ポグバ負傷もマタ決勝弾をGKロメロが守り抜きユナイテッドがベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsロストフが16日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-1としたユナイテッドがベスト8進出を決めた。

▽今大会優勝候補筆頭のユナイテッドは、1週間前に行われた敵地での1stレグを1-1のドローで終えた。直近に行われたFAカップ準々決勝のチェルシー戦では60分近く10人での戦いを強いられた挙句、公式戦11試合ぶりの敗戦。直近の公式戦3試合未勝利と調子が下降気味のモウリーニョ率いるチームは、チェルシー戦から先発5人を変更。GKにロメロを入れ、3バックにバイリー、スモーリング、ロホ。中盤は両ウイングバックにバレンシアとブリント、セントラルMFにエレーラとポグバが起用され、1トップのイブラヒモビッチの下にマタとムヒタリャンが並んだ。

▽直近のチェルシー戦に続き[3-4-3]の布陣を採用したユナイテッドは、開始5分に左CKの場面でキッカーのブリントのアウトスウィングのボールをロホが頭で合わすが、ここは相手GKの好守に遭う。さらに、こぼれ球をイブラヒモビッチが押し込みにかかるが、再びGKに阻まれた。その後もボールを保持して押し込むユナイテッドは、16分にもボックス右に抜け出したイブラヒモビッチがGKをつり出して左足のシュートを狙うが、これはクロスバーの上を越えた。

▽その後はボールを保持して押し込むユナイテッドと、堅守速攻で応戦するロストフという構図の下、一進一退の攻防が続く。29分には最終ラインの裏に抜け出したムヒタリャンがチップキック、34分にはボックス左で仕掛けたイブラヒモビッチが右足を強振するが、前者は枠の左に外れ、後者は右ポストに阻まれ、先制点とはならなかった。前半終了間際にはロストフがイェロフキン、ユナイテッドがポグバとシュートを打ち合うが、試合はゴールレスで後半へと折り返した。

▽前半のうちにリードを奪えなかったものの、アウェイゴール数の差で依然として優位に立つユナイテッドだったが、後半立ち上がりにアクシデント発生。スプリントした際に右ハムストリングを痛めたポグバがプレー続行不可能となり、後半開始3分にフェライーニとの交代でピッチを後にした。

▽ポグバの負傷交代で嫌な雰囲気が漂う中、54分にはユナイテッドにピンチ。ボックス手前右から中央に切り込んだアズムーンの左足のシュートが枠の左を捉えるが、ここはGKロメロの好守で凌ぐ。すると直後の56分にはバレンシアの右クロスからゴール前のイブラヒモビッチに決定機も、ヘディングシュートは枠を捉え切れない。

▽前半に比べてオープンになり始めた中、ゴールがほしいロストフはアズムーンを下げてブハロフを投入。対してユナイテッドは競り合いの場面で頭部を打ったブリントに脳震とうの疑いがあったため、64分にフィル・ジョーンズを緊急投入した。

▽後半に入ってやや守備面で緩さが目立ちブハロフに起点を作られるなど、苦戦し始めたユナイテッドだったが、70分にようやく先制点を奪う。ハーフウェイライン付近でパスカットしたマタが、右サイドのムヒタリャンに展開。そして、ムヒタリャンが入れた低いクロスを中央に走り込んだイブラヒモビッチがヒールでファーに流すと、これをフリーのマタが流し込んだ。

▽この得点でより優位な立場に立ったユナイテッドだったが、79分にはノボアの浮き球クロスをゴール前に飛び込んだブハロフに頭で合わせられるが、ここはGKロメロが好守で凌いだ。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、試合を殺し切れないユナイテッドは、試合終了間際の後半アディショナルタイムにピンチを招く。ボックス手前の危険な位置で与えたFKの場面で名手ノボアに枠の右隅を捉えた際どいシュートを許す。だが、このシュートをGKロメロが見事なビッグセーブで防ぎ、試合はこのままタイムアップ。2試合連続で苦戦を強いられたものの、マタのゴールとGKロメロの活躍で競り勝ったユナイテッドが、2戦合計2-1で順当にベスト8進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

マルシャルがヴォルフスブルクでプレー?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)が今季、ヴォルフスブルクでプレーするかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽2015年夏にモナコからユナイテッド入りしたマルシャルは、ルイス・ファン・ハール政権下の初年度こそインパクトを残したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2016-17シーズンはパフォーマンスを落とした。リーグ戦では25試合に出場したものの、フル出場は7度のみ。ゴール数も「4」と、2015-16シーズンには11ゴールを挙げていたことと比較しても物足りなさが残った。 ▽モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れなかったマルシャルは、今夏に移籍する可能性が伝えられている。アーセナルやインテルからの関心が伝えられる中、ヴォルフスブルクもここに割って入ったようだ。 ▽『キッカー』によると、マルシャルのレンタル移籍を望むヴォルフスブルクは、スポーツ・ディレクターを務めるオラフ・レーブ氏がすでに選手とコンタクトを取っているという。また、同メディアの推測からすると、ヴォルフスブルクがマルシャル争奪戦で一歩リードしているようだ。 2017.07.20 19:43 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタの移籍にモウリーニョ「興味がない」、補強が進まないユナイテッドに「支払う準備ができない」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、もう1人だけ選手を獲得したいようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽今夏のユナイテッドは、3、4選手の補強を望んでいたものの、ここまで獲得したのは2選手に留まっている。年々移籍金が高騰する“難しい”移籍市場について、モウリーニョ監督はユナイテッドの現状について語った。 「我々はクラブが望むものを支払う準備ができるクラブではない」 「私はビッグプレーヤーに大きな恩恵を受けるクラブに慣れている。誰もが良い選手に大金を支払っているんだ」 ▽ユナイテッドは、エバートンから獲得したベルギー代表FWロメル・ルカクに7500万ポンド(約109億5000万円)、ベンフィカから獲得したスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに3100万ポンド(約45億2700万円)を支払っている。 ▽また、モウリーニョ監督は、獲得を望んでいたとされるレアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがチェルシーへと移籍した件についてもコメント。「チェルシーのことには興味がない」と語り、移籍は明らかだったと語った。 「監督とジエゴ(・コスタ)の状況を見れば、ストライカーとサインすることは明らかだろう」 ▽現在のユナイテッドは、チェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチの獲得に動いているとされるが、ユベントスとの争奪戦になるとみられ、獲得が実現しない可能性もある。 2017.07.20 17:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ブリント、イブラヒモビッチのマンチェスター・U復帰を歓迎「大きな契約になる」

マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFダレイ・ブリントは、短期契約を結ぶ可能性のある元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて改めて称賛している。『NBCスポーツ』が報じた。<br><br>昨夏ユナイテッドに加わったイブラヒモビッチは、チーム最多得点を挙げながら、4月に全治8カ月とみられる負傷で、シーズン後半を欠場。クラブは契約を更新しないという決断を下した。しかし、ここにきて再びユナイテッドと短期契約を結ぶ可能性も伝えられ、ブリントは喜びを露わにしている。<br><br>「彼がまた来れば大きな契約になる。昨年はチームに大きなブーストを与えたからね。いまだ素晴らしい選手で、チームのあらゆることを良くしたんだ」<br><br>一方で、ブリントは今夏大金でやってきたFWロメル・ルカクに関しても信頼感を口にしている。<br><br>「素晴らしい契約だね。彼は素晴らしい選手で、最高の人間でもある。常にゴールを決めたいと考えているし、チームメイトが点を取れるようにもやってくれる。彼が最初のゴールを決めたことは嬉しいし、これからもっと多く得点を挙げるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ルカクのユナイテッド移籍後初得点に「たいして重要じゃない」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、新加入のFWロメル・ルカクに絶大な信頼を置いている。<br><br>今夏CF補強を望んでいたユナイテッド。ルカクとレアル・マドリーFWアルバロ・モラタが候補に挙げられていたが、最終的には移籍金7500万ポンド(約109億円)でエバートンと合意に至り、ルカクを引き入れた。<br><br>そのルカクは17日に行われたプレシーズンマッチのレアル・ソルトレイク戦で、加入後初ゴールを挙げている。だがモウリーニョ監督はそこに重要性を見い出していない。<br><br>「ルカクにとっては、良いことだったと思う。だが私にとっては、たいして重要じゃない」<br><br>「ゴールを決める前、水分補給をしにベンチに寄ってきたルカクに言ったんだ。『私は君のピッチ上でのプレーが大好きなんだ。ゴールのことなんて気にするな。それは重要なことではないからな』とね」<br><br>「ルカクはボールをキープしてくれるし、1タッチ、2タッチで簡単にはたいてくれる。マークを外すのも上手いし、相手DFにプレスをかけ、チームのために働いてくれる。私はだから彼のプレーが好きなんだ」<br><br>チェルシーで指導していた頃、モウリーニョ監督はルカクに満足行く出場機会を与えていなかった。しかしながらポルトガル人指揮官はルカクの成長を認めている。<br><br>「シンプルだよ。彼は4年前、私の選手だった。あれから素晴らしい成長を遂げた。ファンタスティックだった。今の彼はトップクラスのFWだ。ゴールはディテールに過ぎない、ということだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 16:41 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルがユナイテッドを揺さぶる? ペリシッチ⇔マルシャルのトレードを求む

▽インテルは、マンチェスター・ユナイテッドにクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)を手放す代わりに、フランス代表FWアントニー・マルシャル(21)の譲渡を求めているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽ユナイテッド移籍の噂が加熱するペリシッチ。一時オールド・トラフォード行きが間近に迫っているとの見方が強まっていたが、それをインテルが頑なに阻んでいることから、実現するに至っていない。 ▽伝えられるところによれば、インテルはユナイテッドから届いたペリシッチに対する4800万ポンド(約69億9000万円)のオファーを拒否。逆に、ユナイテッドに対して、金銭+マルシャルの交換を要求したという。 ▽しかし、『インデペンデント』によれば、ユナイテッドはマルシャルの放出に難色を示しているとのこと。マルシャル本人も、オールド・トラフォードから離れるという考えに至っていない模様だ。 2017.07.20 12:25 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース