レーティング:アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン《CL》2017.03.16 06:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの:アトレティコ・マドリーvsレバークーゼンが15日に行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコア4-2でアトレティコが4年連続ベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.5
68分まで枠内シュート0本だったが、突如訪れたピンチで好守連発

DF
16 ヴルサリコ 6.0
前半は機を見て攻撃参加を図った

24 ホセ・ヒメネス 5.0
68分に大ピンチを招くなど、やや不安定だった

2 ゴディン 6.0
さすがのソリッドさで守備を締める

19 リュカ 6.0
守備重視のプレーでベララビを抑える

MF
6 コケ 6.0
攻守にさぼらず

22 トーマス 6.0
守備の強度を上げた

8 サウール・ニゲス 6.0
トーマスと共にクサビのパスを遮断

10 カラスコ 5.0
攻撃面で違いを生み出せず

(→サビッチ -)

FW
7 グリーズマン 6.0
コレアをうまく生かしていた

11 コレア 6.0
決定的なシュートを3本放って牽制

(→ガイタン -)

監督
シメオネ 6.0
堅実な采配で確実にベスト8進出を果たした

▽レバークーゼン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 レノ 6.5
前半終盤に2つの好守を見せた

DF
13 ヒルバート 5.5
攻め上がらずカラスコを監視

16 イェドバイ 5.5
集中した対応を続けた

6 ドラゴビッチ 5.5
1stレグのような軽率なミスは見られなかった

18 ヴェンデウ 5.5
持ち味の攻撃力は見せられず

MF
38 ベララビ 5.0
リュカの前に打開できず

15 バウムガルトリンガー 5.5
守備に重点のプレーぶり

44 カンプル 5.5
もう少し攻撃に絡みたかった

19 ブラント 5.5
中寄りでプレーし、創造性を生かそうとした

(→ベイリー -)

FW
7 エルナンデス 5.0
スキンヘッドにイメチェンも決定的な仕事はできず

(→メーメディ -)

31 フォラント 5.5
68分の決定機は決めたい

監督
コルクト 5.5
アトレティコの堅守を打ち破れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
オブラク(アトレティコ・マドリー)
▽レバークーゼンのGKレノも好パフォーマンスを発揮したが、アウェイゴールを割らせなかったオブラクを選出。とりわけ68分の3度訪れたセーブ場面は見事だった。

アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

敗れたアトレティコ、コケはビジャレアルの戦い方に不満「試合開始から時間稼ぎをしていた」

25日のリーガエスパニョーラ第34節、アトレティコ・マドリーはビジャレアルに0-1で敗れた。MFコケは相手の戦い方に不満をあらわにしている。<br><br>チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に望みをつなぎたいビジャレアルを本拠地ビセンテ・カルデロンに迎えたアトレティコだが、序盤から攻勢に出ながらも相手GKアンドレス・フェルナンデスの好守に幾度となく阻まれ、82分に相手MFロベルト・ソリアーノに得点を許し、公式戦13試合ぶりとなる敗戦を喫した。<br><br>コケは試合後、『beIN Sports』で「すべての方法を試した。ショートパス、ロングボール、スペースを突いた攻撃...。でも、今日はうまく行かなかったね。そしてビジャレアルのカウンターを喰らってしまった」と語っている。<br><br>「ビジャレアルの狙いは分かっていた。最初から時間稼ぎをして、1本の決定機に賭けていたんだ。彼らに先制を許して、その後は本当に苦しくなってしまった。近年、彼らはこういう戦い方で成果を挙げている。それを祝福するだけさ」<br><br>アトレティコは、この敗戦で26日に試合を控える4位セビージャ(勝ち点65)に勝ち点で並ばれる可能性が出てきている。ただ、当該対決の結果によって、勝ち点で並んだ場合アトレティコが上位に位置する。<br><br>「まだ僕たちは3位をキープしている。セビージャの結果に関係なくね。自分たち次第、ということだ。働き続けなければいけない。(ビジャレアル戦が)簡単だなんて誰も思っていなかった。次の試合がある土曜日が、僕たちにとっての決勝戦になる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 19:59 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネ帰還を望むインテル、破談に終わればスパレッティを招へいか

▽インテルが新シーズンの監督人事に向けて動き出しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽インテルは22日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦して4-5の敗戦となった。ステファノ・ピオリ監督は試合後、クラブ幹部に辞任を申し出たことがイタリア『コリエレ・デロ・スポルト』の報道で明らかとなっている。 ▽クラブは24日、ピオリ監督を今後も支援していく旨の公式声明を出して、事態の鎮静化を図った。しかし複数のイタリアメディアは、ピオリ政権は今シーズン限りで終焉を迎えるだろうと報じている。 ▽そこでインテルの新監督候補に名前が挙がっているのが、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督。選手時代にはインテルでプレーし、以前には将来的なインテルでの監督業に前向きな発言をしていた。また、アトレティコとの契約を短縮しており現行の契約では2018年までとなっている。 ▽『コリエレ・デロ・スポルト』によると、インテルは2017-18シーズンをシメオネ監督に任せたい考えを持っているようだ。さらに、昨年夏に中国の蘇寧グループがオーナーとなったことで潤沢な資金を持っており、シメオネ監督に白紙の小切手を準備し、年俸や補強費に関してはシメオネ監督が望む金額を出す考えのようだ。 ▽一方で『フットボール・イタリア』は、シメオネ監督招へいに失敗した際の第2案を報道。その際にはローマを率いるルチアーノ・スパレッティ監督を迎え入れたいと考えているようだ。スパレッティ監督はローマとの契約が2017年6月で満了を迎える。さらに長くセリエAで指揮を執ってきたことから、インテル復権に適任だと考えているという。 2017.04.26 11:21 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ戦10試合ぶりの敗戦を喫したアトレティコ、カラスコが右肩と鎖骨を負傷…

▽アトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコが、鎖骨を負傷したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽カラスコは25日に行われたリーガエスパニョーラ第34節のビジャレアル戦でベンチスタートとなった。迎えた57分にガイタンとの交代でピッチに入ったカラスコだったが、直後に相手選手と交錯し右肩を負傷。71分にトーレスとの交代でピッチを後にした。試合は0-1でアトレティコがリーグ戦10試合ぶりの黒星を喫している。 ▽『アス』によると、カラスコは試合後に病院へ直行した模様。詳しい検査結果はわかっていないが、右肩と鎖骨を負傷したようだ。なお、アトレティコは30日にリーガエスパニョーラ第35節でラス・パルマスと大戦後、5月2日にはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でレアル・マドリーとの“マドリッド・ダービー”を控えている。 2017.04.26 10:12 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、終始ゴールに迫るも決定力不足…ビジャレアルに隙を突かれ敗戦《リーガエスパニョーラ》

▽25日にリーガエスパニョーラ第34節、アトレティコ・マドリーvsビジャレアルがビセンテ・カルデロンで行われ、1-0でビジャレアルが勝利した。 ▽前節のエスパニョール戦を1-0で勝利し、公式戦11試合無敗と好調を維持する3位アトレティコ(勝ち点68)が、前回対戦で0-3の大敗を喫した5位ビジャレアル(勝ち点57)をホームに迎えた。リベンジマッチに臨むアトレティコは、前節のエスパニョール戦から先発メンバーを2人変更。カラスコとトーレスに代えてガイタンとコレアを起用した。 ▽試合は立ち上がり、丁寧にビルドアップするビジャレアルからアトレティコは良い形でボールを奪えず、思うように攻め込むことができない。それでも11分、敵陣中央でコレアがボールを奪うとボックス手前からシュート。さらにボックス左外に流れたこぼれ球を拾ったグリーズマンがクロスを供給。ボックス中央に走り込んだサウール・ニゲスが頭で合わせるも、枠を捉えることができない。 ▽前半半ばに差し掛かると徐々にアトレティコのプレスが効き始める。すると32分、コケがガイタンとのパス交換からボックス中央やや左に浮き球のスルーパス。これに反応したグリーズマンが左足でシュートを放つと、GKアンドレス・フェルナンデスの弾いたこぼれ球をガイタンが頭でプッシュするもわずかにゴール左を外れる。 ▽その後もビジャレアルに縦パスを許さず、少ない手数で積極的にシュートまで持っていくが、ゴールを脅かすには至らず。44分にはコケがボックス手前からミドルシュートを放つも、GKアンドレス・フェルナンデスに正面でキャッチされ、ゴールレスのまま試合を折り返す。 ▽後半に入ると、アトレティコが攻勢を強める。すると54分、敵陣中央からグリーズマンが相手最終ラインの裏にスルーパス。これに抜け出したガイタンがボックス内に侵攻すると、GKアンドレス・フェルナンデスとの一対一を迎えるも決め切ることができない。 ▽再三、相手ボックス内へ侵攻するも決めきれないアトレティコは72分、トーレスを投入して攻撃の強度を高める。すると直後の73分、ボックス左外でボールを受けたグリーズマンがクロスを供給。これをトーレスがニアサイドで合わせるが、わずかにゴール左を外れる。 ▽チャンスを逃し続けたアトレティコは終盤、自陣でのミスから失点を許してしまう。82分、自陣でフィリペ・ルイスがトラップ際をバカンブに奪われると、ボックス右外からのクロスを許してしまう。これを中央に走り込んだロベルト・ソリアーノに押し込まれた。 ▽少ないチャンスをモノにされたアトレティコはその後、総攻撃を仕掛けるも猛攻実らず。一瞬の隙からビジャレアルに得点を許し、公式戦無敗記録が「11」でストップした。 2017.04.26 06:48 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、シメオネ招へいに白紙の小切手を準備か...補強費と年俸に上限なし

インテルは、現アトレティコ・マドリー指揮官ディエゴ・シメオネを何としても招へいしたいと考えているようだ。イタリア『コリエッレ・デッロ・スポルト』が報じている。<br><br>今季フランク・デ・ブール前監督を開幕から2カ月で解任したインテルは、昨年11月にステファノ・ピオリ監督が就任。しかし最近は5試合勝利から見放されてセリエAで7位に沈んでおり、ピオリ監督の続投に疑問符が投げかけられているところだ。<br><br>イタリアメディアによると、インテルはシメオネ監督を就任させるために法外な額を準備しているという。昨年夏に中国の蘇寧グループにクラブを売却したインテルは、シメオネ監督の白紙の小切手を準備。補強費、彼自身の年俸などについてシメオネ監督が望む金額を差し出す構えだ。<br><br>一方、シメオネ監督は昨年9月にアトレティコとの契約期間を短縮している。現行契約は2018年夏まで。インテルはそのシメオネ監督に4年契約のオファーを用意しているとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.25 20:31 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース