レーティング:アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン《CL》2017.03.16 06:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの:アトレティコ・マドリーvsレバークーゼンが15日に行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコア4-2でアトレティコが4年連続ベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.5
68分まで枠内シュート0本だったが、突如訪れたピンチで好守連発

DF
16 ヴルサリコ 6.0
前半は機を見て攻撃参加を図った

24 ホセ・ヒメネス 5.0
68分に大ピンチを招くなど、やや不安定だった

2 ゴディン 6.0
さすがのソリッドさで守備を締める

19 リュカ 6.0
守備重視のプレーでベララビを抑える

MF
6 コケ 6.0
攻守にさぼらず

22 トーマス 6.0
守備の強度を上げた

8 サウール・ニゲス 6.0
トーマスと共にクサビのパスを遮断

10 カラスコ 5.0
攻撃面で違いを生み出せず

(→サビッチ -)

FW
7 グリーズマン 6.0
コレアをうまく生かしていた

11 コレア 6.0
決定的なシュートを3本放って牽制

(→ガイタン -)

監督
シメオネ 6.0
堅実な采配で確実にベスト8進出を果たした

▽レバークーゼン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 レノ 6.5
前半終盤に2つの好守を見せた

DF
13 ヒルバート 5.5
攻め上がらずカラスコを監視

16 イェドバイ 5.5
集中した対応を続けた

6 ドラゴビッチ 5.5
1stレグのような軽率なミスは見られなかった

18 ヴェンデウ 5.5
持ち味の攻撃力は見せられず

MF
38 ベララビ 5.0
リュカの前に打開できず

15 バウムガルトリンガー 5.5
守備に重点のプレーぶり

44 カンプル 5.5
もう少し攻撃に絡みたかった

19 ブラント 5.5
中寄りでプレーし、創造性を生かそうとした

(→ベイリー -)

FW
7 エルナンデス 5.0
スキンヘッドにイメチェンも決定的な仕事はできず

(→メーメディ -)

31 フォラント 5.5
68分の決定機は決めたい

監督
コルクト 5.5
アトレティコの堅守を打ち破れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
オブラク(アトレティコ・マドリー)
▽レバークーゼンのGKレノも好パフォーマンスを発揮したが、アウェイゴールを割らせなかったオブラクを選出。とりわけ68分の3度訪れたセーブ場面は見事だった。

アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

レフェリーのマッチレポートに不満のアトレティコ、グリーズマンの退場について意見書提出へ

▽アトレティコ・マドリーが数試合の数試合の出場停止が噂されているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンへの対応について、意見書の提出を準備しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽グリーズマンはリーガエスパニョーラ開幕節のジローナ戦に先発出場を果たすと、1点ビハインドで迎えた67分、ボックス内で転倒。しかし主審のマルディネス・ムヌエラは、同選手のシミュレーションを取り、イエローカードを提示。さらにグリーズマンが主審に抗議したことからレッドカードを掲げられて退場となった。なおチームは昇格組のジローナに2-2のドローとなっている。 ▽スペイン各メディアによると、グリーズマンは主審に対して「クソ野郎」と発言したようで、4試合の出場停止処分が下る可能性が報じされている。 ▽しかしアトレティコ側はこの処分を不服としているようだ。『アス』によると、アトレティコはそもそもグリーズマンの転倒はダイブではないと主張。さらにムヌエラ主審のマッチレポートには、グリーズマンが発言に対する謝罪を行ったことが記載されていないことに不満を持っており、意見書を提出するようだ。 ▽なお、『アス』はグリーズマンが2試合の出場停止処分になると報道。仮に2試合出場停止となった場合は、26日開催となる第2節のラス・パルマス戦と9月9日開催となる第3節のバレンシア戦のアウェイゲームに出場できない。 ▽また、4試合出場停止となった場合は、9月16日開催となる第4節、新スタジアムのワンダ・メトロポリターノで行われるマラガ戦、9月20日開催となる第5節のビルバオとのアウェイゲームに出場できない。 2017.08.22 10:53 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネ「選手たちは決して諦めなかった」2点差から追いついたチームに賛辞

現地時間19日に行われたリーガエスパニョーラ第1戦で、アトレティコ・マドリーは1部昇格を果たしたジローナとのアウェイ戦に挑んだ。<br><br>しかし、この試合ではホームのジローナが22分、25分と立て続けにネットを揺らし、A・マドリーは2点を追う展開となる。<br><br>67分にはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが退場処分を受け、A・マドリーは2点ビハインドの中で、数的不利で戦うことを余儀なくされた。しかし、終盤にアンヘル・コレア、ホセ・マリア・ヒメネスがゴールを決め、2-2のドローに持ち込んでいる。<br><br>試合後、ディエゴ・シメオネ監督は大苦戦を強いられたジローナ戦でのドロー決着について、選手たちに賛辞を贈っている。<br><br>「我々は10人でも、何とか追い付くことができた。これは選手たちが最後までハードワークを継続してくれたからこそ実現できたことだ。彼らは決して諦めなかった」<br><br>昇格チームであるジローナに対しては「彼らは明らかにクオリティが高かった。(クリスティアン)ストゥアーニには2ゴールを決められたし、組織力も申し分なく、とてもいいプレーをしていた」と述べ、昇格チームであるジローナの強さを称賛している。<br><br>この試合では、グリーズマンの退場で終盤20分ほどA・マドリーは数的不利だったものの、フルタイムでのボールポゼッションは53-47%とほぼ互角。シュート本数では13-8とジローナが優勢の内容となっていた。<br><br>提供:goal.com 2017.08.21 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ジエゴ・コスタ獲得で合意か

▽アトレティコ・マドリーが、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の獲得に関してチェルシーと合意したようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽オフシーズンにアントニオ・コンテ監督から戦力外であることを伝えられたといわれるジエゴ・コスタは、シーズンインしたチームに合流せず、現在ブラジルに滞在中。チェルシーへの合流を拒否していることで30万ポンド(約4200万円)の罰金処分を課されたとも伝えられている中、同選手は古巣アトレティコへの復帰を熱望しているとみられる。 ▽『アス』が『オンダ・セロ』の報道を基に伝えたところによれば、アトレティコはチェルシーとジエゴ・コスタの移籍に関して合意。移籍金は4500万ユーロ(約57億8000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約12億8000万円)と伝えられている。ただ、ジエゴ・コスタとチェルシーの問題が解決するまで、アトレティコは実際に移籍金を支払って移籍を完了させることはないとみられている。 ▽なお、アトレティコは今夏に補強禁止処分を科されているため、ジエゴ・コスタを獲得しても冬の移籍市場が開くまで起用することが不可能な状況となっている。 2017.08.20 17:13 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組ジローナが大健闘!アトレティコ苦しめドロー決着《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ開幕節のジローナvsアトレティコ・マドリーが19日に行われ、2-2のドローに終わった。 ▽クラブ史上初の1部昇格を果たしたジローナと、昨季のリーガを3位で終えた欧州屈指の強豪クラブ、アトレティコ・マドリーが開幕節で相まみえた。 ▽試合の立ち上がりから、ジローナが果敢に前からプレスをかけたがアトレティコはこれに付き合わず。ディフェンスラインを低めに設定し、サイドを広く使ったカウンターを素早く繰り出していく。14分にはカウンターの場面でサウールがミドルシュートを放ったが、枠を外れた。 ▽アトレティコがやや攻め込みながらも決定機を作り出せずにいると、ジローナが先制に成功する。23分、左サイドでボールを持ったグラネルがクロスを供給。ボックス内で競り合いに勝ったストゥアーニが頭で合わせ、ネットを揺らした。 ▽昇格組に先制を許したアトレティコは、動揺を隠せないままさらに失点を重ねた。25分、ジローナが敵陣左サイドでFKを獲得すると、キッカーは先制アシストのグラネル。放たれたクロスはFWには収まらなかったものの、ボックス内にこぼれたボールを再びストゥアーニが押し込み、追加点とした。 ▽追う展開となったアトレティコは、最前線のトーレスやグリーズマンに素早くボールを供給して打開を試みたものの、効果的な攻撃にはならず。2点のビハインドを抱えたまま後半に突入することに。 ▽試合を折り返しても攻めあぐねたアトレティコに対し、67分にはさらなる不運が降りかかった。ロングボールに反応してボックス内に飛び出したグリーズマンが飛び出した相手GKと接触し転倒するが、主審はシミュレーション行為と判定しイエローカードが提示される。これに抗議したところレッドカードが掲げられ、退場処分となった。 ▽苦しい展開となったアトレティコだったが、徐々に攻勢を強めていき78分に反撃の狼煙を上げる。敵陣中央付近でコレアがボールを受けると、ドリブルを選択。スピードに乗った状態でボックス手前まで運び右足を振り抜くと、ネットに突き刺った。 ▽さらに85分、得点したコレアが敵陣でFKを獲得。キッカーをコケが務めると質の高いクロスが供給される。反応したヒメネスが、高い打点のヘディングシュートを繰り出し、アトレティコの同点弾とした。 ▽試合はこのまま終了。昇格クラブ相手に不覚を取ったアトレティコだったが、苦しみながらも黒星スタートは免れた。 2017.08.20 05:40 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ジエゴ・コスタ交渉“粘り過ぎ”で値崩れ?

▽チェルシーは、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)を安価な額で手放さざるを得なくなっているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽一向に移籍先が決まらないジエゴ・コスタ。先日には、インタビュー記事にて、チェルシーへの不満を爆発させた。現在は、チームに無許可でブラジルに帰国中。来週に自宅のあるマドリッドに戻るとみられている。 ▽チェルシーは、そのジエゴ・コスタの売却額を5000万ポンド(約70億2000万円)に設定しているようだ。だが、これまでに届いたオファーの最高額は、アトレティコ・マドリーの3000万ポンド(約42億1000万円)。チェルシーの希望額を2000万ポンド(約28億円)も下回る額だ。 ▽伝えられるところによれば、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は、移籍市場の終盤に差し掛かれば、ジエゴ・コスタの価値がより下がると事前に見込んでいた様子。そのため、チェルシーは、アトレティコに安価な額で昨シーズンまでの得点源を売却する選択肢を迫られているという。 2017.08.19 12:40 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース