UAEへのリベンジ狙う浦和GK西川周作「ホームで負けた借りを」《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.16 16:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月3月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽引き続き日本代表に選出された浦和レッズのGK西川周作がクラブを通じてコメント。アジア最終予選の初戦で敗れたUAE代表への雪辱を誓った。

◆GK西川周作(浦和レッズ)
「アジア最終予選を戦う日本代表に選出していただき、大変光栄に思います。まずはUAE代表との厳しいアウェイでの戦いがありますが、ホームで負けた借りを返したい思いが強いです。そして良い流れでホーム埼スタでのタイ代表戦に臨みたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

ズラタン不在で問題なし? スウェーデン代表GK「W杯に連れて行くかどうかは監督が決めることだけど…」

▽ギャンガンに所属するスウェーデン代表GKカール=ヨハン・ヨハンソンは、代表復帰を示唆するロサンゼルス・ギャラクシーのFWズラタン・イブラヒモビッチがいなくてもロシア・ワールドカップで十分戦えると主張している。『the Score』が伝えた。 ▽今冬にLAギャラクシーに加入し、新天地でもストライカーとして活躍し続けるイブラヒモビッチ。2016年6月に代表から退いている同選手だが、最近「俺がワールドカップ(W杯)でプレーする可能性が急上昇している」と自身のツイッター(@Ibra_official)で明かしたり、アメリカの放送局『ABC』の番組で「俺はW杯に行くだろう。俺のいないW杯は、W杯ではない」と語るなど、3大会ぶり12度目のW杯出場となるスウェーデン代表への復帰を示唆している。 ▽そんな中、ロシアW杯欧州予選のメンバーに選出されていたK・ヨハンソンは、イブラヒモビッチ不在の代表でも欧州予選を勝ち抜けたことを主張し、同選手の代表復帰がなくても本大会で通用するとコメントしている。 「僕らはチームとして選手たち全員でコレクティブにプレーしている。ズラタン(・イブラヒモビッチ)は、人としても選手としても個人主義者だ。プレーが彼中心になる。今は彼がいなくなり、僕らはチームで結束してプレーしているんだ」 「彼をW杯に連れて行くかどうかは監督が決めることだ。それでも僕らは彼がいなくても欧州予選を突破して、W杯出場を決めたんだ。本大会でも彼なしでうまく戦えると思っているよ」 「もちろん、さっきも言ったように彼をチームに入れるかどうかは監督が決めること。もし代表に加わるなら、彼は良いプレーをするだろう。彼がしたいプレーのためにシステムを変えなくてはいけない。そんな大きな変更を監督が望んでいるかどうかは分からないけどね」 2018.04.20 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロ、ヒザを手術…ロシアW杯に間に合うか

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが手術を受けた。 ▽プレミアリーグ21ゴールをマークする活躍でリーグ制覇に貢献したアグエロ。だが、3月中旬に負傷したヒザの状況が芳しくなく、先発メンバーから外れており、ピッチに立っても途中出場という状況が続いている。 ▽そのアグエロは、7日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦でイングランド代表MFアシュリー・ヤングのタックルを受けて程度が悪化したため、手術に踏み切ったとみられている。 ▽アグエロは17日、自身のツイッター(@aguerosergiokun)を更新。「ヒザの関節鏡手術を受けて回復を待っているところだ。すぐにピッチに戻りたいというモチベーションに満ち溢れているよ」とつぶやいている。 ▽これを取り上げたイギリス『FourFourTwo』によれば、同術後の一般的な全治は1カ月程度。ロシア・ワールドカップは6月14日に開幕し、アルゼンチン代表は17日にグループステージ初戦のアイスランド代表戦を迎える。 2018.04.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、ロシアW杯降臨を予告か

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが代表電撃復帰をほのめかした。 ▽今冬に渡った新天地アメリカでも出色のストライカーとして活躍を続けるイブラヒモビッチ。2016年6月に代表から一線を引いた36歳のストライカーだが、スウェーデン代表が3大会ぶり12度目のワールドカップ行きを決めた現在、代表通算116試合62ゴールの男に対する復帰待望論が後を絶えない。 ▽そして、渦中のイブラヒモビッチは15日、自身のツイッター(@Ibra_official)を更新。注目が集まる代表復帰の可能性について、次のように含みをもたせている。 「俺がワールドカップでプレーする可能性が急上昇している。#FifaWorldCup2018」 2018.04.16 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

喧嘩のために訓練…ロシアのフーリガンに要警戒! 過去にはイングランドサポと大乱闘

▽2018年のワールドカップ(W杯)開催地であるロシア。その広大な土地にはある危険なサッカーファンが潜んでいるようだ。イギリス『エクスプレス』が警告している。 ▽記事によると、ロシアの過激なサッカーファンは世界中のサポーターの到着を待ちつつ、トレーニングを行っているという。そのトレーニングとは、なんと喧嘩のためのトレーニングだ。なんでも、ロシアの中でも悪質なフーリガンは、喧嘩を楽しみにしてスタジアムを訪れており、相手サポーターに拳で勝つことを誇りとしているそう。 ▽そのことが有名になったのは、2016年に開催されたユーロでのこと。イングランド代表との対戦が決まっていたロシアのフーリガンは、トレーニングを重ねた精鋭150人を開催地マルセイユに送り込み、イングランドのファンと大乱闘を起こし、地獄を見せた。その乱闘では35名が負傷し、逮捕者は約20名に上っている。 ▽このこともあり、イングランド側はロシアのフーリガンをこれ以上なく警戒。イングランドの警察当局は「現在ロシアに滞在中か、数週間以内に旅行する予定がある場合は、警戒を怠らず、抗議やデモを避けること。政治的なコメントはしないようにしてください」と注意を喚起していた。 2018.04.14 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

元FIFA会長のブラッター氏がVAR導入に物申す「あまり賢明ではない」

▽汚職により会長職を追放された元国際サッカー連盟会長のゼップ・ブラッター氏が、ロシア・ワールドカップでのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)導入に意見した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2015年、汚職容疑により8年間の職務停止処分を受けていたブラッター氏。その後任のジャンニ・インファンティーノ会長は、3月にロシア・ワールドカップでVARを採用することを承認したと発表していた。 ▽しかし、ブラッター氏はこの決断に物申したいようで、あまり良い判断だとは思っていないと語った。 「私のようなサッカーのピュリスト(純粋主義者)にとって、それは早すぎる革新だと考える」 「レフェリーのほとんどは、このシステムを一度も使ったことがない。ワールドカップに行き、ワールドカップでこのシステムを取り入れることは、あまり賢明だとは思わない」 「私はあまり快適には感じないし、間違いなく、観客が快適に感じることはないだろう」 2018.04.12 22:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース