レーティング:アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン《CL》2017.03.16 06:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの:アトレティコ・マドリーvsレバークーゼンが15日に行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコア4-2でアトレティコが4年連続ベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.5
68分まで枠内シュート0本だったが、突如訪れたピンチで好守連発

DF
16 ヴルサリコ 6.0
前半は機を見て攻撃参加を図った

24 ホセ・ヒメネス 5.0
68分に大ピンチを招くなど、やや不安定だった

2 ゴディン 6.0
さすがのソリッドさで守備を締める

19 リュカ 6.0
守備重視のプレーでベララビを抑える

MF
6 コケ 6.0
攻守にさぼらず

22 トーマス 6.0
守備の強度を上げた

8 サウール・ニゲス 6.0
トーマスと共にクサビのパスを遮断

10 カラスコ 5.0
攻撃面で違いを生み出せず

(→サビッチ -)

FW
7 グリーズマン 6.0
コレアをうまく生かしていた

11 コレア 6.0
決定的なシュートを3本放って牽制

(→ガイタン -)

監督
シメオネ 6.0
堅実な采配で確実にベスト8進出を果たした

▽レバークーゼン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 レノ 6.5
前半終盤に2つの好守を見せた

DF
13 ヒルバート 5.5
攻め上がらずカラスコを監視

16 イェドバイ 5.5
集中した対応を続けた

6 ドラゴビッチ 5.5
1stレグのような軽率なミスは見られなかった

18 ヴェンデウ 5.5
持ち味の攻撃力は見せられず

MF
38 ベララビ 5.0
リュカの前に打開できず

15 バウムガルトリンガー 5.5
守備に重点のプレーぶり

44 カンプル 5.5
もう少し攻撃に絡みたかった

19 ブラント 5.5
中寄りでプレーし、創造性を生かそうとした

(→ベイリー -)

FW
7 エルナンデス 5.0
スキンヘッドにイメチェンも決定的な仕事はできず

(→メーメディ -)

31 フォラント 5.5
68分の決定機は決めたい

監督
コルクト 5.5
アトレティコの堅守を打ち破れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
オブラク(アトレティコ・マドリー)
▽レバークーゼンのGKレノも好パフォーマンスを発揮したが、アウェイゴールを割らせなかったオブラクを選出。とりわけ68分の3度訪れたセーブ場面は見事だった。

アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

ヴルサリコはナポリ移籍を希望か…ローマやユベントスも獲得に興味

▽アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)は、今冬でのナポリ移籍を望んでいるようだ。イタリア『Rai Sport』の記者であるチノ・ベナラト氏が、イタリアラジオ『Radio CRC』に明かしたことを『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽半年近くに及ぶ負傷離脱を強いられたアルジェリア代表DFファウジ・グラムの代役探しに奔走するナポリは、セリエA経験のあるクロアチア代表サイドバックに目をつけており、今冬での獲得が噂されてきた。 ▽チノ・ベナラト氏によると、ヴルサリコの代理人を務めるジュゼッペ・リソ氏とナポリでスポーツディレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏の間で電話会談が行われた際にリソ氏が、ヴルサリコはナポリに移籍できることを非常に喜んでいるとナポリ側に語ったという。 ▽ヴルサリコについては移籍金の兼ね合いで獲得交渉が難航していたが、ナポリはアトレティコの要求する2000万ユーロ(約26億円)を満額支払うことで合意に至った模様。 ▽しかし、ヴルサリコにはサッスオーロ時代の恩師であるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の率いるローマや、ユベントスが興味を示しており、正式契約まで油断のできない情況だ。 2017.12.12 03:18 Tue
twitterfacebook
thumb

73%のポゼッション率でアトレティコに敗戦したベティス、セティエンは「勝たなければポゼッションに価値はない」

10日のリーガエスパニョーラ第15節、ベティスは本拠地ベニト・ビジャマリンでのアトレティコ・マドリー戦を0-1で落とした。キケ・セティエン監督は試合後、いくらポゼッション率を高めようとも、アトレティコの守備を切り崩すのは難しいとの感想を述べている。<br><br>堅守速攻のシメオネ監督とポゼッションフットボールのキケ・セティエン監督の対決は予想通りの展開に。ベティスは73%のポゼッション率を記録するなど、ボールをほぼ占有して攻め込んだが、30分に素早い展開からサウール・ニゲスの先制点を許し、リードを守り切られた。<br><br>試合後、会見に出席したセティエン監督は、次のような感想を述べている。<br><br>「アトレティコと対戦するのは難しいんだよ。彼らに打撃を与えるのは本当に骨が折れることだ。しかし、勝利をつかむには十分なプレーを見せていたのも、また事実だろう」<br><br>「おそらくだが、選手たちはゴールを奪われた後に焦りを感じてしまった。しかし最初の35分間は私たちが優位に立っていたし、打撃を加えられていた。ただ失点後、あれだけの選手で守備に厚みを加えられれば、そうするのは難しくなる。彼らは守備面において、世界最高のチームの一つだ」<br><br>ベティスはここ6試合勝利から見放されるなど、結果を手にできていない。<br><br>「勝利できなければポゼッションに価値はない。確かに、悪い流れが続き過ぎている。しかし今日はファンも認めてくれていた。私たちは恐怖を押し退けて、欧州で10本の指に入るチームを相手にアグレシッブな姿勢を見せたんだ。しかし彼らを相手にチャンスを生み出すこと、今日のような試合を演じることは難しい<br><br>「もし結果を保証できるならば、サッカーくじだって当ててみせるよ。日々にわたってチームを改善していきたいが、しかし保証は何もできない。保証するのは、今日のようなチームの姿勢だけだ。私にできるのは仕事に励むこと、できる限り良い仕事を実現することだけなんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 01:39 Tue
twitterfacebook
thumb

27%のポゼッション率でベティスを下したアトレティコ、シメオネは「具体性のあるプレー見せた」

10日のリーガエスパニョーラ第15節、アトレティコ・マドリーは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦を1-0で制した。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、ベティスのポゼッションフットボールを前に得点を許すことなく、リードを守り切ったことに満足感を表している。<br><br>堅守速攻のシメオネ監督とポゼッションフットボールのキケ・セティエン監督の対決は予想通りの展開に。アトレティコはベティスにボールをほぼ占有され、自チームのポゼッション率は今季最低となる27%にとどまった。だが30分に素早い展開からサウール・ニゲスが先制点を決め、持ち前の堅守によって最後までリードを守り切っている。<br><br>試合後に会見に出席したシメオネ監督は、次のような感想を述べた。<br><br>「難しい、厳し過ぎる試合だった。ベティスは良い形で試合に入り、最初の20分間はインテンシティーやパフォーマンスで完全に上回っていたね。しかし私たちは危険な場面を生み出そうと良い反応を見せた。そうしてゴールが決まり、その後はトマスが右サイドに開くことで中盤を埋めるようにした」<br><br>「後半も展開的には同じで、彼らはボールとともに打撃を与えようとしたが、強靭な守備を見せるチームに出くわすことになった」<br><br>アトレティコは4&minus;4&minus;2と4&minus;3&minus;3の併用やトマスのポジションをピッチ中央から右サイドに移すなどして、ベティスの攻撃に対応していた。<br><br>「立ち上がりにはベティスに押されたが、ゴールを決めた後に力強い守備を取り戻せた。特にトマスのポジション変更は、ボールをさらに奪う上での助けとなったね」<br><br>「ベティスは私たちに、ピッチでより良く過ごせるよう3つのシステムを使わせた。戦術的な多様性があることは素晴らしく、そのために守備の力強さを取り戻せた。今日はわずかなチャンスしか手にできなかったが、より具体性のあるプレーを見せられたね」<br><br>アトレティコは2位バレンシアとは勝ち点1差、首位バルセロナとは勝ち点6差で3位につけている。しかしシメオネ監督は、優勝争いを意識していないことを強調した。<br><br>「プレーは良い感じで、結果はさらに素晴らしい。タイトル? 私たちが『パルティード・ア・パルティード(試合から試合へ、1試合1試合)』から離れることはないよ。目標に到達するためには、日々を生きなくてはならない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 18:16 Mon
twitterfacebook
thumb

サウール弾で逃げ切ったアトレティコがクラブ記録を更新のリーガ19戦無敗を達成!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第15節でベティスと対戦し、1-0で勝利した。 ▽クラブ記録タイのリーグ18戦無敗で4位につけるアトレティコが、10位ベティスの本拠地ベニート・ビジャマリンに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ・グループC最終節のチェルシー戦を行ったアトレティコは、その試合からスタメンを4人変更。グリーズマンやトーレス、ホセ・ヒメネス、リュカに代えてコレアやガメイロ、ゴディン、ヴルサリコをスタメンで起用した。 ▽立ち上がりから積極的な入りを見せたベティスを前に後手に回ると3分、テージョのパスからブデブスのシュートでゴールを脅かされるも、このピンチはGKオブラクのセーブで難を逃れた。 ▽押し込まれる展開が続くアトレティコは、23分にもボックス左横でFKを与えるとホアキンのFKから決定機を許したが、ファーサイドのバラガンがボールに反応できず、ゴール右にボールは流れた。 ▽劣勢が続いたアトレティコだが30分、ファーストチャンスで試合を動かす。右サイドをオーバーラップしたヴルサリコがゴディンからのロングパスを受けると、素早くクロスを供給。これが相手DFとGKの間をすり抜けるとファーサイドから駆け上がったサウールがスライディングシュートで流し込んだ。 ▽アトレティコのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベティス。60分、中盤のブデブスがボックス内にロングパスを供給。これが相手DFにクリアされるも、セカンドボールをボックス手前のテージョがダイレクトボレーで合わせるも、枠を捉えたシュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。 ▽1-0で膠着状態が続く中、アトレティコは76分にガメイロを下げてトーレスを投入。前線をフレッシュにしたがこれも効果なく時間が過ぎる。試合終了間際の93分にアトレティコは、トーマスに代えてリュカをピッチに送り出し、試合をクローズ。サウール弾でリーグ戦3連勝を飾ったアトレティコは、クラブのリーガ無敗記録を19戦に更新した。 2017.12.11 02:24 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコDFリュカ・エルナンデス、フランス代表ではなくスペイン代表を選択へ

アトレティコ・マドリーに所属するDFリュカ・エルナンデスは、どうやらスペイン代表でプレーすることを選択するようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>フランスのマルセイユ出身ながら、11歳からアトレティコの下部組織でプレーするリュカ・エルナンデス。フランス代表としてU-21までプレーしてきた同選手だが、フル代表にはいまだ呼ばれていない。<br><br>スペイン『マルカ』によれば、そんなリュカに対してスペイン代表のジュレン・ロペテギ監督が声をかけ、同代表チームでプレーすることを納得させたようだ。アトレティコDFは、すでにスペイン国籍取得の手続きを行っているという。<br><br>2018年ロシア・ワールドカップに臨むロペテギ監督は、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモス、同DFナチョ、バルセロナDFジェラール・ピケ、ドルトムントDFマルク・バルトラに次ぐセンターバックを確保することを望み、リュカに目を付けた模様だ。<br><br>なお『マルカ』は以前に、リュカの弟であるレアル・マドリーDFテオ・エルナンデスも、スペイン代表でプレーすることを決断したと報じていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 00:01 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース