岡崎先発レスター、ウェストハムの追い上げを振り切りアウェイ初勝利で3連勝《プレミアリーグ》2017.03.19 01:57 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティは18日、プレミアリーグ第29節でウェストハムとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。レスターのFW岡崎慎司は76分に交代している。

▽前節ハル・シティとの残留を懸けたシックスポインターを3-1と制して15位をキープしたレスター(勝ち点27)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのセビージャ戦を2-0と勝利し、逆転での8強入りを決めた。シェイクスピア監督就任で息を吹き返したチームはセビージャ戦のスタメンからモーガンに代えてベナルアンのみを変更してリーグ戦3連勝を目指した。

▽ここ4試合勝利のない11位ウェストハム(勝ち点33)に対し、レスターは5分、ボックス手前右からマフレズが左足で送ったクロスに岡崎が反応。岡崎はボールに触れなかったが、そのままゴール左にボールが吸い込まれ、先制に成功した。

▽さらに8分、FKの流れからボックス中央のオルブライトンの右足アウトでの絶妙な浮き球パスをゴールエリア右のフートが頭で押し込み、追加点を奪った。

▽瞬く間に2失点を喫したウェストハムは、リードが右足を負傷してスノッドグラスとの交代を強いられるも、20分にボックス手前左で得たFKをランシーニが直接ゴール左上へ決めて1点差に詰め寄る。

▽その後は一進一退の攻防が続いた中、39分にレスターが突き放す。右CKから混戦となったところをヴァーディが左足で押し込んだ。

▽迎えた後半、ウェストハムの圧力を受けたレスターだったが、59分に決定機。ディフェンスライン背後を取ったヴァーディがボックス左へ侵入。飛び出したGKを外すチップキックシュートを狙うも、わずかに枠を外れた。

▽すると63分、ウェストハムが1点差に詰め寄る。左CKをファーサイドのキャロルがヘッドで折り返し、A・アイェウが頭で押し込んだ。押せ押せムードのウェストハムに対し、レスターは76分に岡崎とヴァーディに代えてスリマニとムサの2枚代えを敢行するも劣勢が続く。

▽終盤にかけてもピンチの連続となったレスターだったが、A・アイェウのシュートミスやGKシュマイケルの好守によって何とか3-2で逃げ切り。アウェイ初勝利を挙げて3連勝とし、降格圏から遠ざかることに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマとマフレズは相思相愛も、レスターは移籍金の引き下げに応じず…最終期限は15日か

▽レスター・シティは、今夏の移籍市場で退団が噂されるアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)の移籍金を引き下げる考えはないようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015-16シーズンにPFA年間最優秀選手賞を受賞するなど、レスターのプレミアリーグ初優勝に大きく貢献したマフレズ。しかし今夏にはレスター退団が噂されており、同選手に対してはローマが興味を示している。 ▽マフレズ自身もローマへの移籍に興味を持っているとされているが、クラブ間での交渉が難航しており、現時点で正式な発表はされていない。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ローマ側はボーナス込みで3500万ユーロ(約45億4000万円)のオファーをレスターに提示した模様。しかしレスターは、マフレズの移籍金を4400万ユーロ(約57億円)に設定しており、この金額を引き下げる考えはないようだ。 ▽また、同メディアはマフレズの代理人がローマに出向いていると伝えた。同クラブのディレクターを務めるモンチ氏と会談し、オファーの金額を引き上げてもらえるように交渉を行っているという。なお、この移籍の最終期限は8月15日に設定されているようで、本日中に何かしらの動きがある可能性が高い。 2017.08.15 09:39 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 4-3 レスター・シティ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ開幕戦アーセナルvsレスター・シティが11日に行われ、4-3でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は5分にゴールを決め、72分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170812_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 33 チェフ 5.5 1失点目の対応はまずかったが、それ以外の失点は防げない。ヴァーディとの一対一を止める DF 16 ホールディング 5.0 軽率なボールロストが散見 (→ジルー 6.5) 値千金の決勝弾。勝負強さを発揮した 18 モンレアル 5.5 高さがないながらも無難に3バックの中央をこなす 31 コラシナツ 6.0 持ち前の思い切りの良さを活かして2点目に絡む MF 24 ベジェリン 5.5 途中から左サイドバックでプレー。両サイドを無難にこなす 35 エルネニー 5.5 1点目をアシストも攻守にどっち付かずだった (→ラムジー 6.0) 乱戦を制すキッカケとなる3点目を奪った 29 ジャカ 5.5 ミスパスから2失点目に関与もラムジーのゴールをらしいパスでアシスト 15 チェンバレン 6.0 途中から右サイドバックでプレー。攻撃に厚みをもたらす FW 11 エジル 5.0 昨季の不調を引きずっている様子。消えている時間が長い 9 ラカゼット 7.0 早くも移籍後初ゴール。3点に絡む 23 ウェルベック 6.0 2点目を挙げたが、消えている時間も多かった (→ ウォルコット -) 監督 ヴェンゲル 6.0 3失点は頂けないが、選手交代で流れを変えた ▽レスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170812_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 5.5 4失点も防げるシュートは止めていた DF 2 シンプソン 5.5 守備に徹していた 5 モーガン 5.5 1失点目はラカゼットに寄せきれず 15 マグワイア 6.0 持ち味のパワーは発揮できていた。岡崎のゴールをアシスト 28 フックス 6.0 タイミング良く攻撃に絡んだ MF 26 マフレズ 5.5 3点目をアシストしたが、消えている時間も多かった 22 M・ジェームズ 5.0 攻守に凡庸 (→イヘアナチョ -) 25 エンディディ 5.0 3失点目の場面では寄せが甘かった 11 オルブライトン 6.5 2点に絡む。決定的な仕事を果たした (→グレイ -) FW 9 ヴァーディ 7.0 頭で2点をゲット。岡崎との関係も良好 20 岡崎慎司 6.5 開幕ゴールを奪取。相変らずのハードワークも目立った (→アマルテイ 5.0) 試合を締められず 監督 シェイクスピア 5.5 何とか勝ち点を持ち帰りたかったが、アーセナルの勢いを抑えられず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ラカゼット(アーセナル) ▽クラブ史上最高額の移籍金を叩いて獲得しただけの能力を開幕戦から見せる。シュートへの意識が高く、レスターの脅威となっていた。 アーセナル 4-3 レスター・シティ 【アーセナル】 ラカゼット(前2) ウェルベック(前47) ラムジー(後38) ジルー(後40) 【レスター・シティ】 岡崎慎司(前5) ヴァーディ(前29、後11) 2017.08.12 06:23 Sat
twitterfacebook
thumb

岡崎開幕ゴールもアーセナルがド派手な打ち合いを制して白星スタート《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ開幕戦アーセナルvsレスター・シティが11日に行われ、4-3でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は5分にゴールを決め、72分までプレーしている。 ▽昨季5位に終わって19年連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場記録が途絶えたアーセナルは、6日に行われたチェルシーとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に勝利した。その試合のスタメンから3選手を変更。負傷したメルテザッカーの代わりをモンレアルが務め、3バックの中央に入った。そしてエジルとベジェリンがスタメンとなった。 ▽一方、一昨シーズンの王者であるレスターは昨季、12位まで順位を落とした。そのレスターは新戦力のマグワイアを起用。モーガンとセンターバックでコンビを組んだ。そして岡崎がイヘアナチョを抑えて開幕スタメンとなった。 ▽試合は開始2分、早々に動きを見せる。ボックス手前右のエルネニーがダイレクトで上げたクロスをファーサイドのラカゼットが頭で押し込み、アーセナルがあっさり先制する。 ▽新戦力の移籍後初ゴールで先手を取ったアーセナルだったが、レスターが5分にすかさず同点とした。左CKのショートコーナーから、オルブライトンが上げたクロスをファーサイドのマグワイアがヘッドで折り返す。これを岡崎が頭でねじ込んだ。 ▽岡崎の開幕ゴールで試合を振り出しに戻したレスターは、アーセナルにポゼッションを譲るものの、ボールホルダーへの鋭い寄せで自由を与えずにいると、29分に逆転する。ジャカのミスパスを誘ってショートカウンターに転じると、オルブライトンの左クロスをヴァーディが右足で合わせた。 ▽そして、ハーフタイムにかけてはレスターがペースを握る。33分にはホールディングからボールを奪ったフックスの左クロスから、岡崎がヘディングシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。 ▽しかし追加タイム2分、アーセナルはボックス中央でラカゼットのシュートがルーズとなると、コラシツナツが拾って抜け出す。GKと二対一となったところをコラシツナツは冷静にフリーのウェルベックにパスを出し、ウェルベックが難なく押し込んだ。 ▽派手な打ち合いとなった前半を2-2で終え、迎えた後半、最初のチャンスはレスターに訪れる。52分、ロングフィードに反応したヴァーディがディフェンスライン裏を取る。しかし、飛び出していたGKチェフにカットされてしまった。それでも、マフレズのミドルシュートでゴールに近づくと、直後の56分に勝ち越す。マフレズの右CKからフリーとなっていたヴァーディがヘディングで押し込んだ。 ▽再び追う展開となったアーセナルは62分、ウェルベックのスルーパスに抜け出したベジェリンがボックス右に侵入。シュートを狙ったが、GKシュマイケルのファインセーブに阻まれた。 ▽その後、ホールディングとエルネニーに代えてラムジーとジルーを投入し、チェンバレンを右サイドバックに配す攻撃的な4バックとしたアーセナルは68分、ラカゼットの左クロスにラムジーがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れてしまった。 ▽逃げ切りたいレスターが岡崎に代えてアマルテイを投入したのに対し、攻勢に出るアーセナルは83分、ジャカの浮き球パスをボックス右で受けたラムジーが絶妙なトラップからシュートを蹴り込んだ。さらに85分、ラカゼットのシュートで得た右CKからジルーのヘディングシュートがバーの下を叩いてゴールラインを割り、4-3と勝ち越し。ド派手な打ち合いとなった開幕戦をアーセナルが制し、白星発進としている。 2017.08.12 05:52 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア開幕節プレビュー】本日27:45~アーセナルvsレスターで開幕!

▽チェルシーの2年ぶり6度目のリーグ制覇から約2カ月、プレミアリーグが帰ってくる。巻き返しを期するマンチェスター勢、悲願の優勝を狙うスパーズ、ヴェンゲル続投で復権を目指すアーセナル、プレミア初戴冠へ虎視眈々のリバプール。今シーズンも昨シーズン以上の白熱した覇権争いが繰り広げられそうだ。 ▽開幕は11日、金曜開催となるアーセナルvsレスター・シティ。アーセナルは昨季5位に終わり、19年連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場記録が途絶えた。今夏には昨季リーグ・アンで28得点を挙げたストライカーのラカゼット、シャルケからコラシナツを補強。今回の試合では、昨季引き続きカソルラ、そしてガブリエウが負傷欠場となり、コンフェデレーションカップに参加していたムスタフィがコンディション次第。また、コシエルニーは昨季からのサスペンションで開幕2試合は出場できないため、3バックはホールディング、メルテザッカー、モンレアルとなる見込みだ。 ▽一方、一昨シーズンの王者であるレスターは昨季、12位まで順位を落とした。目立った補強では、シティから有望株のイヘアナチョ、セビージャからイボーラ、ハル・シティからマグワイアと主力級を3選手獲得。ヴァーディのコンディションが整い、イヘアナチョが評判通りの結果を残すと、岡崎にとっては厳しいポジション争いを強いられることになりそうだ。アウェイでの開幕となるが、黒星スタートは避けたいところだ。 ▽昨季王者のチェルシーは、バーンリーをホームに迎える。昨季終了後にコンテ監督との関係悪化が明るみとなったジエゴ・コスタの退団が濃厚となり、代役としてルカクを狙っていたがユナイテッドに強奪され、結果モラタを補強。また、バカヨコを獲得した一方でマティッチを放出した。守備陣ではリュディガーを引き入れたものの、CLとの並行で充実の選手層とは言えない状況で開幕。さらに、開幕戦ではアザールとバカヨコが負傷中、モーゼスがサスペンションで起用できない。主力3選手が起用できない中、昨季16位と苦しんだバーンリーを相手に白星スタートを切れるか。 ▽昨季3位のシティは、プレーオフを勝ち抜いて昇格してきたブライトンとのアウェイ戦で開幕を迎える。今夏には、推定2億4000万ユーロ(約313億円)ほどの移籍金を費やして、GKエデルソン、ウォーカー、メンディ、ダニーロ、ベルナルド・シルバ、ドグラス・ルイス(ジローナにレンタル)を補強。プレシーズン中は主に3バックを採用しており、同じ形でシーズンインする可能性が高そうだ。また、昨季に期待外れに終わったストーンズがプレシーズン中に好調を維持していたことに加え、コンパニも稼働できる状態で開幕を迎えられるため、ここは順当にブライトンを退けておきたいところだ。 ▽昨季6位ながらもヨーロッパリーグ優勝によりCL出場を決めたユナイテッドは、昨季11位のウェストハムとのホーム戦で開幕を迎える。今夏にはルカク、マティッチ、リンデロフの3選手を補強。穴らしい穴は見当たらず、“2年目のモウリーニョ”で優勝争いに食い込むことが期待される。ウェストハム戦に向けては、アシュリー・ヤングとロホ、ショーが負傷で欠場する見込み。イブラヒモビッチに代わって前線をけん引することになるルカクに注目だ。 ▽そのほか、新戦力のサラーがプレシーズン中に早くもフィットしている様子を見せている昨季4位のリバプールは、昨季17位のワトフォードとのアウェイ戦。昨季2位から今季は1960-61シーズン以来の優勝を目指すスパーズは、ベニテス率いる昨季チャンピオンシップ王者のホーム、セント・ジェームズ・パークに乗り込む。 ◆プレミアリーグ開幕節 ▽8/11(金) 《27:45》 アーセナルvsレスター・シティ ▽8/12(土) 《20:30》 ワトフォードvsリバプール 《23:00》 チェルシーvsバーンリー クリスタル・パレスvsハダースフィールド エバートンvsストーク・シティ サウサンプトンvsスウォンジー WBA vsボーンマス 《25:30》 ブライトンvsマンチェスター・シティ ▽8/13(日) 《21:30》 ニューカッスルvsトッテナム 《24:00》 マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハム 2017.08.11 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターが3部コベントリーからU-20ウェールズ代表FWジョージ・トーマス獲得

▽レスター・シティは8日、リーグ1(イングランド3部相当)のコベントリーに所属するU-20ウェールズ代表FWジョージ・トーマス(20)を3年契約で獲得したことを発表した。移籍金については公表されていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると50万ポンド(約7200万円)となるようだ。 ▽コベントリーのアカデミー出身であるジョージ・トーマスは、2013-14シーズンにプロデビューを果たした。センターフォワードからサイドハーフまでこなせる同選手は昨シーズン、公式戦35試合に出場し、9ゴール2アシストを記録していた。 ▽また、U-20ウェールズ代表として5月に行われていたトゥーロン国際大会に3試合に出場し、2ゴールをマークしていた。 2017.08.08 19:35 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース