超ワールドサッカー

FC東京移籍後初代表招集のGK林彰洋「最大限のパワーを出す」《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.16 15:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月3月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽日本代表に選出されたFC東京のGK林彰洋がクラブを通じてコメント。移籍後初の代表選出を喜んだ。

◆GK林彰洋(FC東京)
「まずは、日本代表に選出していただいたことを感謝したいと思います。自分の持っている最大限のパワーを出し、チームに還元できるようにしたいと思います。日本を勝利に導き、ワールドカップに出場できるよう、みんなで力を合わせて戦います」

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】豪州は恐れる相手ではないが日程に問題あり

▽日本人は、というよりサッカーファンは、ペシミスト(悲観主義者)が多いような気がする。ロシアW杯アジア最終予選でイラクと引き分けたことで、本大会に行くためにはホームのオーストラリア戦かアウェーのサウジアラビアでの勝利が必要になった。 ▽2チームとも楽な相手ではない。しかしながら現在のオーストラリアは、ボールポゼッションを高めたパスサッカーを展開してくる。「オレたちも以前のキック・アンド・ラッシュではなく、バルセロナのようなサッカーができるんだぜ」といった感じでボールを回して来る。そんな相手に昨年10月のアウェーでは、意図的にオーストラリアにパスを回させながら、ショートカウンターから先制した。 ▽残念ながらPKから追いつかれたものの、日本にとってはフィジカルを前面に出したキック・アンド・ラッシュの方が怖い。日本の失点パターンのほとんどは、ロングボールやドリブル突破からのカウンターが多いだけに、オーストラリアがパスサッカーをやってくれれば勝機も広がるというもの。 ▽そんなに恐れる相手ではないと思う。 ▽ただし、気になるのは日程だ。オーストラリア戦は8月31日だが、UAE対サウジ戦は8月29日、そしてサウジ対日本戦は9月5日。サウジは中6日で、なおかつ移動距離も短く時差もない。それに対し日本は中4日で時差や長距離移動を強いられる。 ▽JFA(日本サッカー協会)としては日程の変更も視野に入れているそうだが、FIFA(国際サッカー連盟)の設定した、選手を拘束できるインターナショナルウインドーは8月28日から9月5日まで。サウジと同じように8月29日にオーストラリア戦を迎えるとしたら、海外組は招集翌日に本番だし、国内組もJ1リーグが26日にあるため、中2日の強行軍となる。 ▽理想的なのは、海外組の招集を早めてもらうよう各クラブと交渉し、J1リーグの日程は変更した上での29日開催だ。そのための交渉やネゴシエートを誰がするのかというと、西野技術委員長になるのだろうが、リオ五輪で久保や南野の招集に尽力した霜田元NTDの辞任は痛いと言わざるを得ない。 ▽さらに9月5日のサウジ戦にも懸念材料はある。サウジは初戦のタイ戦を首都リアドのキング・ファハド国際スタジアムで開催したが、その後の3試合をジェッダのキング・アブドゥラ・スポーツシティで開催している。もしもジェッダで日本戦が行われるとなると、オシム・ジャパン時代の06年のアジアカップ予選以来(0-1)だが、問題は開催日時だ。 ▽というのもイスラム教徒にとって最大の儀式である聖地メッカへの大巡礼である「ハッジ」が、今年は8月30日夕方から9月4日に掛けて開催される。昨年は世界から200万人が訪れたそうだが、ジェッダはメッカへの玄関口となっているため、かなりの混乱が予想される。 ▽サウジ戦がロシアW杯への大一番となったら、多くのサポーターが観戦を希望するかもしれないが、試しに8月31日から9月5日までジェッダのホテルをチェックしたら、すでに多くのホテルが予約で埋まっていた。そして一番安いアパートメントホテルで6泊したら、約7百20万円という値段。1泊100万円以上の出費を覚悟しなければならない。これは、かなりハードルの高い試合と言わざるを得ない。開催都市がリアドになることを祈るしかないだろう。 <hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.06.15 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表が決断、シュティーリケ監督を解任

▽韓国サッカー協会(KFA)は15日、ウリ・シュティーリケ監督(62)を解任したことを発表した。 ▽シュティーリケ監督は過去にスイス代表やコートジボワールの指揮官を歴任。2014年9月から韓国代表を率い、2015年のアジアカップでチームを7大会ぶりの決勝進出に導くなど手腕が光った。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では苦戦中。現在、本大会ストレートインのグループA2位につけているものの、3位のウズベキスタン代表とわずか1ポイント差の2位と苦しんでいる。 ▽また、13日に行われたロシアW杯アジア最終予選第8節で最下位のカタール代表に2-3の敗北。33年ぶりの対カタール戦黒星により、国内で周囲から批判的な見方が強まっていた。 ▽なお、監督交代という苦渋の決断を下した韓国は、ロシアW杯アジア最終予選の残り2試合で、すでに本大会行きを決めた首位のイラン代表、3位につけるウズベキスタン代表と対戦する。 2017.06.15 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】結果はドローも、新世代のプレーに見えた光明

▽灼熱のピッチ、ケガ人に悩まされるスクランブル状態の中、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨んだ。残り2試合の相手がオーストラリア代表(グループ3位)、サウジアラビア代表(グループ2位)ということを考えれば、勝ち点3を持ち帰りたかったはずだ。しかし、結果は1-1のドロー。最低限の勝ち点1を持ち帰るに留まった。 ▽この試合に向けては、7日に行われたシリア代表とのキリンチャレンジカップ2017で左肩を脱臼したMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)を始め、追加招集されたFW宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)が離脱。さらに、シリア戦で負傷したMF山口蛍(セレッソ大阪)が全体メニューをこなせないなど、ケガに悩まされた。 ▽その結果、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は3月のUAE代表戦やシリア戦で試した[4-3-3]ではなく、[4-2-3-1]を採用。システムの変更だけでなく、ダブルボランチにMF遠藤航(浦和レッズ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)のリオ・デジャネイロ五輪コンビを起用。トップ下にFW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)を配置し、右にFW本田圭佑(ミラン/イタリア)、左にFW久保裕也(ヘント/ベルギー)、1トップにFW大迫勇也(ケルン/ドイツ)を配置した。 ▽厳しい環境に加え、新たな布陣を試した日本代表。試合中にも負傷者が続出するエクスキューズもあり、引き分けに終わったことは残念ではあるが、光明も見えたように思う。 <span style="font-weight:700;">◆本来のパフォーマンスを見せた昌子源</span> ▽シリア戦では久々の代表戦、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)との初コンビなど、イレギュラーな要素もあり不安定な立ち上がりとなったDF昌子源(鹿島アントラーズ)。しかし、イラク戦では鹿島で見せているパフォーマンスに近いものを発揮することができていた。 ▽持ち味である一対一の強さは試合中に何度も見せ、ロングボールで裏を狙ってくるイラクに対し、しっかりと対応していた。また、同サイドのDF長友佑都(インテル/イタリア)や久保、そしてボランチの遠藤、井手口に対しても試合中に声をかけ、ポジショニングの修正を図っていた。まだまだ代表キャップは少ないものの、今回招集外となったDF森重真人(FC東京)のポジションを脅かす存在になることは間違いないだろう。センターバックの序列が変わる可能性を感じさせた。 <span style="font-weight:700;">◆ダブルボランチを務めた遠藤航&井手口陽介のリオコンビ</span> ▽今回のメンバーには遠藤、井手口、さらにGK中村航輔(柏レイソル)、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)とリオ五輪メンバーが招集。また、同世代のDF三浦弦太(ガンバ大阪)も招集されており、新たな世代がA代表に関わるようになった。 ▽遠藤は、2006年6月のキリンカップサッカーのボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦以来1年ぶりの出場。井手口はシリア戦に続き出場となり、初先発を果たしたが、両選手が見せたパフォーマンスは結果以上にポジティブに捉えても良いだろう。 ▽互いに守備を意識した入りとなり、遠藤は後方に構えてバランスを、井手口は豊富な運動量でボールを奪いにピッチを走り回った。序盤は2人のポジショニングが安定せず、バイタルエリアを空けてしまうシーンも見られたが、徐々にアジャスト。井手口が攻撃面でも良いプレーを見せ始めた矢先に、脳震とうで交代となってしまったことは残念だった。遠藤は失点シーンでパスを回されてしまった部分はあったものの、90分戦い切ったことは評価していいだろう。 ▽チームの安定剤だったMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)がケガで戦列を離れ、2番手だった山口も負傷欠場。MF今野泰幸(ガンバ大阪)も負傷離脱から復帰したばかりと、ボランチのポジションが手薄となっていた。そんな中での2人のプレーぶりは、世代交代を含めてこの先の日本代表にとっては光明と言えるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆2カ月半後の決戦へ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170614_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昌子、遠藤、井手口と新たな世代に起用の目処が立ったものの、残り2戦は総力戦で臨むことが必須だ。2カ月半後ともなれば、選手の状態やパフォーマンスなどは全く想像できない。海外組は移籍している選手も居るだろうし、国内組でも海外移籍を実現させている選手がいるかもしれない。ケガから復帰する選手もいれば、ケガをしている選手がいるかもしれない。どんな状況が待っているかは分からないが、新たな選手が計算できることはプラスだ。あとはハリルホジッチ監督がどの様な判断を下すのか。オーストラリア戦までの選手の状態を把握し、ロシアW杯出場権を掴むためにもしっかりとした決断を下してもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2017.06.14 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

カタール代表のフォサッティ監督が勝利した韓国戦後に辞任を発表…会談後に決定へ《ロシアW杯杯アジア最終予選》

▽カタールサッカー協会(QFA)は13日、カタール代表のホルヘ・フォサッティ監督(64)から辞任の申し入れがあったことを発表した。今後、会談を行い退任することになるとのことだ。 ▽ウルグアイ人指揮官のフォサッティ監督は、ウルグアイのペニャロールやパラグアイのセロ・ポルテーニョ、エクアドルのLDUキトなどで監督を歴任。2004年5月から2005年11月まではウルグアイ代表を指揮していた。2007年2月にカタール代表の監督に就任するも、2008年9月に退任。その後はブラジルのインテルナシオナルや、サウジアラビアのアル・シャーブ、カタールのアル・サッド、UAEのアル・アインなどを指揮。2016年9月から再びカタール代表の監督に就任していた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でグループAに入っているカタールは、グループ最下位。最終予選では6試合で指揮を執り、2勝1分け3敗の成績だった。13日に行われた第8節ではホームに韓国代表を迎えると、3-2で勝利。しかし、試合後に辞任を申し出たようだ。 2017.06.14 16:02 Wed
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】指揮官の采配に不満続出…最高点は先制点の大迫!!

▽超WS有料版で実施していた13日のロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選、イラク代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽この試合で勝ち点1以上を挙げれば、8月に埼玉スタジアム2002で行われるオーストラリア代表戦でW杯出場を決められる日本。8分にCKから大迫勇也が決めて幸先良く先制しました。しかし72分に痛恨の失点を喫すると試合はそのまま終了。追いつかれてしまった日本でしたが、何とかW杯出場に王手はかけました。 ▽酷暑の中で行われたアウェイゲームでしたが、追いつかれてのドローということもあり、全体の評価は低めとなっています。その中でも最高点は先制点を奪った大迫の【6.0】。一方で指揮官には批判が集中しており、レーティングでも【4.0】と最低点になっています。 ◆イラク戦のユーザー採点結果 GK 川島永嗣 4.8 DF 酒井宏樹 5.0 →酒井高徳 - 吉田麻也 4.6 昌子源 5.4 長友佑都 4.9 MF 井手口陽介 5.4 →今野泰幸 5.0 遠藤航 5.4 本田圭佑 5.5 原口元気 5.3 →倉田秋 4.7 久保裕也 4.9 FW 大迫勇也 6.0 監督 ハリルホジッチ 4.0 ◆皆様の声(一部) ・怪我人続出でプランが狂ったとはいえ、無策過ぎる。原口に代えて倉田はほんとに謎だった。交代枠を無駄に使っただけ。試合前からコンディション云々言っておいてこの采配は酷すぎ。あとDFラインとGKしっかり連携取れるようにしといて下さい。 ・ベンチワーク悪かった。負けなくて良かった。あと2戦、勝つしかない! ・負けてもおかしくない試合で勝ち点1は評価できるが監督の采配が? ここまできたら内容はどうでもいいから次のホームで必ず勝って決めてくれ。 ・勝てた試合を落とした感が強い。ケガ人多々が心配、やむ得ない事多かったが結果オーライとはならない。 ・この試合で勝ち点2を取りこぼしたのは確かに痛いが、いずれにせよあと1勝しなければならないことに変わりはないのだから。ただ一つ、原口の交替は倉田ではなく乾を起用して欲しかった。 ・ドローに終わったのは残念です。しかし、今回は選手、監督がどうこうよりもあの酷い環境で試合をさせたFIFAに最低点をつけたい。6月の中東が酷暑になるのもあのスタジアムが電気設備に不安があってナイターでの開催が難しい事もわかっていたはず。双方の選手の体の事を考えれば何故試合会場の変更をしなかったのかが大いに疑問。 ・失点シーンはともかく、選手配置などハリルの手腕には未だに疑問。とにかく、なんとか豪州戦に勝利しW杯出場を決めて貰いたい。 ・選手交代が難しい試合だったけど、倉田じゃなく久保と岡崎を入れ替える方が効果的。相変わらず守備が弱い。ペナルティエリア内に入ったらもっとシュートを打たないと相手からしたらなんも怖くない。1点しかとれないのは当たり前。シュート打たないから。 ・環境との戦いという意味で両軍死闘だった。アウェイで勝ち点1はセオリー。厳しい戦いが続くが、欧州、南米はもっと厳しい。あと2戦、頑張って欲しい。 ・二人を責められないがあの失点は防げた。セーフティファーストはアウェイの鉄則。それ以外は決定的ピンチはほとんどなかっただけに余計残念。でもコンディションに難がある戦いだったので、冷静に考えれば引き分けで十分。ベンチワークは井手口の予定外交代の時点で原口→倉田は止めても良かったかな。怪我人の回復を祈る。 ・なぜスピードのない本田をサイドで使うのか。本田を真ん中にすれば交代は乾で良かったと思うし、経験のない井手口をこの暑さの中初先発は意味分からない。采配が良ければ勝てたと思う。 2017.06.14 15:01 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース