デフォーが2014年以来の代表復帰! 主力に負傷者続出のイングランドが代表メンバー発表 《ロシアW杯欧州予選》2017.03.16 23:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、今月22日に行われるドイツ代表との国際親善試合と、26日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のリトアニア代表戦に臨むイングランド代表メンバー26名を発表した。

▽ガレス・サウスゲイト監督は、レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディやトッテナムMFデレ・アリ、リバプールMFアダム・ララナなどの主力を順当に選出した。

▽さらに、2014年5月以来の代表復帰となるサンダーランドFWジャーメイン・デフォーと、WBAのMFジェイク・リバモアの復帰組に加え、サウサンプトンMFジェイムス・ワード=プラウズ、サウサンプトンMFネイサン・レドモンドの2選手を初招集した。

▽その一方で、負傷を抱えるマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーやトッテナムFWハリー・ケイン、同DFダニー・ローズ、リバプールMFジョーダン・ヘンダーソンらが招集外となった。今回発表されたイングランド代表メンバー26名は以下のとおり。

イングランド代表メンバー26名
GK
ジョー・ハート(トリノ/イタリア)
フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
トム・ヒートン(バーンリー)

DF
マイケル・キーン(バーンリー)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
カイル・ウォーカー(トッテナム)
ナサニエル・クライン(リバプール)
ギャリー・ケイヒル(チェルシー)
フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)
クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)

MF
マイケル・アントニオ(ウェストハム)
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ロス・バークリー(エバートン)
アダム・ララナ(リバプール)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
ジェイク・リバモア(WBA)
ジェイムス・ワード=プラウズ(サウサンプトン)
ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)

FW
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)
ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)

コメント

関連ニュース

thumb

レスター、イングランド代表DFマグワイアに契約解除金を設定せず!

▽レスター・シティは、イングランド代表DFハリー・マグワイア(25)に契約解除金を設定していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍したマグワイアは、1年目の昨シーズンに公式戦44試合2ゴール3アシストを記録。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも7試合に出場し、イングランド代表の7大会ぶりのベスト4入りに貢献していた。 ▽今夏には、出色の活躍を見せたマグワイア獲得にマンチェスター・ユナイテッドがオファーを出していたことが伝えられていたが、レスターは放出を拒否。今月9日に、2023年6月30日までの契約延長が発表されていた。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、レスターはマグワイアとの新契約に契約解除金を設定せず。クロード・ピュエル監督が「クラブのベストプレーヤー」と評価するなど欠かせない存在となっている同選手の流失阻止へ、より結びつきを強めたようだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップの思い届くか…スターリングの延長交渉、依然難航

▽マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)の契約更新が難航を極めている。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽2015年夏にリバプールからシティ入りしたスターリングの現行契約は、2020年まで。両者の延長交渉が長らく取り沙汰されてきたが、依然として話し合いの終着地点が見えてこない。 ▽その延長交渉は、現在も継続中。前向きな話し合いが続けられているみられるシティだが、最低でも週給22万ポンド(約3200万円)を求めるスターリング側と金額面で隔たりが生じているという。 ▽この件について、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は先日、「私は、この先も彼と一緒にいることを望む。この意見はクラブにも共有済みさ。あとはクラブと代理人次第だ」と話している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェルベックの二の舞だけは…、キャラガーがラッシュフォードを危ぶむ

▽元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏がマンチェスター・ユナイテッドに所属する同代表FWマーカス・ラッシュフォードを心配した。イギリス『Squawka』が報じた。 ▽ユナイテッド下部組織出身のラッシュフォードは、2016年のヨーロッパリーグ(EL)ミッティラン戦で先発出場を果たしてトップチームデビュー。その一戦でいきなり2得点の活躍を見せつけ、鮮烈なインパクトを残した。以後、2016年にA代表デビューを飾り、ロシア・ワールドカップのメンバーにも招集。今シーズンからユナイテッドで新たに背番号「10」を受け継いだ。 ▽だが、主戦場のセンターフォワードの位置には現在、ベルギー代表FWロメル・ルカクという絶対的な存在がいるため、ピッチに立っても両サイドでのプレーがほとんど。今シーズンもここまでセンターフォワードとしてプレーしたのは、プレミアリーグ開幕戦のレスター・シティ戦しかない。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』に登場したキャラガー氏は、そのラッシュフォードについて次のように言及。かつてユナイテッドの次代を担う点取り屋として期待を集めながら大成に至らなかったアーセナルのイングランド代表FWダニー・ウェルベックの名前を挙げ、20歳FWの将来を危ぶんだ。 「マーカス・ラッシュフォードには、ダニー・ウェルベックのような選手になってもらいたくないね。彼はセンターフォワードとしてユナイテッドのトップチームに上がってきた。だが、主に両サイドで使われ、今じゃチームプレーヤーだ。仮にアーセナルに移籍しても、同じ状況だろう。確実にだ。彼自身も望んだことじゃないだろうがね」 ▽なお、『Squawka』が伝えたラッシュフォードとウェルベックのユナイテッドでのプレミアリーグ通算個人成績は以下のとおり。 ◆ラッシュフォード 試合数:81 総プレー時間:4,490 得点数:17 アシスト数:8 ◆ウェルベック 出場数:92 総プレー時間:5,203 得点数:20 アシスト数:9<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

2試合連続ゴールのラッシュフォードを指揮官が絶賛「彼はトッププレーヤーになれる」

イングランド代表のガレス・サウスゲート監督は、FWマーカス・ラッシュフォードを絶賛した。<br><br>11日に行われた国際親善試合でイングランド代表はスイス代表と対戦。0-0で迎えた54分、カイル・ウォーカーの右サイドからのクロスをファーサイドにいたラッシュフォードが冷静に流し込み、イングランドが先制する。試合はこのままタイムアップを迎え、イングランドが1-0で勝利した。<br><br>試合後、サウスゲート監督は『スカイスポーツ』で「彼の活躍に本当に満足している。彼がどれどけ素晴らしい選手か、また彼がトッププレーヤーになれる可能性があることを我々みんなが知っている。スーパーなメンタリティを持った彼は本当に素晴らしい」と賛辞を送った。<br><br>「彼は今週だけで2つのゴールを奪った。我々の試合で見せたいくつかのパフォーマンスは本当に良かったし、2つの最高のフィニッシュができたことは彼にとって本当に意味のあることだ」<br><br>また、スペイン戦から大幅にメンバーを変更して臨んだこの試合について「多くの選手たちが今シーズン初めてプレーした。彼らに対して素晴らしいチームであるスイス相手に最高のプレーを見せろなんて求めることは無理難題だ。スイスは良い動きを見せ、ボールをキープしたため、我々は前半にボールを追い回し過ぎた。この辺りは大いに改善の余地がある」と試合を振り返った。<br><br>「前半は(グラニト)ジャカや(ジェルダン)シャキリに危険な場面を作られたが、後半は少し動きが良くなった。ディフェンスは高い位置を保て、中盤も無駄に走り回る必要が減った。前半は簡単にターンオーバーしたが、後半は上手くボールをキープできていた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.12 17:17 Wed
twitterfacebook
thumb

神童アンパドゥの代表入りを拒否したイングランドの奇妙な理由とは

▽現在ウェールズ代表として輝きを放つチェルシーDFイーサン・アンパドゥ(17)。同選手にはイングランド代表入りを拒否されていた過去があるようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽数多いるチェルシーの若手の中で、頭一つ飛びぬけているのがアンパドゥだ。2017年にエクセター・シティからチェルシーに移り、昨年9月にEFLカップでトップチームデビュー。同年12月にはハダースフィールド戦でプレミアリーグデビューも果たした。 ▽イングランドで生まれ育ったアンパドゥは、父方の祖父はガーナ出身、同じく祖母と父はアイルランド出身、母はウェールズ出身ということもあり、代表の選択肢は多くあった。そんな中、エクセター時代のポール・ティズデール監督(現MKドンズ監督)が当時、14歳のアンパドゥをイングランド代表に推薦していたようだ。同選手について以下のように語っている。 「イーサンのような14歳は見たことがなかった。私はイングランド代表に電話して彼のことを紹介したんだ。多くの関係者に、『この男を掴んでおいた方がいい。素晴らしい選手なんだ』とね」 「当時はエクセターのU-18チームでプレーしていたんだ。14歳ながらね。それは恐ろしいピッチでひどく荒れた状態だった。そんな中で、彼はセンターFW、セントラルMF、スイーパーと1試合ですべてのポジションをこなしていたんだ。まるでルート・フリットのようだったよ」 「私は彼ら(イングランド代表)にイーサンよりも12人の優れた選手がいると言われたよ。それでも私は『彼は正確に素晴らしい判断をする。それも少ないタッチでね』と言ったんだ」 「だけど彼らはよりタッチ数の多い選手を探していたんだ」 ▽結局、アンパドゥは昨年11月のフランス代表戦でウェールズ代表デビュー。今月6日に行われたUEFAネイションズリーグのアイルランド代表戦では88%のパス成功率を誇り1アシストを記録した。スリーライオンズは大器を取り逃がしてしまったのかもしれない。 2018.09.12 16:50 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース