守護神躍動でローマの猛攻耐え抜いたリヨンが1stレグのアドバンテージ生かしてベスト8進出《EL》2017.03.17 07:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、ローマvsリヨンが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを生かしたリヨンが2戦合計5-4でベスト8進出を決めた。

▽今ラウンドで最も注目を集めたリヨンホームでの1stレグは、激しい打ち合いとなった中、ホームのリヨンが4-2で先勝した。一時は逆転に成功するも終盤の2失点により、逆転突破に向けて2点以上が求められるローマだが、直近のセリエAパレルモ戦で主力を温存した中、3-0の快勝を収め、公式戦の連敗を「3」でストップ。今回の一戦に向けては、そのパレルモ戦から先発5人を変更。エースFWゼコやストロートマン、デ・ロッシを復帰させた。

▽一方、アドバンテージを手にして敵地での2ndレグに臨むリヨンは、直近のトゥールーズ戦をラカゼットやトリッソなど多数の主力を温存した中、4-0の圧勝で飾り、好調を維持。この2ndレグでは温存した主力を揃って先発で起用してきた。

▽立ち上がりから攻勢を仕掛けるローマは、開始6分にいきなり決定機を作る。左CKの流れからボックス中央のリュディガーが反転シュートを狙うが、これはクロスバーを叩く。このこぼれ球をサラーが頭で押し込みに行くが、今度はGKの好守に阻まれる。畳みかけるローマは11分にも裏へ抜け出したサラーがGKと一対一になるが、ここは飛び出したGKアントニー・ロペスに防がれた。

▽立ち上がりから押し込まれる時間が続くリヨンだったが、1stレグと同様にセットプレーから先制点を奪う。16分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でヴァルブエナが絶妙なクロスを入れると、1stレグでも同様の形からゴールを決めているディアカビが頭で流し込んだ。

▽先制を許したローマだったが、失点からわずか1分後に追いつく。17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でデ・ロッシのインスウィングのクロスに反応したゴール前のストロートマンが泥臭く押し込んだ。この同点弾で勢いづくホームチームは、ゼコの強さとサラーの速さを生かしたシンプルな攻めでリヨンを押し込む。この流れの中でサラーやナインゴランに決定機も、2点目には繫がらず。

▽前半終盤にかけてもローマペースが続く中、41分に絶好のゴールチャンスが訪れる。ボックス内で競り勝ったゼコの落としをサラーが繋ぎ、ボックス右でフリーのストロートマンが続けてシュートを狙う。しかし、いずれのシュートもGKロペスの好守に阻まれる。さらに、前半アディショナルタイムにはペナルティアーク付近で前を向いたゼコが右足のシュートを放つが、これもロペスにセーブされ、前半は1-1で終了した。

▽逆転での勝ち抜けにはあと2点が必要なローマは、後半も立ち上がりから猛攻に出る。47分には左サイドのマリオ・ルイからのクロスをナインゴランが頭で合わすが、ニアポストを捉えたシュートはGKロペスのファインセーブに遭う。

▽押し込みながらもGKロペスの牙城を破れないローマは59分、ブルーノ・ペレスを下げてエル・シャーラウィを投入。すると、この交代策が流れを変える。60分、セットプレーの流れから右サイドでDFを振り切ったエル・シャーラウィのグラウンダーの折り返しが、ゴール前のトゥサールのオウンゴールを誘い、ローマに2点目が生まれる。勢い付くホームチームは、63分にもナインゴランからパスを受けたエル・シャーラウィがボックス右でDFをかわして右足シュート。だが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。

▽逆転突破にはあと1点が必要なローマは、76分にマリオ・ルイを下げてペロッティ、84分にはデ・ロッシを下げて切り札のトッティをピッチに送り込む。ピッチ上にアタッカー6人が並ぶ超攻撃的布陣で猛攻を仕掛けるローマだが、ボックス内で必死に守る相手の守備をあと一歩で崩せない。逆に、80分過ぎには自分たちのCKの流れからカウンターを浴び、カルルにボックス内でGKと一対一の状況を作られるが、ここはGKアリソンの見事な飛び出しで凌ぎ、望みを繋いだ。

▽その後、試合終了間際には決死のパワープレーからボックス内のゼコ、エル・シャーラウィに決定機も最後の場面で身体を張るリヨンの守備を破れず、試合はこのままタイムアップを迎えた。

▽2試合を通じて互角の戦いを見せた両チームだったが、守護神アントニー・ロペスの再三に渡る好守と、1stレグの試合終了間際に奪ったラカゼットのゴールが大きく効いたリヨンが、2戦合計5-4でベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、パストーレ獲得が決定的に…移籍金は23億円程度

▽ローマがパリ・サンジェルマン(PSG)のMFハビエル・パストーレを獲得することが決まったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽かつてパレルモで活躍したパストーレがイタリアに戻ってくる。報道によると、ローマはPSGと合意に達し、選手とは年俸400万ユーロ(約5億2000万円)で2022年までの契約を交わすことになった。あとは正式発表を待つだけという状況だという。 ▽パストーレは2014/15シーズンにPSGで公式戦50試合に出場した。だが、世界各地からタレントをかき集める同クラブでレギュラーポジションを維持するのは困難で、昨シーズンは出番が減っている。その結果、ロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表には呼ばれていない。 ▽ローマがPSGに支払う移籍金は1800万ユーロ(約23億円)程度になる模様だ。 2018.06.20 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、新たなテクニカル・ディレクターに敏腕サバティーニ氏を招へい

▽サンプドリアは18日、新たなテクニカル・ディレクター(TD)にワルテル・サバティーニ氏(63)を招聘したことを発表した。 ▽サンプドリアは、これまでダニエル・プラデ氏がテクニカル・ディレクターを務めていたが14日に退任を発表。来季よりウディネーゼのテクニカル・ディレクターを務めることが伝えられていた。 ▽今回、新たなテクニカル・ディレクターに就任したサバティーニ氏は、パレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現パリ・サンジェルマン)、ウルグアイ代表FWエディソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)を発掘。 ▽その後、2011年から5年間にわたりローマのスポーツ・ディレクター(SD)を歴任すると、2017年5月からはインテルのオーナーである蘇寧グループで補強部門を統括するテクニカル・ディレクターに就任したが、選手の移籍についてグループを非難するコメントを残すなど、蘇寧グループの方針と反りが合わず、3月に解雇されていた。 ▽サンプドリアは公式サイトで以下のようなコメントを残している 「サバティーニは最高レベルの経験を持つ世界でも屈指の敏腕ディレクターだ。彼は7月1日からテクニカル・ディレクターの職を引き継ぐことになるだろう」 2018.06.19 00:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、クラブ史上初のCLベスト4に導いたディ・フランチェスコ監督と2020年まで契約延長!

▽ローマは18日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(48)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽ローマを史上初のチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4に導いたディ・フランチェスコ監督は、今回の契約延長に際して以下のようなコメントを残している。 「ローマで私たちを応援してくれるファンとこの冒険を続けられることをとても嬉しく思っている」 「会長と経営陣からの信頼を私は誇りに思っている。そしてその信頼には今シーズン以上の成績を残すことで応えていきたいと願っているよ」 ▽ディ・フランチェスコ監督は、現役引退後にローマでチームマネージャーを務めた後、ランチャーノ、ペスカーラ、レッチェの指揮官を歴任し、2012年から指揮を執ったサッスオーロでは就任1年目にセリエA昇格に導くと、2015-16シーズンはクラブ史上最高位の6位で終え、歴史的なヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献するなど、その手腕を発揮。 ▽これが認められ、ルチアーノ・スパレッティ前監督の後任として2017年の夏にローマの指揮官に就任。就任初年度となった今シーズンは、CLでクラブを史上初のベスト4に導き、セリエAでも5年連続のCL出場権獲得となる3位でシーズンを終えていた。 2018.06.19 00:25 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、移籍金91億円でブラジル代表GKアリソンの獲得に迫る

レアル・マドリーが、ブラジル代表GKアリソンに関して、同選手の所属先であるローマとの移籍交渉を進展させているようだ。スペイン紙『アス』が報じた。<br><br>2017-18シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したレアル・マドリー。偉業を成し遂げて退任したジネディーヌ・ジダン前監督はGKに関して、ケイロル・ナバスを信頼して起用してきた。<br><br>しかし、ジダン前監督とのバトンタッチでフレン・ロペテギ監督が就任する新シーズンは、守護神の変更があるかもしれない。『アス』によれば、ローマとレアル・マドリーはここ数日の間でアリソンの移籍交渉を進展させているようだ。移籍金に関して、現地メディアの情報では7000万ユーロ(約91億円)前後になると推測されている。<br><br>ブラジル代表でもマンチェスター・シティGKエデルソンを抑える形で守護神を務めてきたアリソン。2017-18シーズンにローマのCLベスト4入りなどに貢献して株を上げたGKが、&ldquo;白い巨人&rdquo;のゴールマウスを守ることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.14 22:36 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがFFP違反回避! UEFAがFFPに関する各クラブへの処分内容を開示

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する各クラブへの処分内容を開示した。 ▽今回の処分内容で大きな注目を集めたのは、UEFAがパリ・サンジェルマン(FFP)の2015~2017年の財務状況に関しての調査を終了し、処分なしと判断されたことだった。 ▽PSGは昨夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマール獲得時に2億2000万ユーロ(約286億円)の移籍金を支払い、今夏に1億8000万ユーロ(約234億円)での買い取りが予定されるフランス代表FWキリアン・ムバッペをモナコからレンタルで獲得した。そのため、以前から移籍市場に大量の資金を投下してきたクラブのFFP違反は確実と目されていた。 ▽だが、UEFAの調査委員会は前述の期間の財務状況に問題はなく、現時点で処分を下すことはないことを確認した。その一方、UEFAは2017年夏からの移籍市場の動き、2018年度の財務状況に関しては厳しく監視を行うことを通達しており、今後の状況次第で処分を科す可能性を認めている。 ▽そして、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、PSGは今月末までに6000万ユーロ(約78億円)の資金調達が必要となり、主力選手の売却を余儀なくされるという。その候補に関してはバレンシアが買い取りを目指すポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスらの名前が挙がっている。 ▽その他のクラブではこれまでUEFAと和解協定を結んでいたローマとモナコ、FCクラスノダール、ロコモティフ・モスクワ、ゼニトの5クラブが期限内でのFFP遵守が確認されたことで、和解協定からの離脱が発表された。 ▽これによって前述の5クラブはUEFAコンペティションにおける選手登録制限、出場禁止などの制裁回避と共に、FFP遵守のため移籍市場における無理な主力選手売却の状況から脱することになった。 ▽一方、インテルとフェネルバフチェ、トラブゾンシュポルの3クラブに関しては2017-18シーズンにUEFAと結んだ和解協定における一部目標を達成したものの、協定からの離脱はならず。引き続き和解協定を継続することになった。 ▽そのため、来シーズンにチャンピオンズリーグ参戦となるインテルは通常25名の登録が認められるA選手リストが22名に制限されることになり、今夏の移籍市場でも収支のバランスを取る必要があり、積極的な補強は難しい状況だ。 ▽また、FFP違反を犯したガラタサライ、マルセイユ、マッカビ・テル・アビブの3クラブに対しては罰金処分が科されることになった。 2018.06.14 16:30 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース