同国対決は2戦連続ドローも後半怒涛の猛攻でAG2点をもぎとったシャルケが5年ぶりのベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16・2ndレグのボルシアMGvsシャルケのドイツ勢対決が16日に行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3で並ぶもアウェイゴール数で上回ったシャルケがベスト8進出を決めた。なお、シャルケのDF内田篤人は1stレグに続きベンチ入りしなかった。

▽1stレグを1-1で終え、ボルシアMGの本拠地シュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われる運命の第2戦。アウェイゴールを手にホームへ帰還したボルシアMGは直近のハンブルガーSV戦からスタメンを3人変更。ヨナス・ホフマンやストロブル、エルベディに代えてラファエウとジョンソン、ヤンチュケをスタメンで起用した。

▽一方、直近のアウグスブルク戦で完勝(3-0)したシャルケは、その試合からマックス・マイヤーに代えてゴレツカを先発、それ以外は同じメンバーを起用した。

▽互いに慎重な入りを見せた中、最初の決定機はアウェイチームに生まれる。11分、右サイドでボールを受けたカリジウリのクロスをボックス中央のブルクシュタラーが頭で合わせたが、ボールはゴール左に外れた。

▽ボールを回して敵陣に迫るも、崩し切れないボルシアMGは15分にアクシデントが起こる。ジョンソンが左モモ裏に違和感を訴え、自ら交代を要求。ヘッキング監督はJ・ホフマンをスクランブル投入した。

▽想定外の交代となったボルシアMGだが、直後に決定機を迎える。18分、左サイドを突破したラファエウがクロスを供給。これを中央でフリーになっていたドルミッチが頭で合わせたが、ボールはゴール左に逸れた。

▽最初の決定機を逃したものの、ホームチームが試合を動かす。26分、ヴェントの左FKをボックス内でドルミッチが競り合うと、こぼれ球を拾ったA・クリステンセンがゴール左からシュート。これがブロックに入ったヘヴェデスの胸に当たると、ボールがそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したシャルケもすぐに反撃に転じる。30分、ボックス左に侵入したゴレツカが左足を振り抜いたが、GKゾンマーの好セーブに阻まれた。さらに40分にもペナルティアーク手前でボールを受けたゴレツカがミドルシュートでゴールを狙ったが、これは僅かに枠の上に外れた。

▽シャルケが決定機を逃がし、このまま前半終了かと思われたが前半アディショナルタイム2分に再び試合が動く。バイタルエリア中央を持ち上がったダフードが強烈なロングシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さり、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽2点のビハインドを背負って後半を迎えたシャルケは、ガイスを下げて、ハーフタイム明けにマックス・マイヤーを投入。対するボルシアMGも、クラマーに代えてストロブルをピッチに送り出した。

▽後半序盤から攻勢をかけるアウェイチームは54分に1点を返す。右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったゴレツカがグラウンダーのミドルシュートを放つ。すると、GKゾンマーの手前でイレギュラーしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。

▽その後もボルシアMGのカウンターに臆することなく積極的に攻め入るシャルケは、68分に同点に追いつく。左サイドを持ち上がったチュポ=モティングの左クロスをDFストロブルが頭で弾き出すと、これがボックス内で味方のダフードの腕に当たり、主審がシャルケにPKを与える。このPKをベンタレブがゴール左に沈め、2戦合計スコアで3-3で並ぶも、アウェイゴール数で上回ったシャルケが試合を引っくり返した。

▽準々決勝進出へ勝利が絶対条件となったボルシアMGは、83分にドルミッチを下げてハーンを投入。87分には、右クロスのこぼれ球をバイタルエリアで拾ったダフードがダイレクトボレーで合わせるも、これはゴール前で味方のラファエウに当たり、オフサイドの判定。

▽結局、試合はそのまま終了。白熱の同国対決は2戦共にドローに終わるも、アウェイゴールの差で逃げ切ったシャルケが5シーズンぶりのELベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

EL準々決勝対戦カードが決定!! 優勝候補のユナイテッドはアンデルレヒトと対戦!!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の対戦カード抽選会が、17日にスイスのニヨンで行われた。 ▽ラウンド16でロストフに勝利し、今大会の優勝候補筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、アンデルレヒトと激突。日本代表DF内田篤人が所属するシャルケはボルシアMGとの同国対決を制し、準々決勝ではアヤックスとの対戦が決定した。 ▽準々決勝1stレグは4月13日(木)に開催され、2ndレグは20日(木)に行われる。今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆準々決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う アンデルレヒト(ベルギー)vsマンチェスター・ユナイテッド(イングランド) セルタ(スペイン)vsヘンク(ベルギー) アヤックス(オランダ)vsシャルケ(ドイツ) リヨン(フランス)vsベシクタシュ(トルコ) 2017.03.17 21:14 Fri
twitterfacebook
thumb

準々決勝進出クラブが決定! ユナイテッドやシャルケが突破もローマがリヨンに屈し敗退…《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2ndレグが16日に行われ、ベスト8進出チームが決定した。 ▽勝ち上がったのは、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、セルタ(スペイン)、シャルケ(ドイツ)、リヨン(フランス)、アヤックス(オランダ)、ベシクタシュ(トルコ)、アンデルレヒト(ベルギー)、ヘンク(ベルギー)の8クラブ。 ▽優勝候補筆頭のユナイテッドは、ホームで行われた2ndレグでロシアの強豪ロストフ相手にMFマタのゴールできっちり勝ち切り、危なげなく準々決勝進出を決めた。 ▽一方、実力者同士の対戦となったローマvsリヨンは、1stレグで4-2と大量リードを許したローマが、試合序盤から猛追し、2-1と勝利を収めたが、2戦合計で4-5とわずかに届かず、低調なアウェイでの1stレグが響いた。 ▽また、同国対決となったボルシアMGvsシャルケでは、前半にボルシアMGが2点のリードを奪ったが、後半立ち上がりから猛攻に出たシャルケが敵地で2点差を追いつき試合終了。この結果、アウェイゴール差でシャルケが5シーズンぶりのベスト8進出を決めた。 ▽EL3連覇のセビージャの後を継ぎ4連覇を目指したスペイン勢では、セルタが1stレグに続き、敵地でFCクラスノダールを撃破。その他のカードでは、ホームで完勝のアヤックスが逆転で準々決勝進出。また、ラウンド16に最多3チームが勝ち残ったベルギー勢は、ヘントとの同国対決を制したヘンクと、アポエルに連勝したアンデルレヒトがベスト8に進出した。 ▽なお、EL準々決勝の組み合わせ抽選会は17日に行われる。16日に行われたELラウンド16・2ndレグの結果は以下のとおり。 ▼ELラウンド16・2ndレグ(3/16開催) FCクラスノダール 0-2(AGG:1-4) <span style="font-weight:700;">セルタ</span> <span style="font-weight:700;">ベシクタシュ</span> 4-1(AGG:5-2) オリンピアコス <span style="font-weight:700;">ヘンク</span> 1-1(AGG:6-3) ヘント <span style="font-weight:700;">アンデルレヒト</span> 1-0(AGG:2-0) アポエル ボルシアMG 2-2(AGG:3-3) <span style="font-weight:700;">シャルケ</span> ローマ 2-1(AG:4-5) <span style="font-weight:700;">リヨン</span> <span style="font-weight:700;">マンチェスター・ユナイテッド</span> 1-0(AGG:2-1) ロストフ <span style="font-weight:700;">アヤックス</span> 2-0(AGG:3-2) コペンハーゲン 2017.03.17 08:20 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケvsボルシアMGの同国対決は1-1ドロー決着《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16・1stレグのシャルケvsボルシアMGのドイツ勢対決が9日に行われ、1-1で引き分けた。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りしなかった。 ▽ラウンド32でPAOKを下したシャルケと、フィオレンティーナを下したボルシアMGによる共にブンデスリーガで低迷する一戦。 ▽直近のブンデスリーガで対戦した際にはボルシアMGが4-2と勝利したこのカードは、3バックから4バックに変更して臨んだシャルケがボールを保持する展開で推移する。 ▽しかし15分、シュトロブルを3バックの中央に据えたボルシアMGが一瞬の隙を突いてアウェイゴールを獲得する。シュティンドルのスルーパスに抜け出したJ・ホフマンがGKとの一対一を制した。 ▽それでも25分、シャルケはショートカウンターに転じると、ゴレツカのスルーパスをブルクシュタラーがボックス右から右足でゴール左へ流し込み、同点とする。 ▽オープンな攻防となる中、ボルシアMGは29分にダフードの絶妙なスルーパスに抜け出したJ・ホフマンがボックス右から放ったシュートはGKフェールマンにセーブされる。対するシャルケは44分、ガイスの直接FKが枠を捉えたもののGKゾンマーに止められ、1-1のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もオープンな展開で立ち上がる中、61分にシャルケは右CKからヘヴェデスのダイビングヘッドでゴールに迫る。 ▽その後、ボルシアMGはジョンソンに代えてハーンを、シャルケはシェプフに代えてチュポ=モティングを投入すると、74分にシャルケがゴールに近づく。チュポ=モティングがボックス左へドリブルで侵入しシュート。しかし、GKゾンマーにセーブされた。さらに直後の左CKからケフラーのヘディングシュートでゴールに迫るもわずかに枠の右へ外れた。 ▽続く76分にはブルクシュタラーのミドルシュートがDFにディフレクトしてバーを直撃する決定機を演出したシャルケが終盤にかけても攻勢に出たが、逆転ゴールを奪うには至らず1-1でタイムアップ。ボルシアMGが来週ホームで行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。ラウンド16・1stレグのその他の試合結果は以下の通り。 ◆ラウンド16・1stレグの試合結果 ロストフ 1-1 マンチェスター・ユナイテッド リヨン 4-2 ローマ シャルケ 1-1 ボルシアMG セルタ 2-1 FCクラスノダール コペンハーゲン 2-1 アヤックス オリンピアコス 1-1 ベシクタシュ ヘント 2-5 ヘンク アポエル 0-1 アンデルレヒト 2017.03.10 07:13 Fri
twitterfacebook
thumb

バドシュトゥバー、所属元バイエルンとの対戦で退場…親友ロッベンが審判に向けた言葉は?

1日に行われたDFBポカール準々決勝でバイエルンはシャルケをホームに迎え、3-0で快勝を収めた。この一戦でアリエン・ロッベンは、DFホルガー・バドシュトゥバーが退場処分にされないよう、主審の説得を試みたようだ。<br><br>バイエルン下部組織育ちのバドシュトゥバーは、今冬からレンタルでシャルケに送り出されている。シャルケの一員としてこの日、2月4日のブンデスリーガ第19節に続き、2度目の所属元との対戦に臨むことになった。だが、1-1と引き分けたリーグ戦に対し、今回のカップ戦では前半のうちにバイエルンに3点リードを奪われるなど早い段階で勝負が決まってしまっている。<br><br>そんななか、バドシュトゥバーは74分にロッベン、その3分後にはハビ・マルティネスに対するファウルでそれぞれ警告を受け、ピッチを退くことになった。ロッベンは試合後、ドイツ『ARD』で、主審に話した場面を振り返り、「間に合わなかったね。審判には『本当にイエローカードを見せる必要はあるのか?』と聞いた。だが、(ファウルが)激しすぎたようだ」とコメントした。<br><br>「親しい友人」のバドシュトゥバーが退場となったことについては「本当に残念。自分のスタジアムでそれはあんまりだ」と述べ、アリアンツ・アレーナはバドシュトゥバーにとってホームスタジアムであると語っている。またそのコメントを受けたバドシュトゥバー本人は翌日『ツイッター』で「君の言葉は最高だったよ、アリエン・ロッベン」と感謝の様子でつぶやいた。<br><br>提供:goal.com 2017.03.03 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

DFBポカールでシャルケに完勝のバイエルン、アンチェロッティはリベリの復活を喜ぶ

バイエルンは1日、DFBポカール準々決勝でシャルケと対戦し、3-0の完勝を収めた。バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督はチームの出来に満足しているようだ。<br><br>試合は前半で大方の勝負がつく展開に。バイエルンが3分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制すると、16分と29分に追加点を挙げた。後半こそスコアが動かなかったものの、シャルケのマルクス・ヴァインツィアル監督は完敗であったことを認めた。<br><br>「しっかりとファイトして、接戦に持ち込むことができなかった。序盤は悪すぎたし、試合開始3分でのビハインドも当然良くなかったよ。その後は、いかにバイエルンが強いかを見せつけられた」<br><br>一方のアンチェロッティ監督は「スタートからとても良かったし、ハイプレッシャーを仕掛けられたね。シャルケの守備にプレッシャーを与え、試合をコントロールできた。特に(フランク)リベリは今日とても良かったし、全てのゴールに関与した。リベリの活躍を嬉しく思う」と、チームのパフォーマンスとベテランの復活を喜んだ。<br><br>両監督のコメントからも明らかなように、一方的な内容でバイエルンがシャルケを退けた。バイエルンは、ピッチ状況により延期されたロッテ対ドルトムントの勝者と準決勝で対戦することが決まっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.02 17:57 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース