レーティング:モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ《CL》2017.03.16 06:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、モナコvsマンチェスター・シティが15日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、モナコが3-1で勝利した。この結果、2戦合計6-6で並ぶもアウェイゴール数で上回ったモナコがベスト8進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽モナコ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 スバシッチ 6.5
失点はノーチャンス。1stレグのミスを帳消しにする圧巻の好守を連発

DF
19 シディベ 6.0
逆サイドとのバランスを考え、リスク管理中心のプレー。終盤はザネに苦戦も何とか耐えた

5 ジェメルソン 6.5
持ち味の機動力と球際の強さを生かしてアグエロを封殺

24 ラッジ 6.5
交代間際はバタバタしたが、堅実なカバーリングで浮いた相手の選手に対応

(→A・トゥーレ 5.5)
難しい時間帯の投入だったが、落ち着いたプレーを見せた

23 メンディ 7.0
1アシストを記録するなど、勝負度胸満点の仕掛けで躍動

MF
10 ベルナルド・シウバ 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。献身的な守備に加え、繋ぎの精度も高かった

2 ファビーニョ 7.0
見事なフィニッシュでチーム2点目を奪取。読みと強さを生かした守備で奮闘

14 バカヨコ 7.0
中盤のフィルター役として好パフォーマンスを披露。そして、最後に値千金のゴールを決めた

27 ルマール 7.0
中盤で絶妙なタメを作り、メンディの攻め上がりを促す。決勝点をアシストするなど、プレースキックの精度も高かった

FW
18 ジェルマン 6.0
ファルカオに代わるゲームキャプテンとして、チームの攻守にスイッチを入れる重要な役割を果たした

(→ディラール -)

29 ムバッペ 6.5
冷静なフィニッシュで先制点を奪取。果敢な仕掛けで常に相手の脅威となった

(→モウティーニョ -)

監督
ジャルディム 7.0
運動量の落ちた後半は1stレグと同じ結末も予想されたが、見事な粘りで逃げ切り逆転でベスト8進出

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 カバジェロ 5.0
立ち上がりにビッグセーブを見せたが、悔しい3失点…

DF
3 サーニャ 5.0
自身のサイドから2失点…。メンディの攻め上がりに苦戦

24 ストーンズ 5.0
周囲との連係面がうまくいかず、度々つり出される場面が散見

11 コラロフ 5.5
繫ぎの部分で奮闘も、守備では後手の対応を強いられた

22 クリシ 5.0
押し込まれてなかなか攻撃に絡めず

(→イヘアナチョ -)

MF
7 スターリング 5.5
スペースを突く動きでゴールをお膳立てしたが、肝心の試合終盤にプレー精度を欠いた

17 デ・ブライネ 5.0
前向きにボールを持つことができず、屈強な相手の中盤に潰され続ける

25 フェルナンジーニョ 5.5
パスコースを切られて孤立させられた中、無難に捌いた。守備の局面では飛び出してくる相手をケアし切れず

21 シルバ 5.0
後半は盛り返してチャンスに絡んだが、相手に捕まえられる場面が多く、フィジカル勝負で完敗…

19 L・ザネ 6.0
前半は完全に消されたが、意地の1ゴールを含め後半は攻め手になった

FW
10 アグエロ 5.5
チームの攻撃が限定されたことで、常に複数のDFを相手にする難しいプレーが続いた。その中でも見せ場は作った

監督
グアルディオラ 5.0
攻撃的なメンバー構成で臨んだが、フィジカル勝負で屈した前半の出来が痛恨。また、試合終盤にチームを鼓舞し切れず、淡々とした敗戦に…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファビーニョ(モナコ)
▽値千金の決勝点を奪った相棒バカヨコやメンディの活躍も見事だったが、1ゴールに加えて試合を通して攻守に存在感を放ったファビーニョをMOMに選出。

モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ
【モナコ】
ムバッペ(前8)
ファビーニョ(前29)
バカヨコ(後32)
【マンチェスター・シティ】
L・ザネ(後26)

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリーがムバッペ獲得でモナコと基本合意報道、移籍金は史上最高額の234億円

▽スペイン『マルカ』は25日、レアル・マドリーがモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得がクラブ間合意に達したと報じている。 ▽年俸は700万ユーロ(約9億1000万円)の6年契約で、移籍金は史上最高額の1億8000万ユーロ(約234億5000万円)。この移籍金は昨夏にマンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバに投じた1億500万ユーロを大幅に更新する額となっている。ただ、モナコはフランス『Nice Matin』で合意はしていないと主張している。 ▽2013年からモナコでプレーするムバッペは、2015年12月にプロデビュー。爆発的なスピードと圧倒的なスキルを武器に、2016-17シーズンはモナコで公式戦44試合26ゴール14アシストを記録し、チャンピオンズリーグではベスト4、リーグ・アンでは17シーズンぶりの優勝に導いていた。 ▽一躍ブレイクを果たした18歳の超新星には、レアル・マドリーの他、アーセナルやパリ・サンジェルマンなど、錚々たるビッグクラブが獲得に関心を示していた。 2017.07.25 22:56 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、トマ・ルマール放出に約79億円要求でアーセナルをけん制か

▽モナコは、フランス代表MFトマ・ルマール(21)の獲得を目論むアーセナルをけん制しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽2015年にカーンから加入したルマールは昨シーズン、公式戦55試合に出場し、14ゴール17アシストを記録。チームの17年ぶりとなるリーグ制覇に貢献した。また、チャンピオンズリーグ(CL)でも12試合に出場し、2ゴール5アシストをマーク。準決勝ではユベントスに2戦合計1-4で敗れ、決勝進出を逃したものの、チームのベスト4入りに導いた。 ▽そのルマールを今夏獲得候補の最優先事項に掲げているとみられているアーセナルは現在、4500万ポンド(約64億9000万円)での獲得を画策。しかし、今回の報道によると、モナコはルマールの移籍金として5500万ポンド(約79億3500万円)を要求しているという。とはいえ、5000万ポンド(約72億1000万円)でも取引成立の芽もある模様だ。 ▽また、モナコは昨シーズンのリーグ・アン制覇に貢献したフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)のチェルシー移籍が決定し、フランス代表DFバンジャマン・メンディ(22)もマンチェスター・シティ移籍が濃厚となっていることで、これ以上の戦力低下に危機感を募らせているとのことだ。 2017.07.24 11:09 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ、ウォーカー超えの5750万ユーロでモナコDFメンディ獲得で合意! 仏『レキップ』が4度目オファーで合意と報道

▽フランス『レキップ』は22日、マンチェスター・シティがフランス代表DFバンジャマン・メンディ(23)の獲得に関してモナコと合意に至ったと報じた。 ▽『レキップ』の伝えるところによれば、移籍金は5750万ユーロ(約74億5000万円)となり、先日にシティがトッテナムから獲得したイングランド代表DFカイル・ウォーカー(27)の最高5500万ユーロ(約71億3000万円)を抜き、DFの移籍金として史上最高額となるという。 ▽マルセイユ時代にジョゼップ・グアルディオラ監督も尊敬する鬼才マルセロ・ビエルサ監督の下で大きな成長を遂げたメンディは、昨夏加入したモナコで公式戦39試合に出場。圧巻のスプリントと突破力を武器に、1列前のMFトマ・ルマールと共に相手の右サイドを蹂躙し続けるなど、リーグ・アン屈指の左サイドバックとして多くの称賛を得ている。 ▽なお、シティは今夏のトップターゲットとなっていたメンディの獲得に際して、最初に4000万ユーロ(約51億8000万円)、2度目に4500万ユーロ(約58億3000万円)、先日には3度目となる5250万ユーロ(約68億円)のオファーを掲示も、すべて断られていた。だが、最終的にDF史上最高額の移籍金で逸材獲得に成功したようだ。 2017.07.22 17:03 Sat
twitterfacebook
thumb

モラタの後釜にムバッペ? 両者を語るジダン監督「ムバッペはとても良い」

▽FWに欠員が出たことで、レアル・マドリーはモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得攻勢を強めるかもしれない。同クラブのジネディーヌ・ジダン監督が応じた、メキシコ版『ESPN』のインタビューをスペイン『マルカ』が伝えた。 ▽レアル・マドリーは19日、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)をチェルシーへ放出したと発表。昨シーズン公式戦43試合20得点という好成績を残したFW放出の穴が、かねてよりマドリーが獲得に動いていると報じられている、ムバッペの居場所として提供されることになる可能性を『マルカ』は指摘している。 ▽『ESPN』のインタビューに対応したジダン監督は、退団が決定したモラタについて尋ねられると、一定の理解を示していることを表現し、感謝を伝えた。 「私たち(レアル・マドリー)は、彼(モラタ)にありったけの幸運を願っているよ。マドリーに対して思うのと同じくらいに。みんなここが彼のホームだと分かっている。彼はいつだってここで過ごしてきたからね。彼は決断に迫られたから、他のクラブへの移籍を選んだんだ」 ▽さらに、獲得が噂されているムバッペについて話が及ぶと、同選手への賛辞を贈るに留まった。 「彼(ムバッペ)はとても良い選手だ。1年を通して活躍を証明したね。でも、彼は私の選手ではないから、これ以上は何も語れない」 2017.07.21 14:38 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコ、不正アプローチでムバッペ狙うビッグクラブに警告! 「LFPとFIFAに懲戒処分を求める」

▽モナコは20日、不正なアプローチでフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得を狙う“重要なクラブ”に対して、国際サッカー連盟(FIFA)らに懲戒処分を求める意向であることを発表した。同クラブが公式サイトで声明を発表した。 ▽モナコは、今夏の移籍市場において1億ユーロ(約130億円)超えともいわれる巨額のオファーを準備してムバッペの獲得を目指す一部のビッグクラブが、クラブに許可なく選手本人や関係者と接触を行っている事実を確認し、当該行為に関してFIFAやフランスのプロサッカーリーグ機構(LFP)に懲戒処分を求める意向であることを明かした。 「ASモナコは“重要な”いくつかのヨーロッパのクラブが、キリアン・ムバッペとその関係者に対して、我々の許可なしに接触を行っている事実を確認した」 「ASモナコは当該行為が、フランスのプロサッカーリーグ機構(LFP)の定める第211条、またFIFAの選手移籍に関する規制の18条第3項に違反する行為であることを、各クラブに思い出してほしいと考えている」 「このような状況に終止符を打つため、ASモナコはLFPとFIFAに対して、各クラブの違反者に対する懲戒処分を求めることを考えている」 ▽なお、モナコは違反を犯した“重要なクラブ”の具体名に関して言及していないが、LFPに訴えを起こそうとしているため、フランス国内のクラブであるパリ・サンジェルマンは確実だ。また、一部でムバッペ本人、関係者との接触が報じられたレアル・マドリーやマンチェスター・シティ、アーセナル、リバプールといったクラブも含まれている模様だ。 2017.07.21 00:56 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース