ポグバ負傷もマタ決勝弾をGKロメロが守り抜きユナイテッドがベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsロストフが16日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-1としたユナイテッドがベスト8進出を決めた。

▽今大会優勝候補筆頭のユナイテッドは、1週間前に行われた敵地での1stレグを1-1のドローで終えた。直近に行われたFAカップ準々決勝のチェルシー戦では60分近く10人での戦いを強いられた挙句、公式戦11試合ぶりの敗戦。直近の公式戦3試合未勝利と調子が下降気味のモウリーニョ率いるチームは、チェルシー戦から先発5人を変更。GKにロメロを入れ、3バックにバイリー、スモーリング、ロホ。中盤は両ウイングバックにバレンシアとブリント、セントラルMFにエレーラとポグバが起用され、1トップのイブラヒモビッチの下にマタとムヒタリャンが並んだ。

▽直近のチェルシー戦に続き[3-4-3]の布陣を採用したユナイテッドは、開始5分に左CKの場面でキッカーのブリントのアウトスウィングのボールをロホが頭で合わすが、ここは相手GKの好守に遭う。さらに、こぼれ球をイブラヒモビッチが押し込みにかかるが、再びGKに阻まれた。その後もボールを保持して押し込むユナイテッドは、16分にもボックス右に抜け出したイブラヒモビッチがGKをつり出して左足のシュートを狙うが、これはクロスバーの上を越えた。

▽その後はボールを保持して押し込むユナイテッドと、堅守速攻で応戦するロストフという構図の下、一進一退の攻防が続く。29分には最終ラインの裏に抜け出したムヒタリャンがチップキック、34分にはボックス左で仕掛けたイブラヒモビッチが右足を強振するが、前者は枠の左に外れ、後者は右ポストに阻まれ、先制点とはならなかった。前半終了間際にはロストフがイェロフキン、ユナイテッドがポグバとシュートを打ち合うが、試合はゴールレスで後半へと折り返した。

▽前半のうちにリードを奪えなかったものの、アウェイゴール数の差で依然として優位に立つユナイテッドだったが、後半立ち上がりにアクシデント発生。スプリントした際に右ハムストリングを痛めたポグバがプレー続行不可能となり、後半開始3分にフェライーニとの交代でピッチを後にした。

▽ポグバの負傷交代で嫌な雰囲気が漂う中、54分にはユナイテッドにピンチ。ボックス手前右から中央に切り込んだアズムーンの左足のシュートが枠の左を捉えるが、ここはGKロメロの好守で凌ぐ。すると直後の56分にはバレンシアの右クロスからゴール前のイブラヒモビッチに決定機も、ヘディングシュートは枠を捉え切れない。

▽前半に比べてオープンになり始めた中、ゴールがほしいロストフはアズムーンを下げてブハロフを投入。対してユナイテッドは競り合いの場面で頭部を打ったブリントに脳震とうの疑いがあったため、64分にフィル・ジョーンズを緊急投入した。

▽後半に入ってやや守備面で緩さが目立ちブハロフに起点を作られるなど、苦戦し始めたユナイテッドだったが、70分にようやく先制点を奪う。ハーフウェイライン付近でパスカットしたマタが、右サイドのムヒタリャンに展開。そして、ムヒタリャンが入れた低いクロスを中央に走り込んだイブラヒモビッチがヒールでファーに流すと、これをフリーのマタが流し込んだ。

▽この得点でより優位な立場に立ったユナイテッドだったが、79分にはノボアの浮き球クロスをゴール前に飛び込んだブハロフに頭で合わせられるが、ここはGKロメロが好守で凌いだ。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、試合を殺し切れないユナイテッドは、試合終了間際の後半アディショナルタイムにピンチを招く。ボックス手前の危険な位置で与えたFKの場面で名手ノボアに枠の右隅を捉えた際どいシュートを許す。だが、このシュートをGKロメロが見事なビッグセーブで防ぎ、試合はこのままタイムアップ。2試合連続で苦戦を強いられたものの、マタのゴールとGKロメロの活躍で競り勝ったユナイテッドが、2戦合計2-1で順当にベスト8進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

クラブで苦しむポグバにピレス氏が言及「今は耐える時期」

▽現役時代にアーセナルやビジャレアルなどで活躍した元フランス代表MFロベール・ピレス氏が、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでフランス代表MFポール・ポグバについて問われ、「今は我慢が必要な時だ」との見解を示した。28日、同メディアが伝えた。 ▽昨夏、歴代最高移籍金の1億500万ユーロ(当時のレートで約119億円)でマンチェスター・ユナイテッドに加入したポグバ。しかしながらその莫大な移籍金に見合った活躍を見せてはいない。今シーズンはチームの公式戦の全48試合中41試合に出場しており、7得点5アシスト。数字上はまずまずも、期待値の大きさから見れば物足りないとの見方もある。 ▽ピレス氏は、同胞のポグバについて擁護するコメントを残している。 「彼は大きなプレッシャーを感じている。みんなが彼について移籍金の話しかしないからね。しかし忘れてはいけないのは、彼がまだ若い選手だということだ。フランスの人たちは、彼がプレミアリーグにフィットするには時間が必要だと思っている」 「プレミアがハードで、タフで、難しいリーグであることはとても重要なことだ。それは試合に限ったことではなく、練習でもそうだ」 ▽また、ピレス氏はポグバがユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の下、選手としてより成長した姿が見られると信じている。 「私はポールのことを良く知っているし、(活躍できると)信じている。ユナイテッドに加入したことはポグバにとって良い選択だったと言える。モウリーニョと働くことで彼から多くを学ぶことができる」 2017.03.28 19:46 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー移籍報道のネイマールに待った!? ユナイテッドが240億のバイアウト条項発動か

▽マンチェスター・ユナイテッドがバルセロナのブラジル代表FWネイマール獲得に向けてバイアウト条項を発動させる準備を進めているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽以前からネイマールに興味を示していると言われているユナイテッドは、2015年にもオファーを提示したと言われている。移籍は実現しなかったものの、現在もネイマールに興味を持っており調査は進められているようだ。 ▽そんな中、ネイマールは先日「プレミアのスタイルやチームが好きで、いつかはあそこでプレーしたい」とコメント。将来的にプレミアリーグでプレーする考えがあることを明かした。 ▽また、イタリア『トゥットスポルト』は、チェルシーもネイマール獲得に興味を示していると報道。史上最高額の移籍金となる破格の1億8000万ユーロ(約216億5700万円)でオファーを出すと伝えた。 ▽一気に移籍の噂が広まっているネイマールに対して、『デイリー・ミラー』はユナイテッドも争奪戦に参戦するという。バルセロナが設定する2億ユーロ(約240億6400万円)のバイアウト条項を満額支払う考えを持っているようで、選手に対してもバルセロナでの給料の2倍以上にあたる年棒2160万ポンド(約30億円)を用意しているようだ。 ▽昨夏の移籍市場で、史上最高額となる1億500万ユーロ(現在のレートで約126億3400万円)でユベントスからフランス代表MFポール・ポグバを引き抜いたユナイテッド。果たして今夏はその記録にダブルスコアをつけることになるのだろうか。 2017.03.28 09:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドMFリンガード、新契約について交渉中であることを認める

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表MFジェシー・リンガード(24)は、新契約の交渉が進行中であることを認めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015-16シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティへのレンタル移籍から復帰したリンガードは同シーズン、リーグ戦で25試合に出場し、4得点1アシストを記録した。復帰2年目となる今シーズンも序盤こそケガで出遅れたものの、ここまで15試合に出場し、1得点2アシストを記録している。 ▽そんなリンガードは現在、契約の延長について交渉を行っていることを認めたようだ。また、同選手はユナイテッドでの生活に満足感を示している。 「契約の話はしているよ」 「僕はユナイテッドでのプレーを楽しんでいるし、僕の心はユナイテッドにある。レギュラーを獲るためには多くの競争があるんだ。でも、それはチームにとって良いことなんだ。周りに偉大な選手がいることは良いことだよ」 「レギュラーを獲るためには戦わなくてはいけない。それが練習の中でよりハングリーにさせるんだ。そして、そのチャンスが巡ってきたとき、戦わなくてはいけないことを知っているよ」 「このチームには(ヘンリク・)ムヒタリャン、ズラタン(・イブラヒモビッチ)、(ポール・)ポグバのようなビックな選手がいる。彼らのような何かを成し遂げた選手が上にいることは良いことで、僕らは彼らからいろいろな経験を積ませてもらっているよ。特に若い選手たちはね」 「そのようなチームに割り込もうとするハングリーさがあることは素晴らしいことだよ」 2017.03.26 20:28 Sun
twitterfacebook
thumb

元マンチェスター・U主将がポグバを擁護「移籍市場が狂っている」

かつてマンチェスター・ユナイテッドでキャプテンを務めたネマニャ・ヴィディッチは、現在マンチェスター・Uでプレーするポール・ポグバを擁護し、来シーズンの活躍を保証した。<br><br>ポグバは昨夏史上最高額でユヴェントスからマンチェスター・Uに加入。ここまで公式戦41試合に出場し、7得点5アシストを記録している。ポグバの活躍について金額に見合ったものかどうか様々な意見が聞かれるが、ヴィディッチはポグバについて以下のように語った。<br><br>「現在の移籍市場は狂っている。ポールは素晴らしい選手だよ。彼の能力はシーズンで25ゴールを挙げるようなものではない。彼はフィールドのあらゆる場所でボールに絡み、10得点から15得点を決める選手だ。試合を変え、20点から25点を取れる選手になれるポテンシャルも持っている。今シーズン彼は良い仕事をしてる。ベストの力を発揮しているわけではないが、40試合以上に出場している。ピッチ上での存在感と同様に大事なこと。中盤には誰かしらパワフルで大きく、存在感のある選手が必要だ。彼が来シーズンさらに良いプレーをすると確信しているよ」<br><br>ポグバは19日に行われたヨーロッパリーグのロストフ戦で負傷し戦線を離れている。代表戦ウィーク明けの復帰が見込まれている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、クロアチアvsウクライナを観戦…ラキティッチらの視察を否定

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、インターナショナルウィークはクロアチアを訪れていたようだ。『Goal』の取材によって明らかになった。<br><br>モウリーニョは休暇を生かして、24日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選のクロアチアvsウクライナを観戦。先日、『Goal』ではクロアチア代表のMFイヴァン・ラキティッチ、イヴァン・ペリシッチがマンチェスター・Uに加入する可能性があると報じられたが、モウリーニョは視察のためでなく、イングランドの気候を逃れ、友人を訪れていただけだと『HNTV』で説明している。<br><br>「隠された理由なんてないよ。私は休暇を楽しみたかっただけで、友人を訪れていたんだ。すべての人が、私が何人かの選手を見るために来たと信じているが、数人の選手を見るために旅行する必要なんてない。彼ら全員をよく知っているからね」<br><br>続けて「雨の多いマンチェスターとは違う良い天気の場所でリラックスしたかったんだ」と天気を理由にクロアチアを訪れたとしている。<br><br>なお、クロアチアはイヴァン・ラキティッチのアシストによるニコラ・カリニッチのゴールで、ウクライナを1-0で下している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 10:22 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース