大迫が豪快ミドル弾&アシストの活躍! 原口2失点関与のヘルタを下して6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》2017.03.19 01:23 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節のケルンvsヘルタ・ベルリンが18日に行われ、4-2でケルンが勝利した、ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は73分に交代している。

▽前節インゴルシュタット戦を2-2で引き分け、リーグ戦5試合勝利から見放されている7位ケルン(勝ち点34)は、PKを獲得した大迫が引き続き[4-4-2]の2トップの一角で先発となった。

▽一方、前節ドルトムント戦を2-1と競り勝った5位ヘルタ(勝ち点40)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ホッフェンハイムとの勝ち点差を2に縮めた。そんな中、献身的な守備を続けている原口は[4-2-3-1]の右MFで引き続き先発となった。

▽日本代表対決となった一戦は5分、大迫のパスを受けたモデストが決定的なシュートを浴びせたケルンが、6分に大迫の豪快なゴールで先制する。バイタルエリア左でパスを受けた大迫は思い切りよく右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上を捉えると、GKヤルシュテインの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

▽大迫の今季6ゴール目で先制したケルンは、自陣に引いてヘルタにボールを持たせ、カウンターを狙っていく。

▽一方、原口がこれまでよりも中寄りにポジションを取ってゴール前での仕事をこなすヘルタは、30分にカルーが負傷してヴァイザーとの交代を強いられる。そんな中32分、プラッテンハールトの左クロスにイビセビッチがダイビングヘッドで合わせる決定機を迎えるも、GKホルンの正面を突いてしまう。

▽すると35分、ボックス左でパスを受けた大迫の右足クロスをボックス中央のモデストが左足ボレーでゴールへ流し込み、ケルンが追加点を奪った。さらに2分後、原口のボールロストを誘ったケルンはレーマンのロングフィードを受けたモデストが抜け出してGKとの一対一を制し、3-0とした。

▽迎えた後半、3点を追うヘルタはシェルブレに代えてアラギを投入し、攻撃的な布陣に変更する。すると49分、FKのフィードに反応したボックス中央のシュタルクがGKホルンに頭をパンチングされてPKを獲得。これをイビセビッチが決めて1点を返した。

▽それでも63分、原口の横パスをカットした流れからケルンがダメを押す。ヘーガーのロングフィードを受けたモデストがボックス右へ侵入。GKとの一対一を制して4-1とリードを広げた。

▽モデストの今季2度目のハットトリックで再びリードを3点に広げたケルンは、69分に右CKからブルックスのヘディングシュートで1点を返されるも、ソーレンセンを投入して守備を固め、4-1のまま勝利。リーグ戦6試合ぶりの勝利を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲル、ブンデス未勝利のケルン指揮官を擁護「去年素晴らしい仕事を残した優秀な監督」

アーセナルは23日のヨーロッパリーグ(EL)でケルンとのアウェイマッチに臨む。アーセン・ヴェンゲル監督は前日会見で相手の指揮を執るペーター・シュテーガー監督を擁護した。<br><br>ELグループH首位のアーセナルは2試合を残しながら3位のBATEボリソフに6ポイントの差つけており、すでに決勝トーナメント進出がほぼ決定している。ケルン戦で勝ち点1以上を得られれば、首位通過が確定する。<br><br>その一方で、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは勝ち点3で同グループの最下位に位置。今シーズンのブンデスリーガでも第12節消化時点で未だ白星を獲得しておらず、シュテーガー監督の解任を求める声も挙がっている。<br><br>だが、そんな相手についてヴェンゲル監督は「彼らはまだブンデスリーガに残留するチャンスを残している」と切り出すと、次のように続けた。<br><br>「彼らには監督を支持するようにアドバイスしたい。彼は去年素晴らしい仕事を残している。それを今年もそれを再現できないとは言えるのだろうか? 優秀な監督だ。去年と比べて、(アントニー・)モデストを失ったが&hellip;」<br><br>「ただ、強い信念を持つクラブは物事がうまくいかなかったときにも監督を支持するはずだ。もちろん、状況は難しい。試合で勝たなければ、常に監督にプレッシャーがのしかかるのでね」<br><br>相手が苦しい状況に立つからこそ、ヴェンゲル監督は難しい試合を予想するようだ。「ケルンにとって、明日の試合は重圧がより少ないなかでよりフリーにプレーする機会となるかもしれない。なので我々にとっては危険な相手となるだろう」と警戒心をあらわにした。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リーグ戦2分10敗と泥沼のケルン…大迫勇也「『疲れた』などと言ってられない」

ケルンは、18日に行われたブンデスリーガ第12節で、武藤嘉紀所属のマインツに0-1と敗れた。途中出場となった大迫勇也は、弱音を吐いている場合ではないとコメントした。ブンデスリーガ公式が伝えている。<br><br>敵地に乗り込んだケルンは、前半終了間際にDFラインに抜けだした武藤に起点を作られ、PKを献上。これをダニエル・ブロジンスキに決められ、最後まで得点を奪えず敗戦を喫した。<br><br>大迫は「最初から出たかった」と、60分から出場となったことについてコメント。疲労を考慮しての采配に思われるが、弱音などはいていられないと強調している。<br><br>「疲れはとれにくくなっていますけど、できないほどではない。大変ですけど、やるしかない。『疲れた』などと言ってられないので。監督もそういう感じだと思いますよ」<br><br>この試合ではサイドでのプレーとなった大迫。ポジションに問題はなかったとしつつも、見方との意志があっていないと語っている。<br><br>「サイドの方がボールを受けられるかな。あの時間帯なら前にいてもボールが来ないので。うまく前を向いた時に、(前線の選手に)もっと動き出してほしいです。動き出しがないので、難しかったですね」<br><br>リーグ12試合で2分10敗と、未だ勝ちのないケルン。得点もわずかに4点と、厳しい状況に追い込まれている。次戦は、23日に行われるヨーロッパリーグ・アーセナル戦だ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 14:38 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤フル出場のマインツが大迫途中出場のケルンにPK弾で辛勝、ケルンは未勝利続く…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第12節、マインツvsケルンが18日に行われ、1-0でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、ケルンのFW大迫勇也は60分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を劣勢ながらも引き分けに持ち込んだ13位マインツ(勝ち点12)は、代表に選出されなかった武藤が[4-2-3-1]の最前線で4試合連続スタメンとなった。 ▽一方、ホッフェンハイムに完敗して引き続き未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点2)は、ブラジル戦とベルギー戦の2試合に先発したものの見せ場を作れなかった大迫がベンチスタートとなった。 ▽ケルンが積極的な入りを見せた中、13分にマインツにチャンス。ブロシンスキの左サイドからのクロスをマキシムがヘッド。しかし、枠の左に外れてしまった。 ▽その後もケルンがコルドバとギラシーのフィジカルに長けた2トップを起点に押し込む流れとすると、36分に決定機。スルーパスをボックス左で引き出したギラシーが左足でシュート。しかし、枠を捉えきれない。直後にS・ツォラーが負傷しビッテンコートを投入したケルンは、そのビッテンコートにチャンス。39分、ラウシュのミドルシュートのこぼれ球にビッテンコートが詰める。しかし、ここも枠を捉えきれなかった。 ▽すると42分、マインツはロングボールをセーレンセンに競り勝ってマイボールとした武藤からスイッチしたデ・ブラシスがボックス右で仕掛けると、ラウシュに倒されてPKの判定。これをキッカーのブロシンスキがゴール右へ決めてマインツが先制した。 ▽効率的な試合運びで1点をリードして迎えた後半、マインツはラツァの枠内シュートやマキシムのミドルシュートでケルンをけん制していく。 ▽流れを掴めないケルンは60分、エーズカンに代えて大迫を右サイドに投入。すると69分、ルーズボールをペナルティアーク右の大迫がシュート。しかし、枠を捉えきれなかった。 ▽1点のリードを保つマインツは71分、G・ドナーティがビッテンコートへの報復行為で一発レッドカードを受けてしまう。 ▽それでも10人のマインツがケルンの反撃を許さずにシャットアウト。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。一方、敗れたケルンは未だにリーグ戦未勝利が続く苦しい状況が続いている。 2017.11.19 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルンの守備の要ハインツが左足太もも負傷で年内絶望

▽ケルンは10日、ドイツ人DFドミニク・ハインツが年内欠場となることを発表した。 ▽ハインツは9日に行われた練習中に負傷。検査の結果、左足太ももの腱を断裂したとのことだ。 ▽左利きのセンターバックであるハインツは今季のブンデスリーガ11試合全てに先発し、1ゴールをマーク。ヨーロッパリーグも4試合全てに先発するなど、ケルンの主力として活躍している。 ▽リーグ戦で未勝利が続くケルンにとっては追い打ちをかけるハインツの長期離脱となった。 2017.11.11 01:17 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位低迷のケルン、元エースFWウジャー獲得に動くか? 大迫と再タッグか

▽日本代表FW大迫勇也が所属するケルンが、今季限りで中国スーパーリーグの遼寧宏運足球倶楽部を退団した元ナイジェリア代表FWアンソニー・ウジャー(27)の獲得に動いているようだ。『EURO SPORT』が伝えている。 ▽今季開幕から極度の不振に陥っているケルンは、ブンデスリーガ第11節終了時点で0勝9敗2分けの最下位に低迷。また、11試合で挙げたゴールはわずかに4ゴールと深刻な得点力不足に陥っている。 ▽先日に元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロをフリーで獲得したものの、なかなか攻撃面の改善が見られないケルンは、得点力不足解消に向けてかつてのエースストライカーの獲得に動き出したようだ。 ▽2012年にマインツからケルンにレンタル加入したウジャーは、完全移籍に切り替わった2013-14シーズンに主力FWとして活躍し、同クラブのブンデスリーガ2部優勝とブンデスリーガ昇格に貢献。その翌シーズンには、1860ミュンヘンから加入した大迫とのコンビで二桁ゴールを奪う活躍をみせ、1部残留に貢献した。 ▽その後、2015年にブレーメンに完全移籍したウジャーは、2016年に中国の遼寧宏運に完全移籍で加入。在籍1年半で公式戦39試合に出場し、10ゴールを記録していた。 ▽なお、今冬の移籍市場で古巣ケルンとの復帰が決定した場合、過去に角を掴んで乱暴に体を持ち上げたことで嫌われてしまったケルンのマスコット、ヤギの“ヘンネス8世”と久々の再会を果たすことになる。 2017.11.07 19:54 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース