超ワールドサッカー

バイエルン戦でポスト激突の長谷部誠についてコバチ監督「プレーできるか確認する」2017.03.18 19:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトのニコ・コバチ監督は17日、日本代表MF長谷部誠の起用について様子を見ることを明かした。

▽フランクフルトは18日にハンブルガーSVとのブンデスリーガ第25節をホームで戦う。前節のバイエルン戦に先発出場した長谷部だったが、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした際に左ポストへ激突。スネを裂傷し、途中交代していた。

▽16日に発表されたロシア・ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバーにも選出された長谷部は、すでにチームのトレーニングに合流。ケガの影響はないかと思われたが、前日会見でコバチ監督が長谷部についてコメントした。

▽コバチ監督は「彼が再びプレーできるかどうかを確認する必要がある。今日のトレーニングで確認するよ」と、状態を確認してからハンブルガーSV戦の起用を決めると明かした。

▽今シーズン序盤はボランチで出場していた長谷部だったが、3バックの中央でリベロとして重用されている。

コメント

関連ニュース

thumb

今季23発のヘント久保裕也にポルト関心と現地報道

▽ポルトガル『A Bola』は22日、ヘントに所属する日本代表FW久保裕也(23)にポルト移籍の可能性があると報じた。 ▽久保は、2013年夏に京都サンガF.C.からヤング・ボーイズに移籍すると、今冬の移籍市場でヘントに加入。今シーズンはヤング・ボーイズとヘントの両クラブ合わせて23ゴールを挙げ、個人としても大きく飛躍した。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表でも定位置を掴みつつある。 ▽報道によれば、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバをミランに売却したポルトは今夏、その久保の存在に注目。今シーズンのリーグ戦で19ゴールを挙げたブラジル人FWソアレスの新たなパートナーとして、前線複数エリアでプレー可能な久保に白羽の矢を立てたようだ。 ▽しかし、『A Bola』は、ポルトがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題で人件費の削減を迫られていると伝えている。そこで、年俸100万ユーロのベルギー代表FWローラン・ドゥポワトルを古巣ヘントに復帰させることで、久保獲得の活路を見いだす案があるという。 2017.06.23 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、FW浅野拓磨の残留を発表 「1日1日を100%で」

▽シュツットガルトは22日、2016-17シーズンにアーセナルからレンタルで加入していた日本代表FW浅野拓磨(22)が来シーズンも残留することを発表した。 ▽昨夏にサンフレッチェ広島からアーセナル移籍した浅野だが、労働許可が下りなかったこともあり、シュツットガルトにレンタル移籍。ドイツ2部リーグで26試合4ゴールを記録し、クラブの1部昇格に貢献した。 ▽なお、浅野は同日、自身のブログで以下のように記している。 「来季もシュツットガルトでプレーすることに決めました!」 「色々と考えましたが、2部優勝を果たしたこのチームで、来季1部で戦いたいという思いもあり決断しました」 「今季の自分自身のプレー、結果には満足していないので、もっと良いパフォーマンスを見せられるよう、1日1日を100%で頑張って行きたいなと思います」 「来季もシュツットガルト、浅野拓磨を応援して頂けると嬉しいです!」 2017.06.22 19:38 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎岳のアシストを称える決勝点挙げたテネリフェDF「半分は彼のゴール」

ヘタフェ戦で決勝点を挙げたテネリフェのDFホルヘ・サエンスが、アシストを記録した柴崎岳について賛辞の言葉を送っている。<br><br>テネリフェは21日、1部昇格プレーオフ決勝ファーストレグでヘタフェと対戦。ホルヘ・サエンスは前半の22分、柴崎が蹴った右コーナーキックから頭で合わせてネットを揺らした。サエンスは柴崎が上げたボールについて「本当に素晴らしかった。合わせてゴールを決めるだけだった」と振り返る。<br><br>さらに、得点後柴崎にどのような言葉をかけたのかという質問には「よく覚えていないけど」と前置きしつつ、「喜びの言葉を口にしたと思う。嬉しかったし、何を言ったとしても足りないくらいだったよ」と語った。<br><br>また、テネリフェにおいて攻撃陣の主役となっている柴崎について「凄まじいポテンシャルを持っている選手だよ。今回のゴールも半分は彼のもの」と褒め称えた。<br><br>柴崎とホルヘ・サエンスの活躍でヘタフェとのファーストレグをものにしたテネリフェ。セカンドレグは24日、ヘタフェのホームで行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 12:27 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、テネリフェに確かな“居場所”…「ガク!」コールに見るファンの愛情

柴崎岳がテネリフェで存在感を発揮していることはピッチを見れば明らかだが、ピッチ外でも確かな居場所を確保している。<br><br>今冬の移籍市場でテネリフェに加入した柴崎は、当初は適応に苦しみながらも、ついにスペインで本領を発揮しつつある。18日に行われた1部昇格プレーオフ準決勝セカンドレグのカディス戦ではクロスから、右足で合わせてゴールを挙げ、チームを決勝進出へと導いた。<br><br>さらに、スペイン紙ではキーマンに指名されていたヘタフェとの決勝でも躍動。コーナーキックで決勝点をアシストしただけでなく、常にテネリフェの攻撃陣の中心に君臨し、チームをけん引した。地元メディアからも「技術の&ldquo;リサイタル&rdquo;を開いた」と記され、最高評価を受けている。<br><br>また、チーム屈指の技術を持つ日本人MFはすでにファンからの愛情も十分に受ける。ヘタフェとのファーストレグでは声援から見て取ることができた。60分に柴崎が右サイドのクロスからシュートを放つも、枠を外れる。すると、シュートの際の接触プレーでピッチに倒れ込んだ柴崎には、スタジアムから「ガク! ガク!」のチャントが送られた。さらに、83分の交代時には観客がスタンディングオベーションで再び「ガク!」コールを響かせている。<br><br>スタジアムを離れても柴崎へのファンの信頼は感じられる。テネリフェの人々は日本人を見れば「ガク!」と声をかけ、ハンバーガー店でも日本国旗を掲げながら、柴崎への愛情を爆発させていた。<br><br> <br><br>柴崎はすでにテネリフェの中心選手であり、アイドルにすらなりつつある。クラブを8シーズンぶりの1部へ導くことはできるのか。注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

決勝点演出の柴崎岳にスペインメディア「2部という舞台は彼に見合わない」

コーナーキックから決勝点をアシストしたテネリフェのMF柴崎岳に高評価が与えられている。<br><br>テネリフェは21日、1部昇格プレーオフ決勝1stレグでヘタフェと対戦。柴崎が蹴ったコーナーキックに、ホルヘ・サエンスが頭で合わせてネットを揺らした。結局この1点を守りきり、テネリフェがホームで先勝している。<br><br>スペイン『エルドルサル』は柴崎に10点満点中9点を与え、「フィジカルが完璧な状態にあるときには、ボールとともに再び技術の&ldquo;リサイタル&rdquo;を開き、ボールを持たなくてもそれは同じであった。今回はホルヘのゴールをアシスト。彼がブランキアスール(テネリフェの愛称)の成長及び、この最終局面において重要な役割を担っていることを疑う者など誰もいない」と手放しで称賛した。<br><br>さらに、地元メディア『デポルプレス』でも「ほかの試合で見せたような輝きがなくとも、異質な選手であると見て取れる。リーガ2部という舞台は彼に見合うものではない。熱心な姿勢を欠かず、選択を間違えなかった」と賛辞を惜しまなかった。<br><br>数字に残ったのはアシストのみという結果ながら、テネリフェの攻撃陣をけん引する柴崎。スペインメディアは柴崎の確かな技術と存在感を高く評価しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 11:15 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース