バイエルン戦でポスト激突の長谷部誠についてコバチ監督「プレーできるか確認する」2017.03.18 19:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトのニコ・コバチ監督は17日、日本代表MF長谷部誠の起用について様子を見ることを明かした。

▽フランクフルトは18日にハンブルガーSVとのブンデスリーガ第25節をホームで戦う。前節のバイエルン戦に先発出場した長谷部だったが、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした際に左ポストへ激突。スネを裂傷し、途中交代していた。

▽16日に発表されたロシア・ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバーにも選出された長谷部は、すでにチームのトレーニングに合流。ケガの影響はないかと思われたが、前日会見でコバチ監督が長谷部についてコメントした。

▽コバチ監督は「彼が再びプレーできるかどうかを確認する必要がある。今日のトレーニングで確認するよ」と、状態を確認してからハンブルガーSV戦の起用を決めると明かした。

▽今シーズン序盤はボランチで出場していた長谷部だったが、3バックの中央でリベロとして重用されている。

コメント

関連ニュース

thumb

ケラー監督「内田は本調子ではないが…」次節ベンチ入りを示唆、2カ月ぶり出場なるか

現地時間24日、ブンデスリーガ2部第14節ウニオン・ベルリンvsダルムシュタットの一戦で、内田篤人が出場する可能性が高まっているようだ。<br><br>同選手の状態について、イェンス・ケラー監督が地元メディア『B.Z.ベルリン』に対して語っている。<br><br>「相手は1部から降格してきたばかりのチームで気は抜けないが、勝利できることを願っている」<br><br>ウニオン・ベルリンは複数の主力選手が負傷で離脱している状況だが、内田については「ここ数日は通常の練習もこなすようになった。だが、彼は離脱期間が長かったし、まだ100パーセントの状態ではない。だが、登録メンバー入りすることになるだろう」と語っている。<br><br>今季、2部のウニオン・ベルリンに加入した内田は9月19日のザンドハウゼン以来、ピッチから遠ざかっている。果たして24日のダルムシュタット戦で2カ月ぶりの復帰はなるのか、シャルケ指揮官時代から内田をよく知るケラー監督の采配にも注目が集まるところだ。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 18:27 Thu
twitterfacebook
thumb

「泣き面に蜂」…グループ突破黄信号のヘルタ・ベルリンが飛行機故障で足止め

▽ヨーロッパリーグのアスレティック・ビルバオ戦に臨むヘルタ・ベルリンが不運に見舞われた。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ▽23日に、アウェイでビルバオと対戦するヘルタ・ベルリン。現在はグループ最下位に位置しており、ビルバオ戦では勝利が求められている。 ▽しかし、ヘルタ・ベルリンの選手たちが乗る予定だった飛行機が故障。これにより、出発時刻が遅れ、試合会場でのトレーニングの予定を変更し、ベルリンで調整を続ける事となった。 ▽結局、午後に無事出発した飛行機。到着が遅れながらも、前日会見に臨んだパル・ダルダイ監督は試合に向けて意気込んだ。 「我々は何が問題になっているかわかっている。試合はほとんど準決勝に近いものだろう」 「似たようなゲーム哲学を持つ2チームが対決する。細かい部分が試合を決めるだろう」 ▽なお、この遠征に日本代表FW原口元気は帯同していない。 2017.11.23 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「僕はもう若くない」、本田圭佑が明かすクラブW杯&ロシアW杯への思い

▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が22日に行われたコパMX準決勝のアトランテ戦、公式記者会見に出席した。『ESPN』が報じた。 ▽今夏にミランからパチューカに活躍の場を移した本田。シーズン当初こそ負傷の影響で出遅れたものの、ここまで公式戦15試合6ゴールと結果を残してきた。 ▽パチューカに加入して以降、2度目の会見に臨んだ本田は、ここまでの自身の出来や、アトランテを下してのカップ戦決勝進出についてこう振り返っている。 「シーズンのスタートでケガをして、合流が遅れた。最初の数試合こそ良い内容じゃなかったけど、少しずつ改善してきていると思う。まだ満足の行くものじゃないけど、チームとしてカップ戦の決勝に進めたから良かった」 ▽また、来月12月に行われるFIFAクラブ・ワールドカップや、来年に迫るロシア・ワールドカップに向けても、次のように思いを明かしている。 「僕はもう若くない。だから、今年クラブ・ワールドカップでプレーできるのは嬉しい。それと、来年はワールドカップがある。自分にとって、おそらく最後のワールドカップ。これもとても重要で、そこでプレーしたい」 2017.11.23 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

FW本田圭佑フル出場のパチューカがファイナル進出! 決勝戦でモンテレイと激突《コパMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは22日、コパMXの準決勝でアトランテと対戦し、2-0で勝利した。本田は公式戦9試合連続先発出場でフル出場を果たした。 ▽準々決勝で4人抜きのスーパーゴールを決めた本田は、右サイドで先発。試合はパチューカが5分、ボックス右に侵攻したウレタビスカヤのクロスをファーサイドのオマール・ゴンザレスがヘディングで合わせる。ゴール右へと飛んだ山なりのボールは、GKヘラルド・ルイスが左手で触られるも右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したパチューカはさらに21分、ボックス左外でFKを獲得。キッカーのウレタビスカヤのクロスを選択すると、ニアサイドでビクトル・グズマンが頭でゴール左隅へと流し込んだ。 ▽パチューカはこの2ゴールを守り切って2-0で勝利。決勝戦の日程についてはまだ発表されていないが、PK戦の末にクラブ・アメリカを下したモンテレイと対戦する。 パチューカ 2-0 アトランテ 【パチューカ】 オマール・ゴンザレス(前5) ビクトル・グズマン(前21) 2017.11.22 14:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ホームで敗戦のドルトムント…先発出場香川真司の評価は厳しめ「印象的なプレーはほぼなし」

ドルトムントは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でトッテナムに1-2と敗れ、敗退が決定した。この試合に先発したMF香川真司だが、地元紙は低めの評価を下している。<br><br>グループリーグ突破のため勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れる必要があるという厳しい状況の中、ホームにトッテナムを迎えたドルトムント。31分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制するも、前半のうちに同点に追いつかれると、76分にソン・フンミンに勝ち越し弾を奪われる。さらにはこの試合でビッグセーブを連発していたGKロマン・ビュルキが負傷交代するなど、最悪の展開に。結局最後まで追いつくことができず、グループ敗退が決定した。<br><br>先発出場を果たした香川だが、得点に絡むことはできず。同点で迎えた66分にベンチに下がっている。<br><br>地元メディア『WAZ』は、香川のプレーに対し「4」と低めの採点をつけた。「日本人選手は試合になかなか入り込めず、ファーストボールを簡単に奪われ過ぎた。徐々にパス成功率を上げ、先制点の起点にもなった」と寸評している。なお、好セーブを見せたGKロマン・ビュルキ(「2」)やアシストを記録したFWアンドリ―・ヤルモレンコ(「2.5」)には高評価をつけたが、DFマルク・バルトラには「5.5」と厳しい評価を下した。<br><br>『ルールナハリヒテン』でも、香川の採点は「4」となった。「序盤に迎えた2つの不運な場面が、意思と実行の差を象徴している。彼のプレーはインパクトを与えることはほとんどなかったが、相手ボールにおいては懸命に働いた」と守備での貢献に言及。ビュルキに「2」とチーム最高点をつけ、ヤルモレンコは「4」という採点になった。また『WAZ』と同様に、バルトラには単独ワーストとなる「5」をつけている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 11:59 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース