同国対決は2戦連続ドローも後半怒涛の猛攻でAG2点をもぎとったシャルケが5年ぶりのベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16・2ndレグのボルシアMGvsシャルケのドイツ勢対決が16日に行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3で並ぶもアウェイゴール数で上回ったシャルケがベスト8進出を決めた。なお、シャルケのDF内田篤人は1stレグに続きベンチ入りしなかった。

▽1stレグを1-1で終え、ボルシアMGの本拠地シュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われる運命の第2戦。アウェイゴールを手にホームへ帰還したボルシアMGは直近のハンブルガーSV戦からスタメンを3人変更。ヨナス・ホフマンやストロブル、エルベディに代えてラファエウとジョンソン、ヤンチュケをスタメンで起用した。

▽一方、直近のアウグスブルク戦で完勝(3-0)したシャルケは、その試合からマックス・マイヤーに代えてゴレツカを先発、それ以外は同じメンバーを起用した。

▽互いに慎重な入りを見せた中、最初の決定機はアウェイチームに生まれる。11分、右サイドでボールを受けたカリジウリのクロスをボックス中央のブルクシュタラーが頭で合わせたが、ボールはゴール左に外れた。

▽ボールを回して敵陣に迫るも、崩し切れないボルシアMGは15分にアクシデントが起こる。ジョンソンが左モモ裏に違和感を訴え、自ら交代を要求。ヘッキング監督はJ・ホフマンをスクランブル投入した。

▽想定外の交代となったボルシアMGだが、直後に決定機を迎える。18分、左サイドを突破したラファエウがクロスを供給。これを中央でフリーになっていたドルミッチが頭で合わせたが、ボールはゴール左に逸れた。

▽最初の決定機を逃したものの、ホームチームが試合を動かす。26分、ヴェントの左FKをボックス内でドルミッチが競り合うと、こぼれ球を拾ったA・クリステンセンがゴール左からシュート。これがブロックに入ったヘヴェデスの胸に当たると、ボールがそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したシャルケもすぐに反撃に転じる。30分、ボックス左に侵入したゴレツカが左足を振り抜いたが、GKゾンマーの好セーブに阻まれた。さらに40分にもペナルティアーク手前でボールを受けたゴレツカがミドルシュートでゴールを狙ったが、これは僅かに枠の上に外れた。

▽シャルケが決定機を逃がし、このまま前半終了かと思われたが前半アディショナルタイム2分に再び試合が動く。バイタルエリア中央を持ち上がったダフードが強烈なロングシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さり、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽2点のビハインドを背負って後半を迎えたシャルケは、ガイスを下げて、ハーフタイム明けにマックス・マイヤーを投入。対するボルシアMGも、クラマーに代えてストロブルをピッチに送り出した。

▽後半序盤から攻勢をかけるアウェイチームは54分に1点を返す。右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったゴレツカがグラウンダーのミドルシュートを放つ。すると、GKゾンマーの手前でイレギュラーしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。

▽その後もボルシアMGのカウンターに臆することなく積極的に攻め入るシャルケは、68分に同点に追いつく。左サイドを持ち上がったチュポ=モティングの左クロスをDFストロブルが頭で弾き出すと、これがボックス内で味方のダフードの腕に当たり、主審がシャルケにPKを与える。このPKをベンタレブがゴール左に沈め、2戦合計スコアで3-3で並ぶも、アウェイゴール数で上回ったシャルケが試合を引っくり返した。

▽準々決勝進出へ勝利が絶対条件となったボルシアMGは、83分にドルミッチを下げてハーンを投入。87分には、右クロスのこぼれ球をバイタルエリアで拾ったダフードがダイレクトボレーで合わせるも、これはゴール前で味方のラファエウに当たり、オフサイドの判定。

▽結局、試合はそのまま終了。白熱の同国対決は2戦共にドローに終わるも、アウェイゴールの差で逃げ切ったシャルケが5シーズンぶりのELベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケがベテランDFナウドと2019年まで契約を延長

▽シャルケは7日、元ブラジル代表DFナウド(35)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽ブレーメンとヴォルフスブルクで主軸として活躍し、2016年夏にシャルケに加入した198cmの長身センターバックであるナウドは、シャルケでこれまで公式戦44試合に出場して4ゴール3アシストをマーク。今季ここまでリーグ戦14試合にフル出場し、2ゴール1アシストを記録して、3位と健闘しているチームの主力として活躍している。 ▽2007年にはブラジル代表に選出された経歴も持ち、4試合に出場している。2014年12月にドイツに帰化したナウドは現在、二重国籍となっている。 2017.12.08 01:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴレツカ、去就決断は来年1月に…「とても慎重な人間だけど、すでに最終段階」

シャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカは、来年1月に自身の去就に関する決断を下すと明かしている。<br><br>22歳のゴレツカにはバイエルンやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブが獲得に興味を示している。ゴレツカ自身も3日に行われたケルン戦直後に「次のステップをどうするか考えないとね」と話し、こう続けた。<br><br>「何百回も考えなければならない。僕は決断に関してとても慎重な人間だからね。時間が必要だよ。この決断に期限はないけど、すでに最終段階まで来ている。最後の決断は1月には行われるだろうね」<br><br>シャルケはゴレツカを慰留させる方向で動いているものの、ゴレツカはドイツ誌『シュポルト・ビルト』で、残留の可能性が低いことを認める。引く手あまたの大型ボランチが新天地にどこを選ぶのか注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.04 15:03 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫が終了間際に退場のケルン、シャルケに2度追いつきドロー《ブンデスリーガ》

▽ケルンは2日、ブンデスリーガ第14節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也は先発し、後半追加タイム3分に2枚目のイエローカードを受けて退場している。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦を0-2と完敗して未だに未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点2)は、大迫をフラットな[4-4-2]の2トップの一角で先発とした。 ▽前節ドルトムントとのレヴィア・ダービーを4点差を追いついて引き分けた3位シャルケ(勝ち点24)に対し、ケルンは立ち上がりから防戦を強いられる。7分にはアリのラストパスを受けたブルクシュタラーのシュートがバーを叩いた。 ▽それでも11分、大迫に決定機。ヨイッチのスルーパスをボックス右に走り込んだ大迫がスライディングシュート。しかし、GKフェールマンのセーブに阻まれた。 ▽その後もダービー同点劇の立役者となったアリが攻撃を牽引するシャルケにポゼッションを握られたケルンは、36分に失点する。マックス・マイヤーの浮き球パスをカリジウリがボックス中央で受けると、ブルクシュタラーと合わせてGKと二対一の状況に。カリジウリは冷静にラストパスを送り、ブルクシュタラーがネットを揺らした。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、ケルンは開始5分に試合を振り出しに戻す。大迫が得たFKの流れからギラシーが左足で押し込んだ。続く60分には大迫のフィードを受けたギラシーが決定的なシュートに持ち込んだケルンだったが、72分に失点する。 ▽エンボロとのパス交換でボックス右に侵入したブルクシュタラーの折り返しを、最後はアリに詰められた。 ▽それでも75分、ギラシーのシュートがスタンブリのハンドを誘ってビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にPKを獲得。これをギラシーが決めて再びケルンが同点とした。 ▽終盤にかけてはシャルケの攻勢が続いたが、ケルンが集中した守備で凌いでいく。追加タイム3分には大迫がボックス内でのシミュレーションを取られてこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場となったが、ケルンが2-2のまま試合を終わらせ、未勝利が続くものの勝ち点1を得ている。 2017.12.03 05:51 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ全力、去就注目のバラック2世に15億円超のメガオファー?

▽ドイツ『ビルト』は、シャルケがドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)の引き留めに全力を注いでいると報じた。 ▽ドイツのレジェンドであるミヒャエル・バラック氏の再来と謳われるゴレツカ。今シーズン限りとなっているシャルケとの契約延長の意思がなく、来夏に関心が寄せられている欧州クラブに加わるとされている。 ▽だが、シャルケは、ドイツのニュースターを引き留めるべく、クラブレコードとなる年俸1200万ユーロ(約15億8000万円)のメガオファーを最終提示。さらに、新契約には移籍条項も付随されているという。 ▽ゴレツカは、2012年にボーフムでプロデビュー後、2013年夏にシャルケ入り。2014年にデビューのドイツ代表として12試合6ゴールをマークし、シャルケの選手としても今シーズンのここまでブンデスリーガ10試合4ゴールを記録している。 2017.11.29 08:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ボス監督解任の可能性も?ツォルクSDは名言避けるも「唖然とした」

25日に行われた「ルールダービー」で、4点差を追いつかれたドルトムント。独紙『キッカー』によると、ピーター・ボス監督解任の可能性が浮上したようだ。<br><br>ブンデスリーガ第13節で、ドルトムントは同地方のライバルであるシャルケを本拠地「シグナル・イドゥナ・パルク」に迎えた。12分~25分までの13分間の間に4ゴールを挙げ、前半を4点リードで折り返すも、後半にまさかの4失点。プライドを懸けた一戦で、失態を演じている。<br><br>ドルトムントはこれで公式戦6試合勝ちなし。リーグ戦でも10月に入ってからは一度も勝てず、首位のバイエルン・ミュンヘンには8ポイント差をつけられた。第7節までは6勝1分で無敗、その間2失点に抑えていたが、その後は守備が崩壊。8節以降の6試合で16失点を喫している。<br><br>この状況に、クラブは監督交代に踏み切る可能性も。試合後にミヒャエル・ツォルクSDは試合を分析するとしつつも、「唖然とした」とこぼしたという。名言は避けたが、ドルトムントは危険な状態にあるとも話し、ボス監督解任の可能性も示唆したようだ。26日に予定されている総会において、大きな動きがあるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.26 20:25 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース