浦安が終盤に粘りを見せるも、神戸が逃げ切り準決勝進出!!《第22回全日本フットサル選手権》2017.03.18 15:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽18日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権準々決勝のバルドラール浦安(Fリーグ/千葉県)vsデウソン神戸(Fリーグ/兵庫県)が行われ、4-3で神戸が勝利した。

▽準々決勝第2試合は、グループAを首位で通過した浦安とグループF首位の神戸が激突した。試合は2分に右サイドでボールを受けた星が相手を背負った状態から反転して、この試合のファーストシュートを放つなど、浦安が先に仕掛ける。しかし神戸も徐々に流れを引き寄せると、4分に原田が左サイドからシュート性のクロスを入れる。これは味方に通らなかったものの、この流れからこぼれたボールを森が押し込んで神戸が先制した。

▽神戸は5分にも右サイドの深い位置までボールを運んだ相井の折り返しに岡崎チアゴが合わせるが、シュートはポストを叩く。浦安も8分にケニーが仕掛けてシュートを放つがGK村山がセーブ。こぼれ球を荒牧が狙うが、サイドネットを揺らした。

▽浦安は14分にもケニーが個人技でシュートまで持ち込むが、ここも決めきれず。16分にはGK藤原スローから、星が左サイドでボールを受けて最後はループシュートを狙うが相手にブロックされた。神戸も19分に相井が原田とのパス交換から中央を抜け出してシュートを放つがポストを叩き、前半は神戸が1点リードで終えた。

▽後半はリードする神戸が前線から積極的にプレスをかけて主導権を握ると、22分、23分と立て続けに原田がシュートを放っていく。24分には高い位置でボールを奪い切った森もシュートを放つが、再三のチャンスを決めきれない。それでも直後には左CKから原田がネットを揺らして神戸が2点目を奪った。

▽一方の浦安は32分に左サイドの加藤がカットインから右足を振り抜くが、GK村山が好セーブで防ぐ。すると33分、神戸は川那部がボールを奪って原田にボールを当てる。原田は一旦納めて、ヒールで流すとゴール前に走りこんだ川那部が押し込んで3点目を奪った。

▽浦安は36分から小野をGKに置くパワープレーを開始。37分には相手陣内の低い位置から緩やかなボールが前線に送られると、攻め残っていた小宮山が頭で合わせたがポストをたたく。それでもその直後には星のラストパスから加藤が飛び込んで1点を返した。

▽勢いに乗りたい浦安だったが、38分には岡崎チアゴのパワープレー返しが決まり4-1となる。浦安は残り26秒にまたも加藤がネットを揺らすと、残り7秒には荒牧のミドルシュートが決まって4-3と1点差に詰め寄る。さらにラストプレーでは、高い位置でボールを奪いきり、星が右サイドからグラウンダーのボールを送るが、小宮山にボールは通らず試合は終了。神戸が点差を守りきって準決勝進出を決めた。

バルドラール浦安 3-4 デウソン神戸
【浦安】
加藤竜馬(37分)
加藤竜馬(40分)
荒牧太郎(40分)
【神戸】
森洸(4分)
原田浩平(24分)
川那部遼(33分)
岡崎チアゴ(38分)

コメント

関連ニュース

thumb

すみだ、ホーム最終戦大勝でプレーオフ進出に王手! 今シーズンホーム無敗!《DUARIG Fリーグ》

▽16日にDUARIG Fリーグ2017/2018第30節の2試合が行われた。 ▽フウガドールすみだvsエスポラーダ北海道は、7-1ですみだが勝利。湘南ベルマーレvsデウソン神戸は、3-2で湘南が勝利した。 ◆フウガドールすみだvsエスポラーダ北海道<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171216_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽この試合勝利すればプレーオフ進出に大きく近づくすみだが、6分にFPボラのシュートをFP宮崎曉が押し込んで先制する。さらに13分、左サイドでボールを奪ったFP岡山和馬がFP清水和也のフリーランで空いた中央のスペースを生かし、中央突破から右足でGKの頭上を射抜いた。 ▽2-0でリードして試合を折り返したすみだは、後半開始直後にFP清水和也が追加点。さらに26分にFP中田秀人がFリーグ初ゴールを奪取すると、FPボラがゴールネットを揺らして試合を5-0に。その後、パワープレーを開始した北海道がFP室田翔伍のゴールで1点を返したが、試合終了間際にすみだのFP渡井博之、FP田村佳翔に連続してパワープレー返しを決められてしまい試合終了。 ▽ホーム最終戦を7-1で大勝したすみだが今シーズンホーム無敗でプレーオフ進出に王手をかけた。17日に行われるシャライカー大阪vsヴォスクオーレ仙台戦で大阪が引き分け以下の場合、すみだのプレーオフ進出が決定する。 ◆湘南ベルマーレvsデウソン神戸<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171216_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽約1年ぶりの開催となった南足柄市体育センターでの一戦は、前半こそゴールレスで終えるも、27分にFP小門勇太がFKを直接たたき込み湘南が先制。さらに34分にはカウンターからFP林田フェリペ良孝が追加点を奪う。その後、神戸がパワープレーに出るも39分にはまたもカウンターからFP鍛代元気のゴールで湘南が3点差とした。 ▽しかし神戸は失点ごからFP森脩、FP稲田瑞穂が連取。1点差に迫ると終盤は相手コートでプレーを続けるが同点ゴールは生まれず。湘南が逃げ切りに成功した。 2017.12.16 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

Fリーグで初優勝に導いたシュライカー大阪の木暮賢一郎監督が今季限りで退任

▽シュライカー大阪は14日、木暮賢一郎監督(38)が今シーズン限りで退任することを発表した。 ▽現役時代にスペインリーグでプレーし、2008年からは名古屋オーシャンズでプレーした木暮監督。日本代表としても活躍し、日本のフットサル界を引っ張ってきた。 ▽2012年に現役を引退すると2013-14シーズンにはFリーグU-23選抜の指揮官を務め、2014-15シーズンからシュライカー大阪の指揮官に就任。名古屋の優勝が続くFリーグの「歴史を変える」と臨んだ大阪での監督業では、3年目となった2016-17シーズンに初めて名古屋以外のチームがリーグ戦で1位を獲得。さらにプレーオフも制覇して、名古屋の9連覇を止めた。 ▽しかし今シーズンはAFCフットサル選手権の影響もありチームは低迷。前年度チャンピオンながら、現在はプレーオフ圏外の6位に位置しており、5位の府中アスレティックFCには勝ち点5差で残り4試合となっている。 ▽木暮監督はクラブ公式サイトを通じてコメントを残した。 「この度、今シーズンのFリーグ終了を持ちましてシュライカー大阪の監督を離れることとなりました。熱いご声援を頂いたファン・サポーターの皆様、ご支援頂いたスポンサーの皆様、そしてFリーグ監督としてチャンスを下さったシュライカー大阪、共に戦ったテクニカルスタッフ、選手には感謝の気持ちでいっぱいです」 「私が監督に就任した際に誓ったことが2つあります」 「1つ目はFリーグチャンピオンになって歴史を変えること。そして2つ目は自分が去るときに多くのものを残していくことです。1つ目は叶えることができましたし、2つ目も下部組織含め多くの若い選手が育ってきて更なる飛躍への種まきはできたのではないかと思っています」 「今シーズンは苦しいシーズンをここまで過ごすことになっていますが、更に強いチームになるための試練だと感じています」 「プレーオフへ進出するために残り4試合を全力で戦いますので、今シーズン最後のホームゲームでの熱いご声援宜しくお願いします」 2017.12.14 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

Fリーグのシーズン最多得点記録保持者のシュライカー大阪FPヴィニシウスが日本国へ帰化!!

▽Fリーグのシュライカー大阪は13日、FPヴィニシウス(30)が12月4日付で日本国への帰化が承認されたことを発表した。 ▽“バナナ”の愛称で親しまれるヴィニシウスは、2011年に日本に来日。カットインからの左足というストロングポイントを前面に押し出したプレーでゴールを量産し、通算最多得点保持者の日本代表FP森岡薫が持つ270ゴールに迫る231ゴールをマークしている。 ▽さらに2015-16シーズンには1シーズンの最多ゴール記録となる48ゴールをマーク。翌2016-17シーズンには、名古屋オーシャンズの10連覇を阻み、シュライカー大阪を初優勝に導く活躍を見せた。 ▽なお、シュライカー大阪時代にチームメートだったペスカドーラ町田の日本代表GKピレス・イゴールとも仲が良く、2016年に日本国へ帰化した同選手を追いかける形でヴィニシウスも日本国へ帰化することとなった。 2017.12.13 17:07 Wed
twitterfacebook
thumb

町田が北海道と引き分けるもPO出場決定!! 名古屋はすみだに9発快勝!!《DUARIG Fリーグ》

▽10日にDUARIG Fリーグ2017/2018第29節の4試合が行われた。 ▽バサジィ大分vsアグレミーナ浜松は4-3で大分が勝利。エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田は1-1のドローに終わり、名古屋オーシャンズvsフウガドールすみだの上位対決は9-1と大差をつけて名古屋が勝利した。ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安は、 ◆バサジィ大分vsアグレミーナ浜松 ▽3連敗中の大分と、指揮官交代後4戦無敗の浜松の一戦は、5分にFP前鈍内マティアスエルナン、6分、7分にフィネオ・アラウージョのゴールで好調の浜松がリードする。しかしここから大分が反撃に出ると、14分にFP田村研人のゴールで反撃開始。18分にはFP石関聖、20分にFP白方秀和のゴールで前半の内に同点とした。 ▽迎えた27分、大分はFP森村孝志のゴールで逆転に成功する。浜松は試合終盤にパワープレーに出たが、追いつくことはできずに試合は終了。大分がホーム最終戦で白星を飾った。 ◆エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田 ▽5連敗中の北海道と、プレーオフ出場に王手をかけている町田の一戦は、13分に大きく動く。まずは町田がFP中井健介のゴールで先行するが、直後にFP室田翔伍のゴールで北海道が同点に追いついた。 ▽後半は互いにチャンスを決めきれず。試合はそのまま終了を迎え、北海道はホーム最終戦を引き分けに終わった。アウェイの町田は勝ち点1を積み重ね、プレーオフ出場を決めている。 ◆名古屋オーシャンズvsフウガドールすみだ ▽前回の対戦ではすみだが7-3で勝利し、参入後、リーグ戦で初勝利を収めた。しかし今節は開始早々にFP西谷良介のゴールが決まると名古屋がすみだを圧倒。前半だけで6-0と名古屋が大差を付ける。 ▽後半は22分にFP渡井博之のゴールですみだが一矢報いるも、名古屋は攻撃の手を緩めず。終わってみればFPヴァルチーニョ、FPルイジーニョがそれぞれハットトリックを達成し9-1と大勝した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安 ▽クラブ記録に並ぶ3連勝を目指す仙台と、前節の6クラブ共同開催で連勝を飾るなど調子を上げている浦安の対戦。試合は4分にFPディドゥダ、6分にFP青山竜也がネットを揺らして浦安が先行する。 ▽そのまま前半を終えると30分にはFP中島孝のゴールで浦安が仙台を突き放した。仙台は失点直後からパワープレーを開始。しかし終了間際にはFP野村啓介のゴールが決まって勝負あり。浦安が仙台を下して3連勝を飾った。 ◆第29節結果 ▽12/10(日) バサジィ大分 4-3 アグレミーナ浜松 エスポラーダ北海道 1-1 ペスカドーラ町田 名古屋オーシャンズ 9-1 フウガドールすみだ ヴォスクオーレ仙台 0-4 バルドラール浦安 ▽12/8(金) シュライカー大阪 1-2 湘南ベルマーレ ▽12/9(土) デウソン神戸 3-3 府中アスレティックFC 2017.12.10 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

府中、土壇場に神戸に追いつかれ3戦未勝利《DUARIG Fリーグ》

▽9日にDUARIG Fリーグ2017/2018 第29節神戸vs府中がグリーンアリーナ神戸で行われ、3-3で引き分けた。 ▽前節、浜松と引き分けた神戸が、浦安に敗れた府中を迎えた一戦。試合は前半2分、皆本、渡邉が立て続けにシュートを放ち、神戸ゴールを脅かす。4分にはCKの流れから渡邉がシュートを打つが、これは右ポストを直撃する。直後、ゴール正面の位置でパスを受けた渡邉がシュート。GK小石峰の左脇を抜ける絶妙なシュートは神戸ゴールへ収まり、府中が先制する。 ▽対する神戸は8分、松宮が左サイドでボールを持つとそのままシュート。ボールはGKクロモトの手からこぼれ、ゴールマウスへ転がり同点に。神戸が試合を振り出しに戻す。 ▽再びスコアが動いたのは15分、キックインからのボールをペナルティエリア付近で受けたマルキーニョが、そのままシュートを突き刺した。1-2と府中のリードで前半を終える。 ▽後半開始早々、神戸はキックインの流れから稲田がゴール前で合わせるが、これはGKクロモトがセーブ。23分には森洸、松宮とパスつなぎ最後は右サイドから稲田がシュートを放っていく。直後、稲田が左サイドかでボールを持つと、相手選手をかわしてシュート、これが決まり神戸が再び同点に追いつく。 ▽一方の府中は28分、完山がGK小石峰と一対一の好機を得ると、冷静に決め勝ち越しに成功。 ▽神戸は川那部、森洸が府中ゴールに迫るもGKクロモトの好セーブが立ちはだかる。34分には、稲田が左サイドからカーブをかけたコントロールシュートを放つが、これはサイドかネットの外側に当たる。37分、岡崎チアゴをゴレイロの位置に入れパワープレーを開始。すると39分、稲田が同点ゴールを挙げる。 ▽後半残り30秒、府中はマルキーニョをゴレイロに置きパワープレーを始めるが、このまま試合は終了。神戸が土壇場で追いつき3-3で引き分けた。 2017.12.09 19:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース