南米予選でブラジルとの首位攻防戦を行うウルグアイ代表がメンバー発表《ロシアW杯南米予選》2017.03.17 03:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は16日、今月に行われるロシア・ワールドカップ南米予選に向けたウルグアイ代表メンバー26名を発表した。

▽3月4日に海外組22名が発表されていたが、そのリストからMFガストン・ラミレス(ミドルズブラ)とDFアレハンドロ・シルバ(ラヌース) が離脱。国内チームからはGKエステバン・コンデ(ナシオナル)、ホルヘ・フシーレ(ナシオナル)、アルバロ・ゴンサレス(ナシオナル)、クリスティアン・ロドリゲス(ペニャロール)の4名が新たに招集された。

▽今回のメンバーにはFWルイス・スアレス(バルセロナ)やDFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)ら主力が順当に選出されている。

▽ウルグアイは11試合を終えた南米予選で、勝ち点23の2位。23日に予選首位のブラジル代表とホームで、同28日には予選8位のペルー代表とアウェイで対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下のとおり。

◆ウルグアイ代表メンバー26名
GK
フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ)
マルティン・シルバ(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)
マルティン・カンパーニャ(インディペンディエンテ/アルゼンチン)
エステバン・コンデ(ナシオナル)

DF
ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ガストン・シルバ(グラナダ/スペイン)
マキシミリアーノ・ペレイラ(ポルト/ポルトガル)
セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル)
アルバロ・ペレイラ(セロ・ポルテーニョ/パラグアイ)
ホルヘ・フシーレ(ナシオナル)

MF
マティアス・ベシーノ(フィオレンティーナ/イタリア)
ディエゴ・ラクサール(ジェノア/イタリア)
アレバロ・リオス(ベラクルス/メキシコ)
カルロス・サンチェス(モンテレイ/メキシコ)
ジョナタン・ウレタビスカヤ(パチューカ/メキシコ)
ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダーズ/アメリカ)
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(クルゼイロ/ブラジル)
マティアス・コルホ(サン・ロレンソ/アルゼンチン)
クリスティアン・ロドリゲス(ペニャロール)
アルバロ・ゴンサレス(ナシオナル)

FW
ルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン)
エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)
アベル・エルナンデス(ハル・シティ/イングランド)
ディエゴ・ロラン(ボルドー/フランス)
クリスチャン・ストゥアーニ(ミドルズブラ/イングランド)

コメント

関連ニュース

thumb

3年ぶりの代表復帰でゴールを奪ったデフォーにサウスゲイト「今後も招集しない理由はない」

▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督が、3年ぶりの代表戦で4年ぶりのゴールを奪ったFWジャーメイン・デフォーを称賛している。 ▽サウスゲイト監督は、プレミアリーグで最下位のサンダーランドに所属しながらも14ゴールを奪う活躍を見せているデフォーをイングランド代表に招集。26日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦で先発起用すると、21分に先制ゴールをマークして2-0の勝利に貢献した。 ▽試合後、サウスゲイト監督はデフォーのパフォーマンスに満足感を示した。 「彼にとっても素晴らしい瞬間だっただろう。チームに加わることを嬉しく思っていると言っていたし、今週は刺激的な毎日を過ごしたはずだ。我々にとっても彼の招集がプラスに働いた。彼のプロ意識は、チームの若手が見習わなければいけないものだ。さらに試合ではゴールを奪った。とても良い影響を与えてくれたと思っている」 ▽イングランド代表の前線では、今回招集されているFWジェイミー・ヴァーディに加え、負傷中のFWハリー・ケインやFWウェイン・ルーニーらがいる。しかしサウスゲイト監督は、今後も調子の良い選手を起用する考えを明かし、デフォーのW杯出場も夢ではないと強調した。 「選手たちの調子には常に目を光らせている。当然ながら、調子が良い選手にチャンスを与えるべきだ。だから私は序列など考えていない。このチームで一緒に成功したいのであれば、誰もが自分のポジションを奪うために戦わなければいけない」 「ケガ人がいる中だったが、デフォーはプレミアリーグで結果を残していたし、今日も素晴らしい活躍だった。今のようなパフォーマンスを続けるのであれば、今後も招集しない理由はない」 2017.03.27 10:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ハート「イングランドのキャプテンを任されたことは誇り」勝利の喜びを語る

現地時間26日に行われたロシア・ワールドカップの欧州予選で、イングランドはリトアニアを2-0で下した。この試合でGKを務めたジョー・ハートが、ウェイン・ルーニー不在に伴い、キャプテンを任された喜びを明らかにしている。<br><br>ハートは『ITV』の取材に応じ、「僕らのキャプテンはウェインであることは十分に承知しているけど、今日は僕がキャプテンを任された。ラストマン・スタンディングということの誇りを覚えたよ」と発言。<br><br>「このチームで主将を務めることに喜びを感じた。イングランドを最高レベルの状態に導けるよう、これからも頑張っていきたい」<br><br>「リトアニア戦では5~6点決めて勝利したかったけど、それは重要なことじゃない。あくまで僕らはロシアW杯に出るために勝ち点を積み重ねる必要がある」<br><br>また、試合後にハートは『インスタグラム』を更新し、「代表チームでキャプテンを任されたことはとても誇るべきこと。そして、勝ち点3を獲得できたことを嬉しく思う。目標はロシアだ」と語り、自身がイングランド代表のキャプテンマークを巻いた写真をアップしている。<br><br>&nbsp;Firstly happy Mother&#39;s Day to all the mothers out there ?? Amazing honour to captain my country today, very proud and very happy with the 3 points. Russia is the goal #??????#kaammoonnn&#39;<br><br>Joe Hartさん(@joehartofficial)がシェアした投稿 - 2017 3月 26 1:16午後 PDT<br><br>イングランドがリトアニア相手に2-0で勝利を収めたW杯予選の一戦は、GKハートにとって主将を任されたことで特別な試合となったようだ。<br><br>●ワールドカップ欧州予選のライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br>提供:goal.com 2017.03.27 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

アザール、デ・ブライネに続き、フェライーニとクルトワも負傷…

▽ベルギー代表のMFマルアン・フェライーニとGKティボー・クルトワが負傷により同国代表を離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽フェライーニとクルトワは25日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のギリシャ代表戦にフル出場を果たしている。報道によると、フェライーニはつま先、クルトワは腰を負傷しており、28日に予定されているロシア代表との親善試合への出場は見送られるようだ。 ▽ベルギー代表では、MFエデン・アザールも所属元のチェルシーでふくらはぎを負傷しており、代表チームに帯同するも試合での起用は控えるとロベルト・マルティネス監督がコメント。さらにトレーニング中にMFケビン・デ・ブライネが股関節を負傷し、代表チームから離脱している。 ▽また今回の負傷は、ベルギー代表だけでなくチェルシーにとっても悪いニュースとなっている。現在プレミアリーグで首位に立つ同チームだが、ここまで全試合にフル出場しているクルトワが、状況によっては次節のクリスタル・パレス戦を欠場。また、26試合11ゴールの活躍を見せるアザールの状態も不安要素であり、リーグ制覇に向けて正念場となる。 2017.03.27 10:08 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴィ直接FK弾にピシュチェクが絶妙ループ! ポーランドがモンテネグロとの首位攻防戦制す!《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第5節、モンテネグロ代表vsポーランド代表が26日に行われ、アウェイのポーランドが2-1で勝利した。 ▽W杯欧州予選グループEで2位に位置するモンテネグロ(勝ち点7)と、首位ポーランド(勝ち点10)による首位攻防戦。ホームのモンテネグロは、負傷のヨベティッチを欠いたものの、ディフェンスリーダーのサビッチが先発。一方のポーランドは、レヴァンドフスキやピシュチェク、ブワシュチコフスキなど、お馴染のメンバーが揃った。 ▽試合は首位攻防戦らしい拮抗した展開となる。開始3分にグロシツキ、グリクとアウェイチームが惜しいシュートを放つと、ホームチームもセットプレーの流れからベシラウが枠の右を捉えたヘディングシュートもGKファビアンスキの好守に遭う。 ▽その後はポーランドが押し込む流れの中、頼れるエースがゴールをこじ開ける。40分、ボックス手前好位置で得たFKの場面で、レヴァンドフスキが蹴り足の足首を固定して蹴るお馴染みの直接FKをゴール左隅に突き刺した。 ▽レヴァンドフスキの見事な直接FKで均衡が破れた試合は、後半に入っても白熱の攻防を見せる。61分にはボックス中央でGKを引き付けたピシュチェクからパスを受けたレヴァンドフスキが、無人のゴールへシュートを狙うが、これは戻ったDFにゴールライン手前でクリアされる。この直後にもピシュチェクのクロスを胸トラップしたレヴァンドフスキにゴール前で決定機も、ここはDFを外し切れず、2点目とはならず。 ▽すると、後半に入って攻撃に勢いが出始めていたモンテネグロが追いつく。63分、右サイドからカットインしたコヤセビッチの左足のクロスを、ボックス内でオフサイドラインに居た味方をオトリにうまく背後から飛び出したムゴセがドフリーのヘディングシュートをきっちり流し込んだ。 ▽1-1のイーブンに戻った試合は、ここからさらにヒートアップしていく。81分に同点ゴールをアシストしたコヤセビッチが負傷交代するアクシデントに見舞われた中、82分にスコアが動く。ジエリンスキの浮き球スルーパスに反応したピシュチェクがボックス右に抜け出し、飛び出したGKより先に右足でループシュートを狙うと、左ポストの内側を叩いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽その後、足が攣っていたマチニスキ、グロシツキを下げてチアゴ・ランジェウ、ペシュコと守備的な交代カードを切って、相手の反撃を凌いだポーランドが、敵地で行われたモンテネグロとの首位攻防戦を2-1で制した。 ▽同日行われたグループE第5節、ルーマニア代表vsデンマーク代表は、0-0のドローに終わった。上位の潰し合いを生かし、上位進出を目指す4位ルーマニア(勝ち点5)と3位デンマーク(勝ち点6)による一戦は、司令塔エリクセンを起点にアウェイのデンマークが終始試合をコントロールしたが、再三の決定機を生かし切れなかった。この結果、勝ち点1を加えたデンマークは、2位モンテネグロと勝ち点で並ぶも得失点差で2位浮上とはならなかった。 ▽また、同日行われた5位アルメニア代表(勝ち点3)と最下位カザフスタン代表(勝ち点2)の一戦は、ホームのアルメニアがエースのムヒタリャンのゴールなどで2-0の勝利を収めた。 2017.03.27 06:20 Mon
twitterfacebook
thumb

スコットランド、試合終了間際の劇的弾で難敵オブラクを攻略! スロバキアがグループF2位に浮上《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節、スコットランド代表vsスロベニア代表が26日に行われ、ホームのスコットランドが1-0で勝利した。 ▽W杯欧州予選グループFで首位イングランド代表(勝ち点10)に次ぐ2位に位置するスロベニア(勝ち点8)が、5位に低迷するスコットランド(勝ち点4)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は戦前の予想に反して、ホームのスコットランドが一方的に押し込む展開に。開始7分にはCKからラッセル・マーティンがヘディングシュートでゴールネットを揺らすが、ここは競り合いの場面でオフェンスファウルを取られ、ゴールは認められず。 ▽その後も攻勢を続けるスコットランドは、厚みのある攻めで決定機を作り出していく。だが、35分過ぎにグリフィスの決定的なシュートがクロスバーと右ポストを続けて叩くなど、スロベニア守護神オブラクの牙城をあと一歩のところで崩せない。 ▽ゴールレスで迎えた後半は、スロベニアが攻守に盛り返してきたことで、前半以上にオープンな展開に。それでも、ホームの歓声を後押しに勢いづくスコットランドは、74分に途中出場のアニャがボックス内に抜け出すが、右足のシュートはGKオブラクにセーブされる。 ▽何とかホームで勝ち切りたいスコットランドは、試合終盤にかけても猛攻を仕掛けると、試合終了間際に劇的なゴールが生まれる。88分、ボックス左でアームストロングから斜めのパスを足元で受けたクリス・マーティンがすかさず左足を振り抜くと、味方のスライディングがブラインドとなり、反応が遅れたGKオブラクの左足を掠めたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。そして、この決勝点を守り抜いたスコットランドが、2位スロバキアと勝ち点2差の4位に浮上した。 ▽また、同日行われた最下位マルタ代表(勝ち点0)と3位スロバキア代表(勝ち点6)の一戦は、アウェイのスロバキアが3-1で勝利した。 ▽エースのハムシクをベンチスタートにするなど、格下相手に余裕の試合運びが予想されたスロバキアだったが、バイスの先制点直後に同点ゴールを許すなど、思わぬ苦戦を強いられた。その後、グレグシュのゴールで前半のうちに勝ち越しに成功したが、なかなか3点目を奪えない。その後、79分の相手の退場をキッカケに攻勢を強めたスロバキアは、84分にネメクのゴールで勝負を決めたが、試合終了間際にそのネメクが退場となるなど、格下相手に後味の悪い勝利となった。 ▽それでも、勝ち点を9ポイントに積み上げたスロバキアが、この日敗れたスロベニアを抜き2位に浮上した。 2017.03.27 06:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース