守護神躍動でローマの猛攻耐え抜いたリヨンが1stレグのアドバンテージ生かしてベスト8進出《EL》2017.03.17 07:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、ローマvsリヨンが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを生かしたリヨンが2戦合計5-4でベスト8進出を決めた。

▽今ラウンドで最も注目を集めたリヨンホームでの1stレグは、激しい打ち合いとなった中、ホームのリヨンが4-2で先勝した。一時は逆転に成功するも終盤の2失点により、逆転突破に向けて2点以上が求められるローマだが、直近のセリエAパレルモ戦で主力を温存した中、3-0の快勝を収め、公式戦の連敗を「3」でストップ。今回の一戦に向けては、そのパレルモ戦から先発5人を変更。エースFWゼコやストロートマン、デ・ロッシを復帰させた。

▽一方、アドバンテージを手にして敵地での2ndレグに臨むリヨンは、直近のトゥールーズ戦をラカゼットやトリッソなど多数の主力を温存した中、4-0の圧勝で飾り、好調を維持。この2ndレグでは温存した主力を揃って先発で起用してきた。

▽立ち上がりから攻勢を仕掛けるローマは、開始6分にいきなり決定機を作る。左CKの流れからボックス中央のリュディガーが反転シュートを狙うが、これはクロスバーを叩く。このこぼれ球をサラーが頭で押し込みに行くが、今度はGKの好守に阻まれる。畳みかけるローマは11分にも裏へ抜け出したサラーがGKと一対一になるが、ここは飛び出したGKアントニー・ロペスに防がれた。

▽立ち上がりから押し込まれる時間が続くリヨンだったが、1stレグと同様にセットプレーから先制点を奪う。16分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でヴァルブエナが絶妙なクロスを入れると、1stレグでも同様の形からゴールを決めているディアカビが頭で流し込んだ。

▽先制を許したローマだったが、失点からわずか1分後に追いつく。17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でデ・ロッシのインスウィングのクロスに反応したゴール前のストロートマンが泥臭く押し込んだ。この同点弾で勢いづくホームチームは、ゼコの強さとサラーの速さを生かしたシンプルな攻めでリヨンを押し込む。この流れの中でサラーやナインゴランに決定機も、2点目には繫がらず。

▽前半終盤にかけてもローマペースが続く中、41分に絶好のゴールチャンスが訪れる。ボックス内で競り勝ったゼコの落としをサラーが繋ぎ、ボックス右でフリーのストロートマンが続けてシュートを狙う。しかし、いずれのシュートもGKロペスの好守に阻まれる。さらに、前半アディショナルタイムにはペナルティアーク付近で前を向いたゼコが右足のシュートを放つが、これもロペスにセーブされ、前半は1-1で終了した。

▽逆転での勝ち抜けにはあと2点が必要なローマは、後半も立ち上がりから猛攻に出る。47分には左サイドのマリオ・ルイからのクロスをナインゴランが頭で合わすが、ニアポストを捉えたシュートはGKロペスのファインセーブに遭う。

▽押し込みながらもGKロペスの牙城を破れないローマは59分、ブルーノ・ペレスを下げてエル・シャーラウィを投入。すると、この交代策が流れを変える。60分、セットプレーの流れから右サイドでDFを振り切ったエル・シャーラウィのグラウンダーの折り返しが、ゴール前のトゥサールのオウンゴールを誘い、ローマに2点目が生まれる。勢い付くホームチームは、63分にもナインゴランからパスを受けたエル・シャーラウィがボックス右でDFをかわして右足シュート。だが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。

▽逆転突破にはあと1点が必要なローマは、76分にマリオ・ルイを下げてペロッティ、84分にはデ・ロッシを下げて切り札のトッティをピッチに送り込む。ピッチ上にアタッカー6人が並ぶ超攻撃的布陣で猛攻を仕掛けるローマだが、ボックス内で必死に守る相手の守備をあと一歩で崩せない。逆に、80分過ぎには自分たちのCKの流れからカウンターを浴び、カルルにボックス内でGKと一対一の状況を作られるが、ここはGKアリソンの見事な飛び出しで凌ぎ、望みを繋いだ。

▽その後、試合終了間際には決死のパワープレーからボックス内のゼコ、エル・シャーラウィに決定機も最後の場面で身体を張るリヨンの守備を破れず、試合はこのままタイムアップを迎えた。

▽2試合を通じて互角の戦いを見せた両チームだったが、守護神アントニー・ロペスの再三に渡る好守と、1stレグの試合終了間際に奪ったラカゼットのゴールが大きく効いたリヨンが、2戦合計5-4でベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴルサリコはナポリ移籍を希望か…ローマやユベントスも獲得に興味

▽アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)は、今冬でのナポリ移籍を望んでいるようだ。イタリア『Rai Sport』の記者であるチノ・ベナラト氏が、イタリアラジオ『Radio CRC』に明かしたことを『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽半年近くに及ぶ負傷離脱を強いられたアルジェリア代表DFファウジ・グラムの代役探しに奔走するナポリは、セリエA経験のあるクロアチア代表サイドバックに目をつけており、今冬での獲得が噂されてきた。 ▽チノ・ベナラト氏によると、ヴルサリコの代理人を務めるジュゼッペ・リソ氏とナポリでスポーツディレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏の間で電話会談が行われた際にリソ氏が、ヴルサリコはナポリに移籍できることを非常に喜んでいるとナポリ側に語ったという。 ▽ヴルサリコについては移籍金の兼ね合いで獲得交渉が難航していたが、ナポリはアトレティコの要求する2000万ユーロ(約26億円)を満額支払うことで合意に至った模様。 ▽しかし、ヴルサリコにはサッスオーロ時代の恩師であるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の率いるローマや、ユベントスが興味を示しており、正式契約まで油断のできない情況だ。 2017.12.12 03:18 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグセーブ連発のGKソレンティーノの牙城を崩せなかったローマがキエーボとゴールレスドロー《セリエA》

▽ローマは10日、セリエA第16節でキエーボとアウェイで対戦し、0-0で引き分けた。 ▽5日に行われたチャンピオンズリーグ最終節のカラバフ戦で勝利し、グループ首位通過を決めた4位のローマ(勝ち点34)はその試合から5選手を変更。フロレンツィ、デ・ロッシ、マノラス、ゼコ、ペロッティに代わってファン・ジェズス、ゴナロン、ブルーノ・ペレス、ジェルソン、シックを起用した。負傷により出遅れていたシックはこれが今季初先発となった。 ▽サイド攻撃を中心にキエーボゴールに迫るローマは10分、右サイドに流れたナインゴランのクロスをゴナロンが頭で合わせるが、GKソレンティーノに横っ飛びでキャッチされる。その直後、キエーボにFKを与えると、イングレーゼにクロスバー直撃のシュートを浴びせられる。続けてボックス右からのビルサのシュートがサイドネットを捉えるなど、ヒヤリとする場面が続いた。 ▽危険なシーンを凌いだローマは24分、コラロフが敵陣中央左で強烈なミドルシュートを放つと、このシュートにゴール前のシックが反応。ヒールでわずかにコースを変えるというアイデアでゴールに迫ったが、GKソレンティーノの素早いファインセーブに遭いゴールとはならなかった。 ▽前半半ば以降はローマがボールを保持する時間帯が続く。35分には味方の浮き球スルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがゴールに迫るも、トモビッチの見事なスライディングタックルに阻まれてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半、まずは50分にカウンターから最後はコラロフのシュートでローマがチャンスを作る。続く60分にはゴナロンがシックとのワンツーでボックス左に抜け出しGKとの一対一を迎えたが、この試合鋭い反応を見せるGKソレンティーノにまたしても阻まれる。 ▽見かねたディ・フランチェスコ監督は64分にジェルソンを下げてゼコを投入。直後にコラロフのミドルシュート、CKからエル・シャーラウィがゴールに迫るがGKソレンティーノがまたしても立ちはだかる。ローマは続けざまにコラロフのグラウンダーのクロスにゼコが飛び込むが数センチ届かず、ビッグチャンスを逃してしまう。 ▽少しずつ活性化してきた前線に更なる勢いを与えるため、72分にペロッティがエル・シャーラウィに代わってピッチに送られる。78分にストロートマンのクロスをゼコが合わせるが枠を捉えられず頭を抱えた。 ▽終盤にかけて攻め立てるローマ。84分にナインゴランが強烈なシュートを枠に飛ばすが、神がかり的なセーブを見せるGKソレンティーノが逆を突かれながらも右足1本で弾き返すという驚愕のセーブを見せた。 ▽結局GKソレンティーノの牙城を崩すことができなかったローマは0-0で試合を終え、勝ち点1を得るに留まった。 2017.12.10 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマ、変幻自在の“トリックスター”ペロッティと新契約締結!

▽ローマは7日、アルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(29)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ローマとの新たな2年の契約延長にサインしたペロッティは、クラブ公式サイトで喜びを語っている。 「ここでの最初の試合から、まるで自分の家にいるような感覚を覚えてきたんだ。個人的にキャリア最高の時期を過ごしているし、もっとここで多くのことを経験したい。とにかく、ここでのプレーに満足しているんだ」 ▽また、セビージャ時代にもペロッティを獲得し、ローマで再タッグを組むことになったモンチSD(スポーツ・ディレクター)も今回の契約延長に満足感を示している。 「ディエゴとの関係は特別だ。セビージャ時代に彼のヨーロッパでの初めての挑戦を見守ってきた。そして、ローマでは偉大なクラブにおいて彼が貴重なプレーヤーとなれるようにアシストできることがとにかく嬉しいよ」 ▽これまでセビージャやボカ・ジュニアーズで活躍してきたペロッティは、2016年1月にジェノアからローマに加入。セリエA屈指のドリブルテクニックを持つ変幻自在の“トリックスター”は、ここまで公式戦78試合に出場し17ゴールを記録している。 ▽また、大舞台で圧倒的な勝負強さを発揮する同選手は、昨シーズンのセリエA最終節ジェノア戦の試合終盤にチームを2位フィニッシュさせる貴重な決勝点、直近のチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦でもグループステージ首位通過に導く決勝点を決めていた。 2017.12.07 22:12 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマの新スタジアムが2020-21シーズンについに完成へ!!

▽完成が遅れていたスタディオ・デッラ・ローマが、いよいよ最終局面に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ローマは、同じローマを本拠地にするラツィオとスタディオ・オリンピコを共同使用してきた。しかし2014年3月に、ローマが新スタジアム建設を発表。初期費用3億ユーロ(現在のレートで約398億8000万円)、インフラ整備事業など周辺整備で総額10億ユーロ(約1329億3400万円)を要して5万2000人収容のサッカー専用スタジアムを建設するとしていた。 ▽当初は2016-17シーズンのセリエA開幕に合わせて完成される予定だったが、建設は難航しており大きな遅れとなっている。 ▽しかし『フットボール・イタリア』によると、スタディオ・デッラ・ローマのプロジェクトが地方議会で承認を得た模様。今後はインフラ設備を進め、その中の費用の一部を自治体が負担することが決まったようだ。 ▽これにより、スタディオ・デッラ・ローマは2020-21シーズンには完成できるとしている。 2017.12.06 11:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ペロッティ弾で勝ち切ったローマが逆転で"死の組"を首位通過!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、ローマvsカラバフが5日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。この結果、ローマの首位通過が決定した。 ▽前節、3位のアトレティコ・マドリー(勝ち点6)に敗れて決勝トーナメント進出を逃した2位のローマ(勝ち点8)は、自力での突破が懸かる今回の最終節で最下位が確定しているカラバフ(勝ち点2)をホームに迎えた。ディ・フランチェスコ監督はこの一戦に向けて直近のSPAL戦から先発4人を変更。リーグ戦で出場停止中のデ・ロッシに加え、温存されていたペロッティ、ナインゴラン、ファシオが復帰した。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を自陣に張り付けるローマは、14分にセットプレーから最初のチャンスを作る。左CKの場面でショートコーナーからボックス左角のエル・シャーラウィが右足で低いシュート。これを中央のマノラスがバックヒールでコースを変えたボールがゴールに向かうも、これはGK正面を突く。 ▽やや高い相手の最終ライン裏を狙うローマは24分、右サイドのスペースに抜け出したエル・シャーラウィが飛び出してきたGKをかわしてシュート性のクロスを入れるが、これは相手DFの決死のクリアに遭う。 ▽前半のうちに何とか先制点を奪いたいローマは、前半終盤にかけて猛攻に打って出る。だが、オフサイドにかかる場面や相手の粘り強い対応を剥がし切れず、ゴールが遠い。前半アディショナルタイムには右CKの二次攻撃からナインゴランの強烈なシュート。さらに、こぼれ球に反応したコラロフのブロックショットが枠を捉えるが、いずれも相手GKの好守に遭い、試合はゴールレスで折り返した。 ▽後半も引き続き攻勢を続けるローマは53分、待望の先制点を奪う。ボックス中央でペロッティとのパス交換でゴール前に抜け出したゼコがすかさずシュート。これは相手GKにブロックされるが、浮いたボールをペロッティが頭で流し込んだ。 ▽このゴールでようやく緊張から解き放たれたローマは、冷静に試合をコントロールしながら試合を決定付ける追加点を奪いに行く。62分にはナインゴランがロングレンジのシュートを枠の右隅へ飛ばすが、これは相手GKの好守に遭う。 ▽その後、エル・シャーラウィ、殊勲のペロッティを下げて、より守備的なジェルソン、ペッレグリーニの投入で逃げ切りを図るローマ。86分には左サイドからカットインしたコラロフのシュート、試合終了間際にはゼコに決定機も、いずれも決まらない。それでも、持ち味の堅守で相手の反撃を難なく凌いだローマが1-0で勝利。自力での決勝トーナメント進出を果たした。さらに、同時刻開催の試合でチェルシーがアトレティコと引き分けたため、勝ち点11で並んだローマは当該成績の差で上回り、首位での通過となった。 ◆グループC最終順位 (勝ち点、得失点差) 1.ローマ 11 +3 2.チェルシー 11 +8 3.アトレティコ・マドリー 7 +1 4.カラバフ 2 -12 ※勝ち点で並んだ場合、当該成績上位チームが上の順位に 2017.12.06 07:09 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース