降格圏の19位に低迷するミドルズブラがカランカ監督を解任! 3年半の在任で昨季はプレミア昇格に導く2017.03.16 22:22 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミドルズブラは16日、アイトール・カランカ監督(43)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

▽成績不振を理由にミドルズブラを去ることになったカランカ監督は、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「私に素晴らしいチャンスを与えてくれたミドルズブラと、プレーヤーたちに感謝したい。同時に素晴らしいサポートを見せてくれたファンたちにも感謝を示したい」

「このクラブは今後も私にとって特別な場所であり続ける。また、ミドルズブラの将来が素晴らしいものであることを願っている」

▽現役時代にDFとしてビルバオやレアル・マドリーで活躍したカランカ監督は、2010年から古巣レアル・マドリーでジョゼ・モウリーニョ監督のアシスタントコーチを務め、指導者としてのキャリアを本格的にスタート。その後、2013年11月から当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたミドルズブラの監督に就任。就任3年目となった2015-16シーズンのリーグ戦を2位で終え、同クラブをプレミアリーグ昇格に導いた。

▽だが、プレミア復帰1年目となった今季は、恩師モウリーニョ仕込みの組織的な守備を武器に、27節終了時点で30失点と堅守を誇った一方、リーグ最少の19得点と深刻な得点力不足に苦しみ、直近のリーグ戦10試合は6敗4分けと大不振に陥っていた。そして、降格圏の19位に転落した状況を受け、クラブは11日に行われたFAカップ準々決勝のマンチェスター・シティ戦(0-2で敗戦)後にカランカ監督の更迭を決断した。

▽また、ミドルズブラはカランカ監督の退任を受け、アシスタントコーチのスティーブ・アグニュー氏(51)が暫定指揮官を務めることを併せて伝えている。

▽なお、アグニュー新体制で残留を目指すミドルズブラの初陣は、18日にホームで行われるプレミアリーグ第29節のマンチェスター・ユナイテッド戦となる。

コメント

関連ニュース

thumb

ボロがノッティンガムのFWアソモバロンガを獲得! 昨季はチャンピオンシップで14ゴール

▽ミドルズブラは18日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレストに所属するDRコンゴ人FWブリット・アソモバロンガ(24)を獲得したことを発表した。 ▽アソモバロンガは、ワトフォードの下部組織で育ち、2011年にプロ契約を果たした。その後、ウェルドストーンFC、ブレントリー・タウンなどへローン移籍、ピーターバラ・ユナイテッドへの完全移籍を果たした後、2014年8月にノッティンガム・フォレストへ加入。昨シーズンは、チャンピオンシップで32試合に出場し、14ゴール1アシストを記録した。 ▽ノッティンガム・フォレストへの加入が決定したアソモバロンガは、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「このクラブの皆とトレーニングするのが待ちきれないね。移籍が完了して嬉しいよ。これでこれからのことに集中できるよ」 「監督に会って、来シーズンの準備をすることが楽しみだよ。素晴らしい気分だ。ここに来た時からこの選択が正しいと感じたね」 「フォレストのファンに対してお礼が言いたいよ。特に負傷したときのことにね。彼らは僕にチャンピオンシップでチャンスを与えてくれたんだ。彼らには感謝しているし、健闘を祈っている」 2017.07.18 10:32 Tue
twitterfacebook
thumb

スウォンジーのU-21ウェールズ代表DFコナー・ロバーツがミドルズブラへレンタル移籍

▽スウォンジーは14日、U-21ウェールズ代表DFコナー・ロバーツ(21)をミドルズブラへレンタル移籍することを発表した。期間は1年間となっている。 ▽C・ロバーツはスウォンジーの下部組織出身で、2014年の夏にトップチームに昇格。しかし、同クラブでは出場機会を得られず、リザーブチームのスウォンジーU-23でプレー。2015-16シーズンは、イングランド4部に所属するヨービル・タウンにレンタル。 ▽さらに2016-17シーズンは、イングランド3部に所属するブリストルにレンタル移籍で加入し、公式戦5試合に出場。また、U-19からウェールズ代表に選出され始めたC・ロバーツは、U-21欧州選手権2017予選のルーマニア代表戦でU-21ウェールズ代表デビューを飾った。 2017.07.15 00:43 Sat
twitterfacebook
thumb

2部降格のミドルズブラ、昇格組ブライトン関心のデンマーク代表FWを獲得!

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラは13日、トゥールーズからデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイト(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』は、今回の移籍金が900万ポンド(約13億2000万円)になったと伝えている。 ▽2013年に母国のエスビャウからトゥールーズに加入したブラースヴァイトは、センターフォワードと左ウイング、セカンドストライカーを主戦場とする突破力とスピードに長けたアタッカー。2016-17シーズンはセビージャに旅立ったフランス人FWウィサム・ベン・イェデルに代わって、エースとしてプレーし、リーグ戦34試合に出場し、11ゴール3アシストの記録を残していた。 ▽今夏の移籍市場では新シーズンからプレミアリーグに昇格するブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンやボーンマスが獲得に動いていたといわれているが、新天地は1年でのプレミア復帰を目指すボロとなった。 2017.07.14 03:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスがミドルズブラDFバラガンを買い取りOP付きのレンタルで獲得

▽ベティスは6日、ミドルズブラからスペイン人DFアントニオ・バラガン(30) を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ▽リバプールやデポルティボ、バジャドリーなどでプレーした経験を持つバラガンは、2016年の夏に5シーズンを過ごしたバレンシアからミドルズブラに加入。2016-17シーズンは主力としてリーグ戦27試合に出場していた。 ▽なお、2シーズンぶりのリーガエスパニョーラ復帰となるバラガンは、これまでリーガ通算153試合の出場経験がある。 2017.07.07 01:05 Fri
twitterfacebook
thumb

積極補強のマインツ、デンマーク代表FWフィッシャー獲得! またしても武藤のライバルが到着

▽マインツは28日、ミドルズブラからデンマーク代表FWビクトル・フィッシャー(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は14。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽マインツへの加入が決定したフィッシャーは、クラブ公式サイトでドイツでの新たな挑戦に意気込んでいる。 「スポーツ・ディレクターのルーヴェン・シュレーダーと監督のサンドロ・シュワルツが、マインツ加入に向けて熱心な説得をしてくれたんだ。ここは僕が再びサッカーを楽しむのに最適なクラブだ。この街は美しく、素晴らしいスタジアムがある。できるだけ早くこのクラブとチームの一員となり、調子を整えて自分が持つ攻撃的な特長を披露したいと思っている」 ▽また、フィッシャー獲得に成功したルーヴェン・シュレーダーSD(スポーツ・ディレクター)は、「彼は大きな可能性を持つ非常にエキサイティングなプレーヤーだ。彼は技術が高くトリッキーなアタッカーであり、チームの攻撃の質を向上させてくれると思っている」と、満足感を示している。 ▽2012年にアヤックスでプロキャリアをスタートしたフィッシャーは、在籍4年間で公式戦111試合に出場し、33ゴールを記録。2012-13シーズンと2013-14シーズンには、リーグ優勝に貢献していた。 ▽本職の左ウイングに加え、2列目を主戦場とする突破力とチャンスメークに優れた若きアタッカーは。2016年夏にミドルズブラへ完全移籍を果たすが、同クラブではリーグ戦13試合の出場でノーゴールと厳しいシーズンを過ごした。 ▽なお、デンマーク代表では15試合に出場し、3ゴールを挙げている。 2017.06.29 02:40 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース