2ndレグで勝利も2戦合計で敗れたローマ、スパレッティは自分たちのエラーを認めるも「突破に値したのは我々」2017.03.17 09:23 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が、16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのリヨン戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が報じている。

▽アウェイで行われた1stレグを2-4で落としていたローマが、逆転での突破を目指してスタディオ・オリンピコにリヨンを迎えた一戦。16分に先制を許す苦しい立ち上がりとなると、失点直後にストロートマンのゴールで同点とする。60分にはオウンゴールで勝ち越しに成功するが、その後は得点が奪えず。2-1と逆転勝利を収めたが、2戦合計で4-5となりローマの敗退が決まった。

▽試合後の会見に出席したスパレッティ監督は、自分たちが首を絞める戦いをしてしまったと認めつつも、突破に値したのはローマだったと口にした。

「決して残念な結果だというわけではない。2試合を通じて、いくつかのエラーがあり、それが自分たちの首を絞めて敗退となってしまった。特に今日の試合では後半にリードしてからプレーに迷いがあった。ポゼッションの部分でもよくなくて、無駄なエネルギーを使ったように思う」

「ただ、全体的にはうまくプレーできていたとも思う。チャンスも作れていたし、ゲームをコントロールできていただけに、突破に値したのはローマだと思う。結果は受け止めるが、正しいものではない」

コメント

関連ニュース

thumb

トッティのローマ一筋25年のキャリアを祝し、ナイキが限定スパイク「TIEMPO TOTTI X ROMA」を発売

▽ナイキは26日、ローマの象徴であるFWフランチェスコ・トッティの25年にわたるキャリアを祝し、限定版「TIEMPO TOTTI X ROMA」の販売を発表した。日本では100足限定で、全世界では2500足限定で、シリアル番号入りで発売される。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170426_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽トッティはクラブへの愛情と忠誠心の深さで知られ、デビューから25年間をローマ一筋で過ごしている。1998-99シーズンからはキャプテンに就任し、ローマの街全体の"Il Capitano"(キャプテン)と尊敬され、「第8代ローマ王」とも言われている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170426_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽「私の25年のキャリアを反映させるスパイクについて考えた時、まず思いついたのがゴールドです。このスパイクは、私の大切なものである家族やASローマ、ローマの街全てを網羅するべきだと思いました。ナイキはこのスパイクをどう表現するか、すぐに理解してくれました」とトッティはこの限定版「TIEMPO TOTTI X ROMA」について語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170426_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽スパイクのアッパーはローマ及びイタリアでのトッティの功績をたたえ、史上最高の攻撃的プレイメイカーの一人と称されるプレイヤーにふさわしい、ゴールドの柔らかいレザーで作られている。かかとの「TOTTI」の文字と、ゴールドとは対照的なブラックのスウッシュに加え、アッパーにはトッティの手書きの文字で彼の三人の子供の名前、Cristian、Chanel、Isabelと記されている。 ▽トッティは「これを履くこと、さらにはこれをファンにも提供できることに大きな名誉を感じます」とコメントしている。限定版「TIEMPO TOTTI X ROMA」は26日からNike.comや一部専門店で発売。価格は2万5380円(税込)となっている。 2017.04.26 23:03 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネ帰還を望むインテル、破談に終わればスパレッティを招へいか

▽インテルが新シーズンの監督人事に向けて動き出しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽インテルは22日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦して4-5の敗戦となった。ステファノ・ピオリ監督は試合後、クラブ幹部に辞任を申し出たことがイタリア『コリエレ・デロ・スポルト』の報道で明らかとなっている。 ▽クラブは24日、ピオリ監督を今後も支援していく旨の公式声明を出して、事態の鎮静化を図った。しかし複数のイタリアメディアは、ピオリ政権は今シーズン限りで終焉を迎えるだろうと報じている。 ▽そこでインテルの新監督候補に名前が挙がっているのが、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督。選手時代にはインテルでプレーし、以前には将来的なインテルでの監督業に前向きな発言をしていた。また、アトレティコとの契約を短縮しており現行の契約では2018年までとなっている。 ▽『コリエレ・デロ・スポルト』によると、インテルは2017-18シーズンをシメオネ監督に任せたい考えを持っているようだ。さらに、昨年夏に中国の蘇寧グループがオーナーとなったことで潤沢な資金を持っており、シメオネ監督に白紙の小切手を準備し、年俸や補強費に関してはシメオネ監督が望む金額を出す考えのようだ。 ▽一方で『フットボール・イタリア』は、シメオネ監督招へいに失敗した際の第2案を報道。その際にはローマを率いるルチアーノ・スパレッティ監督を迎え入れたいと考えているようだ。スパレッティ監督はローマとの契約が2017年6月で満了を迎える。さらに長くセリエAで指揮を執ってきたことから、インテル復権に適任だと考えているという。 2017.04.26 11:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、ゼコ6連発逃すもゼーマン率いるペスカーラに完勝! ペスカーラは1年でセリエB降格…《セリエA》

▽セリエA第33節のペスカーラvsローマが、24日にスタディオ・アドリアティコで行われ、アウェイのローマが4-1で快勝した。 ▽前節、アタランタとの上位対決をドローで終えた2位ローマ(勝ち点72)は、首位ユベントス(勝ち点80)との勝ち点差が8ポイントに広がり、逆転でのスクデット獲得が絶望的に。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインを争う3位ナポリ(勝ち点70)との勝ち点差も縮まり、これ以上の取りこぼしが許されない状況だ。 ▽前日に行われた試合でユベントスが勝利した一方、ナポリがドローに終わったため、勝ち点差を広げるチャンスを得たローマは、過去2度チームを率いた鬼才ゼーマン率いる最下位ペスカーラとのアウェイゲームに臨んだ。前節からのメンバー変更は3点。マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ペロッティに代わって、エメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィが先発入り。恩師ゼーマンとの師弟対決が期待されたトッティはケガのため、招集外となった。 ▽試合前にローマの新SD就任が発表されたモンチも視察に訪れた一戦は、開始直後にアウェイのローマに決定機。2分、左サイドのエル・シャーラウィが入れたクロスを中央のゼコがワンタッチでファーに流すと、浮き球のボールをサラーが左足ボレーで流し込んだ。だが、サラーがわずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。 ▽畳みかけるローマは、6分にも中央突破したサラーのお膳立てからエル・シャーラウィ、17分にはセットプレーの流れからゼコに決定機も相手GKの好守に遭う。さらに20分にはパレデスの浮き球パスに抜け出したナインゴランの強烈なシュートがクロスバーを叩いた。 ▽相手を圧倒する攻めでゴールも時間の問題と思われたが、立ち上がりの決定機逸を受けて、焦れ始めたローマは、再三のオフサイドやラストパスのミスなど、攻撃に雑さが目立ち始め、徐々に行ったり来たりのゲーム展開に陥っていく。 ▽それでも、ゴールレスでハーフタイム突入と思われた前半終盤にようやくゴールをこじ開ける。44分、パレデスの絶妙なフィードに抜け出したエル・シャーラウィがボックス左でDFとGKを引き付けて右を並走するストロートマンにラストパス。これをオランダ代表MFが冷静に流し込んだ。この先制点で重圧から解放されたアウェイチームは、この1分後にもサラーの鋭い突破からボックス左でゼコがマイナスに折り返したボールをナインゴランが右足で流し込み、今季リーグ戦10点目を記録した。 ▽前半終了間際のゴールラッシュで本来の落ち着きを取り戻したローマは、後半開始直後の48分にペナルティアーク付近でパスを受けたサラーが狙い澄ました左足のコントロールシュートを左隅に流し込み、後半最初のゴールを奪取した。 ▽この3点目で勝利を大きく手繰り寄せたローマは、熾烈な得点王レースに身を置くゼコにボールを集めるが、5戦連発中のエースは52分、56分のシュートチャンスをゴールに結び付けられず。すると、60分には高速カウンターからエル・シャーラウィのプレゼントパスをサラーが冷静に流し込み、ドッピエッタを達成した。 ▽きっちり試合をコントロールするローマは、71分にゼコを下げてグルニエを投入。6試合連続ゴールを逃したゼコは不満を露わにピッチを後にするが、指揮官スパレッティは次節に控えるラツィオとの重要な“ローマ・ダービー”に向けて万全を期す采配を見せた。 ▽その後、エメルソン、パレデスを下げてフアン・ジェズス、ペロッティを投入して試合を締めにかかるローマは、83分に一瞬の隙からベナリにゴールを許し、クリーンシートを逃がす。それでも、恩師ゼーマン率いるペスカーラに格の違いを見せつけたローマが敵地で4-1の快勝。3位ナポリとの勝ち点差を再び4ポイントに広げ、30日に行われる宿敵ラツィオとのダービーに弾みを付けた。 ▽なお、最下位ペスカーラ(勝ち点14)は、17位エンポリ(勝ち点29)との当該成績が1敗1分けとなっているため、残り5節での逆転が不可能となり、1年でのセリエB降格が決定した。 2017.04.25 05:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、モンチ新SD就任を公式発表! 1年の延長OP付きの4年契約にサイン

▽ローマは24日、モンチの愛称で知られるラモン・ロドリゲス・ヴェルデホ氏(48)がクラブの新スポーツ・ディレクター(SD)に就任したことを発表した。契約期間は1年の契約延長オプション付きの4年契約となる。 ▽ローマのジェームズ・パロッタ会長は、モンチ氏の招へいに関してクラブ公式サイトで以下のように語っている。 「ASローマを代表して、モンチを新たなファミリーとして歓迎したい。そして、今後の長く実りのある関係を楽しみにしている。同様に、クラブは刺激的な新たな時代を迎えるはずだ」 「モンチは世界のフットボール界において最も優れた知性を持つ1人と考えられており、そんな人物をこのポストに任命することができ、これ以上の幸せはないと思っている」 ▽また、レアル・マドリーやパリ・サンジェルマンなど、多くのオファーがあった中でローマを新天地に選んだモンチ氏は、永遠の都での新たなスタートへの意気込みを語った。 「ジェームズ・パロッタ会長を始め、私にこのようなチャンスを与えてくれた幹部メンバーに感謝したい」 「これは非常に刺激的なプロジェクトだ。そして、この先長くこの偉大なクラブでサポーターやスタッフ、プレーヤーたちのために働くことを楽しみにしている」 ▽選手の売買に関してヨーロッパ屈指のクラブであるセビージャの敏腕SDを務めてきたモンチ氏は、現役時代にセビージャでGKとしてプレーした後、1999年に31歳の若さで現役を引退。カンテラから現役引退までセビージャ一筋のキャリアを築いた同氏は、引退した翌年にSDに就任した。 ▽クラブからカンテラの充実と有能なタレントの獲得という2つの要求を受けたモンチ氏は、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやスペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェス、スペイン代表MFヘスス・ナバス、スペイン代表DFアルベルト・モレーノなど錚々たるタレントをトップチームにデビューさせた。 ▽一方、外部からの補強ではブラジル代表DFダニエウ・アウベスや元マリ代表MFセイドゥ・ケイタ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、スペイン代表MFアレイシ・ビダルを安価な移籍金で獲得した後、獲得資金の倍以上でバルセロナに売却する見事な商才を発揮。近年の移籍市場でもFWカルロス・バッカやフランス代表FWケヴィン・ガメイロの取引でスポーツ面、経済面で多くの利益をもたらし、17年間の在任期間に5度のヨーロッパリーグ制覇、2度のコパ・デル・レイ優勝などのタイトル獲得に貢献してきた。 ▽▽昨年10月にイタリア屈指のSDとして知られたワルテル・サバティーニ前SDとの契約を解消したローマは、賢人モンチという最高の後釜を手にした。 2017.04.25 03:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、敏腕SDモンチ氏の現地到着を発表! 数時間以内に新SD就任が発表へ

▽ローマは24日、先日にセビージャとの契約解除を発表した敏腕スポーツ・ディレクター(SD)のモンチ氏(48)がローマのフィウミチーノ空港に到着したことをクラブの公式『フェイスブック』で発表した。 ▽昨年10月にワルテル・サバティーニ前SDとの契約を解消したローマは、その後釜として予てより噂があったモンチ氏の招へいに着手。これまで幾度も会合を重ねてきた両者は、先月28日にロンドンで行われた会合で3年契約に大筋合意した模様だ。 ▽ローマ以外にもレアル・マドリーやパリ・サンジェルマンからの関心も伝えられたモンチ氏は、以降のインタビューなどでローマとの接触を認めながらも、あくまで正式決定ではないと主張してきたが、今回のローマ到着で数時間以内にローマのSD就任が発表される見込みだ。 ▽選手の売買に関してヨーロッパ屈指のクラブであるセビージャの敏腕SDを務めてきたモンチ氏は、現役時代にセビージャでGKとしてプレーした後、1999年に31歳の若さで現役を引退。カンテラから現役引退までセビージャ一筋のキャリアを築いた同氏は、引退した翌年にSDに就任した。 ▽クラブからカンテラの充実と有能なタレントの獲得という2つの要求を受けたモンチ氏は、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやスペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェス、スペイン代表MFヘスス・ナバス、スペイン代表DFアルベルト・モレーノなど錚々たるタレントをトップチームにデビューさせた。 ▽一方、外部からの補強ではブラジル代表DFダニエウ・アウベスや元マリ代表MFセイドゥ・ケイタ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、スペイン代表MFアレイシ・ビダルを安価な移籍金で獲得した後、獲得資金の倍以上でバルセロナに売却する見事な商才を発揮。 ▽近年の移籍市場でもFWカルロス・バッカやフランス代表FWケヴィン・ガメイロの取引でスポーツ面、経済面で多くの利益をもたらすなど、辣腕を発揮してきた。 2017.04.24 22:22 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース