超ワールドサッカー

シモビッチ今季初弾の名古屋が水戸下して3試合ぶり白星《J2》2017.03.18 16:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽18日に行われた明治安田生命J2リーグ第4節の名古屋グランパスvs水戸ホーリーホックは、ホームの名古屋が2-1で勝利した。

▽ここ2試合で1分け1敗と未勝利の名古屋と、前節黒星の水戸が対峙した。試合を動かしたのはシモビッチ、佐藤寿人、玉田、永井龍が先発の名古屋。25分、左サイドから内田健太が左足でクロスを送ると、ニアサイドの今瀬がクリアを試みる。しかし、これがミスに繋がり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。

▽続く33分には名古屋が追加点。フィードに反応した永井が最終ラインの背後に抜け出す。その流れからボールが中央に折り返されると、正面に詰めたシモビッチがワントラップから冷静に沈めた。

▽2点リードで後半を迎えた名古屋だったが、一瞬の隙を突かれてしまう。49分、水戸は左CKからバイタルエリア中央の佐藤和弘がルーズボールに反応。佐藤和弘が蹴ったボールを受けた林がネットを揺らした。

▽しかし、名古屋はその後の一進一退の攻防を無失点で切り抜け、2-1で逃げ切り完遂。シモビッチの今シーズン初ゴールを含む2発の名古屋が3試合ぶりの勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

後半4発の名古屋、最下位の群馬に逆転勝ちで2位浮上《J2》

▽29日に正田醤油スタジアム群馬で行われた明治安田生命J2リーグ第10節のザスパクサツ群馬vs名古屋グランパスは、アウェイの名古屋が4-1で勝利した。 ▽開幕からいまだ勝利のない最下位の群馬と、3位につける名古屋という対照的な調子の両雄が対峙。試合は立ち上がりから名古屋の時間が続く展開となる。しかし、名古屋のシュート数は20分あたりまで0本。なかなか攻撃のリズムを作り出すことができない。 ▽そうした状況の中、名古屋は28分に内田が脳震とうで負傷交代。名古屋に悪い流れが続くとと、前半アディショナルタイム2分に左CKのチャンスを得た群馬は、松下のクロスから山岸がヘディングシュート。これが名古屋のゴールマウスをこじ開け、群馬が先制した。 ▽前半終了間際の失点で苦しい展開を強いられた名古屋。迎えた後半もリズムに乗り切れない状況が続くが、63分に追いつく。左サイドから和泉が左足でクロスを供給すると、これがボックス中央を通過。ファーサイドでフリーの酒井が右足ダイレクトでネットを揺らした。 ▽徐々に持ち直し始めた名古屋は、続く69分に左CKのチャンス。田口のクロスにボックス中央の密集地帯で反応した途中出場のフェリペ・ガルシアがバックステップを踏みながら頭で合わせる。これがゴール前のシモビッチの頭に当たり、そのまま右隅に吸い込まれた。 ▽さらに、名古屋は73分、右サイドの宮原がバイタルエリア中央のシモビッチにパス。シモビッチがスルーを選択すると、ファーサイドでフリーの状態から永井が迷いなく右足を振り抜く。これがクロスバーの下側を掠めながらゴールネットを揺らした。 ▽結局、後半アディショナル1タイム分にフェリペ・ガルシアにもゴールが生まれた名古屋は、後半の4発で群馬に逆転勝利。3試合ぶりに勝ち点3を手にし、2位に浮上した。開幕戦以来となる4失点敗北の群馬は3連敗となり、いまだ勝利がない状況となっている。 2017.04.29 21:09 Sat
twitterfacebook
thumb

4点を奪った松本、9人の讃岐に快勝《J2》

▽29日に、明治安田生命J2リーグ第10節松本山雅FC vsカマタマーレ讃岐が行われ、4-0で松本が勝利を手にした。 ▽現在11位につけるホームの松本は、京都サンガF.C.に1-1で引き分けた前節と同じスタメンで試合に臨む。対して、リーグ戦ここまで1勝のみで、降格圏で苦しんでいる21位の讃岐は、前節から中島、山本、西に代えて、武田、馬場、我那覇を先発に起用した。 ▽カウンター主体の両チームが激突したこの一戦、先に試合を動かしたのはホームの松本だった。13分、ボックス外右でFKを得た松本。キッカーの宮阪がクロスを送ると、中央で待ち構えていた高崎が、マークを受けながらも、ボレーで合わせて先制点をもたらす。 ▽29分、ここまで見せ場がなかった讃岐が決定機を迎える。スルーパスに抜け出した市村がボックス右からグラウンダーのクロスを上げるが、ゴール前で待っていた馬場がうまく合わせられず。勢いのないシュートはゴールの左へ逸れ、得点に結びつけることがはできない。 ▽迎えた後半は思いがけない展開が待っていた。63分、ボックス外からセルジ―ニョがシュートを放つと、ボックス内にいた李栄直の手に当たってしまう。李栄直は既にイエローカードを1枚受けていたため、このプレーで退場となってしまうに。これで得たPKを高崎が冷静に流し込んで、松本が追加点を決める。 ▽しかし、讃岐の悲劇はこれだけでは終わらなかった。67分、エブソンがボックス手前で石原を倒してしまう。直前にイエローカードを受けていたエブソンはこのプレーでもイエローカードを提示され退場。讃岐は残りの時間を9人で戦うことになってしまった。さらに讃岐は、このFKをゴール前の混戦から最後は後藤に決められてしまい万事休す。 ▽アディショナルタイムにも追加点を決めた松本は、9人の讃岐を相手に4発快勝し、これでリーグ戦5勝目。散々な結果となってしまった讃岐は、勝ち点を伸ばすことはできなかった。 2017.04.29 20:16 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘニキ弾の岐阜が金沢完封で2連勝&4戦負けなし《J2》

▽29日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第10節のFC岐阜vsツエーゲン金沢は、ホームの岐阜が1-0で勝利した。 ▽4戦無敗で11位の岐阜と2連敗中で20位に沈む金沢という日本三名山のひとつ「白山」をまたいだ県をホームタウンとする両雄が激突した。試合が動いたのは38分。FKから庄司が直接狙ったシュートはGK白井の好セーブに阻まれたものの、こぼれ球に反応したヘニキが詰め、岐阜が均衡を破る。 ▽試合は、岐阜の1点リードのまま後半に突入。ビハインドの金沢は後半の頭から山崎、垣田、金子といったベンチスタートの選手を立て続けに投入するが、ゴールが遠い。結局、最後まで前半に生まれた1点のリードを守り抜いた岐阜が金沢に完封勝ち。2連勝で4戦負けなしとしている。 2017.04.29 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

山形FW鈴木雄斗、右足関節捻挫で全治6週間…23日岡山戦で負傷

▽モンテディオ山形は29日、FW鈴木雄斗がチームドクターによる検査を受け、右足関節捻挫で全治6週間と診断されたことを発表した。 ▽鈴木は、23日に行われた明治安田生命J2リーグ第9節のファジアーノ岡山戦(1-2で山形が敗戦)で負傷。山形在籍2年目の今シーズンは、ここまで9試合2ゴールを記録していた。 2017.04.29 19:39 Sat
twitterfacebook
thumb

イバがハットトリックの活躍で横浜FCが首位に浮上!!《J2》

▽29日に命じ安田生命J2リーグ第10節のロアッソ熊本vs横浜FCがえがお健康スタジアムで行われ、4-1で横浜FCが勝利した。 ▽前節のツエーゲン金沢戦で2戦連続となる2-0の勝利を収めた17位の熊本(勝ち点11)が、ジェフユナイテッド千葉に4-0と快勝した2位の横浜FC(勝ち点17)と対戦した。 ▽立ち上がりは横浜FCがイバを起点とした攻撃で熊本を押し込んでいく。しかし14分、グスタボのスルーパスからボックス左に侵入した嶋田がシュート。ここは相手に阻まれるも、逆サイドに流れたボールを平繁が押し込んで、熊本が先制に成功した。 ▽追いかける展開となった横浜FCは18分にアクシデント。藤井が腰を痛めてピッチの外へ。一度はピッチに戻るも、23分に小宮山との交代を余儀なくされた。しかし26分、右サイドからクロスボールが流れ、ボックス内で混戦となったところを最後は野村が押し込んで、横浜FCが同点とした。 ▽横浜FCは35分、右サイドの深い位置から野村が入れたクロスにイバが頭で合わせる。これが決まって、あっという間に逆転に成功した。なおも勢いが衰えない横浜FCは40分にもイバがボックス手前からのシュートを沈めて、前半は3-1とリードして終えた。 ▽後半は開始早々の48分に植田がボックス内でハンドを犯して、横浜FCがPKを獲得。しかしこのチャンスをイバが決めきれず、熊本はなんとかピンチを脱した。熊本は67分、自陣からカウンターを開始。グスタボが相手のボックス手前まで運んで潰されるも、こぼれ球を拾った嶋田が狙うが決めきれない。 ▽すると71分、横浜FCはジョン・チュングンが右サイドの深い位置から低いクロスを入れると、これをイバがプッシュ。イバがハットトリックを達成し、横浜FCが試合を決める4点目を奪った。試合はそのまま終了を迎え、勝利した横浜FCが首位に浮上した。 2017.04.29 17:03 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース