バイエルン戦でポスト激突の長谷部誠についてコバチ監督「プレーできるか確認する」2017.03.18 19:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトのニコ・コバチ監督は17日、日本代表MF長谷部誠の起用について様子を見ることを明かした。

▽フランクフルトは18日にハンブルガーSVとのブンデスリーガ第25節をホームで戦う。前節のバイエルン戦に先発出場した長谷部だったが、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした際に左ポストへ激突。スネを裂傷し、途中交代していた。

▽16日に発表されたロシア・ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバーにも選出された長谷部は、すでにチームのトレーニングに合流。ケガの影響はないかと思われたが、前日会見でコバチ監督が長谷部についてコメントした。

▽コバチ監督は「彼が再びプレーできるかどうかを確認する必要がある。今日のトレーニングで確認するよ」と、状態を確認してからハンブルガーSV戦の起用を決めると明かした。

▽今シーズン序盤はボランチで出場していた長谷部だったが、3バックの中央でリベロとして重用されている。

コメント

関連ニュース

thumb

久保裕也がフル出場のヘント、ミリチェビッチのハットでベスト16進出《ベルギーカップ》

▽20日にベルギーカップの6回戦が行われ、日本代表FW久保裕也が所属するヘントはアウェイで3部のヘールと対戦。2-3で勝利し、ベスト16に進出した。なお、久保は先発フル出場している。 ▽試合は9分、ヘントがFKを得るとミリチェビッチが直接沈めて先制点を奪う。前半をヘントが1点リードで折り返すも47分、ヘールはケルクホフスのゴールで同点に追いつく。 ▽追いつかれたヘントだったが、59分にPKを獲得すると、ミリチェビッチがGKの逆を突いて決めて勝ち越しに成功。しかし、粘るヘールは69分にネリッセンがネットを揺らし、再び同点に追いつく。 ▽2度追いつかれたヘントだったが81分、ミリチェビッチが3度ゴール。このゴールが決勝点となり、ヘントがベスト16入りを果たした。 ヘール 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ヘント</span> 【ヘール】 ケルクホフス(後2) ネリッセン(後24) 【ヘント】 ミリチェビッチ(前9、後14、後36) 2017.09.21 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

森岡亮太は途中出場! ベベレンが逆転勝利でベスト16へ《ベルギーカップ》

▽20日にベルギーカップの6回戦が行われ、MF森岡亮太が所属するベベレンはアウェイで3部のロメル・ユナイテッドと対戦。1-2で勝利し、ベスト16に進出した。なお、森岡は56分から途中出場している。 ▽試合は2分にロメル・ユナイテッドのフェルミールがゴールを奪い先制。しかし、ベベレンは、5分にディエルクス、9分にカマーチョがゴールを奪い、すぐさま逆転に成功した。 ▽後半は互いにゴールを奪うことができず。途中出場の森岡は、相手選手のヒジが顔面に入ってしまうアクシデントにも見舞われたが、問題なく最後までプレー。結局そのまま試合は終了し、1-2でベベレンが勝利した。 ロメル・ユナイテッド 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ベベレン</span> 【ロメル・ユナイテッド】 フェルミール(前2) 【ベベレン】 ディエルクス(前5) カマーチョ(前9) 2017.09.21 10:56 Thu
twitterfacebook
thumb

香川が今季初ゴールで日本人のブンデス得点ランキングは“ダブル・シンジ"が並ぶ!!

▽ドルトムントの香川真司が、ブンデスリーガの日本人得点ランキングでトップに並んだ。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。 ▽2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍した香川は、デビュー3戦目となるヴォルフスブルク戦で、リーグ戦初ゴールをマーク。そのシーズンは8ゴールを奪い、チームの9年振りとなるリーグ優勝に貢献した。 ▽主力として臨んだ2011-12シーズンは、13ゴールを挙げる好パフォーマンスでチームのリーグ連覇、DFBポカールの2冠達成に貢献。翌シーズンからは活躍の場をマンチェスター・ユナイテッドに移した。 ▽しかし2014-15シーズンにドルトムントへ復帰を果たすと、毎シーズンゴールを奪い、迎えた20日のブンデスリーガ第5節、ハンブルガーSV戦では今季初ゴールを奪取。このゴールで、ブンデスリーガでは通算37ゴールとし、これまで歴代1位だった日本代表FW岡崎慎司(現:レスター・シティ)の記録に並び、日本人最多タイとなってる。 ◆香川真司のシーズン別ゴール数(ブンデスリーガ) 2010-11シーズン:8ゴール 2011-12シーズン:13ゴール 2014-15シーズン:5ゴール 2015-16シーズン:9ゴール 2016-17シーズン:1ゴール 2017-18シーズン:1ゴール ◆日本人選手得点ランキング 1位 岡崎慎司(37ゴール/128試合) 1位 香川真司(37ゴール/130試合)※ 3位 奥寺康彦(26ゴール/234試合) 4位 高原直泰(25ゴール/135試合) 5位 清武弘嗣(17ゴール/117試合) 6位 武藤嘉紀(14ゴール/44試合)※ 7位 大迫勇也(11ゴール/87試合)※ 8位 長谷部誠(7ゴール/240試合)※ 8位 乾貴士(7ゴール/75試合) 10位 原口元気(4ゴール/88試合)※ ※現役ブンデスリーガ所属選手 2017.09.21 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

“フランクフルトの皇帝”長谷部「自分が戦術の鍵を握っている」

▽フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、20日に行われたブンデスリーガ第5節のケルン戦を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが長谷部のコメントを伝えている。 ▽長谷部はアウェイで行われた一戦でダブルボランチの一角として先発出場。チームメートであるMF鎌田大地はベンチスタートとなり、ケルンの日本代表FW大迫勇也は先発でピッチに立った。 ▽試合は22分にアラーがPKを決めてフランクフルトが先制すると、これが決勝点となった。長谷部と大迫はフル出場。鎌田は出場機会が与えられなかった。 ▽試合後に、インタビューに応じた長谷部は過密日程の中での勝利に満足感を示すとともに、チームにおける自身の役割が勝敗の鍵を握っていると口にした。 「ケルンも疲労のある中、厳しかったとは思いますけど、自分たちもチャンスが少ない中、こういう難しい試合で勝てて、非常に重要な勝ちだったと思います」 「このチームは自分が戦術の鍵を握っていると言っても過言ではないと思うので、責任を持ってやらないといけません。前の試合で、自分が出て負けて、その前の試合は、自分が出ていなくて勝っていたので、責任を感じていましたし、今日はどうしても勝ちたかった。そういった意味でも、まずは勝ってホっとしています」 ▽また長谷部は対戦した大迫やケルンの印象についても言及している。 「(ケルンの)チーム状況もあまり良くないという部分で、その流れに彼も苦しんでいるかな、というのはありますけど、ケルンはあそこ(大迫選手のところ)でボールが収まって攻撃が始まる部分があるので、そういう意味では嫌でしたね。トップにいたり、中盤に下がったりといろいろな動きをする。そこに自分が対応する形になったので、その辺は注意しながら見ました」 2017.09.21 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

先発復帰の武藤が今季2ゴール目もチームは逆転負けで4敗目《ブンデスリーガ》

▽マインツは20日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムとのホーム戦に臨み、2-3で敗れた。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、16分に今季2ゴール目を挙げている。 ▽前節バイエルン戦を0-4と惨敗して今季3敗目を喫したマインツは、武藤が2試合ぶりに先発となった。 ▽試合は開始5分、ラツァのミドルシュートが決まってマインツが先制した。さらに16分、武藤が魅せる。エツナリのパスを受けた武藤がボックス左へドリブルで侵入。DF2人に対応されながらも左足でゴール左隅へねじ込んだ。 ▽しかし23分、中央をあっさり割られてアミリにシュートを叩き込まれた。さらに前半追加タイム1分、右CKからワグナーにヘッドで決められ、試合を振り出しに戻されて前半を終えた。 ▽迎えた後半はマインツペースで推移した中、試合終了間際に痛恨の失点を喫する。追加タイム2分、右CKの流れからオフサイドトラップをかいくぐったウートにシュートを決められた。これが決勝点となってマインツは敗戦。武藤のゴールも虚しく、今季4敗目を喫している。 2017.09.21 07:00 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース