甲府、MFボザニッチの加入内定を発表…2014年ブラジルW杯の豪州代表メンバー2017.03.16 11:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴァンフォーレ甲府は16日、メルボルン・ビクトリーに所属する元オーストラリア代表MFオリバー・ジョン・ボザニッチ(28)の完全移籍加入内定を発表した。背番号は「21」に決定。メディカルチェック後に正式契約となる。

▽ボサニッチは、これまでレディングなどイングランド複数クラブでプレー。中盤の複数ポジションでプレー可能なユーティリティプレーヤーで、2014年にオーストラリア代表の一員としてブラジル・ワールドカップにも参戦した実績の持ち主だ。

▽17日の練習からチームに合流することも併せて発表した甲府は、明治安田生命J1リーグ第3節終了時点で、1分け2敗の勝ち点1で16位に位置。18日に行われる第4節では大宮アルディージャとホームで対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

甲府がMF島川俊郎と契約更新「ひたむきにサッカーと向き合っていきたい」

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、MF島川俊郎(27)との契約更新を発表した。 ▽島川は柏レイソルの下部組織出身で、ベガルタ仙台や東京ヴェルディ、ブラウブリッツ秋田、レノファ山口FC、栃木SCでプレー。今シーズンから甲府に加入すると、シーズン序盤は出場機会がなかったものの後半に出場機会を得て、明治安田生命J1リーグで13試合に出場していた。島川はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくことになりました。今シーズン感じた自分自身に対する情けなさや、悔しさを忘れず、これからもチームの力となれるように真面目に、そしてひたむきにサッカーと向き合っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.12.15 15:34 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、在籍15年のベテランDF山本英臣と契約更新! 今季J1で14試合出場

▽ヴァンフォーレ甲府は14日、DF山本英臣(37)との契約を更新したことを発表した。 ▽山本は2003年にジェフユナイテッド千葉から加入。2005年、2010年にはJ1昇格、2012年にはJ2リーグ優勝に貢献した。今シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合に出場。しかし、チームはJ2降格となってしまった。 ▽契約を更新した山本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズンも熱い声援をいただき、本当にありがとうございました。来季もヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくことになりました。J2での戦いは厳しく、険しい道のりが待ち構えていますが、個人としても、そしてチームとしても強い覚悟を持って戦い、みなさんと共に喜び合えるように全力を尽くします。来シーズンもよろしくお願いします」 2017.12.14 13:23 Thu
twitterfacebook
thumb

市川大祐引退試合の出場選手が発表! 甲府MF兵働昭弘、千葉GK山本海人が追加

▽清水エスパルスは14日、2018年1月8日(月・祝)に行われる『市川大祐引退試合~THANK YOU FOR FOOTBALL~』に出場する選手の追加を発表した。 ▽今回出場が追加発表されたのは、ヴァンフォーレ甲府のMF兵働昭弘とジェフユナイテッド千葉のGK山本海人の2名。兵働は2005年から2010年まで、山本は2004年から2012年まで清水でプレーした。 ▽試合はIAIスタジアム日本平で、13時にキックオフ。「S-PULSE ALL STARS」と「JAPAN ALL STARS」が対戦する。出場が決定している選手は以下のとおり。 【出場選手】 (順不同・敬称略) 《S-PULSE ALL STARS》 オズワルド・アルディレス(監督) スティーブ・ペリマン(ヘッドコーチ) 長谷川健太 堀池巧 大榎克己 澤登正朗 齊藤俊秀 伊東輝悦 森岡隆三 久保山由清 安永聡太郎 戸田和幸 三都主アレサンドロ 石田博行 高木和道 谷川烈 和田雄三 平松康平 高木純平 青山直晃 岩下敬輔 眞田貴永(故眞田雅則氏ご令息) 眞田勲良(故眞田雅則氏ご令息) 西部洋平 杉山浩太 枝村匠馬 犬飼智也 北川航也 松原后 福岡重雄(チームドクター) 羽生直行(通訳) 兵働昭弘【NEW】 山本海人【NEW】 《JAPAN ALL STARS》 岡田武史(監督) 大木武(ヘッドコーチ) 小島伸幸 井原正巳 中山雅史 北澤豪 山口素弘 小村徳男 秋田豊 名良橋晃 相馬直樹 名波浩 岡野雅行 森島寛晃 服部年宏 中西永輔 平野孝 山田卓也 川口能活 楢崎正剛 西澤明訓 鈴木隆行 柳沢敦 宮本恒靖 明神智和 中田浩二 小笠原満男 曽ヶ端準 小野伸二 稲本潤一 石橋恭之(チームドクター) ※体調等その他都合により、参加できない場合がございます 2017.12.14 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府DF津田琢磨が退団 「すっかり山梨の男に」

▽ヴァンフォーレ甲府は7日、DF津田琢磨(37)の退団を発表した。 ▽津田は、2008年の愛媛FCへの期限付き移籍を除けば、2003年から甲府一筋でプレー。キャリア通算でJ1リーグ74試合2ゴール、J2リーグ118試合6ゴールを記録した。今シーズンは明治安田生命J1リーグで出番がなかった。 ▽14年半在籍した甲府を退団することになった津田は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「チームが最低限の目標としているJ1残留を達成することができず、そして、自分自身プレーという形で力になることができず、スポンサー様、サポーターの皆様、ヴァンフォーレ甲府に力を与えてくださっている皆様に対して、申し訳なく思っています」 「今年でヴァンフォーレ甲府を離れることになりますが、この様な形で皆様に報告する事となり、残念な気持ちがあります」 「プロサッカー選手になりたくて、ヴァンフォーレ甲府のセレクションを受け、加入してから15年が過ぎました。すっかり山梨の男になれました。私の夢を叶え、長きに渡り私を大切にしてくれたクラブには本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「この15年間、皆様の多大なるご支援があり、ここまで頑張る事が出来ました。リーグのカテゴリーは、一段下がりましたが、ヴァンフォーレ甲府がこれまで取り組んできた事、そして今年積み上げた事、確実に一段一段登っていると確信しています」 「昇格や降格を繰り返し、苦楽を共にしてきた仲間、ポジションを競い合った仲間、偉大なる先輩、そして歴代の監督がいたからこそ充実した甲府でのプロサッカー生活を送り、経験する事が出来ました」 「ベテランと言われる歳になりましたが、ベテランの意識は更々ありません。まだまだ走ります。ヴァンフォーレ甲府がこの先も皆様に愛され続け、最強で最高のクラブになる事を願っています。本当にありがとうございました」 2017.12.07 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】6季ぶりのJ2降格…守備劇的改善も深刻な得点力不足響く…《ヴァンフォーレ甲府》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第3弾は終盤に失速し6年ぶりのJ2降格となったヴァンフォーレ甲府を総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206kofu_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●吉田達磨新監督就任 ●J1ワースト記録の6戦連続無得点でクラブワーストの10戦未勝利 ●エース候補のFWウイルソンが途中退団 ●在籍17年のバンディエラ、MF石原克哉が今季限りで引退 ●6シーズンぶりのJ2降格決定<hr>▽ベガルタ仙台との今シーズン最終節をFWリンスの劇的ゴールで勝利した甲府だったが、15位の清水エスパルスの勝利によって6シーズンぶりのJ2降格が決定した。これまで毎年のように残留争いを制し、驚異的な“残留力”を発揮してきた甲府だが、一段階上のステージに到達するためポゼッションスタイルを志向する吉田達磨新監督を招へいした。 ▽シーズン序盤では大宮アルディージャ、北海道コンサドーレ札幌に連勝を記録するなど、真骨頂である堅守を軸とした戦いで順調に勝ち点を積み重ね、余裕の残留圏内をキープ。だが、その後は深刻な得点力不足に陥り、第10節のジュビロ磐田戦から第19節の鹿島アントラーズ戦までクラブワーストの10戦未勝利と急失速。さらに、この間にJ1ワーストタイの6戦連続無得点を経験するなど、厳しい時期を過ごした。その後、FWドゥドゥの復調、今夏加入のFWリンスの活躍で盛り返すも、シーズン最終盤のアルビレックス新潟、大宮アルディージャとの直接対決で痛恨の取りこぼし。16位で無念のJ2降格となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206kofu_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽J2降格となった最も大きな要因は深刻な得点力不足だ。リーグ戦34試合で23得点という数字はリーグ最小であり、今シーズンのJ1得点王に輝いた川崎フロンターレFW小林悠の得点数と同じ。もちろん、エースストライカー候補として獲得したFWウイルソンの大不振、昨シーズン以上の成績が期待されたドゥドゥの不調が大きかったが、わずか5得点(PK2本は除く)に終わったセットプレーを含め、チームとして得点を取る形を構築できなかったことが響いた。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206kofu_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>DFエデル・リマ(31) 明治安田生命J1リーグ31試合出場(先発30試合)/1得点<hr>▽苦難のシーズンを過ごした甲府にあって最も印象的なパフォーマンスを披露していたのが、新加入のエデル・リマだ。第4節の大宮アルディージャ戦から3バックの左ストッパーに定着した187cmの痩身DFは、卓越した身体能力と出足の鋭さを武器に対人守備で抜群の強さを見せた。さらに、ボールを持たされる展開において脆さを見せたチームの中で、中盤の選手顔負けの持ち出しや左足の正確なパスでビルドアップやカウンターの局面で存在感を放った。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「D」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206kofu_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽J1最低クラスの限られた予算の中でDFエデル・リマ、MF小椋祥平、FWリンスと要のセンターラインの補強が見事に当たった。その一方で、エースストライカー候補だったFWウイルソンがわずかに2ゴールと期待外れに終わり、シーズン途中にチームを去った。 ▽そのほか、同じく中盤補強の目玉となったMF堀米勇輝もノーインパクト、FWジュニオール・バホスとMFオリヴァー・ボザニッチ、FWビリーと助っ人外国人補強の失敗も痛かった。 ▽ただ、復帰組のDF阿部翔平、DF高野遼、MF島川俊郎、DF小出悠太らもまずまず試合に絡んでおり、限られた予算での補強という意味ではまずまずだったという印象だ。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「E」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206kofu_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨シーズンの課題だった守備は58失点から39失点に大きく改善され、失点数だけをみれば、リーグ3位のセレッソ大阪(43失点)より少ないリーグ6位の素晴らしい数字だ。しかし、その堅守と引き換えに、得点数は昨シーズンの32得点を大きく下回る23得点にとどまった。 ▽それでも、昨シーズンに比べて得失点差の大幅な改善、勝ち点自体も1プラスとなり、勝利数も同じ7勝と、ある意味例年通りのシーズンを送ったともいえる。そのため、降格は外的な要因だったという見方もできる。 ▽また、吉田新監督の下でシーズン終盤にかけてはビルドアップなど、マイボール時のプレーにも成果が見え始めていただけに、アタッキングサードでの質の低さが今後の課題だ。 ▽6シーズンぶりのJ2挑戦となるが、2012シーズンに優勝したときに比べて、J2のレベルは格段に上がっており、前線の補強を含めて攻撃面の劇的改善がなければ、1年でのJ1復帰は相当厳しいタスクとなるはずだ。 2017.12.06 22:50 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース