スペシャル・ワンからスペシャルな贈り物!? ピッチ上のロホへバナナを輸送2017.03.17 10:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督から、アルゼンチン代表MFマルコス・ロホへ、試合中にプレゼントが送り届けられたようだ。スペイン『マルカ』ら各国メディアが報じている。

▽ユナイテッドは16日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグで、ロストフをオールド・トラフォードに迎えた。試合は70分にマタがゴールを奪いユナイテッドが先制すると、そのまま勝利を収め2戦合計2-1で勝ち抜けが決定した。

▽この試合の決勝ゴールが生まれた直後、モウリーニョ監督がテクニカルエリアで突然バナナの皮をむき始めた。実だけとなったバナナを、ウォーミングアップしていたアシュリー・ヤングへと渡し、最後はピッチ内のロホへと届けられた。

▽バナナを受け取ったホロは試合の状況を確認してそれを食べてしまったのだ。

▽試合後の会見でモウリーニョ監督はこの行動について次のようにコメントした。

「君たちが人生に疲れているかどうかわからないが、私は時々疲れを感じることがある。そういうときに何を欲するかもわかっている。選手はバナナを欲していた。これは笑い事ではない。それに選手たちの限界を尊重しなければいけない。それだけ激しい試合で全てを出してくれたということだ」

コメント

関連ニュース

thumb

舌を巻くモウリーニョ「ポグバは別格だった」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が復帰戦で鮮烈なインパクトを残したフランス代表MFポール・ポグバを「別格」と話した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ポグバは、約2カ月間の負傷離脱を経て、18日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦(4-1でユナイテッドが勝利)で復帰。先発したポグバは、復帰戦ながら1ゴール1アシストのセンセーショナルな活躍でチームの攻撃を活性化させ、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。 ▽復帰戦で格の違いを示したポグバのパフォーマンス内容にモウリーニョ監督も舌を巻く。ニューカッスル戦後、イギリス『BT Sport』のインタビューで、フランス人MFについて次のように言及したという。 「(ポグバは)別格だった。我々は、ポグバと(ネマニャ・)マティッチのセットと共にシーズン開幕を迎え、彼らはチームのエンジンだった」 「我々は、それを少しの期間欠いた。ほかにも良い選手はいるが、彼らは異なるクオリティの持ち主だ」 「今日のプレー時間はポールに任せていた。良い時間帯に彼を交代させる決断が下せた。素晴らしいパフォーマンスだったよ」 2017.11.19 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラ、普段使わない絵文字も使って感謝「一人ではここまで来れなかった」

▽重傷からの復帰を果たしたマンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが周囲のサポートに感謝した。 ▽今年4月に右ヒザ前十字じん帯の損傷という大怪我を負ったイブラヒモビッチ。35歳という年齢から引退も囁かれたが、不屈の精神力と回復力を見せ、予定よりも早く18日に復帰した。 ▽復帰戦となったプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦では、77分から出場して今季から背負う背番号10をお披露目。繊細なボールタッチや豪快なジャンピングボレーを放つなど、コンディションが良好であることをうかがわせた。 ▽試合後、イブラヒモビッチは自身のツイッターを更新。以下のように感謝の言葉を残した。 「この数カ月、俺の下にいてくれたみんなに感謝したい。家族、監督、チームメート、ミノ(代理人)、ダリオ・フォートやダハン、フー医師、ヴォルカー医師、マンチェスター・ユナイテッド、そしてファンのみんな」 「一人では今日プレーすることはできなかった。ありがとう。みんな、愛している(※ハートの絵文字)」 ▽イブラヒモビッチは、自身のSNSなどで普段はほとんど絵文字を使うことがない。ハートの絵文字を使ったことは、陰ながらの信じがたい努力があったことや周囲のサポートへの大きな感謝をうかがわせる。 2017.11.19 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

復帰戦で1G1Aのポグバ、オールド・トラフォードでのファンとの再会を喜ぶ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、復帰戦となったニューカッスル戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』がイギリス『BT sport』を引用して伝えた。 ▽今シーズン開幕から印象的な活躍を見せていたポグバ。だが、9月12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のバーゼル戦でハムストリングを痛めて以降、現在までに公式戦12試合の欠場を余儀なくされていた。 ▽そんな中、ポグバは18日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦で先発復帰した。すると、0-1のビハインドで迎えた37分にマルシャルの同点ゴールをアシスト。ユナイテッドが2-1で逆転に成功して迎えた54分には、リードを広げるチームの3点目を奪った。その後、ユナイテッドは1点を追加して4-1で勝利した。 ▽復帰戦で1ゴール1アシストを記録したポグバは試合後、復帰への喜びを口にした。 「ファンに再会するため、オールド・トラフォードで得点するために復帰を目指してきたんだ。とても幸せだよ」 「僕らは勝たなくてはいけなかった。それが最も重要なことだよ。プレミア・リーグはイタリアとは異なるし、しっかりと治さなくてはいけないんだ。とても激しいからね」 2017.11.19 12:33 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラ、予定より2カ月以上早い復帰に「ライオンは人間のように回復しない」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、復帰の喜びを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』がイギリス『BT sport』を引用して伝えている。 ▽イブラヒモビッチは昨シーズン、4月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦で右ヒザ前十字じん帯を損傷。当初は来年1月に復帰することが目されていたが、懸命なリハビリの末、最近になってユナイテッドを率いるモウリーニョ監督が「彼は今年中に戻ってくる」と年内での復帰を示唆していた。 ▽驚異的な回復力を見せるイブラヒモビッチは、18日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦でベンチ入りを果たす。3-1でリードして迎えた77分、大歓声の中でマルシャルに変わって途中出場し、216日ぶりにピッチに登場。その後、ユナイテッドは1点を追加して4-1で勝利した。 ▽終盤にはボレーシュートで見せ場を作ったイブラヒモビッチは試合後、長期離脱からの復帰に「特別な感覚だ」とコメント。また、復帰に対する心配について問われると、自身を称す「ライオン」に例えて否定した。 「特別な感覚だよ。これまでと同じクオリティを示すことができた。俺は全く心配していなかった。何をすべきかは理解していたからね」 「厳しいトレーニングを行い、多くのことを犠牲にしてきた。ヒザを守る必要があり、考えながらプレーしていた。ただ、まったく心配はしていない。復帰について心配していたかって? それはない。ライオンは人間のように回復しないからね」 2017.11.19 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

フェライニはユベントス移籍を希望か…一方ユーベが照準を定める新戦力とは?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニは今シーズン限りでクラブとの契約が満了となる。クラブ側はフェライニに新契約締結を提案したとされるが、本人はその打診を断ったと現地メディアで報じられていた。<br><br>その一方、フェライニはセリエA王者ユベントスでのプレーを希望しているという報道もある。だが、現時点でその移籍話は現実味を帯びていないようだ。<br><br>『Goal』記者の取材によると、ユベントスはフェライニに関心こそあるものの、今冬~来夏の移籍市場で獲得を狙うターゲットとして、他に本命がいる模様。イタリアの関係者筋によれば、ユベントスが補強の本命として照準を定めているのは、エムレ・ジャン(リバプール/ドイツ代表)と、レオン・ゴレツカ(シャルケ/ドイツ代表)とのこと。ジャンはリバプールと間もなく契約を更新する可能性も高まっており、もしそうなればゴレツカ獲得に本腰を入れるようだ。<br><br>23歳ジャン、22歳ゴレツカと、若いプレーメーカーの獲得をユベントスは望んでおり、現在29歳のフェライニにとっては、ユーベへの移籍はハードルが高いものと見られる。ただし、フェライニがこのまま新契約を結ばず、来夏フリーになった場合は移籍金ゼロで移籍可能となるだけに、意中のクラブへ新天地を求める可能性も十分にある。<br><br>果たして、ユナイテッドとの契約延長を拒否したフェライニは今後どのようなキャリアを歩むのか。来夏に向けて、その去就は今後も注目を集めることになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.11.18 22:19 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース