レーティング:アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン《CL》2017.03.16 06:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの:アトレティコ・マドリーvsレバークーゼンが15日に行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコア4-2でアトレティコが4年連続ベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.5
68分まで枠内シュート0本だったが、突如訪れたピンチで好守連発

DF
16 ヴルサリコ 6.0
前半は機を見て攻撃参加を図った

24 ホセ・ヒメネス 5.0
68分に大ピンチを招くなど、やや不安定だった

2 ゴディン 6.0
さすがのソリッドさで守備を締める

19 リュカ 6.0
守備重視のプレーでベララビを抑える

MF
6 コケ 6.0
攻守にさぼらず

22 トーマス 6.0
守備の強度を上げた

8 サウール・ニゲス 6.0
トーマスと共にクサビのパスを遮断

10 カラスコ 5.0
攻撃面で違いを生み出せず

(→サビッチ -)

FW
7 グリーズマン 6.0
コレアをうまく生かしていた

11 コレア 6.0
決定的なシュートを3本放って牽制

(→ガイタン -)

監督
シメオネ 6.0
堅実な采配で確実にベスト8進出を果たした

▽レバークーゼン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 レノ 6.5
前半終盤に2つの好守を見せた

DF
13 ヒルバート 5.5
攻め上がらずカラスコを監視

16 イェドバイ 5.5
集中した対応を続けた

6 ドラゴビッチ 5.5
1stレグのような軽率なミスは見られなかった

18 ヴェンデウ 5.5
持ち味の攻撃力は見せられず

MF
38 ベララビ 5.0
リュカの前に打開できず

15 バウムガルトリンガー 5.5
守備に重点のプレーぶり

44 カンプル 5.5
もう少し攻撃に絡みたかった

19 ブラント 5.5
中寄りでプレーし、創造性を生かそうとした

(→ベイリー -)

FW
7 エルナンデス 5.0
スキンヘッドにイメチェンも決定的な仕事はできず

(→メーメディ -)

31 フォラント 5.5
68分の決定機は決めたい

監督
コルクト 5.5
アトレティコの堅守を打ち破れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
オブラク(アトレティコ・マドリー)
▽レバークーゼンのGKレノも好パフォーマンスを発揮したが、アウェイゴールを割らせなかったオブラクを選出。とりわけ68分の3度訪れたセーブ場面は見事だった。

アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

ガメイロがアトレティコ退団を希望…中国から年俸24億円の破格オファー届く

アトレティコ・マドリーFWケヴィン・ガメイロが、中国への移籍を希望しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>『マルカ』によれば、ガメイロは中国のクラブから年俸2000万ユーロ(約24億円)ともされる破格のオファーを受け取ったという。ガメイロはその魅力に抗いきれず、アトレティコに自身の売却を検討するよう求めたようだ。<br><br>これを受けたアトレティコはリヨンFWアレクサンドル・ラカゼットなど、すでにガメイロの後釜獲得に動いている様子。ただし、問題はFIFAから科された選手登録禁止処分となる。アトレティコはスポーツ仲裁裁判所(CAS)によって今夏の補強が認められなければ、次の冬の移籍市場までチームに留まるよう、ガメイロを説得する方針とみられる。<br><br>なおアトレティコがガメイロを中国のクラブに売却する場合、少なくとも後釜となる選手の移籍金額を求めるようだ。ラカゼットであれば、移籍金は4000万ユーロとされている。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 10:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ガビ、アルテタ、ディ・カーニオ...代表招集に恵まれなかった7選手

トップリーグでプレーしていても、各国の代表に無縁な選手が存在する。スペイン『アス』が所属クラブで活躍しながら一度も代表に招集されていない7選手を取り上げている。<br><br>スペイン代表では、アトレティコ・マドリーMFガビ・フェルナンデスと元アーセナルMFミケル・アルテタが挙げられている。<br><br>ガビはアトレティコでディエゴ・シメオネ監督から絶大な信頼を受け、チャンピオンズリーグで2度決勝に進出するなど申し分ない経験を備えているが、スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ前監督やフレン・ロペテギ監督から声をかけられたことはない。アルテタもアーセナルで主力を張りながらスペイン代表に選ばれたことがなかった。<br><br>イタリアではラツィオやユベントス、ウェストハムで活躍した元FWディ・カーニオ、チェルシーなどに在籍した元GKカルロ・クディッチーニが挙げられた。いずれもビッグクラブでプレーしながら、イタリア代表とは無縁のまま現役生活を過ごした。<br><br>江蘇蘇寧MFアレックス・テイシェイラ、セビージャDFマリアーノ、コリンチャンスFWダニロはブラジル代表に入ることができずにいる。長きにわたりユヴェントスDFダニエウ・アウベスが右SBに居座り、中盤と前線に豊富なタレントを揃えるカナリア軍団に彼らの居場所はなかった。<br><br>ワトフォードのトロイ・ディーニーは、イングランド代表のユニフォームに袖を通したことがない。プレミアリーグで昨季14得点、今季ここまで10得点と2シーズン連続二桁得点を記録しながら、チャンスに恵まれずにいる。<br>提供:goal.com 2017.03.23 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

シメオネ「メッシを指導することはない」2つの選択肢を挙げるも...

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、バルセロナFWリオネル・メッシを指導する可能性について語っている。<br><br>近年アトレティコを躍進させたシメオネ監督は、欧州でその手腕を高く評価されている。一方、メッシはバルセロナのエースとしてチャンピオンズリーグ制覇を3度経験するなど世界最高の選手という名誉をほしいままにしている。<br><br>だが意外にも両者に接点はない。シメオネ監督はアルゼンチン『メトロ951』でメッシについて次のように話している。<br><br>「私とメッシの間に個人的な関係はない。彼と対戦する際には、バルセロナで成功を収めた同胞への敬意が存在するけれどね。しかし、それ以上は何もないよ。彼と直接会って、会話をする機会が今まで一度もなかったからね」<br><br>「メッシは世界一の選手だ。彼を指導してみたいか? 彼は並外れた選手だが、彼を指導するには2つの選択肢しかない。バルセロナと、アルゼンチン代表だ。私はそのどちらの監督でもない。私の望みを言えば、メッシにアトレティコに来てほしいね。ただ、彼はアトレティコに行きたいと思ってはいないだろう」<br><br>では、アルゼンチン代表監督に就任する可能性はどうだろうか。<br><br>「その答えは、今のアルゼンチン代表には(エドガルド)バウサという監督がいるということだ。彼には情熱的で、かつ大きな仕事が残されている。私は監督としてまだ若い。だから日々現場にいる必要性を感じているよ」<br><br>「私とアトレティコとの間には強い関係性がある。ただ、扇動するような意味を除いて言わせてもらえるなら、アルゼンチンに行く度に代表を率いたいと思うのも事実だ。それは愛国心によるものである。だが現時点、私の現実はアトレティコにある」<br><br>代表での仕事はより先の未来にある、とシメオネ監督は語る。<br><br>「将来的に、アルゼンチンを率いるチャンスがあればと思っている。もっと年齢を重ねて、感情的に落ち着いてきたら...。その時こそ、代表を率いる時期だ。デル・ボスケやルイス・アラゴネスを見てごらん。彼らは代表監督を務めるまでに、1000試合はこなしただろう。しかしながら、私が代表を率いる時にはメッシを指導することはもうできないんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.23 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ・マドリーとトーレスが1年の契約延長で合意か

▽アトレティコ・マドリーは、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(33)との契約延長を検討しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽アトレティコ・マドリーの下部組織で育ったトーレスは、リバプールやチェルシー、ミランでプレーした後、2015年1月に復帰。絶頂期に比べると、衰えこそあるものの、今もなおサポーターから暖かい声援を受けている。 ▽報道によれば、アトレティコ・マドリーとトーレスの代理人は、契約延長に向けて交渉中。今シーズンいっぱいで契約が満了を迎えるものの、1年間の契約延長合意でスムーズに話が進んでいるという。 ▽また、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督もトーレスにプレー内容を評価。クラブ側も、来シーズンから本拠地となる新スタジアムの稼働に向けて、トーレスの存在を重要視しているようだ。 2017.03.23 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、頼れる第2GKモジャとの契約を1年延長!

▽アトレティコ・マドリーは22日、スペイン人GKミゲル・アンヘル・モジャ(32)との契約を1年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同選手は来シーズン終了までアトレティコでプレーすることになる。 ▽2014年にヘタフェからアトレティコに加入したモジャは、同時期にベンフィカから加入したスロベニア代表GKヤン・オブラクとのポジション争いを制し、加入1年目はリーグ戦27試合に出場。だが、その翌シーズンからはオブラクにポジションを譲り、控えGKを務めている。 ▽今シーズンは、オブラクの負傷離脱に伴い、リーグ戦9試合に出場するなど、ここまで公式戦18試合に出場し、安定したパフォーマンスを披露している。 2017.03.23 04:05 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース