守護神躍動でローマの猛攻耐え抜いたリヨンが1stレグのアドバンテージ生かしてベスト8進出《EL》2017.03.17 07:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、ローマvsリヨンが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを生かしたリヨンが2戦合計5-4でベスト8進出を決めた。

▽今ラウンドで最も注目を集めたリヨンホームでの1stレグは、激しい打ち合いとなった中、ホームのリヨンが4-2で先勝した。一時は逆転に成功するも終盤の2失点により、逆転突破に向けて2点以上が求められるローマだが、直近のセリエAパレルモ戦で主力を温存した中、3-0の快勝を収め、公式戦の連敗を「3」でストップ。今回の一戦に向けては、そのパレルモ戦から先発5人を変更。エースFWゼコやストロートマン、デ・ロッシを復帰させた。

▽一方、アドバンテージを手にして敵地での2ndレグに臨むリヨンは、直近のトゥールーズ戦をラカゼットやトリッソなど多数の主力を温存した中、4-0の圧勝で飾り、好調を維持。この2ndレグでは温存した主力を揃って先発で起用してきた。

▽立ち上がりから攻勢を仕掛けるローマは、開始6分にいきなり決定機を作る。左CKの流れからボックス中央のリュディガーが反転シュートを狙うが、これはクロスバーを叩く。このこぼれ球をサラーが頭で押し込みに行くが、今度はGKの好守に阻まれる。畳みかけるローマは11分にも裏へ抜け出したサラーがGKと一対一になるが、ここは飛び出したGKアントニー・ロペスに防がれた。

▽立ち上がりから押し込まれる時間が続くリヨンだったが、1stレグと同様にセットプレーから先制点を奪う。16分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でヴァルブエナが絶妙なクロスを入れると、1stレグでも同様の形からゴールを決めているディアカビが頭で流し込んだ。

▽先制を許したローマだったが、失点からわずか1分後に追いつく。17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でデ・ロッシのインスウィングのクロスに反応したゴール前のストロートマンが泥臭く押し込んだ。この同点弾で勢いづくホームチームは、ゼコの強さとサラーの速さを生かしたシンプルな攻めでリヨンを押し込む。この流れの中でサラーやナインゴランに決定機も、2点目には繫がらず。

▽前半終盤にかけてもローマペースが続く中、41分に絶好のゴールチャンスが訪れる。ボックス内で競り勝ったゼコの落としをサラーが繋ぎ、ボックス右でフリーのストロートマンが続けてシュートを狙う。しかし、いずれのシュートもGKロペスの好守に阻まれる。さらに、前半アディショナルタイムにはペナルティアーク付近で前を向いたゼコが右足のシュートを放つが、これもロペスにセーブされ、前半は1-1で終了した。

▽逆転での勝ち抜けにはあと2点が必要なローマは、後半も立ち上がりから猛攻に出る。47分には左サイドのマリオ・ルイからのクロスをナインゴランが頭で合わすが、ニアポストを捉えたシュートはGKロペスのファインセーブに遭う。

▽押し込みながらもGKロペスの牙城を破れないローマは59分、ブルーノ・ペレスを下げてエル・シャーラウィを投入。すると、この交代策が流れを変える。60分、セットプレーの流れから右サイドでDFを振り切ったエル・シャーラウィのグラウンダーの折り返しが、ゴール前のトゥサールのオウンゴールを誘い、ローマに2点目が生まれる。勢い付くホームチームは、63分にもナインゴランからパスを受けたエル・シャーラウィがボックス右でDFをかわして右足シュート。だが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。

▽逆転突破にはあと1点が必要なローマは、76分にマリオ・ルイを下げてペロッティ、84分にはデ・ロッシを下げて切り札のトッティをピッチに送り込む。ピッチ上にアタッカー6人が並ぶ超攻撃的布陣で猛攻を仕掛けるローマだが、ボックス内で必死に守る相手の守備をあと一歩で崩せない。逆に、80分過ぎには自分たちのCKの流れからカウンターを浴び、カルルにボックス内でGKと一対一の状況を作られるが、ここはGKアリソンの見事な飛び出しで凌ぎ、望みを繋いだ。

▽その後、試合終了間際には決死のパワープレーからボックス内のゼコ、エル・シャーラウィに決定機も最後の場面で身体を張るリヨンの守備を破れず、試合はこのままタイムアップを迎えた。

▽2試合を通じて互角の戦いを見せた両チームだったが、守護神アントニー・ロペスの再三に渡る好守と、1stレグの試合終了間際に奪ったラカゼットのゴールが大きく効いたリヨンが、2戦合計5-4でベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサFWムニルが退団を希望か…新天地はローマ? クリスタル・パレス?

▽バルセロナのU-21スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(21)が退団を希望しているようだ。『フットボール・イタリア』が複数のメディアをもとに伝えている。 ▽伝えられるところによれば、退団を希望しているムニルはローマへのレンタル移籍を希望しているようだ。だがバルセロナには、クリスタル・パレスや、デポルティボ、アラベス、サンプドリアといったクラブからもオファーが届いていると言われている。 ▽中でもクリスタル・パレスは、バルセロナが求める金額を満額支払う用意がある模様。しかし、ムニルはローマ移籍にしか興味が無いようで、その他のクラブからのオファーは拒否しているという。 ▽バルセロナのカンテラ出身のムニルは、昨シーズンはバレンシアにレンタル移籍。得意の右ウイングを主戦上に公式戦36試合に出場し、6ゴール3アシストを記録した。 2017.08.23 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマに痛手…DFブルーノ・ペレスが太もも負傷で約2週間の離脱…右SB不在でインテル戦へ

▽ローマは21日、前日に行われたアタランタ戦で負傷交代したブラジル人DFブルーノ・ペレスが左大腿部にグレード1の筋損傷を負い、約15日間の離脱を強いられると発表した。 ▽ローマは、20日に行われたセリエA開幕節のアタランタ戦を1-0で勝利した。だが、ブルーノ・ペレスは後半半ばに左足を痛め、アルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオとの負傷交代を強いられていた。 ▽なお、ローマでは昨季から長期離脱を強いられているイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィに加え、今夏獲得したオランダ代表DFリック・カルスドルプの2選手が離脱しており、右サイドバックでプレー可能な主力はブルーノ・ペレスただ一人となっていた。 ▽そのため、次節のインテル戦に向けては若手DFアブドゥライ・ヌラを抜擢するか、現行の[4-3-3]から[3-4-3]へシステムを変更し、ウイングバックでプレー経験があるイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィをスクランブル起用する以外に選択肢はない模様だ。 2017.08.22 04:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、FWイトゥルベがメキシコのティフアナに買取OP付きのレンタル移籍!

▽ローマは21日、パラグアイ代表FWファン・マヌエル・イトゥルベ(24)がメキシコリーグに所属するティフアナに買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入すると発表した。 ▽2014年にヴェローナから総額3000万ユーロ(約37億円)でローマに加入したイトゥルベだが、独善的過ぎるプレースタイルと戦術理解度の低さから前指揮官のルチアーノ・スパレッティ監督(現インテル)から信頼を勝ち取ることができず、昨シーズン途中にトリノにレンタル移籍していた。 ▽今夏のプレシーズンでは、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ新監督から定期的に出場機会を与えられたもののアピールに失敗。構想外となったイトゥルベは、メキシコに旅立つことになった。 ▽なお、ローマの発表によると、今回の契約は出場機会などスポーツ面の成績に応じて、自動的に完全移籍へ切り替わるという。 2017.08.22 04:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コラロフの移籍後初ゴールを守り抜いた新生ローマが白星スタート!《セリエA》

▽20日にセリエA第1節のアタランタvsローマがアトレティ・アズーリ・ディタリアで行われ、ローマが1-0で勝利した。 ▽前サッスオーロ指揮官でクラブOBのディ・フランチェスコを新指揮官に迎えた昨季2位のローマは、[4-3-3]の布陣を採用。GKにアリソン、最終ラインは右からブルーノ・ペレス、マノラス、ファン・ジェズス、コラロフ。アンカーにデ・ロッシを置き、インサイドハーフにナインゴランとストロートマン。3トップは右からデフレル、ゼコ、ペロッティと並べた。 ▽一方、昨季はクラブ過去最高の4位でシーズンを終えたアタランタは、新シーズンを前に昨季活躍の有望株が大幅に流出。クラブを率いる“知将”ガスペリーニ監督は、開幕スタメンに昨季チーム得点王のアレハンドロ・ゴメスやペターニャらに加え、新加入のパロミーノを抜擢した。 ▽試合は4分、敵陣でボールを奪ったアレハンドロ・ゴメスのファーストシュートで幕を開ける。対するローマは5分、ストロートマンのロングパスをゴール左のゼコが胸トラップから左足を振り抜いたが、シュートは右に逸れた。 ▽一進一退の展開が続く中、先にスコアを動かしたのはローマ。31分、ペナルティアーク手前でナインゴランが倒されFKを獲得。コラロフのFKは、ジャンプした壁の下を抜きゴール右隅に吸い込まれた。 ▽先制を許したアタランタだが41分、こちらもアレハンドロ・ゴメスがペナルティアーク手前で倒され、FKを獲得。しかし、アレハンドロ・ゴメスの直接FKは、GKアリソンにセーブされ、ローマの1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、1点を追うアタランタは58分にペターニャを下げて新加入のコーネリウスを、さらに70分には、クルティッチを下げてイリチッチをピッチに送り出した。対するローマは74分、デフレルに代えてエル・シャーラウィを投入した。 ▽一進一退の攻防が繰り広げられる中、ローマは80分にアクシデント。直前のプレーで足を痛めたブルーノ・ペレスがプレー続行不可能となり、ファシオとの交代を余儀なくされた。 ▽両ワイドを上手く使いながら攻め込むアタランタは87分、アレハンドロ・ゴメスの左クロスをニアのフロイラーがバックヘッドで合わせると、ゴール前に走り込んだイリチッチが右足で流し込んだが、これは右ポストを直撃。 ▽さらに、試合終了間際の92分にはアレハンドロ・ゴメスの左FKをトロイが頭で合わせるも、ボールはゴール右に逸れた。結局、試合はそのまま1-0で終了。コラロフの移籍後初ゴールとなるFK弾を守り抜いたローマが、ディ・フランチェスコ新監督に開幕白星をプレゼントした。 2017.08.21 03:55 Mon
twitterfacebook
thumb

マフレズ獲得撤退のローマ、心臓疾患でユーベ行き破談のFWシック獲得に迫る!

▽ローマがサンプドリアに所属するチェコ代表FWパトリック・シック(21)の獲得に向けて、クラブ間での交渉を行ったようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽移籍金3000万ユーロ以上(約38億5000万円)でユベントス移籍がクラブ間合意を果たしていたシックだったが、メディカルチェックを受診した際に心臓の疾患が見つかり、移籍が破談に終わっていた。 ▽その後、シックにはインテルが獲得に動いていたが、買い取りオプション付きのレンタルでの獲得を目指す同クラブに対して、サンプドリアは完全移籍での放出を望んでおり、交渉が停滞。 ▽この状況を受けて、レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ獲得に向けた4度のオファーを固辞され、ターゲット変更を余儀なくされたローマが、以前から関心を示していたチェコ代表FW獲得に動き始めたようだ。 ▽『スカイ・スポルト』の伝えるところによれば、ローマとサンプドリアの幹部は19日午前に直接交渉を行ったという。なお、サンプドリアのマルコ・ジャンパオロ監督はベネヴェントとの開幕戦に向けた公式会見で「契約上、シックは我々のプレーヤーだが、実際にはそうではない」と語り、同選手の移籍を示唆している。 ▽2016-17シーズン、チェコのスパルタ・プラハからサンプドリアに加入したシックは公式戦35試合に出場し、13得点をマーク。185センチという体格ながら足元の技術も高く、鋭いゴールへの嗅覚を持つ期待の若手だ。チェコ代表では各下部年代で選ばれており、2016年5月にデビューしたフル代表では5試合1得点を記録している。 2017.08.20 17:07 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース