ミラン本田圭佑、風邪で15日のトレーニング欠席…日本代表メンバー招集に影響か2017.03.16 09:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランに所属する日本代表FW本田圭佑が風邪でダウンしていることがわかった。クラブの公式サイトが伝えている。

▽クラブの報告によれば、本田は風邪のため、15日のトレーニングを欠席。ミランは18日に行われるセリエA第29節でジェノアと対戦する。

▽本田に関しては、今シーズンのここまで公式戦6試合出場。16日に日本代表メンバー発表を控えており、症状が悪ければ招集に影響が出る可能性がありそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

PK2発のミランが昇格組SPALに快勝で今季4勝目《セリエA》

▽ミランは20日、セリエA第5節でSPALをホームに迎え、2-0で勝利した。 ▽3日前に行われた前節ウディネーゼ戦を2-1と振り切って勝利を取り戻したミランは、ウディネーゼ戦のスタメンから4選手を変更。引き続き3バックを採用し、前節ドッピエッタのカリニッチとヨーロッパリーグ初戦のオーストリア・ウィーン戦でトリプレッタを達成したアンドレ・シウバが2トップを形成した。 ▽前節カリアリに敗れて2連敗となった昇格組のSPALに対し、ミランが攻勢に出ていくと、25分にPKを獲得する。リカルド・ロドリゲスのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールを拾ったカリニッチがGKゴミスに倒された。このPKをリカルド・ロドリゲスが決めて、ミランが先制した。 ▽その後もロマニョーリやアンドレ・シウバのミドルシュートで追加点に迫ると、60分にケシエがボックス内で倒されてPKを獲得。これをケシエ自ら決めてリードを広げたミランが2-0で快勝。今季4勝目を挙げている。 2017.09.21 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

妻の証言、ボヌッチ退団はアッレグリとの軋轢ではない!?

▽今夏の移籍市場でユベントスからミランに移籍したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ。しかし、噂されるような指揮官との確執はなかったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽イタリア版BBCとして、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ、同国代表DFアンドレア・バルザーリとともにユベントスの門番として活躍したボヌッチ。昨年夏にはマンチェスター・シティへの移籍が噂されたが、ユベントスに残留して、セリエAの6連覇に貢献した。 ▽しかし今年2月にマッシミリアーノ・アッレグリ監督との不仲説が浮上。ボヌッチがアッレグリ監督の采配を批判し、それに対してアッレグリ監督が激怒したと報じられている。 ▽その後両者は歩み寄りを見せてシーズンを終えた。ところが、夏の移籍市場でボヌッチはユベントスを退団して、ライバルチームであるミランに加入している。 ▽指揮官との不仲説が再燃する中、ボヌッチの妻であるマルティナさんはこの噂を真っ向から否定。あくまでもボヌッチが環境の変化を求めたことが移籍の決め手だと主張している。 「レオナルドの決定は、マックス・アッレグリとの問題によるものではないわ。私は、全てにおいてバランスが大事だと考えているの。ただ、レオナルドは違って、環境の変化が大事だと感じていたわ。だから新しい挑戦を始めたのよ」 ▽またマルティナさんは、ミランでキャプテンとしてプレーするボヌッチについてもコメントした。 「彼がミランのキャプテンとしてプレーする姿に慣れていないわ。でも彼にとってはそんなこと関係ないでしょうね。彼がミランに移籍する決断を下したのであれば、私はそれに従い寄り添うだけよ」 「でも、少なくとも家庭内ダービーはなくなるわね。息子たちはトリノのアンドレア・ベロッティが大好きなのよ。レオナルドもアンドレアと良く会っているわ」 2017.09.19 09:29 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、スペイン人MFスソと5年間の新契約締結で合意か

▽イタリア『スカイスポーツ・イタリア』は18日、今夏に大型補強を敢行したミランがMFスソ(23)と5年間の契約延長で合意したことを報じた。 ▽伝えられるところによれば、現行の契約が2019年までとなっているスソに対し、ミランは2022年までの新契約を打診。年棒も300万ユーロ(約4億円)+ボーナスに引き上げるという。 ▽リバプールやアルメリアでプレーしたスソは、2015年1月にリバプールからミランに完全移籍。2016年1月からはジェノアへとレンタル移籍を経験したが、昨シーズンはミランでセリエA34試合に出場。7ゴール9アシストと結果を残し、チームの攻撃を牽引していた。 2017.09.19 03:37 Tue
twitterfacebook
thumb

カリニッチがドッピエッタ! 3バック採用のミランがウディネーゼに競り勝つ《セリエA》

▽ミランは17日、セリエA第4節でウディネーゼをホームに迎え、2-1で勝利した。 ▽開幕から2連勝で勢いに乗っていたミランは前節、ラツィオに1-4で大敗。再起を図るこの試合では3バックを採用。最終ラインにムサッキオ、ボヌッチ、ロマニョーリを並べ、中盤にはカラブリア、ボナヴェントゥーラ、ビリア、R・ロドリゲス、ケシエを起用。最前線ではカリニッチとスソが2トップを形成した。 ▽試合の序盤から、ウディネーゼのカウンターを警戒するミランは、中央のバランスを崩さず、サイド攻撃をメインにしかけた。すると22分、右サイド深くまで侵攻したカラブリアが、ボックス内にクロスを供給。飛び込んだカリニッチが足先で合わせ、先制点とした。 ▽しかし28分、1点のアドバンテージを得ていたミランが、不用意な形で失点を許すこととなった。ロマニョーリが左サイドから中央に横パスをしたところ、これがラザーニャの足元に。そのままボックス内中央まで運ばれてシュートを放たれると、これが同点弾となった。 ▽それでも直後の31分、ミランがウディネーゼの勢いを封じる勝ち越し弾を奪い切った。左CKのキッカーをR・ロドリゲスが務めると、弾道の低いボールがファーのカリニッチの下へ。やや足元に入ったが、右足でシュートを放ち、ネットを揺らした。 ▽後半に入ると、攻勢を強めるウディネーゼに対し、ミランはウイングバックのポジションを低めに設定。ディフェンスラインを5バック気味にして対応した。ウディネーゼが好機を作り出すことができずにいると、カウンターから裏に抜けたカリニッチが、再びネットを揺らした。しかし、この得点はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の審議により、取り消しに。カリニッチのハットトリックとはならなかった。 ▽結局、その後もお互いに大きなチャンスを迎えることはなく、試合は前半のリードを守り抜いたミランの勝利で幕を閉じた。開幕2連敗とスタートにつまづいたウディネーゼは、今季初の連勝を飾ることはできなかった。 2017.09.18 00:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランに痛手…今夏加入のA・コンティが左ヒザ十字じん帯断裂で全治6カ月の離脱

▽ミランは15日、イタリア代表DFアンドレア・コンティの負傷を発表した。 ▽足首の負傷から復帰を目指していたA・コンティだったが、15日のトレーニング中に左ヒザを負傷したようだ。 ▽ミランは、A・コンティのケガについて以下の公式サイトで以下の声明を発表。 「15日に精密検査と臨床検査を実施した結果、A・コンティは左ヒザ十字じん帯の断裂と診断された。明日(16日)にもA・コンティは、ヘルベルト・シェーンフーバー医師のチームによってじん帯再建手術を受けることになる」 ▽今夏にアタランタからミランに加入したA・コンティは、これまでリーグ戦2試合、ヨーロッパリーグ(EL)予選3試合に出場していた。 2017.09.16 01:42 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース