超ワールドサッカー

柏DF中山雄太がケガのためU-20日本代表のドイツ遠征を不参加…追加招集は調整中《ドイツ遠征》2017.03.18 19:53 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は18日、ドイツ遠征に臨むU-20日本代表に選出されていた柏レイソルのDF中山雄太がケガのために不参加になることを発表した。

▽中山は今シーズンの明治安田生命J1リーグで3試合に出場。しかし、前節の川崎フロンターレ戦で退場処分となっており、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節のベガルタ仙台を欠場していた。

▽柏の発表によると、中山は右足関節滑膜炎と診断され、加療に3週間程度要するとのことだ。

▽なお、中山に代わる選手の追加招集は調整を行っているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールFWソランケの2Gで逆転のイングランド、イタリアを下し決勝戦へ! 《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準決勝のU-20イタリア代表vsU-20イングランド代表が8日に行われ、3-1でイングランドが勝利を収め、決勝進出を果たした。 ▽準々決勝で延長戦の末、3-2でザンビアを下したイタリアと、1-0でメキシコを退けたイングランドが激突した。 ▽試合は開始早々に動く。2分、自陣でFKを得たイタリアが素早いリスタート。イングランドの対応が遅れているうちに、スルーパスからボックスに侵入したファヴィッリが中へ折り返す。そこに右から走り込んできたオルソリーニが左足で合わせ、イタリアが先制に成功した。来シーズンのユベントス加入が内定しているオルソリーニは今大会5点目となった。 ▽その後は膠着した状態が続いたが、中盤で高い技術力を見せるイタリアがやや優勢に試合を進める。しかし、イングランドも徐々に攻勢に出ると、42分に右サイドからのクロスをソランケがバックヘッドでシュートに持ち込むが、ゴールの右に逸れる。直後の43分には再びソランケがミドルシュートでゴールを狙うが、GKの正面に飛んでしまい同点にはいたらなかった。 ▽迎えた後半、早く同点に追いつきたいイングランドは攻勢をさらに強め、次々とイタリアゴールを脅かす。53分、ソランケが自陣でボールを持つと、カウンター気味にドリブルを開始。そのままボックス手前まで持ち込みシュートを狙うが、ゴールの上へ外れた。 ▽さらに、54分にドーウェルに代わって入ったオジョが、立て続けに決定機を迎える。55分に左サイドからのクロスのこぼれ球をオジョが狙うがゴールの左へ。さらに59分にもボックス右外からオジョが左足で狙うも、ボール一つ分枠の左へそれてしまう。続く61分にもオジョにチャンスが訪れるがGKザッカーニョに阻まれる。 ▽猛攻のイングランドが同点に追いつくのは時間の問題だった。66分、右サイドのオジョがクロスを上げると、GKザッカーニョが手ではじき返す。しかし、そのボールがソランケの下へ繋がると、ソランケはダイレクトで蹴り込み、ネットを揺らした。 ▽完全にイングランドの流れの中、勢いそのままに逆転に成功する。交代で入って以降何度もチャンスを演出しているオジョが、右サイドからクロスを上げると、ゴール前のルックマンが胸でトラップし、ハーフボレーでゴールに沈めた。 ▽イタリアに反撃の隙を与えないイングランドは、1点リードのまま迎えた試合終了間際の88分、ボックス外中央でボールを持ったソランケが、チェックが緩いと見るや否やミドルシュートを選択。ゴール前でワンバウンドしたシュートは、GKザッカーニョの右手を掠めてゴールに吸い込まれた。この試合で2点目を決めたリバプールFWソランケは今大会4得点目を記録した。 ▽試合はこのまま終了。最後にダメ押し弾を決めたイングランドが、イタリアを逆転で下し決勝進出を決めた。 2017.06.08 22:13 Thu
twitterfacebook
thumb

死闘の末、PK戦を制したベネズエラがウルグアイを下し決勝進出!! 《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準決勝U-20ウルグアイ代表vsU-20ベネズエラ代表が8日に行われた。1-1でPK戦にまで突入した試合は、4-3でPK戦を制したベネズエラが決勝進出を果たした。 ▽準々決勝ではPK戦の末、ポルトガルを退けたウルグアイと、アメリカを2-1で破ったベネズエラが激突。共に日本を倒したチーム同士の一戦となった。 ▽試合立ち上がりはベネズエラペースで進んでいく。開始1分に、ルセナが敵陣中央からロングシュートでGKフェリネスを急襲すると、13分にもフェラレーシがFKから頭で合わせるなど、GKに休む暇を与えない。 ▽試合半ばにかけてウルグアイも反撃を開始。25分に、バルベルデがFKを直接狙いGKの横っ飛びを余儀なくすると、続く28分には、サラッチがボックス左からシュートを放つが、GKにセーブされる。 ▽無得点のまま迎えた後半。開始早々の49分にウルグアイが試合を動かす。ボックスに侵入したカノッビオがメヒアスに倒されてPKを獲得。キッカーを務めたクルスがGKの逆を突いて先制点をもたらした。 ▽先制したウルグアイは、51分にも追加点のチャンスが訪れる。クルスがボックス右からクロスをあげると、ゴール前フリーで待っていたスキアッパカッセがダイレクトで狙う。しかし、やや当たり損ねたシュートはGKフェリネスがブロック。こぼれ球に詰めるも今度はDFのブロックに遭い、得点とはならなかった。 ▽その後は両チームともシュートチャンスは作るものの、相手ゴールを脅かすまでには至らない。このまま終わるかに思えたが試合終了間際の91分、Y・エレーラが倒されベネスエラにFKの判定。ボックス手前右からのFKをソサが左足で見事に決めて、土壇場で同点に追いついた。 ▽1-1で突入した延長前半、98分にクルスがドリブルで突破し、ボックス左のカノッビオにラストパス。左足からのシュートはGKの正面に飛んでしまいゴールとはならず。直後の99分、ウルタドが難しい角度から右足で狙うが、GKサンティアゴ・メレがセーブする。 ▽延長戦も後半になり、気力での戦いになる時間帯。両チームとも何とかシュートまで持ち込むが、最後の場面で精彩を欠き2点目を奪うことができない。そんな中、120分にベネズエラが最大の決定機を迎える。右サイドからのクロスをウルタドが右足で合わせるも、これが右ポストを直撃。120分で勝敗がつかずそのままPK戦に突入した。 ▽PK戦はウルグアイの2人目のキッカー、ルイス・ロドリゲスがGKフェリネスに読まれ失敗。その後ベネズエラの4人目のシテルドがクロスバーに当ててしまいイーブンに。互いに一人ずつ失敗して迎えた5人目は、先攻のベネズエラはきっちり沈めたが、ウルグアイの5人目をキッカーを務めたキャプテン・クルスが、GKフェリネスが足で止めるというファインセーブに遭い失敗。劇的な同点弾から、4-3でPK戦を制したベネズエラが逆転勝利し、決勝進出を決めた。 2017.06.08 20:19 Thu
twitterfacebook
thumb

“つり目”ポーズのU-20ウルグアイ代表MFバルベルデが人種差別を否定も謝罪

▽韓国で行われているFIFA U-20ワールドカップにおいて、人種差別的なジェスチャーをしたとされたレアル・マドリーのU-20ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデだが、これを否定した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ウルグアイは、準々決勝でU-20ポルトガル代表と対戦。120分間を終えて2-2のドローとなり、PK戦までもつれた試合を5-4で制したウルグアイが、ベスト4に勝ち進んだ。 ▽この試合でPKによる同点ゴールを決めたバルベルデが、目尻を釣り上げるゴールパフォーマンスを行っていた。このことが問題視され、アジア人に対する差別だと騒がれていたが、本人が否定した。 「これは人種差別的なセレブレーションではなく、友人のための個人的なお祝いだった」 「人種差別的な意図はなかったけど、僕は謝罪したい」 ▽“つり目”のパフォーマンスは最近問題になることが多く、中国スーパーリーグの河北華夏に所属するアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシがクラブの写真で同様のポーズをして謝罪。また、バレーボールのセルビア女子代表チームも日本での大会出場権を獲得したことに対して同様のポーズを取り、批判を受けて謝罪する事態が起きていた。 2017.06.06 12:34 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールFWソランケ弾のイングランド、終盤10人もメキシコ撃破で4強《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準々決勝のU-20メキシコ代表vsU-20イングランド代表が5日に行われ、0-1でイングランドが勝利した。 ▽決勝トーナメント1回戦でU-20セネガル代表に1-0で勝利したメキシコと、同じくU-20コスタリカ代表を2-1で退けたイングランドが4強入りを懸けて対戦した。 ▽前半はお互い譲らず拮抗した展開で、スコアは動かず。迎えた後半、早々に試合を動かしたのはイングランドだった。47分、ペナルティアーク付近で縦パスを受けたソランケがボックス内に入って素早く左足でシュート。これが決まり、今夏にチェルシーからリバプールに移籍したソランケのゴールにより、イングランドが先制した。 ▽これで勢いに乗って攻勢に出たイングランドは、トッテナムMFオノマーが右ポスト直撃のミドルシュートを放つなど、追加点に近づく。しかし、終盤にかけてはリスクを冒したメキシコがイングランドゴールを襲うが、GKウッドマンの好守もあって同点弾とはならない。 ▽72分にはオノマーが2枚目のイエローカードを受けた退場したイングランドだが、最後までメキシコの攻撃を凌ぎきって勝利。U-20イタリア代表が待つ準々決勝に進んだ。 ◆準々決勝 ▽6/5(月) U-20メキシコ代表 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 U-20イングランド代表</span> 【イングランド】 ソランケ(後2) ◆準決勝 ▽6/8(木) 《17:00》 U-20ウルグアイ代表 vs U-20ベネズエラ代表 《20:00》 U-20イタリア代表 vs U-20イングランド代表 2017.06.05 22:18 Mon
twitterfacebook
thumb

10人のイタリアが延長弾でザンビアを撃破《U-20W杯》

▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準々決勝のU-20イタリア代表vsU-20ザンビア代表が5日に行われ、3-2でイタリアが勝利した。 ▽決勝トーナメント1回戦で優勝候補のU-20フランス代表を2-1で下したイタリアと、延長戦の末にU-20ドイツ代表を4-3で退けて旋風を巻き起こしているザンビアが激突した。 ▽試合は早々の4分、スルーパスでボックス内正面に抜け出したダカがGKとの一対一を制して、ザンビアが先行する。出鼻をくじかれたイタリアはさらに前半終盤、自陣ボックス手前でファウルを犯したペゼージャが決定機阻止とみなされ、レッドカード。イタリアは残る試合を10人で戦うことを強いられる。 ▽迎えた後半、前に出るイタリアは50分、左サイドからのクロスにファーサイドで飛び込んだオルソリーニがヘディングシュートを叩きこんで同点に追いつく。逆にザンビアは84分、正面からサカラが鋭いシュートを突き刺し、再びリード。それでもイタリアは88分、ディマルコがペナルティアーク手前の正面から直接FKをねじ込む。 ▽2-2で迎えた延長戦、積極的にゴールを目指すイタリアは延長後半6分、左CKに合わせたヴィドがヘディングシュートを決めて勝ち越し。そのまま逃げ切ったイタリアは、準決勝でメキシコvsイングランドの勝者と対戦する。 ◆準々決勝 ▽6/5(月) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20イタリア代表 3</span>-2 U-20ザンビア代表 【イタリア】 オルソリーニ(後5) ディマルコ(後43) ヴィド(延後6) 【ザンビア】 ダカ(前4) サカラ(後39) 2017.06.05 20:17 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース