FC東京移籍後初代表招集のGK林彰洋「最大限のパワーを出す」《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.16 15:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月3月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽日本代表に選出されたFC東京のGK林彰洋がクラブを通じてコメント。移籍後初の代表選出を喜んだ。

◆GK林彰洋(FC東京)
「まずは、日本代表に選出していただいたことを感謝したいと思います。自分の持っている最大限のパワーを出し、チームに還元できるようにしたいと思います。日本を勝利に導き、ワールドカップに出場できるよう、みんなで力を合わせて戦います」

コメント

関連ニュース

thumb

【日本代表プレビュー】経験値を優先し勝利を目指すのみ…UAEとの“シックスポインター”

▽日本代表は23日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節のUAE代表戦に臨む。約4カ月ぶりの代表戦となるこの一戦は、W杯出場に向けて絶対に落とせないものとなる。 <span style="font-weight:700;">◆初戦で敗れた因縁の相手</span> ▽UAEといえば、ロシアW杯アジア最終予選の初戦で対戦し、1-2で敗れたことが記憶に新しい。初戦で敗れたチームはW杯に出場できないというこれまでのジンクスがあるだけに、この敗戦は大きな影を落とした。しかし、そこから日本は盛り返し、5節を終えてグループBの2位。自力でW杯出場権を掴める位置にいる。 ▽2015年にオーストラリアで行われたアジアカップでも、日本は準々決勝でUAEと対戦。PK戦の末に敗れ、アジアカップ連覇を逃していた。公式記録上は引き分け扱いだが、実質UAEに連敗中。W杯の出場権を獲得するためにも、3連敗は許されない。 ▽前回対戦で2ゴールを決めたFWアハメド・ハリル、快足FWアリ・マハメド・マブフートの2枚看板は健在。さらに、アジアカップを含め日本を苦しめているMFオマール・アブドゥルラフマンは今回も要注意だ。しかし、MFタリク・アフメドが出場停止、MFアメル・アブドゥラフマンが負傷欠場とみられ、MFマジェド・ハッサンも不在となり、中盤の安定感は欠くはずだ。日本としては先手を奪い、中盤でボールを失わないことが求められる。 <span style="font-weight:700;">◆厳しい後半戦もスタートが肝心</span> ▽今回のUAE戦から後半の5試合がスタートする。予選初戦と同様の結果になれば、苦しい戦いが今後続くことは間違いない。日本は残りの5試合でアウェイゲームが3試合。すべて中東勢との対戦となる。独特の雰囲気の中、勝たなければいけないプレッシャーで予選終盤を戦うことは避けたいところ。このUAE戦は内容よりも結果が求められる。 ▽今節は首位のサウジアラビア、3位のオーストラリアも下位の3カ国と対戦。勝ち点3を積み上げる可能性は高い。日本もしっかりと勝ち点3を獲得し、残り試合につなげたい。 <span style="font-weight:700;">◆主将の離脱、主力の試合勘不足</span> ▽日本代表のキャプテンを務めチームを支えてきたMF長谷部誠(フランクフルト)が左ヒザの検査の影響で代表チームから離脱。多くの点でチームを支えてきた柱を1本失うこととなった。 ▽また、DF長友佑都(インテル)、FW本田圭佑(ミラン)、FW宇佐美貴史(アウグスブルク)は所属チームでの出場機会が少なく、試合勘、試合体力への不安を抱える。能力に疑いはないものの、不安を拭うことは難しい。 ▽一方で、久々に招集を受けたMF今野泰幸(ガンバ大阪)、MF髙萩洋次郎(FC東京)、MF倉田秋(ガンバ大阪)のコンディションは良好。所属チームでのパフォーマンスも申し分ない。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の試合でのチョイスが注目される。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション[4-3-3]</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170323_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽まず、GKはこれまで通り西川周作(浦和レッズ)だろう。今シーズンのここまでのパフォーマンスが突出しているわけではなく、本調子とは言えないものの、ここまでの予選でのパフォーマンスを見ても西川で間違いない。 ▽最終ラインは右からDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF森重真人(FC東京)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)となるだろう。4名共に所属クラブでは高いパフォーマンスを見せており、経験値も十分。大事な一戦でも最終ラインを任せて問題ない。 ▽長谷部の離脱により注目が集まる中盤のボランチには、MF山口蛍(セレッソ大阪)、MF今野泰幸(ガンバ大阪)が並ぶだろう。ワールドカップでの経験もあり、最終予選の苦しい戦いを経験している今野が起用できることは大きい。また、トップ下にはMF香川真司(ドルトムント)が入るとみる。最近は試合での起用も増え、好パフォーマンスを見せている。MF清武弘嗣(セレッソ大阪)は負傷からの復帰明けということもあり、コンディションがまだ上がっていないだろう。 ▽右ウイングには、FW久保裕也(ヘント)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)と試合勘もある若手が控えているものの、ここはFW本田圭佑(ミラン)が入ると予想。今年はまだ1分間しか公式戦でプレーしていないため、試合勘の不足は大きな懸念材料だが、アウェイでのUAE戦ということを考えると本田を起用したい。調子、コンディション以上に経験が必要となる一戦では、本田がカギを握るだろう。試合序盤は動きが重い可能性もあるが、1試合を通して考えると本田が最適解と予想する。 ▽また、左には不動のMF原口元気(ヘルタ・ベルリン)が入るだろう。最終予選での結果、所属クラブでのプレーぶりを見ても、左ウイングを任せられるのは原口しかいない。また、1トップにはFW大迫勇也(ケルン)が入るだろう。プレーの幅も広がり、高さでも勝負ができる大迫はUAE相手には有効だ。2トップでの起用が望ましいが、1トップでも仕事ができる存在になっており、調子の良さを日本代表でも見せてもらいたい。 ▽久保や浅野、FW岡崎慎司(レスター・シティ)など前線に駒は揃っており、試合展開によって起用する選手が代わってくる。経験値のある岡崎をベンチに置くことで、ビハインドになった際にも躊躇なくカードを切ることができるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆勝ち点3以外はいらない</span> ▽最終予選リスタートとなるUAE戦。同じ相手に2度負けるようでは、W杯に出場することは難しくなる。まずは、しっかりと勝ち点3を積み上げることが重要となる。 ▽UAEは日本との勝ち点差が1の4位。勝てば2位以内も見えてくる。これまでのホーム戦を戦ったアブダビではなくアル・アインに変更したことも、本気の表れだろう。地の利を生かそうと考えたはずだ。 ▽勝ち点差1に4チームがひしめく大混戦を抜けるためには、直接対決で勝たなくてはいけない。内容よりも勝ち点3。大事なUAE戦は23日(木)の24時30分にキックオフを迎える。 2017.03.23 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

久保裕也、ヘントでの好調を日本代表へ「ポジションは似てるし、イメージはしやすい」

日本代表は23日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦に向け、敵地アル・アインでトレーニングを行っている。所属先のヘントで結果を残し続けているFW久保裕也は、大一番に向けて意欲を燃やした。<br><br>久保は今冬、スイスのヤングボーイズからベルギーのヘントへ移籍。加入後7試合で5ゴールと好調をキープする久保はUAE戦でも「得点に絡みたい」と話し、クラブでの好調を持ち込める可能性を示した。<br><br>「ポジションはわりと似てるというか、近いものがあるんで、イメージはしやすいかなと思います」<br><br>また、クラブ同様本来のセンターフォワードではなく、ウィンガーとして起用される可能性にも言及し、「いろんな動きが要求されるかなと思います。真ん中だけではないし、下がってサイドに張る場面も必要だと思いますし、状況に応じてだと思います。イメージを持ちながらやりたいと思います。どこであれ、チャンスが来たらそのポジションがチャンスだと思うので、チームにしっかり貢献したいですね」と語った。<br><br>昨年11月に行われたサウジアラビア戦では前半で途中交代した久保。そのため、懸ける思いは強いようだ。<br><br>「そうですね。個人的な思いはやっぱり前回不甲斐ない形で終わったので、とにかく個人的にもいい結果で終わりたいなと思います。まずはチームが大事だとは思いますけど」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.23 06:38 Thu
twitterfacebook
thumb

【前日会見】UAE戦へハリルホジッチ「不当な審判の笛を避けたい」

▽日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が22日、翌23日にアウェイで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦に向けた前日会見を現地で行った。 ▽首位のサウジアラビア(勝ち点10)以下、2位の日本(勝ち点10)、3位のオーストラリア(勝ち点9)、4位のUAE(勝ち点9)が勝ち点1差の中にひしめく大混戦のグループB。日本にとって、UAE戦と28日のタイ代表戦(ホーム)は連勝したいところだ。 ▽この2試合での連勝を狙うハリルホジッチ監督は、現在のチーム状況や右ヒザの故障で手術を行ったMF長谷部誠の離脱を受けた質問に関して、以下のように話した。 <B>◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督</B> 「もちろん、この2試合とも勝ちたい。勝つためにここに来たが、簡単な仕事ではない。しっかりと準備したい」 <B>――(長谷部が離脱したが)キャプテンは誰が務めるのか</B> 「何人か候補がいる。(吉田)麻也かもしれないし、森重かもしれない。(長友)佑都かもしれない。選手ともディスカッションして決めたいと思うが、(チームを引っ張るのは)1人だけではない。経験がたくさん必要な試合になるので、何人かのキャプテンがいると思う」 <B>――準備期間が短かったが、フィジカル面の仕上がりは</B> 「時間は短かった。トレーニングは2回だけしかできていない。ただ、こうやってやるしかない。この試合の重要性をしっかりと選手が意識するしかない。全員で明日の戦いに向けて準備するだけ」 <B>――(昨年9月に行われた)日本のホーム戦ではUAEに負けている。それを避けるには</B> 「まずは不当な審判の笛を避けたい。分かったでしょうか」 <B>――試合の審判はイルマトフ主審だが。彼については</B> 「審判に関しては、あまり話したくない。明日の審判のことは信頼している。UAEは素晴らしいチームなので、そこに集中したい。クオリティーの高い素晴らしいチームだと思う。正確な笛を吹いてほしいと願う。W杯に行くための決定的な試合になるかもしれないので、それをお願いしたいと思う」 <B>――長谷部に代わるボランチについて。先発選びで重要なのは</B> 「長谷部の不在は我々にとって少し不利に働くと思うが、仲間が全員で彼の穴を埋めようとしている。今いる選手で集中することが大事。強い気持ちと野心と希望をもって準備しなければいけない」 <B>――長谷部の離脱を受け、今野、山口、高萩は昨年のUAE戦に出場していないが</B> 「1人のキャプテンに集中しているわけではない。この試合には2、3人のキャプテンがいると先ほどにも言った。このキャプテンの役割ができるという人。もちろん、経験のある選手もいるし、その役割を果たしてもらわないといけない。今夜、何人かの選手と話をしようと思う。キャプテンマークは1人でも、チームには2、3人のキャプテンがいると思ってほしい。前と真ん中と後ろにキャプテンがいる」 2017.03.22 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラがアルゼンチン代表から離脱、代表ウィーク明けのナポリ戦は出場見込み

▽ユベントスのFWパウロ・ディバラがアルゼンチン代表から離脱したようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が報じている。 ▽ディバラは19日に行われたセリエA第29節サンプドリア戦で足の筋肉を負傷。前半28分に交代を強いられていた。その後、アルゼンチン代表に合流していたディバラだったが、代表の医療スタッフの診断により、ロシア・ワールドカップ予選の2試合を戦うことは不可能と判断され、トリノへ戻るとのことだ。 ▽ユベントスは代表ウィーク明け後の4月2日にセリエA第30節でナポリ戦を、5日にコッパ・イタリア準決勝2ndレグのナポリ戦を、11日にチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのバルセロナ戦を控える。 2017.03.22 02:57 Wed
twitterfacebook
thumb

エジル、ドラクスラー、ゴメスが軽度の負傷でイングランド戦回避

▽ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督は21日、翌日に行われるイングランド代表との国際親善試合で主力3選手が欠場することを明かした。欠場するのはMFメスト・エジル(アーセナル)、MFユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)、FWマリオ・ゴメス(ヴォルフスブルク)の3選手。 ▽3選手の状態についてイギリス『スカイ・スポーツ』がレーブ監督のコメントを掲載している。 「エジルとドラクスラーはハムストリングに軽度の負傷を抱えている。彼らを試合に出すにはリスクが大きすぎる。ゴメスは鼠径部に損傷がある」 ▽既に守護神のGKマヌエル・ノイアー(バイエルン)が負傷離脱しているドイツ代表はイングランド戦後、26日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でアゼルバイジャン代表とアウェイで対戦する。 2017.03.22 00:44 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース