同国対決は2戦連続ドローも後半怒涛の猛攻でAG2点をもぎとったシャルケが5年ぶりのベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16・2ndレグのボルシアMGvsシャルケのドイツ勢対決が16日に行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3で並ぶもアウェイゴール数で上回ったシャルケがベスト8進出を決めた。なお、シャルケのDF内田篤人は1stレグに続きベンチ入りしなかった。

▽1stレグを1-1で終え、ボルシアMGの本拠地シュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われる運命の第2戦。アウェイゴールを手にホームへ帰還したボルシアMGは直近のハンブルガーSV戦からスタメンを3人変更。ヨナス・ホフマンやストロブル、エルベディに代えてラファエウとジョンソン、ヤンチュケをスタメンで起用した。

▽一方、直近のアウグスブルク戦で完勝(3-0)したシャルケは、その試合からマックス・マイヤーに代えてゴレツカを先発、それ以外は同じメンバーを起用した。

▽互いに慎重な入りを見せた中、最初の決定機はアウェイチームに生まれる。11分、右サイドでボールを受けたカリジウリのクロスをボックス中央のブルクシュタラーが頭で合わせたが、ボールはゴール左に外れた。

▽ボールを回して敵陣に迫るも、崩し切れないボルシアMGは15分にアクシデントが起こる。ジョンソンが左モモ裏に違和感を訴え、自ら交代を要求。ヘッキング監督はJ・ホフマンをスクランブル投入した。

▽想定外の交代となったボルシアMGだが、直後に決定機を迎える。18分、左サイドを突破したラファエウがクロスを供給。これを中央でフリーになっていたドルミッチが頭で合わせたが、ボールはゴール左に逸れた。

▽最初の決定機を逃したものの、ホームチームが試合を動かす。26分、ヴェントの左FKをボックス内でドルミッチが競り合うと、こぼれ球を拾ったA・クリステンセンがゴール左からシュート。これがブロックに入ったヘヴェデスの胸に当たると、ボールがそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したシャルケもすぐに反撃に転じる。30分、ボックス左に侵入したゴレツカが左足を振り抜いたが、GKゾンマーの好セーブに阻まれた。さらに40分にもペナルティアーク手前でボールを受けたゴレツカがミドルシュートでゴールを狙ったが、これは僅かに枠の上に外れた。

▽シャルケが決定機を逃がし、このまま前半終了かと思われたが前半アディショナルタイム2分に再び試合が動く。バイタルエリア中央を持ち上がったダフードが強烈なロングシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さり、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽2点のビハインドを背負って後半を迎えたシャルケは、ガイスを下げて、ハーフタイム明けにマックス・マイヤーを投入。対するボルシアMGも、クラマーに代えてストロブルをピッチに送り出した。

▽後半序盤から攻勢をかけるアウェイチームは54分に1点を返す。右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったゴレツカがグラウンダーのミドルシュートを放つ。すると、GKゾンマーの手前でイレギュラーしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。

▽その後もボルシアMGのカウンターに臆することなく積極的に攻め入るシャルケは、68分に同点に追いつく。左サイドを持ち上がったチュポ=モティングの左クロスをDFストロブルが頭で弾き出すと、これがボックス内で味方のダフードの腕に当たり、主審がシャルケにPKを与える。このPKをベンタレブがゴール左に沈め、2戦合計スコアで3-3で並ぶも、アウェイゴール数で上回ったシャルケが試合を引っくり返した。

▽準々決勝進出へ勝利が絶対条件となったボルシアMGは、83分にドルミッチを下げてハーンを投入。87分には、右クロスのこぼれ球をバイタルエリアで拾ったダフードがダイレクトボレーで合わせるも、これはゴール前で味方のラファエウに当たり、オフサイドの判定。

▽結局、試合はそのまま終了。白熱の同国対決は2戦共にドローに終わるも、アウェイゴールの差で逃げ切ったシャルケが5シーズンぶりのELベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケが昨シーズン限りで退団した元ドイツ代表DFリーターと再契約

▽シャルケは6日、昨シーズン限りでチームを退団していた元ドイツ代表DFサシャ・リーター(34)の復帰を発表した。契約期間は2018年6月30日までとなる。 ▽リーターは、フライブルクの下部組織出身で、ヴォルフスブルクやケルン、フルアムなどでプレー。2015年7月にシャルケへと加入していた。シャルケでは公式戦29試合に出場。ブンデスリーガでは248試合に出場し10ゴール15アシストを記録していた。 2017.10.07 16:49 Sat
twitterfacebook
thumb

ホームでドローに終わったシャルケが3試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第7節のシャルケvsレバークーゼンが29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節ホッフェンハイムに完敗した7位シャルケが、ハンブルガーSVに快勝した10位レバークーゼンをホームに迎えた一戦。立ち上がりから一進一退の展開が続く中、34分に試合が動く。ペナルティアーク手前でFKを獲得したシャルケは、ゴレツカが直接FKをゴール右に突き刺し、先制に成功した。 ▽先制を許したレバークーゼンの反撃は40分、ボックス右手前で獲得したFKをフォラントが直接狙うも、これは相手GKが弾く。こぼれ球にS・ベンダーが詰めたが、これはオフサイドの判定となった。さらに45分には、右クロスからブラントに決定機が訪れるも、ダイレクトシュートはGKフェールマンの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、1点を追うレバークーゼンはアランギスとベララビを下げてハフェルツとベイリーを投入する2枚替えを敢行。すると61分、L・ベンダーのパスで右サイドを突破したベイリーがボックス右まで切り込みシュート。ブロックに入ったナスタシッチの足に当たったボールは、ドライブ回転がかかりゴール左隅に吸い込まれた。 ▽同点に追いついたレバークーゼンは70分、ハフェルツのサイドチェンジで左サイドを抜け出したブラントがクロスを入れると、飛び出した相手GKの弾いたボールをベイリーがシュート。これはブロックに入ったケフラーに当たるも、こぼれ球をアラリオが流し込み、ゴールネットを揺らした。しかし、クロスの時点でファーサイドのアラリオがオフサイドをとられ、ゴールは取り消された。 ▽チャンスを逃したレバークーゼンは、後半アディショナルタイム4分にもボックス左から侵入したバイリーが強烈なシュートでシャルケゴールを脅かしたが、GKフェールマンのセーブに阻まれた。 ▽結局、スコアはそのままで試合終了。ホームで勝ち点を落としたシャルケは、3試合勝利なしとなっている。 2017.09.30 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、ドイツ代表MFゴレツカにロックオン…1月の獲得を目指す?

▽バルセロナが、シャルケのドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)の獲得を狙っているという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、189cmという長身とフィジカル、積極的な攻撃参加が武器のセントラルMFに対して、バルセロナは現在の中盤にはいないタイプの選手として注目。シャルケとの契約を来年6月30日までとしているゴレツカだが、バルセロナ側は来夏にフリーとなる同選手が他のチームへ移籍することがないように、冬の移籍市場での獲得を目指しているという。 ▽なお、『ムンド・デポルティボ』は、移籍金は1000万~1500万ユーロ(13億4000万円~20億1000万円)程度と見込んでいる。バイエルンも関心を持っているといわれる中、バルセロナはすでに選手の代理人と数回コンタクトを取っているようだ。 ▽ボーフムの下部組織出身の若きドイツ代表は、2013年夏にシャルケに加入。ここまで公式戦124試合に出場し、16ゴール13アシストを記録している。今季はリーグ戦5試合全てにフル出場し1ゴールを挙げている。また、2014年にデビューしたドイツ代表では、10試合に出場し4ゴールをマーク。今年6月から7月にかけて行われたコンフェデレーションズカップでは優勝を経験している。 2017.09.22 21:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスの全ゴールに絡む活躍でバイエルンがシャルケに快勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは19日、ブンデスリーガ第5節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節マインツ戦をレヴァンドフスキのドッペルパックなどで4-0と快勝したバイエルンは、マインツ戦のスタメンから6選手を変更。負傷したGKノイアーとロッベンらが欠場となり、温存されたリベリやハメス・ロドリゲス、トリッソらがスタメンに戻った。 ▽[4-2-3-1]を採用し、2列目に右からハメス・ロドリゲス、ミュラー、コマンと並べたバイエルンが、5バックを敷くシャルケ相手に立ち上がりから攻勢に出た。まずは8分、ルディのボレーシュートが枠を捉えるも、GKフェールマンのファインセーブに阻まれる。 ▽続く10分にはハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したボックス左のミュラーがシュート。しかし、ここもGKフェールマンに立ちはだかられる。 ▽その後、22分にカウンターを受けてブルクシュタラーにゴール至近距離からシュートを打たれるもGKウルライヒが凌ぐ。すると23分、ボックス左のハメス・ロドリゲスのクロスがナウドのハンドを誘い、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを獲得した。これをレヴァンドフスキが決めてバイエルンが先制した。 ▽さらに29分、ベンタレブからボールを奪ってショートカウンターに転じると、トリッソのパスを受けたボックス右のハメス・ロドリゲスがGKの逆を突いてゴール右に流し込み、追加点を奪いきった。 ▽ハーフタイムにかけてもハメス・ロドリゲスを起点に試合をコントロールしたバイエルンが主導権を渡さずに2-0のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半も一方的な展開に持ち込むと、75分にハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したビダルがボレーシュートを流し込んで3-0。バイエルンがハメス・ロドリゲスの全ゴールに絡む活躍で快勝している。 2017.09.20 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンGKノイアーがトレーニング中の負傷で19日のシャルケ戦を欠場…

▽バイエルンは18日、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの負傷を発表した。 ▽バイエルンの発表によると、ノイアーは18日に行われたトレーニング中に左足を負傷。19日に精密検査が行われる予定となっている。 ▽なお、ノイアーは19日に行われるブンデスリーガ第5節シャルケ戦の欠場が決定しており、ドイツ人GKスベン・ウルライヒが今季2試合目のリーグ戦出場となる見込みだ。 2017.09.19 00:05 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース