ベスト8進出クラブ決定…スペイン勢が最多3クラブ勝ち上がり《CL》2017.03.16 08:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグの2試合が15日に行われ、ベスト8進出クラブが出揃った。

▽勝ち上がったのは、レスター・シティ(イングランド)、バルセロナ(スペイン)、レアル・マドリー(スペイン)、アトレティコ・マドリー(スペイン)、バイエルン(ドイツ)、ドルトムント(ドイツ)、ユベントス(イタリア)、モナコ(フランス)の8クラブ。スペイン勢の最多3クラブが8強入りを果たした。

▽準々決勝は4月11〜12日に1stレグ、18〜19日に2ndレグが開催予定。組み合わせ抽選会は今月17日の日本時間20時にスイスのニヨンで行われる。

◆準々決勝進出クラブ
レスター・シティ(イングランド)
バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリー(スペイン)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
バイエルン(ドイツ)
ドルトムント(ドイツ)
ユベントス(イタリア)
モナコ(フランス)

コメント

関連ニュース

thumb

PSGがFFP違反回避! UEFAがFFPに関する各クラブへの処分内容を開示

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する各クラブへの処分内容を開示した。 ▽今回の処分内容で大きな注目を集めたのは、UEFAがパリ・サンジェルマン(FFP)の2015~2017年の財務状況に関しての調査を終了し、処分なしと判断されたことだった。 ▽PSGは昨夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマール獲得時に2億2000万ユーロ(約286億円)の移籍金を支払い、今夏に1億8000万ユーロ(約234億円)での買い取りが予定されるフランス代表FWキリアン・ムバッペをモナコからレンタルで獲得した。そのため、以前から移籍市場に大量の資金を投下してきたクラブのFFP違反は確実と目されていた。 ▽だが、UEFAの調査委員会は前述の期間の財務状況に問題はなく、現時点で処分を下すことはないことを確認した。その一方、UEFAは2017年夏からの移籍市場の動き、2018年度の財務状況に関しては厳しく監視を行うことを通達しており、今後の状況次第で処分を科す可能性を認めている。 ▽そして、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、PSGは今月末までに6000万ユーロ(約78億円)の資金調達が必要となり、主力選手の売却を余儀なくされるという。その候補に関してはバレンシアが買い取りを目指すポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスらの名前が挙がっている。 ▽その他のクラブではこれまでUEFAと和解協定を結んでいたローマとモナコ、FCクラスノダール、ロコモティフ・モスクワ、ゼニトの5クラブが期限内でのFFP遵守が確認されたことで、和解協定からの離脱が発表された。 ▽これによって前述の5クラブはUEFAコンペティションにおける選手登録制限、出場禁止などの制裁回避と共に、FFP遵守のため移籍市場における無理な主力選手売却の状況から脱することになった。 ▽一方、インテルとフェネルバフチェ、トラブゾンシュポルの3クラブに関しては2017-18シーズンにUEFAと結んだ和解協定における一部目標を達成したものの、協定からの離脱はならず。引き続き和解協定を継続することになった。 ▽そのため、来シーズンにチャンピオンズリーグ参戦となるインテルは通常25名の登録が認められるA選手リストが22名に制限されることになり、今夏の移籍市場でも収支のバランスを取る必要があり、積極的な補強は難しい状況だ。 ▽また、FFP違反を犯したガラタサライ、マルセイユ、マッカビ・テル・アビブの3クラブに対しては罰金処分が科されることになった。 2018.06.14 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

サラー、S・ラモスに怒り? 「決してOKだったなんて…」

▽リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがスペイン『マルカ』のインタビューに応じ、“例の一件”について語った。 ▽サラーは5月26日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリー戦で、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスと交錯して負傷。退場を余儀なくされ、6月14日に開幕を迎えるエジプトへの合流に不安がつきまとう状態となった。 ▽『マルカ』の用意した質疑に応じたサラーが、上記の一件について以下のように語っている。 ──S・ラモスが「あのプレーをよく見ると、彼が最初に僕の腕を掴んで反対側に倒れたし、実際に彼は(接触していない)反対側の腕をケガした」と語っているが 「それはおかしいね…」 ──彼は「もし(痛み止めの)注射を受ければ後半もプレーできたはずだ」との見解を示しているが、そう思うか 「(笑)。最初に泣かせてきた人が笑わせてくれるなら、僕のコメントはいつでもオーケイだよ。僕がワールドカップの為の準備を済ませたら、たぶん彼は直接でも言ってくれるかな? 」 ──S・ラモスがツイッター上であなたにメッセージを送っていた 「彼はメッセージを送ってきたね。でも僕は決してあれが“オーケイ”だったなんて言わないよ」 2018.06.09 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュに罰金…理由の1つは「猫」

▽トルコの名門・ベシクタシュが、思わぬ理由で罰金を科されてしまったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽罰金の対象となったのは、3月に行われたチャンピオンズリーグの試合。ラウンド16のバイエルン戦での出来事だった。 ▽ベシクタシュのホームで行われた試合では、物がピッチに投げ込まれるなど、様々な問題行為があり、3万ポンド(約443万円)の罰金が科されることとなった。 ▽その中の理由の1つが、猫の乱入だ。試合の後半、ピッチ内に一匹の猫が乱入。これにより、試合が一時中断される事態となっていた。 ▽ちなみに、3月のチャンピオンズリーグでは、ローマも罰金を科されている。シャフタール・ドネツク戦にて、ローマがリードしている時にボールボーイが時間を浪費し、プレーを侵害した件が問題となった。 2018.06.07 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「脳震盪?」カリウスのミスの原因にクルトワが疑問符「それは奇妙だ」

▽チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワは、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でのリバプールGKロリス・カリウスのミスの原因が脳震盪であったという見解について「奇妙だ」語っている。『ESPN』が伝えた。 ▽先月26日に行われたレアル・マドリーとのCL決勝戦、カリウスはスローイングミスからマドリーFWカリム・ベンゼマに先制点を与え、マドリーFWガレス・ベイルの強烈なシュートを正面で受けつつも弾き出せず3点目を献上。信じられないミスの連続に非難の声が集まっていた。 ▽そんな中、試合後に脳の検査を行ったカリウスは、試合中に脳震盪が起こっていたことが判明した。医師によれば、原因は後半立ち上がりのマドリーDFセルヒオ・ラモスによる肘打ちとのこと。ベンゼマのゴールはその3分後に生まれている。 ▽しかし、クルトワはこの見解に疑問符を投げかけた。カリウスのミスには同情の色を表したが、脳震盪のせいにすることに懐疑的な目を向けている。 「僕も試合中に脳震盪になったことがあるよ。アレクシス・サンチェスとの接触でね。その後20分はボールがよく見えていなかった。だからゲームから退いたんだ」 「彼に起こったことは残念だけど、そのミスを脳震盪を理由にするのはどうかな。彼は素晴らしいセーブを2回も見せていたじゃないか」 「もしそれが理由だって言うんなら、そうなんだろうね。彼は試合後に2つのミスを認めた。人々はそれを受け入れるだろう。GKには起こりうるものだ。だけど、それを脳震盪のせいにするのはちょっと納得がいかないね。でもそういうふうに医者が言うんだったら認めるしかないね」 2018.06.06 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PK判定抗議に、暴言吐いたブッフォン、UEFA大会3試合出場停止

▽UEFA(欧州サッカー連盟)は5日、ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンをUEFA管轄の大会において3試合の出場停止処分を科したことを発表した。イギリス『BBC』が報じている。 ▽ユベントスは4月11日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でレアル・マドリーとの2ndレグに臨んだ。1stレグでの3点のビハインドを負った状態での2ndレグだっただけにキャプテンのブッフォンも興奮状態。そんな中、勝負を分けた後半アディショナルタイムのPKの判定に抗議して退場。さらに、試合後のミックスゾーンでは「スタンドでポテトチップでも食べているべき」、「心があるべき場所にゴミ箱がある」などと侮辱ともとれる辛辣な批判を行った。 ▽UEFAは先月、この言動に対して処分を科すことを決定。そしてこの度、「UEFA管轄の大会において、3試合の出場停止処分」が科されることが発表された。 ▽ブッフォンは先日、17年間過ごしたユベントスを今季限りで離れることを発表。注目される新天地だが、今回の決定が影響を及ぼすことはあるのだろうか。 2018.06.05 23:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース