ベスト8進出クラブ決定…スペイン勢が最多3クラブ勝ち上がり《CL》2017.03.16 08:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグの2試合が15日に行われ、ベスト8進出クラブが出揃った。

▽勝ち上がったのは、レスター・シティ(イングランド)、バルセロナ(スペイン)、レアル・マドリー(スペイン)、アトレティコ・マドリー(スペイン)、バイエルン(ドイツ)、ドルトムント(ドイツ)、ユベントス(イタリア)、モナコ(フランス)の8クラブ。スペイン勢の最多3クラブが8強入りを果たした。

▽準々決勝は4月11〜12日に1stレグ、18〜19日に2ndレグが開催予定。組み合わせ抽選会は今月17日の日本時間20時にスイスのニヨンで行われる。

◆準々決勝進出クラブ
レスター・シティ(イングランド)
バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリー(スペイン)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
バイエルン(ドイツ)
ドルトムント(ドイツ)
ユベントス(イタリア)
モナコ(フランス)

コメント

関連ニュース

thumb

ローマにBBQの輪! CL決勝進出で英雄バティがシェフ就任を約束

▽34年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出に沸くローマではBBQの輪が広がっている。イタリア『コッリエレ・デラ・セーラ』が伝えている。 ▽ローマは先日行われたCL準々決勝でバルセロナを相手に1stレグの3点差を引っくり返す“オリンピコの奇跡”を起こして、前身のチャンピオンズカップ時代の1983-84シーズンの準優勝以来、CL名称変更後初となるベスト4進出を果たした。 ▽奇しくもその準優勝時にファイナルで敗れたリバプールとの準決勝に向けてはクラブだけでなくローマ中が沸いている。 ▽その中で18日に行われたセリエAのジェノア戦に勝利したチームはその翌日に練習施設のあるトリゴリアでリカバリーメニューをこなした。この短い午前の練習後には直近数試合をケガで欠場し、ようやく19日に練習復帰を果たしたアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティがチームメートを労うため、昼食時にアサード(アルゼンチン式のバーベキュー)を主催。自ら肉や野菜、魚を調理してチームメートやスタッフに振る舞った。そして、この様子をMFラジャ・ナインゴランなどのチームメートが『インスタグラム』に投稿していた。 ▽すると、この投稿をチェックしていたローマのスクデット獲得の英雄、元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏が自身の公式アカウントを通じて粋なメッセージを送った。 「もし、ローマがチャンピオンズリーグ決勝に進んだ場合、トリゴリアに出向いてみんなのために昼食を作らせてもらうよ」 ▽ペロッティ、バティストゥータ氏とBBQの輪が広がり始めたローマ。難敵リバプールを破り、34年ぶりの決勝進出に向けてレジェンド主催のBBQは新たなモチベーションとなりそうだ。また、仮にCL優勝を果たしたあかつきには、アルゼンチン出身の現ローマ法王フランシスコ主催のBBQという、壮大な計画が果たされる可能性もあるかもしれない。 2018.04.20 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA会長がマドリー対ユベントスの疑惑のPKに言及...「VARがあっても判定は変わらなかった」

UEFAのアレクサンデル・チェフリン会長が、先の試合で結果に大きな影響を及ぼしたジャッジに言及した。<br><br>チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦レアル・マドリー対ユベントスの一戦で、マドリーは終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFメディ・ベナティアに倒されてPKを獲得。これをFWクリスティアーノ・ロナウドが沈め、2試合合計スコア4-3でラウンド突破を決めた。<br><br>だが試合後、あのPKについては議論が巻き起こっている。チェフリン会長はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で自身の見解を示した。<br><br>「VARがあっても判定は変わらなかった。あのプレーを、20回くらい見た人もいるだろう。私は50回くらい見直したよ。あれはPKだったと主張する人が半分、もう半分はPKではなかったと考えているだろう」<br><br>ジャッジを激しく批判したユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンのコメントについては、次のように話している。<br><br>「ブッフォンの発言は正しくなかった。あれは言うべきではなった。だが、あの試合でプレーした選手のフラストレーションは分かる。93分に失点した際の失望感は理解できるものだ」<br><br>審判団の選定に関しては、一貫した姿勢を示している。<br><br>「監督が選手を決めるようなものだ。勝利するためにベストメンバーを送り出す。しかし、実際には逆の現象が起きたりする。その時、責任は誰にあるのか。彼らはUEFAに多大な貢献をしてきた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンOBがC・ロナウドに懇願?「本来であれば違いをつくる選手だが...」

元バイエルン・ミュンヘンのローター・マテウス氏が、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドにあるお願いをしている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でレアル・マドリーと対戦する。この試合で、バイエルンが注意すべきは今季のCLで15得点を挙げて得点ランク首位に立つC・ロナウドだ。<br><br>マテウス氏は、決戦を前に次のように話している。スペイン『EFE通信』がコメントを伝えた。<br><br>「バイエルンには偉大な選手が揃っているし、大きなスピリットがある。だがレアル・マドリーは素晴らしいチームだ。それだけではない。ロナウドという違いをつくる選手がいる。ただ、バイエルン戦では違いをつくらないでほしいね」<br><br>「レアル・マドリーがバイエルンより優れているとは言えないだろう。両チームともに、フットボールで歴史を築いてきた。最終的にはチームスピリットが結果を左右するかもしれないね」<br><br>マドリーは準々決勝で&rdquo;疑惑のPK&rdquo;により、ユベントスを下している。マテウス氏は一連の騒動にも触れた。<br><br>「あのPKは、吹く審判もいれば、吹かない審判もいるだろう。チャンピオンズリーグの準々決勝、準決勝、決勝というのは、ディテールで決まってしまう。フットボールは不条理なんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

懸念材料はバイエルンの重圧...判定めぐる過熱報道を危惧するレアル・マドリー

レアル・マドリーは、ビッグマッチで正当な判定が下されるかどうかを気にかけているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でユベントスを下して準決勝進出を決めたマドリーだが、第2戦で終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFベナティアに倒されて獲得したPK(クリスティアーノ・ロナウドが得点)が物議を醸した。ジネディーヌ・ジダン監督が「『試合の盗難』を話題にされていることに憤りを感じる」と語れば、MFイスコは「同じ職業において、ふたつの基準がある。恥ずべきことだ」と、ルーカス・バスケスは「アンチ・マドリディスモがあると感じて得要る。あのPKが、イタリアよりスペイン国内で議論されているんだ。マドリーが8年連続で準決勝進出を決めたから、嫉妬しているんだよ」と指揮官に同調した。<br><br>17日付の『マルカ』紙面は「レアル・マドリーが試合の盗難を懸念している」と一面トップで報じた。翌日の紙面ではその続報として、CL準決勝で対戦するバイエルンがこの過熱報道を利用することを予想。ウリ・ヘーネス会長やカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが試合前に判定について何らかの意見を述べるだろうとつづっている。<br><br>マドリーとバイエルンは昨季CL準々決勝で激突している。その際にも判定が議論を呼んだ。第2戦の延長戦まで持つれ込んだ一戦は、結果マドリーが2試合合計スコア6-3で勝利を収めている。しかし第2戦の試合では、ハンガリー人主審ビクトール・カサイのジャッジが波紋を呼んだ。バイエルン側はMFアルトゥーロ・ビダルへの2枚目のイエローカード、延長戦突入後のマドリーの2得点がオフサイドポジションから生み出されたものとして、レフェリングに不服を唱えていた。<br><br>一方でマドリーは現在、UEFAの審判団決定を冷静に待つ構えを示している。この一連の騒動が8年連続CL準決勝進出によって生み出されたものだとの自覚があり、UEFAが強いパーソナリティーを備えたエキスパートを選任することを望んでいるとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

サラー初凱旋のCL準決勝2ndレグのローマvsリバプールのチケットが完売!

▽ローマは18日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのローマvsリバプールのチケットが完売したことを発表した。 ▽13日にCL準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準々決勝で奇跡の逆転突破を果たしたローマと、今季のプレミアリーグで首位を独走していたマンチェスター・シティを下したリバプールの対戦が決定。 ▽昨夏にローマからリバプールへ移籍したエジプト代表FWモハメド・サラーの初凱旋でもある一戦は、前売り券の時点で22000枚が完売。ローマによると、現地時間18日の10時に販売を開始した35000枚のチケットも3時間30分で完売したとのことだ。 ▽また、イタリア『フットボール・イタリア』によれば、ローマのチケット売り場には前日の夜から約100人が徹夜で並んでいたという。 ▽なお、準決勝1stレグのリバプールvsローマは、24日の27時45分にキックオフを迎える。 2018.04.19 00:02 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース