オブラク、カンプル、ノヴァコヴィッチらスロベニア代表メンバーが発表!《ロシアW杯欧州予選》2017.03.17 10:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スロベニアサッカー協会(NZS)は16日、ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むスロベニア代表メンバー24名を発表した。

▽スレチコ・カタネツ監督は、アトレティコ・マドリーのGKヤン・オブラクや、レバークーゼンのMFケビン・カンプル、Jリーグでもプレー経験があるマリボルのFWミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチを招集。その他にも、フィオレンティーナのFWヨシップ・イリチッチやキエーボのMFヴァルテル・ビルサなどを招集した。

▽スロベニアは、イングランド代表、スロバキア代表、スコットランド代表、リトアニア代表、マルタ代表と同じグループFに入っており、4試合を終えて勝ち点8の2位。26日にスコットランドとアウェイで対戦する。今回発表されたスロベニア代表メンバーは以下のとおり。

◆スロベニア代表メンバー24名
GK
ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ヴィド・ベレツ(カルピ/イタリア)
ヤン・コプリベック(アノルトシス・ファマグスタ/ギリシャ)

DF
マティヤ・シロク(ドムジャレ)
ボヤン・ヨキッチ(ウファ/ロシア)
ミハ・メビジャ(ロストフ/ロシア)
ミラル・サマルジッチ(ベレディイェシュポル/トルコ)
ボストヤン・チェサル(キエーボ/イタリア)
ルカ・クラインツ(フロジノーネ/イタリア)
アリアス・ストゥルナ(カルピ/イタリア)
アンドラズ・ストゥルナ(ハーツ/スコットランド)

MF
ザン・マイェル(ドムジャレ)
マティツ・チュルニツ(リエカ/クロアチア)
ベンヤミン・べルビッチ(コペンハーゲン/デンマーク)
レネ・クーリン(グラナダ/スペイン)
ミハ・ザイツ(エンポリ/イタリア)
ジャスミン・クルティッチ(アタランタ/イタリア)
ヴァルテル・ビルサ(キエーボ/イタリア)
ニク・オムラディッチ(ブラウンシュヴァイク/ドイツ)
ケビン・カンプル(レバークーゼン/ドイツ)

FW
ヨシップ・イリチッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
ロベルト・ベリッチ(サンテチェンヌ/フランス)
ロマン・ベジャク(リエカ/クロアチア)
ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ(マリボル)

コメント

関連ニュース

thumb

日本のコロンビア戦勝利を独メディアはどう見た?採点では香川&大迫が高評価

19日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本はコロンビアを2-1で下した。ゴールを決めたのが香川真司、大迫勇也と、ブンデスリーガで実績のある2人だったこともあり、ドイツでもその活躍が大きく報じられた。<br><br>ドイツメディア『SPOX』は「ブンデスリーガデュオが日本を初戦勝利に導いた!」という見出しで、日本代表の勝利について次のように伝えている。<br><br>「コロンビアのハメス・ロドリゲスが負傷で先発から外れたことは一つの驚きだったが、試合はすぐさま局面が動いた。カルロス・サンチェスは香川真司のシュートを手で防ぎ、一発退場処分を受けてしまう」<br><br>「香川がPKを沈め、追う展開になったコロンビアはフアン・キンテーロがグラウンダーの直接FKを決めて1-1に追いつき、ハーフタイムへと突入した。だが、日本は73分に大迫勇也がヘディングを決め、2-1と再びリード。日本はブンデスリーガデュオの活躍で、初戦を制している」<br><br>また、同メディアでは出場選手についても採点を行っており、得点した香川と大迫が全選手最高の2点(ドイツの採点は1が最高評価)、続いて昌子源と吉田麻也のセンターバックコンビに2.5点を付けている。<br><br>なお、開始4分で退場処分となったカルロス・サンチェスは採点の評価になっていない。<br><br>日本代表選手の評価は以下のとおり。<br />川島永嗣 3.5<br />長友佑都 3<br />昌子源 2.5<br />吉田麻也 2.5<br />酒井宏樹 3<br />長谷部誠 3.5<br />柴崎岳 3<br />乾貴士 3.5<br />香川真司 2<br />原口元気 3.5<br />大迫勇也 2<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 03:14 Wed
twitterfacebook
thumb

初戦でコロンビア撃破の日本代表、第2節で突破も可能?その条件とは…

19日にロシア・ワールドカップ グループHの2試合が行われ、日本代表がコロンビア代表に2-1で勝利。白星スタートを切った。日本は過去2大会で初戦に勝ち点を獲得しており、そのどちらも決勝ラウンドへ駒を進めている。果たして、今回もグループリーグを突破することができるのか、初戦の結果、第2節の対戦カードを踏まえて日本の突破条件を整理する。<br><br>日本は、02年の日韓W杯(vsベルギー/2-2)、10年の南アフリカW杯(vsカメルーン/1-0)の初戦でいずれも勝ち点を奪取し、その後決勝ラウンドへ進出したデータがある。逆に初戦を落とした98年のフランスW杯(vsアルゼンチン/0-1)、06年のドイツW杯(vsオーストラリア/1-3)、14年のブラジルW杯(vsコートジボワール/1-2)の3大会はすべてグループリーグで敗退している。<br><br>過去のデータをもとにすれば、今回の初戦でコロンビアを撃破した日本は、16強進出への可能性が極めて高くなったと言える。<br><br>そして気になるグループHのもう1試合、ポーランドvsセネガルは2-1でセネガルが勝利。日本と勝ち点、得失点で並び首位に立っている。日本はそのセネガルと24日に行われる第2戦で激突。連勝が懸かる一戦に臨む。<br><br>■日本の第2節での突破条件日本がセネガルに勝利し、もう1試合のコロンビアvsポーランドがドローに終わった場合は、日本が勝ち点『6』、セネガルが同『3』、ポーランドとコロンビアが同『1』となり、1試合を残して日本の2位以上が決まり、ベスト16進出が決定する。<br><br>さらに、同じく日本が勝利し、コロンビアvsポーランドでコロンビアが勝利した場合は、日本が勝ち点『6』、セネガルとコロンビアが同『3』、ポーランドは同『1』となり、最終戦でセネガルとコロンビアが勝ち点を奪い合うため、日本の2位以内が確定する。<br><br>一方で日本がセネガルに勝利しても、コロンビアvsポーランドでいずれかが勝利を収めた場合は、日本の第2節での突破はない。また、引き分け以下に終わった場合も同様で、突破は最終節に持ち越される。<br><br>いずれにせよ、日本は2連勝すれば、第2節で突破する可能性を持たせつつ、最終節は敗れても突破が決まる可能性も残す。<br><br>注目の初戦白星対決、セネガル戦は日本時間25日の0時にキックオフを迎える。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 03:09 Wed
twitterfacebook
thumb

「W杯サプライズ組に入った」「4年前の雪辱果たした」スペインメディアも日本のコロンビア戦勝利に驚嘆

19日のロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本vsコロンビアは2-1で日本の勝利に終わった。スペインメディアは日本の金星を大きな驚きでもって報じている。<br><br>グループH突破本命と目されていたコロンビアを下した日本だが、フットボール大国として知られるスペインのメディアにはサプライズと受け止められた。<br><br>『ムンド・デポルティボ』は、今回のワールドカップで強豪国が勝ち点を取り逃がしている流れを汲んで「日本もこのワールドカップのサプライズ組に入った」と報道。また『EFE通信』は「日本がコロンビアの展望を損なわせた」と、コロンビアにとって想定していなかった敗戦であることを強調している。<br><br>その一方で『マルカ』は、開始4分のDFカルロス・サンチェスの退場などを強調し、「腹切りをした」とコロンビアの自滅的要素があったとの見解を示す。加えて日本については、前回ワールドカップのグループステージでコロンビアに1-4で敗れていたことを取り上げ、「ブラジルでの1-4敗戦の雪辱は果たされた」と記した。<br><br>世界が驚く白星スタートを切った日本は、24日にセネガル、28日にポーランドと対戦する。<br><br> カ%サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう <br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた <br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介 <br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは? <br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ <br><br><br>提供:goal.com 2018.06.20 02:57 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポーランド 1-2 セネガル《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、ポーランド代表vsセネガル代表が19日にスパルタク・スタジアムで行われ、セネガルが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポーランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 4.5 1失点は致し方なし。だが、2失点目ではベドナレクとのコミュニケーションのミスで失点に関与… DF 20 ピシュチェク 5.0 右のサイドバックとウイングバックでプレー。マネ相手に守備は健闘も攻撃面であまり良さを出せず (→ベレシュインスキ -) 4 チアゴ・ランジェウ 5.0 不運な形でオウンゴール献上。ただ、他の場面でも相手の揺さぶりに苦戦を強いられた 2 パズダン6.0 持ち味の出足鋭い守備が良い方向に出た。要所でピンチの芽を摘んだ 13 リブス 5.5 左のサイドバックとウイングバックでプレー。前半は押し込まれるも後半に入って幾度か良いタイミングで攻撃参加を披露 MF 16 ブワシュチコフスキ 5.0 攻守両面で精彩を欠く。ケガの影響か前半のみの出場に (→ベドナレク 4.5) セルフジャッジでプレーをやめてクリアできるボールを見送り決定的な2失点目に関与… 10 クリホヴィアク 6.0 意地のゴールを記録。中盤のバトルでは互角にやりあったが、なかなか攻撃面でスイッチを入れられず 7 ミリク 4.5 ボールを引き出す動きや球際の粘りに乏しく攻撃の起点になれなかった (→コフナツキ -) 19 ジエリンスキ 5.0 守備では最低限の仕事をこなしたが、攻撃の組み立てではほとんど見せ場を作れず 11 グロシツキ 6.0 1アシストを記録。幾度か良い形でボールを引き出し鋭い仕掛けを見せた FW 9 レヴァンドフスキ 5.0 攻撃の不振はチームの機能性の問題だが、相手センターバックコンビに封じられたことも事実 監督 ナヴァルカ 5.0 システム変更で流れを掴みかけた矢先のイージーミスが痛恨だった。コンディション不良のミリク起用はハマらず ▽セネガル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 16 K・エンディアイエ 5.5 そこまで危険な場面はなかったものの、レヴァンドフスキの直接FKを見事に阻止 DF 22 ムサ・ワゲ 6.0 前半は攻守両面で仕事量が多く、守勢に回った後半もソリッドな守備を見せた 6 S・サネ 6.0 空中戦と当たりの強さを武器にレヴァンドフスキを封殺 3 クリバリ 6.5 レヴァンドフスキを封じつつ的確なカバーリングでサイドバックやボランチの仕事をサポート。マイボール時の貢献も大きかった 12 サバリ 6.0 地味ながらも絶妙なポジショニングや判断で守備を締めた MF 18 サール 6.0 前半は持ち味のスピードでカウンターの起点に。後半は守備の場面でそのスピードを生かした 13 A・エンディアイエ 6.0 幅広いエリアをカバーするグイエとは異なり、バイタルエリアのスペースをきっちり消す。対人守備も強かった (→クヤテ -) 5 グイエ 6.5 豊富な運動量と身体の強さを生かして中盤を制圧。オウンゴールを誘発するシュートで決定的な仕事もこなす 10 マネ 6.0 エースらしい決定的なプレーはなかったが、チームプレーヤーとして攻守に大きな貢献を果たした FW 9 M・ディウフ 6.0 前線からの守備や潰れ役のプレーなど地味ながら貢献度は高かった (→C・エンドイエ 5.5) 持ち味の身体能力を生かして守備でチームを助けた 19 ニアン 6.5 抜け目ない動きで決勝点を記録。試合を通して攻守両面での貢献は絶大 (→コナテ 5.5) 与えられた仕事を堅実にこなす 監督 A・シッセ 6.5 相手の自滅の感もあったが、セットプレー以外で見事にポーランドの攻撃を封じ切った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ニアン(セネガル) ▽値千金の決勝点に加え、先制点の起点にもなったニアンをMOMに選出。サイドに流れてのボールキープや身体の強さを生かした守備など、ゴール以外の仕事量も際立っていた。 ポーランド 1-2 セネガル 【ポーランド】 クリホヴィアク(後41) 【セネガル】 OG(前37) ニアン(後15) 2018.06.20 02:16 Wed
twitterfacebook
thumb

自滅ポーランドを破ったセネガルが白星発進! 連勝を懸けて次節日本戦《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、ポーランド代表vsセネガル代表が19日にスパルタク・スタジアムで行われ、セネガルが2-1で勝利した。 ▽3大会ぶりの出場を果たしたポーランドは、大会前のテストマッチではチリに2-2で引き分けたものの、直前のリトアニア戦を4-0と大勝。エースのレヴァンドフスキも2試合で3ゴールを挙げ、順調な仕上がりを見せている。ナヴァルカ監督は今回の初戦に向けてGKにシュチェスニー、最終ラインはピシュチェク、チアゴ・ランジェウ、パズダン、リブスを起用。中盤はジエリンスキとクリホヴィアクの2センターに2列目は右からブワシュチコフスキ、ミリク、グロシツキ、1トップにレヴァンドフスキを配した[4-2-3-1]を採用した。 ▽一方、セネガルはテストマッチを3試合消化。格下ルクセンブルクにゴールレスドロー、クロアチアに1-2と敗戦して迎えた直前の試合で韓国に2-0と勝利し、本大会を迎えた。今回の一戦に向けてはGKにK・エンディアイエ、最終ラインはムサ・ワゲ、S・サネ、クリバリ、サバリ。中盤は右からサール、A・エンディアイエ、グイエ、マネ。2トップにM・ディウフ、ニアンが並ぶ[4-4-2]で臨んだ。 ▽立ち上がりから初戦特有の緊迫感のある雰囲気が漂う中、互いにリスクを冒し切れず、中盤での潰し合う展開に。その流れの中でポーランドがよりボールを保持するものの、自陣でコンパクトな2ラインを敷くセネガルの堅守を前にジエリンスキやクリホヴィアクがなかなか仕掛けの縦パスを入れられず、エースのレヴァンドフスキにもほとんど良い形でボールが入らない。 ▽一方、マネとサールの両ウイングの推進力を期待してやや低いライン設定ながら要所でロングカウンターを繰り出すセネガルはニアンやサールに幾度かチャンスが訪れるものの、相手の素早い寄せやW杯の重圧か、ややフィニッシュを焦って枠外に外す場面が目立ち、こちらも決定機には至らない。 ▽その後もクローズな展開が続く中、意外な形から先制点が生まれる。37分、左サイドを突破したニアンがバイタルエリアのマネに短いパス。ここでワンテンポ溜めて自身の右を攻めあがってきたグイエにパスを通すと、グイエの右足のグラウンダーシュートがゴール前のDFチアゴ・ランジェウにディフレクト。GKシュチェスニーの逆を突く形でゴールネットを揺らした。 ▽オウンゴールによってセネガルの1点リードで折り返した試合。ビハインドを追うポーランドは前半に少し足を気にしていたブワシュチコフスキを下げてハーフタイム明けにセンターバックのベドナレクを投入。この交代でシステムを[3-4-3]に変更し、前線はミリク、グロシツキ、レヴァンドフスキの3トップとなった。 ▽すると、立ち上がりの49分には縦パスに反応したレヴァンドフスキが相手センターバックコンビの中央を割ってボックス手前の好位置でFKを獲得。これを名手レヴァンドフスキが直接狙うが、右隅を捉えたシュートは相手GKの好守に阻まれる。さらに56分には左サイド深くでリブスが上げたクロスをボックス右でフリーのピシュチェクがボレーシュートも枠に飛ばせない。 ▽後半に入って守勢が続くセネガルだが相手のミスを突いて2点目を奪う。60分、治療でピッチサイドに出ていたニアンがピッチに復帰すると、クリホヴィアクのバックパスに対して相手DFベドナレクとGKシュチェスニーがお見合いしたボールを抜け目なくかっさらってそのまま無人のゴールへ流し込んだ。ポーランド陣営はニアンのピッチへの復帰が無効だったとのアピールを行うもゴールは認められた。 ▽痛恨のミスから2失点目を喫したポーランドはミリク、ピシュチェクを下げてコフナツキ、ベレシュインスキをピッチに送り出すが、より後方に重心を置いたセネガルの守備陣を攻略できない。それでも86分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのグロシツキがボックス左のスペースにボールを入れると、これをクリホヴィアクが豪快なヘディングで右隅に流し込み、ようやく1点を返す。 ▽その後は一進一退の攻防が続いたもののポーランドの猛攻をきっちり撥ね返し続けたセネガルが2-1で勝利。組織的な守備と相手のミスを見逃さないしたたかさを見せたセネガルが白星スタートを飾り、第2節で日本との連勝を懸けた一戦に臨むことになった。一方、自滅の感もあるポーランドはコロンビアとの第2節で今大会初勝利を目指す。 2018.06.20 02:15 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース