バルセロナ、イニエスタに終身雇用のオファーか2017.03.16 12:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(32)の終身雇用に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽イニエスタは12歳からバルセロナの下部組織で育ったカンテラ出身のスタープレーヤー。今年2月にリーガエスパニョーラ400試合出場を達成した他、これまで8度のリーガエスパニョーラ、4度のチャンピンズリーグ、4度のコパ・デル・レイ、3度のFIFAクラブ・ワールドカップ優勝など、バルセロナで数々のタイトル獲得に貢献してきた。

▽伝えられるところによれば、下部組織時代を含めて在籍20年のイニエスタと、バルセロナの現行契約は2018年6月まで。そうした状況の中、バルセロナは35、36歳で現役引退の意向を示すイニエスタに対して、2年+1年延長オプションの新契約を打診しているという。

▽また、バルセロナは功労者のイニエスタに引退後のセカンドキャリアとして、クラブ下部組織のコーチ職も用意しているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG、284億円のネイマール獲得を“楽観視”?

▽イギリス『ガーディアン』は19日、パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)の獲得交渉で天文学的な移籍金を提示する準備があると報じた。 ▽以前からPSGの関心が度々伝えられてきたネイマール。最近になって、ネイマールの父親とPSG会長による会談や合意説が取り沙汰されるなど、一時消息傾向にあったパリ行きの噂が再び熱を帯びつつある。 ▽その中、イギリスの高級紙である『ガーディアン』も、ネイマールのPSG行きを報道。PSGはバルセロナが設定する2億2200万ユーロ(約284億6000万円)のバイアウト条項を起動させる用意が整っているという。 ▽また、PSGはネイマールという存在が悲願のチャンピオンズリーグ優勝に導くだけでなく、マーケティング面でも適した人材とみている模様。チームの中心になりたいというネイマールの希望に沿う意向とのことだ。 ▽なお、バルセロナのジョルディ・メストレ副会長は先日、ネイマールの移籍報道を「200%残留する」と完全否定。しかし、PSG側はネイマールの引き抜きを楽観視しているようだ。 2017.07.20 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

チャビが古巣の選手育成に苦言「眠っている」

▽現在はカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、自身も育ったバルセロナのカンテラへ苦言を呈した。『ESPN』が報じた。 ▽11歳の時にバルセロナのカンテラに加入したチャビ。下部組織でも順調に結果を残し昇格を繰り返すと、1998年7月にトップチームへと昇格。同年8月にトップチームデビューしていた。バルセロナでは、リーガエスパニョーラで8回、コパ・デル・レイで3回、チャンピオンズリーグで4回優勝を果たしている。 ▽バルセロナのカンテラは世界的にも有名で、多くの選手を輩出。現在もFWリオネル・メッシやMFアンドレス・イニエスタ、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケらがプレー。過去にもチャビの他、ジョゼップ・グアルディオラやカルレス・プジョールなどを輩出してきた。 ▽しかし、近年はトップチームでプレーする選手の多くが移籍組となり、現状ではMFセルジ・ロベルトがレギュラークラスの選手として最後のカンテラ出身選手となっている。この現状にチャビが苦言を呈した。 「バルセロナは少し自己満足していたと思う。人々は、プジョール、イニエスタ、メッシ、ビクトール・バルデス、ジェラール・ピケ、ペドロ、セルヒオ・ブスケッツが育ち、これは全て順調だった。確かに2年に1回これらのような選手が来る」 「しかし、現実はそうではない。僕はラ・マシア(バルセロナ下部組織の寮)でプレーすることを学んだ。トップチームではなくね。アカデミーのコーチは選手を育てなければならず、教えなければならない。その時代その時代に選手を育てなければならない。勝てばいいだろうが、それが目的ではない」 ▽バルセロナのBチームは、新シーズンから2部に昇格。「僕も喜んでいる」とチャビは語ったが、「それは必須ではない」とコメント。Bチームの所属リーグは関係ないと主張した。 「グアルディオラは4部にいたBチームからブスケッツとペドロをトップチームに引き上げた。ジェフレン、ビクトール・サンチェス、ボージャンもだ」 「Bチームが2部や3部に所属していることは問題ではない。ポイントは、特定のスタイルの選手を育てることだ」 ▽インターナショナル・チャンピオンズカップに臨むバルセロナは、セルジ・パレンシア、マルク・ククレジャ、カルレス・アレナの3選手をBチームから帯同している。しかし、チャビはもっと多くの選手がトップチームに上がる準備ができていると語った。 「最初の質問は“どれぐらいの選手がトップチームでプレーできるか?”だったね。Bチームの目的は、6〜8人、もっと言えば10人の選手とトップチームに上げることだ」 「トップチームの監督は、例えば選手がケガをした時、サイドバックや中盤の選手に頼る必要がある。そのために、通常はアカデミーがあるんだ。でも、僕はバルセロナが眠っていると思うね」 2017.07.20 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

急浮上したネイマールのPSG移籍話...母国ブラジルでは実現を確信した報道

バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールは、今年も静かな夏を過ごすことができなさそうだ。<br><br>ブラジル・ワールドカップ、コパ・アメリカ、リオデジャネイロ五輪、裁判騒動...。ネイマールは例年、騒がしい夏を過ごしてきた。今夏は出場するビッグトーナメントがなく、落ち着いた日々が期待されたが、ここに来てパリ・サンジェルマン(PSG)移籍報道が過熱している。<br><br>昨年10月にバルセロナとの契約を2021年まで更新したネイマールだが、現時点で彼の契約解除金は2億2200万ユーロ(286億円)に設定されている。PSGは同額を準備して、ネイマールをさらおうと計画しているとみられる。<br><br>ブラジル『Esporte Interativo』では、ネイマールがPSG移籍を受け入れたと報じられ、ブラジル代表FWがPSGのユニフォームを身に着けているコラ画像が堂々と公開された。また同メディアが実施したアンケートによれば、4480票の投票のうち、実に4000票がネイマールのPSG移籍に「賛成」している。<br><br>今年6月30日まで1億9000万ユーロだったネイマールの契約解除金は、7月1日に契約上2億2200万ユーロまで引き上げられた。さらに、2018年夏にはこれが2億5000万ユーロ(322億円)に引き上げられることが条項に含まれている。<br><br>PSGが今夏ネイマール獲得に踏み切れば、2800万ユーロ(約36億円)を浮かせることが可能となる。チャンピオンズリーグ制覇の野心を抱く資金潤沢なクラブだけに、憶測は尽きない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 00:35 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが史上最高額で獲得を狙うネイマール、「バルサで幸せ」と残留を強調

バルセロナのFWネイマールは、パリ・サンジェルマン(PSG)が強い関心を抱いているものの、退団を考えてはいないようだ。<br><br>今夏、マルキーニョスと契約延長を結び、すでにダニエウ・アウベスも獲得したPSGは、キリアン・ムバッペとアレクシス・サンチェスにも興味を示している。さらに、ネイマール獲得に2億2200万ユーロ(約288億円)を投じるとも報じられてきた。しかしブラジル代表FWは、バルセロナで幸せを感じており、次のシーズンもカンプ・ノウでプレーするつもりのようだ。<br><br>ネイマールは18日、『Goal』のEメールに「昨シーズンは僕の中でベストシーズンだった。この街にもクラブにも慣れてきた。ここで幸せを感じている。アスリートにとってこのような環境はパフォーマンスに良い影響を与えてくれる」と回答。<br><br>続けて「僕たちが求めていたタイトルは取れなかったが、とても心地の良いシーズンだった。最高のゲームをして、素晴らしい時間を過ごした。今は、2017-18シーズンに向けて準備を始めている。個人としても、チームとしても、良いモチベーションを保てている」と来シーズンへの自信をのぞかせた。<br><br>ネイマールと2021年までの新契約を結んだバルセロナも、同選手は200%残留すると強調している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.19 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

メストレ副会長、ネイマール移籍を完全否定「200%バルサに残留」

バルセロナのジョルディ・メストレ副会長は、FWネイマールの移籍を完全に否定している。<br><br>スペイン『スポルト』は17日、FWリオネル・メッシの2番手として扱われることに嫌気が差したネイマールが、場合によっては今夏の移籍も検討する可能性を報じていた。そこで移籍先に浮上しているのが、豊富な資金を備えるパリ・サンジェルマン(PSG)である。<br><br>PSGはネイマール獲得に、同選手の契約解除金2億2200万ユーロ(約286億円)を準備しているという。選手個人には年俸3000万ユーロ(約38億円)の5年契約を提示する考えで、総額3億7200万ユーロ(約479億円)のオペレーションでブラジル代表FWを引き入れるつもりだとされる。<br><br>PSGが契約解除金を支払えば、バルセロナの意向とは無関係に移籍は成立する。だがメストレ副会長はネイマールの残留を強調している。<br><br>「ネイマールは、この夏バルサから移籍しない。200%だ。私は今朝、PSGが彼の獲得を否定したという記事を読んだよ。両クラブの関係を壊すような行動に出る理由がない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.19 14:32 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース