同国対決は2戦連続ドローも後半怒涛の猛攻でAG2点をもぎとったシャルケが5年ぶりのベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16・2ndレグのボルシアMGvsシャルケのドイツ勢対決が16日に行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3で並ぶもアウェイゴール数で上回ったシャルケがベスト8進出を決めた。なお、シャルケのDF内田篤人は1stレグに続きベンチ入りしなかった。

▽1stレグを1-1で終え、ボルシアMGの本拠地シュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われる運命の第2戦。アウェイゴールを手にホームへ帰還したボルシアMGは直近のハンブルガーSV戦からスタメンを3人変更。ヨナス・ホフマンやストロブル、エルベディに代えてラファエウとジョンソン、ヤンチュケをスタメンで起用した。

▽一方、直近のアウグスブルク戦で完勝(3-0)したシャルケは、その試合からマックス・マイヤーに代えてゴレツカを先発、それ以外は同じメンバーを起用した。

▽互いに慎重な入りを見せた中、最初の決定機はアウェイチームに生まれる。11分、右サイドでボールを受けたカリジウリのクロスをボックス中央のブルクシュタラーが頭で合わせたが、ボールはゴール左に外れた。

▽ボールを回して敵陣に迫るも、崩し切れないボルシアMGは15分にアクシデントが起こる。ジョンソンが左モモ裏に違和感を訴え、自ら交代を要求。ヘッキング監督はJ・ホフマンをスクランブル投入した。

▽想定外の交代となったボルシアMGだが、直後に決定機を迎える。18分、左サイドを突破したラファエウがクロスを供給。これを中央でフリーになっていたドルミッチが頭で合わせたが、ボールはゴール左に逸れた。

▽最初の決定機を逃したものの、ホームチームが試合を動かす。26分、ヴェントの左FKをボックス内でドルミッチが競り合うと、こぼれ球を拾ったA・クリステンセンがゴール左からシュート。これがブロックに入ったヘヴェデスの胸に当たると、ボールがそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したシャルケもすぐに反撃に転じる。30分、ボックス左に侵入したゴレツカが左足を振り抜いたが、GKゾンマーの好セーブに阻まれた。さらに40分にもペナルティアーク手前でボールを受けたゴレツカがミドルシュートでゴールを狙ったが、これは僅かに枠の上に外れた。

▽シャルケが決定機を逃がし、このまま前半終了かと思われたが前半アディショナルタイム2分に再び試合が動く。バイタルエリア中央を持ち上がったダフードが強烈なロングシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さり、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽2点のビハインドを背負って後半を迎えたシャルケは、ガイスを下げて、ハーフタイム明けにマックス・マイヤーを投入。対するボルシアMGも、クラマーに代えてストロブルをピッチに送り出した。

▽後半序盤から攻勢をかけるアウェイチームは54分に1点を返す。右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったゴレツカがグラウンダーのミドルシュートを放つ。すると、GKゾンマーの手前でイレギュラーしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。

▽その後もボルシアMGのカウンターに臆することなく積極的に攻め入るシャルケは、68分に同点に追いつく。左サイドを持ち上がったチュポ=モティングの左クロスをDFストロブルが頭で弾き出すと、これがボックス内で味方のダフードの腕に当たり、主審がシャルケにPKを与える。このPKをベンタレブがゴール左に沈め、2戦合計スコアで3-3で並ぶも、アウェイゴール数で上回ったシャルケが試合を引っくり返した。

▽準々決勝進出へ勝利が絶対条件となったボルシアMGは、83分にドルミッチを下げてハーンを投入。87分には、右クロスのこぼれ球をバイタルエリアで拾ったダフードがダイレクトボレーで合わせるも、これはゴール前で味方のラファエウに当たり、オフサイドの判定。

▽結局、試合はそのまま終了。白熱の同国対決は2戦共にドローに終わるも、アウェイゴールの差で逃げ切ったシャルケが5シーズンぶりのELベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

守備強化を図るリバプール、シャルケDFヘヴェデス獲得に興味か

▽リバプールがシャルケに所属するドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデス(29)の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『DWスポーツ』が報じた。 ▽今夏にディフェンスの強化を望むリバプールは、かねてよりサウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(26)の獲得に動いていることが報じられてきた。しかし最近、ファン・ダイクがサウサンプトンにトランスファーリクエストを提出したという報道があった一方、リバプールが獲得を断念したとの報道も伝えられ、情報が錯綜している。 ▽そうした中、伝えられるところによると、リバプールは現在、ヘヴェデスの動向を注視。同選手の獲得に向けて2000万ユーロ(約25億7000万円)を費やす準備をしているようだ。 ▽シャルケの下部組織出身であるヘヴェデスは、2007年10月にトップチームデビュー。昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場して1ゴール1アシストを記録した。 2017.08.23 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

内田篤人にシャルケファンからの愛溢れる声…「君なら余裕で2部ベストのSBになれる」

シャルケは21日に、DF内田篤人のウニオン・ベルリン移籍を正式に発表。クラブのフェイスブックで現地のファンたちが同選手を送り出している。<br><br>7年間シャルケで過ごしてきた内田は、負傷の影響でここ2年半はほとんど実戦に出場できず。ここ半年間はやや軽度の負傷で練習を休むこともあったが、コンディションを実戦に臨めるほどのレベルに戻せていた。しかしドメニコ・テデスコ新監督の構想に含められていないことを知らされ、同選手は恩師イェンス・ケラー監督が率いるウニオンに向かう決断を下すことになった。<br><br>そんな内田の移籍についてシャルケは、現地時間22日午前10時までフェイスブック上4つの投稿に渡って&ldquo;お別れ&rdquo;を告げている。クリスティアン・ハイデル取締役による移籍の経緯に対する説明を含めた移籍の正式発表、内田がマークした公式戦における2ゴールの映像、内田の名場面37枚を揃えた&ldquo;ベスト・オフ・ウチダ&rdquo;と題された写真ギャラリー、ドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスが自身のSNSで「全てありがとう、ウッシー!」との感謝の言葉ととも投稿した内田とのツーショットのシェアと続いた。<br><br>そして、それぞれに数々のコメントが寄せられている。自身が応援するチームから1人の選手が去ることになれば、悲しむことは当然かもしれない。活躍できなかった選手の退団は注目されないこともしばしばある中、内田の場合は、一味違う反響となった。2015年3月以降ほとんどピッチに立っていないにも関わらず、次のような声が届けられている。<br><br>「残念だ。彼は私たちのチームで頼れる存在だったのに。これからも1部で見たい。そここそが彼の居場所」<br><br>「ウチダと(ジェフェルソン・)ファルファンは多分このクラブの歴史上最強の右サイドだった」<br><br>「彼が離れることは本当に残念。ものすごく好感を持てる選手だ。イェンス・ケラーの下、ウニオン・ベルリンで、幸運を祈る。ウニオンとともに昇格すれば、またシャルケで会えるかもしれない。ウッシーとイェンス・ケラーがそうできることを望む。グリュック・アウフ(シャルケのスローガン)、ウッシー!一度シャルカーになれば、永遠にシャルカーだ」<br><br>「ウッシーーー&hellip;。ありがとう&hellip;。君は私たちの1人だ!!アイゼルネ(ウニオンの愛称)で楽しみつつ、成功を手にして&hellip;」<br><br>「素晴らしい7年間ありがとう!君みたいに好感を持てるプレーヤーなんていない。いつも倒れるまでDFを頑張っていた」<br><br>「長い間、彼より上手い右SBは1部にはいなかったし、こんな長期に渡って負傷していても彼は僕にとって今でもトップ5だよ。出場機会なら少なくとも他の欧州1部リーグの20クラブで与えられただろうに」<br><br>「本当に悲しい別れだ。でもまた出場機会が与えられることを彼とともに喜び、しかも馴染みのある監督の下でプレーできるのは最高なことだ。3年前のレベルを取り戻せば余裕で2部最高のSBになれるだろう」<br><br>「ウッシーーー&hellip;。元気でな。選手の移籍はサッカービジネスの付き物になっているけど&hellip;ウッシーの場合、出ていくのを見るのが本当に辛い」<br><br>ドイツ『transfermarkt.de』のシャルケのファンフォーラムには以下のように記すファンも見当たった。<br><br>「ちょっとしたレジェンド。彼とファルファンには最高な時間を過ごさせてもらった。彼とケラーと来年対戦できたら言うことないね」<br><br>「元気で、ウッチー。君のユニはこれからもプライドを持って着るよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:31 Tue
twitterfacebook
thumb

内田篤人のウニオン移籍に親友ドラクスラーが反応…新天地での挑戦に「幸せと幸運を」

パリ・サンジェルマン所属のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーは、やはり親友の動向を見逃すことはなかった。SNSを通じてシャルケを離れブンデスリーガ2部ウニオン・ベルリンに向かった内田篤人にエールを送っている。<br><br>内田は21日、過去にはシャルケの指揮官を務めた経歴を持つイェンス・ケラー監督率いるウニオンに加わることが発表。そして、その数時間後にそれを受けたドラクスラーは自身のインスタグラムやフェイスブックを更新した。<br><br>シャルケユニフォームを着た内田の写真を添えたメッセージはドイツ語、フランス語、英語で「幸せと幸運を、ウッシー」(ドイツでは愛称は「ウッチー」ではなく「ウッシー」)。ハッシュタグには四つ葉クローバーのアイコンや「友達」などを選び、その親しい関係をうかがわせている。<br><br>ドラクスラーは去年12月に、内田がレッドブル・ザルツブルク戦で1年9カ月ぶりにピッチに立った際にもSNSで喜びを伝え、3月27日の内田の誕生日も忘れずに祝っている。内田が自身を育てたシャルケではなく、他クラブでプレーすることになっても、ドラクスラーは見守っていくに違いない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:22 Tue
twitterfacebook
thumb

内田篤人の新たなライバルが超強力?ウニオン・ベルリンでのポジション争いを分析

ウニオン・ベルリンへ加入したDF内田篤人は、どのようなポジション争いへ臨むこととなるのだろうか。現地記者に話を聞いた。<br><br>内田は7年間着続けたシャルケのユニフォームを脱ぎ、ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンへ1年契約で移籍することが決定。長期離脱後、シャルケで出場機会を得ることができなかったという点が、内田に移籍を決心させている。一体ウニオン・ベルリンとはどのようなチームなのだろうか。<br><br>Goalドイツ版で記者を務めるアンドレアス・ケーニッヒ氏は、ウニオン・ベルリンについてヘルタ・ベルリンに次ぐ首都を本拠地とするクラブでは2番目に大きいとして、このように説明する。<br><br>「大きなタイトルを獲得したことはない。しかし昨シーズンは、あと6ポイントで入れ替え戦となる3位まで6ポイントと躍進した。一方で、スター選手はいない。レアル・マドリーに所属するトニ・クロースの弟、フェリックスがキャプテンとしているくらいかな」<br><br>また、内田のライバルには30歳のオーストリア人DFクリストファー・トレンメルを挙げる。トレンメルは昨シーズン、ケガによる1試合を除きすべての試合に出場し、5アシストをマーク。今シーズンはここまですべての公式戦に出場しており、4試合で1ゴール3アシストと右サイドバックとしては驚異的な成績を収めている。<br><br>ケーニッヒ氏は、イェンス・ケラー監督との関係性についても言及しつつ、ポジション争いについて以下のように語った。<br><br>「ケラーとウチダはすでにシャルケで2012年から2014年までともに働いているけど、当分はそれ以上のものにならないだろう。しかし、ウニオンはトレンメル以外のオプションを持っていない。ウチダの加入は、昇格を目標とするチームにとって力になることは間違いない」<br><br>出場機会を求めて移籍を決断した内田だが、当然どのクラブにもポジション争いは存在する。内田は新天地ベルリンで、居場所を確保することはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:17 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍の経緯語る内田、「残る事も考えたが、試合に出続けたい気持ちが上回った」 シャルケへの感謝も口に

▽21日にシャルケからブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンに完全移籍した元日本代表DF内田篤人(29)が、自身が所属するマネジメント会社を通じて今回の移籍の経緯について説明した。 ▽2010年に鹿島アントラーズから加入し、7シーズンを過ごしたシャルケを退団し、ウニオン・ベルリンを新天地に選んだ内田。シャルケへの愛着を感じながらも、出場機会を優先して移籍を決断したことを明かした。 「皆さん こんばんわ。突然ですが、ブンデスリーガ2部の1. FC Union Berlin に完全移籍することに『今』なりました」 「2年間試合に絡んで無いイメージが強いですが、今年に入ってからは練習も普通に出来、プレシーズンでは数試合に出ました」 「シャルケに残る事も考えましたが、それよりも試合に出続けたい気持ちが上回りました」 「監督のイェンス・ケラーはシャルケで一緒にやったことがあり、とても良い監督です。その監督に誘われた期待に応えたいと思います」 ▽また、内田は自身初の移籍から7年間、暖かなサポートを受けてきたシャルケへの感謝を口にしている。 「7年間所属したシャルケには感謝の気持ちでいっぱいですし、またプレーでウッシー頑張ってるなと思ってもらえるように、まずは1. FC Union Berlinの為にプレーに集中したいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.08.22 04:33 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース