レーティング:モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ《CL》2017.03.16 06:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、モナコvsマンチェスター・シティが15日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、モナコが3-1で勝利した。この結果、2戦合計6-6で並ぶもアウェイゴール数で上回ったモナコがベスト8進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽モナコ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 スバシッチ 6.5
失点はノーチャンス。1stレグのミスを帳消しにする圧巻の好守を連発

DF
19 シディベ 6.0
逆サイドとのバランスを考え、リスク管理中心のプレー。終盤はザネに苦戦も何とか耐えた

5 ジェメルソン 6.5
持ち味の機動力と球際の強さを生かしてアグエロを封殺

24 ラッジ 6.5
交代間際はバタバタしたが、堅実なカバーリングで浮いた相手の選手に対応

(→A・トゥーレ 5.5)
難しい時間帯の投入だったが、落ち着いたプレーを見せた

23 メンディ 7.0
1アシストを記録するなど、勝負度胸満点の仕掛けで躍動

MF
10 ベルナルド・シウバ 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。献身的な守備に加え、繋ぎの精度も高かった

2 ファビーニョ 7.0
見事なフィニッシュでチーム2点目を奪取。読みと強さを生かした守備で奮闘

14 バカヨコ 7.0
中盤のフィルター役として好パフォーマンスを披露。そして、最後に値千金のゴールを決めた

27 ルマール 7.0
中盤で絶妙なタメを作り、メンディの攻め上がりを促す。決勝点をアシストするなど、プレースキックの精度も高かった

FW
18 ジェルマン 6.0
ファルカオに代わるゲームキャプテンとして、チームの攻守にスイッチを入れる重要な役割を果たした

(→ディラール -)

29 ムバッペ 6.5
冷静なフィニッシュで先制点を奪取。果敢な仕掛けで常に相手の脅威となった

(→モウティーニョ -)

監督
ジャルディム 7.0
運動量の落ちた後半は1stレグと同じ結末も予想されたが、見事な粘りで逃げ切り逆転でベスト8進出

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 カバジェロ 5.0
立ち上がりにビッグセーブを見せたが、悔しい3失点…

DF
3 サーニャ 5.0
自身のサイドから2失点…。メンディの攻め上がりに苦戦

24 ストーンズ 5.0
周囲との連係面がうまくいかず、度々つり出される場面が散見

11 コラロフ 5.5
繫ぎの部分で奮闘も、守備では後手の対応を強いられた

22 クリシ 5.0
押し込まれてなかなか攻撃に絡めず

(→イヘアナチョ -)

MF
7 スターリング 5.5
スペースを突く動きでゴールをお膳立てしたが、肝心の試合終盤にプレー精度を欠いた

17 デ・ブライネ 5.0
前向きにボールを持つことができず、屈強な相手の中盤に潰され続ける

25 フェルナンジーニョ 5.5
パスコースを切られて孤立させられた中、無難に捌いた。守備の局面では飛び出してくる相手をケアし切れず

21 シルバ 5.0
後半は盛り返してチャンスに絡んだが、相手に捕まえられる場面が多く、フィジカル勝負で完敗…

19 L・ザネ 6.0
前半は完全に消されたが、意地の1ゴールを含め後半は攻め手になった

FW
10 アグエロ 5.5
チームの攻撃が限定されたことで、常に複数のDFを相手にする難しいプレーが続いた。その中でも見せ場は作った

監督
グアルディオラ 5.0
攻撃的なメンバー構成で臨んだが、フィジカル勝負で屈した前半の出来が痛恨。また、試合終盤にチームを鼓舞し切れず、淡々とした敗戦に…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファビーニョ(モナコ)
▽値千金の決勝点を奪った相棒バカヨコやメンディの活躍も見事だったが、1ゴールに加えて試合を通して攻守に存在感を放ったファビーニョをMOMに選出。

モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ
【モナコ】
ムバッペ(前8)
ファビーニョ(前29)
バカヨコ(後32)
【マンチェスター・シティ】
L・ザネ(後26)

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ撃破でアウェイ戦初白星挙げたRBライプツィヒ、指揮官は「今季のベストゲームの1つ」

RBライプツィヒは21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節で、敵地にてモナコを4-1で撃破した。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、「我々が見せた今シーズンのベストゲームの一つ」と喜びを語った。<br><br>グループステージ突破に向けてアウェーでの勝利が必須となっていたライプツィヒは、6分にMFマルセル・サビッツァーが相手DFのオウンゴールを誘発して先制。9分にFWティモ・ヴェルナーが追加点を奪うと、31分にはPKも決めてリードを3点に広めた。43分にはFWラダメル・ファルカオのヘディング弾で1点返されるも、その直後にはナビ・ケイタがチーム4点目をマークした。<br><br>ハーゼンヒュットル監督は試合後、「みんなは今日も熱心に働いてくれた。これまでのパフォーマンスを誇らしく思っても良いだろう。勝ち点7も集めたのだからね」と喜びを表すると、モナコ戦についてこのように続けた。<br><br>「とりわけ後半のプレーに満足している。我々にしては、とても冷静に臨み、クレバーだったのでね。この試合は、ブンデスリーガでの前節レバークーゼン戦に比べても、大きな一歩となった。我々が見せた今シーズンのベストゲームの一つだった」<br><br>なお、ライプツィヒは勝ち点7でポルトと並ぶも、両者の直接対決での得失点差では負けているため、グループGの3位と順位には変動なし。最終節では勝ち点11で首位通過が確定しているベジクタシュをホームに迎えるが、ポルトがモナコとのホームマッチで得る勝ち点を上回った場合のみ、CLの決勝ラウンドに駒を進めることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 23:01 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季ベスト4のモナコが敗退…3位ライプツィヒは最終節での逆転突破目指す《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第5節、モナコvsRBライプツィヒが21日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、アウェイのライプツィヒが4-1で勝利した。この結果、モナコの最下位とグループステージ敗退が決定した。 ▽昨季のベスト4チームながらここまで唯一の未勝利と不調が続く最下位モナコ(勝ち点2)は、今節勝利を逃すと敗退が決定する。それでも、時差の関係で数時間前に行われた試合で、2位のポルト(勝ち点6)が首位ベシクタシュ(勝ち点10)と1-1のドローに終わったため、この試合を戦う前に突破の可能性がなくなるという最悪の事態を免れた。必勝を期して臨んだこの一戦では、シディベとレマルを負傷で欠いたものの負傷明けのファルカオが先発に復帰した。 ▽一方、初出場で決勝トーナメント進出を目指す3位ライプツィヒ(勝ち点4)は、2位ポルトが引き分けたことで今節の勝利によって勝ち点7で並ぶ可能性が浮上。前回対戦で引き分けたモナコとのアウェイゲームに向けては、ヴェルナーやフォルスベリ、ナビ・ケイタら主力が揃ってスタメン入りした。 ▽試合は思わぬ形で早々に動く。開始6分、右サイドに抜け出したサビツァーが低くて速いクロスを入れると、戻りながらの対応となったDFジェメルソンのクリアミスがそのままゴールネットに吸い込まれる。さらに直後の9分にはオウンゴールで動揺したか、最終ラインからジェメルソンが不用意に出した縦パスをカットしたカンプルのラストパスに抜け出したヴェルナーがロブ気味のオシャレなシュートで追加点を奪った。 ▽ジェメルソンの痛恨ミスで瞬く間にビハインドを背負ったモナコは、すぐさま反撃に出るが、ケイタやファルカオのシュートがことごとくGKの正面を突くなど、ゴールが遠い。すると31分にはライプツィヒのセットプレーの場面でファルカオがボックス内でオルバンを倒してしまい、痛恨のPK献上。これをヴェルナーに決められて、3失点目を喫した。 ▽その後、相手選手との交錯で鎖骨を痛めたサビツァーが負傷交代するアクシデントに見舞われたライプツィヒに対して、モナコが意地のゴールを奪う。43分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でロニー・ロペスがゴール前に入れたボールを、飛び出したGKより先に頭で触ったファルカオが先ほど与えたPKを帳消しにした。だが、この2分後にはボックス中央でクサビを受けたナビ・ケイタに巧みな反転シュートを流し込まれ、モナコは再び3点のビハインドを背負い前半を終えた。 ▽前半で大勢が決したことで、後半はこう着した展開が続く。ホームで意地を見せたいモナコは、ディアカビやゲザルらを投入して攻勢を強めていくが、流れの中でなかなか決定機を作れない。 ▽一方、ヴェルナーやフォルスベリを早い時間帯に下げて逃げ切り体勢に入ったライプツィヒは追加点こそ挙げられないものの、相手の反撃を冷静に凌ぎ切って試合をクローズ。結局、前半のゴールを守り切ったライプツィヒが敵地で4-1の大勝。当該成績で順位は3位のままとなったが、2位ポルトに勝ち点で並び最終節での逆転突破に望みを繋いだ。一方、自滅という形で大敗したモナコは、最終節を前に最下位とグループステージ敗退が決定した。 2017.11.22 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

2位モナコ、ヨベティッチのゴールで追いつくもアミアンと痛いドロー《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第13節アミアンvsモナコが17日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽16位のアミアン(勝ち点12)と2位のモナコ(勝ち点28)の一戦。ファビーニョやケイタ、ファルカオらが先発したモナコだが、序盤は攻守の切り替えが早いアミアンに押し込まれる。13分、自陣中央右からのFKをコナテに頭で狙われるが、枠を外れて事なきを得る。 ▽状況を打開しようと、直後にファルカオがボックス左からシュートを試みるが、こちらも枠を捉えられず。すると31分、カウンターの形からカクタのスルーパスを最終ラインの裏に通されると、このパスでGKの一対一となったギャクベに冷静に決められ先制を許してしまった。 ▽モナコが1点リードされて迎えた後半、モナコは頭からR・ロペスを下げてゲザルを投入。チームのテコ入れを図った。しかし、先にアミアンにチャンスを作られてしまう。48分、ギャクベにボックス右への侵攻を許すと、そのクロスにコナテが反応。だがここはDFが死守。直後のCKの流れから、再びコナテにクロスを頭で合わせられヒヤリとする場面に。 ▽それでも、徐々にポゼッションを高めるモナコは同時にゴールに迫る回数も増やしていく。さらにモナコはこのタイミングでカリージョに代えてヨベティッチを起用。すると67分、モナコに待望の同点ゴールが生まれる。 ▽左サイドのクロスの跳ね返りをボックスの外で拾ったファビーニョは、中央から右にドリブルで展開。さらにそこからDFをかわしてボックス右に侵入したところでクロスを上げると、ヨベティッチが右足ダイレクトで上手く合わせゴール左に流し込んだ。 ▽その後は一進一退の攻防が続いたが、どちらもゴールを割ることなくこのまま試合終了。首位のパリ・サンジェルマンを追うモナコにとっては痛い引き分けとなってしまった。 2017.11.18 06:38 Sat
twitterfacebook
thumb

史上最高額の510億円で落札されたダ・ヴィンチの『救世主』の出品者は?

▽15日、ニューヨークで競売商クリスティーズのオークションにレオナルド・ダ・ヴィンチの『サルバトール・ムンディ』(救世主)がかけられ、約4億5031万ドル(約510億円)で落札された。アメリカ『ニューヨーク・タイムズ』など複数メディアが報じた。 ▽これは芸術作品として、史上最高額での落札となった。この作品の出品者が話題となっている。『救世主』を出品したのは、ロシア人実業家のドミトリー・リボロフレフ氏。聞き覚えのある方も居るかもしれないが、リーグ・アンのモナコで会長を務めている人物だ。 ▽リボロフレフ氏は、2016年4月に「パナマ文書」という名で知られた資産移転や資産隠しへの調査で名前が挙がり、元妻であるエレナ夫人との離婚訴訟に際して、絵画などを隠したとされており、『救世主』もそのうちの1つだと言われていた。 ▽『救世主』という作品は、現存するダ・ヴィンチの数少ないものの1つで、イギリスのチャールズ1世、2世、フランスのルイ12世が過去に所有。その後、3世紀にわたって行方不明となっており、希少価値が上がっていた。 ▽モナコは、パリ・サンジェルマンへレンタル移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペや、チェルシーに移籍したMFティエムエ・バカヨコ、マンチェスター・シティに移籍したMFベルナルド・リウバ、DFバンジャマン・メンディなど多くの選手を放出。移籍金総額3億5750万ユーロ(約464億円)を今夏に獲得していた。その移籍金を上回る資産を手放したリボロフレフ氏。今冬も大型補強に乗り出すのだろうか。 2017.11.17 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、今夏獲得に迫ったモナコMFレマルから撤退へ…

▽アーセナルが、モナコに所属するフランス代表MFトマ・レマル(22)の獲得レースから撤退するようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏、アーセナルはマンチェスター・シティへの流出が濃厚と見られていたチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の後釜としてレマルをリストアップ。移籍市場最終日には9000万ポンド(約134億円)の巨額オファーを掲示したものの、モナコ側が放出を拒否したことで交渉は破談に終わっていた。 ▽それでも、前述のサンチェスに加え、ドイツ代表MFメスト・エジル(29)が今季限りで切れる契約を延長する意思を見せていないため、来夏レマル獲得に再チャレンジすると見られている。 ▽しかし、『ミラー』の伝えるところによれば、現在アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督はレマルへの興味を失い始めており、獲得レースから撤退する見込みだという。 ▽その一方で、アーセナルはリヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(24)への関心を強めており、レマルに代わって同選手の獲得交渉を進めているようだ。今夏、両クラブにとって史上最高額となる移籍金でフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの交渉をまとめた両クラブの関係性は良好で、6000万ポンド(約89億4000万円)での交渉成立を目指しているという。 ▽なお、モナコのヴァディム・ヴァシリエフ副会長が来夏の放出を示唆しているレマルに関しては、バルセロナとリバプールが関心を示しており、新天地はいずれかになる見込みだ。 2017.11.16 03:28 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース