ペップ、CLベスト16敗退は指導者キャリア初2017.03.16 10:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、指導者キャリアをスタートさせて以降、初めてチャンピンズリーグ(CL)のベスト16で姿を消した。

▽シティは15日、敵地で行われたCL決勝トーナメント1回戦2ndレグでモナコに1-3の敗戦を喫し、2戦合計6-6のアウェイゴール差でベスト16敗退が決定。2ndレグを勝利か、引き分け、あるいは1点差の敗戦であれば、準々決勝進出という状況だったが、結果的にホームでの3失点が響き、ベスト16で涙を呑むことになった。

▽スペイン『アス』が伝えたところによれば、グアルディオラ監督のCLベスト16敗退は、指導者キャリア初。2008年にバルセロナのトップチームで指導者として歩み始めて以降、バイエルン時代を含めて過去7年連続でCLベスト4以上の成績を収め続けてきたが、シティ監督就任初年度の今シーズンでその記録がストップした。

▽なお、データ会社『Opta』によると、過去のCL決勝トーナメントで合計6得点を奪いながらも敗退したのは、今回のシティが初。クラブだけでなく、これまで輝かしい実績を残してきたグアルディオラ監督にとっても、不名誉な形でCLの歴史に名を残すことになった。

コメント

関連ニュース

thumb

デ・ブライネ、シティからメガディールをゲットか 代理人示唆

▽マンチェスター・シティが、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)に対して、メガディールを用意しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2015年夏にヴォルフスブルクに加入したデ・ブライネは加入初年度からチャンスメーカーとしてチームをけん引。今シーズンもここまで公式戦11試合で2ゴール7アシストをマークし、チームのプレミアリーグとチャンピオンズリーグ・グループFの首位キープに貢献している。そんなデ・ブライネに対して、先月にシティが賃金の引き上げを検討していることが同メディアによって報じられていた。 ▽今回伝えられるところによると、現在の週給11万ポンド(約1620万円)の給与を2倍の22万ポンド(約3250万円)に引き上げる可能性があるとのこと。デ・ブライネの代理人を務めるパトリック・デ・コステル氏が示唆した。 「今後数カ月以内には彼の契約をどのように改善すべきかやどれくらい延長するべきかについてシティと話し合い、答えを出すだろう」 「彼の給料についてかい? それは言えない。ただ、ネイマールやキリアン・ムバッペが支払われているものを想像してもらいたいね」 ▽ちなみに、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの週給は推定60万ポンド(約7900万円)。フランス代表FWキリアン・ムバッペは推定32万ポンド(約4200万円)を受け取っているとみられる。 2017.10.18 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

3連勝を飾ったグアルディオラがナポリを称賛「これまで対戦した中で最高のチームの1つ」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ナポリに敬意を表している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは17日、チャンピオンズリーグ・グループF第3節でナポリとのホーム戦に臨んだ。セリエAで開幕から全勝を維持している好調のナポリを相手にシティは序盤から主導権を握り、9分にリロイ・ザネ、13分にガブリエウ・ジェズスがゴール。後半PKから1点を返されるも、1点のリードを死守。シティがグループリーグ3連勝を飾った。 ▽試合後、グアルディオラ監督はこれまでのキャリアの中でナポリが最高のチームの1つであると称賛。また、「そのようなチームに勝てたことはとても誇り高い」と満足感を示している。 「ナポリは、私が監督としても選手としても対戦した中で最高のチームの1つだ。そのようなチームに勝てたことはとても誇り高いね」 「良いプレーができなければナポリを倒すことは不可能だ。しかし、我々はそれができた。とても幸せだ。それでも、現在彼らが最高のチームの1つであることは確かだね」 「ナポリのような素晴らしいチームに90分間試合を支配できるとは思っていない。それでも試合開始30分から35分までの間、良い試合の入り方を見せて2ゴールを奪うことができた。楽しい前半だったよ」 「その後は、少し体力が落ちて、カウンター時にシュートで終えることができなかった。プレスの出足も遅くなった。それに対して、ナポリは素晴らしいパスワークを持っていた」 ▽両者は、11月1日(水)に行われる第4節で対戦する。果たして、最高のチーム相手にシティは連勝を飾れるだろうか。 2017.10.18 09:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップ、デ・ブライネを称賛も「メッシと比べられる選手など存在しない」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、MFケヴィン・デ・ブライネを称賛した。<br><br>シティは2得点6アシストのデ・ブライネ、1得点8アシストのダビド・シルバがチーム総得点の43%に関与している。グアルディオラ監督はデ・ブライネとバルセロナFWリオネル・メッシとの比較を問われ、以下のように答えている。<br><br>「デ・ブライネがメッシのレベルに達してくれたら、夢のようだよ。彼だけでなく、これまで指導してきた選手全員、メッシのレベルに達してほしかった。そうすれば、私はもっと多くの試合で勝利を収めていただろう(笑)」<br><br>「だが私はデ・ブライネに余分なプレッシャーを与えたくない。彼は規格外の選手だ。ファンタスティックだよ。常に試合出場を望んでいる。そして謙虚な性格で、チームメートから愛されている。最後まで諦めずに戦うし、プレッシャーにも強い」<br><br>グアルディオラ監督は、さらに続けた。<br><br>「メッシとの比較はデ・ブライネの助けにならない。メッシは別次元なんだ。毎年、60ゴールくらい決めている。それを8年間、9年間と続けているんだ…。それだけじゃない。彼のプレーそのものが、本当に素晴らしい」<br><br>「当然、私はデ・ブライネができる限り高いレベルに達することができるようにサポートしたい。これまで数多の選手がメッシと比較されてきた。しかし、それは不可能なんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 08:18 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 2-1 ナポリ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節、マンチェスター・シティvsナポリが17日に行われ、2-1でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171018_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.5 PKストップでチームに安心感を与える。フィードも落ち着いていた DF 2 ウォーカー 5.5 PK献上もそれ以外はミスがなかった 5 ストーンズ 6.0 終始安定したプレーぶり。63分のピンチを身体を張った守備で防ぐ 30 オタメンディ 6.0 ソリッドな対応を続け、メルテンスを封殺 18 デルフ 5.5 やや軽率なミスが散見も乗り切る MF 7 スターリング 6.0 抜け目なく先制点をゲット (→ベルナルド・シウバ -) 17 デ・ブライネ 6.5 2点目をアシスト。ミドルシュートは不運にもバーを直撃 25 フェルナンジーニョ 6.0 PK献上も随所に攻撃のスイッチを入れるパスを供給した 21 シルバ 6.0 先制点に絡む。神出鬼没な動きでチャンスメーク (→ギュンドアン -) 19 L・ザネ 6.5 左サイドで起点に。ヒサイを翻弄した FW 33 ガブリエウ・ジェズス 6.0 確実に決定機を決めて追加点をもたらす (→ダニーロ -) 監督 グアルディオラ 6.5 とりわけ前半の圧倒ぶりは圧巻だった ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171018_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 23 ヒサイ 5.0 L・ザネの前に珍しく翻弄されていた (→マッジョ 5.0) ヒサイ同様、L・ザネに手を焼いた 33 アルビオル 5.5 ぎりぎりの対応を続け、踏ん張っていた 26 クリバリ 5.5 ゴールライン上のクリアを見せるなど奮闘 31 グラム 6.0 PK獲得など持ち味の攻撃参加を発揮 MF 20 ジエリンスキ 5.0 攻守に凡庸 42 A・ディアワラ 5.5 PKを決めたが、ビルドアップは遮断され、守備の防波堤となることもできず 17 ハムシク 5.5 65分のチャンスを決めたかった (→ウナス -) FW 7 カジェホン 5.5 クロスからPK誘発。何度かチャンスを作った 14 メルテンス 5.0 PK失敗。セリエAで放つ輝きは見せられなかった 24 インシーニェ 5.0 見せ場を作れず負傷交代 (→アラン 6.0) 相手の運動量が落ちていた中、球際の強さを発揮 監督 サッリ 5.5 後半は盛り返したが、前半の劣勢ぶりは厳しかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! エデルソン(マンチェスター・シティ) ▽とりわけ前半はシティの攻撃陣が素晴らしいパフォーマンスを見せていたが、結果的に前半のPKを止めていたことが勝利につながったことを受け、エデルソンを選出。 マンチェスター・シティ 2-1 ナポリ 【マンチェスター・シティ】 スターリング(前9) ガブリエウ・ジェズス(前13) 【ナポリ】 A・ディアワラ(後28[PK]) 2017.10.18 05:51 Wed
twitterfacebook
thumb

スターリング&ジェズス弾でナポリ撃破のシティが3連勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節、マンチェスター・シティvsナポリが17日に行われ、2-1でシティが勝利した。 ▽前節シャフタール戦をデ・ブライネの圧巻ミドルなどで2-0と勝利して2連勝スタートとしたシティは、3日前に行われたストーク・シティ戦を7発圧勝した。そのストーク戦と同じスタメンを送り出した。 ▽対するナポリはフェイエノールトに攻撃陣揃い踏みで3-1と快勝し、1勝1敗スタートとした。そして、開幕から全勝を維持しているセリエAでは直近のローマ戦をインシーニェ弾で1-0と勝利。好調を維持する中、ローマ戦のスタメンから2選手を変更。ジョルジーニョとアランに代えてジエリンスキとA・ディアワラを起用した。 ▽共にポゼッションに優れる両チームの注目の立ち上がり、ホームチームのシティがボールを握り、主導権を掴む展開となった。すると9分、L・ザネのスルーパスでボックス左に抜け出したシルバがマイナスに折り返すと、ファーサイドのウォーカーのシュートはDFにカットされるも、ルーズボールをスターリングが流し込んで、あっさりシティが先制する。 ▽さらに13分、アルビオルのヘディングでのクリアボールを拾ったデ・ブライネがボックス右に侵攻。対応したクリバリの股間を抜くクロスボールを受けたガブリエウ・ジェズスが難なく押し込んで追加点を奪いきった。 ▽その後もハイプレスでナポリのパスワークを寸断するシティが圧倒すると、25分にはロングカウンターの流れからデ・ブライネの左足ミドルがバー直撃。さらに28分、右クロスを受けたガブリエウ・ジェズスがシュートに持ち込むも、ゴールライン上でクリバリにクリアされた。 ▽戦前の予想以上に手も足も出ずに圧倒され続けたナポリは、30分を過ぎて徐々にボールを持つ時間を得ると、37分にPKを獲得する。カジェホンの右クロスをアルビオルが合わせにかかったところでウォーカーに抱きかかえられて倒された。しかし、キッカーのメルテンスが正面下に蹴ったシュートはGKエデルソンのセーブに阻まれ、1点差に詰め寄ることはできない。 ▽シティの2点リードで迎えた後半、引き続きシティが流れを掴む中、ナポリにアクシデント。56分にインシーニェが股関節を痛めてアランとの交代を余儀なくされた。 ▽シティがギアを落とす中、ナポリのポゼッションの機会が増すと、65分に決定機。アランが敵陣でフェルナンジーニョのボールロストを誘発し、ルーズボールを拾ったメルテンスがボックス右から折り返す。そしてハムシクがシュートに持ち込むも、ストーンズの身体を張ったブロックに阻まれた。 ▽それでも72分、グラムがドリブルでボックス内に侵入したところでフェルナンジーニョに倒されてPKを獲得。これをキッカーのA・ディアワラがゴール右隅へ冷静に流し込んで、ナポリが1点差に詰め寄った。 ▽続く80分にはカジェホンのスルーパスに抜け出したメルテンスが独走しかけてシュートに持ち込むも、フィニッシュは枠を捉えきれない。終盤にかけてはガブリエウ・ジェズスを下げてダニーロを投入したシティが試合をコントロールして2-1のまま逃げ切り。グループの本命対決を制して3連勝とした。 ▽グループFのもう一試合、フェイエノールトvsシャフタールは1-2でシャフタールが勝利し、2勝1敗としている。 2017.10.18 05:50 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース