大迫が豪快ミドル弾&アシストの活躍! 原口2失点関与のヘルタを下して6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》2017.03.19 01:23 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節のケルンvsヘルタ・ベルリンが18日に行われ、4-2でケルンが勝利した、ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は73分に交代している。

▽前節インゴルシュタット戦を2-2で引き分け、リーグ戦5試合勝利から見放されている7位ケルン(勝ち点34)は、PKを獲得した大迫が引き続き[4-4-2]の2トップの一角で先発となった。

▽一方、前節ドルトムント戦を2-1と競り勝った5位ヘルタ(勝ち点40)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ホッフェンハイムとの勝ち点差を2に縮めた。そんな中、献身的な守備を続けている原口は[4-2-3-1]の右MFで引き続き先発となった。

▽日本代表対決となった一戦は5分、大迫のパスを受けたモデストが決定的なシュートを浴びせたケルンが、6分に大迫の豪快なゴールで先制する。バイタルエリア左でパスを受けた大迫は思い切りよく右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上を捉えると、GKヤルシュテインの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

▽大迫の今季6ゴール目で先制したケルンは、自陣に引いてヘルタにボールを持たせ、カウンターを狙っていく。

▽一方、原口がこれまでよりも中寄りにポジションを取ってゴール前での仕事をこなすヘルタは、30分にカルーが負傷してヴァイザーとの交代を強いられる。そんな中32分、プラッテンハールトの左クロスにイビセビッチがダイビングヘッドで合わせる決定機を迎えるも、GKホルンの正面を突いてしまう。

▽すると35分、ボックス左でパスを受けた大迫の右足クロスをボックス中央のモデストが左足ボレーでゴールへ流し込み、ケルンが追加点を奪った。さらに2分後、原口のボールロストを誘ったケルンはレーマンのロングフィードを受けたモデストが抜け出してGKとの一対一を制し、3-0とした。

▽迎えた後半、3点を追うヘルタはシェルブレに代えてアラギを投入し、攻撃的な布陣に変更する。すると49分、FKのフィードに反応したボックス中央のシュタルクがGKホルンに頭をパンチングされてPKを獲得。これをイビセビッチが決めて1点を返した。

▽それでも63分、原口の横パスをカットした流れからケルンがダメを押す。ヘーガーのロングフィードを受けたモデストがボックス右へ侵入。GKとの一対一を制して4-1とリードを広げた。

▽モデストの今季2度目のハットトリックで再びリードを3点に広げたケルンは、69分に右CKからブルックスのヘディングシュートで1点を返されるも、ソーレンセンを投入して守備を固め、4-1のまま勝利。リーグ戦6試合ぶりの勝利を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

大迫の好調ぶりを喜ぶケルンGM…モデストとの関係性は「パーフェクトなコンビ」

ケルンのヨルク・シュマットケGM(ゼネラルマネジャー)は今季に入り、決定力も発揮する日本代表FW大迫勇也の好調ぶりに満足している。同選手が苦しんだ時期を振り返りつつ、「彼がいつの日か帰国した場合、自身にふさわしい評価を得たうえで戻ることになる」と語った。<br><br>18日のブンデスリーガ第25節で1ゴール1アシストをマークし、4-2の勝利に貢献した大迫。これで今季のリーグ戦での記録を6ゴール・7アシストに伸ばし、過去2シーズンの得点数にすでに達したことになる。ドイツ紙『エクスプレス』はそんな大迫について、「息を呑むほどの発展」とも形容し、シュマットケGMのコメントを紹介した。<br><br>2015年夏に、2部所属1860ミュンヘンでプレーしていた大迫の獲得を導いた同GMだが、最初の2年間は苦しんでいたフォワードについて「時にはそういった発展、実際に持つクオリティーを発揮させるのに時間がかかることがあり、時にはまったくそれをできないことだってあり得る。ユウヤに関しては結構時間がかかったが、それができて良かったよ」とコメントした。<br><br>またシュマットケGMは、当時は「我々は彼への重圧を軽減させるために彼を外し、あえて彼をほめなかったこともある」と振り返りつつ、「これからは何が起きようと、彼がいつの日か帰国した場合、自身にふさわしい評価を得たうえで戻ることになる。故郷ではスターであっても、ここでは通用しなかったプレーヤーとしてではなくね」と強調した。<br><br>なおシュマットケGMはヘルタ戦でハットトリックを決めたFWアンソニー・モデストとのパートナーシップについても触れている。大迫とモデストの間で築かれている関係性について「我々はボールを収め、処理し、提供する選手を持ち、その一方でそれを(ゴールに)蹴り込む選手を持っている。パーフェクトなコンビだ」と語った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

止まらない大迫勇也への称賛…ケルンGMは「3得点のモデストより良かった」と賛辞

ブンデスリーガ第25節のヘルタ・ベルリン戦で素晴らしい活躍を見せた日本代表FW大迫勇也への称賛が止まらない。ドイツ紙『エクスプレス』が報じている。<br><br>大迫は18日に行われたヘルタ・ベルリン戦で先発出場すると、1得点1アシストを記録して4&minus;2の勝利に貢献した。<br><br>ケルンのヨルク・シュマトケGM(ゼネラルマネージャー)は「ベルリン戦での勇也は(3得点を挙げた)アントニー・モデストよりも良かった。モデストのパフォーマンスとハットトリックにケチをつけたいわけじゃない。大迫のプレーが本当に素晴らしかったんだ」と語った。<br><br>また、ペーター・シュテーガー監督は「彼は思い通りのポジションでプレーしているわけじゃない。トップ下としてプレーしている。サイドで出場した時期もあった。適応するために多くのことをする必要があった。監督として高く評価しているよ。FWとしても彼は良いプレーをするのは分かっている。前でしっかりとボールをキープすることができるんだ。大迫がFWとしてプレーしてもチームはうまく機能するだろう。それでもモデストがいる間は、大迫が下がり目のFWとしてプレーするのが最適だと考えているよ」と、高い適応能力を評した。<br><br>所属クラブでも称賛を浴びる好調の大迫は、日本代表でも輝くことができるだろうか?日本代表は23日、UAE(アラブ首長国連邦)と対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 12:54 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫の同僚GKホルン「モデストはレヴァンドフスキやオーバメヤンより上」得点源を絶賛

ケルンに所属するGKティモ・ホルンが、ヘルタ・ベルリン戦終了後に、ハットトリックを決めた同僚FWアンソニー・モデストについて賛辞を贈っている。<br><br>ホルンは「モデストが今やっていることはライバルよりも賞賛されるべき内容だと思う」と発言。<br><br>「(ロベルト・)レヴァンドフスキや(ピエール・エメリク=)オーバメヤンは90分の試合中に、6度も7度もゴールチャンスがやってくる。バイエルンやドルトムントに比べて、ケルンではそうはいかない。チームが一丸になってハードワークを続け、それでやっとゴールチャンスがやってくるんだ」<br><br>「そんな中でモデストは22ゴールを決めている。僕が思うに、ブンデスリーガで最高のゴールハンターはモデストだと思っているよ」と続け、今シーズンリーグ戦でここまで25試合22ゴールとハイアベレージを残しているモデストの得点力を称賛した。<br><br>モデストはヘルタ・ベルリン戦でハットトリックの活躍を見せ、得点数を22に伸ばした。得点ランキングトップのオーバメヤンの23ゴールに1ゴール差となっている。<br><br>ケルンの大迫勇也もヘルタ・ベルリン戦では1ゴール1アシストを残しており、前線でコンビを組むモデストとの相性も抜群。この勝利でケルンはリーグ6位に浮上した。モデストと大迫の今後の活躍が、ケルンの今シーズンの順位を大きく左右するポイントとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.03.20 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スーパーゴールの大迫勇也、ドイツ各紙が絶賛「他クラブも注目しているだろう」

18日に行われたブンデスリーガ第25節で、ケルンはヘルタ・ベルリンに4-2で勝利。この一戦で1ゴール1アシストを記録した日本代表FW大迫勇也のプレーはドイツメディアで絶賛されている。<br><br>大迫は6分、MFマティアス・レーマンからのパスを受けると巧みなトラップからワンタッチで反転してバイタルエリアに侵入。すぐさまシュート体勢に入り、ペナルティーエリア手前からのミドル弾がゴールの右隅に突き刺した。チームに先制点をもたらした大迫はさらに35分にはFWアンソニー・モデストによる追加点をアシストし、ケルンの6試合ぶりの白星に大きく貢献した。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は大迫のそのパフォーマンスを絶賛。「28.7メートルの位置からシュートを決めた」とマッチレポートで記す同紙は大迫に、この試合でハットトリックを達成したモデストと並び最高点「1」を与えた。2アシストを記録したレーマン、DFネヴェン・スボティッチ、MFマルコ・ヘーガーらが「2」と続く一方、GKティモ・ホルンやDFヨナス・へクトルらは「4」、ウィングでプレーするFWシモン・ツォラーは「5」と低く評価されている。<br><br>また地元メディア『ケルナー・シュタットアンツァイガー』では大迫に対する評価は「1.5」とモデストに対する「1」に次ぐ採点となった。レーマン、ホルン、スボティッチ、ドミニク・マローらに「2」をつけ、そのほかの選手は「2.5」~「3.5」と及第点を与えている。大迫のプレーについては次のような寸評が記載された。<br><br>「ケルンで一番優れた技術を持つフットボーラー。長い間、ずば抜けた試合を見せた。彼のゴールは見事だったが、モデストへのアシストはさらに良かった。彼のパフォーマンスには他のクラブも注目しているだろう」<br><br>『エクスプレス』は大迫とモデストに「1」をつけ、ホルン、マロー、レーマンを「2」とした。ツォラー(「4」)を除くほかのプレーヤーたちは全員「3」となっている。大迫のプレーについて「なんて&ldquo;ファッケル&rdquo;(たいまつの意。ブレるシュートに使われる)だ。スーパーゴールでケルンにリードをもたらし、クレメンス(17分)、モデスト(35分)に素晴らしいパスを通した。最高」と興奮気味な寸評となった。またマッチレポートではアシストの場面で「大迫のパスは侍の刀のようにヘルタの守備を切り裂いた」と表現している。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.19 09:42 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルン大迫勇也、自画自賛のスーパーゴールは「思い切り打つしかないと思っていた」

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が、ヘルタ・ベルリン戦で今シーズンリーグ戦6ゴール目を奪い、喜びのコメントを残している。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。<br><br>ケルンは18日、ブンデスリーガ第25節で原口元気の所属するヘルタと対戦。開始早々に大迫の目の覚めるようなミドルシュートで先制すると、エースのアンソニー・モデストもハットトリックと爆発し、4-2で勝利を収めている。大迫は自身の先制点がチームに落ち着きを与えたとし、振り返っている。<br><br>「思い切り打とうと。コンパクトに振ることだけ意識しました。また2トップでやることができているので、ゴールに向うことが大事だと思っていました。良いゴールだったと思います。トラップもうまくできたので」<br><br>「ずっと負けが込んでいて、みんな余裕がない中での試合だったので、思いっきり打つしかないなと思っていましたけど」<br><br>大迫の1ゴール1アシストの活躍もあり、ケルンはリーグ戦6試合ぶりの勝利を手にした。大迫は試合前に意識していたことは「勝利のみ」とし、以下のように続けた。<br><br>「チームがうまくいかない時は、誰かがスーパーなプレーをしたり、誰かがチームを助けるプレーをしたりしないと、なかなか流れは変わらないので。今日こうやってみんなでまとまって勝つことができて良かったです」<br><br>また、いい形で日本代表に合流することができますね、という記者からの問いには「代表では役割も違いますし、また別なので。(代表では)本当に結果だけを求めて戦いたいと思います」と話した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.19 08:08 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース