大迫が豪快ミドル弾&アシストの活躍! 原口2失点関与のヘルタを下して6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》2017.03.19 01:23 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節のケルンvsヘルタ・ベルリンが18日に行われ、4-2でケルンが勝利した、ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は73分に交代している。

▽前節インゴルシュタット戦を2-2で引き分け、リーグ戦5試合勝利から見放されている7位ケルン(勝ち点34)は、PKを獲得した大迫が引き続き[4-4-2]の2トップの一角で先発となった。

▽一方、前節ドルトムント戦を2-1と競り勝った5位ヘルタ(勝ち点40)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ホッフェンハイムとの勝ち点差を2に縮めた。そんな中、献身的な守備を続けている原口は[4-2-3-1]の右MFで引き続き先発となった。

▽日本代表対決となった一戦は5分、大迫のパスを受けたモデストが決定的なシュートを浴びせたケルンが、6分に大迫の豪快なゴールで先制する。バイタルエリア左でパスを受けた大迫は思い切りよく右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上を捉えると、GKヤルシュテインの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

▽大迫の今季6ゴール目で先制したケルンは、自陣に引いてヘルタにボールを持たせ、カウンターを狙っていく。

▽一方、原口がこれまでよりも中寄りにポジションを取ってゴール前での仕事をこなすヘルタは、30分にカルーが負傷してヴァイザーとの交代を強いられる。そんな中32分、プラッテンハールトの左クロスにイビセビッチがダイビングヘッドで合わせる決定機を迎えるも、GKホルンの正面を突いてしまう。

▽すると35分、ボックス左でパスを受けた大迫の右足クロスをボックス中央のモデストが左足ボレーでゴールへ流し込み、ケルンが追加点を奪った。さらに2分後、原口のボールロストを誘ったケルンはレーマンのロングフィードを受けたモデストが抜け出してGKとの一対一を制し、3-0とした。

▽迎えた後半、3点を追うヘルタはシェルブレに代えてアラギを投入し、攻撃的な布陣に変更する。すると49分、FKのフィードに反応したボックス中央のシュタルクがGKホルンに頭をパンチングされてPKを獲得。これをイビセビッチが決めて1点を返した。

▽それでも63分、原口の横パスをカットした流れからケルンがダメを押す。ヘーガーのロングフィードを受けたモデストがボックス右へ侵入。GKとの一対一を制して4-1とリードを広げた。

▽モデストの今季2度目のハットトリックで再びリードを3点に広げたケルンは、69分に右CKからブルックスのヘディングシュートで1点を返されるも、ソーレンセンを投入して守備を固め、4-1のまま勝利。リーグ戦6試合ぶりの勝利を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

“フランクフルトの皇帝”長谷部「自分が戦術の鍵を握っている」

▽フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、20日に行われたブンデスリーガ第5節のケルン戦を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが長谷部のコメントを伝えている。 ▽長谷部はアウェイで行われた一戦でダブルボランチの一角として先発出場。チームメートであるMF鎌田大地はベンチスタートとなり、ケルンの日本代表FW大迫勇也は先発でピッチに立った。 ▽試合は22分にアラーがPKを決めてフランクフルトが先制すると、これが決勝点となった。長谷部と大迫はフル出場。鎌田は出場機会が与えられなかった。 ▽試合後に、インタビューに応じた長谷部は過密日程の中での勝利に満足感を示すとともに、チームにおける自身の役割が勝敗の鍵を握っていると口にした。 「ケルンも疲労のある中、厳しかったとは思いますけど、自分たちもチャンスが少ない中、こういう難しい試合で勝てて、非常に重要な勝ちだったと思います」 「このチームは自分が戦術の鍵を握っていると言っても過言ではないと思うので、責任を持ってやらないといけません。前の試合で、自分が出て負けて、その前の試合は、自分が出ていなくて勝っていたので、責任を感じていましたし、今日はどうしても勝ちたかった。そういった意味でも、まずは勝ってホっとしています」 ▽また長谷部は対戦した大迫やケルンの印象についても言及している。 「(ケルンの)チーム状況もあまり良くないという部分で、その流れに彼も苦しんでいるかな、というのはありますけど、ケルンはあそこ(大迫選手のところ)でボールが収まって攻撃が始まる部分があるので、そういう意味では嫌でしたね。トップにいたり、中盤に下がったりといろいろな動きをする。そこに自分が対応する形になったので、その辺は注意しながら見ました」 2017.09.21 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫vs長谷部が実現! 軍配は長谷部に上がりケルンは開幕5連敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第5節、ケルンvsフランクフルトが20日に行われ、0-1でフランクフルトが勝利した。ケルンのFW大迫勇也、フランクフルトのMF長谷部誠は共にフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽3日前に行われた前節ドルトムント戦を0-5と大敗して開幕4連敗となったケルンは、大迫がフラットな[4-4-2]のFWで先発となった。 ▽一方、前節アウグスブルク戦でボランチとしてフル出場したものの、1-2と敗戦したフランクフルトの長谷部は[4-3-3]のボランチで先発となり、ここ2試合ベンチ外が続いていた鎌田は3試合ぶりにベンチ入りを果たした。 ▽フランクフルトがボールを持つ立ち上がりとなった中、20分にフランクフルトがPKを獲得する。マローのバックパスをカットしたガシノビッチがGKと一対一となり、ボックス内でホルンに倒された。これをアラーが決めてフランクフルトが先制した。 ▽アラーの移籍後初ゴールで先手を取ったフランクフルトは、26分にガシノビッチが枠内シュートをマーク。直後にルーズボールをゴールエリア左のS・ツォラーにシュートを打たれる大ピンチを迎えたが、長谷部が顔面ブロックで防いだ。 ▽後半からリッセを投入したケルンは、49分に大迫がボックス左から枠内シュートをマーク。そして60分に2枚代えを敢行すると、代わって入ったヨイッチが65分に枠内シュートを浴びせた。 ▽攻勢に出るケルンは78分、大迫に決定機。ヘーガーのボレーシュートに反応したボックス左の大迫が右足で合わせるもわずかに枠の上に外れた。これ以降、長谷部が3バックの中央に入ったフランクフルトをケルンは崩せずにタイムアップ。開幕5連敗となった。一方、勝利したフランクフルトは今季2勝目を挙げている。 2017.09.21 04:26 Thu
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】水曜に大迫ケルンvs長谷部フランクフルト、酒井高HSVvs香川ドルトムント

▽先週末に行われた第4節ではバイエルンが武藤のマインツを、ドルトムントが大迫のケルンをそれぞれ一蹴して勝利を取り戻した。迎える第5節はミッドウィークに開催され、水曜日に大迫ケルンと長谷部フランクフルト、酒井高のハンブルガーSVと香川ドルトムントによる日本人対決が行われる。 ▽ドルトムント戦では中盤で起用されたものの守備に忙殺されて何もできなかった大迫は、チームを開幕4連敗の泥沼から救うことはできなかった。大迫は引き続き先発予想となっているが、相棒のコルドバと共に長谷部が軸となっているフランクフルト守備陣からゴールをこじ開けることはできるか。 ▽一方、前節アウグスブルク戦ではボランチとしてフル出場した長谷部は、チームを1-2の敗戦から救うことはできなかった。内容的には押し込む展開としたものの、FKとファインゴールに沈む形となった。引き続き、守備のバランスを取ることが長谷部には求められるが、大迫が前線で起点となるケルン攻撃陣を封殺できるか。 ▽2試合連続途中出場となったハンブルガーSVの酒井高だが、チームは前節ハノーファー戦を0-2で落とし、今季2敗目を喫した。その酒井高は今節もベンチスタート予想となっているが、格上ドルトムント相手にリードしている状況でクローザーとしての役割を果たしたいところだ。 ▽一方、前節ケルン戦をオーバメヤンとM・フィリップのドッペルパックで5-0と大勝したドルトムントは、3勝1分けスタートとした。出番のなかった香川は今節もベンチスタート予想だが、守備に徹してくることが予想されるケルン相手にゴールが欲しい状況で投入された際には期待に応えたい。 ▽マインツに4-0と快勝して白星を取り戻したバイエルンは、火曜日にシャルケとのアウェイ戦に臨む。温存されたリベリやハメス・ロドリゲス、トリッソらがスタメン予想となっている中、フレッシュな面々のパフォーマンスが鍵を握りそうだ。 ▽内容は芳しくないものの、3勝1敗と好スタートを切ったシャルケとしては王者相手に善戦することで自信を深めたい。 ▽その他、バイエルン戦ではまさかのベンチスタートとなったマインツの武藤はホッフェンハイムとのホーム戦を戦い、ここ3試合途中出場となっているシュツットガルトの浅野はボルシアMGとのアウェイ戦を、途中出場が続くヘルタ・ベルリンの原口はレバークーゼンとのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽9/19(火) 《25:30》 ボルシアMG vs シュツットガルト 《27:30》 ヴォルフスブルク vs ブレーメン アウグスブルク vs ライプツィヒ シャルケ vs バイエルン ▽9/20(水) 《25:30》 ケルン vs フランクフルト 《27:30》 マインツ vs ホッフェンハイム フライブルク vs ハノーファー ハンブルガーSV vs ドルトムント ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン 2017.09.19 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン&フィリップのドッペルパックでドルトムントが大迫先発ケルンを5発粉砕《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ドルトムントvsケルンが17日に行われ、5-0でドルトムントが圧勝した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなく、ケルンのFW大迫勇也は82分から出場している。 ▽前節は10人となったフライブルクを攻めあぐねて開幕3連勝を逃がしたドルトムントは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦を1-3と敗戦した。そのトッテナム戦のスタメンから3選手を変更。カストロ、M・フィリップ、ザガドゥがスタメンに戻り、今季初先発を飾って1アシストを決めた香川はベンチスタートとなった。 ▽一方、アウグスブルクに0-3と惨敗し、唯一の開幕3連敗となったケルン。さらに3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアーセナル戦では1-3と逆転負けを喫した。そのアーセナル戦のスタメンから3選手を変更。アーセナル戦で途中出場となった大迫は[4-5-1]のインサイドMFで先発に戻った。 ▽試合は早々の開始2分に動きを見せる。ヤルモレンコがドリブルでボックス右に侵入して右足でクロスを送ると、ニアに飛び込んだM・フィリップが頭で流し込んだ。 ▽その後もドルトムントが攻勢に出ると、17分に追加点のチャンス。カストロの落としをボックス中央のオーバメヤンがダイレクトでシュート。枠の左を捉えていたが、GKホルンの好守に阻まれた。 ▽前半半ば以降も押し込むドルトムントは、追加タイム2分に相手のミスを突いて加点する。右CKをGKホルンがファンブルすると、パパスタソプーロスが押し込んだ。一度はファウルの判定となったものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってゴールが認められた。 ▽迎えた後半開始1分にオーバメヤンが際どいシュートを浴びせたドルトムントが引き続き一方的な展開に持ち込むと、58分にPKを獲得。右サイドのヤルモレンコが左足アウトにかけたクロスを送り、M・フィリップがヘディングシュート。これがクランターの手に当たった。このPKをオーバメヤンが決めてドルトムントが勝負を決定付けた。 ▽さらに60分、ピシュチェクの右クロスをオーバメヤンが決めて4-0としたドルトムントは、負傷明けのヴァイグルを投入。69分にはダフードのスルーパスでボックス左に侵入したM・フィリップがチップキックシュートでこの試合2ゴール目を決めて圧勝。3勝1分けスタートとしている。一方、敗れたケルンは泥沼の4連敗となっている。 2017.09.18 02:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦で負傷のケルンDFヘクターが右足首じん帯断裂と診断

▽ケルンは15日、ドイツ代表DFヨナス・ヘクターの負傷を発表した。 ▽ヘクターは、14日に行われたヨーロッパリーグ第1節のアーセナル戦に先発出場。しかし、35分に負傷し途中交代していた。 ▽クラブの発表によると、15日にMRI検査を受けた結果、ヘクターは右足首のじん帯を断裂していると診断された。ヘクターは今シーズンのブンデスリーガで3試合に出場していた。 2017.09.16 08:21 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース