レーティング:モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ《CL》2017.03.16 06:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、モナコvsマンチェスター・シティが15日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、モナコが3-1で勝利した。この結果、2戦合計6-6で並ぶもアウェイゴール数で上回ったモナコがベスト8進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽モナコ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 スバシッチ 6.5
失点はノーチャンス。1stレグのミスを帳消しにする圧巻の好守を連発

DF
19 シディベ 6.0
逆サイドとのバランスを考え、リスク管理中心のプレー。終盤はザネに苦戦も何とか耐えた

5 ジェメルソン 6.5
持ち味の機動力と球際の強さを生かしてアグエロを封殺

24 ラッジ 6.5
交代間際はバタバタしたが、堅実なカバーリングで浮いた相手の選手に対応

(→A・トゥーレ 5.5)
難しい時間帯の投入だったが、落ち着いたプレーを見せた

23 メンディ 7.0
1アシストを記録するなど、勝負度胸満点の仕掛けで躍動

MF
10 ベルナルド・シウバ 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。献身的な守備に加え、繋ぎの精度も高かった

2 ファビーニョ 7.0
見事なフィニッシュでチーム2点目を奪取。読みと強さを生かした守備で奮闘

14 バカヨコ 7.0
中盤のフィルター役として好パフォーマンスを披露。そして、最後に値千金のゴールを決めた

27 ルマール 7.0
中盤で絶妙なタメを作り、メンディの攻め上がりを促す。決勝点をアシストするなど、プレースキックの精度も高かった

FW
18 ジェルマン 6.0
ファルカオに代わるゲームキャプテンとして、チームの攻守にスイッチを入れる重要な役割を果たした

(→ディラール -)

29 ムバッペ 6.5
冷静なフィニッシュで先制点を奪取。果敢な仕掛けで常に相手の脅威となった

(→モウティーニョ -)

監督
ジャルディム 7.0
運動量の落ちた後半は1stレグと同じ結末も予想されたが、見事な粘りで逃げ切り逆転でベスト8進出

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 カバジェロ 5.0
立ち上がりにビッグセーブを見せたが、悔しい3失点…

DF
3 サーニャ 5.0
自身のサイドから2失点…。メンディの攻め上がりに苦戦

24 ストーンズ 5.0
周囲との連係面がうまくいかず、度々つり出される場面が散見

11 コラロフ 5.5
繫ぎの部分で奮闘も、守備では後手の対応を強いられた

22 クリシ 5.0
押し込まれてなかなか攻撃に絡めず

(→イヘアナチョ -)

MF
7 スターリング 5.5
スペースを突く動きでゴールをお膳立てしたが、肝心の試合終盤にプレー精度を欠いた

17 デ・ブライネ 5.0
前向きにボールを持つことができず、屈強な相手の中盤に潰され続ける

25 フェルナンジーニョ 5.5
パスコースを切られて孤立させられた中、無難に捌いた。守備の局面では飛び出してくる相手をケアし切れず

21 シルバ 5.0
後半は盛り返してチャンスに絡んだが、相手に捕まえられる場面が多く、フィジカル勝負で完敗…

19 L・ザネ 6.0
前半は完全に消されたが、意地の1ゴールを含め後半は攻め手になった

FW
10 アグエロ 5.5
チームの攻撃が限定されたことで、常に複数のDFを相手にする難しいプレーが続いた。その中でも見せ場は作った

監督
グアルディオラ 5.0
攻撃的なメンバー構成で臨んだが、フィジカル勝負で屈した前半の出来が痛恨。また、試合終盤にチームを鼓舞し切れず、淡々とした敗戦に…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファビーニョ(モナコ)
▽値千金の決勝点を奪った相棒バカヨコやメンディの活躍も見事だったが、1ゴールに加えて試合を通して攻守に存在感を放ったファビーニョをMOMに選出。

モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ
【モナコ】
ムバッペ(前8)
ファビーニョ(前29)
バカヨコ(後32)
【マンチェスター・シティ】
L・ザネ(後26)

コメント

関連ニュース

thumb

評価急上昇中のムバッペ、歴代ベストイレブンを選ぶ...レアル・マドリーから5名選出

モナコFWキリアン・ムバッペが、歴代ベストイレブンを選出している。<br><br>今季モナコにすい星のごとく現れたムバッペ。チャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・シティ戦で得点を記録し、フランス人として史上2位のCL最年少得点得点記録を更新した。現在、欧州中からの注目を集める選手だ。<br><br>そのムバッペが、『フット・メルカト』で歴代選手の中からベストイレブンを選出している。レアル・マドリーから、フランス代表としても活躍したジネディーヌ・ジダン監督を含め、実に5名が選ばれた。<br><br>ムバッペが選出したメンバーは以下のとおり。システムは4-3-3だ。<br><br>GK:ブッフォン<br />DF:カフー、セルヒオ・ラモス、マルディーニ、ロベルト・カルロス<br />MF:ジダン、ロナウジーニョ、メッシ<br />FW:クリスティアーノ・ロナウド、ネイマール、ロナウド<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 22:09 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコMFバカヨコはチェルシー移籍希望か? ユナイテッド移籍拒否との報道も

▽モナコに所属するフランス代表MFティエム・バカヨコ(22)は、チェルシー移籍を希望しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽屈強な守備的MFとして以前から高い評価を得ていたバカヨコは、先日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・シティ戦でチームをベスト8進出に導くゴールを記録するなど、2試合を通じて圧巻のパフォーマンスを披露。この活躍を受けて、プレミアリーグのビッグクラブを中心に強い関心を集めている。 ▽バカヨコに関しては、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドが、以前からラブコールを送っていると言われてきた。しかし、同選手が希望する移籍先は、そのユナイテッドのライバルチーム、チェルシーのようだ。 ▽『ミラー』の伝えるところによれば、今夏チェルシーはセンターフォワード、センターバック、右サイドバックのポジションと共にセントラルMFの補強を最優先に考えており、やや守備寄りもボックス・トゥー・ボックスタイプのバカヨコは打ってつけの人材だ。また、チェルシー移籍に向けて好感触を得ている同選手は、ユナイテッドからのオファーを固辞している模様だ。 2017.03.21 06:22 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、11人の移籍金総額はデ・ブライネの移籍金にも満たず...資金力に優るマンチェスター・Cを撃破

チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・シティを撃破したモナコだが、それは資金力で圧倒的に劣るクラブの成し遂げた快挙だった。<br><br>モナコは15日に行われたCL決勝トーナメント1回戦セカンドレグでホームにマンチェスター・シティを迎えた。この一戦を1-3で終え、2試合合計スコアを6-6としてアウェーゴール差で上回りシティを敗退に追い込んでいる。<br><br>2チームの資金力には雲泥の差がある。モナコのスタメンの移籍金総額は、7200万ユーロ(約86億円)。これはシティMFケビン・デ・ブライネの移籍金7400万ユーロ(約88億円)にも満たないものだ。<br><br>なお、シティのスタメンの移籍金総額は3億9200万ユーロ(約470億円)。両チームの差は3億2000万ユーロ(約380億円)だ。<br><br>若く、上手く、魅力的な選手を揃える。モナコの指針は、まさにそれだ。モナコのシティ戦での先発メンバーの平均年齢は24歳だった。18歳FWキリアン・ムバッペを筆頭に、モナコはCLでセンセーションを巻き起こしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.16 20:27 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコのバカヨコ「重要なゴールだった」CL8強進出を喜ぶ…同僚も「バカヨコに感謝」

チャンピオンズリーグのラウンド16、モナコvsマンチェスター・シティは2戦合計6-6となり、アウェーゴールでモナコが準々決勝へ駒を進めることになった。試合後、『ビーインスポーツ』に対してベルナルド・シウヴァが8強進出の喜びを語っている。<br><br>「敵地マンチェスターで3ゴールを決めた時のように、ホームでも3ゴールを決めることができた。前半はうまく試合を運べたともう。マンチェスター・Cは素晴らしいチームで、後半に巻き返しを許してしまった。でも、結局は3点目を奪ってベスト8に進出することができてよかったよ。決勝点を決めてくれた(ティエムエ)バカヨコに感謝している」<br><br>また、3-1の3点目となるゴールを決めたバカヨコはフランスメディア『カナル・プリュス』に対し、「とても厳しい展開になったが、重要なゴールを決めることができた。マンチェスターで選手だけでなく、力になってくれた12人目の選手たち、すなわちクラブ関係者やファンもみんなにも感謝したい」と述べている。<br><br>同ラウンド16では、パリ・サンジェルマンがバルセロナに敗れたため、フランス勢で唯一CLベスト8進出を決めたモナコ。果たして準々決勝でも結果を残せるのか、引き続き真価が問われることとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.03.16 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ撃破のモナコが逆転でベスト8進出! シティのCL制覇の夢は今季も志半ばで潰える…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、モナコvsマンチェスター・シティが15日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、モナコが3-1で勝利した。この結果、2戦合計6-6で並ぶもアウェイゴール数で上回ったモナコがベスト8進出を決めた。 ▽先月21日にシティ・オブ・マンチェスターで行われた1stレグでは、壮絶な打ち合いを制したシティが5-3で先勝した。アウェイゴール3点を献上したものの、リロイ・ザネの5点目が効いて2点差を付けて1stレグを終えたシティは、以降の公式戦4試合を3勝1分けの好成績で終えた。なお、今回の2ndレグに向けては、直近のFAカップ準々決勝のミドルズブラ戦から先発4人を変更。GKにカバジェロが戻り、サバレタとオタメンディに代わって、サーニャとコラロフが最終ラインに入り、ヤヤ・トゥーレに代わってフェルナンジーニョがアンカーを務めた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/Jr73aA" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20170308mancity.jpg" style="max-width: 100%;"></a></div> ▽一方、敵地で2度のリードを守り切れず、敗戦したモナコだが、以降の公式戦4試合で全勝。また、その4試合全てで複数得点を記録しており、逆転突破に向けて少なくとも2点以上が必要なシティ戦に向けて好調を維持。だが、逆転を期すこの一戦に向けては、1stレグで2ゴールを決めていたエースFWファルカオが臀部のケガでメンバー外となり、代役にジェルマン。また、出場停止のグリクに代わって、出場停止明けのジェメルソンが最終ラインに入った。 ▽立ち上がりから積極的にハイプレスを仕掛けるモナコは、その勢いのままに決定機を作り出す。7分、プレスバックしたジェルマンのボール奪取からバカヨコのスルーパスに抜け出したムバッペが中央を突破してGKカバジェロと一対一となるが、右足のシュートはカバジェロの見事なワンハンドセーブに遭う。 ▽最初の絶好機を逸したモナコだったが、このプレーで得たCKの流れから先制点を奪う。8分、ボックス左で仕掛けたメンディのシュートはGKに弾かれるが、こぼれ球を拾ったベルナルド・シウバがボックス左で折り返したグラウンダーのボールを、ムバッペがワンタッチで押し込んだ。 ▽18歳の新星FWの2試合連続弾で早々にゴールをこじ開けたモナコは、バカヨコとファビーニョの屈強な2セントラルハーフを起点に、出足鋭い守備をみせ、シティ自慢のポゼッションサッカーを機能不全に陥れる。さらに素早い守備から攻撃への切り替えを生かし、18分にはショートカウンターから中央を持ち上がったジェルマンがミドルシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。 ▽その後も完璧に試合の流れを掴んだモナコは、29分に追加点を奪う。敵陣左サイドでボールを持ったルマールを大外のメンディが追い越し、グラウンダーのクロスを入れる。これをタイミング良くゴール前に走り込んだファビーニョが右足ダイレクトで流し込んだ。 ▽この2点目で2戦合計5-5としたモナコは、アウェイゴール数で相手を上回り、2戦合計スコアで逆転に成功。その後も連動した守備でパスコースを遮断し、苦し紛れの縦パスを前向きな守備陣が危なげなく跳ね返し、シティ攻撃陣に全く攻撃の形を作らせない。結局、シティに1本のシュートも許さない完璧な試合運びを見せたホームチームが、最高の形で試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半は、ビハインドを追うシティが立ち上がりから押し込む展開が続く。デ・ブライネのポジションを下げ、[4-2-3-1]に近い並びでビルドアップにかける人数を増やしたシティは、動き出しの量の増加も重なり、相手陣内でボールを持つ場面が多くなる。 ▽57分にはボックス右に抜け出したスターリングが、タイミングを窺いながら中央のアグエロにパスを狙うが、ここはDFラッジの身体を張ったブロックに阻まれる。さらに62分には左サイドでDFラッジを交したザネからのマイナスの折り返しに中央のアグエロが反応するが、ここはシュートをふかしてしまい、ゴールには繫がらない。 ▽モナコの運動量の低下に伴い、徐々にゴールの匂いを感じさせ始めたシティは、65分にこの試合最大の決定機が訪れる。フェルナンジーニョの縦パスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したシルバが、ボックス右でフリーのアグエロにラストパスを通す。だが、アグエロはGKスバシッチとの一対一を決め切れない。続く67分にはシルバのスルーパスに抜け出したザネがボックス左でGKと一対一となるが、ここはシュートコースを消されて左足のシュートはサイドネットを叩いた。 ▽その後もシティペースが続く中、防戦一方のモナコは70分、ラッジに代えてアルマミー・トゥーレを同じセンターバックのポジションに入れる。だが、この交代直後にここまで耐えてきた守備が決壊する。 ▽71分、右サイドで浮き球のパスを受けたスターリングがカットインから左足のシュートを放つ。これはGKスバシッチが外側に弾き出すが、こぼれ球にいち早く反応したザネが左足で蹴り込み、シティが2戦合計スコアで再び優位に立った。 ▽劣勢の中で試合を引っくり返されたモナコだが、不屈の闘志を見せる若きチームはワンチャンスを生かして再びゴールをこじ開ける。77分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのルマールがゴール前に絶妙なインスウィングのクロスを入れると、中央でフリーになっていたバカヨコが頭で右隅に流し込んだ。 ▽痛恨の失点で再びゴールが必要となったシティは、84分にクリシを下げてイヘアナチョを投入。ここから決死の猛攻に出るかと思われたが、ピッチの11人は気落ちした様子こそ見せないものの、熱量が上がらない。対してムバッペ、ジェルマンと2トップを下げてモウティーニョ、ディラールの投入で逃げ切りを図るモナコは、最後まで熱量のこもったプレーで相手の反撃を凌ぎ切り、試合はこのままタイムアップ。 ▽エースFWファルカオ不在の逆境を乗り越え、ホームでシティを見事に撃破したモナコが、2戦合計6-6もアウェイゴール数の差で上回り、逆転でのベスト8進出を果たした。一方、最後まで気持ちが見えないまま痛恨の逆転負けを喫したシティのCL制覇の夢は、今季も志半ばで潰えることになった。 2017.03.16 06:51 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース