レーティング:モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ《CL》2017.03.16 06:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、モナコvsマンチェスター・シティが15日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、モナコが3-1で勝利した。この結果、2戦合計6-6で並ぶもアウェイゴール数で上回ったモナコがベスト8進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽モナコ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 スバシッチ 6.5
失点はノーチャンス。1stレグのミスを帳消しにする圧巻の好守を連発

DF
19 シディベ 6.0
逆サイドとのバランスを考え、リスク管理中心のプレー。終盤はザネに苦戦も何とか耐えた

5 ジェメルソン 6.5
持ち味の機動力と球際の強さを生かしてアグエロを封殺

24 ラッジ 6.5
交代間際はバタバタしたが、堅実なカバーリングで浮いた相手の選手に対応

(→A・トゥーレ 5.5)
難しい時間帯の投入だったが、落ち着いたプレーを見せた

23 メンディ 7.0
1アシストを記録するなど、勝負度胸満点の仕掛けで躍動

MF
10 ベルナルド・シウバ 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。献身的な守備に加え、繋ぎの精度も高かった

2 ファビーニョ 7.0
見事なフィニッシュでチーム2点目を奪取。読みと強さを生かした守備で奮闘

14 バカヨコ 7.0
中盤のフィルター役として好パフォーマンスを披露。そして、最後に値千金のゴールを決めた

27 ルマール 7.0
中盤で絶妙なタメを作り、メンディの攻め上がりを促す。決勝点をアシストするなど、プレースキックの精度も高かった

FW
18 ジェルマン 6.0
ファルカオに代わるゲームキャプテンとして、チームの攻守にスイッチを入れる重要な役割を果たした

(→ディラール -)

29 ムバッペ 6.5
冷静なフィニッシュで先制点を奪取。果敢な仕掛けで常に相手の脅威となった

(→モウティーニョ -)

監督
ジャルディム 7.0
運動量の落ちた後半は1stレグと同じ結末も予想されたが、見事な粘りで逃げ切り逆転でベスト8進出

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 カバジェロ 5.0
立ち上がりにビッグセーブを見せたが、悔しい3失点…

DF
3 サーニャ 5.0
自身のサイドから2失点…。メンディの攻め上がりに苦戦

24 ストーンズ 5.0
周囲との連係面がうまくいかず、度々つり出される場面が散見

11 コラロフ 5.5
繫ぎの部分で奮闘も、守備では後手の対応を強いられた

22 クリシ 5.0
押し込まれてなかなか攻撃に絡めず

(→イヘアナチョ -)

MF
7 スターリング 5.5
スペースを突く動きでゴールをお膳立てしたが、肝心の試合終盤にプレー精度を欠いた

17 デ・ブライネ 5.0
前向きにボールを持つことができず、屈強な相手の中盤に潰され続ける

25 フェルナンジーニョ 5.5
パスコースを切られて孤立させられた中、無難に捌いた。守備の局面では飛び出してくる相手をケアし切れず

21 シルバ 5.0
後半は盛り返してチャンスに絡んだが、相手に捕まえられる場面が多く、フィジカル勝負で完敗…

19 L・ザネ 6.0
前半は完全に消されたが、意地の1ゴールを含め後半は攻め手になった

FW
10 アグエロ 5.5
チームの攻撃が限定されたことで、常に複数のDFを相手にする難しいプレーが続いた。その中でも見せ場は作った

監督
グアルディオラ 5.0
攻撃的なメンバー構成で臨んだが、フィジカル勝負で屈した前半の出来が痛恨。また、試合終盤にチームを鼓舞し切れず、淡々とした敗戦に…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファビーニョ(モナコ)
▽値千金の決勝点を奪った相棒バカヨコやメンディの活躍も見事だったが、1ゴールに加えて試合を通して攻守に存在感を放ったファビーニョをMOMに選出。

モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ
【モナコ】
ムバッペ(前8)
ファビーニョ(前29)
バカヨコ(後32)
【マンチェスター・シティ】
L・ザネ(後26)

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ、2部時代を知るGKスバシッチ&DFラッジと新契約締結!

▽モナコは20日、クロアチア代表GKダニエル・スバシッチ(32)と、イタリア人DFアンドレア・ラッジ(33)の2選手と新契約を締結したことを発表した。 ▽2012年1月にハイデュク・スプリトから当時リーグ・ドゥ(フランス2部)に降格していたモナコに加入したスバシッチは、すぐさま正GKに定着すると、2012-13シーズンのリーグ・ドゥ優勝に大きく貢献。その後は大型補強、育成路線へ舵を切ったチームの中で頼れる守護神として君臨し、昨シーズンは悲願のリーグ・アン制覇も経験していた。そして、同選手のパフォーマンスを高く評価するクラブは、2020年までの新3年契約をオファーし、今回のサインに至った。 ▽一方、2012年夏にボローニャからフリートランスファーでモナコに加入したラッジは、加入初年度にリーグ・ドゥ優勝に貢献。その後は、最終ラインのすべてをカバーする守備のマルチロールとして活躍。今回の新契約にとって2019年まで同クラブでプレーすることになった。 2017.09.21 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

初出場ライプツィヒはモナコとドロー! ポルトの堅守攻略のベシクタシュが敵地で快勝!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第1節、RBライプツィヒvsモナコが13日に行われ、1-1のドローに終わった。 ▽昨季ベスト4のモナコ(フランス)、ライプツィヒ(ドイツ)、ベシクタシュ(トルコ)、ポルト(ポルトガル)という実力者揃いの顔ぶれとなったグループG。 ▽世界的な飲料メーカー『レッドブル』社の巨額な資金を武器に、わずか数年でCL出場という目標を達成した昨季ブンデスリーガ2位のライプツィヒは、国内リーグではシャルケとの開幕戦こそ敗れたものの、以降は内容も伴った形で2連勝を飾った。記念すべきCL初戦に向けては、フォルスベリが復帰も直近のハンブルガーSV戦で負傷したナビ・ケイタが招集外となった。 ▽一方、グループG本命のモナコは、国内リーグで開幕4連勝を達成も、直近のニース戦では0-4というまさかの大敗。CL初戦に向けて大きな不安を残した中、バウンスバックを図るジャルディム監督率いるチームは、先発3人を変更。GKベナーリオが移籍後初出場を飾り、ロニー・ロペスと負傷のレマルに代わって、アルマミー・トゥーレ、ティーレマンスが起用された。 ▽立ち上がりからハイインテンシティの展開が続く中、互いに中盤でボールを失う場面やラストパスが合わないなど、なかなかフィニッシュに持ち込めない。 ▽24分にはホームのライプツィヒが左CKから決定機も、ポウルセンのフリックしたボールをファーのヴェルナーが押し込み切れない。それでも、32分にはポウルセンのラストパスに抜け出したフォルスベリがそのままボックス左に持ち込んで中央に走り込んだヴェルナーをおとりに、空いたニアサイドに強烈な右足シュートを突き刺し、CL初ゴールを奪った。 ▽しかし、1点ビハインドにも慌てないモナコはわずか1分後に右サイド深くでトゥーレが入れたクロスをファーのディアカビが頭で折り返す。これをティーレマンスがヘディングシュート。GKグラクシに一度は防がれるも、こぼれ球を冷静に蹴り込んだ。 ▽1-1のイーブンで折り返した後半もライプツィヒがカウンターから決定機を作っていくが、52分にボックス右へ抜け出したヴェルナーのシュートは枠の左に外れる。 ▽後半も拮抗した展開が続く中、流れを変えたい両ベンチは積極的な選手交代を敢行。すると、引き分けで良しとするモナコに対して、勝ち点3を目指すライプツィヒが途中出場のオギュスタンを起点にゴールへ迫る。82分にはボックス内に抜け出したオギュスタンに絶好機も、ここはGKベナーリオの圧巻のセーブに阻まれた。結局、試合は1-1のままタイムアップを迎え、痛み分けのドローとなった。 ▽また、同日行われたグループGのもう1試合、ポルトvsベシクタシュは、アウェイのベシクタシュが3-1で勝利した。 ▽今夏FFPの問題で多くの主力を手放したポルトだが、セルジオ・コンセイソン新監督の下でソリッドなトランジションフットボールを展開するチームは、開幕から無失点での5連勝とロケットスタートを飾った。対してトルコリーグ2連覇中のベシクタシュも、開幕から3勝1分けの無敗スタートと好調を維持。今回の初戦に向けてはレアル・マドリーで同僚だったポルトGKカシージャスとベシクタシュDFペペの競演が果たされた。 ▽立ち上がりから攻勢に出るベシクタシュは13分、右サイド深くでクアレスマが入れたクロスをタリスカがダイビングヘッドで合わせ、リーグ戦5試合連続クリーンシートのポルトの堅守を早々に破る。 ▽その後、21分にDFトシッチのオウンゴールで追いつかれるが、数分後の28分にはボックス手前左のトスンが豪快な右足のミドルシュートを突き刺し、GKカシージャスの守るゴールをこじ開けた。 ▽1点リードで試合を折り返したベシクタシュはメデル、ネグレドと今夏獲得した新戦力をピッチに送り出すと、86分にはボックス内でネグレドとパス交換した中央のバベルが冷静なフィニッシュでゴールに流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。そして、敵地で堅守ポルトを攻略したベシクタシュが、白星発進を飾った。 2017.09.14 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループG展望】昨季4強モナコが本命も全チームに突破の可能性

▽圧倒的に力が劣るチームは1つもなく、ある意味最も実力拮抗のグループといえる。ただ、昨季ベスト4のモナコが本命であることは疑いなく、安定感のベシクタシュ、爆発力のRBライプツィヒ、経験値のポルトとそれぞれ強みを持った3チームが白熱の争いを見せてくれるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cl2017-18_g_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◎本命:モナコ ○対抗:ベシクタシュ ○対抗:RBライプツィヒ △連下:ポルト<hr><span style="font-weight:700;">◆主力流出も完成度で勝る~モナコ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループGの本命は昨季ベスト4のモナコだ。智将ジャルディム監督の下、攻守に完成度の高いアタッキングフットボールで17年ぶりのリーグ制覇、CLベスト4進出を果たしたモナコは、今夏の移籍市場で神童ムバッペ、MFベルナルド・シウバ、DFメンディ、MFバカヨコら若き主力が揃ってメガクラブの引き抜きに遭い、再び仕切り直しのシーズンを戦うことになった。 ▽それでも、元々育成路線を掲げるチームは、その抜かれた主力の後釜にMFティーレマンス、DFコンゴロ、FWケイタ、FWヨベティッチと若くて経験もある実力者を獲得。さらに、第二のムバッペ予備軍のFWディアカビ、FWエムボウラという10代の逸材を獲得しており、昨季同様の期待感に満ち溢れている。加えて、エースFWファルカオやMFレマル、DFファビーニョら昨季の主力の経験が混戦のグループを制す原動力となるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆選手層&采配力で首位通過も~ベシクタシュ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ナポリやベンフィカと同居した昨季に続き実力拮抗のグループに入ったベシクタシュだが、智将ギュネシュ監督の下で国内リーグ2連覇中のチームにかかる期待は大きい。今季のヨーロッパの戦いではフェネルバフチェ、ガラタサライの2強が予備予選プレーオフで敗退を強いられ、イスタンブール・バシャクシェヒルもCLプレーオフで敗れ、EL本大会に回ることになった。そのため、ベシクタシュとしてはトルコ王者として下手な戦いは見せられない。 ▽今夏の移籍市場ではDFペペ、MFメデルと経験豊富な守備的タレントをチームに加え、前線にもFWネグレドやFWレンスと好タレントを獲得し、FWクアレスマやMFタリスカ、DFアドリアーノという既存の戦力と共に質の高いスカッドを構築できた。グループステージ突破に向けては対戦相手に完全アウェイの雰囲気を作り出すホームの後押しを生かし、きっちりホームで勝ち点を積み上げたい。また、特徴的なプレースタイルであるライプツィヒ、大幅なメンバーの入れ替えに新指揮官を迎えた不気味なポルトとの直接対決できっちり結果を残したい。 <span style="font-weight:700;">◆爆発力十分も日程面とプランBに不安~RBライプツィヒ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽豊富な資金力を持つ親会社と智将ラングニックの下、周到にプロジェクトを進めて目標だったCL初参戦を決めたライプツィヒ。若手中心のスカッドとハイインテンシティのパワーフットボールで昨季のブンデスリーガを席巻した新興クラブは、今大会出場チームでも最も躍進が期待されるダークホースだ。 ▽今夏の移籍市場ではMFフォルスベリ、FWヴェルナー、MFナビ・ケイタと主力の残留に成功し、チームの補強方針に合致したMFカンプルやFWブルマ、FWオギュスタンと質の高い若きタレントを補強し、懸念された選手層の問題を解決。だが、リーグ戦と並行して中3日に近い強行日程で持ち味のハイインテンシティをキープできるかは、蓋を開けてみなければわからない。同様に、昨季終盤からハイプレス回避のロングボール、ポゼッション放棄という対戦相手の対策が進んでおり、それを打ち破るプランBの構築が求められる。したがって、前述の課題を克服できるかが、グループステージ突破に向けた大きなカギとなる。 <span style="font-weight:700;">◆主力流出に新指揮官招へいで不安材料多し~ポルト~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今グループで最も実績を持つポルトだが、近年の成績不振とFFPの処分回避のために行った主力売却、指揮官として大きな実績がないセルジオ・コンセイソン新監督の招へいもあり、グループ最低の評価とした。 ▽今夏の移籍市場ではFWアンドレ・シウバ、MFルベン・ネヴェスとクラブの将来を担う2人の若手逸材に加え、複数の主力を放出。その一方で、補強に関してはFWアブバカルやDFリカルド・ペレイラなどレンンタルバックが中心となり、昨季に比べて戦力面の低下は否めない。それでも、国内リーグではコンセイソン監督の採用する[4-4-2]を基本としたソリッドなトランジションフットボールが機能し、ベシクタシュから復帰のアブバカルがすでに5ゴールを挙げる活躍をみせ、開幕5連勝のロケットスタートを切った。CLの舞台でも国内リーグの勢いを生かして序盤戦から勝ち点を積み重ねていきたい。 2017.09.13 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、130億円で来冬のレマル獲得に“自信”

▽アーセナルは、今夏の獲得失敗に終わったモナコに所属するフランス代表MFトマ・レマル(21)の来冬加入に“自信”を深めているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽レマルを巡っては今夏、アーセナルがその動向を追っていると伝えられてきた。だが、移籍市場閉幕ぎりぎりのところで選手本人が今夏のアーセナル移籍を拒否。接触の事実を認めたアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督も落胆のコメントを残していた。 ▽だが、アーセナルはモナコの新鋭獲得を諦めてはいない。伝えられるところによれば、アーセナルはレマルと5年+週給25万ポンド(約3500万円)で原則合意。あとはクラブ間合意を残すのみであり、移籍金9200万ポンド(約130億9000万円)での獲得に自信をみなぎらせているという。 ▽また、『デイリー・スター』はアーセナルがチリ代表FWアレクシス・サンチェスとの契約延長も目指していると指摘。だが、今後も契約延長に至らないのであれば、今シーズン限りで契約満了のサンチェスを移籍金3000万ポンド(約42億6000万円)でマンチェスター・シティに手放すとの見解を示した。 2017.09.10 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

モナコサポーターに愛情を示すムバッペ「非難されても君たちを愛する」「“ムバッペの連続ドラマ”として誤った情報が駆け巡った」

▽モナコからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍することが決定したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)が、モナコのファンに向けてメッセージを発信した。 ▽モナコの下部組織出身であるムバッペは、2015年2月にトップチームデビューを飾ると、2016-17シーズンには公式戦44試合26得点14アシストの活躍で、リーグ・アン優勝とチャンピオンズリーグ(CL)4強入りに大きく貢献。一躍、クラブのアイドルとなった。 ▽評価が高まったムバッペは、今夏の移籍市場の目玉として去就が取り沙汰されており、8月31日にPSGが獲得を公式発表。今季終了までの買い取りオプション付きのレンタルでの移籍となった。各紙は、PSGが買い取りオプションを行使することは既定路線と報道している。 ▽ムバッペのモナコでのラストゲームとなった、8月27日のリーグ・アン第4節マルセイユ戦ではホームのモナコが6-1の大勝を収めたものの、同選手は出場せず。イギリス『BBC』は、スタジアムではムバッペに対するブーイングが行われたと報じている。 ▽ムバッペは4日、自身のSNSを更新。“モナコの友人たちへ”という言葉と共に、サポーターに向けて別れの文章を掲載した。 「君たちの何人かが、僕の選択に理解を示さないことは知っているよ。そして怒っていることも分かっている。最後に会った時にブーイングを受けたことにも、納得している。“ムバッペの連続ドラマ”として誤った情報が駆け巡ったからね」 「それでも僕は変わらない。僕との繋がりも変わらないし、今までと同じ部分に価値を見出すよ。謙虚さや純粋さ、そして敬意だ。怒ることもあるだろう。憎むことも、非難することも。でも、僕に君たちを愛することを止めさせることはできないよ。真実はそこにあるんだ。愛している」 2017.09.05 18:02 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース