超ワールドサッカー

レーティング:アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン《CL》2017.03.16 06:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの:アトレティコ・マドリーvsレバークーゼンが15日に行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコア4-2でアトレティコが4年連続ベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.5
68分まで枠内シュート0本だったが、突如訪れたピンチで好守連発

DF
16 ヴルサリコ 6.0
前半は機を見て攻撃参加を図った

24 ホセ・ヒメネス 5.0
68分に大ピンチを招くなど、やや不安定だった

2 ゴディン 6.0
さすがのソリッドさで守備を締める

19 リュカ 6.0
守備重視のプレーでベララビを抑える

MF
6 コケ 6.0
攻守にさぼらず

22 トーマス 6.0
守備の強度を上げた

8 サウール・ニゲス 6.0
トーマスと共にクサビのパスを遮断

10 カラスコ 5.0
攻撃面で違いを生み出せず

(→サビッチ -)

FW
7 グリーズマン 6.0
コレアをうまく生かしていた

11 コレア 6.0
決定的なシュートを3本放って牽制

(→ガイタン -)

監督
シメオネ 6.0
堅実な采配で確実にベスト8進出を果たした

▽レバークーゼン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 レノ 6.5
前半終盤に2つの好守を見せた

DF
13 ヒルバート 5.5
攻め上がらずカラスコを監視

16 イェドバイ 5.5
集中した対応を続けた

6 ドラゴビッチ 5.5
1stレグのような軽率なミスは見られなかった

18 ヴェンデウ 5.5
持ち味の攻撃力は見せられず

MF
38 ベララビ 5.0
リュカの前に打開できず

15 バウムガルトリンガー 5.5
守備に重点のプレーぶり

44 カンプル 5.5
もう少し攻撃に絡みたかった

19 ブラント 5.5
中寄りでプレーし、創造性を生かそうとした

(→ベイリー -)

FW
7 エルナンデス 5.0
スキンヘッドにイメチェンも決定的な仕事はできず

(→メーメディ -)

31 フォラント 5.5
68分の決定機は決めたい

監督
コルクト 5.5
アトレティコの堅守を打ち破れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
オブラク(アトレティコ・マドリー)
▽レバークーゼンのGKレノも好パフォーマンスを発揮したが、アウェイゴールを割らせなかったオブラクを選出。とりわけ68分の3度訪れたセーブ場面は見事だった。

アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、サンチェスよりもベルギー代表MF? 高額な年俸が障害でターゲット変更か

バイエルンがアトレティコ・マドリーに所属するベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコ獲得に本腰を入れるようだ。フランス紙『レキップ』が報じた。<br><br>バイエルンは今夏、ブレーメンからドイツ代表のウィンガー、セルジュ・ニャブリを獲得。しかし、アリエン・ロッベン、フランク・リベリの2枚看板の高齢化も叫ばれる中、ドグラス・コスタはユベントス行きが確実となっており、さらなるスター選手を獲得しようと試みている。<br><br>すでにアーセナルからアレクシス・サンチェスの引き抜きに着手しているのは周知のとおりだが、2500万ユーロ(約31億円)という高額な年俸が獲得の障害となる可能性があるようだ。そこで、代役として浮上したのがアトレティコで10番を背負うカラスコ。報道によると、バイエルンはサンチェスへの興味が落ち着き、23歳のベルギー代表ウインガーへターゲットを移しつつあるとのことで、5000万ユーロ(約62億2000万円)での獲得を目指しているようだ。<br><br>カラスコは2016-17シーズン、リーグ戦35試合に出場し、10ゴールをマーク。アトレティコとは2022年まで契約を結んでおり、高額な違約金が設定されていると伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.24 09:57 Sat
twitterfacebook
thumb

サウール「21歳以下の選手の大半がA代表に入ってもおかしくない。スペイン国籍でなければ」

アトレティコ・マドリーに所属するU-21スペイン代表MFサウール・ニゲスは、自国が多くのタレントを抱えている事実を誇っている。<br><br>現在ポーランドで行われているU-21ユーロで、2連勝で準決勝進出を決めているスペイン。この世代にはサウールをはじめエクトル・ベジェリン(アーセナル)マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)、ジェラール・デウロフェウ(エバートン)と将来有望な選手が揃っている。<br><br>サウールは現チームにはフル代表で活躍してもおかしくない選手が多くいるとの考えをスペイン『マルカ』に対して述べた。<br><br>「この21歳以下の代表チームで、大半の選手がスペイン国籍でなければA代表に選ばれているはずだ」<br><br>サウールは3人兄弟の末っ子だ。長男のジョナタンはアルコロコン、次男のアーロンはテネリフェでプレーしている。<br><br>「僕は兄のアーロンとよく話すんだ。彼も以前、世代別代表にはよく選ばれていた」<br><br>「僕は親善試合に招集されて、オフがなくなったりすることもある。そういう時、彼は僕に言うんだ。『サウール、僕だったら君の立場にいられるように死力を尽くすよ。だから今の状況を楽しめ』ってね」<br><br>すでにA代表にも招集され、昨年9月にデビューを飾ったサウールだが、A代表と世代別代表は違うと語る。<br><br>「U-21のサイクルが終わったら、A代表は別世界だよ。監督が呼んでくれるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。ただ、世代別代表のようなグループはないだろうね。世代別代表では選手の入れ替わりは少なくて、チームとしての成長が感じられるからね」<br><br>スペインは23日にグループB最終節でセルビアと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 19:34 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコが獲得狙うビトロ、冬まで古巣ラス・パルマスでプレーも問題なしか

アトレティコ・マドリーが獲得を狙うセビージャMFビトロは、一時的に古巣ラス・パルマスでプレーすることを歓迎している様子だ。<br><br>ディエゴ・シメオネ監督が獲得を熱望しているとされるビトロだが、FIFAによって今夏の選手登録を禁じられているアトレティコは、冬の移籍市場で正式に獲得できるまで同選手を他クラブでプレーさせる考えとされる。その橋渡し的な役割を担うクラブと見られているのが、同選手の古巣ラス・パルマスだ。<br><br>ビトロ本人は一度古巣に帰還することを歓迎している。スペイン『マルカ』が同選手のコメントを伝えた。<br><br>「現時点では何も言うことができない。今後に起こることを見てみないとね。もちろん、ラス・パルマスに戻れるのは素晴らしいと思う。ここには父も、家族も、友達もいるからね&hellip;&hellip;。だけど、現時点では何も言うことができないんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.19 23:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、T・エルナンデス獲得でアトレティコと合意した模様…移籍金は2600万ユーロ

レアル・マドリーがDFテオ・エルナンデス獲得交渉で、アトレティコ・マドリーと合意に至ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>T・エルナンデス本人と移籍に関して合意に至っていたマドリーだが、アトレティコとの交渉でも合意した模様だ。<br><br>マドリーはT・エルナンデスの契約解除金2400万ユーロをスペインプロリーグ機構に預けて同選手を連れ去るのではなく、クラブ間合意で移籍を成立させる考えだった。その理由は、アトレティコとの関係がさらに悪化するのを防ぐためだったが、結果として契約解除金より200万ユーロ多い2600万ユーロを支払うことで同クラブと合意したようだ。<br><br>T・エルナンデスのマドリー加入は、7月に正式に発表される見通しとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.18 22:19 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG、アトレティコGKに124億円を準備?...オブラクはスペインでのプレーを希望か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、アトレティコ・マドリーGKのヤン・オブラクの獲得に1億ユーロ(約124億円)のオファーを提示する可能性があることが分かった。<br><br>今夏の移籍市場で、スロベニア代表GKは多くのクラブが関心を寄せる人気銘柄に挙げられている。中でもダビド・デ・ヘアの去就が不透明なマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、さらにチェルシーといったプレミアリーグのクラブが同選手の動向をうかがっていると報じられた。<br><br>しかし、オブラクの獲得を狙うクラブに対し、アトレティコは世界最高額の移籍金を要求。そこで、今夏ゴールキーパーの補強を優先事項に挙げているPSGがスペインサイドの要求に見合うだけのオファーを提示しようとしている。強固な財源を持つリーグ・アンのクラブは、アトレティコが設定する違約金を支払うつもりのようだ。<br><br>もちろん今夏、移籍禁止処分を受けたアトレチコはオブラクをはじめ主力選手の放出に難色。しかし1億ユーロの違約金を全額支払うオファーを提示され、さらに24歳のGKが新天地を求めれば、移籍が成立する可能性がある。<br><br>オブラクは自身の将来に関して『スポルタル』に「フットボールの世界では、何が起きるか誰にもわからない。移籍市場閉鎖の直前に大きなニュースが舞い込んでくることもある。しかし、今はアトレティコで続けることだけを考えている。アトレティコで幸せを感じていて、来シーズンもここでプレーを続けられると信じている」と語った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.18 16:20 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース