超ワールドサッカー

CL準々決勝対戦カードが決定!! 連覇目指すマドリーはバイエルン、カンプ・ノウの奇跡を果たしたバルサはユベントスと対戦!!《CL》2017.03.17 20:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽チャンピンズリーグ(CL)準々決勝の対戦カード抽選会が、17日にスイスのニヨンで行われた。

▽前回王者のレアル・マドリーはバイエルンと激突。また、決勝トーナメント1回戦で1stレグを0-4の敗戦で終えながらも、2ndレグで6-1と大勝して逆転での突破を決めたバルセロナは、ユベントスとの対戦が決定した。

▽その他、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはモナコと対戦。日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはアトレティコ・マドリーと対戦することが決定した。

▽なお、準々決勝は1stレグが4月11日(火)と12日(水)に行われ、2ndレグは同月18日(火)と19日(水)に開催される。今回決定した対戦カードは以下の通り。

◆準々決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う
アトレティコ・マドリー(スペイン)vsレスター・シティ(イングランド)
ドルトムント(ドイツ)vsモナコ(フランス)
バイエルン(ドイツ)vsレアル・マドリー(スペイン)
ユベントス(イタリア)vsバルセロナ(スペイン)

コメント

関連ニュース

thumb

アルベロアが現役引退 「さよならを言う時間」

▽元スペイン代表DFアルバロ・アルベロア(34)が現役引退を発表した。スペイン『マルカ』の独占インタビューで明かした。 ▽2016-17シーズン限りでウェストハムとの契約が満了となるアルベロアは、母国メディア『マルカ』の独占インタビューの中で、「さよならを言う時間だ。レアル・マドリーは、僕の人生のクラブ」などと語った。 ▽マドリーユース出身のアルベロアは、2004-05シーズンにトップチームデビュー。しかし、定位置確保には至らず、2006-07シーズンにデポルティボに移籍した。2006-07シーズンからはリバプールに活躍の場を移し、3シーズンにわたってプレー。2009年夏に古巣であるレアル・マドリーに復帰し、主にサイドバックのポジションでチームに貢献し、リーガエスパニョーラ優勝や2度のチャンピオンズリーグ制覇を経験した。 ▽また、スペイン代表としては58キャップを記録し、2008年と2012年のユーロ、2010年のワールドカップ優勝メンバーに名を連ねた。 2017.06.24 12:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダンがレアル入り説得のためムバッペに電話…BBCに割って入り出場機会を保証とも

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がモナコのFWキリアン・ムバッペ獲得のため、本人に電話で説得を試みたようだ。フランス紙『レキップ』が報じている。<br><br>フランス代表の新星として世界中の注目を集めているムバッペは、来シーズンの去就を決めかねている。レアル・マドリーは18歳のストライカーに熱視線を送る多くのビッグクラブの一つに過ぎないが、異なるものがあるとすれば、ジダンの存在だ。かつてフランス代表でキャプテンを務め、レジェンドであるジダンは自身の言葉がムバッペの決断を完璧に変えられることがわかっているようだ。<br><br>報道によると、ジダンは一週間前にムバッペに電話でレアル・マドリーに加わるよう説得したという。同郷の新星に対して出場機会を保証したとも伝えられ、&ldquo;BBC&rdquo;に割って入る可能性もあるようだ。これが事実ならば、出場機会の確保を重要視するムバッペの要望はクリアすることになる。<br><br>一方で、レアル・マドリーがこのレースに勝つまでの道はまだまだ程遠いようだ。すでに先日『Goal』では、パリ・サンジェルマンがモナコに巨額のオファーを送っていると伝えており、レアル最大のライバルになる可能性がありそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

デポルティボ、U-20W杯でシルバーボール獲得のU-20ウルグアイ代表MFバルベルデをレンタルで獲得!

▽デポルティボは22日、レアル・マドリー・カスティージャからU-20ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションは含まれていない。 ▽母国の名門、ペニャロールで輝きを放った守備的MFの逸材は、2016年にレアル・マドリーのリザーブチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャに加入。今季はリーグ戦30試合に出場し、3ゴールを挙げていた。 ▽また、今月11日まで韓国で開催されていたFIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017では、4位フィニッシュしたU-20ウルグアイ代表の中盤で絶大な存在感を放ち、大会で2番目に優秀な選手に与えられるシルバーボール賞を受賞していた。 2017.06.23 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“禁断の移籍”を果たしたフィーゴ氏、C・ロナウド退団騒動に「代えの利かない選手はいない」

元レアル・マドリーのルイス・フィーゴ氏が、FWクリスティアーノ・ロナウドの退団騒動に言及した。<br><br>今夏マドリーから移籍する可能性が盛んに報じられているC・ロナウド。2000年夏にバルセロナからマドリーに&ldquo;禁断の移籍&rdquo;を果たした過去があるフィーゴ氏はスペイン『Gol』のインタビューでポルトガル代表の後輩について次のように話している。<br><br>「クリスティアーノの移籍には、多くの要素が複雑に絡み合う。最終的には、個人的な決断だ。しかし私は難しいと思う」<br><br>「私の意見では、代えの利かない選手は存在しない。クリスティアーノに限った話ではない。ひとつのクラブは、一選手に依存するべきではない。もしそうなったとしたら、それは何かがうまくいっていないということだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 21:37 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ぺぺの退団でベンゼマが第4主将に...ジダンとぺレスは加入9年目の選手を信頼

レアル・マドリーFWカリム・ベンゼマにとって、2017-18シーズンは特別な1年になるかもしれない。<br><br>マドリーは6月30日に契約満了となるDFペペが退団に向かっている。これに伴い、2009年に同クラブに加入したベンゼマが第4キャプテンに就くことが濃厚となっている。<br><br>マドリーでは、トップチームでの在籍年数が多い順番にキャプテンが決まる。現在ではDFセルヒオ・ラモスが主将、DFマルセロが副将、FWクリスティアーノ・ロナウドが第3キャプテンを務めている。<br><br>だがC・ロナウドは今夏移籍の可能性が浮上している。C・ロナウドが移籍に傾いた場合、ベンゼマは一気に第3キャプテンまで&ldquo;昇任&rdquo;することになりそうだ。<br><br>ベンゼマに対するジネディーヌ・ジダン監督とフロレンティーノ・ぺレス会長の信頼は厚い。ジダン監督は今季得点数で上回るFWアルバロ・モラタ以上にベンゼマに信頼を寄せ、先発の座を与え続けていた。<br><br>その期待に応えるように、ベンゼマはチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、アトレティコ・マドリー戦で相手DF3人を抜き去る圧巻のプレーでMFイスコの貴重なゴールを引き出し、指揮官と会長、さらにマドリディスタの心をがっちりとつかんでいる。<br><br>&nbsp;<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 21:31 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース