大森2戦連発の神戸が磐田を下して開幕4連勝!《J1》2017.03.18 17:54 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第4節のヴィッセル神戸vsジュビロ磐田が18日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で神戸が勝利した。

▽リーグ唯一の開幕3連勝で勢いに乗る神戸と、ここまで1勝1分け1敗の磐田が対戦。神戸はウエスクレイと渡邉を前線に、藤田、大森、ニウトン、松下が先発した。対する磐田は、川又をトップに、引き続き中村、アダイウトン、太田らがスタートからピッチに立つ。

▽序盤、決定機を得たのはホームの神戸だった。5分、左サイド深くで藤田が入れたロングスローから、最後はゴール前の渡邉がヘディングシュート。しかし、このシュートはバーに直撃し、先制点とはならない。

▽攻勢を強める神戸は、18分に立て続けにゴールチャンス。ゴール正面でボールを受けて決定機を迎えた渡邉のシュートは、GKカミンスキーのセーブに遭う。さらに、跳ね返りを再び渡邉がシュートに持ち込んだが、これもGKカミンスキーのファインセーブに阻まれる。

▽ハーフタイムにかけては、試合が膠着状態となったこともあり、両者共に決定機をつくることができず、試合はゴールレスのまま前半が終了した。

▽迎えた後半は、開始早々に神戸がゴールを陥れる。右サイドのウエスクレイが中央にパスを入れると、藤田がダイレクトでミドルシュート。ミートしきらなかったボールをゴール正面の渡邊が触ると、これを受ける形になった大森が右足を振る。このシュートが見事に決まり、大森の2試合連続弾で神戸がリードを手にした。

▽ビハインドを背負った磐田は、61分に川又を下げて小川航基を投入する。65分には左サイドから中村がゴール前に入れたFKに大井が合わせるも、このヘディングシュートはわずかに枠の左にはずれる。

▽さらに磐田は71分に決定的なシーン。ボックス左手前でボールを持った松浦がカットインしてコントロールシュート。これが右ポストに直撃すると、跳ね返りを太田が押し込んだが、オフサイドの判定でゴールとはならない。

▽逆に80分には神戸が反撃。藤田のロングスローから、相手のクリアをバイタルエリアの松下がボレーで叩く。強烈なシュートが枠を捉えたが、GKカミンスキーのファインセーブに遭って2点目とはならない。

▽その後、磐田はリスクを冒して攻め続けるも、最後までネットを揺らせず、試合終了。神戸が開幕4連勝で首位をキープした。

コメント

関連ニュース

thumb

決戦地ロシアから震災に心配の声…高槻市出身の東口順昭「気をつけて」

▽ガンバ大阪に所属する日本代表GK東口順昭が18日、自身のツイッター(@hi_five21)を通じて、大阪府北部を襲った震度6弱の地震による被害を心配した。 ▽東口は大阪府高槻市出身。所属クラブも震源地の大阪府北部をホームタウンとするG大阪だ。現在、ロシア・ワールドカップに参戦中の日本代表に帯同する東口。決戦の地ロシアから被災地にメッセージを寄せた。 「心配です。まだまだ気は抜けないとは思いますが、皆さん気をつけて下さい!」 2018.06.18 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

地震の影響で練習中止のG大阪、クラブ関係者全員の無事を報告

▽ガンバ大阪は18日、同日近畿地方で発生した地震による安否の状況を説明。所属選手、スタッフ、アカデミー選手、アカデミースタッフ、クラブスタッフ全員が無事であることを報告している。 ▽また、クラブは同日予定されていたトップチームの練習が中止になったことも併せて伝えている。 2018.06.18 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎MF島田譲に第一子となる長女が誕生

▽V・ファーレン長崎は15日、MF島田譲(27)に第一子となる長女が誕生したことを発表した。 ▽島田はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、第一子となる長女が産まれました。頑張ってくれた妻と支えてくれた家族、そして産まれてきてくれた娘には心から感謝しています。新たな大きなモチベーションを持ち、父親として家族を支えるために、これからより一層、頑張ります! 応援をよろしくお願いたします」 ▽島田は2017年に岡山から長崎に加入。今シーズンはここまで公式戦7試合に出場している。 2018.06.15 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「報道は真実ではない」ジョー、コリンチャンス復帰希望の噂否定で名古屋残留を明言

▽名古屋グランパスに所属する元ブラジル代表FWジョー(31)が、コリンチャンス復帰の噂について否定している。 ▽昨シーズンコリンチャンスでブラジル選手権34試合18ゴールを記録してチームの優勝と共に個人では得点王とベストイレブン、最優秀選手賞を受賞したジョーは、2018年に名古屋に加入。今シーズンはここまで公式戦18試合7ゴール1アシストを記録している。そんな同選手が最近最下位に沈むチームに不満を抱いているとされ、コリンチャンス復帰を希望しているとの噂がブラジルメディアによって伝えられた。 ▽これに対してジョーは14日に自身のインスタグラム(jooficial7)で否定。日本での生活に満足していることを明かし、名古屋残留を明言している。 「僕がコリンチャンスへの復帰を希望しているというニュースが出ているが、今それをハッキリさせたい。これは真実ではない。僕には日本のクラブとの契約があり、家族も日本の生活に適応している。報道が伝えているものとは異なり、僕はここで幸せだよ。そして契約を全うするつもりさ。コリンチャンスのファン・サポーターに期待させないために伝える」 2018.06.15 12:35 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース