超ワールドサッカー

新潟や柏、横浜FCなどでプレーした元北朝鮮代表MF安英学が現役引退2017.03.18 14:47 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルビレックス新潟や名古屋グランパス、大宮アルディージャ、柏レイソル、横浜FCなどでプレーした元北朝鮮代表MF安英学(38)が現役引退を自身のブログで発表した。

▽安英学は、2002年に立正大学から新潟に入団。2005年に名古屋へと移籍すると、その後は釜山アイパーク、水原三星ブルーウィングスとKリーグでプレー。2010年に大宮へ移籍し、Jリーグに復帰した。2011年から柏、2014年から横浜FCでプレー。昨シーズン限りで横浜FCを退団していた。J1通算72試合出場3得点、J2通算103試合出場7得点を記録した。

▽北朝鮮代表としては2002年にデビューを果たすと、2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場。グループステージ3試合に出場した。代表通算39試合出場3得点。安英学は自身のブログで引退を報告。感謝の気持を綴っている。

「この度、現役を引退することを決意いたしました。2002年から2016年シーズンまで、10年以上にわたって選手生活を送ることができました。振り返れば色々なことがありましたが、一言で表すと「とても幸せな時間」でした」

「子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手になり、たくさんの人たちに応援してもらい、素晴らしい選手たちと出会い、世界中をまわり、夢のまた夢であったワールドカップにも出場できました」

「サッカーへの情熱以外、何もなかった僕がこれほど素晴らしい経験ができたのは、どんなときも僕を信じ、支え、応援してくれた方々がいたからです」

「これからは僕が、後輩たちや子どもたちの夢を信じ、支え、応援する番だと思っています」

「プロサッカー選手からは引退しますが、これからもサッカーを愛するものとして一生懸命ひたむきに歩んでいきたいと思いますので、もしよろしければ現役時代と変わらぬご声援を送っていただけたら嬉しいです」

「長い間本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。感謝の気持ちを込めて…」

コメント

関連ニュース

thumb

流通経済大FWジャーメイン良が特別指定選手として仙台に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、流通経済大学のFWジャーメイン良(22)を、19日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はベガルタ仙台となる。 ▽神奈川県出身のジャーメイン良は、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2015年から全日本大学選抜に選出されていた。ジャーメイン良は、クラブを通じてコメントしている。 「ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変嬉しく思います。この貴重な経験を通して、ベガルタ仙台、流通経済大学の勝利に少しでも貢献できる選手になるために日々のトレーニングから全力で取り組んでいきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.23 16:53 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、FWドゥドゥの登録抹消…全治8カ月の右ヒザ前十字じん帯断裂で治療中

▽柏レイソルは24日、FWドゥドゥの登録を抹消することを発表した。 ▽ドゥドゥは5月24日に行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ2017のグループステージ第6節、FC東京戦で負傷。その後の検査で全治8カ月の右ヒザ前十字じん帯断裂と診断され、現在も治療が続いている。 ▽21歳のドゥドゥは、2016年3月に柏入り。今シーズンは明治安田生命J1リーグの2試合に途中出場している。 2017.06.23 16:37 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟が名古屋DF大武峻を完全移籍で獲得「残留と言う大きな目標に向かってすべて出し尽くす」

▽アルビレックス新潟は23日、名古屋グランパスのDF大武峻(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。特別指定選手ながら当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、開幕スタメンを掴むなどJ1で12試合に出場。2年目の2015年は7試合の出場に留まったものの、2016年は20試合に出場。しかし、クラブ史上初のJ2降格となった。 ▽今シーズンからチームを率いる風間八宏監督の下では出場機会に恵まれず、ここまで明治安田生命J2リーグで1試合の出場に留まっている。大武は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「アルビレックス新潟のファン・サポーターの皆さんこんにちは、名古屋グランパスから来ました大武峻です。J2で出場機会のなかった私に、チャンスを与えてくださったアルビレックス新潟の皆さんに本当に感謝しています」 「現在のチームの状況はよく理解しています。まずは残留と言う大きな目標に向かって、自分の持てる力をすべて出し尽くして、チームに貢献できればと思っています」 「厳しい戦いが続くと思いますが、選手、スタッフ、サポーターが一丸となれば、必ずこの苦境を乗り越えられると思いますので、引き続き素晴らしいサポートをよろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスのファン・サポーターの皆さん、クラブに関わるスタッフ、パートナーの皆さん、特別指定選手の頃から合わせて約3年半、本当にお世話になりました。プロサッカー選手としての人生を名古屋グランパスという歴史ある素晴らしいクラブでスタートできたことを本当に誇りに思っていますし、名古屋グランパスで過ごした時間や経験は僕にとってのかけがえのない財産です」 「昨シーズン、名古屋グランパスを初めてJ2に降格させてしまい非常に責任を感じていますし、だからこそ今シーズン、1年でのJ1復帰に向けて全身全霊をかけて貢献していこうと思っていましたが、全くチームの力になれない今の自分にとても悔しさと怒りを感じています。そして、サポーターの皆さんには本当に申し訳なく思っています」 「チームがJ1昇格に向けて頑張っている時に退団することは非常に迷いました。しかし、自分自身の成長のため、環境を変えて新たなチャレンジをしようと決断しました。6月23日をもってグランパスを離れることになりますが、グランパスというクラブは僕の心の中に残り続けますし、これからも応援しています。またいつの日か成長してこのクラブでプレーできればいいなと思っています。約3年半、本当にありがとうございました」 2017.06.23 15:12 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズの契約満了を発表

▽FC東京は23日、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズ(29)が6月30日で契約満了となり、更新をしないことを発表した。 ▽2015年7月にニュージーランドのウェリントン・フェニックスから加入したネイサン・バーンズは、移籍1年目となった2015シーズンの明治安田生命J1リーグの10試合に出場し、2得点を記録。また、同年9月に行われたロシアW杯アジア2次予選第3戦のバングラデシュ代表戦では、代表初ゴールを挙げ、オーストラリア年間最優秀選手にもノミネートされた。 ▽しかし、その後クラブでは好不調の波があり、レギュラー定着は叶わず。今シーズンはトップチームでの出場はここまでYBCルヴァンカップの4試合のみ。U-23としては明治安田生命J3リーグに3試合していた。J1通算26試合3得点、J3通算6試合、リーグカップ戦通算6試合、天皇杯通算1試合、AFCチャンピオンズリーグ通算5試合1得点を記録にとどまっていた。 ▽契約満了が決定したネイサン・バーンズは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 「このたび、FC東京を離れることになりました。クラブを去るのはとても寂しいですし、仲間と別れることを残念に思います。FC東京での2年間は自分にとって貴重な経験の連続でした。もちろん良い時もあれば、そうでない時もありましたが、そのどれもが自分にとって大切な思い出です」 「そして、FC東京の16番のユニフォームに袖を通せたことを誇りに思います。いつも明るく接してくれたチームメイト、いつも選手のことを一番に考えてくれたコーチングスタッフ、たくさんの良い仲間に恵まれました。このチームで、この仲間でJ1、J3、ACLを戦えたことを本当に嬉しく思います。また、素晴らしいファン・サポーターのみなさんには、いつも支えていただき、感謝しています。みなさんの声援がいつも僕に力を与えてくれました」 「FC東京のこれからの活躍を心から願っています。将来、何かの形でまたFC東京に関われることを心から楽しみにしています。試合結果も毎試合楽しみにチェックしようと思います。素晴らしい時間、素晴らしい思い出、素晴らしい日々をありがとうございました」 「最後になりますが、これからも僕のサッカー人生は続いていきます。これからもネイサン バーンズを応援していただけると嬉しいです。このクラブで出会った全ての人を忘れません。さよならは言いません。また会う日まで。ありがとうございました。GO!F.C.TOKYO!」 2017.06.23 15:08 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島の下部組織で育った仙台大学DF川上盛司が特別指定で福島に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、仙台大学サッカー部のDF川上盛司(22)を、22日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は福島ユナイテッドFCとなる。 ▽栃木県出身の川上は、鹿島アントラーズのジュニア、ジュニアユース、ユースで育ち、仙台大学へと進学していた。川上はクラブを通じてコメントしている。 「福島ユナイテッドFCの特別指定選手に登録され、大変光栄に思います。感謝の気持ちと自覚を持ち精一杯プレーします。この貴重な経験を通して大きく成長したいと思います。よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.23 13:47 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース