同国対決は2戦連続ドローも後半怒涛の猛攻でAG2点をもぎとったシャルケが5年ぶりのベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16・2ndレグのボルシアMGvsシャルケのドイツ勢対決が16日に行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3で並ぶもアウェイゴール数で上回ったシャルケがベスト8進出を決めた。なお、シャルケのDF内田篤人は1stレグに続きベンチ入りしなかった。

▽1stレグを1-1で終え、ボルシアMGの本拠地シュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われる運命の第2戦。アウェイゴールを手にホームへ帰還したボルシアMGは直近のハンブルガーSV戦からスタメンを3人変更。ヨナス・ホフマンやストロブル、エルベディに代えてラファエウとジョンソン、ヤンチュケをスタメンで起用した。

▽一方、直近のアウグスブルク戦で完勝(3-0)したシャルケは、その試合からマックス・マイヤーに代えてゴレツカを先発、それ以外は同じメンバーを起用した。

▽互いに慎重な入りを見せた中、最初の決定機はアウェイチームに生まれる。11分、右サイドでボールを受けたカリジウリのクロスをボックス中央のブルクシュタラーが頭で合わせたが、ボールはゴール左に外れた。

▽ボールを回して敵陣に迫るも、崩し切れないボルシアMGは15分にアクシデントが起こる。ジョンソンが左モモ裏に違和感を訴え、自ら交代を要求。ヘッキング監督はJ・ホフマンをスクランブル投入した。

▽想定外の交代となったボルシアMGだが、直後に決定機を迎える。18分、左サイドを突破したラファエウがクロスを供給。これを中央でフリーになっていたドルミッチが頭で合わせたが、ボールはゴール左に逸れた。

▽最初の決定機を逃したものの、ホームチームが試合を動かす。26分、ヴェントの左FKをボックス内でドルミッチが競り合うと、こぼれ球を拾ったA・クリステンセンがゴール左からシュート。これがブロックに入ったヘヴェデスの胸に当たると、ボールがそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したシャルケもすぐに反撃に転じる。30分、ボックス左に侵入したゴレツカが左足を振り抜いたが、GKゾンマーの好セーブに阻まれた。さらに40分にもペナルティアーク手前でボールを受けたゴレツカがミドルシュートでゴールを狙ったが、これは僅かに枠の上に外れた。

▽シャルケが決定機を逃がし、このまま前半終了かと思われたが前半アディショナルタイム2分に再び試合が動く。バイタルエリア中央を持ち上がったダフードが強烈なロングシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さり、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽2点のビハインドを背負って後半を迎えたシャルケは、ガイスを下げて、ハーフタイム明けにマックス・マイヤーを投入。対するボルシアMGも、クラマーに代えてストロブルをピッチに送り出した。

▽後半序盤から攻勢をかけるアウェイチームは54分に1点を返す。右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったゴレツカがグラウンダーのミドルシュートを放つ。すると、GKゾンマーの手前でイレギュラーしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。

▽その後もボルシアMGのカウンターに臆することなく積極的に攻め入るシャルケは、68分に同点に追いつく。左サイドを持ち上がったチュポ=モティングの左クロスをDFストロブルが頭で弾き出すと、これがボックス内で味方のダフードの腕に当たり、主審がシャルケにPKを与える。このPKをベンタレブがゴール左に沈め、2戦合計スコアで3-3で並ぶも、アウェイゴール数で上回ったシャルケが試合を引っくり返した。

▽準々決勝進出へ勝利が絶対条件となったボルシアMGは、83分にドルミッチを下げてハーンを投入。87分には、右クロスのこぼれ球をバイタルエリアで拾ったダフードがダイレクトボレーで合わせるも、これはゴール前で味方のラファエウに当たり、オフサイドの判定。

▽結局、試合はそのまま終了。白熱の同国対決は2戦共にドローに終わるも、アウェイゴールの差で逃げ切ったシャルケが5シーズンぶりのELベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケvsインテルは1-1のドロー…長友はフル出場、内田は出場なし《フレンドリーマッチ》

▽21日、シャルケvsインテルのフレンドリーマッチが行われ、1-1のドローに終わった。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りするも出場機会は訪れず。一方、インテルのDF長友佑都は先発フル出場を果たした。 ▽試合は中国江蘇省にある常州オリンピック・スポーツセンター・スタジアムで行われた。シャルケはDFナウドやDFマティヤ・ナスタシッチ、MFバンジャマン・スタンブリ、MFダニエル・カリジウリMFイェフレン・コノプリャンカらが先発。今夏フランクフルトから加入したDFバスティアン・オチプカも先発出場を果たした。 ▽一方のインテルは、GKサミル・ハンダノビッチやDFミランダ、DF長友佑都、MFマルセロ・ブロゾビッチ、MFジェフリー・コンドグビアらが先発。マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されるMFイバン・ペリシッチも先発メンバーに名を連ねた。 ▽試合は序盤からインテルが攻勢に出る時間が続くも、決定力を欠き得点を奪えない。31分にはスルーパスに抜けたエデルがボックス内右から折り返すと、後方から走り込んだペリシッチがシュート。しかし、枠を大きく外してしまう。 ▽38分にはドリブルで持ち込んだペリシッチがボックス内左から中央へパス。これをブロゾビッチがシュートもミスキック。こぼれ球を拾ったカンドレーバがシュートを放つも、GKヌーベルにセーブされる。 ▽ゴールレスで迎えた後半もインテルが攻勢を強める。56分にはボックス手前左から中央へMFジョアン・マリオがパス。これをヨベティッチがシュートも、GKヌーベルがセーブする。57分にはボックス手前で得たFKをブロゾビッチが直接狙うも、シュートは右サイドネットを揺らしてしまう。 ▽なかなか攻勢に出ることができなかったシャルケだが、1つのチャンスをものにする。60分、ドリブルを仕掛けたテクペテイのパスを受けたカリジウリが、ボックス内右で鋭い切り返しを見せて長友を振り切ると、そのまま左足で蹴り込み、シャルケが先制する。 ▽攻め込みながらも先制を許したインテルだったが、すぐに追いつく。73分、ジョアン・マリオの浮き球のパスを受けたムリージョがボックス手前右で相手選手をかわすと、左足一閃。GKの頭上を超えたシュートがネットを揺らし、インテルが同点に追いつく。 ▽その後も攻め立てるインテルだったが、最後まで決め手を欠く。後半アディショナルタイム2分には、ピナモンティがGKまでかわして無人のゴールへシュート。しかし、これはナウドが間一髪クリアしゴールならず。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 シャルケ 1-1 インテル 【シャルケ】 カリジウリ(後15) 【インテル】 ムリージョ(後28) 2017.07.22 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ、フランクフルトからDFオチプカを獲得…長谷部の同僚から内田の同僚へ

▽シャルケは15日、フランクフルトからドイツ人DFバスティアン・オチプカ(28)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、背番号は24を着用する。 ▽レバークーゼンの下部組織出身のオチプカは、2008年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会を得られず、ロストックやザンクト・パウリへレンタル移籍を繰り返していた。その後、復帰した2011年にブンデスリーガデビューを飾ったオチプカだったが、翌年にフランクフルトへ完全移籍。 ▽フランクフルトでは、加入初年度からレギュラーとしてプレーすると、公式戦167試合に出場し、2ゴール22アシストをマーク。2016-17シーズンもブンデスリーガ33試合に出場し、1ゴール4アシストを記録した。 ▽オチプカの獲得についてシャルケを率いるドミニコ・テデスコ監督は、公式サイトで以下のようにコメントした。 「バスティアンはブンデスリーガに精通した信頼の置ける左サイドバックだ。彼はサイドバックとして自らの受け持つサイドの守備を固めるだけでなく、攻撃面でチャンスを演出する実力を持っている」 「彼を我々のチームに招き入れることが出来たことを非常に嬉しく思っている」 2017.07.15 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ナントからU-20フランス代表MF獲得! M・マイヤー去就に影響か

▽シャルケは10日、ナントからU-20フランス代表MFアミーヌ・アリ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は25に決定。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽プロデビューからわずか1年でシャルケへのステップアップを果たしたアリは、新天地での意気込みを語った。 「今回の移籍は僕のキャリアにおいて大きな一歩だ。そして、このクラブに値するようなプレーヤーに成長できることを確信しているんだ。自分の特長としては相手との一対一が好きで、攻撃的なポジションであれば、どこでもプレーできることかな。また、監督が求めることを全力でやるつもりだ」 ▽一方、シャルケのドメニコ・テデスコ新監督は、「アミーヌはテクニックと多様性を持ったプレーヤーだ。彼はスピードを活かしたドリブルに加え、守備的な役割もきっちりこなせる。彼は大胆な仕掛けで違いを生めるプレーヤーであり、彼の加入を嬉しく思っている」と、新戦力への大きな期待を口にした。 ▽2016年にナントでプロキャリアをスタートしたアリは、トップ下と左サイドを主戦場とする突破力と創造性に優れた攻撃的MF。デビューシーズンとなった昨季は、リーグ戦30試合に出場し、1ゴール1アシストを記録した。また、U-18カテゴリーからフランスの世代別代表でプレーする同選手は、先月まで韓国で行われていたFIFA U-20ワールドカップ2017にも出場していた。 ▽なおドイツ『キッカー』は、今回の移籍金が800万ユーロ(約10億4000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億6000万円)と推定。また、今回のアリ加入によって、今夏のシャルケ退団が有力視されているドイツ代表MFマックス・マイヤー(21)の去就にも影響を及ぼす模様だ。 2017.07.11 03:21 Tue
twitterfacebook
thumb

ケガから復帰の内田篤人「自分は『サムライ』」…「ウシ」コールのファンに感謝

シャルケは8日に行われたプレシーズンマッチで6部エルケンシュヴィックと対戦。DF内田篤人はこの9-1でシャルケが勝利を収めた試合で2ゴールを記録した。右ヒザ蓋腱炎により、2年以上ブンデスリーガに出場できていなかった内田だが、ケガを克服したことをアピール。試合後、シャルケ公式サイトのインタビューに応じた。<br><br>試合の感想を聞かれた内田は、「ただのテストマッチですからね。それでもいい試合だったと思います。それに僕たちはこの数日間ハードな練習を集中してこなしてきました。僕にとって重要なのは、誰もケガをしなかったこと。チームメイトも僕も、今季はケガなくプレーできることを祈っています」と結果よりも、負傷者が出なかったことをポジティブに評価した。<br><br>104試合に出場して1得点だが、この試合では2得点。「FWになるのかい?」という問いに、内田は「僕たちは3-4-3のフォーメーションを試したけど、この新システムだと僕は、より攻撃的にプレーすることになります。このポジションではゴールをお膳立てするか、決めないとね」と笑みを見せる。そして「守備では、4、5人で後ろを守る。攻撃に入ったら素早く切り替えます」と続けた。<br><br>2度の長期離脱。不安はなかったのだろうか。内田は「サッカー選手にとって2年の離脱はかなり厳しい」と認める。それでも「僕はいつも自分を信じてこう言っていました。『ネバーギブアップ、お前はサムライだ』と。フェルティンス・アレーナでのカムバックを願っています」と、ホームスタジアムで復帰することを目標に、ポジティブな気持ちでいたと話す。<br><br>エルケンシュヴィック戦ではボールを持つと、内田の愛称である「ウシ」コールが送られた。「あれは本当に大きな声でした。うれしかったし、モチベーションにもなりました。ファンにはとても感謝しています」と、復帰を待ち望んでいたファンに感謝をした。<br><br>提供:goal.com 2017.07.10 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

内田篤人が完全復活か!? テストマッチで2ゴールの活躍など9-1の快勝に貢献

▽シャルケは8日、エアケンシュヴィック(ドイツ6部)とテストマッチを行い9-1で勝利した。長期離脱していたDF内田篤人は後半から出場し、2ゴールを記録している。 ▽試合には、今夏加入したDFパブロ・インスーアが先発出場。MFヨハネス・ガイスやMFイェフレン・コノプリャンカ、FWフランコ・ディ・サントらが先発した。 ▽試合は前半から主導権を握ったシャルケが猛攻。8分にドニス・アブディジャジが先制ゴールを決めると、14分にはコノプリャンカが自ら得たPKを沈めて2点目を奪う。27分にはダニエル・カリジウリのクロスをコノプリャンカが決め、3-0で試合を折り返す。 ▽後半、内田を含め6人を交代させたシャルケ。すると48分、左サイドからのクロスをボックス内右で受けた内田が、DFをかわして左足でシュート。グラウンダーのシュートがゴール左に決まり、シャルケが追加点を奪う。 ▽54分には内田が追加点。自陣からのロングボールにハジ・ライトが抜け出すと、ボックス内右からグラウンダーのクロス。これを上がっていた内田がボックス内中央で押し込み、ドッペルパック(2得点)を記録した。 ▽その後、ライトが4連続ゴールを奪う活躍を見せたシャルケが9-1で勝利。ケガ人が多いシャルケにとって、内田の復活は新シーズンに向けて大きなプラス材料になるだろう。 2017.07.09 10:31 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース