ポグバ負傷もマタ決勝弾をGKロメロが守り抜きユナイテッドがベスト8進出!《EL》2017.03.17 07:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsロストフが16日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-1としたユナイテッドがベスト8進出を決めた。

▽今大会優勝候補筆頭のユナイテッドは、1週間前に行われた敵地での1stレグを1-1のドローで終えた。直近に行われたFAカップ準々決勝のチェルシー戦では60分近く10人での戦いを強いられた挙句、公式戦11試合ぶりの敗戦。直近の公式戦3試合未勝利と調子が下降気味のモウリーニョ率いるチームは、チェルシー戦から先発5人を変更。GKにロメロを入れ、3バックにバイリー、スモーリング、ロホ。中盤は両ウイングバックにバレンシアとブリント、セントラルMFにエレーラとポグバが起用され、1トップのイブラヒモビッチの下にマタとムヒタリャンが並んだ。

▽直近のチェルシー戦に続き[3-4-3]の布陣を採用したユナイテッドは、開始5分に左CKの場面でキッカーのブリントのアウトスウィングのボールをロホが頭で合わすが、ここは相手GKの好守に遭う。さらに、こぼれ球をイブラヒモビッチが押し込みにかかるが、再びGKに阻まれた。その後もボールを保持して押し込むユナイテッドは、16分にもボックス右に抜け出したイブラヒモビッチがGKをつり出して左足のシュートを狙うが、これはクロスバーの上を越えた。

▽その後はボールを保持して押し込むユナイテッドと、堅守速攻で応戦するロストフという構図の下、一進一退の攻防が続く。29分には最終ラインの裏に抜け出したムヒタリャンがチップキック、34分にはボックス左で仕掛けたイブラヒモビッチが右足を強振するが、前者は枠の左に外れ、後者は右ポストに阻まれ、先制点とはならなかった。前半終了間際にはロストフがイェロフキン、ユナイテッドがポグバとシュートを打ち合うが、試合はゴールレスで後半へと折り返した。

▽前半のうちにリードを奪えなかったものの、アウェイゴール数の差で依然として優位に立つユナイテッドだったが、後半立ち上がりにアクシデント発生。スプリントした際に右ハムストリングを痛めたポグバがプレー続行不可能となり、後半開始3分にフェライーニとの交代でピッチを後にした。

▽ポグバの負傷交代で嫌な雰囲気が漂う中、54分にはユナイテッドにピンチ。ボックス手前右から中央に切り込んだアズムーンの左足のシュートが枠の左を捉えるが、ここはGKロメロの好守で凌ぐ。すると直後の56分にはバレンシアの右クロスからゴール前のイブラヒモビッチに決定機も、ヘディングシュートは枠を捉え切れない。

▽前半に比べてオープンになり始めた中、ゴールがほしいロストフはアズムーンを下げてブハロフを投入。対してユナイテッドは競り合いの場面で頭部を打ったブリントに脳震とうの疑いがあったため、64分にフィル・ジョーンズを緊急投入した。

▽後半に入ってやや守備面で緩さが目立ちブハロフに起点を作られるなど、苦戦し始めたユナイテッドだったが、70分にようやく先制点を奪う。ハーフウェイライン付近でパスカットしたマタが、右サイドのムヒタリャンに展開。そして、ムヒタリャンが入れた低いクロスを中央に走り込んだイブラヒモビッチがヒールでファーに流すと、これをフリーのマタが流し込んだ。

▽この得点でより優位な立場に立ったユナイテッドだったが、79分にはノボアの浮き球クロスをゴール前に飛び込んだブハロフに頭で合わせられるが、ここはGKロメロが好守で凌いだ。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、試合を殺し切れないユナイテッドは、試合終了間際の後半アディショナルタイムにピンチを招く。ボックス手前の危険な位置で与えたFKの場面で名手ノボアに枠の右隅を捉えた際どいシュートを許す。だが、このシュートをGKロメロが見事なビッグセーブで防ぎ、試合はこのままタイムアップ。2試合連続で苦戦を強いられたものの、マタのゴールとGKロメロの活躍で競り勝ったユナイテッドが、2戦合計2-1で順当にベスト8進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

「お前に幸運なんて必要ない…」イブラ、アーセナルに旅立ったムヒタリアンにらしさ溢れるエール

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、アーセナルへ移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)にエールを送った。 ▽2016年7月にドルトムントからユナイテッドに加わったムヒタリアンは、昨シーズンこそ公式戦41試合で11ゴール5アシストを記録したものの、一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず。ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況が続き、22日にチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)とのトレードという形でのアーセナル移籍が発表された。 ▽そんな中、イブラヒモビッチはムヒタリアンとのツーショット写真と共にインスタグラム(iamzlatanibrahimovic)のストーリーを更新。「お前に幸運なんて必要ない。とにかくゲームを楽しめ」とメッセージを送っている。 2018.01.24 16:44 Wed
twitterfacebook
thumb

サンチェス、マンチェスター・Uへの移籍理由を明かす「クラブからの愛、勝利に飢えた監督」

マンチェスター・ユナイテッドへの加入が決まったアレクシス・サンチェスが、アーセナルからの移籍の理由を明かした。『MUTV』のインタビューに応えている。<br><br>ヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでマンチェスター・Uへ移籍することとなったサンチェス。週給は、プレミアリーグ史上最高の45万ポンド(約7000万円)に上るとみられる。マンチェスター・Uでは、エリック・カントナ、デイヴィッド・ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドなどの錚々たるメンバーが袖を通した伝統ある7番を与えられ、チームからの期待の高さが伺える。<br><br>長らくアーセナルからの移籍を志願していたと言われ、終盤の態度に非難が集まっていたサンチェス。移籍の理由にジョゼ・モウリーニョ監督の影響が大きいことを明かした。<br><br>「モウリーニョ監督は僕が必要だと言ってくれた。クラブからもその意志を感じることができた。7番のユニフォームを用意してくれていると聞いてとても感動したんだ。選手はチームから愛され、必要とされていることを実感する必要があるんだ。また、イタリア・スペインで優勝を収め、勝利に飢えている監督にも惹かれたのさ」<br><br>元バルセロナのチリ代表ストライカーは、伝統ある7番を背負ってプレーすることにとても興奮しているようだ。<br><br>「7番を与えられると聞いたときから様々なことを想像するようになったよ。チャンピオンズリーグのトロフィーを掲げて、プレミアリーグで優勝することをね。今は夢で溢れているんだ。このクラブにトロフィーを持ってくるために全力を尽くすよ」<br>提供:goal.com 2018.01.23 23:31 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル移籍のムヒタリアン、ユナイテッドに感謝「心からありがとう、みんなの幸運を祈っている」

▽アーセナルに移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)が、マンチェスター・ユナイテッドに感謝を告げた。 ▽2013年にシャフタールからドルトムント入りしたムヒタリアンは、その後の3シーズンで公式戦140試合に出場。特に2015-16シーズンはハイパフォーマンスを披露し、出場52試合で23ゴール32アシストの記録した。この活躍が認められて2016年7月にユナイテッドに加入。しかし、ユナイテッドでは一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況が続き、22日にチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)とのトレードという形でのアーセナル移籍が発表された。 ▽マンチェスター・ユナイテッドを退団したムヒタリアンは、自身のインスタグラム(micki_taryan)を更新。約1年半過ごしたクラブに感謝の言葉を送り、「心からありがとう」とメッセージを送った。 「マンチェスター・ユナイテッドの選手たち、スタッフ、そして特にファンの皆さんの愛情、情熱、サポートに対して心からありがとうと言いたい」 「ヨーロッパ・リーグを制覇したことで偉大なクラブの歴史に貢献することができ、その名誉を満喫することができた。僕はいつまでもその瞬間、試合の記憶を大事にするよ。ボクシングデーに決めたスコーピオンキック、自分のチャントを聴きながらピッチに足を踏み入れたことも」 「もっと多くの思い出を挙げることだってできるし、共有し、共に喜んだ全ての瞬間を楽しんだ。僕のキャリアのこの段階では、純粋にピッチに立ち、プレーを楽しまなくてはいけない。心からありがとう、そしてみんなの幸運を祈っている。これからも人生は続いていくよ」 2018.01.23 20:06 Tue
twitterfacebook
thumb

CR7のユナイテッド復帰への影響は? サンチェスが背番号7着用へ

▽マンチェスター・ユナイテッド移籍決定のチリ代表FWアレクシス・サンチェスが背番号7を手にしたことで、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドの古巣復帰は立ち消えとなったかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ユナイテッドは22日、サンチェスが加入することを発表した。イギリス『デイリー・ミラー』や『マルカ』など複数メディアは、同選手の背番号がユナイテッドのスーパースター伝統の「7」になると報道。また、文面でのアナウンスこそ無いもののクラブ公式サイトもサンチェスが背番号7のユニフォームを手にしている姿の写真を掲載している。 ▽『マルカ』によれば、これにより囁かれていたC・ロナウドのユナイテッド復帰の噂は収束を迎えることになるという。C・ロナウドはユナイテッド在籍時代に「7」を着用しており、ポルトガル代表やマドリーでも長らく「7」を身に付けている。 ▽また、自身の個人ブランドにも『CR7』と銘打つなど「7」に対する想いは並外れたもの。ユナイテッドが背番号7をサンチェスに託すことを正式に発表すれば、それはC・ロナウドに対する“事実上の受け入れ拒否”となるかもしれない。 2018.01.23 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチェス、ユナイテッド加入でPL史上最高給の選手に…現役最高給はどの選手?

マンチェスター・ユナイテッドに加入したアレクシス・サンチェスは、新天地でプレミアリーグ歴代最高給を手にすることになるようだ。<br><br>一時はマンチェスター・シティ入団が濃厚とされてきたサンチェスだが、一転して22日にユナイテッド移籍が完了。4年半契約を結んだ。<br><br>『デイリー・メール』によると、プレミアリーグ史上最高給となる週給45万ポンド(約7000万円)を受け取るという。なお、アーセナル時代のサラリーは週給14万ポンド(約2200万円)とされており、3倍以上のサラリーを受け取るようだ。<br><br>プレミアリーグでのこれまでの最高給は、ユナイテッド時代のウェイン・ルーニーが受け取っていた週給30万ポンド(約4700万円)。なお、昨夏のエバートン復帰で、サラリーは半分近くまでさがったという。<br><br>次に続くのはユナイテッドのポール・ポグバ。フランス代表MFは、週給29万ポンド(約4500万円)を稼ぎ出している。4番目に高額な給料を受け取っていたのは、2014-15シーズンにモナコからユナイテッドにローンで加入したラダメル・ファルカオ。29試合で4ゴールしか挙げていないものの、週給26万5000ポンド(約4100万円)を貰っていた。5番目の高給取りは週給25万ポンド(約3900万円)のロメル・ルカク、続いてズラタン・イブラヒモビッチ、セルヒオ・アグエロ、ヤヤ・トゥーレが週給22万ポンド(約3400万円)で並んでいる。<br><br>その他、ダビド・デ・ヘア、エデン・アザールは週給20万ポンド(約3100万円)、元リバプールのフィリペ・コウチーニョと今冬サウサンプトンからリバプールに移籍したビルヒル・ファン・ダイクのサラリーが週給18万ポンド(約2800万円)と続くようだ。<br><br>なお、現在の世界最高給は、バルセロナFWリオネル・メッシ。2017年にクラブと4年間の新契約を締結し、週給は50万ポンド(約7800万円)に上がったと言われている。また、歴代最高サラリーを手にしていたのは、上海申花時代のカルロス・テベス。今冬、ボカ・ジュニアーズに復帰した同選手だが、中国で週給65万ポンド(約1億円)を受け取っていたとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 12:38 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース