向けてもコメントしている。 「僕らにはまだ5試合が残されている。そのどれもが決勝戦だ。選手たちみんなが強い欲求を持っている。全員が団結して、チャンピオンズリーグではまず準決勝を戦わなければいけないね」 2017.04.27 11:17 Thu
twitterfacebook
thumb

クラシコで出番なしに終わったイスコ、鬱憤を晴らすパフォーマンスに「出番の時に何ができるか」

▽レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコが、26日に行われたリーガエスパニョーラ第34節のデポルティボ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節、バルセロナとの“エル・クラシコ”では出番がなかったイスコ。デポルティボ戦ではチームがターンオーバーを用いたことでスタメンでピッチに立った。 ▽すると立ち上がりから好パフォーマンスを披露し、66分にはハメス・ロドリゲスのゴールにつながるスルーパスを通し、78分にはチームの5点目を奪取。79分までプレーし、6-2の勝利に大きく貢献した。 ▽試合を振り返ったイスコは、チームとして良いパフォーマンスを出すことができたと満足感を示している。 「個人的にも良いパフォーマンスだったね。僕はいつだってこのチームで快適にプレーしている。これほどの選手たちに囲まれていれば、プレーすることは簡単なんだ。今日はどのプレーも良かったと思うよ。個人でも良かったし、チームとしても良かった。大事な試合で、良い内容の戦いを見せて結果が残せた」 ▽またイスコはチームのターンオーバーについても言及。スタメンでの出場機会が少ない状況でも、与えられたチャンスで結果を残すことが重要だと語った。 「マドリーのようなクラブでは、そういうこともあり得る。23人の選手たちがスタメンを争っているんだ。そしてチームとして変更がある時、チャンスをもらった時に結果で示したい」 「僕は世界で最高のクラブでプレーしている。こういうチームにとって大事なことは、誰が出ても変わらないパフォーマンスをすること。僕はこういうチャンスをモノにするために努力している。確かに11人は決まっているのかもしれないけれど、こうやって出番の時に何ができるかだ」 2017.04.27 08:53 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース