オーバメヤン「簡単なゴールではなかった」…ドルトムント指揮官も勝利に安堵2017.03.18 14:58 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
現地時間17日に行われたドルトムントvsインゴルシュタットの一戦は、ドルトムントが1-0で勝利を収めた。この日唯一の得点を決めたピエール・エメリク・オーバメヤンが勝利の喜びをクラブの公式メディアで語っている。

「簡単なゴールではなかったけど、うまくいって良かったよ。ただ、ゴールを決めたこともそうだけど、何より勝つことができてうれしい。」

オーバメヤンはリーグ戦で今シーズン23ゴール目となり、得点ランキングで単独トップに立っている。

また、トーマス・トゥヘル監督は「結果は1-0で勝利だったが、チームにとってベストな勝ち方からは程遠い。メンタル面でもフレッシュな気持ちで試合に臨めたわけではなかったが、ひとまずは勝ち点3を勝ち取れたことが良かった」と発言。チームの勝利を喜ぶとともに、FAカップから中2日での過密日程でリーグ戦迎えたことでチームが万全の状態でなかったと述べている。

ドルトムントは4月1日に次節シャルケと敵地でのルール・ダービーが控えている。上位争いに向けて、ライバルから勝ち点3を奪うことができるのか、ドルトムントにとって最大の正念場となりそうだ。


提供:goal.com

コメント



PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース