レーティング:アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン《CL》2017.03.16 06:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの:アトレティコ・マドリーvsレバークーゼンが15日に行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコア4-2でアトレティコが4年連続ベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.5
68分まで枠内シュート0本だったが、突如訪れたピンチで好守連発

DF
16 ヴルサリコ 6.0
前半は機を見て攻撃参加を図った

24 ホセ・ヒメネス 5.0
68分に大ピンチを招くなど、やや不安定だった

2 ゴディン 6.0
さすがのソリッドさで守備を締める

19 リュカ 6.0
守備重視のプレーでベララビを抑える

MF
6 コケ 6.0
攻守にさぼらず

22 トーマス 6.0
守備の強度を上げた

8 サウール・ニゲス 6.0
トーマスと共にクサビのパスを遮断

10 カラスコ 5.0
攻撃面で違いを生み出せず

(→サビッチ -)

FW
7 グリーズマン 6.0
コレアをうまく生かしていた

11 コレア 6.0
決定的なシュートを3本放って牽制

(→ガイタン -)

監督
シメオネ 6.0
堅実な采配で確実にベスト8進出を果たした

▽レバークーゼン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 レノ 6.5
前半終盤に2つの好守を見せた

DF
13 ヒルバート 5.5
攻め上がらずカラスコを監視

16 イェドバイ 5.5
集中した対応を続けた

6 ドラゴビッチ 5.5
1stレグのような軽率なミスは見られなかった

18 ヴェンデウ 5.5
持ち味の攻撃力は見せられず

MF
38 ベララビ 5.0
リュカの前に打開できず

15 バウムガルトリンガー 5.5
守備に重点のプレーぶり

44 カンプル 5.5
もう少し攻撃に絡みたかった

19 ブラント 5.5
中寄りでプレーし、創造性を生かそうとした

(→ベイリー -)

FW
7 エルナンデス 5.0
スキンヘッドにイメチェンも決定的な仕事はできず

(→メーメディ -)

31 フォラント 5.5
68分の決定機は決めたい

監督
コルクト 5.5
アトレティコの堅守を打ち破れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
オブラク(アトレティコ・マドリー)
▽レバークーゼンのGKレノも好パフォーマンスを発揮したが、アウェイゴールを割らせなかったオブラクを選出。とりわけ68分の3度訪れたセーブ場面は見事だった。

アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、ジエゴ・コスタの正式加入で前線が活発化...リーガ優勝争いに名乗り

アトレティコ・マドリーはFWジエゴ・コスタの正式加入による恩恵を受けているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>アトレティコは今年1月にFIFAの処分が明け、ジエゴ・コスタの正式登録を可能とした。ディエゴ・シメオネ監督率いるチームは直近7試合で勝ち点21点のうち19点を獲得している。<br><br>そのなかで記録した11得点中、10得点がFW陣によるものだ。ジエゴ・コスタ(2得点)、アントワーヌ・グリエズマン(3得点)、アンヘル・コレア(2得点)、ケヴィン・ガメイロ(2得点)、フェルナンド・トーレス(1得点)がネットを揺らしている。<br><br>現在リーガエスパニョーラで2位につけるアトレティコだが、首位バルセロナとは勝ち点7差だ。3月4日のリーガ第27節では、敵地カンプ・ノウでバルセロナと対戦する。そこでバルセロナを叩ければ、アトレティコに優勝の可能性は十分ある。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.21 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フィリペ、バルセロナ移籍取り沙汰されるグリーズマンについて「退団望んでいないと思う」

アトレティコ・マドリーDFフェリペ・ルイスが、同FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ移籍報道について語っている。<br><br>公式戦ここ11試合で6得点4アシストと調子を上げるグリーズマンだが、個人合意に至ったとも報じられたバルセロナへの移籍の可能性は、今もサポーターの関心事となっている。<br><br>しかしながらフィリペは、グリーズマンがアトレティコに残留する気持ちがあるのではないかとの見解を示す。18日のリーガエスパニョーラ第24節アスレティック・ビルバオ戦(2&minus;0)終了後、記者会見に出席した左SBは、次のように語った。<br><br>「彼のテクニックのレベルは、チームメートたちの上をいく。このクラブで、あれだけのクオリティーを持っている選手はほんのわずかしかいなかった。その将来は彼次第で、彼が望むようになるだろう。変化を求め、違う場所を求める選手もいるけど、彼についてはそうじゃないことを願っている」<br><br>「グリーズマンはこのクラブで永遠にその名を刻むことができる。思うに、彼は退団を望んでいない。ここで気持ち良く過ごしているし、ここには彼が必要とするすべてがある。このチームはグリーズマンのためにプレーしているんだよ」<br><br>グリーズマンの去就について語るフィリペだが、自分自身はアトレティコからチェルシーへと移籍し、その後アトレティコに復帰した過去を持つ。<br><br>「僕も出て行ったが、幸運なことに戻ってこられるチャンスを得られた。全員にそういったチャンスがあるわけじゃない。僕は恵まれているし、とても幸せだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.20 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

途中出場ガメイロが1G1A! 堅守アトレティコ、リーガ4戦連続無失点勝利《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは18日、リーガエスパニョーラ第24節のビルバオ戦をワンダ・メトロポリターノで行い、2ー0で勝利した。 ▽リーガ3戦連続無失点勝利で6戦負けのない2位アトレティコ(勝ち点52)が、リーガ5戦勝ちなしの13位ビルバオ(勝ち点28)をホームに迎えた一戦。 ▽アトレティコは、4-1で勝利した直近の試合であるヨーロッパリーグ(EL)のコペンハーゲン戦からスタメンを4名変更。モジャ、ゴディン、フアンフラン、ガメイロに代えて、オブラク、ヴルサリコ、フィリペ・ルイス、ジエゴ・コスタを起用した。 ▽試合はお互いに堅い入りとなり、チャンスの生まれ辛い展開が続く。ジエゴ・コスタをターゲットとするアトレティコがやや優勢に運んで危険なエリアに勝負をしかけていくが、決定機には至らない。 ▽14分、相手陣内中央付近でFKを獲得すると、キッカーのグリーズマンが合わせるボールを供給する。しかしボックス内右で反応したホセ・ヒメネスが右足で中央に折り返したボールは、味方には合わず。先制点とはならなかった。 ▽さらに33分、右サイド深い位置でボールを持ったコレアが、ドリブルで突破。ボックス内右に侵攻してグラウンダーのクロスを入れたが、中央のコケ、ジエゴ・コスタに合わせることはできない。好機を逸することとなった。 ▽アトレティコは、42分に右CKを獲得。キッカーのコケがジエゴ・コスタに合わせるも、DF2人の激しいマークに遭い頭を振り抜くことができない。こぼれ球にグリーズマンが詰めていくが、これもクリアされてシュートを放つことができない。 ▽試合はチャンスの少ない展開のまま、ゴールレスで折り返しに。アトレティコは、ハーフタイム中に選手交代を敢行。リュカに代えてゴディンを投入した。 ▽後半に入っても、試合はややアトレティコが優勢に。51分、FKから相手陣内やや右のトーマスにボールが渡る。トーマスがボックス内にボールを放り込むと、ボックス内左のジエゴ・コスタが右足のボレーシュートで狙っていく。GKケパにキャッチされたものの、ビルバオゴールを脅かすシーンとなった。 ▽さらに56分、オーバーラップしたフィリペ・ルイスがグリーズマンのスルーパスを受けて左サイドに抜け出す。クロスを入れると、ニアのコケが頭でフリック。ファーのジエゴ・コスタがヘディングシュートを放ったが、これもネットを揺らすことはできない。 ▽奪い切りたいアトレティコは、59分にコケに代えてガメイロを投入。攻撃の枚数を増やし、攻勢をかけていく。すると67分、ショートカウンターからボックス手前中央でボールを持ったグリーズマンが、ボックス内右のガメイロにパスを送る。ガメイロが右足を振り抜いてグラウンダーのシュートを放ち、監督の起用に応える得点を決めた。 ▽リードを得たアトレティコは、直後の70分にコレアに代えてガビを起用。ジエゴ・コスタとガメイロのみを前線に残す[4-4-2]でカウンターに狙いを絞る戦い方へとシフトしていく。 ▽すると80分、カウンターからガメイロのラストパスに抜け出したジエゴ・コスタが、ボックス内左に侵攻。そのまま右足でGKケパのニアを抜き、リードを2点に広げた。 ▽その後、ビルバオが堅守を発揮するアトレティコの牙城を崩すことは叶わず。試合は2-0のスコアで終了し、ホームチームが危なげなく勝利することとなった。この結果、アトレティコはリーガ4戦連続無失点勝利で7戦負けなしに。対するビルバオは、リーガ6戦連続で勝ちなしとなった。 2018.02.19 02:13 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマン復活!ここ10試合で6得点3アシストを記録…フォルラン超えまであと1点

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンが好調だ。スペイン『マルカ』と『アス』が伝えている。<br><br>今季、リーガでは第1節ジローナ戦で2試合の出場停止となる退場処分を科され、さらにバルセロナとの個人合意が取り沙汰されるなどして、ピッチ外で話題になることが多かったグリーズマン。しかしながら年明けから調子を取り戻し、アトレティコのエースたる所以を存分に示している。<br><br>グリーズマンはここ最近の10試合で6得点を決め、さらに3アシストをアシストするなどチームメートにもゴールを供給。ゲームメイクにも積極的に参加するなど、アトレティコの攻撃面で欠かせない存在となっている。<br><br>なおアトレティコは18日のリーガエスパニョーラ第24節で、本拠地ワンダ・ メトロポリターノにアスレティック・ビルバオを迎える。アスレティックは、グリーズマンが過去15試合で8得点を決めるなど、最も相性が良い相手。アトレティコで96得点を記録しているフランス代表FWは、あと1点でFWディエゴ・フォルランの同クラブでの通算得点数を上回る。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネ「私がアトレティコファンであればグリーズマンを全力で引き止める」

18日のリーガエスパニョーラ第24節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノのアスレティック・ビルバオを迎える。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、FWアリツ・アドゥリス、MFラウール・ガルシアを出場停止で欠くアスレティックについて、警戒すべきはFWイニャキ・ウィリアムスのスピードと話している。<br><br>スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「彼らは空中戦の強さを失うが、その代わりに前線に位置するウィリアムスのスピードが生きる。私たちの前線からプレッシングを仕掛ける意思は後方にスペースを生み出してしなうし、ウィリアムスは危険な存在になり得る。彼には注意しなければならない」<br><br>また、ここ10試合で6得点3アシストを記録しているFWアントワーヌ・グリーズマンについても言及。同選手が、ピッチ上で自由にプレーする必要性があると説いている。<br><br>「自由を手にするグリーズマンは重要であり、決定的な存在だ。彼は自由を必要とし、いつも素晴らしい選択をしてくれる」<br><br>グリーズマンは、来夏にバルセロナに移籍することが噂されている。<br><br>「グリーズマンはファンタスティックな若者であり、グループのことを本当に思いやっている。チームと一体となり、日々にわたって喜びや刺激を与えているのが彼だ。私がアトレティコのファンであれば、グリーズマンを失わないためにできる限りのことをするよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 00:43 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース