超ワールドサッカー

フットサル日本代表が欧州遠征メンバーを発表!! 森岡ら主力に加え、吉川、逸見の海外組も参加!!《欧州遠征メンバー》2017.03.17 17:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は17日、今月25日から4月8日まで予定している欧州先制メンバーを発表した。

▽今回のメンバーではペスカドーラ町田のFP森岡薫、GKピレス・イゴール、またシーズンMVPを受賞したシュライカー大阪のFP小曽戸允哉ら主力が選出された。さらに、スペインのマグナ・ナバラでプレーするFP吉川智貴、ポルトガルのベンフィカでプレーするFP逸見勝利ラファエルらも選出された。

▽また湘南ベルマーレのFP上村充哉も選出されるが、国内合宿のみの参加となっている。フットサル日本代表は、25日から国内合宿を実施。27日に欧州へと移動し、29日、31日にフットサルハンガリー代表と対戦。さらに4月3日、4日、6日にはフットサルスロベニア代表と対戦する。

▽今回の合宿を行うにあたり、ブルーノ・ガルシア監督は「今回の遠征は、監督就任後)まとまった時間が取れる初めての機会です。(予定されている5つの)国際試合を経験することでアイデンティティを確立させ、2017年に予定されている国際大会(アジアインドアゲームズやAFCフットサル選手権予選)の準備に位置付けたいと考えています。また、この年内では唯一となるであろう、ヨーロッパで活躍している選手が代表活動に参加できる貴重な機会であり、国際経験がゼロもしくは少ない選手たちにも経験を積んでもらいながら、先に掲げた目標を達成したいと思います」とコメントした。

▽今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆欧州遠征メンバー

GK
2.ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)
1.関口優志(名古屋オーシャンズ)
12.上原拓也(湘南ベルマーレ)

FP
9.森岡薫(ペスカドーラ町田)
6.小曽戸允哉(シュライカー大阪)
14.西谷良介(フウガドールすみだ)
13.渡邉知晃(府中アスレティックFC)
8.滝田学(ペスカドーラ町田)
5.皆本晃(府中アスレティックFC)
10.仁部屋和弘(バサジィ大分)
15.吉川智貴※1(マグナ・グルペア/スペイン)
4.加藤竜馬(バルドラール浦安)
11.室田祐希(ペスカドーラ町田)
7.逸見勝利ラファエル※1(ベンフィカ/ポルトガル)
3.原辰介(ペスカドーラ町田)
-.上村充哉※2(湘南ベルマーレ)
16.清水和也(フウガドールすみだ)

※1吉川と逸見は4月1日から合流
※2上村は国内合宿のみ参加

コメント

関連ニュース

thumb

稲田2発の神戸が仙台撃破で今季初白星!!《DUARIG Fリーグ》

▽DUARIG Fリーグ2017/2018の第2節が17日に開催。同日唯一の開催となったヴォスクオーレ仙台vsデウソン神戸はアウェイの神戸が2-1で勝利した。 ▽先の開幕戦で湘南ベルマーレに0-6の大敗を喫した仙台と、ペスカドーラ町田に1-4で敗北の神戸という今シーズン黒星スタートの両者が激突した。ホーム開幕戦での今シーズン初白星を目指す仙台だったが、2分に今シーズンから10番を背負うFP稲田瑞穂が右サイドからシュートを沈め、神戸が幸先良く先取する。 ▽あっさりとリードを許した仙台だったが、その3分後にFP内野脩麻が同点弾。ところが、19分にはFP森洸のパスから稲田がこの試合2点目を決め、神戸が再びリードした。その後、迎えた後半も一進一退の攻防戦となるが、最後までスコアに動きなく試合終了。稲田の2発で仙台に競り勝った神戸が今シーズン初白星を手にした。 ◆DUARIG Fリーグ第2節 ▽6月17日(土) ヴォスクオーレ仙台 1-2 デウソン神戸 ▽6月18日(日) 《13:30》 シュライカー大阪 vs 府中アスレティックFC 《14:00》 エスポラーダ北海道 vs バサジィ大分 名古屋オーシャンズ vs アグレミーナ浜松 《16:00》 湘南ベルマーレ vs フウガドールすみだ 《17:00》 バルトラール浦安 vs ペスカドーラ町田 2017.06.17 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

Fリーグ開幕節2日目!!すみだが大量9発でリーグ戦好スタートを切る《DUARIG Fリーグ》

▽11日に東京・国立代々木競技場第一体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018が開幕した。2日目第1試合のフウガドールすみだvsバサジィ大分は9-1ですみだが勝利。第2試合の名古屋オーシャンズvs府中アスレティックFCは1-0で名古屋が勝利し、最終試合の湘南ベルマーレvsヴォスクオーレ仙台は6-0で湘南が勝利している。 ◆フウガドールすみだvsバサジィ大分<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170611_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンのプレーオフで4位/5位決定戦に敗れたすみだと、チーム史上最低成績となる8位で終えた大分の一戦。試合はすみだが3分に丹羽のゴールで先制すると、4分にも大薗が頭でネットを揺らす。立て続けに得点が生まれたすみだは7分と14分に宮崎、11分に大薗、15分にボラが決めて、前半だけで6点差とする。前半終了間際に大分が1点返したものの、後半はすみだが3得点を追加し、すみだのゴールラッシュととなった試合は9-1で終了。すみだが大量得点で好スタートを切った。 ◆名古屋オーシャンズvs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170611_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンにリーグ戦を2位で終え、プレーオフでもFinal Round進出を逃し、10連覇を阻まれた名古屋と、プレーオフで名古屋に敗れて、決勝進出を逃した府中の一戦。試合は両ゴレイロが躍動する展開となった。均衡が破れたのは33分、右サイドでボールを収めた平田から星に展開。星は縦に抜けて右サイドの深い位置からマイナスのボールを入れると、GKクロモトが一度は止める。しかしこぼれたボールを齋藤が反転して押し込み、名古屋がついに先制した。待望の先制点を奪った名古屋は、その後府中のパワープレーを凌ぎ、試合終了。名古屋が1-0で府中に競り勝った。 ◆湘南ベルマーレvsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170611_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズン10位の湘南と最下位の仙台の一戦。湘南は昨シーズンまで監督を務めていた横澤が選手登録されベンチ入りした。試合は湘南が4分、GKフィウーザのフィードを横澤が頭で落とすと、受けたロドリゴが仕掛けてシュートを放ち、先制に成功する。主導権を握る湘南は14分に本田真琉虎洲 、20分に刈込がシュートのこぼれ球を押し込んで、3-0で湘南がリードして試合を折り返す。前半で3点差にした湘南は、崩れ始めた仙台のスキを見逃さなかった。25分には、ロドリゴのパスがオウンゴールを誘発。31分には本田真琉虎洲のシュートが相手DFのハンドを誘ってPKを獲得し、ロドリゴが沈めた。37分にもカウンターからネットを揺らし、6-0と仙台を一蹴。湘南が仙台を寄せ付けず、リーグ戦白星スタートを切った。 ◆DUARIG Fリーグ第1節 シュライカー大阪 4-3 エスポラーダ北海道 ペスカドーラ町田 4-1 デウソン神戸 バルドラール浦安 0-1 アグレミーナ浜松 フウガドールすみだ 9-1 バサジィ大分 名古屋オーシャンズ 1-0 府中アスレティックFC 湘南ベルマーレ 6-0 ヴォスクオーレ仙台<hr>◆JSPORTSではFリーグ開幕節を放送! ▽6月13日(火) 《22:00〜》 フウガドールすみだ vs バサジィ大分 [JSPORTS2] ▽6月14日(水) 《22:00〜》 名古屋オーシャンズ vs 府中アスレティックFC [JSPORTS2] ▽6月15日(木) 《22:00〜》 湘南ベルマーレ vs ヴォスクオーレ仙台 [JSPORTS2] 2017.06.11 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

元AKB48・宮澤佐江さんがFリーグスポンサーのスポーツブランド“sfida”のイメージガールに就任

▽スポーツブランド“sfida”を手掛ける株式会社イミオは10日、イメージガールとして元AKB48の宮澤佐江さんが就任したことを発表した。 ▽就任記者会見に出席した株式会社イミオの代表取締役社長を務める倉林啓士郎氏と、宮澤佐江さんは就任による挨拶を行った。その後、メディア陣による質疑応答にも応対している。 ◆倉林啓士郎氏(株式会社イミオ 代表取締役社長) 「sfidaは、Fリーグのスポンサーになって3年目になります。もっともっとフットサルやFリーグを盛り上げていきたいということで宮澤佐江さんにイメージガールとして就任していただくことになりました」 ――イメージガールとしてどのように広げていきたいか 「その商品を使って頂いて、撮影したものをポスターや企画で広めさせて頂きたいなと思います。例えば、sfidaでは今、FC琉球というチームをサプライヤーしていますけど、沖縄に来ていただいたりとかそういうことを考えています」 ◆宮澤佐江さん <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170610_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「この度、sfidaのイメージガールに就任させて頂きました。私は、サッカーの経験がある訳でも、フットサルの経験がある訳でもないですけど、スポーツ観戦が大好きです。今回、初めてフットサルの試合を観させて頂きましたけど、室内スポーツをやっていた経験もあって、自分がやっていたスポーツと似ている部分があったりとか、選手の声が客席まで届いていて、そのリアルさや激しさがこれからももっと色々な試合を観たいなと思わせていただきました。一生懸命、イメージガールを務めさせていただきます」 ――実際フットサルの試合を観てみての感想 「ピッチとスパイクのキュッキュッキュッという室内ならではの音であったり、応援してくださっているお客さんと選手が近いことによって、観てる人もリアルに感情移入ができるなと感じました。その近さというのは、大きくなってしまえばしまう程、なかなか感じられない感情だなというのはあったので、フットサルのそういうところにハマっていくんだろうなということを感じました」 2017.06.11 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

Fリーグ新シーズンが開幕!! 王者・大阪は打ち合いの末に白星発進!!《DUARIG Fリーグ》

▽10日に東京・国立代々木競技場第一体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018が開幕した。初日第1試合のシュライカー大阪vsエスポラーダ北海道は4-3で大阪が勝利。第2試合のペスカドーラ町田vsデウソン神戸は4-1で町田が勝利し、最終試合のバルドラール浦安vsアグレミーナ浜松は1-0で浜松が勝利している。 ◆シュラカー大阪vsエスポラーダ北海道<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170610_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンの王者である大阪と9位に終わった北海道の一戦。今シーズン最初のゴールは4分にチアゴによって生まれた。大阪はその後も攻勢に出ると、7分には相井忍が移籍後初ゴールをマークする。さらに7分にはアルトゥールのゴールも決まって一気に3点差とした。対する北海道は10分に水上玄太が得意とする開幕戦でゴールを奪取。その後も点の奪い合いとなり、前半は4-3で終えた。後半はスコアが動かずに、試合終盤に入ると北海道がパワープレーで同点を目指す。しかし試合はそのまま終了を迎え、大阪が開幕戦を白星で飾った。 ◆ペスカドーラ町田vsデウソン神戸<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170610_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンの開幕戦でも激突した両チームの一戦は、開始早々の1分に森岡薫のゴールが決まって町田が先制する。さらに14分にも日根野谷建のゴールでリードを2点とした町田は、33分に金山友紀がダメ押しとなる3点目を奪取。神戸は試合終盤にパワープレーを開始するも、40分には森岡に2点目を許す。試合終了間際には岡崎チアゴのゴールで一矢報いるも、反撃はここまで。町田が神戸に快勝した。 ◆バルドラール浦安vsアグレミーナ浜松<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170610_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今シーズンから高橋健介監督が指揮を執る浦安と、ストーブリーグで積極補強を行った浜松が対戦した。試合は5分、セットプレーの流れから萩原洪拓がネットを揺らして浜松が先制する。その後は浦安が主導権を握って試合を進めていくが、なかなか決定機を作れず。試合終盤にはディドゥダをGKのポジションに置いたパワープレーに出たが、浜松の集中した守りの前に最後までゴールが奪えずに終了。勝利した浜松は参入6年目で初めての開幕戦勝利となった。 ◆11日開催第1節 フウガドールすみだvsバサジィ大分(12:00) 名古屋オーシャンズvs府中アスレティックFC(14:30) 湘南ベルマーレvsヴォスクオーレ仙台(17:00)<hr>◆JSPORTSではFリーグ開幕節を生放送! ▽6月11日(日) 《11:50〜》 フウガドールすみだ vs バサジィ大分 名古屋オーシャンズ vs 府中アスレティックFC 湘南ベルマーレ vs ヴォスクオーレ仙台 [JSPORTS 4] ▽6月10日(土) 《20:00》 シュライカー大阪 vs エスポラーダ北海道 《22:00》 ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸 《24:00》 バルドラール浦安 vs アグレミーナ浜松 [JSPORTS 2] ※初回放送 2017.06.10 21:11 Sat
twitterfacebook
thumb

新シーズン開幕を前に、今季注目の5選手!!《DUARIG Fリーグ》

▽今月10日、11日にDUARIG Fリーグ2017/2018が東京・国立代々木競技場第一体育館で開幕を迎える。11年目を迎える今季の注目選手を紹介していく。 ◆ラファ(名古屋オーシャンズ/ブラジル代表) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170608_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは10連覇の夢が阻まれた名古屋オーシャンズが、現役ブラジル代表選手を補強した。昨シーズン優勝を逃した要因の1つに得点力不足が上げられているだけに、セレソンのスコアラーを獲得できたことは大きい。 ▽実際に、シーズン前に行われたオーシャンカップ2017では、前線でタメが作れるフィジカルの強さ、相手を背負った状態からでもシュートに持ち込む強引さ、多彩なシュートなどワールドレベルを見せつけ、準決勝のシュライカー大阪戦で2ゴール。決勝のバルドラール浦安戦でも1ゴールを奪い優勝に貢献している。 ▽特に同じ新加入のFP西谷良介との相性が良く、昨シーズンのトレンドだったシュライカー大阪の「チアゴ‐アルトゥール・ライン」のような1つの得点パターンとなりつつある。コンディション面は「チームメートのことを知ればもっとパフォーマンスは上がる」と語っているだけに、さらなる活躍が楽しみな選手だ。 ◆森岡薫(ペスカドーラ町田/日本代表) [昨季成績:23試合出場22ゴール] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170608_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽日本を代表するストライカーが、ペスカドーラ町田で自身初めてとなるキャプテンに就任した。これまではプレーでチームを引っ張ってきたが、新シーズンはチームマネジメントの面でも期待がかかる。世界を知る森岡だけに、有望な町田の若手選手たちに伝えられることは多いはずだ。 ▽個人的なパフォーマンスに関しては、ここ2年はケガの影響もあり、指定席だった得点ランキングトップの座から陥落している。3年ぶりとなる得点王に返り咲ければ、チームの悲願であるリーグタイトルにも迫るはず。チームスポーツだが、今シーズンの森岡にかかる期待は大きなものとなるだろう。 ◆アルトゥール(シュライカー大阪/ブラジル) [昨季成績:30試合出場33ゴール] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170608_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンのMVPはFP小曽戸允哉に譲るも、間違いなくアルトゥールのシーズンだった。その証拠に国内6つのフットサルメディアが立ち上げた“フットサル界のバロンドール”である「フットサル大賞」では見事にMVPを獲得している。 ▽卓越した戦術眼に、針の穴を通すような縦パス。さらに守備を無効化してしまう、驚異のミドルシュートなどあらゆる面でハイスペックの選手だ。ブラジル代表FPラファも「セレソンにいてもおかしくないレベルの選手」と高い評価をするなど、“今見るべき選手”といえる。 ▽新シーズンは、今まで以上にアルトゥールのプレーを警戒してくることが予想される。その中で彼がどんなプレーを見せてくれるかに期待だ。また、森岡同様に新シーズンはキャプテンに就任。「常に100%でプレーする姿勢を見せること。リーダーとして強い気持ちを持つこと」と意気込んでいる。自身の成長にとっても重要な1年となる。 ◆清水和也(フウガドールすみだ/日本代表) [昨季成績:29試合出場22ゴール]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170608_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽日本の若きエースにとって、今シーズンは今後を左右する大事なシーズンになるかもしれない――。 ▽所属するフウガドールすみだでは、絶対的なエースだったFP太見寿人が現役を引退。「フトさんのようになりたい」と口にしてきた清水。その能力に疑いはなく、将来的には日本を代表する点取り屋となるだろう。しかし、現状ではチームが苦しい時に勝たせるようなパフォーマンスを見せられておらず“太見のようなエース”にはなれていない。 ▽また先日行われたAFC U-20フットサル選手権でもグループステージでは4試合で6ゴールを奪う活躍を見せたが、準々決勝のイラク戦ではノーゴールに終わりチームもベスト8での敗退が決まった。2020年に行われるフットサル・ワールドカップを考えても、今シーズンは一皮むけなければいけないだろう。 ◆横澤直樹(湘南ベルマーレ/日本) [昨季成績:8勝5分け20敗] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170608_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンまで湘南ベルマーレの指揮官だった横澤直樹が、新シーズンは“アナリストプレーヤー”として現役復帰を果たした。湘南の前身であるP.S.T.C.LONDRINAに所属し、ブラジルのトップリーグでプレー。その後タイなどでもプレーしてきた横澤が、初めてFリーグの舞台に立つ。 ▽ただ、アナリストプレーヤーとは、これまで指揮官として教えてきたことを選手と同じ立場に立って共有することが目的。しかし、奥村敬人監督は「選手登録している以上、練習のパフォーマンスを見て考える」と、横澤の出場を前向きに考えている。出場した場合に、世界を知る横澤がどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。<hr>◆JSPORTSではFリーグ開幕節を生放送! ▽6月11日(日) 《11:50〜》 フウガドールすみだ vs バサジィ大分 名古屋オーシャンズ vs 府中アスレティックFC 湘南ベルマーレ vs ヴォスクオーレ仙台 [JSPORTS 4] ▽6月10日(土) 《20:00》 シュライカー大阪 vs エスポラーダ北海道 《22:00》 ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸 《24:00》 バルドラール浦安 vs アグレミーナ浜松 [JSPORTS 2] ※初回放送 2017.06.09 18:00 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース