C大阪の一員としてW杯予選に臨むMF清武弘嗣「セレッソのエンブレムを背負って蛍と一緒にUAE戦に向かいたい」《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.16 21:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月3月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽日本代表に選出されたセレッソ大阪のMF清武弘嗣がクラブを通じてコメント。UAE戦への意気込みを語るとともに、C大阪の代表として戦うことを誓った。

◆MF清武弘嗣(セレッソ大阪)
「しっかり気合を入れて借りを返さないといけないと思いますし、大事な試合になるので絶対に勝ちたいと思います。強いチームとの対戦が残っていて、UAE との試合は引き分けでは良くないので、勝点3を目指していきたいです」

「しっかりとまずは土曜日(鳥栖戦)に戦ってしっかり勝って、このチームでワールドカップを目指すと思うので、セレッソの一員として、セレッソのエンブレムを背負って(山口)蛍と一緒にUAE戦に向かいたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

【アンケート結果】ユーザー選定MOMにFW久保裕也! DF長友佑都やFW本田圭佑に厳しい採点

▽超WS有料版で実施していた28日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽試合は8分にMF香川真司、19分にFW岡崎慎司のゴールで日本が2点をリード。後半にもFW久保裕也、DF吉田麻也のゴールで加点し、同勝ち点のサウジアラビア代表を得失点差で交して首位に浮上しました。 ▽ユーザー投票の結果を見ると、先のUAE代表戦に続くゴールと2アシストを記録したFW久保裕也が【7.5】の最高評価。最低はPK献上など精彩を欠いたDF長友佑都の【4.7】となりました。 ◆タイ戦のユーザー採点結果 GK 川島永嗣 6.9 DF 酒井宏樹 5.3 吉田麻也 6 森重真人 5.1 長友佑都 4.7 MF 山口蛍 5.3 酒井高徳 5.2 香川真司 6.1 →清武弘嗣 5.6 FW 久保裕也 7.5 →宇佐美貴史 - 岡崎慎司 6.3 原口元気 5.6 →本田圭佑 4.8 監督 ハリルホジッチ 5.8 ◆皆様の声(一部) ・久保選手、本当によくやった!! 今回のように若手にどんどん活躍していって欲しい。 ・大勝したが、川島選手のおかげで助かった試合 ・大きな前進 ・PKストップの一点が大きい、川島は仕事しましたね ・勝てて当たり前、浮かれたらあかん! ・久保選手最高でした。今の代表に無くては成らない選手、他の選手の刺激されて、いい試合を見せて下さい。頑張れ日本代表 ・最終予選では流れを変える選手が必ず現れる ・快勝なんだけど今後の相手を考えると今の守備だと不安 ・残り全勝で ・タイ相手に流れの悪い時間が多過ぎ。次の試合からは守備の対策とらないと不安 2017.03.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

デンプシーが2戦連発でアメリカ先制もパナマに追いつかれドロー《ロシアW杯北中米予選》

▽現地時間28日にロシア・ワールドカップ(W杯)北中米最終予選第4節のパナマ代表vsアメリカ代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで3試合で1勝1分け1敗の3位につけているパナマと、前節のホンジュラス代表戦で最終予選初勝利を挙げた4位のアメリカが対戦した。 ▽試合は39分、相手DFの処理ミスを突いてプリシッチがボールを奪うと、ボックス内を巧みに仕掛け中央へパス。これをデンプシーが蹴り込み、アメリカが先制する。 ▽先制を許したパナマだったが43分、右サイドからのロングスローを入れると、ボックス内での競り合いのこぼれ球を素早く反応したガブリエル・ゴメスが蹴り込み、すぐさま同点に追いつく。 ▽1-1で迎えた後半は互いに攻め合う展開が続く。アメリカはプリシッチやデンプシー、ジョーンズらがパナマゴールを脅かすも、守備陣の体を張った対応にゴールを奪えない。 ▽パナマは79分にチャンス。ボックス手前からミドルシュートを狙うも、GKハワードがセーブする。さらに87分にもパナマがビッグチャンス。ボックス中央で折り返しを受けたテハダがシュートも、枠を大きく外してしまう。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 パナマ 1-1 アメリカ 【パナマ】 ガブリエル・ゴメス(前43) 【アメリカ】 デンプシー(前39) 2017.03.29 14:03 Wed
twitterfacebook
thumb

ペルー、スアレス復帰のウルグアイに逆転勝ち《ロシアW杯南米予選》

▽日本時間29日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第14節のペルー代表vsウルグアイ代表は、ホームのペルーが2-1で勝利した。 ▽2試合で白星から遠ざかる8位のペルーと、2連敗中で3位のウルグアイが激突。足踏みが続くウルグアイは、前節のブラジル代表戦を出場停止で欠場したスアレスが復帰した。 ▽試合が動いたのは30分。後方からの浮き球に反応したスアレスが相手を背にしながらボックス右にラストパスを送ると、フリーのカルロス・サンチェスが右足のボレーシュートを流し込んだ。 ▽しかし、ペルーはすかさず同点。自陣左サイドからのロングフィードに前線で反応したゲレーロがゴディンとの攻防を制すと、そのまま右足のシュートを沈めた。 ▽同点に追いついたペルーは、同点で試合を折り返すと、62分に勝ち越し。右サイドからのクロスを中央のゲレーロがうまく落とし、すぐ側にいたフローレスが左足で叩き込んだ。 ▽反撃に出たいウルグアイは76分、途中出場のウレタビスカヤのボール奪取からカウンターを発動。しかし、ボール奪取時にハンドがあったとして、ウレタビスカヤがこの試合2度目の警告で退場となる。 ▽10人の数的不利に陥ったウルグアイは、リスクを覚悟で前がかりとなるが、最後までゴールが遠く、痛恨の3連敗。勝利したペルーは3試合ぶりの白星を手にした。 2017.03.29 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、ネイマール、マルセロ弾のブラジルがパラグアイに快勝で8連勝《ロシアW杯南米予選》

▽日本時間29日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第14節のブラジル代表vsパラグアイ代表は、ホームのブラジルが3-0で勝利した。 ▽破竹の7連勝で首位に立つブラジルと、前節2試合ぶりの白星で7位につけるパラグアイが激突した。ブラジルは、前節のウルグアイ代表から先発を1人のみ変更。立ち上がりからボールの主導権を握ったブラジルだったが、パラグアイの組織的な守備攻略に手を焼く。 ▽それでも、ブラジルは36分、右サイドから斜めにドリブルを仕掛けたコウチーニョがバイタルエリア中央のパウリーニョとのワンツーで相手の守備ブロックを攻略。左足のシュートを放つ。これがゴールマウスの左下に吸い込まれ、ブラジルが先制する。 ▽1点リードで試合を折り返したブラジルは、51分にドリブルでボックス左に侵攻したネイマールが相手のファウルを受けてPKのチャンスを獲得。しかし、キッカーに名乗りを上げたネイマールのシュートは相手GKに読まれて追加点のチャンスを不意にしてしまう。 ▽それでも、ブラジルの絶対的エースが、64分に個人の力で汚名返上。左サイドからドリブルを仕掛けて突破すると、そのままゴール前まで持ち上がり、右足のシュートでネットを揺らした。 ▽これで完全に勢いづいたブラジルは、86分、味方のパスワークから3人目の動き出しでボックス左に抜け出したマルセロがトドメの一発。パラグアイに快勝したブラジルが破竹の8連勝を飾った。 2017.03.29 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

トリニダード・トバゴ撃破のメキシコが2連勝《ロシアW杯北中米カリブ海予選》

▽現地時間28日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選第4節のトリニダード・トバゴ代表vsメキシコ代表は、アウェイのメキシコが1-0で勝利した。 ▽第3節終了時点で2勝1分けの勝ち点7で首位のメキシコが5位に位置するトリニダード・トバゴのホームに乗り込んだ。 ▽エルナンデスやエクトル・エレーラらを先発起用したメキシコ。試合の立ち上がりから前に圧力をかけていくが、ゴールを割ることができない。 ▽それでも、ゴールレスで後半を迎えたメキシコは58分、右CKのチャンスからディエゴ・レジェスがヘディングシュート。メキシコが均衡を破る。 ▽その後も試合をコントロールしたメキシコが1点のリード守り抜きトリニダード・トバゴを撃破。予選2連勝で首位の座を守った。 2017.03.29 09:52 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース