香川真司がヒザを打撲?欠場の可能性にトゥヘル「トップフォームだっただけに相当な痛手」2017.03.17 08:18 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ドルトムントは17日に行われるブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットをホームに迎える。トーマス・トゥヘル監督は前日の会見で、日本代表MF香川真司の好調ぶりに言及するも、負傷による欠場の可能性を懸念した。

14日にはDFBポカール準々決勝で3部ロッテと戦ったドルトムントは中2日でインゴルシュタットと対戦。シーズン前半戦は足首の負傷も響き出場機会が少なかった香川はここに来て2試合連続フル出場を果たし、特にブンデスリーガ前節では好調な姿を見せていたところだった。

インゴルシュタット戦では離脱中のマリオ・ゲッツェやマルコ・ロイス、出場停止のウスマーヌ・デンベレは不在。トゥヘル監督は会見ではさらにMFユリアン・ヴァイグルやFWピエール=エメリク・オーバメヤンも欠場となる可能性にも指摘した。またロッテ戦でも新たな負傷者が出たかと聞かれると、このように返答している。

「シンジは試合終盤にかなり悪質なファウルを受けたんだ。ヒザに打撲を負い、それを痛がっていてため、昨日もみんなとランニングをできなかった。だから彼に関しても様子を見なければいけない。彼も欠場となれば、相当な痛手だね。シンジは今ちょうどトップフォーム、トップコンディションだっただけになおさらだよ」

ただ、まだ希望は残っているかもしれない。トゥヘル監督は慎重ながら「このあと、医師からの報告があり、明日の午前中には最終調整も行うので、それらを待つことになる」と続け、出場可能性の判断は試合当日まで遅らせる可能性をうかがわせた。

インターナショナルブレーク前の最後の試合となるインゴルシュタット戦。指揮官も調子の良さを認める香川にとって、シーズン終盤に向けた大きなアピールチャンスとなるが、果たして出場できるのだろうか。


提供:goal.com

コメント



Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース