大迫が豪快ミドル弾&アシストの活躍! 原口2失点関与のヘルタを下して6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》2017.03.19 01:23 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第25節のケルンvsヘルタ・ベルリンが18日に行われ、4-2でケルンが勝利した、ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は73分に交代している。

▽前節インゴルシュタット戦を2-2で引き分け、リーグ戦5試合勝利から見放されている7位ケルン(勝ち点34)は、PKを獲得した大迫が引き続き[4-4-2]の2トップの一角で先発となった。

▽一方、前節ドルトムント戦を2-1と競り勝った5位ヘルタ(勝ち点40)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ホッフェンハイムとの勝ち点差を2に縮めた。そんな中、献身的な守備を続けている原口は[4-2-3-1]の右MFで引き続き先発となった。

▽日本代表対決となった一戦は5分、大迫のパスを受けたモデストが決定的なシュートを浴びせたケルンが、6分に大迫の豪快なゴールで先制する。バイタルエリア左でパスを受けた大迫は思い切りよく右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上を捉えると、GKヤルシュテインの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

▽大迫の今季6ゴール目で先制したケルンは、自陣に引いてヘルタにボールを持たせ、カウンターを狙っていく。

▽一方、原口がこれまでよりも中寄りにポジションを取ってゴール前での仕事をこなすヘルタは、30分にカルーが負傷してヴァイザーとの交代を強いられる。そんな中32分、プラッテンハールトの左クロスにイビセビッチがダイビングヘッドで合わせる決定機を迎えるも、GKホルンの正面を突いてしまう。

▽すると35分、ボックス左でパスを受けた大迫の右足クロスをボックス中央のモデストが左足ボレーでゴールへ流し込み、ケルンが追加点を奪った。さらに2分後、原口のボールロストを誘ったケルンはレーマンのロングフィードを受けたモデストが抜け出してGKとの一対一を制し、3-0とした。

▽迎えた後半、3点を追うヘルタはシェルブレに代えてアラギを投入し、攻撃的な布陣に変更する。すると49分、FKのフィードに反応したボックス中央のシュタルクがGKホルンに頭をパンチングされてPKを獲得。これをイビセビッチが決めて1点を返した。

▽それでも63分、原口の横パスをカットした流れからケルンがダメを押す。ヘーガーのロングフィードを受けたモデストがボックス右へ侵入。GKとの一対一を制して4-1とリードを広げた。

▽モデストの今季2度目のハットトリックで再びリードを3点に広げたケルンは、69分に右CKからブルックスのヘディングシュートで1点を返されるも、ソーレンセンを投入して守備を固め、4-1のまま勝利。リーグ戦6試合ぶりの勝利を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

シュティーガー監督解任のケルン、3点差を逆転されて未勝利継続… 大迫は出場停止で欠場《ブンデスリーガ》

▽ケルンは10日、ブンデスリーガ第15節でフライブルクをホームに迎え、3-4で逆転負けした。ケルンのFW大迫勇也は出場停止で欠場している。 ▽前節シャルケ戦を2-2で引き分け、リーグ戦未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点3)は、シュティーガー監督を解任し、フェー監督を招へい。そのケルンは前節退場した大迫が出場停止のため欠場となった。 ▽ピッチに雪が積もった影響でキックオフが30分遅れた一戦。16位フライブルク(勝ち点12)に対し、ルーテンベック暫定監督が指揮を執ったケルンは、8分にヨイッチのスルーパスに抜け出したクランターがシュートを流し込んで先制する。 ▽さらに14分にはPKを獲得。ギラシーがボックス左に侵入したところでシュスターに倒された。これをギラシー自ら決めてケルンが2点をリードした。良い形でゴールを重ねるケルンは、29分に3点目を奪い切る。左サイドからのラウシュのクロスがスタンコのオウンゴールを誘った。 ▽しかし、39分にFKからペテルゼンにボレーシュートを叩き込まれたケルンは、後半も劣勢が続くと65分に1点差に詰め寄られる。右CKからペテルゼンのヘディングシュートが決まった。 ▽終盤にかけてもフライブルクの攻勢を受けたケルンは、試合終了間際の88分に同点とされる。エーズカンがボックス内でホフラーを倒してPKを献上した。これをペテルゼンに決められると、追加タイム5分にもPKを献上してしまう。FKの流れからボックス内のギラシーがハンドを犯してしまった。これを再びペテルゼンに決められ、直後にタイムアップ。ケルンは3点差を大逆転されての敗戦を喫し、リーグ戦初勝利はまたもお預けとなった。 2017.12.11 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫フル出場のケルン、レッドスターとの直接対決に破れてGS敗退《EL》

▽ケルンは7日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH最終節でレッドスターとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。この結果、ケルンはグループ3位に終わり、グループステージ敗退となっている。ケルンのFW大迫勇也はフル出場した。 ▽前節アーセナル戦を1-0と勝利して2位に浮上したケルン(勝ち点6)は、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる中、直近のシャルケ戦を引き分けてリーグ戦14試合未勝利となり、シュティーガー監督を解任した。そのケルンは大迫が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。 ▽同勝ち点で並び、決勝トーナメント進出を争う3位レッドスターに対し、一進一退の攻防が続いた中、ケルンは13分に右CKからソーレンセンのヘディングシュートがGKを強襲。続く14分にも大迫のパスを起点に、ヨイッチが味方とのワンツーでボックス右に侵入して枠内シュートを記録した。 ▽しかし22分、一瞬の隙を突かれて失点する。自陣右サイドを崩され、折り返されたグラウンダークロスをスルニッチに流し込まれた。 ▽失点を受けて前がかったケルンだったが、相手ゴールを脅かすことはできずに前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけるケルンは54分に大迫にチャンス。ボックス左で味方のパスを受け、狙い済まして右足でシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽その後もボールを持ったケルンだったが、守備を固めるレッドスターを崩せずに時間が経過していく。 ▽結局、終盤にかけては目立ったチャンスを作れずに敗戦。直接対決に敗れ、グループステージ敗退に終わった。 ▽グループHもう一試合のアーセナルvsBATEボリソフは前節既に首位通過を決めていたアーセナルが6-0で大勝している。 2017.12.08 07:02 Fri
twitterfacebook
thumb

シュティーガー監督解任のケルンがフェー監督を招へい

▽ケルンは6日、アルミン・フェー監督(56)を招へいしたことを発表した。契約期間は2020年6月30日までとなっている。 ▽ケルンでは3日、昨季ヨーロッパリーグ出場に導いたものの、今季のリーグ戦14試合で未勝利が続いたことで、ペーター・シュティーガー監督(51)が解任されていた。 ▽フェー監督はケルンの公式サイトで次のように意気込みを語っている。 「ケルン首脳陣との話を聞き、私は即座に興奮を覚えたよ。大きなチャレンジであると同時に、伝統あるクラブでの素晴らしいチャンスを得たと思ったね。木曜日にベオグラードでの成功を祈っているし、週末のフライブルク戦では、勝利を飾って良いシグナルを送れればと思っている」 ▽2006-07シーズンにシュツットガルトを率いてリーグ優勝に導いた経歴を持つフェー監督は、ヴォルフスブルクやハンブルガーSV、フランクフルトなどで指揮を執ってきたキャリアを持つ。 2017.12.07 01:17 Thu
twitterfacebook
thumb

「ケルンがあなたを忘れることはない」ポドルスキ、古巣のシュティーガー監督解任に労いのツイート

▽ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、日本代表FW大迫勇也の所属するケルン指揮官を解任されたペーター・シュティーガー監督に向けて自身のSNSで感謝を告げている。 ▽2013-14シーズンにケルンの監督に就任したシュティーガー監督は、就任1年目でチームをブンデスリーガ2部優勝に導き1部へ昇格。その後も優れた手腕でチームを着実に成長させると、昨季はブンデスリーガ5位に導いた。 ▽しかし、ヨーロッパリーグとの両立が求められた今シーズンは開幕から低迷を続け、第14節を消化した時点で、リーグ戦未勝利で最下位に沈んでいた。そして、クラブは2-2の引き分けに終わったシャルケ戦の翌日にシュティーガー監督の解任に踏み切った。 ▽ケルンでブレイクを果たしたポドルスキは、シュティーガー監督と直接師弟関係にあるわけではないものの、ツイッター(@Podolski10)で愛する古巣クラブに貢献してくれた同監督を労った。 「ありがとう、ペータ―! あなたがケルンというクラブや街のためにやってきたことをすべてに感謝する。あなたのおかげでケルンは再び国際的なクラブとなった。今後の幸運を祈っている。ケルンがあなたを忘れることはない。確信しているよ」 2017.12.04 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫所属ケルンがシュティーガー監督の解任を発表! 今季ブンデスで14戦未勝利…

▽日本代表FW大迫勇也の所属するケルンは3日、ペーター・シュティーガー監督(51)と、アシスタントコーチのマンフレッド・シュミット氏の解任を発表した。 ▽2013-14シーズンにケルンの監督に就任したシュティーガー監督は、就任1年目でチームをブンデスリーガ2部優勝に導き1部へ昇格。その後も優れた手腕でチームを着実に成長させると、昨季はブンデスリーガ5位に導いた。 ▽しかし、ヨーロッパリーグとの両立が求められた今シーズンは開幕から低迷を続け第14節を消化した時点で、リーグ戦未勝利で最下位に沈んでいた。そして、クラブは2-2の引き分けに終わったシャルケ戦の翌日にシュティーガー監督の解任に踏み切った。 ▽解任が決定したシュティーガー監督は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「シャルケ戦が私にとって最後の試合になることはわかっていた。ただ、この重要な一戦に集中して臨むため、話し合いは日曜に行うことを約束した。今回クラブが下した決断はチームのための決断であり、とても明瞭なことだ」 「選手、スタッフ、サポーター、ケルンの街は私とシュミットにとって特別な存在だ。我々はケルンが残留することを心から祈っているよ」 ▽なおケルンは、年内の残り試合をU-19チームで監督を務めるステファン・ルーテンベック氏が暫定指揮官として指揮することを併せて発表している。 2017.12.04 05:10 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース