超ワールドサッカー

降格圏の19位に低迷するミドルズブラがカランカ監督を解任! 3年半の在任で昨季はプレミア昇格に導く2017.03.16 22:22 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミドルズブラは16日、アイトール・カランカ監督(43)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

▽成績不振を理由にミドルズブラを去ることになったカランカ監督は、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「私に素晴らしいチャンスを与えてくれたミドルズブラと、プレーヤーたちに感謝したい。同時に素晴らしいサポートを見せてくれたファンたちにも感謝を示したい」

「このクラブは今後も私にとって特別な場所であり続ける。また、ミドルズブラの将来が素晴らしいものであることを願っている」

▽現役時代にDFとしてビルバオやレアル・マドリーで活躍したカランカ監督は、2010年から古巣レアル・マドリーでジョゼ・モウリーニョ監督のアシスタントコーチを務め、指導者としてのキャリアを本格的にスタート。その後、2013年11月から当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたミドルズブラの監督に就任。就任3年目となった2015-16シーズンのリーグ戦を2位で終え、同クラブをプレミアリーグ昇格に導いた。

▽だが、プレミア復帰1年目となった今季は、恩師モウリーニョ仕込みの組織的な守備を武器に、27節終了時点で30失点と堅守を誇った一方、リーグ最少の19得点と深刻な得点力不足に苦しみ、直近のリーグ戦10試合は6敗4分けと大不振に陥っていた。そして、降格圏の19位に転落した状況を受け、クラブは11日に行われたFAカップ準々決勝のマンチェスター・シティ戦(0-2で敗戦)後にカランカ監督の更迭を決断した。

▽また、ミドルズブラはカランカ監督の退任を受け、アシスタントコーチのスティーブ・アグニュー氏(51)が暫定指揮官を務めることを併せて伝えている。

▽なお、アグニュー新体制で残留を目指すミドルズブラの初陣は、18日にホームで行われるプレミアリーグ第29節のマンチェスター・ユナイテッド戦となる。

コメント

関連ニュース

thumb

降格ミドルズブラ、元スワンズ指揮官のモンク監督を招へい

▽ミドルズブラは9日、ギャリー・モンク監督(38)を招へいしたことを発表した。契約期間は明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば3年とのことだ。 ▽2016-17シーズン、チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズを率いたモンク監督は7位でフィニッシュ。しかし、5月25日にオーナーの交代もあって辞任していた。 ▽それ以前は選手兼監督としてスウォンジーで2014年2月から2015年12月まで指揮。2014-15シーズンはプレミアリーグで8位と好結果を残していた。 ▽2016-17シーズン、プレミアリーグに昇格したミドルズブラはわずか5勝に終わり、19位でチャンピオンシップに降格していた。 2017.06.10 00:21 Sat
twitterfacebook
thumb

降格ミドルズブラ、V・バルデス&グザンの両ベテランGKが退団…

▽ミドルズブラは24日、元スペイン代表GKビクトール・バルデス(35)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 ▽バルセロナでの数々の栄光、マンチェスター・ユナイテッドでの不遇の時代を経て、昨夏に2年契約でミドルズブラに加入したバルデスは、シーズン終盤に肋骨の負傷で離脱するまでリーグ戦28試合に出場していた。だが、今季を19位で終えたクラブの降格を受けて、契約を解除して今季限りでの退団となった。 ▽また、ミドルズブラは同日、アメリカ代表GKブラッド・グザン(32)の今季限りでの退団を発表。昨夏、アストン・ビラから加入したグザンは今季の公式戦14試合に出場していた。なお、同選手の新天地はメジャーリーグサッカー(MLS)のアタランタ・ユナイテッドになることが、併せて伝えられている。 2017.05.25 00:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥムの値千金弾含む3発で快勝のリバプールが4位フィニッシュ! 来季CL出場権を獲得《プレミアリーグ》

▽リバプールは21日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ最終節でミドルズブラと対戦し、3-0で快勝した。この結果、今シーズンの4位フィニッシュが決定し、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に成功した。 ▽前節、苦手ウェストハムとのアウェイゲームで大勝を収め、4位の座を死守したリバプール(勝ち点73)は、5位アーセナル(勝ち点72)と3位マンチェスター・シティ(勝ち点75)との三つ巴のトップ4争いの中、CL出場権獲得を目指し、ホーム最終戦で既に降格が決定した19位ミドルズブラ(勝ち点28)を迎え撃った。クロップ監督は勝ち点3が必須となるこの一戦に向けて、ウェストハム戦から負傷明けのフィルミノをオリジに代わって起用した以外同じメンバーを起用した。 ▽アンフィールドの大歓声を後押しに立ち上がりから攻勢に出るリバプールは、開始6分にタイミング良くボックス内に飛び出したクラインが際どいシュートを放つなど、いきなり決定機を作る。 ▽だが、時間の経過と共に相手の粘り強い守備とトップ4のプレッシャーに晒され始めたリバプールは、ボールを保持するものの最後の場面で精度を欠き、なかなかチャンスを作れなくなる。逆に、ゴール前に抜け出したバンフォードをDFロブレンが後方から倒し、あわやPK献上というピンチも招いた。 ▽その後、33分にはボックス内でコウチーニョのパスを受けたスタリッジに決定機が訪れるも、右足の反転シュートは枠の右に外れ、再三の決定機逸に苛立つクロップ監督の表情もどんどん険しくなる。 ▽だが、このままゴールレスで前半終了かと思われた前半アディショナルタイム1分、ようやくゴールをこじ開ける。ボックス手前右でフィルミノの絶妙なワンタッチパスに抜け出したワイナルドゥムがやや角度のないところから右足を強振。この強烈なシュートがニアサイドを射抜き、待望の先制点となった。 ▽ワイナルドゥムの値千金の先制点でようやく重圧から解放されたリバプールは、後半立ち上がりに畳みかける攻めでゴールを重ねる。 ▽まずは51分、ボックス手前中央の好位置で得たFKの場面で名手コウチーニョが右足を振り抜くと、壁の間を抜けたボールがゴール左隅に吸い込まれ、追加点を奪取。さらに、56分にはワイナルドゥムが頭でスラしたボールに抜け出したララナがボックス左から冷静に左足のシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽これで勝利をほぼ決めたリバプールは、大歓声を送るスタンドに呼応するように、精彩を欠くミドルズブラを圧倒。だが、やや強引なフィニッシュが目立ち、4点目とはならず。それでも、試合終盤にフィルミノ、スタリッジ、ミルナーと主力を下げてきっちり試合を締めくくったホームチームが、3-0で快勝。同時刻に行われた試合でシティが勝利したため、逆転でのCLストレートインは逃すも、5位アーセナルの猛追を退け、4位フィニッシュを決めた。この結果、来シーズンのCL出場権確保に成功した。 2017.05.22 01:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ミドルズブラ、クラブ史上4度目の降格決定...監督交代も実らず

8日にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー戦に0-3で敗れたミドルズブラは、プレミアリーグが始まって以降4度目となるチャンピオンシップへの降格が決まった。<br><br>負ければ降格が決まる一戦に臨んだミドルズブラだったが、前半にFWジエゴ・コスタ、MFマルコス・アロンソ、後半にもMFネマニャ・マティッチにゴールを許し、万事休す。ミドルズブラは2015-16シーズン、チャンピオンシップで2位に入り、プレミアリーグへの挑戦権を掴んだが、わずか1年足らずでの降格が決定した。<br><br>シーズン序盤はサンダーランドにアウェイで勝利するなど開幕3試合で1勝2分けとアイトール・カランカ監督の下、まずまずのスタートを切る。またリーバーサイド・スタジアムでは、クリスマスまでに3勝を挙げ、プレミアリーグ復帰1年目としては好成績でシーズンを折り返した。しかしボクシングデイの12月26日に行われたバーンリー戦に0-1で敗れて以降、12試合で4ゴールのみと重度の得点欠乏症に悩まされていた。<br><br>そして、チームは降格圏に沈み、FAカップ準々決勝でマンチェスター・シティに屈した後の3月16日に、クラブ首脳陣がカランカ監督の更迭に踏み切った。その後、スティーブ・アグニュー監督に指揮を任せたが、立て直すことはできなかった。就任してからの9試合で、勝利を飾ったのはサンダーランド戦のみとなり、8日にチャンピオンシップへの降格が決定した。<br><br>提供:goal.com 2017.05.09 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

D・コスタの今季20点目などで快勝チェルシーが2年ぶり優勝に王手! 敗れたボロは1年で降格…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第36節、チェルシーvsミドルズブラが8日にスタンフォード・ブリッジで行われ、チェルシーが3-0で快勝した。 ▽前節、優勝への最大の関門と目されていた敵地でのエバートン戦を3-0で快勝した首位チェルシー(勝ち点81)は、2位トッテナム(勝ち点77)との4ポイント差をキープ。すると、今節では金曜開催となったウェストハム戦でトッテナムが敗れたため、勝ち点差を7ポイントに広げる絶好のチャンスを得た。この試合で敗れると降格が決定する19位ミドルズブラ(勝ち点28)をホームに迎えたコンテ率いるチームは、エバートン戦から負傷のカンテに代えてセスクを起用した以外、同じメンバーを起用した。 ▽試合は開始早々にチェルシーが決定機を作る。2分、右サイドでセスクが浮き球のクロスを入れると、これをボックス左に走り込んだマルコス・アロンソが左足のダイレクトボレーで合わせる。だが、GKグザンが何とか触ったボールはクロスバーを叩き、電光石火の先制点とはならず。 ▽その後も相手を押し込むチェルシーは、右サイドや中央で作ってアザールとマルコス・アロンソの左サイドで仕留める形の仕掛けが機能。20分にはセスクの浮き球パスに抜け出したアザールがボックス左でGKとDFを引き付け、ファビオの股間を抜く折り返しで決定機を創出も、ここはジエゴ・コスタが押し込めない。しかし、この直後にジエゴ・コスタがゴールをこじ開ける。 ▽23分、バイタルエリアでボールを持ったセスクがジエゴ・コスタの動き出しに合せて絶妙な浮き球のスルーパスを供給。これはDFファビオに触られるもボールがそのままゴール前のジエゴ・コスタの足元に渡ると、スペイン代表FWは冷静にGKグザンの股間を抜いた。 ▽ジエゴ・コスタの今季リーグ20点目でリードを手にしたホームチームは、畳みかける攻めで追加点を狙う。すると34分、バイタルエリア右でセスクから横パスを受けたアスピリクエタが同胞MFを彷彿とさせる絶妙な浮き球パスをボックス左に走り込むマルコス・アロンソに通すと、角度のないところからマルコス・アロンソが放った左足のシュートがGKグザンの身体に当たってゴールネットに吸い込まれた。 ▽この貴重な追加点で完全に流れを掴んだチェルシーは、残留に向けて勝ち点1以上が必要なアウェイチームを一方的に押し込む。再三最終ラインの裏を取ってはモーゼスやアザールらに3点目のチャンスが訪れるが、相手GKグザンの粘り強い守備もあり、2-0のまま試合を折り返した。 ▽後半に入ってもエンジン全開のチェルシーは、開始直後にペドロがクロスバー直撃のシュートを放つなど、いきなり3点目に迫る。その後もセットプレーの流れからケイヒルやセスクがゴールに迫っていく。 ▽一方、いよいよ降格が現実味を帯びてきたミドルズブラは57分、フォーショーとアダマ・トラオレを下げて、リードビッターと古巣対戦のバンフォードを投入する2枚替えを敢行。だが、この交代から数分後の65分に右CKの流れからセスクのパスをボックス右で受けたマティッチが冷静にGKグザンの股間を抜くシュートで試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、アザール、ペドロ、ダビド・ルイスの主力3選手を下げて、今季限りでの退団が決定しているテリーやウィリアン、チャロバーをピッチに送り出し、試合を締めにかかったチェルシーは、前節のエバートン戦に続き3-0のスコアで完勝。2位トッテナムとの勝ち点差を7ポイントに広げたチェルシーは、12日に敵地で行われるWBA戦での勝利で2年ぶりのプレミアリーグ制覇が決定することになった。一方、敗れたミドルズブラは1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 2017.05.09 05:50 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース