今月開催予定のアジアカップ予選の北朝鮮vsマレーシアが延期へ…金正男氏殺害事件が影響2017.03.16 17:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アジアサッカー連盟(AFC)は15日、2019年に行われるアジアカップ最終予選の北朝鮮代表vsマレーシア代表が延期されることを発表した。試合は6月8日に行われる。

▽28日に北朝鮮の平壌で予定されていたアジアカップ2019最終予選の北朝鮮vsマレーシアだが、10日にAFC競技委員会が延期を決定。両国の外交関係が正常に戻らなかった場合には、4月14日までに中立地開催の会場候補を提出する必要があると北朝鮮に通達しているとのことだ。

▽なお、中立地での開催となった場合には、11月14日に予定されているマレーシアvs北朝鮮も中立地で行われることとなる。

▽2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮人男性が殺害。この事件により、両国の関係に緊張が走っていた。なお、マレーシア当局は15日、殺害された男性が、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏であることを発表していた。

コメント

関連ニュース

thumb

北朝鮮女子に完敗のなでしこ高倉麻子監督「北朝鮮の選手たちスタッフに優勝おめでとうと伝えたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に臨み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。 ▽試合後、メディアのインタビューに応じたなでしこジャパンの高倉麻子監督は北朝鮮女子代表を称えると共に悔しい気持ちを次に繋げる前向きな言葉を残した。 「今日戦った北朝鮮の選手たちスタッフに優勝おめでとうと伝えたいと思います。今日のゲームは日本は引き分けではいけない中で入りましたが、チーム全員が失点をしないゲーム運びをしながら、得点を狙いにいく難しいゲームでした」 「前半は持たされている部分がありましたが、今までのゲームに比べると少しボールが動きながら良いリズムが作れていたと思います。しかし持たされているため、危険なところに入るまでには至らなかったです。その原因は、北朝鮮の守備が堅かったこともありますが、それ以上に日本のチームの向かっていくコンビネーションや個の力、技術的な精度がまだまだ低いと感じました」 「後半はなんとかバランスを取りながら得点と思っていましたが、失点してからはバランスが崩れて追いかける中で点を失ってしまい、追いかけるパワーを出し切れずに試合が終わりました。優勝を目指して強い気持ちで臨んだので、選手は悔しい顔をしていました。4月に行われる予選に向かってこの悔しい思いを糧にして、全員で、本気でアジア一番になれるように向かっていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──岩渕選手が交代したタイミングと理由は</span> 「個ではドリブルからシュートといった特徴がありますが、今日はボールが収まらず本人もイラついている部分がありました。試合に入れていないと見えたので、それでも一発持っている選手なので少し我慢してどこまで使うかを考えていました。後半に入りそのリズムも変わらなかった中、中島がここまでの試合で良い味を攻撃にもたらしていたので、思い切って変えてリズムをこちらに持って来たかったので変えました」 <span style="font-weight:700;">──ワールドカップ予選への課題は</span> 「ボールが動くところはできて来ていますが、その中でゴールに向かわないとシュートはないです。ボックス内に入る個の力、シュートの力、アイデア、精度。全てにおいて攻撃の部分ではもう一段階上がらなければいけないところです。守備のところでも、選手たちは頑張っていましたがクロスに対しての弱さを感じました。それが公式の試合で身にしみて確認できたと思います。謙虚に取り組んでいきたいです」 <span style="font-weight:700;">──就任当初は一対一をもう一度見直そうと始まった中、今日の試合は一対一の局面は弱く改善されていないように感じるが</span> 「世界と戦う場合に日本がずっと言われていることです。強さ、フィジカル的な要素やスピードで弱さがあります。そこを避けるためにグループでのプレーを選ぶ傾向にあります。ただ、私自身はその部分を組織に逃げるチーム作りはしたくないと思っています」 「そこは選手に要求しており、対峙したときに選手は取り組んでいるところですが、まだ追いつけていないです。チームプレーにフォーカスすると、そこを忘れている部分もありました。ただ、個が伸びないといけないというのは、選手たちが自分たちで言っていることでしたし、個の強さは追求していきたいと思っています」 <span style="font-weight:700;">──悔しい敗戦だが、3試合は選手入れ替えながら戦った。トータルでの手応えは</span> 「前の2試合に関して言えば、流れの中でもう少し楽に試合できなければいけないところでした。ミスから1点差の試合になりましたが、その中でも勝ち切れたことでひとつチームの階段を上がったと思います。ただ、北朝鮮のようなさらに力強いチームと対戦したときに、なんとなく日本のペースにように見えても、結局はねじ伏せられました」 「その印象が強く残っています。プラスのところを明るく言える雰囲気ではないです。最後にサポーターの方達に厳しい言葉を頂きました。日本を背負う重みを強く感じました。そこはとてもチームにとって悔しい思いをバネにするという意味で財産になったと思います」 2017.12.15 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

大会3連覇を達成した北朝鮮女子代表キム・クワクミン監督「大会3連覇を達成できて嬉しく思う」《EAFF E-1サッカー選手権》

北朝鮮《EAFF E-1サッカー選手権》 ▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に望み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。 ▽試合後、メディアのインタビューに応じた北朝鮮女子代表のキム・クワクミン監督は大会3連覇を達成した教え子たちを称えた。 <span style="font-weight:700;">◆キム・クワクミン監督</span>(北朝鮮女子代表) 「本日、日本を相手に1位と2位を決める最終試合に臨み、勝利できて嬉しく思う。日本は個人技に優れ個々の能力が高い素晴らしいチーム。日本に対抗するために強いメンタル、強いチームワークで対抗した。日本の攻撃に対して突破口を開き、スピードのある攻撃と戦術で相手を崩す試合運びをした。前半の特に序盤は話し合っていたことができず。それは選手が若く、経験少ないためであり、こちらが意図したような動きがうまくできなかった。後半に入る際に前半の注意点を伝え、選手が自覚して一丸となって戦えた。後半も強いメンタル、強いチームワークを守り抜き、良く選手が戦った。その結果、2-0という圧倒的な強さを見せて大会3連覇を達成できて嬉しく思っている」 <span style="font-weight:700;">北朝鮮の女子チームが良く育っているように感じたが、その背景とは</span> 「我が国の女子サッカーは大衆化している。全ての選手が幼い頃から練習し、代表チームを目指している。それ以外に、サッカー選手を志す青少年のために青少年体育学校があり、青少年のチームもある。それら育成の体制が整っている。整った体系の中で高いモチベーションを持って、より上を目指す選手が増えた。彼女たちのモチベーションは高く、ハードなトレーニングもこなす。よって良い選手が途切れることなく次から次に生まれている」 <span style="font-weight:700;">前半は日本がプレッシングを掛けている中、恐れがあったように思うが、後半は選手が変わった。ハーフタイムで何があったのか</span> 「前半が終わった後に選手に尋ねた。『日本はどうか、強いだろう。しかし我々が強い』と話した。すると最初は臆していた選手たちも『やってみたら大したことない。自分たちが強い』と自信を取り戻した。後半は思う存分攻撃してこいと伝えた。一度攻撃を仕掛けたら次は守るものだが、守備のことは考えずに攻撃しろと。若さもあり、選手は自信を持って積極的に戦って勝利した」 <span style="font-weight:700;">以前、普段は代表で練習して週末はクラブで試合をこなすと話していたが。これは常に行われていることか</span> 「一年中代表チームで練習しているわけではない。国内の連盟戦があるため、大きな大会があるときに選手を招集している。今回は、10月に中国で4カ国対抗の国際試合があり、そこで選手たちを招集した。その後、解散して連盟戦に出場した。新たに招集したのが11月15日で、この大会を踏まえてたメンバーを練って代表選手を招集した。この大会に向けてのとトレーニングは11月20日から始めている」 2017.12.15 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元鳥栖キム・ミヌが決勝OGを誘発! 韓国が初白星で日韓最終戦へ《EAFF E-1サッカー選手権》

▽12日に味の素スタジアムで行われたEAFF E-1サッカー選手権第2戦の北朝鮮代表vs韓国代表は、0-1で韓国が勝利した。 ▽初戦で日本代表に敗れた北朝鮮と、中国と引き分けた韓国の一戦は、ゴールレスで迎えた64分に動く。元鳥栖のキム・ミヌが左サイドから上げたクロスがボックス内で北朝鮮DFの足に当たり、そのままゴールマウスへ。韓国が相手のオウンゴールというラッキーな形で先制する。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、韓国が今大会初白星。1勝1分けとした韓国はタイトル獲得の望みを繋ぎ、16日に行われる最終戦の日本を迎えることになった。 北朝鮮代表 0-1 韓国代表 【韓国】 OG(後19) 2017.12.12 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】北朝鮮に辛勝の日本…最高点は低調な攻撃陣を救ったGK中村航輔!

▽超WS有料版で実施していた9日のEAFF E-1カップ、北朝鮮代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽2年に一度開催される東アジアの王者を決める大会EAFF E-1カップ。欧州リーグ真っ只中行われるため、代表のメンバー構成はJリーグで活躍する選手ばかり。またワールドカップを目前に控えたこの大会は、J選手が監督に自分をアピールできるほぼ最後のチャンス。 ▽普段とは違った雰囲気を持つE-1カップ初戦の相手は北朝鮮。未知数な相手との試合になる中、日本は相手の徹底した守りに苦しみます。前半は左サイドを突破口に崩しにかかった日本ですが、連係が噛み合わずゴールレスで後半を迎えます。後半は北朝鮮に攻め込まれる時間が多く、その度にGK中村航輔のビッグセーブが光りました。このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム。井手口陽介の値千金の決勝弾が飛び出し、日本が辛くも北朝鮮に1-0で勝利を収めました。 ▽今回の採点では、やはりスーパーセーブ連発の守護神・中村に高い評価が集まり、GKでは珍しい【7.5】という最高評価が付きました。次に高かったのは唯一ゴールを決めた井手口の【6.5】。今回は決勝弾の井手口より、無失点に抑えた中村が好評価を得る結果となりました。 ▽そのほか、アシストした今野泰幸が【5.8】。ゴールとはならなかったものの強烈なヘディングシュートを見舞った川又堅碁が【5.7】という評価に。軒並み平均点周りに収まった評価ですが、攻撃のタクトを振るいながらも得点に結びつくプレーができなかった高萩洋次郎が最低の【3.9】という結果になりました。 ◆北朝鮮戦のユーザー採点結果 GK 中村航輔 7.5 DF 室屋成 5.1 昌子源 4.9 谷口彰悟 4.5 車屋紳太郎 4.8 MF 今野泰幸 5.8 井手口陽介 6.5 高萩洋次郎 3.9 →伊東純也 5.5 FW 小林悠 5.0 倉田秋 4.7 →阿部浩之 4.9 金崎夢生 4.5 →川又堅碁 5.7 監督 ハリルホジッチ 4.3 ◆皆様の声(一部) ・もうちょっと頑張れ ・寄せ集め感がすごかった。パスの呼吸が合ってない ・国内組は本当に使えない ・中村のみ今後に期待が持てる ・急造メンバーとはいえ攻撃陣のコンビネーションは酷かった ・攻守に低調な内容だった。残り2試合良い試合を見せてほしい ・やるべき事が多々あるのではないかと思う ・相手の実力を考えると攻守に物足りない試合だった ・北朝鮮相手にGKが目立つような試合じゃダメだろ ・面子は揃っていたが、ほぼ初めての組み合わせで連係不足が否めなかった 2017.12.10 19:12 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 1-0 北朝鮮代表《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は9日、EAFF E-1サッカー選手権の初戦で北朝鮮代表と対戦し、1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171209_35_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div>GK 12 中村航輔 7.0 代表デビュー戦。クラブチームでのプレーと同じ安定感で、好守を連発 DF 20 室屋成 5.0 代表デビュー戦。攻守共に物足りないパフォーマンス 4 谷口彰悟 5.0 前半、ポジショニングの甘さから裏を取られた相手を倒すなどPKを取られてもおかしくない場面があった 3 昌子源 5.5 個人としては悪くなかったものの、谷口との連係不足がうかがえ、距離感や意思統一がもうひとつだった 5 車屋紳太郎 6.0 果敢に高い位置を取り、好クロスで決定機演出。ビルドアップにも貢献し、守備もまずまず MF 2 井手口陽介 6.5 黒子に徹してソリッドな守備で中盤を締める。劇的決勝弾でチームを救う 8 高萩洋次郎 5.0 いい形で攻撃に絡むシーンが少なく、試合から消える時間も長かった (→伊東純也 5.5) 代表デビュー。いい仕掛けもみられた 17 今野泰幸 6.5 出足の鋭い守備だけでなく、的確にパスを散らすベテランらしいプレー。最後、井手口に冷静で完璧なアシスト FW 11 小林悠 5.0 使われる側の選手だけに、慣れないメンバーの中で生ききれなかった 15 金崎夢生 5.0 サイドへの流れや守備参加を含めて積極的は買うも、結果を残せず (→川又堅碁 6.0) 惜しいヘディングシュートを放ち、決勝弾に絡んだ 7 倉田秋 5.0 序盤は目立っていたが徐々に存在感がなくなっていった (→阿部浩之 -) 監督 ハリルホジッチ 5.5 完全に個々のテストとしてホームで不甲斐ない戦いも、交代のタイミングと人選は良く結果を手にした <hr>★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 中村航輔(日本) ▽持ち前のショットストップ能力をデビュー戦という特別な状況な中でも問題なく披露し、勝利につなげた。 日本 1-0 北朝鮮 【日本】 井手口陽介(後50) 2017.12.09 21:18 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース