CL準々決勝対戦カードが決定!! 連覇目指すマドリーはバイエルン、カンプ・ノウの奇跡を果たしたバルサはユベントスと対戦!!《CL》2017.03.17 20:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽チャンピンズリーグ(CL)準々決勝の対戦カード抽選会が、17日にスイスのニヨンで行われた。

▽前回王者のレアル・マドリーはバイエルンと激突。また、決勝トーナメント1回戦で1stレグを0-4の敗戦で終えながらも、2ndレグで6-1と大勝して逆転での突破を決めたバルセロナは、ユベントスとの対戦が決定した。

▽その他、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはモナコと対戦。日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはアトレティコ・マドリーと対戦することが決定した。

▽なお、準々決勝は1stレグが4月11日(火)と12日(水)に行われ、2ndレグは同月18日(火)と19日(水)に開催される。今回決定した対戦カードは以下の通り。

◆準々決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う
アトレティコ・マドリー(スペイン)vsレスター・シティ(イングランド)
ドルトムント(ドイツ)vsモナコ(フランス)
バイエルン(ドイツ)vsレアル・マドリー(スペイン)
ユベントス(イタリア)vsバルセロナ(スペイン)

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズのモドリッチ2世、本家との初マッチアップに「彼とのプレーは特別だった」

▽トッテナムは、17日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、レアル・マドリー戦を1-1のドローで終えた。この試合でフル出場を果たしたイングランド代表MFハリー・ウィンクスが、少年時代からの憧れのプレーヤーとのマッチアップを振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽トッテナムのアカデミー育ちのウィンクスは、2008年にディナモ・ザグレブからトップチームに加入したクロアチア代表MFルカ・モドリッチを常に目標に掲げ、日々研鑽を積んで来た。そして、17日に行われた試合でアンカーでフル出場した同選手は、その憧れのモドリッチやもう1人の名手トニ・クロースと幾度となくマッチアップした。 ▽ウィンクスは、自身のプレーするポジションで世界屈指の評価を集める2選手とのマッチアップが非常に厳しいものだったと振り返りつつも、憧れのモドリッチとのプレーを楽しんだと語っている。 「僕が子供時代にアカデミーに通っていたとき、彼(モドリッチ)のことをいつもホワイト・ハート・レーンで見ていたんだ」 「僕は今でも彼のことを尊敬しているし、彼は本当に素晴らしいワールドクラスのプレーヤーなんだ。彼と対峙してプレーできたことは特別なことだったよ」 「彼とクロースは2人のワールドクラスだ。僕自身、憧れのプレーヤーたちだから、少し意識してしまう部分もあったよ。だけど、それを一旦脇に置いて通常のゲームで普段の相手とプレーするような意識でプレーしていた」 ▽また、ウィンクスはチームに勝ち点1をもたらすビッグセーブを連発した守護神のウーゴ・ロリスを絶賛している。 「彼は世界最高クラスのキーパーだよ。ベンゼマの決定機を彼がどのように止めたのか、理解できないよ。あんなセーブは他の人にはなかなかできるものではないし、だからこそ彼が世界最高のキーパーの1人なんだ」 2017.10.19 00:49 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルGKナバス、トッテナム戦の引き分けに「満足できない」…来月の再戦に向け意気込み

レアル・マドリーGKケイラー・ナバスは、トッテナム戦の結果は満足できるものではないと語っている。<br><br>17日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ第3節で、レアル・マドリーはホームでトッテナムと対戦。ラファエル・ヴァランのオウンゴールで先制点を許したマドリーだが、45分にクリスティアーノ・ロナウドがPKから得点を挙げて追いつき、グループHの首位攻防戦は1-1の引き分けに終わった。<br><br>FWハリー・ケインの決定機を何度も防ぐなど、勝ち点1の獲得に貢献したナバスは、試合後『アンテナ3』で「この結果に満足なんてできない。僕たちは勝利を求めていたよ。神様のおかげで良いプレーはできた」とパフォーマンスを評価したものの、ホームでの引き分けに不満があると語った。<br><br>続けて「彼らにもチャンスはあったし、僕らもそうだった。とても良い試合だったと思う。(ウーゴ・)ロリスはいくつかビッグセーブを見せていた。何度かチャンスがあったが、思うようにはいかなかった。常にクリーンシートを目指しているが、(失点の場面は)どうしようもなかった。でも、次は得点を許さず、勝利できることを願っている」とコメントを残している。<br><br>この引き分けで、マドリーとトッテナムはともに2勝1分けの勝ち点7で並んでいる。この2チームは、2週間後の11月1日にウェンブリー・スタジアムで再び激突する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマの敏腕ディレクター・モンチ、マドリーDFナチョを1月のターゲットに?

▽ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(27)に興味を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マドリーの下部組織出身のナチョ。昨シーズンからコンスタントに出場するようになった同選手は、今シーズンもここまで公式戦9試合に出場するなど、ジネディーヌ・ジダン監督にとって欠かせない選手となりつつある。 ▽しかし、『アス』は、ナチョが継続した出場機会を得られないことに満足していないと推測。イタリア『Calciomercato』の報道を基に、ディフェンスライン全般をカバーできるユーティリティ性を持つ同選手の獲得にローマが乗り出すのではないかと伝えており、クラブのスポーツ・ディレクターを勤めるモンチ氏が熱心な動きをみせているようだ。 ▽また、『アス』によると、マドリーとの契約を2020年までとしているナチョに対しては、ローマが昨夏にも獲得に動いていたようで、現在はイギリスやドイツ方面からも触手が伸びてきているという。 2017.10.18 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リネカー、“ベンゼマ過大評価説”を提唱

▽現役時代にイングランド代表で活躍したギャリー・リネカー氏がレアル・マドリーに所属するカリム・ベンゼマの能力を疑った。 ▽レアル・マドリーは17日、ホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でトッテナムと対戦した。前半のうちにFWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで追いついたが、1-1のドローという結果に終わった。 ▽76分までプレーしたベンゼマは、前半早々の5分と54分に巡ってきた決定機を不意に。イギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるリネカー氏は、自身のツイッター(@GaryLineker)で、決定力不足を露呈したフランス人ストライカーについて、次のように酷評した。 「過大評価されてるのは私か、それともベンゼマか? レアル・マドリーのようなチームで、毎試合ゴールを決めるのは特別なことじゃない。『まとも』じゃダメなんだよ」 ▽ベンゼマは2009年夏にリヨンから加入以降、公式戦通算373試合183得点104アシストをマーク。だが、今シーズンのここまでは、出場した公式戦8試合で2得点1アシストと鳴りを潜めている。 2017.10.18 13:13 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、マドリーとのドローに大きな手応え「対等に戦っていけることを証明した」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、レアル・マドリーとのドローに手応えを感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽トッテナムは17日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でマドリーとのアウェイ戦に臨んだ。連勝同士で迎えた一戦は28分、オーリエの右サイドからのクロスがオウンゴールを誘発して敵地で先制に成功。しかし、43分にクリスティアーノ・ロナウドにPKを決められてしまい試合を振り出しに戻される。後半はマドリーに押し込まれる時間帯もあった中、トッテナムはGKウーゴ・ロリスの奮闘でなんとか耐え抜き、勝ち点1を持ち帰った。 ▽試合後、ポチェッティーノ監督はマドリーとの敵地での引き分けに満足感を示している。 「この試合は、メンタルの根本的な部分で我々が対等に戦っていけるということを証明する機会となった」 「トッテナムはまだ発展途中のチーム。昨シーズングループステージで奪った勝ち点7を、今シーズンは3試合で奪えている。昨シーズンは、興奮させるような試合ができず、とても残念だった。しかし、我々は大きく前進をしたし、ポテンシャルを高めている。それも非常に大きなモノにね」 「結果は最も重要なものではない。目的はレアル・マドリー相手に太刀打ちすることであり、なんとか成し遂げることができた。それが嬉しいよ」 2017.10.18 12:15 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース