クルルやフェル、デ・ルーンが選外に、オランダ代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》2017.03.18 03:17 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オランダサッカー協会(KNVB)は、今月に行われる2018年ロシア・ワールドカップ欧州予選のブルガリア代表戦(25日)と、イタリア代表(28日)との国際親善試合に向けたオランダ代表のメンバー25名を発表した。

▽9日に27名の候補メンバーを発表していたダニー・ブリント監督はGKティム・クルル(ニューカッスル)やMFレロイ・フェル(スウォンジー)、マルテン・デ・ルーン(ミドルズブラ)ら5選手を負傷などのために選外とした。

▽なお、ロシアW杯欧州予選でグループAに属するオランダは、ここまで4試合消化時点で2勝1敗1分けの2位に位置している。今回発表された候補メンバー27名は以下の通り。

◆オランダ代表メンバー25名
GK
マールテン・ステケレンブルフ(エバートン/イングランド)
ミシェル・フォルム(トッテナム/イングランド)
イェルーン・ズート(PSV)
ティム・クルル(AZ)

DF
ダレイ・ブリント(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ブルーノ・マルティンス・インディ(ストーク・シティ/イングランド)
ステファン・デ・フライ(ラツィオ/イタリア)
ウェスレイ・ホード(ラツィオ/イタリア)
ヨエル・フェルトマン(アヤックス)
マタイス・デ・リフト(アヤックス)
ニック・フィールヘーフェル(アヤックス)
ケニー・テテ(アヤックス)
リック・カルスドルプ(フェイエノールト)

MF
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール/イングランド)
ケビン・ストロートマン(ローマ/イタリア)
ヴェスレイ・スナイデル(ガラタサライ/トルコ)
デビー・クラーセン(アヤックス)
ステフェン・ベルフハイス(フェイエノールト)
トニー・ヴィルエナ(フェイエノールト)
イェンス・トールンストラ(フェイエノールト)
レロイ・フェル(スウォンジー/イングランド)
マルテン・デ・ルーン(ミドルズブラ/イングランド)
デイヴィ・プロッペル(PSV)
バルト・ラムセラール(PSV)

FW
アリエン・ロッベン(バイエルン/ドイツ)
フィンセント・ヤンセン(トッテナム/イングランド)
メンフィス・デパイ(リヨン/フランス)
バス・ドスト(スポルティング・リスボン/ポルトガル)
イェレマイン・レンス(フェネルバフチェ/トルコ)
クインシー・プロメス(スパルタク・モスクワ/ロシア)
ルーク・デ・ヨング(PSV)

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:チュニジア 1-2 イングランド《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第1節、チュニジア代表vsイングランド代表が18日にヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-1でイングランドが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チュニジア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 ハッセン 5.0 2度のファインセーブを見せるも、15分足らずで無念の負傷交代 (→ファルーク・ベン・ムスタファ 5.5) 安定したセービングだったが最後の最後に失点 DF 11 ブロン 5.5 積極的に攻撃参加 2 ベン・ユセフ 6.0 試合を通してケインを押さえ続けたが、最後にやられてしまった 4 メリアー 5.5 相手FWに対して厳しくマークに付いていたがファウルを取られてもおかしくない場面も 12 マールル 5.0 攻守で目立った活躍は無かった MF 17 スクヒリ 5.0 中盤で相手を自由にさせ過ぎたか。より効果的なプレーが求められた 9 バドリ 5.5 トップ下で先発出場したパドリはこの日はチュニジアの頭脳として攻撃を組み立てた 13 サッシ 5.5 熱いプレーを見せた。PK弾でチュニジアに一時的に勢いをもたらした FW 8 ファハレディン 5.5 何度か突破を試みるも… 10 ハズリ 5.0 屈強なイングランドの守備陣を前に何もできず (→サベール・ハリファ -) 23 スリティ 5.5 効果的なプレーは見せられず (→ベン・アモール 5.0) 交代起用の期待に応えられなかった 監督 ナビル・マールル 5.5 組織的な守備を築いたが攻撃面では乏しく、守備も最後まで持たなかった ▽イングランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ピックフォード 5.5 PKは右手で触れるも惜しくも止められなかった DF 2 ウォーカー 5.0 痛恨のPK献上。その後は無難なプレー 5 ストーンズ 5.5 ディフェンスリーダーとして堅守を見せた 6 マグワイア 6.0 守備では若干の不安要素はあったものの、セットプレーでは相手の脅威に MF 8 ヘンダーソン 6.0 中盤を縦横無尽に動き回りイングランドの流動性を生み出した 12 トリッピアー 6.0 右サイドをほぼ制圧。パスやクロスの質も良かった 7 リンガード 5.5 先発起用に応える働きぶり。チャンスの数を考えると無得点が悔やまれる (→E・ダイアー -) 20 デレ・アリ 5.5 なかな味方との呼吸が合わず (→ロフタス=チーク 5.0) 一度ゴール前でチャンスを得たがそれまでだった 18 A・ヤング 5.5 豊富な運動量で左サイドで存在感を示し続けた FW 9 ケイン 6.5 チームを救う2ゴールで、初戦勝利に導いた 10 スターリング 5.5 積極的に攻撃に絡んだがなかなかチャンスが回ってこなかった (→ラッシュフォード 5.0) 結果を残すには時間が足りなかったか 監督 サウスゲイト 5.5 前半は良かったが、試合が進むにつれて勢いはフェードアウト。テコ入れが必要だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ケイン(イングランド) ▽スリーライオンズのキャプテンが流石の仕事ぶりを見せた。今日の2ゴールがエースたる所以か チュニジア1-2イングランド 【チュニジア】 サッシ(前35[PK]) 【イングランド】 ケイン(前11) ケイン(後46) 2018.06.19 05:00 Tue
twitterfacebook
thumb

キャプテン・ケインが2ゴール!イングランドがチュニジアに土壇場で競り勝つ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第1節、チュニジア代表vsイングランド代表が18日にヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-1でイングランドが勝利した。 ▽ベルギー、パナマ、チュニジア、イングランドが同居したグループG。3大会ぶり5回目の出場となったチュニジアは[4-3-3]の布陣に3トップにベン・ユセフ、ハズリ、スリティを起用。 ▽一方のイングランドは6大会連続15回目の出場。[3-5-2]のフォーメーションを採用し、2トップはケインとスターリングが組んだ。 ▽アウェイ用の赤いユニフォームを身に纏ったイングランドが早速チャンスを演出する。3分、ヘンダーソンからのロングボールで一気にゴール前まで攻め込むとデレ・アリのクロスにケイン。さらに防がれたところをリンガードが詰めるがGKハッセンのファインセーブに遭う。 ▽前がかりに入ったイングランドはその勢いのまますぐに試合を動かす。11分、ケインのシュートでCKを得ると、左からのクロスをストーンズが打点の高いヘディングシュートを浴びせる。GKハッセンがここでもファインセーブを見せるが、弾いたところをケインが押し込んで先制した。 ▽チュニジアは失点直後、ここまで目立った活躍を見せていたGKハッセンが早すぎる負傷交代。GKファルーク・ベン・ムスタファが代わりにゴールマウスを守ることになった。 ▽序盤から厳しい状況に立たされたチュニジア。23分にスリティのシュートでこの試合初シュートを放つと、27分にはマグワイアのミスからゴール前に侵攻し最後はサッシが良いシュートを放った。 ▽すると35分、右サイドからクロスを入れたチュニジアはゴール前でベン・ユセフがウォーカーに倒されてPKを獲得。これをサッシが冷静に沈めてチュニジアが同点に追いついた。 ▽振り出しに戻されたイングランドの43分のFKの場面。ファーサイドのマグワイアの落としをリンガードが押し込みにかかるがシュートは相手の背中に当たって枠の外へ。直後の44分にトリッピアーのスルーパスに抜け出したのもリンガード。GKとの一対一のチャンスを得るが、シュートは右ポストに嫌われてしまう。 ▽1-1で迎えた後半、しばらく中盤での潰し合いが続く。固着状態に業を煮やしたマグワイアが何度かドリブルで持ち上がりそのまま相手のペナルティエリア内まで攻め込むが、味方からのクロスに合わせることができない。そんな中68分にイングランドはスターリングを下げてラッシュフォードを投入。前線の活性化を図った。 ▽そのラッシュフォードが34分にボックス手前でFKを得るが、キッカーのヤングはこれを枠に飛ばすことはできなかった。その後、イングランドはデレ・アリを下げてロフタス=チークを起用する。 ▽動きがないまま迎えた後半アディショナルタイム。91分にイングランドが右CKを得ると、マグワイアの競り合いからゴールまでケインが頭で押し込んで土壇場でイングランドが勝ち越しに成功した。 ▽まもなく試合終了。キャプテン・ケインの2得点でイングランドがチュニジアを退け、初戦白星を手にした。 2018.06.19 04:59 Tue
twitterfacebook
thumb

枠内シュート0本に落胆…ソン・フンミン「無得点に終わったことは僕の責任」

韓国代表FWのソン・フンミンは、スウェーデン代表戦での自身のパフォーマンスに失望していることを認める。<br><br>18日に行われたワールドカップのグループF初戦で韓国代表はスウェーデン代表と対戦。両者なかなか決定機が生まれない中、65分にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のレビューにより与えられたPKからスウェーデン代表が先制に成功し、そのまま1-0で逃げ切った。<br><br>この試合に先発で出場したソン・フンミンは度々サイドを駆け上がり、チャンスを作り出す姿を見せたものの、無得点に終わったことに肩を落とした。<br><br>「僕自身のパフォーマンスに失望している。1本も枠内シュートが打てなかったことを申し訳なく思う。チームが無得点に終わったことは僕の責任だ」<br><br>また、VARの判定からPKを与えられたことについて「PKの判定はフェアだったと思う。レフェリーを批判するよりも僕たち自身が良いプレーをしなければならなかった」とレフェリーに問題はなく、精彩を欠いたパフォーマンスによる結果だと話した。<br><br>そして、2戦目で対戦するのは王者ドイツ代表を破ったメキシコ代表。この試合に向けてソン・フンミンは「メキシコは周到な準備をしたチームで、ドイツを倒したんだから優勝候補と呼べるだけの存在だ。あの試合を見たけれど、彼らは積極的に攻撃を仕掛け、ディフェンスもタフだった。僕たちはチームとして戦わなければならない」と言及。<br><br>初戦を落としたことでグループリーグ突破は難しくなったものの「まだ終わっていない」と次戦以降を見据えた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.19 04:40 Tue
twitterfacebook
thumb

コロンビアGKオスピナ、W杯初戦に慢心なし…日本は「素晴らしいチーム。コーチ陣が詳細把握」

コロンビアGKダビド・オスピナが、19日に行われるロシア・ワールドカップのグループH第1節日本戦を前に会見に臨んだ。<br><br>アーセナルGKは、前大会のグループステージでも対戦し、4-1で勝利した日本を「素晴らしチーム」と形容。慢心はないことも強調している。<br><br>「彼らとは(前大会で)対戦した過去があるね。僕たちには、彼らに関するすべての詳細を把握しているコーチ陣がいる。とにかく僕たちの仕事に集中して、ピッチ上で良いパフォーマンスを見せたい。素晴らしいチームと対戦することは分かっているよ」<br><br>「僕たちが本命? そういう意見とも共存しなくてはいけないけど、自分たちはピッチ上ですべきことに集中しなくてはならない。W杯初戦の重要性は理解しているつもりだ。コーチ陣が導く通りに、自分たちの仕事を実現していきたい」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.19 03:54 Tue
twitterfacebook
thumb

「このドイツは何かがおかしい」落胆のバラック氏、フンメルスのチーム批判を支持

世界王者のドイツは17日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)での初戦を0-1で落とし、黒星スタート。元ドイツ代表MFのミヒャエル・バラック氏は、自身のツイッターでその低調な戦いぶりに苦言を呈し、試合後にDFマッツ・フンメルスが展開したチーム全体に対する批判に賛同した。<br><br>ドイツはこの試合の35分、カウンターからメキシコのFWイルビング・ロサノにゴールを奪われると、得点を返せないまま0-1の敗戦を喫することに。大会前からマンチェスター・シティFWリロイ・サネの招集を見送る決断をめぐってヨアヒム・レーブ監督に対して批判的なコメントを残していたバラック氏だが、初戦でのチームのパフォーマンスに首を傾げている。<br><br>2010年W杯前にケガを負い、代表でのキャリアを終えた同氏は、メキシコ戦翌日に自身のツイッターにビデオメッセージを投稿。その中でこのように述べている。<br><br>「みんなは今回のW杯についてどう思う? 優勝候補のフランスやブラジル、スペインやドイツの試合を見られたね。フランスのみが勝ち点3を確保したが、ドイツにはどれほど失望したか。このチームはなにかがおかしい。サウジアラビア戦を除いて親善試合を6~7試合にも勝てなかったんだ」<br><br>また試合後のインタビューでフンメルスが「ジェローム(ボアテング)と僕しか後ろにいないことが何度もあった」とチームに守備意識が不足していると言及。「チーム内では何度も指摘してきたんだけど、まだ理解してもらえていないのかもしれない」とも発言したことがドイツでは大きな話題を呼んだが、その言葉にバラック氏も賛同しているようだ。<br><br>「マッツ・フンメルス、好きだね。課題に関してちゃんと声を上げた。彼にその調子で続けて、ほかのプレーヤーたちとも話してほしいね。問題を解決するためにお互い話をすることが必要。監督がすべてを対応できないときもあるからね。なので、試合に向けて選手同士がコミュニケーションを取り、攻守のバランスを確かめてほしい」<br><br>一方、バラック氏はこの敗戦を「警鐘として受け止めればいい」と続け、「まだ獲得できる勝ち点は6残っている」と代表チームが以前の姿を取り戻せることに太鼓判を押した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.19 03:13 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース