レーティング:モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ《CL》2017.03.16 06:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、モナコvsマンチェスター・シティが15日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、モナコが3-1で勝利した。この結果、2戦合計6-6で並ぶもアウェイゴール数で上回ったモナコがベスト8進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽モナコ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 スバシッチ 6.5
失点はノーチャンス。1stレグのミスを帳消しにする圧巻の好守を連発

DF
19 シディベ 6.0
逆サイドとのバランスを考え、リスク管理中心のプレー。終盤はザネに苦戦も何とか耐えた

5 ジェメルソン 6.5
持ち味の機動力と球際の強さを生かしてアグエロを封殺

24 ラッジ 6.5
交代間際はバタバタしたが、堅実なカバーリングで浮いた相手の選手に対応

(→A・トゥーレ 5.5)
難しい時間帯の投入だったが、落ち着いたプレーを見せた

23 メンディ 7.0
1アシストを記録するなど、勝負度胸満点の仕掛けで躍動

MF
10 ベルナルド・シウバ 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。献身的な守備に加え、繋ぎの精度も高かった

2 ファビーニョ 7.0
見事なフィニッシュでチーム2点目を奪取。読みと強さを生かした守備で奮闘

14 バカヨコ 7.0
中盤のフィルター役として好パフォーマンスを披露。そして、最後に値千金のゴールを決めた

27 ルマール 7.0
中盤で絶妙なタメを作り、メンディの攻め上がりを促す。決勝点をアシストするなど、プレースキックの精度も高かった

FW
18 ジェルマン 6.0
ファルカオに代わるゲームキャプテンとして、チームの攻守にスイッチを入れる重要な役割を果たした

(→ディラール -)

29 ムバッペ 6.5
冷静なフィニッシュで先制点を奪取。果敢な仕掛けで常に相手の脅威となった

(→モウティーニョ -)

監督
ジャルディム 7.0
運動量の落ちた後半は1stレグと同じ結末も予想されたが、見事な粘りで逃げ切り逆転でベスト8進出

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 カバジェロ 5.0
立ち上がりにビッグセーブを見せたが、悔しい3失点…

DF
3 サーニャ 5.0
自身のサイドから2失点…。メンディの攻め上がりに苦戦

24 ストーンズ 5.0
周囲との連係面がうまくいかず、度々つり出される場面が散見

11 コラロフ 5.5
繫ぎの部分で奮闘も、守備では後手の対応を強いられた

22 クリシ 5.0
押し込まれてなかなか攻撃に絡めず

(→イヘアナチョ -)

MF
7 スターリング 5.5
スペースを突く動きでゴールをお膳立てしたが、肝心の試合終盤にプレー精度を欠いた

17 デ・ブライネ 5.0
前向きにボールを持つことができず、屈強な相手の中盤に潰され続ける

25 フェルナンジーニョ 5.5
パスコースを切られて孤立させられた中、無難に捌いた。守備の局面では飛び出してくる相手をケアし切れず

21 シルバ 5.0
後半は盛り返してチャンスに絡んだが、相手に捕まえられる場面が多く、フィジカル勝負で完敗…

19 L・ザネ 6.0
前半は完全に消されたが、意地の1ゴールを含め後半は攻め手になった

FW
10 アグエロ 5.5
チームの攻撃が限定されたことで、常に複数のDFを相手にする難しいプレーが続いた。その中でも見せ場は作った

監督
グアルディオラ 5.0
攻撃的なメンバー構成で臨んだが、フィジカル勝負で屈した前半の出来が痛恨。また、試合終盤にチームを鼓舞し切れず、淡々とした敗戦に…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファビーニョ(モナコ)
▽値千金の決勝点を奪った相棒バカヨコやメンディの活躍も見事だったが、1ゴールに加えて試合を通して攻守に存在感を放ったファビーニョをMOMに選出。

モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ
【モナコ】
ムバッペ(前8)
ファビーニョ(前29)
バカヨコ(後32)
【マンチェスター・シティ】
L・ザネ(後26)

コメント

関連ニュース

thumb

パリ・サンジェルマンが主力温存のモナコを5発粉砕…仏杯決勝進出《クープ・ドゥ・フランス》

26日にクープ・ドゥ・フランス準決勝が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とモナコが対戦した。試合はホームのPSGが5-0と大勝している。<br><br>リーグ・アンではモナコに首位を譲るが、この日はPSGが前半から圧倒。7割近いポゼッションで試合を進め、26分に先制に成功する。アンヘル・ディ・マリアのミドルシュートをモナコGKモルガン・デ・サンクティスがファンブル。エディンソン・カバーニが詰めると、最後はユリアン・ドラクスラーが無人のゴールに押し込んだ。さらにその5分後、ディ・マリアの右足のクロスにカバーニがヒールで合わせ、今度はエースにゴールが生まれる。<br><br>前半を2点リードで終えたPSGは後半もゴールを重ねる。50分、52分に得点を挙げ、勝負を決めると、90分にマルキーニョスのゴールでさらにダメ押しした。<br><br>PSGはリーグ戦の鬱憤を晴らすようにモナコに快勝。モナコはラダメル・ファルカオ、キリアン・ムバッペ、ベルナルド・シルバらを温存して臨んだが、それで勝てるほど簡単な相手ではなかったようだ。なお、PSGは決勝でアンジェと対戦する予定。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・C、天文学的移籍金でムバッペを狙う…モナコは徹底抗戦の構え

マンチェスター・シティが、モナコの新星FWキリアン・ムバッペの獲得に向け天文学的な移籍金を準備していることが分かった。<br><br>マンチェスター・シティは、昨シーズンからムバッペの動向を注視しており、昨年8月には4000万ユーロ(約49億円)のオファーを出したものの、拒絶されたと報じられていた。今季センセーショナルな活躍を続ける18歳のストライカーに引き続き興味を持っているエティハド・スタジアムのクラブは、モナコが1億ユーロ(約110億円)以下では交渉に応じる意思がないため、1億1000万ユーロ(約120億円)以上のオファーを提示すると考えられている。<br><br>一方のモナコは、どんなに莫大な移籍金を提示されても、今夏放出する予定はなく、少なくともあと1シーズンはモナコに留めたいようだ。モナコのバディム・バシリエフ副会長は「選手を残すためできる限りのことをする」と主張しており、ムパッペのみでなくベルナルド・シルバ、トーマス・レマルの獲得を狙うビッグクラブに忠告している。<br><br>シティは今夏新たな前線選手の獲得を狙っており、モナコの若手と比較して半額以下の移籍金で獲得できるアーセナルのアレクシス・サンチェスの獲得に自信を持つ。先日のFAカップでアーセナルがマンチェスター・シティに勝利したことにより同選手の心に劇的な変化が起きない限り、シティ加入は目前とされている。<br><br>長年チームを支えたエースストライカーのセルヒオ・アグエロは来シーズンもエティハド・スタジアムでのプレーを希望するものの、パリ・サンジェルマンに電撃移籍する可能性も残されている。残留する場合も今冬加入直後に足を骨折する重傷を負ったガブリエウ・ジェズスとの熾烈のポジション争いが待ち構えている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アネルカ氏、新星ムバッペは「ロナウド、アネルカ、ドメネクのどれになるのかを選ぶことになる」

元フランス代表FWニコラ・アネルカ氏がフランス『レキップ』とのインタビューで、同胞のモナコFWキリアン・ムバッペについて言及している。<br><br>若干18歳ながら抜群の存在感を放ち、将来を嘱望されるムバッペ。アネルカ氏はこの超新星が、自身及び元ブラジル代表FWロナウド氏のようなキャリアを歩めるとの考えを述べた。<br><br>「僕がムバッペを見て思い出すのは、1996年五輪のロナウドだ。彼はそのようなレベルにある。ワールドクラスと称される選手が持つ特徴を有しているし、適切な形で成長を遂げていかなければならない。彼はロナウドかアネルカになることを選択する必要があるんだ」<br><br>「ムバッペがもし僕のようなキャリアを歩むとしたら、それは最高のストライカーの一人になることを意味する。好き嫌いはあるが、強いキャラクターを持つ選手にね。一方で怪物ロナウド、僕のフットボールにおける目標だったモデルを踏襲するとすれば、スポーツの歴史に名を刻む伝説となるだろう。僕が望むのは、そうなることだけどね」<br><br>アネルカ氏はさらに、フランス代表で確執があったレイモン・ドメネク監督も引き合いに出し、「ムバッペはドメネクのようなキャリアを歩むことだってできる。つまりは、フランスのしがないストライカーになるということだ」と皮肉交じりに語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントを撃破したモナコ指揮官「選手たちのパフォーマンスにリミットはない」

▽モナコを率いるレオナルド・ジャルディム監督が、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのドルトムント戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。 ▽敵地で行われた1stレグは、ドルトムントのチームバスが襲撃されたことを受けて、一日遅れで開催された。この試合は3-2で勝利したモナコは、ホームでの2ndレグで3分にムバッペが先制ゴールをマーク。17分にはファルカオも追加点を奪うと、その後1点を返されながら終盤にジェルマンも加点し3-1で勝利。2戦合計6-3としたモナコがベスト4進出を決めた。 ▽試合を振り返った指揮官は、選手たちのパフォーマンスを称えて次のように述べた。 「すべての選手が、最高の水準でプレーしてくれた。私は、自分の選手たちが見せたパフォーマンスに満足している。このレベルでの試合に置いて、選手たちのパフォーマンスにリミットはないんだ。我々はフランスを代表している。フランスのクラブがこの位置にいることは久しぶりのことだ」 2017.04.20 11:28 Thu
twitterfacebook
thumb

先制点でチームの勝利に貢献したムバッペ「自分たちのやるフットボールを理解し、それを遂行するだけ」

▽モナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのドルトムント戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。 ▽敵地で行われた1stレグは、ドルトムントのチームバスが襲撃されたことを受けて、一日遅れで開催された。この試合は3-2で勝利したモナコは、ホームでの2ndレグで3分にムバッペが先制ゴールをマーク。17分にはファルカオも追加点を奪うと、その後1点を返されながら終盤にジェルマンも加点し3-1で勝利。2戦合計6-3としたモナコがベスト4進出を決めた。 ▽試合を振り返ったムバッペは、自分たちの戦いに自信を示している。 「今シーズンは本当に素晴らしい戦いができているね。チームメートとの絆についても満足しているし、これからも勝利を続けたい。僕たちはプレッシングから攻撃的なフットボールをするチームで、今日もそれができた」 「確かにCLは難しい戦いが続くけれど、まずは集中力が大事だと思う。自分たちのやるフットボールを理解し、それを遂行するだけだ」 ▽今回のゴールでムバッペは今季のCLで5得点とした。これまでのゴールを振り返った同選手は次のように語っている。 「今季決めた5得点の中で、一番のお気に入りはドルトムントとの1stレグで上げた2つ目のゴールだ。個人的にも美しいゴールだったと思っているよ」 2017.04.20 11:26 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース