同国対決は2戦連続ドローも後半怒涛の猛攻でAG2点をもぎとったシャルケが5年ぶりのベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16・2ndレグのボルシアMGvsシャルケのドイツ勢対決が16日に行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3で並ぶもアウェイゴール数で上回ったシャルケがベスト8進出を決めた。なお、シャルケのDF内田篤人は1stレグに続きベンチ入りしなかった。

▽1stレグを1-1で終え、ボルシアMGの本拠地シュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われる運命の第2戦。アウェイゴールを手にホームへ帰還したボルシアMGは直近のハンブルガーSV戦からスタメンを3人変更。ヨナス・ホフマンやストロブル、エルベディに代えてラファエウとジョンソン、ヤンチュケをスタメンで起用した。

▽一方、直近のアウグスブルク戦で完勝(3-0)したシャルケは、その試合からマックス・マイヤーに代えてゴレツカを先発、それ以外は同じメンバーを起用した。

▽互いに慎重な入りを見せた中、最初の決定機はアウェイチームに生まれる。11分、右サイドでボールを受けたカリジウリのクロスをボックス中央のブルクシュタラーが頭で合わせたが、ボールはゴール左に外れた。

▽ボールを回して敵陣に迫るも、崩し切れないボルシアMGは15分にアクシデントが起こる。ジョンソンが左モモ裏に違和感を訴え、自ら交代を要求。ヘッキング監督はJ・ホフマンをスクランブル投入した。

▽想定外の交代となったボルシアMGだが、直後に決定機を迎える。18分、左サイドを突破したラファエウがクロスを供給。これを中央でフリーになっていたドルミッチが頭で合わせたが、ボールはゴール左に逸れた。

▽最初の決定機を逃したものの、ホームチームが試合を動かす。26分、ヴェントの左FKをボックス内でドルミッチが競り合うと、こぼれ球を拾ったA・クリステンセンがゴール左からシュート。これがブロックに入ったヘヴェデスの胸に当たると、ボールがそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したシャルケもすぐに反撃に転じる。30分、ボックス左に侵入したゴレツカが左足を振り抜いたが、GKゾンマーの好セーブに阻まれた。さらに40分にもペナルティアーク手前でボールを受けたゴレツカがミドルシュートでゴールを狙ったが、これは僅かに枠の上に外れた。

▽シャルケが決定機を逃がし、このまま前半終了かと思われたが前半アディショナルタイム2分に再び試合が動く。バイタルエリア中央を持ち上がったダフードが強烈なロングシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さり、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽2点のビハインドを背負って後半を迎えたシャルケは、ガイスを下げて、ハーフタイム明けにマックス・マイヤーを投入。対するボルシアMGも、クラマーに代えてストロブルをピッチに送り出した。

▽後半序盤から攻勢をかけるアウェイチームは54分に1点を返す。右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったゴレツカがグラウンダーのミドルシュートを放つ。すると、GKゾンマーの手前でイレギュラーしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。

▽その後もボルシアMGのカウンターに臆することなく積極的に攻め入るシャルケは、68分に同点に追いつく。左サイドを持ち上がったチュポ=モティングの左クロスをDFストロブルが頭で弾き出すと、これがボックス内で味方のダフードの腕に当たり、主審がシャルケにPKを与える。このPKをベンタレブがゴール左に沈め、2戦合計スコアで3-3で並ぶも、アウェイゴール数で上回ったシャルケが試合を引っくり返した。

▽準々決勝進出へ勝利が絶対条件となったボルシアMGは、83分にドルミッチを下げてハーンを投入。87分には、右クロスのこぼれ球をバイタルエリアで拾ったダフードがダイレクトボレーで合わせるも、これはゴール前で味方のラファエウに当たり、オフサイドの判定。

▽結局、試合はそのまま終了。白熱の同国対決は2戦共にドローに終わるも、アウェイゴールの差で逃げ切ったシャルケが5シーズンぶりのELベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ケラー監督「内田は本調子ではないが…」次節ベンチ入りを示唆、2カ月ぶり出場なるか

現地時間24日、ブンデスリーガ2部第14節ウニオン・ベルリンvsダルムシュタットの一戦で、内田篤人が出場する可能性が高まっているようだ。<br><br>同選手の状態について、イェンス・ケラー監督が地元メディア『B.Z.ベルリン』に対して語っている。<br><br>「相手は1部から降格してきたばかりのチームで気は抜けないが、勝利できることを願っている」<br><br>ウニオン・ベルリンは複数の主力選手が負傷で離脱している状況だが、内田については「ここ数日は通常の練習もこなすようになった。だが、彼は離脱期間が長かったし、まだ100パーセントの状態ではない。だが、登録メンバー入りすることになるだろう」と語っている。<br><br>今季、2部のウニオン・ベルリンに加入した内田は9月19日のザンドハウゼン以来、ピッチから遠ざかっている。果たして24日のダルムシュタット戦で2カ月ぶりの復帰はなるのか、シャルケ指揮官時代から内田をよく知るケラー監督の采配にも注目が集まるところだ。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 18:27 Thu
twitterfacebook
thumb

人気沸騰中の“バラック2世”、アーセナルも来夏トップターゲットに指名か

▽アーセナルがシャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)を来夏のトップターゲットに指名しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽シャルケとの契約が今シーズン限りとなっているゴレツカ。ドイツのレジェンドであるミヒャエル・バラック氏の再来とも謳われる才能は、シャルケから届いた延長オファーを拒否したとされ、来夏のフリー移籍が決定的な情勢とみられる。 ▽ドイツの有望株を巡ってマンチェスター・シティやリバプール、ユベントス、バイエルンが凌ぎを削っているとみられるが、そのうちの1つであるアーセナルも追跡中。移籍金が発生する来冬1月を避け、来夏にフリーでの獲得を目指すという。 ▽だが、シャルケ側は移籍金が発生する来年1月のゴレツカ売却を検討している様子。アーセナルにとって、思惑どおりにゴレツカをフリーで迎え入れるとなれば、今夏加入のDFセアド・コラシナツに続く2人目の移籍金ゼロ円での獲得選手となる。 2017.11.22 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティが5クラブ競合のゴレツカ獲得レースに参戦?

▽シャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)を巡る獲得レースにマンチェスター・シティも加わったようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽シャルケとの契約が今シーズン限りとなっているゴレツカ。ドイツのレジェンドであるミヒャエル・バラック氏の再来とも謳われる才能は、シャルケから届いた延長オファーを拒否したとされ、来夏のフリー移籍が決定的な情勢とみられている。 ▽『ミラー』が伝えたところによれば、そのゴレツカは現時点でバイエルン、ユベントスのほか、アーセナル、リバプール、チェルシーからの関心を集めている模様。そこに新しくシティも名乗りを上げたという。 ▽シティは既に多士済々のタレントをボランチに擁しているが、MFヤヤ・トゥーレは来夏の退団が有力視され、MFフェルナンジーニョは来年33歳。そのため、ジョゼップ・グアルディオラ監督は新たな守備的MFとして、ゴレツカの獲得に興味を示しているとのことだ。 2017.11.21 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井高&伊藤が先発出場のHSV、2失点でシャルケに完敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第12節シャルケvsハンブルガーSV(HSV)が19日に行われ、2-0でシャルケが勝利した。酒井高徳は69分までプレー、伊藤達哉は35分までプレーした。 ▽酒井高徳と伊藤達哉がともに先発出場した一戦。15位のHSV(勝ち点10)は6位のシャルケ(勝ち点20)と相まみえた。まずはホームのシャルケがゴールに迫る。5分、左サイドのコノプリャンカのクロスにマッキーニーが頭で合わせるが、惜しくも枠の左へ。 ▽シャルケが主導権を握る中、HSVはショートカウンターで応戦。しかし、シャルケの素早いチェックに手を焼き、なかなか前に進むことができない。12分には、右CKからナウドに頭で合わせられるなど、セットプレーでも厳しい戦いを強いられる。 ▽すると16分、コノプリャンカにボックス右を攻められると、DFが倒してしまいPKを献上。このPKをディ・サントに決められてHSVが先制を許してしまった。 ▽失点後、サイド攻撃から活路を見出そうとするHSVは、左サイドのクロスを収めたアルプがDF3人に囲まれながらも高いキープ力からシュートまで運ぶ。29分には、そのアルプがボックス内で倒されるが笛は鳴らず。 ▽34分には、ボランチに入った酒井がクロスの跳ね返りに反応。シュートフェイントでDFを1人かわしてシュートを放つが、枠を大きく外れる。その直後の35分、HSVに動きが。右ウイングで先発していた伊藤を下げてワルドシュミットを前半のうちに投入した。 ▽そのワルドシュミットは41分、アルプの浮き球パスからボックス右深くに抜け出しシュートを放つが、GKフェールマンに詰められゴールならず。 ▽後半開始直後にはHSVに好機。47分に、左サイドからの流れ弾をディークメイアーがボックス右からダイレクトで狙うが、DFに当たり枠を外れた。さらに58分にも、ボックス左を突破したアルプのラストパスを走り込んだフントが流し込むが、左ポストをかすめてしまう。 ▽酒井は69分にお役御免。ウッドに代わりベンチに下がった。前線の選手を増やし、同点ゴールを奪いに行く姿勢を強めたHSVだったが、77分に突き放されてしまう。カリジウリにセンターライン付近からのドリブル突破を許すと、コノプリャンカを中継して最後はブルクシュタラーに流し込まれ2失点目を喫した。 ▽17歳ストライカー・アルプを中心に攻め込んだHSVだったがここで試合終了の笛。酒井、伊藤ともに先発出場したHSVだが、0-2でシャルケに敗れた。 2017.11.20 01:23 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミア行き希望のゴレツカを巡ってリバプールとチェルシーが凌ぎ?

▽シャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)の移籍先候補として、チェルシーとリバプールの名前が浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽シャルケとの契約が今シーズン限りとなっているゴレツカ。ドイツのレジェンドであるミヒャエル・バラック氏の再来とも謳われる才能は、シャルケから届いた延長オファーを拒否したとされ、来夏のフリー移籍が決定的な情勢とみられている。 ▽そのゴレツカを巡っては、バイエルンのほかにも、レアル・マドリーとバルセロナのスペイン2大クラブが関心を寄せている模様。だが、本人はイングランドでのプレーを望んでおり、その中でチェルシーとリバプールが獲得に力を注ぎ始めているという。 ▽なお、ドイツ代表でゼネラル・マネージャーを務めるオリバー・ビアホフ氏は先日、ゴレツカのイングランド行きを次のように示唆している。 「イングランドには巨額のテレビ放映権料がある。その影響もあり、レロイ・ザネやレオン・ゴレツカのような若くて才能に溢れるプレーヤーがイングランドに渡ってしまう」 「それは我々のリーグ(ブンデスリーガ)やゲームのクオリティを保つという部分であまり良くないことだ」 「我々としてはそういったことに注意を払いつつ、我々の指導者たちへの投資を継続していかなければならない」 2017.11.14 15:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース